Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 かめらいど。さんと相互リンクしました!

2016-05-28

figma 西住みほ 制服ver. レビュー

f:id:UNOYO:20160528174858j:image

アニメガールズ&パンツァー』より

主人公、西住みほが制服姿でfigmaに再登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160528173907j:image f:id:UNOYO:20160528173908j:image

f:id:UNOYO:20160528173909j:image f:id:UNOYO:20160528173910j:image

パッケージは明るいグリーン。

大洗女子の制服のカラーに合わせてあります。





f:id:UNOYO:20160528173634j:image

中身。交換用表情や手首のほか、バッグ、ぬいぐるみが付属します。





西住みほ 制服ver.

f:id:UNOYO:20160528174833j:image f:id:UNOYO:20160528174834j:image

f:id:UNOYO:20160528174835j:image f:id:UNOYO:20160528174836j:image

ガルパン』の主人公であるみほは舞台となる大洗女子学園の制服姿で立体化。

明るいグリーンで非常にさわやかです。





f:id:UNOYO:20160528173911j:image f:id:UNOYO:20160528173912j:image

f:id:UNOYO:20160528173913j:image f:id:UNOYO:20160528173914j:image

シンプルな造形ですが、ここまで劇中のイメージに近づけて

立体化させるのはなかなか難しいはず。流石プロの仕事ですね。





f:id:UNOYO:20160528173916j:image f:id:UNOYO:20160528173915j:image

f:id:UNOYO:20160528173917j:image f:id:UNOYO:20160528173918j:image

表情は3種類付属。

普通の笑顔も前作のパンツァージャケットver.からさらに可愛くなっています。





f:id:UNOYO:20160528173635j:image

交換用手首はちょっとすくなめ。




f:id:UNOYO:20160528173637j:image

f:id:UNOYO:20160528173638j:image

平手は敬礼ポーズに使えます。

インク顔は指さし手と相性良し。





f:id:UNOYO:20160528174839j:image

f:id:UNOYO:20160528174840j:image

オプションとして通学バッグが付属。

肩から掛けたり、手から下げたりできます。





f:id:UNOYO:20160528173923j:image

f:id:UNOYO:20160528173924j:image

ボディに密着させるとちょっと色移りが心配ですね。





f:id:UNOYO:20160528173919j:image f:id:UNOYO:20160528173921j:image

f:id:UNOYO:20160528173920j:image f:id:UNOYO:20160528173922j:image

劇場版でもクローズアップされた『ボコられグマのボコ』のぬいぐるみが付属。

かなりクオリティ高いです。





f:id:UNOYO:20160528174837j:image

f:id:UNOYO:20160528173636j:image

笑顔で抱えさせると、ホントに幸せそう。





f:id:UNOYO:20160528173926j:image f:id:UNOYO:20160528173925j:image

最後にパンツァージャケットver.同様に

座りポーズを再現しやすくするための下半身パーツが付属します。





f:id:UNOYO:20160528174841j:image

スカートが折れた状態で造形されているので

このように綺麗に座りポーズが決まります。





f:id:UNOYO:20160528174842j:image

f:id:UNOYO:20160528174843j:image

前作であるパンツァージャケット版と並べて。

表情も可愛くなっているし、全体のバランスもより女子高生らしく。





f:id:UNOYO:20160528173927j:image f:id:UNOYO:20160528173928j:image

f:id:UNOYO:20160528173929j:image f:id:UNOYO:20160528173930j:image

表情はパーツには互換性あり。それぞれ入れ替えることが出来ます。

今回のフェイスのほうが出来がいい気がしますね。

ジャケット版をアップグレードさせるつもりで交換するのも良いかと。





f:id:UNOYO:20160528174844j:image

f:id:UNOYO:20160528174845j:image

f:id:UNOYO:20160528174846j:image

f:id:UNOYO:20160528174847j:image

別売りのその他あんこうチームのメンバーの頭を載せてみました。

全員体型がみほとは違うのでちょっと違和感ありますが、まぁ雰囲気だけなら楽しめるかと。





f:id:UNOYO:20160528174848j:image

f:id:UNOYO:20160528173639j:image

figfixで発売されたせいで固定フィギュアだったドゥーチェ・アンチョビもこれで可動ボディが手に入ります。

一応劇場版仕様ということで大義名分も立つのがうれしい。





f:id:UNOYO:20160528174849j:image

あと今回はオプションがさみしかったので

ハセガワさんから発売されている1/12の『学校の机と椅子』を用意してみました。





f:id:UNOYO:20160528174850j:image

f:id:UNOYO:20160528174851j:image

f:id:UNOYO:20160528174852j:image

学園生活を送る女子高生感がアップするのでオススメの小物です。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160528174856j:image

f:id:UNOYO:20160528174857j:image

f:id:UNOYO:20160528174900j:image

f:id:UNOYO:20160528174853j:image

f:id:UNOYO:20160528174859j:image

f:id:UNOYO:20160528174858j:image

f:id:UNOYO:20160528174901j:image

f:id:UNOYO:20160528174855j:image

f:id:UNOYO:20160528174902j:image

f:id:UNOYO:20160528174854j:image

f:id:UNOYO:20160528174903j:image

f:id:UNOYO:20160528174904j:image

何気ない日常風景を演出しようと思っても

何気ないポーズというのがこれまたなかなか難しかったりしますね。


以上、figma西住みほ制服ver.でした!


丁度劇場版の封切から半年がたち、BD&DVDが発売されるのと

タイミングを同じくして発売となった今回のfigma

時期的にはピッタリですね。

(まさか5月末の今現在、映画館で絶賛公開中とは思いもしませんでしたが)


オプションは少なく、ボリュームの割に価格は高いため

かなり割高感がありますが前作のパンツァージャケットよりも

確実にみほらしく、可愛くブラッシュアップされているので

クオリティ面では納得できるかと。


ぜひとも他のあんこうチームキャラの制服ver.も欲しいなぁと思っていたら

figmaガルパンシリーズの次回作はまさかの黒森峰女学園より

西住まほ&逸見エリカが登場予定とのこと。

意外すぎる展開に動揺を隠せませんが、この2人の売れ行きが

今後のガルパンfigmaの流れを決定づけると思って間違いないと思うので

是非とも最高クオリティで世に送り出してほしいところです。

 

2015-06-04

figma 冷泉麻子 レビュー

f:id:UNOYO:20150604162950j:image

ガールズ&パンツァー』より、あんこうチーム最後の一人

操縦手、冷泉麻子のfigmaを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20150604162531j:image

f:id:UNOYO:20150604162532j:image

イメージカラーはブルー。

通常のfigmaよりも大き目のパッケージとなっております。





f:id:UNOYO:20150604162533j:image

麻子本体は小さいんですけどね。

オプションの操縦席がかなり大きめです。





冷泉麻子

f:id:UNOYO:20150604162930j:image f:id:UNOYO:20150604162931j:image

f:id:UNOYO:20150604162929j:image f:id:UNOYO:20150604162928j:image

あんこうチーム操縦手、冷泉麻子。

クールな天才肌ながら朝に弱いという欠点を持つキャラクター。

背があんこうチームの中で最も小さく、フィギュアもサイズ差を再現しているため非常に小さいです。





f:id:UNOYO:20150604162716j:image f:id:UNOYO:20150604162717j:image

f:id:UNOYO:20150604162718j:image f:id:UNOYO:20150604162719j:image

ロングヘアのせいであんこうマークが隠れてしまっております…

figmaスタンドは後ろ髪に直接さす使用。





f:id:UNOYO:20150604162720j:image f:id:UNOYO:20150604162721j:image

f:id:UNOYO:20150604162722j:image f:id:UNOYO:20150604162723j:image

表情は全部で3種類。

通常顔のほか『寝ぼけ顔』『焦り顔』が付属します。





f:id:UNOYO:20150604162534j:image

交換用手首は画像の組み合わせ。





f:id:UNOYO:20150604162536j:image

また、汗を表現するジュエルシールが付属します。





f:id:UNOYO:20150604162537j:image

つけるとこんな感じ。地味ですね…

なぜ麻子についたのか謎なオプションです。





f:id:UNOYO:20150604162932j:image

そしてこちらがメインのオプション、操縦席です。





f:id:UNOYO:20150604162933j:image

f:id:UNOYO:20150604162934j:image

f:id:UNOYO:20150604162935j:image

イスにペダルやレバーがついたシンプルな構造になっています。

ドラえもんのタイムマイシンみたいだな…と思いましたが見比べたら全然違いました。





f:id:UNOYO:20150604162535j:image

麻子を座らせる際は下半身パーツを交換します。





f:id:UNOYO:20150604162940j:image

f:id:UNOYO:20150604162941j:image

f:id:UNOYO:20150604162942j:image

着席状態。麻子自身が小さいこともあり、きっちり操縦席に収まります。

このピッタリ具合は見ていて気持ちが良いです。





f:id:UNOYO:20150604162724j:image f:id:UNOYO:20150604162725j:image

f:id:UNOYO:20150604162726j:image f:id:UNOYO:20150604162727j:image

f:id:UNOYO:20150604162728j:image f:id:UNOYO:20150604162729j:image

3種のレバーはすべて前後に可動します。

ポージングにも一役買ってくれる良いギミックですが破損には注意です。





f:id:UNOYO:20150604164447j:image

あと最後に紹介するオプションとして教本が付属。

劇中の『今覚えた』のシーンで印象的だったやつですね。

(例によってあのシーンはジャケットではなく制服でしたけど…)





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20150604162944j:image

f:id:UNOYO:20150604162947j:image

f:id:UNOYO:20150604162945j:image

f:id:UNOYO:20150604162948j:image

f:id:UNOYO:20150604162946j:image

f:id:UNOYO:20150604162943j:image

f:id:UNOYO:20150604162949j:image

f:id:UNOYO:20150604162950j:image

f:id:UNOYO:20150604162951j:image

操縦席は単体でもジオラマ感が出ていて非常によし!





f:id:UNOYO:20150604162959j:image

あんこうチーム勢揃い。ここまで来るのに大体1年。

figmaとしてはまずまずのペースではないでしょうか。





f:id:UNOYO:20150604163000j:image

キャラクターの魅力を引き立たせる個性的な表情パーツが

それぞれ付属するのがうれしいですね。

いっぺんにやると単なるカオス空間ですが…




f:id:UNOYO:20150604162952j:image

f:id:UNOYO:20150604162953j:image

全員の付属パーツを並べて戦車内部を再現

さすがに5人+5人分のパーツを並べると壮観です。





f:id:UNOYO:20150604162954j:image

f:id:UNOYO:20150604162955j:image

f:id:UNOYO:20150604162956j:image

f:id:UNOYO:20150604162957j:image

f:id:UNOYO:20150604162958j:image

こんな飾り方が出来るのもfigmaガルパンならではですね〜。





f:id:UNOYO:20150604163001j:image

最後はパンツァーファイブ名乗りで〆。


以上、冷泉麻子でした!

ついに発売されたあんこうチームのトリ、れまここと冷泉麻子。

本体は小さいながらも出来がよく、付属の操縦席も細かく作りこまれています。

そんな麻子を操縦席にピッタリ座らせた時のコンパクト感がこれが何とも心地良い!

figmaガルパンシリーズは単体でも満足度の高いアイテムになっていますが

今回の麻子もその例にもれず、といった感じです。


さてこれでfigmaガルパンシリーズは一区切りということで

後はライバル校キャラがfigfixで出るとか、戦車がいよいよ出るとか聞いております。

ぜひとも専用観客席とティーセットをつけたダージリン様とオレンジペコ商品化に期待!

2015-01-27

figma 五十鈴 華 レビュー

f:id:UNOYO:20150127075516j:image

ガールズ&パンツァー』より、あんこうチーム砲手

五十鈴華のfigmaを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20150127075504j:image

f:id:UNOYO:20150127075134j:image f:id:UNOYO:20150127075135j:image

f:id:UNOYO:20150127075505j:image

今回の華さんのパッケージは水色ベース。

やはりパンツァー5の配色とは関係ないようですね。





f:id:UNOYO:20150127074905j:image

中身。

砲手再現用パーツが大ボリュームです。





五十鈴華

f:id:UNOYO:20150127075508j:image f:id:UNOYO:20150127075509j:image

f:id:UNOYO:20150127075506j:image f:id:UNOYO:20150127075507j:image

あんこうチームの砲手を務めるお淑やかなお嬢様。

華道で鍛えた集中力で物語の進行に合わせスナイパーとしての腕を開花させていきます。

食事のシーンで常に彼女だけ料理が山盛りなのはお約束。





f:id:UNOYO:20150127075136j:image f:id:UNOYO:20150127075137j:image

f:id:UNOYO:20150127075138j:image f:id:UNOYO:20150127075139j:image

黒髪のロングヘアですが後ろ髪もやたらに長いというわけではなく

普通にfigmaスタンドを使用して立たせることが可能です。

あんこうチームのマークは隠れてしまっていますが。





f:id:UNOYO:20150127075140j:image f:id:UNOYO:20150127075141j:image

f:id:UNOYO:20150127075142j:image f:id:UNOYO:20150127075143j:image

交換用フェイスとして砲撃の狙い顔と恍惚としたうっとり顔が付属。

どちらもキャラクターに合っており、出来も良いです。

アホ毛は軟質素材で再現





f:id:UNOYO:20150127075144j:image f:id:UNOYO:20150127075145j:image

頭部はヘッドホンを装着したものと交換が可能。

また、付属品のタコホーンも首に装着できます。





f:id:UNOYO:20150127074906j:image

交換用手首は画像の通り付属。





f:id:UNOYO:20150127075510j:image

こちらがメインの付属アイテム。

砲手セット。





f:id:UNOYO:20150127074907j:image

f:id:UNOYO:20150127074908j:image

f:id:UNOYO:20150127074909j:image

主砲照準器はクリアパーツのスタンドで宙に浮かんだような状態で再現

砲手いすはそのままおいて使えます。





f:id:UNOYO:20150127074910j:image

いすに座らせる際は着座専用スカートに換装します。

下から見るとなかなかのエロさ。





f:id:UNOYO:20150127075511j:image

f:id:UNOYO:20150127075512j:image

座らせてみたところ。

いままでのセットの中で一番何をやってるのかわかりやすいポジションですね。





f:id:UNOYO:20150127075513j:image

f:id:UNOYO:20150127075515j:image

f:id:UNOYO:20150127075514j:image

一応それぞれのグリップ部分は回転可能ですが

すぐポロリしてしまうのでちょっと扱いにくいです。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20150127075516j:image

f:id:UNOYO:20150127075520j:image

f:id:UNOYO:20150127075517j:image

f:id:UNOYO:20150127075521j:image

f:id:UNOYO:20150127075523j:image

f:id:UNOYO:20150127075525j:image

f:id:UNOYO:20150127075522j:image

f:id:UNOYO:20150127075519j:image

f:id:UNOYO:20150127075518j:image

狙い顔が凛々しくて良いですね。

エースの風格です。





f:id:UNOYO:20150127075526j:image

先に発売されていたあんこうチームの3人と並べて。

劇中ではけっこう大きいイメージでしたが

身長差はそこまではっきり感じられませんね。

5人そろったらパンツァー5名乗りやるんだ…





f:id:UNOYO:20150127075531j:image

4人のパーツを集結させて戦車内部の1シーンを再現

いい意味でごちゃごちゃしてきましたね。





f:id:UNOYO:20150127075532j:image

f:id:UNOYO:20150127075530j:image

f:id:UNOYO:20150127075528j:image

f:id:UNOYO:20150127075529j:image

あとは麻子の操縦席がくれば完璧です!


以上、figma五十鈴華でした!


流石に同じ制服で4人目ともなると飽きが来るのが正直なところで

付属品を戦車の内部パーツにしたというのは改めて良い判断だったなとここにきて思います。

それぞれ個人個人が各々のポジションに合わせたパーツが付属するお陰で

固有のアクションをさせることが出来ます。これは戦車アニメであるガルパンならではですね。


次回作の冷泉麻子が発売されればあんこうチームは全員集合。

戦車内シーンの完成が非常に楽しみです!

2015-01-13

ねんどろいどもあ 四号戦車D型 レビュー

f:id:UNOYO:20150113042607j:image

ねんどろいどやねんどろいどぷちのガルパンシリーズを乗せて遊べる

『ねんどろいどもあ 四号戦車D型』を紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20150113042240j:image

f:id:UNOYO:20150113042241j:image

f:id:UNOYO:20150113042242j:image

f:id:UNOYO:20150113042243j:image

f:id:UNOYO:20150113042244j:image

奥行きのある、ボリュームあるパッケージになっています。

figmaの初音ミクのバイクもそうでしたが、見栄えよくブリスターに収めようとすると

どうしてもこうなるのかな。





f:id:UNOYO:20150113042540j:image

中身。

一部パーツがランナー状態になっており組み立てる必要があります。

また、あんこうチーム大洗女子のマーキングはシールとして付属。

半完成品ですね。





ねんどろいどもあ 四号戦車D型

f:id:UNOYO:20150113042541j:image

f:id:UNOYO:20150113042542j:image

f:id:UNOYO:20150113042543j:image

f:id:UNOYO:20150113042544j:image

f:id:UNOYO:20150113042545j:image

f:id:UNOYO:20150113042546j:image

ガールズ&パンツァーにて、主人公たち『あんこうチーム』が搭乗する主役戦車。

『ねんどろいどもあ』シリーズということでねんどろいどに合わせて

かわいくデフォルメされています。





f:id:UNOYO:20150113042553j:image

f:id:UNOYO:20150113042554j:image

f:id:UNOYO:20150113042549j:image

f:id:UNOYO:20150113042550j:image

f:id:UNOYO:20150113042551j:image

f:id:UNOYO:20150113042552j:image

デフォルメされているとはえいなかなかの迫力。

履帯は固定式で本体の底部にタイヤが設けられています。

タイヤにはゼンマイが内蔵されており、本体を引いてから離すことでゴトゴト走ります。





f:id:UNOYO:20150113042245j:image

マーキング部分。

シールはフチがどうしても汚くなってしまうので

一度台紙からはがした時点でフチをカットしてから貼ったほうが良かったかも…





f:id:UNOYO:20150113042246j:image

f:id:UNOYO:20150113042247j:image

f:id:UNOYO:20150113042248j:image

砲身は上下に可動、砲塔部分は回転させることが出来ます。





f:id:UNOYO:20150113042249j:image

f:id:UNOYO:20150113042250j:image

各部のハッチは差し替えで展開可能。

内部にはねんどろいどぷちを固定するためのジョイントが内蔵されています。





f:id:UNOYO:20150113042547j:image

ピットロード製の四号戦車と並べて。

サイズはもちろん、色味も結構違います。





f:id:UNOYO:20150113042548j:image

別売りのねんどろいど・ねんどろいどぷちとならべて。

サイズはちがいますがどちらも四号戦車と連動させて遊ぶことが出来ます。





f:id:UNOYO:20150113042609j:image

ねんどろいど西住殿を搭乗。

四号戦車の砲塔をねんどろいどみほに付属する砲塔とまるっと交換して再現します。





f:id:UNOYO:20150113042610j:image

…色があってませんorz





f:id:UNOYO:20150113042611j:image

f:id:UNOYO:20150113042612j:image

パッと見のバランスは良いのですが、砲塔の色があってないのは残念。

遠目からなら気にならないレベルでもないので…





f:id:UNOYO:20150113042555j:image

気を取り直して、ねんどろいどぷちとの連動遊び。

あんこうチームの5人を搭乗させることができます。





f:id:UNOYO:20150113042556j:image

f:id:UNOYO:20150113042557j:image

f:id:UNOYO:20150113042558j:image

f:id:UNOYO:20150113042559j:image

ご覧の通り、EDテーマのイメージで可愛く乗せられます。

ちなみにねんどろいどぷちはいずれもスタンド、下半身を取り外して登場させています。

下半身やスタンドは混ざってしまうと結構見分けづらいので取り扱い注意。





f:id:UNOYO:20150113042600j:image

f:id:UNOYO:20150113042601j:image

f:id:UNOYO:20150113042602j:image

ぎゅっと詰まった感じが可愛いです。

みんな思い思いのポーズをとっているので戦車を動かしてる感はあまりないですが…





f:id:UNOYO:20150113042603j:image

f:id:UNOYO:20150113042604j:image

ピットロード製の四号戦車とならべて親子戦車風味。

ねんどろいどもあをミニサイズとすると、ピットロード版は豆サイズですね。

これに今年発売用のfigma用も加われば親子ならぬ3世代が並べられますね。





f:id:UNOYO:20150113042608j:image

ピットロード版に付属の背景台紙を後ろにおけば

まさにEDの雰囲気に。というかこれは付属させてほしかった…





f:id:UNOYO:20150113042605j:image

f:id:UNOYO:20150113042606j:image

f:id:UNOYO:20150113042607j:image

単体ではちょっと寂しいですが、5人乗せると賑やかで良し。


以上、ねんどろいどもあ 四号戦車D型でした。


やはりガールズ&パンツァーというタイトルだけあって女の子だけでは片手落ち

というわけでようやく発売されたねんどろいど&ねんどろいどぷち用戦車。

お値段はちょっと張りますが塗装やディティールはしっかりしており

ギミックも豊富でそれなりにコストはかかっている印象。

ゼンマイ走行は思ったより全然スピードが速くてあんまり楽しめませんでしたが…

ねんどろいどぷちのあんこうチームを5人全員乗せたときの満足感・見栄えはなかなかで

まさにねんどろいどの世界観を拡張する『ねんどろいどもあ』にふさわしいアイテムだと思います。


ちなみにfigma用の四号戦車は14,800円で今年発売予定だそうな。

置き場所を今のうちから考えておいたほうがよさそうですね…

2014-12-22

ガールズ&パンツァー 八九式中戦車甲型 エンディングVer. レビュー

f:id:UNOYO:20141222074327j:image

ぺあどっとキャラクターシリーズ『ガールズ&パンツァー 八九式中戦車甲型 エンディングVer.』を紹介!

あひるさんチームの4人のフィギュアが付属!


パッケージ

f:id:UNOYO:20141222073801j:image

f:id:UNOYO:20141222073802j:image

f:id:UNOYO:20141222073803j:image

f:id:UNOYO:20141222073804j:image

中身が確認できるウインドウタイプのパッケージ。

裏面には戦車や搭乗者の説明が記載されています。





f:id:UNOYO:20141222073805j:image

商品は戦車本体とあひるさんチーム4人のデフォルメフィギュアのセットとなっています。





八九式中戦車甲型 エンディングVer.

f:id:UNOYO:20141222074311j:image

f:id:UNOYO:20141222074312j:image

f:id:UNOYO:20141222074313j:image

f:id:UNOYO:20141222074314j:image

f:id:UNOYO:20141222074315j:image

f:id:UNOYO:20141222074316j:image

ガールズ&パンツァー劇中であひるさんチームが乗り込む戦車。

アニメEDの絵柄に合わせて可愛らしくデフォルメされております。





f:id:UNOYO:20141222073812j:image

f:id:UNOYO:20141222073813j:image

f:id:UNOYO:20141222073814j:image

f:id:UNOYO:20141222073815j:image

小さくデフォルメされながらも、作りこみは抜群です。





f:id:UNOYO:20141222073806j:image

f:id:UNOYO:20141222073807j:image

砲塔部分はある程度回転可能。





f:id:UNOYO:20141222073808j:image

f:id:UNOYO:20141222073809j:image

砲身もちょこっとだけ上下できます。





f:id:UNOYO:20141222074317j:image

付属のあひるさんチーム4名のフィギュアが付属。

左から河西忍、磯辺典子、近藤妙子、佐々木あけび。

バレー部復興を目指しているメンバーがあつまっているので全員体育着なのが特徴です。

戦車に乗り込んだ状態のポージングのため、単体で飾るとちょっとおかしいですね。





f:id:UNOYO:20141222074318j:image

f:id:UNOYO:20141222074319j:image

f:id:UNOYO:20141222074320j:image

f:id:UNOYO:20141222074321j:image

f:id:UNOYO:20141222074322j:image

戦車にフィギュアを乗り込ませた状態。

にぎやかで可愛らしく、まさにEDのシーンさながら。





f:id:UNOYO:20141222074323j:image

f:id:UNOYO:20141222073810j:image

f:id:UNOYO:20141222073811j:image

『八九式は軽戦車じゃないし』『中戦車だし』

4人ともちゃんと前からかぶらずに顔が確認できるのもポイント高いですね。





f:id:UNOYO:20141222074324j:image

台紙がED背景をイメージしたものになっているので、

フィギュアの後ろに置くだけで雰囲気がさらにアップ!





f:id:UNOYO:20141222074325j:image

f:id:UNOYO:20141222074326j:image

f:id:UNOYO:20141222074334j:image

f:id:UNOYO:20141222074335j:image

f:id:UNOYO:20141222074336j:image

あんこうチームの四号戦車と並べて。

フィギュア搭乗状態もにぎやかで良いですが戦車だけ並べてみるのもなかなか。





f:id:UNOYO:20141222074327j:image

f:id:UNOYO:20141222074328j:image

f:id:UNOYO:20141222074329j:image

f:id:UNOYO:20141222074330j:image

f:id:UNOYO:20141222074331j:image

f:id:UNOYO:20141222074332j:image

f:id:UNOYO:20141222074333j:image

えーんたーえーんたーみっしょーん♪

密度が高いので2両揃うだけで大分満足度がありますね。


以上、八九式中戦車甲型 エンディングVer.でした!

今年の3月に発売されたあんこうチームの四号戦車に続き、待望の第2弾!

今回もフィギュアは可愛く、戦車は精巧に格好よく仕上げられ

非常にクオリティ高くまとまっています。


サイズの割にお値段が高いのがこのシリーズのネックですが

戦車のモデルの塗装済み完成品ってことを考えると

やはりそれなりの価格になってしまうのでしょうね。

フィギュアも複数付属しますし。


個人的にお気に入りのシリーズなので今後も是非続いてほしいところ。

まだ劇場版も控えてますし、気長に続報を待ちましょう。