Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 真紅のハルヒさんと相互リンクしました!

2013-11-14

キャラグミン ガールズ&パンツァー ダージリン レビュー

f:id:UNOYO:20131113134632j:image

ボークスのキャラグミン・ガールズ&パンツァーシリーズに新展開!

今回は聖グロリアーナ女学院の隊長ダージリンを製作&レビュー!


パッケージ

f:id:UNOYO:20131113134402j:image

大洗女子のメイン5人をリリースし終えたキャラグミンのガルパンシリーズは

ライバル校の隊長たちの立体化に着手!

その1番手は第4話にて練習試合の相手を務めたダージリン様。

パッケージを見てみると…あれ?やや違和感。

その原因はこれまで書き下ろしイラストだったのが見本写真になってしまったからですね。

ダージリン様の書下ろしイラスト、見たかった…





f:id:UNOYO:20131113134403j:image

f:id:UNOYO:20131113134407j:image

f:id:UNOYO:20131113134404j:image

取説はこれまで同様丁寧な装丁

キャラの設定イラストもしっかり載っているのですが…





f:id:UNOYO:20131113134405j:image

ん…?ダージリン"様"…?





f:id:UNOYO:20131113134406j:image

うん、だーじりん"さま"が本取説内では公式名のようです。

スタッフさんのこだわりですかね。

個人的にはさんづけがしっくりきますけど。




f:id:UNOYO:20131113134408j:image

f:id:UNOYO:20131113134409j:image

f:id:UNOYO:20131113134410j:image

パーツ一覧。

パンツァージャケット姿ですが制服姿の大洗女子とパーツ数ではほぼ変わらず。

瞳やティーカップ用のデカールが付属します。





f:id:UNOYO:20131113134412j:image

f:id:UNOYO:20131113134411j:image

要塗装箇所は服と袖の金のボタン、襟元のバッジ、服の中央のライン程度で

部分塗装ですませるなら非常に簡単。

ガンダムマーカー、トップコートでささっと仕上げてしまいました。





ダージリン

f:id:UNOYO:20131113134555j:image

f:id:UNOYO:20131113134556j:image

聖グロリアーナ女学院の隊長で騎士道を重んじる英国淑女。

第4話の練習試合で大洗女子と対戦して以降は大洗との直接の対決はないものの

解説役(?)として度々登場。名言集を引用したありがたいお言葉はガルパン名物です。





f:id:UNOYO:20131113134557j:image f:id:UNOYO:20131113134558j:image

f:id:UNOYO:20131113134559j:image f:id:UNOYO:20131113134600j:image

f:id:UNOYO:20131113134601j:image f:id:UNOYO:20131113134602j:image

f:id:UNOYO:20131113134603j:image f:id:UNOYO:20131113134604j:image

各方向から。

カップとソーサーを手にしつつも凛とした佇まいで気品を感じます。

『キャラグミンになっても一滴たりとも紅茶をこぼしたりはしないわ。』

↑公式のキャッチコピー。ちょっとニヤっとしてしまいました。





f:id:UNOYO:20131113134818j:image f:id:UNOYO:20131113134819j:image

f:id:UNOYO:20131113134820j:image f:id:UNOYO:20131113134821j:image

アップで四方向から。赤いパンツァージャケットがこれまでの大洗女子の緑の制服から

ガラッとイメージを変えてくれてすごく新鮮ですね。





f:id:UNOYO:20131113134822j:image f:id:UNOYO:20131113134823j:image

f:id:UNOYO:20131113134824j:image f:id:UNOYO:20131113134825j:image

金髪碧眼が美しいフェイス。編みこみからちょっと飛び出た毛先が可愛いです。

髪はリアルタッチマーカーで、頬はウェザリングマスターで手を加えています。





f:id:UNOYO:20131113134413j:image

ティーカップの模様はデカールで再現。

内部の紅茶の部分はジャケットと同じ赤で再現されており

光沢で仕上げるよう指示がありましたがそこまでは手を加えませんでした。





f:id:UNOYO:20131113134829j:image f:id:UNOYO:20131113134828j:image

f:id:UNOYO:20131113134827j:image f:id:UNOYO:20131113134826j:image

あまりクローズアップされる機会はありませんが

実は相当なナイスバディの持ち主のダージリン様。

ジャケット各部は影になる部分を中心にリアルタッチーマーカーで濃淡をつけてます。





f:id:UNOYO:20131113134830j:image f:id:UNOYO:20131113134831j:image

f:id:UNOYO:20131113134832j:image f:id:UNOYO:20131113134833j:image

そしてキャラグミンガルパンシリーズの伝統、スカートからはみ出る尻。

今回もいい具合のむっちり感です。

スカートはリアルタッチマーカーで、肌にはウェザリングマスターを使用しています。





f:id:UNOYO:20131113134834j:image f:id:UNOYO:20131113134835j:image

ディスプレイ用のベースは別売り。今回はダージリン様の紅茶のイメージでオレンジを選択。

接着剤で固定した結果、接着剤がちょっとはみ出てオォゥ…





f:id:UNOYO:20131113134605j:image f:id:UNOYO:20131113134606j:image

f:id:UNOYO:20131113134607j:image f:id:UNOYO:20131113134608j:image

胴体部分を接着しなければスカートの脱着が可能になります。

パンツァーフォー!(毎回言ってる)





f:id:UNOYO:20131113134836j:image f:id:UNOYO:20131113134838j:image

f:id:UNOYO:20131113134837j:image f:id:UNOYO:20131113134839j:image

スカートを脱がされても紅茶をこぼしたりはしないわ。





f:id:UNOYO:20131113134840j:image f:id:UNOYO:20131113134841j:image

f:id:UNOYO:20131113134842j:image f:id:UNOYO:20131113134843j:image

パンツは安定のシンプルなホワイト。

多分設定が存在しないし、カスタムしやすいようにという配慮だと思うんですけど

ダージリン様がこんなパンツはいてるのはさすがにちょっと違和感ですね!いいけど。





f:id:UNOYO:20131113134609j:image

f:id:UNOYO:20131113134610j:image

みほと並べて。アレンジが入っているみほと比べるとダージリン様のほうがアニメに忠実かな。

しかしみほの発売からまだ1年経ってないんですよね。驚異のリリース速度です。





f:id:UNOYO:20131113134611j:image

f:id:UNOYO:20131113134612j:image

並行世界のもう一人の自分と…って並べてみたら意外とあんまり似てなかった。

ネタっぽい発言が多いのといつも紅茶飲んでるイメージが強かったですかね…





いろんな角度から

f:id:UNOYO:20131113134615j:image

f:id:UNOYO:20131113134616j:image

f:id:UNOYO:20131113134617j:image

f:id:UNOYO:20131113134618j:image

f:id:UNOYO:20131113134619j:image

f:id:UNOYO:20131113134620j:image

f:id:UNOYO:20131113134622j:image

f:id:UNOYO:20131113134623j:image

f:id:UNOYO:20131113134624j:image

f:id:UNOYO:20131113134625j:image

f:id:UNOYO:20131113134627j:image

f:id:UNOYO:20131113134628j:image

f:id:UNOYO:20131113134613j:image

f:id:UNOYO:20131113134614j:image

f:id:UNOYO:20131113134629j:image

f:id:UNOYO:20131113134630j:image

f:id:UNOYO:20131113134631j:image

スラッとした立ち姿勢がいかにもダージリン様らしくて良し!


以上、キャラグミンダージリンでした!


キャラグミンでのあんこうチーム勢ぞろいの後にアナウンスされた内容通り

いよいよライバル校の隊長達のリリースがスタート!

一番は今回のダージリン様で以降はサンダースのケイ、黒森峰のまほ姉が控えています。

(あれ、カチューシャとチョビは…?)


今回のダージリン様は制服姿ではなくパンツァージャケット姿での立体化になっており

いつもの紅茶飲んでドヤ顔で名言決めるお姉さんのイメージではなく

凛とした英国淑女のイメージに仕上がっており、非常に良い雰囲気です!

パンツァージャケット姿でもティーカップを手放さないのもキャラをよく表現できておりグッド!

塗装箇所も少なく済みますし、ダー様ファンには是非オススメですね。


余談ですが先日の宮沢模型展示会でウェーブのビーチクイーンズでも

ダージリン様の原型が発表されたようで何気に人気者の予感?

キャラグミンの後発も楽しみですが、そちらも気になりますね〜。

2013-07-03

キャラグミン ガールズ&パンツァー 武部沙織 レビュー

f:id:UNOYO:20130703042708j:image

大洗女子あんこうチーム、最後の一人がついに登場!

キャラグミン『武部沙織』を紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20130703042412j:image

キャラグミンガルパンシリーズ5作目は

あんこうチームの通信手、武部沙織!





f:id:UNOYO:20130703042413j:image

今回もパッケージイラストは描きおろし。

可愛いですね。女神です。





f:id:UNOYO:20130703042414j:image

f:id:UNOYO:20130703042415j:image

f:id:UNOYO:20130703042416j:image

f:id:UNOYO:20130703042417j:image

毎度おなじみのカラーの取説。

組み立て方のポイントなども詳細に記載してくれています。





f:id:UNOYO:20130703042418j:image

f:id:UNOYO:20130703042419j:image

f:id:UNOYO:20130703042420j:image

パーツ一覧。明るいオレンジの整形色が使用されるのは今回が初!

本体はソックスがニーハイになっている以外はほぼこれまで通りの分割です。

あとはヘッドホンが付属してくるのも大きな特長。





f:id:UNOYO:20130703042422j:image

f:id:UNOYO:20130703042426j:image

f:id:UNOYO:20130703042424j:image

f:id:UNOYO:20130703042428j:image

f:id:UNOYO:20130703042425j:image

f:id:UNOYO:20130703042429j:image

パーツのバリを飛ばしてちょこちょこ塗装。

こだわる方はいくらでも手間をかけることができますが

私はスキルもないので簡単仕上げです。





武部沙織

f:id:UNOYO:20130703042654j:image

f:id:UNOYO:20130703042655j:image

そんなわけでサクッと完成!あんこうチーム通信手、武部沙織です。

明るく元気で夢見がち、恋に恋するお年頃。

もともと戦車の知識は皆無でしたが

それ故の型破りな発想や行動がチームの勝利に貢献したことも。





f:id:UNOYO:20130703042656j:image f:id:UNOYO:20130703042657j:image

f:id:UNOYO:20130703042658j:image f:id:UNOYO:20130703042659j:image

f:id:UNOYO:20130703042700j:image f:id:UNOYO:20130703042701j:image

ぐるっと一周。

元気な彼女らしく躍動感あるポーズになっています。





f:id:UNOYO:20130703043000j:image f:id:UNOYO:20130703043001j:image

f:id:UNOYO:20130703043002j:image f:id:UNOYO:20130703043003j:image

通信手らしく、ヘッドホンを装着しています。

もとのイラストでは持っていないので原型師さんのアレンジ&サービスですかね〜。

ほとんど見えませんがよく見ると首の部分にも咽頭マイクをつけています。

なんか一人だけ優遇されてる気が…





f:id:UNOYO:20130703043004j:image f:id:UNOYO:20130703043005j:image

大きな目が可愛らしいフェイス。

特徴的なふと眉は髪で隠れてしまいちょっと存在感薄いです。

あの眉がないと結構印象が変わってしまいますね〜。





f:id:UNOYO:20130703042430j:image

f:id:UNOYO:20130703042431j:image

5人の中で一番肉付きが良いという設定どおり

胸周りもなかなかのボリューム。





f:id:UNOYO:20130703042432j:image

f:id:UNOYO:20130703042433j:image

f:id:UNOYO:20130703042434j:image

お尻〜ふともものムッチリ感もすごいです。

前作が華奢で線が細い麻子だったのでギャップが…





f:id:UNOYO:20130703042435j:image

他のメンバーと違い一人だけニーハイなので

絶対領域を堪能することもできます。





f:id:UNOYO:20130703042436j:image

ベースは自前で用意する必要があります。

今回は恋愛脳な沙織のイメージでピンクをチョイス。





f:id:UNOYO:20130703042702j:image f:id:UNOYO:20130703042703j:image

f:id:UNOYO:20130703042704j:image f:id:UNOYO:20130703042705j:image

もちろん今回もスカートは別パーツなので着脱可能です。

パンツァーフォー!





f:id:UNOYO:20130703043006j:image f:id:UNOYO:20130703043007j:image

f:id:UNOYO:20130703043008j:image f:id:UNOYO:20130703043009j:image

接着するときに失敗してふとももとパンツの境界にすこし隙間が出来てしまいました…

しかしこのムチムチ感は凄いですね。肉付きが良いってレベルじゃない!





f:id:UNOYO:20130703042708j:image

f:id:UNOYO:20130703042709j:image

f:id:UNOYO:20130703042710j:image

f:id:UNOYO:20130703042711j:image

f:id:UNOYO:20130703042723j:image

f:id:UNOYO:20130703042724j:image

いろんな角度から。

ポーズが元気あっていいですね〜。





f:id:UNOYO:20130703042712j:image

主人公のみほと並べて。

すべての始まりは沙織がみほをナンパしたことがきっかけでした…(間違い





f:id:UNOYO:20130703042713j:image

幼馴染の麻子と並べて。

体型の違いがバッチリ再現されていますね!





f:id:UNOYO:20130703042714j:image

それでは大洗女子あんこうチーム全員集合。

並べてみると壮観です。

ちなみに麻子のベースはみんなとお揃いのものに交換しました。カラーは水色。





f:id:UNOYO:20130703042716j:image

f:id:UNOYO:20130703042715j:image

f:id:UNOYO:20130703042717j:image

良く集めたし、良く作ったと自分を褒めたい!

いくらかかったかは考えないようにしよう!





f:id:UNOYO:20130703042719j:image

そして悲願の全員キャストオフ





f:id:UNOYO:20130703042720j:image

f:id:UNOYO:20130703042721j:image

f:id:UNOYO:20130703042722j:image

うーん一気にあやしいお店の雰囲気が漂いますね。

後姿はちょっと間抜けだけれども。





f:id:UNOYO:20130703042718j:image

青春の一ページ的な構図で最後ぐらいはさわやかに〆。


以上、キャラグミン武部沙織でした!


主人公の最初の友達というポジションで登場したり、

小説版では主人公だったり、OPで最初に登場したりと

個人的にはガルパン内のキャラの序列的にはみほの次のNo.2だと思っていたのですが

キャラグミンではまさかのあんこうチームの大トリでした。待ったぞ!


通信手という役割を強調させるヘッドホンの付属や

肉付きが良いという設定を忠実に再現した造形など

なかなか愛が詰まったキットになっています。

髪の色も派手で一体だけでもかなりの見栄えなので

ファンなら単体で飾っても十分な満足度かなと。


しかし一体一体がかなり高額で組み立てる手間もかかる

キャラグミンでしたが気付けばしっかり揃えてしまったなぁ…

手を出した一番の決め手はやっぱり初期の『あんこうチーム全員だします』

の公式アウナウンスだった気がします。


今後各メーカーからガルパンキャラの完成品立体物が沢山発売されると思われますが

キャラグミンは既にライバルチームの隊長3名や西住姉妹の水着版の発売も決定済み、と

ラインナップでは相当にリードしているので是非ともそのフットワークの軽さを武器に

ファンが喜ぶ展開の仕方をしていって欲しいなと思います。

2013-05-04

キャラグミン ガールズ&パンツァー 冷泉麻子 レビュー

f:id:UNOYO:20130504004338j:image

ボークスのカレーレジンキット『キャラグミン』に

ガールズ&パンツァーより操縦手『冷泉麻子』が登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20130504004020j:image

いつものクリアボックス製のパッケージ。

イラストは描き下ろしになっています。





f:id:UNOYO:20130504004019j:image

イラストアップ。

座って読書中の冷泉殿です。





f:id:UNOYO:20130504004018j:image

f:id:UNOYO:20130504004014j:image

f:id:UNOYO:20130504004013j:image

中身はパーツ一式と組立説明書、デカールがセットになっています。





f:id:UNOYO:20130504004017j:image

f:id:UNOYO:20130504004016j:image

フルカラーかつ設定資料なんかも載ってたりして

相変わらず豪華な説明書。





f:id:UNOYO:20130504004009j:image

f:id:UNOYO:20130504004010j:image

f:id:UNOYO:20130504004011j:image

f:id:UNOYO:20130504004012j:image

パーツ分割はこれまでのガールズ&パンツァーシリーズとほぼ同じ。

全く同じ要領で組み立てられるので今回は工程を省いて

サクッと完成写真まで飛びます!





冷泉麻子

f:id:UNOYO:20130504004341j:image

あんこうチームの操縦手、冷泉麻子。

学年主席で戦車の操縦も一瞬で理解する天才児ですが

低血圧で朝に弱く、遅刻魔なのが玉にきず。





f:id:UNOYO:20130504004340j:image

イメージイラストでは沙織に寄りかかるポーズになっており

それを再現しているため全身がかなり傾いています。





f:id:UNOYO:20130504004347j:image f:id:UNOYO:20130504004346j:image

f:id:UNOYO:20130504004345j:image f:id:UNOYO:20130504004344j:image

f:id:UNOYO:20130504004343j:image f:id:UNOYO:20130504004342j:image

ぐるりと一周。

髪にバリやパーティングラインが残っていますが

私の腕ではこれ以上頑張ると髪を破損させる虞があったので妥協しました…





f:id:UNOYO:20130504004802j:image f:id:UNOYO:20130504004803j:image

f:id:UNOYO:20130504004804j:image f:id:UNOYO:20130504004805j:image

ちょっとアップで。本を片手に上目使いなのが可愛いですね。

劇中ほどのジト目でなく、若干クリっとした可愛らしい目つきにアレンジされています。





f:id:UNOYO:20130504004801j:image f:id:UNOYO:20130504004800j:image

目、眉、頬はデカールを使用。いつもはウェザリングマスターで

チークをもっと強調するのですが低血圧キャラということでほどほどに抑えました。





f:id:UNOYO:20130504004007j:image

袖口、襟の緑色のラインと胸元の白いラインと十字は要塗装箇所となっています。





f:id:UNOYO:20130504004006j:image

f:id:UNOYO:20130504004005j:image

手に持った本の表紙も要塗装。そのままだと真っ白です。

本の見出しとページには専用のデカールが付属。

かなり細かく、写真まで作りこんであり戦車関連の本だと確認できます。





f:id:UNOYO:20130504004004j:image

ちなみに本は別パーツで指の間にひっかけているだけなので

接着しなければ取り外し可能です。





f:id:UNOYO:20130504004008j:image

スカートはウェザリングマーカーでちょっとだけ

スミ入れ的な加工をしてあります。





f:id:UNOYO:20130504004757j:image f:id:UNOYO:20130504004756j:image

f:id:UNOYO:20130504004759j:image f:id:UNOYO:20130504004758j:image

お約束のローアングル。

他のキャラ苦に比べてふともも細めで華奢な印象。





f:id:UNOYO:20130504004339j:image

もちろん今回もボディを接続せず、スカートを取り外せるようにしてあります。





f:id:UNOYO:20130504004755j:image f:id:UNOYO:20130504004754j:image

f:id:UNOYO:20130504004753j:image f:id:UNOYO:20130504004752j:image

お腹があんまり見えないのがちょっと残念。





f:id:UNOYO:20130504004003j:image

覗き込むとおへそまでしっかり造形されているんですけどね。





f:id:UNOYO:20130504004748j:image f:id:UNOYO:20130504004749j:image

f:id:UNOYO:20130504004750j:image f:id:UNOYO:20130504004751j:image

ネットでいろんな方の作例を見ていると私も

そろそろパンツに一工夫加えたいとか思うんですが勇気が出ず…





f:id:UNOYO:20130504004335j:image

f:id:UNOYO:20130504004334j:image

f:id:UNOYO:20130504004333j:image

f:id:UNOYO:20130504004337j:image

f:id:UNOYO:20130504004336j:image

目線といいポーズといい完全に角度限定な仕上がり。

髪の結構なボリュームと対照的な細〜い首まわりが

いかにももやしっ子な感じです。





f:id:UNOYO:20130504004332j:image

f:id:UNOYO:20130504004331j:image

これまでの3人と並べて。

麻子だけ台座が分厚いのでういちゃっていますね。

そのうち統一させる予定です…





f:id:UNOYO:20130504004330j:image

パンツァーフォー!(またかよ





f:id:UNOYO:20130504004338j:image

以上、キャラグミン冷泉麻子でした!!


早いものでガールズ&パンツァーシリーズももう4体目となりました。

『まったくお前は返事も愛想もなさすぎなんだよ!!』(お婆ちゃん談)

というお話の通り今回の冷泉麻子は表情は無表情、プロポーションは幼児体型

性格も超無愛想ということでもともと"華"が少な目なキャラなのですが

そこはキャラグミンでも全く同じこと!


原型師さんもそれが持ち味といわんばかりに『退かぬ!媚びぬ!省みぬ!』の精神で(?)

劇中のイメージ通りに(いい意味で)無愛想で可愛げのない

大人し〜いフィギュアに仕上がっています。

それでももともと顔立ちが良いので可愛くなってしまっているんですけどね!


個人的にはこれまでのガルパンシリーズでは一番

劇中の雰囲気を再現できているように感じます。

もともと色気も全くないキャラなのでフィギュアらしい見どころ(性的な意味で)

は少な目ですが…しいて言えば本のデカールの密度が凄い!ことぐらい。

まぁその辺はガルパン屈指のモテモテガールである武部殿に期待しましょう。

あんこうチームのトリを飾るにふさわしいクオリティになってくれることに期待です。

2013-03-14

キャラグミン ガールズ&パンツァー 1/7 五十鈴 華 製作レビュー

f:id:UNOYO:20130314034912j:image

キャラグミン・ガールズ&パンツァーシリーズ第三弾

五十鈴華の製作レビューです!


パッケージ

f:id:UNOYO:20130314034733j:image f:id:UNOYO:20130314034732j:image

いつものクリアボックス仕様のパッケージ。

薄いプラ製で開封後もいろいろと利用できます。





f:id:UNOYO:20130314034358j:image

今回もイラストは描き下ろしです。





f:id:UNOYO:20130314034356j:image

f:id:UNOYO:20130314034357j:image

f:id:UNOYO:20130314034355j:image

パーツは色ごとに個別に包装されています。

華さんは髪の色がソックスやスカーフと同じ黒色なので

前2作に比べて色数が少なくなっています。





f:id:UNOYO:20130314034354j:image

f:id:UNOYO:20130314034353j:image

f:id:UNOYO:20130314034352j:image

f:id:UNOYO:20130314034351j:image

説明書はカラー使用。

組み立て方だけにとどまらずアドバイスや

設定資料なども載っています。





f:id:UNOYO:20130314034347j:image

f:id:UNOYO:20130314034348j:image

パーツがそろっていることを確認したら

洗浄してから作業に取り掛かります。





f:id:UNOYO:20130314034350j:image

華さんのトレードマークであるアホ毛は

別パーツになっています。





f:id:UNOYO:20130314034349j:image

胸、お腹、パンツパーツですが

これだけでもかなり色っぽいフィギュアに仕上がりそうな予感が…





f:id:UNOYO:20130314034345j:image

f:id:UNOYO:20130314034344j:image

f:id:UNOYO:20130314034343j:image

f:id:UNOYO:20130314034346j:image

話を戻して、パーツは写真のようにパーティングラインや

バリ、ゲートがそのままくっついた状態になっていますので

まずはこちらをニッパーやヤスリなどを使用して処理します。





f:id:UNOYO:20130314034342j:image

f:id:UNOYO:20130314034340j:image

パーツ整形が終わったらちょこっとだけ塗装。

スカート部分にガンダムマーカーのリアルタッチマーカーで

陰影をつけてみました。





f:id:UNOYO:20130314034730j:image f:id:UNOYO:20130314034729j:image

ブラウスのシワもグレーで強調。

また、前2作と同じく制服のグリーンのラインと胸の白い十字とラインは

要塗装箇所になっています。





f:id:UNOYO:20130314034731j:image f:id:UNOYO:20130314034728j:image

パンツもシワを強調。お尻の影の部分にもウェザリングマスターのピンクをのせました。





f:id:UNOYO:20130314034341j:image

f:id:UNOYO:20130314034339j:image

目、眉、頬には専用のデカールを使用します。

当初は公式でデカールの生産が間に合わず、郵送で対応とアナウンスされましたが

通販で購入した分にはなんとか間に合ったようで普通に付属してました。

あとは組み立てるだけです。かんたん〜





五十鈴 華

f:id:UNOYO:20130314034925j:image f:id:UNOYO:20130314034924j:image

f:id:UNOYO:20130314034923j:image f:id:UNOYO:20130314034922j:image

f:id:UNOYO:20130314034921j:image f:id:UNOYO:20130314034920j:image

あんこうチームの砲撃手、五十鈴華完成!

華道の家元で一見おしとやかなお嬢様ですが毒舌家だったり大食いだったり

戦車の砲撃の衝撃に快感を覚えたりとなかなか味のあるキャラクターです。




f:id:UNOYO:20130314034726j:image f:id:UNOYO:20130314034727j:image

f:id:UNOYO:20130314034725j:image f:id:UNOYO:20130314034724j:image

加工箇所や組み立て手順は前2作とほぼ同じだったので

今回はさらに効率よく、2時間半ほどの作業時間で完成しました。




f:id:UNOYO:20130314034723j:image f:id:UNOYO:20130314034722j:image

f:id:UNOYO:20130314034721j:image f:id:UNOYO:20130314034720j:image

お上品な顔立ちに仕上がっていますがやや角度限定かな?

右斜め上から見てあげると一番かわいいです。

口元にはリアルタッチマーカー、頬にはウェザリングマスターを使用しています。

また、髪の毛には艶消しスプレーをかけてみました。





f:id:UNOYO:20130314034337j:image

あんこうチームでは一番プロポーションが良いのですが

そこまで巨乳な感じはしませんね。スカーフのせいか!

横から見るとよくわかりますけど。





f:id:UNOYO:20130314034336j:image

手首は両手一体成型になっています。





f:id:UNOYO:20130314034334j:image

手を前で組んでいるのでヘソチラは確認できず…

ポーズもおとなしめですしね。





f:id:UNOYO:20130314034719j:image f:id:UNOYO:20130314034718j:image

f:id:UNOYO:20130314034717j:image f:id:UNOYO:20130314034716j:image

本作の一番の見どころはやっぱり腰回り。

超ミニスカートでお尻がちょっと見えています。たいへんけしからん。





f:id:UNOYO:20130314034331j:image

f:id:UNOYO:20130314034332j:image

f:id:UNOYO:20130314034333j:image

ちょっと下から覗くだけでパンツ見え放題!

パンツァーフォー!





f:id:UNOYO:20130314034919j:image f:id:UNOYO:20130314034918j:image

f:id:UNOYO:20130314034917j:image f:id:UNOYO:20130314034916j:image

ちなみに今回も例によって腰を接着させなければ

スカートが自由に取り外し可能です。



f:id:UNOYO:20130314034715j:image f:id:UNOYO:20130314034714j:image

f:id:UNOYO:20130314034713j:image f:id:UNOYO:20130314034712j:image

パンツだけでなく隠れていたお腹周りもちょっと確認しやすくなります。





f:id:UNOYO:20130314034708j:image f:id:UNOYO:20130314034709j:image

f:id:UNOYO:20130314034711j:image f:id:UNOYO:20130314034710j:image

丸見えなのもいいのですが今回に限っては

スカートを装着していたほうがいやらしさアップな感じです。ふしぎ!





f:id:UNOYO:20130314034338j:image

ちなみにイベント時に購入した場合はこちらのオプションアイテムが無料でもらえます。

西住殿と手をつないだ状態を再現できる仲良しハンド。

しかし私は西住殿の右手首を接着してしまったので活用できず。ガッデム。





f:id:UNOYO:20130314034908j:image

ホントはこんな感じで手をつなげるみたいです。





f:id:UNOYO:20130314034907j:image

順番が前後しましたが西住殿とのツーショット。

華さんは落ち着いたイメージでパープルのベースを使用してみました。






いろんな角度から

f:id:UNOYO:20130314034912j:image

f:id:UNOYO:20130314034909j:image

f:id:UNOYO:20130314034913j:image

f:id:UNOYO:20130314034911j:image

f:id:UNOYO:20130314034910j:image

f:id:UNOYO:20130314034915j:image

f:id:UNOYO:20130314034914j:image

ポーズや目線もあってやっぱり結構角度限定な感じが。





f:id:UNOYO:20130314034905j:image

これまでのシリーズ3体並べてみました。

にぎやかになってきましたね〜。





f:id:UNOYO:20130314034904j:image

そしてやっぱり脱衣!





f:id:UNOYO:20130314034906j:image

以上、キャラグミン五十鈴華でした!


2月のワンダーフェスティバルに

秋山殿が先行発売されてからわずか1か月たたずして

発売となった今回の五十鈴殿。

この展開と生産の速さは流石カレーレジンキットといったところ。


今回も全体的にややアレンジがはいっていますが

非常に可愛らしく、色っぽく仕上がっています。

特にレビュー中でも何度も言っていますがお尻周りのエロさは

キャラとのギャップもあり大変素晴らしい。


値段が高く、手に入りづらいという難点はありますが

組立は簡単ですし自分で作ると愛着もわくのでオススメのシリーズです。

4月には残りの2人もリリース予定とのことで非常に楽しみ。

2013-03-09

キャラグミン ガールズ&パンツァー 1/7 秋山 優花里 製作レビュー

f:id:UNOYO:20130309191750j:image

ボークスのカラーレジンガレージキットシリーズ”キャラグミン”に

ガールズ&パンツァー』より装填手・秋山優花里がラインナップ!


パッケージ

f:id:UNOYO:20130309191547j:image f:id:UNOYO:20130309191546j:image

クリアーの薄いプラスチック製のパッケージ。

ガレージキットなので少々味気ないですがイラストは描き下ろしです。





f:id:UNOYO:20130309191306j:image

グローブを装着する秋山殿。

髪の毛モフモフで可愛いです。





f:id:UNOYO:20130309191305j:image

f:id:UNOYO:20130309191304j:image

f:id:UNOYO:20130309191303j:image

パーツはカラーごとに個別に袋詰めされています。

瞳用のデカールも付属。





f:id:UNOYO:20130309191302j:image

f:id:UNOYO:20130309191301j:image

f:id:UNOYO:20130309191259j:image

f:id:UNOYO:20130309191300j:image

ブックレット形式の組立説明書。

今回もカラーで設定画なども掲載されており丁寧なつくり。





f:id:UNOYO:20130309191258j:image

f:id:UNOYO:20130309191257j:image

パーツの不備がないことを確認したら

タッパーなどに入れて洗浄します。





f:id:UNOYO:20130309191256j:image

f:id:UNOYO:20130309191254j:image

f:id:UNOYO:20130309191255j:image

組立はいたって簡単でゲートやパーティングラインを処理するだけ。

あとはプラモデル感覚でパーツ同士をくみ上げていきます。





f:id:UNOYO:20130309191932j:image f:id:UNOYO:20130309191933j:image

途中経過はこんな感じ。

パーツを組み合わせるだけでほぼ色分けされてしまうのが

カラーレジンキットであるキャラグミンのウリです。





f:id:UNOYO:20130309191250j:image

ただし完璧に色分けされているわけではなく、

袖や襟の緑のライン、そして胸の白いラインと十字は塗装してあげる必要があります。





f:id:UNOYO:20130309191249j:image

f:id:UNOYO:20130309191248j:image

その他ディティールアップなどもお好みで。

そのままですとスカートのグリーンが少々明るすぎて浮き気味なので

リアルタッチマーカーでちょっと汚してみます。





f:id:UNOYO:20130309191247j:image

f:id:UNOYO:20130309191246j:image

ブラウス部分もグレーでちょこちょこと。

シャドウ効果っぽくしたかったのですが難しいですね。





f:id:UNOYO:20130309191253j:image

f:id:UNOYO:20130309191252j:image

f:id:UNOYO:20130309191251j:image

デカールはそのままですとあたりをつけるのが難しいので

雑誌で紹介されていたマスキングテープでガイドをつけてから

の貼り付け方法を試してみました。なんとか成功!

あとは組み上げるだけです。





f:id:UNOYO:20130309191800j:image f:id:UNOYO:20130309191759j:image

f:id:UNOYO:20130309191758j:image f:id:UNOYO:20130309191757j:image

f:id:UNOYO:20130309191756j:image f:id:UNOYO:20130309191755j:image

ガールズ&パンツァーあんこうチームの装填手、秋山 優花里完成!

素人揃いの戦車道チームのなかで数少ない生粋のミリタリーマニア。

総集編や雑誌や映像特典系では必ずと言っていいほど解説役を任されており

ある意味ガールズ&パンツァーの影の主人公的存在。





f:id:UNOYO:20130309191542j:image f:id:UNOYO:20130309191543j:image

f:id:UNOYO:20130309191544j:image f:id:UNOYO:20130309191545j:image

版権イラストをモデルにした両手を合わせたポーズで立体化。

くねっとしたポージングが最初期のシャイだった頃を思い出させますね。





f:id:UNOYO:20130309191541j:image f:id:UNOYO:20130309191540j:image

f:id:UNOYO:20130309191539j:image f:id:UNOYO:20130309191538j:image

独特の天然パーマヘアーも完全再現。

組立やディスプレイの際は先端のクセっ毛を折らないように十分な注意が必要です。

頬はデカールの上からウェザリングマスターのピンクをチーク代わりに塗布しています。





f:id:UNOYO:20130309191245j:image

袖と襟、胸のラインは塗装しました。

緑のラインはホビーカラーのデイトナグリーン。

白はファレホのホワイトです。

相変わらずちょっとヨレちゃいましたが…





f:id:UNOYO:20130309191244j:image

合わせた両手は5本の指でくっついた状態で造形されています。

何気に凄い。





f:id:UNOYO:20130309191536j:image f:id:UNOYO:20130309191537j:image

お尻の形がクッキリ浮き出る不思議素材のスカート。

太腿がまぶしいです。





f:id:UNOYO:20130309191243j:image

ローアングルからじゃないとわかりませんが

西住殿同様にヘソチラあり。





f:id:UNOYO:20130309191535j:image f:id:UNOYO:20130309191534j:image

f:id:UNOYO:20130309191532j:image f:id:UNOYO:20130309191533j:image

スカートもローアングルで。

予想以上にムチムチしていて非常にけしからんです。





f:id:UNOYO:20130309191754j:image f:id:UNOYO:20130309191753j:image

f:id:UNOYO:20130309191752j:image f:id:UNOYO:20130309191751j:image

ちなみにスカートは腰からかぶせる構造なので

腰を接着しなければいつでも取り外し可能です。





f:id:UNOYO:20130309191531j:image f:id:UNOYO:20130309191528j:image

f:id:UNOYO:20130309191529j:image f:id:UNOYO:20130309191530j:image

お腹周りもかなり気合入れて造形されているので

接着してしまうのはもったいない!

お腹にもウェザリングマスターを使用しています。





f:id:UNOYO:20130309191527j:image f:id:UNOYO:20130309191526j:image

f:id:UNOYO:20130309191525j:image f:id:UNOYO:20130309191524j:image

パンツまわりアップ。シワもウェザリングマーカーで強調しようと思いましたが

なんか薄汚れただけにしか見えなくて失敗。塗っちゃうか!





f:id:UNOYO:20130309191242j:image

ちなみに台座は付属していないので

市販のアクリルベースで代用しています。

今回は蛍光イエローを使ってみました。





f:id:UNOYO:20130309191745j:image

f:id:UNOYO:20130309191742j:image

第一弾である西住殿とツーショット。

劇中での絡み方からしてもこの2人は5人そろえずとも

2人だけでも十分に絵になるのがうれしいところ。





f:id:UNOYO:20130309191739j:image

即脱衣!





いろんな角度から

f:id:UNOYO:20130309191743j:image

f:id:UNOYO:20130309191744j:image

f:id:UNOYO:20130309191748j:image

f:id:UNOYO:20130309191746j:image

f:id:UNOYO:20130309191747j:image

f:id:UNOYO:20130309191750j:image

f:id:UNOYO:20130309191741j:image

f:id:UNOYO:20130309191740j:image

大人し目のポーズですが

目線や髪型のせいでみられる角度は限られちゃう感じですね。


以上、キャラグミン秋山優花里でした!


ぼくらの秋山殿こと秋山優花里がガルパン組2番手としてキャラグミンに登場!

特徴的なクセっ毛ヘアーやたれ目も完全再現で非常に可愛らしく仕上がっています。

ポージングは乙女な感じでミリタリーマニアらしさはどこかへ吹き飛んでしまっていますが

西住殿と並べた時を考えるとこのポーズでもなんら不自然さはありませんね。


制作に関してはパーツ分割や構成がほぼ西住殿を同じだった分

要領よく進められて大体3時間くらいで完成しました。

もうちょっと塗装や仕上げにこだわってもよかったかも。

まぁ妥協して”これで完成”といってみたり”もうちょっと手を加えてみよう…”

といろいろ選べるのも自分で作り上げるキットならではの楽しみ方ですね。


第三弾は砲手、五十鈴華さんですでに発売済みかつ購入済み。

まだ積んでいますが最終話の放映までには作成したいところです。