Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 かめらいど。さんと相互リンクしました!

2016-05-16

動物武装 キューブクマ レビュー

f:id:UNOYO:20160516210541j:image

キューブから動物に変形、さらに武装に変形する

動物武装キューブクマを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160516210151j:image

f:id:UNOYO:20160516210152j:image

動物武装シリーズ第3弾。

これまでのキリン、モグラ同様に小さ目のパッケージ。





キューブクマ

f:id:UNOYO:20160516210853j:image f:id:UNOYO:20160516210854j:image

f:id:UNOYO:20160516210855j:image f:id:UNOYO:20160516210856j:image

本体カラーはメタリックブラウン。

マーキングは武装キューブに共通の『!』です。





f:id:UNOYO:20160516210153j:image

f:id:UNOYO:20160516210154j:image

f:id:UNOYO:20160516210155j:image

f:id:UNOYO:20160516210156j:image

変形は簡単。キューブを横に倒して開くだけです。





キューブクマ動物モード

f:id:UNOYO:20160516210542j:image

f:id:UNOYO:20160516210543j:image

f:id:UNOYO:20160516210544j:image

ジュウオウジャーの戦力に加わった3体目の武装キューブ。

名前の響きが可愛いです。





f:id:UNOYO:20160516210157j:image

顔はわりと凶暴そう。





f:id:UNOYO:20160516210158j:image

f:id:UNOYO:20160516210159j:image

f:id:UNOYO:20160516210200j:image

下半身を上側に回転させ…





f:id:UNOYO:20160516210201j:image

f:id:UNOYO:20160516210202j:image

グリップを引き出すことでクマアックスに変形します。





f:id:UNOYO:20160516210551j:image

f:id:UNOYO:20160516210550j:image

f:id:UNOYO:20160516210552j:image

f:id:UNOYO:20160516210553j:image

ジュウオウキングやジュウオウワイルドに装備させられるほか…





f:id:UNOYO:20160516210555j:image

f:id:UNOYO:20160516210556j:image

ワイルドジュウオウキングの武器としても装備させられます。

ただ、ワイルドジュウオウキングは手首の形が特殊なので

しっかり保持できずグラつきます。





f:id:UNOYO:20160516210203j:image

f:id:UNOYO:20160516210204j:image

f:id:UNOYO:20160516210205j:image

またキューブクマはキリン・モグラのそれぞれの代わりに

足の左右に合体すること出来ます。




f:id:UNOYO:20160516210557j:image

f:id:UNOYO:20160516210558j:image

これにより両足を補強した状態でバズーカやドリルを装備できるようになりました。

この仕様は気が利いていますね。





f:id:UNOYO:20160516210549j:image

f:id:UNOYO:20160516210548j:image

f:id:UNOYO:20160516210547j:image

最後は動物キューブ3体集合で。

モグラがモチーフの割に大きい・・


以上、キューブクマでした!

動物武装キューブもこれで3体目。

クマはキューブから動物への変形が非常に簡単な代わりに

武器であるアックスへの変形に一工夫あって面白いほか

ワイルドジュウオウキング時には足にも合体できる点で

なかなかしっかり設計されているなと感心。

今後の武装キューブの登場も楽しみです。

2016-05-06

動物戦隊ジュウオウジャー 合体トレジャーキューブ2 レビュー

f:id:UNOYO:20160506181944j:image

バンダイキャンディトイ『トレジャーキューブ』シリーズ第2弾!

3種類集めることでジュウオウワイルドが完成!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160506181928j:image

f:id:UNOYO:20160506181505j:image f:id:UNOYO:20160506181504j:image

f:id:UNOYO:20160506181506j:image f:id:UNOYO:20160506181507j:image

あいかわずこじんまりしたパッケージです。

ラインナップは全3種類でキューブゴリラ、キューブタイガー、キューブエレファント

3種類集めることで組み合わせてジュウオウワイルドが完成します。





キューブゴリラ

f:id:UNOYO:20160506181929j:image

f:id:UNOYO:20160506181930j:image

f:id:UNOYO:20160506181931j:image

商品はトレジャーキューブ、レンジャープレート、ロボ用合体パーツが1セットになっています。

キューブにはキーチェーンがついており、プレートと合体パーツを通してまとめることも可能。





f:id:UNOYO:20160506181646j:image

f:id:UNOYO:20160506181647j:image

レンジャープレートはスタンド部分をおこして鍵になります。





f:id:UNOYO:20160506181640j:image

f:id:UNOYO:20160506181639j:image

f:id:UNOYO:20160506181641j:image

プレートをトレジャーキューブの天面にさしてひねるとロックが外れ

キューブを開くことが出来る、という仕組みになっています。





f:id:UNOYO:20160506181643j:image

f:id:UNOYO:20160506181644j:image

f:id:UNOYO:20160506181645j:image

キューブの中には合体用パーツを折りたたんでしまっておくことが出来ます。





キューブタイガー

f:id:UNOYO:20160506181932j:image

f:id:UNOYO:20160506181933j:image

f:id:UNOYO:20160506181934j:image

キューブタイガーには合体用パーツの頭が付属。





キューブエレファント

f:id:UNOYO:20160506181935j:image

f:id:UNOYO:20160506181936j:image

f:id:UNOYO:20160506181937j:image

エレファントにはもう片側の腕が付属します。





f:id:UNOYO:20160506181938j:image

f:id:UNOYO:20160506181939j:image

3種そろえて。





f:id:UNOYO:20160506181648j:image

f:id:UNOYO:20160506181649j:image

キューブ同士は左右と上下のジョイントで連結できます。





f:id:UNOYO:20160506181650j:image

f:id:UNOYO:20160506181651j:image

このように。そして…





f:id:UNOYO:20160506181652j:image

6,5,4の順で積んで前後をひっくり返して…





f:id:UNOYO:20160506181653j:image

f:id:UNOYO:20160506181654j:image

合体用パーツを取り付ければジュウオウワイルドが完成!





ジュウオウワイルド

f:id:UNOYO:20160506181940j:image

f:id:UNOYO:20160506181942j:image

f:id:UNOYO:20160506181941j:image

頭と両腕が外付けパーツとなるため

より箱らしさがアップしたジュウオウワイルド。潔いです。





f:id:UNOYO:20160506181943j:image

f:id:UNOYO:20160506181944j:image

レンジャープレートとならべて。

サイズは小さいですがなかなかの満足度です。





f:id:UNOYO:20160506181945j:image

第一弾であるジュウオウキングと並べて。

もちろん同サイズで合わせてあります。





f:id:UNOYO:20160506181946j:image

ジョイント機構も共通なのでボディを入れ替えることも可能。





f:id:UNOYO:20160506181658j:image

f:id:UNOYO:20160506181657j:image

キューブ状態で連結させて遊ぶのも一興。





f:id:UNOYO:20160506181659j:image

f:id:UNOYO:20160506181702j:image

f:id:UNOYO:20160506181701j:image

f:id:UNOYO:20160506181700j:image

ただの積み木遊びですが、戦隊ロボの玩具で

こんなことが出来るのは新鮮ですね。





f:id:UNOYO:20160506181703j:image

f:id:UNOYO:20160506181947j:image

ワイルドジュウオウキングにはパーツが足りませんが

それっぽい何かを組んでみました。





f:id:UNOYO:20160506181948j:image

最後は2大ロボと5人のジュウオウジャーで〆。


以上、合体トレジャーキューブ2でした!


第1弾がなかなかのお気に入りだったので

2弾の発売はうれしいですね。

1弾と同一フォーマットのため、組み替えたり連結させたりして

遊べるのが面白いです。

ミニプラとはまた違った趣のあるアイテムなのでファンの方にはオススメです!

2016-04-24

ファイティングアクションロボ 勇動 ジュウオウキング レビュー

f:id:UNOYO:20160424150346j:image

勇ましい立ち姿!全身19か所の可動!

ファイティングアクションロボ勇動ジュウオウキングを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160424150122j:image

f:id:UNOYO:20160424150123j:image

第1弾のトッキュウキングから継承された、ウインドウタイプのパッケージ。





f:id:UNOYO:20160424150124j:image

f:id:UNOYO:20160424150125j:image

中身。ジュウオウキング本体とキングソードが付属します。

塗装済み、組み立て済みなので開けてすぐに遊ぶことが出来ます。





ジュウオウキング

f:id:UNOYO:20160424150325j:image

f:id:UNOYO:20160424150327j:image

f:id:UNOYO:20160424150326j:image

ご存じジュウオウジャーのジュウオウイーグル、シャーク、ライオンが合体した巨大ロボ

御覧の通り、キューブが3つ積み重なったとは思えない

マッシブ極まりない体型にアレンジされています。





f:id:UNOYO:20160424150126j:image

f:id:UNOYO:20160424150127j:image

肩とか胸部分はアレンジというかもはや別デザインに…

格好いいけど、公式アイテムでここまでやるとは、という印象。





f:id:UNOYO:20160424150328j:image

f:id:UNOYO:20160424150329j:image

f:id:UNOYO:20160424150331j:image

全身19か所が可動。

昨年のシュリケンジン同様に腿ロールや上腕ロールもあり、良く動きます。

ただし手首は頑なに非可動。なぜ。





f:id:UNOYO:20160424150330j:image

f:id:UNOYO:20160424150332j:image

f:id:UNOYO:20160424150333j:image

ちょっとふざけたポーズも自由自在。





f:id:UNOYO:20160424150334j:image

付属のキングソード。

ビッグキングソードといっても良いぐらいの長さです。





f:id:UNOYO:20160424150335j:image

f:id:UNOYO:20160424150336j:image

f:id:UNOYO:20160424150337j:image

手首が可動すればさらに構え方の幅も広がるのですが。

惜しいですね。





f:id:UNOYO:20160424150338j:image

f:id:UNOYO:20160424150339j:image

トッキュウオーやシュリケンジンと並べて。

今年は塗装箇所が少ないので過去2作と比べても見栄えが良い…と思ったら

実は変わらず成型色は1色(赤)のみなので塗装延べ面積自体は例年と変わらないかも。

しかし青も黄色も食玩とは思えないほどキレイに発色してます





f:id:UNOYO:20160424150349j:image

f:id:UNOYO:20160424150350j:image

f:id:UNOYO:20160424150351j:image

DX、ミニプラとならべて。どれも全然違いますね。

それぞれに見慣れてから別のブランドのジュウオウキングを見ると

『あれ?こんなだったっけ?』と思うこと必至です。





f:id:UNOYO:20160424150348j:image

f:id:UNOYO:20160424150352j:image

f:id:UNOYO:20160424150353j:image

ちなみに本商品に付属のキングソードはDX版に付属のものよりも長かったり。

ミニプラへは無改造で装備させることもできますし

シルバーで塗装されており見栄えも良いのでオススメです。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160424150340j:image

f:id:UNOYO:20160424150342j:image

f:id:UNOYO:20160424150341j:image

f:id:UNOYO:20160424150343j:image

f:id:UNOYO:20160424150345j:image

f:id:UNOYO:20160424150344j:image

f:id:UNOYO:20160424150346j:image

f:id:UNOYO:20160424150347j:image

そういえば腰の後ろにいつものジョイント穴があるので

figmaや魂stageなどのベースも使えます。


以上、ファイティングアクションロボ 勇動 ジュウオウキングでした!


トッキュウジャー以降定番アイテムになってきた

ファイティングアクションロボ。

毎度アレンジが効いたデザインでしたが今年は輪をかけてオリジナリティ溢れる

デザインになっております。

可動はシュリケンジンと大差ありませんが装飾も控えめなので

よりポージングが決まりやすい印象。

ミニプラも良く動きますが、思いっきり動かすならコッチもオススメです!

2016-04-22

動物武装 キューブモグラ / ワイルドジュウオウキング レビュー

f:id:UNOYO:20160422230700j:image

キューブからモグラ・武器へ変形!

さらに別売りの7体のジュウオウキューブと合体してワイルドジュウオウキングが完成!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160422223430j:image

f:id:UNOYO:20160422223431j:image

低価格アイテムであるキューブウエポンシリーズなので

パッケージもかなりコンパクトです。





キューブモグラ

f:id:UNOYO:20160422224312j:image f:id:UNOYO:20160422224313j:image

f:id:UNOYO:20160422224314j:image f:id:UNOYO:20160422224315j:image

他のジュウオウキューブよりも小さめのキューブ形態。

ナンバリングはなく『!』のマークが刻印されています。

キューブキリンと同じなので、キューブウエポン共通のデザインのようですね。





f:id:UNOYO:20160422223411j:image

f:id:UNOYO:20160422223412j:image

f:id:UNOYO:20160422223413j:image

f:id:UNOYO:20160422223414j:image

本体を横に開き、ドリルを展開させて変形完了。





キューブモグラ動物モード

f:id:UNOYO:20160422223711j:image

f:id:UNOYO:20160422223712j:image

f:id:UNOYO:20160422223713j:image

キューブモグラのその名の通り、モグラ型の動物モード。

地底にてジュウオウジャーの窮地を救ったキューブウエポンです。





f:id:UNOYO:20160422223715j:image

f:id:UNOYO:20160422223714j:image

キューブキリンとならべて。

キューブウエポン同士、大きさは揃えられています。





f:id:UNOYO:20160422223415j:image

f:id:UNOYO:20160422223416j:image

本体底部のカバーを開くことでグリップが出現しウエポンモードへ。





f:id:UNOYO:20160422223716j:image

f:id:UNOYO:20160422223717j:image

モグラドリルとして、ジュウオウキングの武器になります。





f:id:UNOYO:20160422223718j:image

f:id:UNOYO:20160422223719j:image

ジュオウワイルドにももちろん装備可能。

水平に構えると自重でやや下を向いてしまうのが惜しい。





f:id:UNOYO:20160422223720j:image

f:id:UNOYO:20160422223721j:image

1〜6までのジュウオウキューブ、そして2体のキューブウエポンが集結。

この8体を集めることで大型ロボ『ワイルドジュウオウキング』が完成します。





f:id:UNOYO:20160422224941j:image f:id:UNOYO:20160422224942j:image

合体手順は、まず5,2,3,4の順でキューブを積み上げ…





f:id:UNOYO:20160422223417j:image

f:id:UNOYO:20160422223418j:image

f:id:UNOYO:20160422223419j:image

4の左右に展開させたウエポンを接続します。





f:id:UNOYO:20160422223421j:image

f:id:UNOYO:20160422223420j:image

5の左右に1と6のキューブを接続し…





f:id:UNOYO:20160422223422j:image

f:id:UNOYO:20160422223423j:image

それぞれ腕を変形させ展開させます。





f:id:UNOYO:20160422223424j:image

f:id:UNOYO:20160422223425j:image

5の上部からビッグキングソードを挿入。





f:id:UNOYO:20160422223428j:image

f:id:UNOYO:20160422223429j:image

ビッグワイルドキャノン、ワイルドキャノンは変形させて

胸飾りと頭飾りに。





f:id:UNOYO:20160422223426j:image

f:id:UNOYO:20160422223427j:image

5のキューブにそれぞれを接続させて完成です。





ワイルドジュウオウキング

f:id:UNOYO:20160422223700j:image

f:id:UNOYO:20160422223701j:image

f:id:UNOYO:20160422223702j:image

f:id:UNOYO:20160422223703j:image

6体のジュウオウキューブと2体のキュープウエポン

総勢8体のメカが合体した大型ロボ。

縦横ともにジュウオウキングから大きくサイズアップしています。





f:id:UNOYO:20160422223704j:image

キューブをまるまる1つずつ使った、ゴツイ両肩がなんといっても特徴的。





f:id:UNOYO:20160422223705j:image

f:id:UNOYO:20160422223706j:image

可動箇所は両腕のみです。





f:id:UNOYO:20160422223707j:image

武器はキングソードを装備できますが

ワイルドジュウオウキングに持たせるには小さすぎてナイフにしか見えません。





f:id:UNOYO:20160422223708j:image

f:id:UNOYO:20160422223709j:image

ややアンバランスになりますが

両足のキューブウエポンを装備しても良いかと。




f:id:UNOYO:20160422223710j:image

ミニプラとならべて。

流石に足が開いていると大分印象が違いますが

DXの安定感もなかなか良いものです。


以上、キューブモグラ/ワイルドジュウオウキングでした!


キューブウエポン2弾目となるキューブモグラ。

変形手順は単純ながらキリン同様に

カチカチとした個気味良い手触りがクセになります。

そしてこれにて8体のメカが揃い、ついにワイルドジュウオウキングを完成させることが可能に。

ジュウオウキングに対して足はキューブ1個+ウエポン2個分、腕はキューブ2個分新たに追加される

形になり一気にボリュームがアップします。

1号ロボを軸にバラした2号ロボをくっつけるといった往年の王道パターンとは

全く異なる今回の合体システムは更なる可能性を感じさせ、ワクワクしながら遊ぶことが出来ます。

ジュウオウ=縦横のキーワードの通り、今後も縦横にどんどん強化されていくのではないかと。

今後の展開が楽しみですね!

2016-04-17

ミニプラ ジュウオウワイルド レビュー

f:id:UNOYO:20160417171721j:image

ジュウオウジャーの2号ロボ、『ジュウオウワイルド』のミニプラが登場!

第1弾の『ジュウオウキング』と合体させることで『ワイルドジュウオウキング』へ!


パッケージ&ラインナップ

f:id:UNOYO:20160417171501j:image f:id:UNOYO:20160417171502j:image

f:id:UNOYO:20160417171503j:image f:id:UNOYO:20160417171504j:image

今回もラインナップは全5種類。

1キューブゴリラA

2キューブゴリラB

3キューブタイガー

4キューブエレファント

5キューブモグラ

となっております。





f:id:UNOYO:20160417171654j:image

すべて集めることで4体のジュウオウキューブが完成。

1体ずつ紹介していきます。





キューブゴリラ

f:id:UNOYO:20160417170757j:image

f:id:UNOYO:20160417171505j:image f:id:UNOYO:20160417171506j:image

f:id:UNOYO:20160417170801j:image

f:id:UNOYO:20160417170802j:image

ジュウオウゴリラの相棒のジュウオウキューブ。

変形は腕パーツが差し替え式となっています。





f:id:UNOYO:20160417170755j:image

f:id:UNOYO:20160417170756j:image

肩に担いでいるビッグワイルドキャノンはキューブ状態では余剰パーツとなります。





f:id:UNOYO:20160417170803j:image

f:id:UNOYO:20160417170804j:image

キャノンを外した状態。





f:id:UNOYO:20160417170805j:image

腕部分が可動するので

ドラミングアクションの再現が可能。





キューブタイガー

f:id:UNOYO:20160417170759j:image

f:id:UNOYO:20160417171507j:image f:id:UNOYO:20160417171508j:image

f:id:UNOYO:20160417170806j:image

f:id:UNOYO:20160417170808j:image

f:id:UNOYO:20160417170807j:image

ジュウオウタイガーの相棒のジュウオウキューブ。

DXや劇中設定では本体がスライドし変形しますがミニプラでは差し替え式。

ボディ側面の縞模様はパーツ分けで再現されています。





f:id:UNOYO:20160417170809j:image

背中のクロー部分が可動します。





キューブエレファント

f:id:UNOYO:20160417170758j:image

f:id:UNOYO:20160417171509j:image f:id:UNOYO:20160417171510j:image

f:id:UNOYO:20160417170810j:image

f:id:UNOYO:20160417170812j:image

f:id:UNOYO:20160417170811j:image

ジュウオウエレファントの相棒のジュウオウキューブ。

DXや劇中設定どおり、差し替えなしで変形させることが出来ます。





f:id:UNOYO:20160417170813j:image

鼻部分は可動させることが出来ます。





キューブモグラ

f:id:UNOYO:20160417170800j:image

f:id:UNOYO:20160417171511j:image f:id:UNOYO:20160417171512j:image

f:id:UNOYO:20160417170814j:image

f:id:UNOYO:20160417170815j:image

キューブキリンと同じキューブウエポンに分類されるキューブ。

ドリルがついたモグラの姿に変形します。

こちらはDX玩具の発売に先駆けての収録となっています。





f:id:UNOYO:20160417171656j:image

f:id:UNOYO:20160417171657j:image

キューブからアニマルへ変形。

単体でも良い出来ですが、合体ギミックもしっかり再現されています。





f:id:UNOYO:20160417171659j:image

キューブゴリラ・タイガー・エレファントの組み合わせで

『ジュウオウワイルド』へ!





f:id:UNOYO:20160417170817j:image

f:id:UNOYO:20160417170818j:image

f:id:UNOYO:20160417170819j:image

f:id:UNOYO:20160417170820j:image

キューブ状態に戻し、上から6,5,4の順に積み上げます。





f:id:UNOYO:20160417170821j:image

f:id:UNOYO:20160417170822j:image

f:id:UNOYO:20160417170823j:image

腕部分を変形させます。

DXではスライドして腕が伸びましたがミニプラでは差し替えです。

そのかわり肘可動があります。





f:id:UNOYO:20160417170824j:image

f:id:UNOYO:20160417170825j:image

ワイルドキャノンを折りたたみ、頭部を展開。





f:id:UNOYO:20160417170826j:image

f:id:UNOYO:20160417170827j:image

本体に装着し、マスクを開けば合体完了。





ジュウオウワイルド

f:id:UNOYO:20160417171700j:image

f:id:UNOYO:20160417171701j:image

f:id:UNOYO:20160417171702j:image

ゴリラ・タイガー・エレファントの3体のジュウオウキューブが合体した巨大ロボ。

ジュウオウキングとに続く2号ロボとなっており、同時出撃も可能です。

色分け&シールにより非常に見栄えの良い仕上がりとなっています。





f:id:UNOYO:20160417171703j:image

f:id:UNOYO:20160417171704j:image

DXと並べても、そのまま縮小したかのような再現度です。





f:id:UNOYO:20160417170828j:image

f:id:UNOYO:20160417170829j:image

f:id:UNOYO:20160417170830j:image

f:id:UNOYO:20160417170831j:image

そしてここからがミニプラの真骨頂。

足首をいったん取り外し、内部からボールジョイントを展開させそちらに接続しなおします。





f:id:UNOYO:20160417170832j:image

f:id:UNOYO:20160417170833j:image

そしてタイガーの中央部分からエレファントを真っ二つに!

キング同様に足を左右分割することが出来ます。





f:id:UNOYO:20160417171705j:image

f:id:UNOYO:20160417171707j:image

DX準拠の直立ポーズとは印象がガラっと変わります。





f:id:UNOYO:20160417170834j:image

f:id:UNOYO:20160417170835j:image

この時エレファントはこんな感じで分割されています。

まるで立体パズルのよう。





f:id:UNOYO:20160417170836j:image

f:id:UNOYO:20160417170837j:image

f:id:UNOYO:20160417170838j:image

タイガーもミニプラ独自の複雑な関節が仕込まれています。

また、クローをあげたままだと足が干渉して動かないので

ポージングの際はクローを下げてあげるとよいでしょう。





f:id:UNOYO:20160417171709j:image

f:id:UNOYO:20160417171710j:image

f:id:UNOYO:20160417171711j:image

腰はゴリラの足の位置で回転。

頭部もボールジョイント接続など、全身あちこち可動します。





f:id:UNOYO:20160417171712j:image

武器としてワイルドキャノンを装備可能。





f:id:UNOYO:20160417171714j:image

別売りのジュウオウキングと並べて。

ジュウオウワイルドは肩アーマーのおかげでキングよりも

肩幅があるように見えるのでよりスタイルが良く見えます。





f:id:UNOYO:20160417171715j:image

DX玩具同様、キングとワイルドの間で腰や脚部の入れ替え遊びも可能です。





f:id:UNOYO:20160417170839j:image

f:id:UNOYO:20160417170840j:image

そしてキューブモグラはパネルを開くことで武器に変形。





f:id:UNOYO:20160417171713j:image

f:id:UNOYO:20160417171716j:image

ジュウオウワイルドやジュウオウキングに装備させること出来ます。





f:id:UNOYO:20160417171717j:image

ちなみにもちろん1弾のキリンバズーカをワイルドに装備させることもできます。





f:id:UNOYO:20160417171727j:image

そしていよいよ大目玉のギミック。

1〜6までのジュウオウキューブと2体のキューブウエポンによる全合体です。

再現するには1弾の『ジュウオウキング』と今回の『ジュウオウワイルド』をそれぞれ

全種類コンプリートする必要があります。





f:id:UNOYO:20160417170842j:image

まずは上から5,2,4,3の順にキューブを積み上げ…





f:id:UNOYO:20160417170843j:image

5(タイガー)の左右に1と6を。

4(エレファント)の左右に2体のウエポンを接続します。





f:id:UNOYO:20160417170844j:image

前後をひっくり返し、腕を変形させます。

腕は差し替えで変形。

差し替えずに変形させるとDX準拠になりますが、素直に差し替えたほうが見栄えが良いです。





f:id:UNOYO:20160417170845j:image

f:id:UNOYO:20160417170846j:image

頭部としてビックキングソードを装着。





f:id:UNOYO:20160417170847j:image

f:id:UNOYO:20160417170848j:image

さらに胸にビッグワイルドキャノン、頭にワイルドキャンを飾りとして装着して完成です。

ワイルドキャノンは厳密には頭ではなく、首の根元の左右に接続します。





ワイルドジュウオウキング

f:id:UNOYO:20160417171728j:image

f:id:UNOYO:20160417171729j:image

f:id:UNOYO:20160417171730j:image

1〜6のキューブと2体のウエポンが合体した大型ロボ形態。

両肩にキューブが配置されることで3体合体だったキング、ワイルドとは

全く違ったシルエットになっております。





f:id:UNOYO:20160417171731j:image

このブロック玩具感が一周回ってすごく良い!

両腕を前に出してやるとバランスが良いかなと思います。





f:id:UNOYO:20160417171733j:image

武器はビッグキングソードを装備できます。

せっかくのウエポンは足の支えに…





f:id:UNOYO:20160417171734j:image

f:id:UNOYO:20160417171735j:image

また、この状態でも足を開くことは可能です。

シャークの股関節部分や、ライオンのひざ部分にはかなり負担がかかるので

キングで既にガシガシ遊んだ方は補修必須かもしれません。





f:id:UNOYO:20160417171736j:image

またシャークの股関節がキングほど自由度がないのと

ひじ関節が動かないのでポージングはちょっと厳しいかなと思います。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160417171718j:image

f:id:UNOYO:20160417171719j:image

f:id:UNOYO:20160417171720j:image

f:id:UNOYO:20160417171721j:image

f:id:UNOYO:20160417171723j:image

f:id:UNOYO:20160417171725j:image

f:id:UNOYO:20160417171724j:image

f:id:UNOYO:20160417171726j:image

f:id:UNOYO:20160417171737j:image

f:id:UNOYO:20160417171738j:image

DX玩具のカッチリ感も良いですが

やはりミニプラのマッシブ&可動アレンジもいいですね。


以上、ミニプラジュウオウワイルドでした!


待望の2号ロボがミニプラ化。

それぞれジュウオウキューブとして単体でも楽しめるうえ

全種集めればフル可動のロボが完成というプレイバリューの高いアイテム。

今回も前作ジュウオウキング同様に可動だけでなく色分けににも力を入れており

タイガーの縞模様やエレファントのロボ足のツメ模様など

細かい部分でいい仕事をしております。


ワイルドジュウオウキング形態は流石にそれ専用の可動部などはなかったため

単体のキング、ワイルドに比べるとまとまりは劣りますが

それでも想像以上の格好よさに仕上がっております。

既に8体合体というかなりの大型ロボになっていますが

ここからもう1段階くらい強化されるのでしょうか。楽しみですね。