Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 真紅のハルヒさんと相互リンクしました!

2016-09-13

ミニプラSP ワイルドジュウオウキング クリアバージョン レビュー

f:id:UNOYO:20160913120834j:image

8体のジョウオウキューブが動物大合体!

ミニプラワイルドジュウオウキングのスペシャルなクリアバージョンを紹介!


パッケージ&ラインナップ

f:id:UNOYO:20160913120318j:image

f:id:UNOYO:20160913120319j:image

f:id:UNOYO:20160913120759j:image

f:id:UNOYO:20160913120800j:image

今回のアイテムは過去に販売されたミニプラジュウオウキング、ミニプラジュウオウワイルドに

収録されたラインナップの成型色変更ver.となっております。

各弾全5種類だったものを1つのラインナップにまとめたので全10種類となっており、内訳は

・キューブイーグル

・キューブイーグル

・キューブシャーク

・キューブライオン

・キューブキリン&キングソード

・キューブゴリラA

・キューブゴリラB

・キューブタイガー

・キューブエレファント

・キューブモグラ

となっております。

f:id:UNOYO:20160913120802j:image

f:id:UNOYO:20160913120803j:image

ワイルドジュウオウキングを組むためには10種類すべて集める必要がありますが

それぞれ5種類ずつ集めればそれぞれキング、ワイルドの単体のロボに合体させて遊ぶこともできます。





キューブイーグル

f:id:UNOYO:20160913120320j:image

f:id:UNOYO:20160913120321j:image

f:id:UNOYO:20160913120338j:image

f:id:UNOYO:20160913120339j:image

キューブからイーグル形態に変形。





キューブシャーク

f:id:UNOYO:20160913120322j:image

f:id:UNOYO:20160913120323j:image

f:id:UNOYO:20160913120340j:image

f:id:UNOYO:20160913120341j:image

キューブからサメ形態に変形。

尻尾部分は差し替え変形です。





キューブライオン

f:id:UNOYO:20160913120324j:image

f:id:UNOYO:20160913120325j:image

f:id:UNOYO:20160913120342j:image

f:id:UNOYO:20160913120343j:image

キューブからライオンに変形。

成型色の透明度が高くキレイです。





キューブキリン

f:id:UNOYO:20160913120326j:image

f:id:UNOYO:20160913120327j:image

f:id:UNOYO:20160913122108j:image f:id:UNOYO:20160913122105j:image

キューブからキリンに変形。

ウエポンにも変形可能です。





f:id:UNOYO:20160913120328j:image

キューブイーグルにはビッグキングソード、

キューブキリンには大きいキングソード(ややこしい)が付属します。

こちらは合体時に使用。





f:id:UNOYO:20160913120804j:image

f:id:UNOYO:20160913120806j:image

f:id:UNOYO:20160913120352j:image

イーグル、シャーク、ライオンの3体で合体させることで

ジュウオウキングへ。





f:id:UNOYO:20160913120810j:image

f:id:UNOYO:20160913120812j:image

f:id:UNOYO:20160913120813j:image

ジュウオウキングクリアver.

赤、青、黄色のクリアがそれぞれ綺麗に発色しております。





f:id:UNOYO:20160913120354j:image

頭部からキングソードを引き抜けますが

ちょっと小さい。





f:id:UNOYO:20160913120355j:image

そのためにキューブキリンに大き目のソードが付属します。





f:id:UNOYO:20160913120818j:image

f:id:UNOYO:20160913120819j:image

キューブキリンが変形したキリンバズーカを装備可能です。





キューブゴリラ

f:id:UNOYO:20160913120329j:image

f:id:UNOYO:20160913120330j:image

f:id:UNOYO:20160913120344j:image

f:id:UNOYO:20160913120345j:image

キューブからゴリラに変形。

腕部分が差し替え変形になっています。

背中にはビッグワイルドキャノンを装備可能。





キューブタイガー

f:id:UNOYO:20160913120333j:image

f:id:UNOYO:20160913120334j:image

f:id:UNOYO:20160913120346j:image

f:id:UNOYO:20160913120347j:image

キューブから虎に変形。

ボディは差し替え変形になっています。

成型色は半透明のホワイトクリア。





キューブエレファント

f:id:UNOYO:20160913120331j:image

f:id:UNOYO:20160913120332j:image

f:id:UNOYO:20160913120348j:image

f:id:UNOYO:20160913120349j:image

キューブから象に変形。

成型色のクリアブラックが透明度が高く、かつシブくて非常に格好良いです。





キューブモグラ

f:id:UNOYO:20160913120335j:image

f:id:UNOYO:20160913120336j:image

f:id:UNOYO:20160913120350j:image

f:id:UNOYO:20160913120351j:image

キューブからモグラに変形。

ウエポンモードであるドリル形態にも変形可能です。





f:id:UNOYO:20160913120805j:image

f:id:UNOYO:20160913120807j:image

f:id:UNOYO:20160913120353j:image

ゴリラ、タイガー、エレファントの3体で

ジュウオウワイルドへ合体。





f:id:UNOYO:20160913120811j:image

f:id:UNOYO:20160913120815j:image

f:id:UNOYO:20160913120816j:image

ジュウオウワイルドクリアver.

こちらも引き締まったシブい配色ながら各所のクリアパーツが輝いています。





f:id:UNOYO:20160913120356j:image

腕にはワイルドキャノンを装備可能。





f:id:UNOYO:20160913120820j:image

f:id:UNOYO:20160913120821j:image

またキューブモグラが変形した

モグラドリルも装備可能です。





f:id:UNOYO:20160913120817j:image

f:id:UNOYO:20160913120822j:image

ロボモードでそろい踏み。

カラフルでキレイです。





f:id:UNOYO:20160913120823j:image

f:id:UNOYO:20160913120808j:image

そして全8体のジュウオウキューブが動物大合体!

ワイルドジュウオウキングへ!





f:id:UNOYO:20160913120824j:image

f:id:UNOYO:20160913120825j:image

f:id:UNOYO:20160913120826j:image

ワイルドジュウオウキングクリアver.

ブロックごとに色が分かれているので

クリア成型色が引き立ちます。





f:id:UNOYO:20160913120827j:image

f:id:UNOYO:20160913120828j:image

f:id:UNOYO:20160913120829j:image

足を開いて立たせても格好良いです。





f:id:UNOYO:20160913120830j:image

腕にはキングソードを装備可能。

本編ではキューブクマを装備していましたが

今回は収録されていないのでお預け。





f:id:UNOYO:20160913120831j:image

ワイルドトウサイキング(ノーマル)とならべて。

ワイルドトウサイの力強さも良いですが

このワイルドジュウオウキングの形態もスマートで格好いいですね。





f:id:UNOYO:20160913120832j:image

f:id:UNOYO:20160913120833j:image

f:id:UNOYO:20160913120835j:image

各所の保持などの調整が難しいのでポーズづけは大変ですが

眺めてるだけでも格好良いかと!


以上、ミニプラワイルドジュウオウキングでした!


今年はミニプラクリアカラーの季節がやってきました。

一昨年のトッキュウジャーの時と同じく

1号ロボと2号ロボの同時ラインナップとなっておりかなり楽しめる内容。


さらに今年は3号ロボであるトウサイジュウオーや

最終ロボのドデカイオーのクリアパージョンのリリースも

現時点で決定しており、クリア版ですべてのロボのそろい踏み&合体を楽しめる予定となっています。

コンドルワイルドは除く…)


通常版を買い逃していた方はここから集めるのもアリかなと思いますよ!

2016-08-27

ジュウオウキューブウエポンEX レビュー

f:id:UNOYO:20160827130221j:image

動物合体シリーズにリデコ版アイテム・ジュウオウキューブウエポンEXが登場!

『キューブシマウマ&キューブカモノハシセット』『キューブヒョウ&キューブフクロウセット』

を一挙紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160827124107j:image

f:id:UNOYO:20160827124109j:image

f:id:UNOYO:20160827124108j:image

f:id:UNOYO:20160827124110j:image

今回紹介するのは動物合体シリーズ・ジュウオウキューブウエポンEX。

既存のジュウオウキューブウエポンをリカラーorリデコした新種の動物を

それぞれ2体ずつセットにしたパッケージになっています。





f:id:UNOYO:20160827124111j:image

f:id:UNOYO:20160827124112j:image

中身です。

上がキューブシマウマ&キューブカモノハシセット。

下がキューブヒョウ&キューブフクロウセットとなっています。

ウエポンの2個セットで、特に付属品などは無し。





キューブシマウマ

f:id:UNOYO:20160827123312j:image

f:id:UNOYO:20160827123313j:image

f:id:UNOYO:20160827123320j:image

白いキューブに変形。

キューブキリンのリカラーとなっています。





f:id:UNOYO:20160827123324j:image

f:id:UNOYO:20160827123325j:image

f:id:UNOYO:20160827123332j:image

動物形態はシマウマ

縞模様をドット調で再現しており、きれいな仕上がり。





キューブカモノハシ

f:id:UNOYO:20160827123314j:image

f:id:UNOYO:20160827123315j:image

f:id:UNOYO:20160827123321j:image

本体カラーは鮮やかなメタリックブルー。

キューブモグラのリデコとなっています。





f:id:UNOYO:20160827123326j:image

f:id:UNOYO:20160827123327j:image

f:id:UNOYO:20160827123333j:image

動物形態はカモノハシ。

くちばし部分が新規パーツになっています。





キューブヒョウ

f:id:UNOYO:20160827123316j:image

f:id:UNOYO:20160827123317j:image

f:id:UNOYO:20160827123322j:image

本体カラーはイエロー。

キューブクマのリカラーとなっています。





f:id:UNOYO:20160827123328j:image

f:id:UNOYO:20160827123329j:image

f:id:UNOYO:20160827123334j:image

動物形態はヒョウ。

斑点模様をドット調で再現しています。





キューブフクロウ

f:id:UNOYO:20160827123318j:image

f:id:UNOYO:20160827123319j:image

f:id:UNOYO:20160827123323j:image

本体カラーはメタリックグリーン。

キューブコウモリのリデコとなっています。





f:id:UNOYO:20160827123330j:image

f:id:UNOYO:20160827123331j:image

f:id:UNOYO:20160827123335j:image

動物形態はフクロウ

顔パーツが新規造形になっています。





f:id:UNOYO:20160827124113j:image

f:id:UNOYO:20160827124114j:image

f:id:UNOYO:20160827124115j:image

f:id:UNOYO:20160827124116j:image

f:id:UNOYO:20160827124117j:image

f:id:UNOYO:20160827124119j:image

f:id:UNOYO:20160827124121j:image

f:id:UNOYO:20160827124123j:image

元になったキューブウエポンとならべて。

ほとんど色が違うだけですがなかなかどうしてちゃんと別物に見えますね。





f:id:UNOYO:20160827123336j:image

f:id:UNOYO:20160827123337j:image

f:id:UNOYO:20160827123338j:image

f:id:UNOYO:20160827123339j:image

それぞれウエポンモードに変形可能です。





f:id:UNOYO:20160827130200j:image

シマウマシマウマランチャー

見た目も用途もキリンバズーカと変わりませんね。





f:id:UNOYO:20160827130201j:image

カモノハシはカモノハシレーザー

多分口からレーザー光線がでる。





f:id:UNOYO:20160827130202j:image

ヒョウはヒョウハンマー。

クマアックスのころから鈍器にしか見えなかったので、正しいネーミング。





f:id:UNOYO:20160827130203j:image

フクロウフクロウカッター。

ブーメランではないので投げたら戻ってこないのかもしれません。





f:id:UNOYO:20160827130204j:image

f:id:UNOYO:20160827130205j:image

f:id:UNOYO:20160827130206j:image

f:id:UNOYO:20160827130207j:image

f:id:UNOYO:20160827130212j:image

f:id:UNOYO:20160827130213j:image

f:id:UNOYO:20160827130210j:image

f:id:UNOYO:20160827130211j:image

既存のキューブウエポンと組み合わせて

両手持ちなんかさせてもなかなか燃えます。





f:id:UNOYO:20160827130209j:image

f:id:UNOYO:20160827130208j:image

合体の一員として組み込むのもアリ。





f:id:UNOYO:20160827130216j:image

f:id:UNOYO:20160827130217j:image

既存のキューブの代わりにEXを使えば

ちょっと色が違うワイルドトウサイキングが完成。





f:id:UNOYO:20160827130214j:image

でもせっかくのなので13体にEXのウエポンも加えて動物大大合体!





f:id:UNOYO:20160827130220j:image

f:id:UNOYO:20160827130219j:image

17体合体、名付けて超ワイルドトウサイキング!

みたいな遊び方もできます。

まだまだ拡張の余地はありますね(保持できる・安定するとは言っていない)


以上、EXキューブウエポンセットでした!


キューブウエポンの売れ行きが好評ということで

急きょ発売が決定したらしいEXキューブシリーズ。

基本的にリカラー&リデコですが

どれもきちんとモデルになった動物に見えるのが偉いですね。

個人的には縞模様が綺麗なシマウマがお気に入りです。


単体でもカチカチ変形させて楽しいですし、武装させたり

ワイルドトウサイキングに合体させるのもアリの

なかなかのポテンシャルを秘めたアイテムでオススメです。

2016-08-22

ミニプラEX マイクロ合体シリーズ1 ワイルドトウサイキング レビュー

f:id:UNOYO:20160822215500j:image

世界最小サイズのキューブが動物大合体!

マイクロ合体シリーズ1ワイルドトウサイキング全3種を紹介!


パッケージ&ラインナップ

f:id:UNOYO:20160822215919j:image f:id:UNOYO:20160822215920j:image

f:id:UNOYO:20160822215921j:image f:id:UNOYO:20160822215922j:image

今回紹介するのは通常のミニプラ動物合体シリーズではなく

ミニプラEXマイクロ合体シリーズ。

極小サイズのジュウオウキューブが変形合体し、最終的にワイルドトウサイキングを作り上げることが出来ます。

ラインナップは

・ジュウオウキングセット

・ジュウオウワイルドセット

・キューブライノスセット

の全3種類。

3種類集めることでワイルドトウサイキングが完成します。





f:id:UNOYO:20160822215431j:image

マイクロ合体がどれぐらいマイクロかというと、これぐらいマイクロです。

右からDX、ミニプラ、マイクロ、10円玉。

このサイズで変形合体をこなしていくという恐ろしい食玩です。





ジュウオウキングセット

f:id:UNOYO:20160822215428j:image

ジュウオウキングセットは

・キューブイーグル

・キューブシャーク

・キューブライオン

・キューブクロコダイル

・キューブキリン

・キューブコウモリ

・ビッグワイルドキャノン(ジュウオウキング頭部つき)

がセットになっています。





f:id:UNOYO:20160822215432j:image

f:id:UNOYO:20160822215433j:image

f:id:UNOYO:20160822215434j:image

ジュウオウキューブは一部差し替えながら

キューブ形態から動物形態に変形します。

小さくてかわいいです。





f:id:UNOYO:20160822220216j:image

f:id:UNOYO:20160822220226j:image

キューブウエポンであるキリンとコウモリは非変形。

パーツも1パーツで裏側は肉抜きガッツリです。





f:id:UNOYO:20160822220215j:image

ビッグワイルドキャノンの裏側にジュウオウキングの頭部をつけるという不思議な仕様。

単に成型色の都合でビッグキングソードが付属させられなかっただけのようですが。





f:id:UNOYO:20160822215923j:image

さらに1,2,3のキューブを積み重ね…





f:id:UNOYO:20160822220217j:image

f:id:UNOYO:20160822220218j:image

ジュウオウキングの頭部をつければジュウオウキングが完成。

この状態は『乗せているだけ』となっており、固定されてません。





ジュウオウワイルドセット

f:id:UNOYO:20160822215429j:image

続いてジュウオウワイルドセット。こちらは

・キューブゴリラ

・キューブタイガー

・キューブエレファント

・キューブウルフ

・キューブモグラ

・キューブクマ

・ビックキングソード(ジュウオウワイルド頭部つき)

のセットとなっています。





f:id:UNOYO:20160822215435j:image

f:id:UNOYO:20160822215436j:image

f:id:UNOYO:20160822215437j:image

こちらもジュウオウキューブ達は変形可能。

タイガーのみ、キューブ形態で正面の数字がしっかり再現されてないのが惜しい。

変形するのは見事なのですが。





f:id:UNOYO:20160822220224j:image

f:id:UNOYO:20160822220225j:image

キューブモグラ、キューブクマは非変形。

成型色もあっておらず、シールで色を再現しているのでちょっとチープ感がキツい。





f:id:UNOYO:20160822220219j:image

f:id:UNOYO:20160822220221j:image

ワイルドの頭部が付いたビッグキングソードが付属というこちらも不思議な状態になっていますが

キングセットに付属のキャノンと入れ替えればしっくりきます。





f:id:UNOYO:20160822220220j:image

また、キャノンはゴリラにも装備できます。





f:id:UNOYO:20160822215924j:image

こちらも6,5,4のキューブを積んで…





f:id:UNOYO:20160822220223j:image

f:id:UNOYO:20160822220222j:image

頭部をつければジュウオウワイルドに。

肩アーマーが開かないのでシルエットが違っちゃってるし色もめっちゃ地味ですが、一応見れます。





f:id:UNOYO:20160822215438j:image

キングと並べて。

上半身入れ替えたりできるかなと思いましたがシャークの上にゴリラがうまく乗らず断念。





キューブライノスセット

f:id:UNOYO:20160822215439j:image

f:id:UNOYO:20160822215440j:image

最後はキューブライノスセット。

セットというか、ライノス単品。

いろいろと規格外な奴です。





f:id:UNOYO:20160822215441j:image

シールを大目に使っているので単体でのクオリティがかなり高いですね。





f:id:UNOYO:20160822215442j:image

f:id:UNOYO:20160822215443j:image

キングセット、ワイルドセットに付属の

クロコダイル、ウルフと組み合わせて遊べます。

もちろん搭載遊びも。





f:id:UNOYO:20160822215444j:image

固定を考えなければ他のキューブも積み重ねて搭載できます。

しかしこの密度、スケール感が狂います。





f:id:UNOYO:20160822215445j:image

f:id:UNOYO:20160822215446j:image

ライノス、クロコダイル、ウフルの3体でトウサイジュウオーへ合体が可能。

キングやワイルドと異なりトウサイジュウオーは各部ガッチリ固定され普通に遊べます。





f:id:UNOYO:20160822215447j:image

ワイルドトウサイキングの中核となる兼ね合いからか

クオリティが一体だけ特出している感じ。ミニプラの縮小版としても普通に良い出来です。





f:id:UNOYO:20160822215448j:image

それではいよいよ最後のギミック、ワイルドトウサイキングへの動物大合体です。

キングセット、ワイルドセット、キューブライノスに付属のすべてのパーツを使用します。





ワイルドトウサイキング

f:id:UNOYO:20160822215449j:image

f:id:UNOYO:20160822215450j:image

f:id:UNOYO:20160822215451j:image

f:id:UNOYO:20160822215452j:image

13体のジュウオウキューブが合体した大型ロボ。

マイクロサイズながら見事なプロポーションと色分けです。





f:id:UNOYO:20160822215453j:image

アップでも見ても鑑賞に堪えます。

密度もすごい!





f:id:UNOYO:20160822215454j:image

f:id:UNOYO:20160822215455j:image

両腕、両足が前後に可動するので

ある程度ポーズ付も可能です。





f:id:UNOYO:20160822215456j:image

単体で見ると大きく感じますが

じつはミニプラの半分もありません。

めちゃくちゃ小さい。





f:id:UNOYO:20160822215457j:image

DXと比べるとホントに豆粒サイズ。

でもこれでもキチンと変形合体こなすのだから凄いとしか言いようが。





f:id:UNOYO:20160822215458j:image

最後は3サイズそろえて。

大中小見事に揃いました。





f:id:UNOYO:20160822215459j:image

以上、マイクロ合体ワイルドトウサイキングでした!


さらに進化したクオリティで話題のジュウオウジャーのミニプラに

ミニプラEXマイクロ合体シリーズという新シリーズが登場。

10円サイズのキューブが変形合体していき

最終的に手のひらサイズのワイルドトウサイキングが出来上がるという

凄まじい職人魂を感じるアイテムです。

極小のキューブが特にかく良くてできてて可愛いし

完成するワイルドトウサイキングの小さく纏まってる感も素敵です。

全3種という集めやすさもあり、非常にオススメしやすい食玩

2弾も予定されているそうなので、どんなラインナップになるのか楽しみです!

2016-08-11

ミニプラ コンドルワイルド & ジュウオウキューブウエポン レビュー

f:id:UNOYO:20160811020527j:image

食玩ミニプラシリーズにコンドルワイルド&ジュウオウキューブウエポンが登場!

過去弾と組み合わせることでワイルドトウサイキングが完成!


パッケージ&ラインナップ

f:id:UNOYO:20160811020027j:image f:id:UNOYO:20160811020028j:image

f:id:UNOYO:20160811020025j:image f:id:UNOYO:20160811020026j:image

今回は映画のゲストメカであるキューブコンドルを中心としたラインナップ。

・キューブコンドル

・キューブコンドル

・キューブタイガー(再録)

・キューブエレファント(再録)

・キューブクマ

・キューブコウモリ

となっており、コンドル以外は単体で完成します。

タイガーとエレファントはジュウオウワイルドからの再録。

今回の弾単体でもロボ(コンドルワイルド)が完成するようにとの配慮と思われます。





キューブコンドル

f:id:UNOYO:20160811020029j:image f:id:UNOYO:20160811020030j:image

f:id:UNOYO:20160811020447j:image

f:id:UNOYO:20160811020449j:image

f:id:UNOYO:20160811020448j:image

キューブコンドルA,Bを組み合わせることで完成します。

キューブ形態から動物モードへ変形可能。

尻尾の部分の色分けが見事です。





f:id:UNOYO:20160811020251j:image

頭部はキューブ形態では余剰となります。





キューブエレファント&タイガー

f:id:UNOYO:20160811020450j:image

エレファントとタイガーは再録。

特に前回からの仕様変更箇所も見当たりませんでした。





f:id:UNOYO:20160811020451j:image

f:id:UNOYO:20160811020452j:image

コンドルエレファント、タイガーでロボに合体!





f:id:UNOYO:20160811020031j:image f:id:UNOYO:20160811020032j:image

縦に積んで…





f:id:UNOYO:20160811020252j:image

f:id:UNOYO:20160811020253j:image

両腕を展開し、頭部を装着して完成です。

コンドルの頭部は余剰パーツとなります。





コンドルワイルド

f:id:UNOYO:20160811020453j:image

f:id:UNOYO:20160811020454j:image

f:id:UNOYO:20160811020455j:image

キューブコンドルエレファント、タイガーが合体したロボ形態。

両足を閉じたDX準拠のスタイルもいいですが…





f:id:UNOYO:20160811020456j:image

f:id:UNOYO:20160811020457j:image

両足を開いたミニプラならではのスタイルも魅力です。





f:id:UNOYO:20160811020459j:image

f:id:UNOYO:20160811020458j:image

各関節が可動しますが頭部が左右にほとんど振ることが出来ないのが惜しいです。





f:id:UNOYO:20160811020254j:image

f:id:UNOYO:20160811020500j:image

余剰になるかと思われたコンドルの頭はなぜかグリップが仕込まれています。

ロボの腕に持たせると武器っぽく見立てられるので

これもミニプラオリジナルギミックということでしょうか。





キューブクマ

f:id:UNOYO:20160811020033j:image f:id:UNOYO:20160811020034j:image

f:id:UNOYO:20160811020257j:image

f:id:UNOYO:20160811020256j:image

f:id:UNOYO:20160811020258j:image

続いてキューブウエポンであるキュークマ。

キューブから動物形態へ、さらに武器形態であるクマアックスに変形します。





f:id:UNOYO:20160811020302j:image

クマには合体用のオプションパーツも付属します。

それぞれワイルドジュウオウキング、ワイルドトウサイキングへの合体に使用。





f:id:UNOYO:20160811020501j:image

f:id:UNOYO:20160811020510j:image

クマアックス形態ではコンドルワイルドや過去弾のワイルドジュウオウキングに持たせることが出来ます。





f:id:UNOYO:20160811020511j:image

f:id:UNOYO:20160811020303j:image

ワイルドジュウオウキングに持たせる際はクマに付属の補強パーツで

腕がヘタらないよう補強するようになっています。





キューブコウモリ

f:id:UNOYO:20160811020035j:image f:id:UNOYO:20160811020036j:image

f:id:UNOYO:20160811020259j:image

f:id:UNOYO:20160811020300j:image

f:id:UNOYO:20160811020301j:image

キューブコウモリもキューブ形態、動物形態、ウエポン形態へ3段変形。

ウエポン形態はコウモリブーメラン





f:id:UNOYO:20160811020502j:image

f:id:UNOYO:20160811020509j:image

ウエポン形態ではコンドルワイルドや過去弾のトウサイジュウオーに持たせることが出来ます。





f:id:UNOYO:20160811020503j:image

コンドルワイルドで両腕武装。

今弾だけでもここまで遊べます。





f:id:UNOYO:20160811020513j:image

f:id:UNOYO:20160811020512j:image

別売りのキューブキリン、キューブモグラとならべて。

ミニプラでも4つのウエポンがこれで揃いました。





f:id:UNOYO:20160811020514j:image

それでは最後にこれまでの13個のジュウオウキューブを全合体。

ワイルドトウサイキングを紹介。





ワイルドトウサイキング

f:id:UNOYO:20160811020515j:image

f:id:UNOYO:20160811020516j:image

f:id:UNOYO:20160811020517j:image

f:id:UNOYO:20160811020518j:image

1〜9のジュウオウキューブと、4体のキューブウエポンが合体した形態。

驚異の13体合体となっています。





f:id:UNOYO:20160811020521j:image

f:id:UNOYO:20160811020522j:image

両腕に武器を装備。





f:id:UNOYO:20160811020304j:image

f:id:UNOYO:20160811020305j:image

右腕のビッグキングソードはもともとのジュウオウキングのソードに

クマ付属の大型の刀身を装着させたものになっています。





f:id:UNOYO:20160811020519j:image

f:id:UNOYO:20160811020520j:image

ミニプラ版はDXよりもさらにマッシブ感が増している感じです。





f:id:UNOYO:20160811020525j:image

f:id:UNOYO:20160811020526j:image

肘は固定、首もあまり動きませんがある程度はポージングが可能。

ただ足首の位置が高いので足回りに違和感がでてしまいますね。





f:id:UNOYO:20160811020528j:image

あんまり動かさず、素立ちがいいかな。





f:id:UNOYO:20160811020527j:image

コンドルワイルドとならべて。

基本となるロボから二回りぐらい大きくなっていますね。





f:id:UNOYO:20160811020531j:image

f:id:UNOYO:20160811020530j:image

DX玩具同様、合体にコンドルを組み込むこともできます。





f:id:UNOYO:20160811020529j:image

例のアレについてはDX同様に持ち手をビッグキングソードに置き換えることで

一応持たせることはできますが刀身が短いので再現度はイマイチです。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160811020506j:image

f:id:UNOYO:20160811020508j:image

f:id:UNOYO:20160811020507j:image

f:id:UNOYO:20160811020505j:image

はやりこの体型で可動させてしまうのはすごいですね。

タイガーが構造的に大変なことになっています。





f:id:UNOYO:20160811020446j:image

以上、ミニプラコンドルワイルドでした!


映画限定メカもしっかりミニプラはフォロー。

しかも前弾で収録できなかったクマとコウモリだけでなく

タイガーとエレファントを再録しているのがありがたい。

一通り買えばワイルドトウサイキングとコンドルワイルドを並べることが出来

コンドルだけ余る、ということがなくなります。

DXでもタイガーとエレファント買い足せばいいんですが、お値段がですね…


ミニプラ次弾はジュウオウキング&ジュウオウワイルドのクリア版が発売予定。

今回は例年のようなラメ入りではなく(ラメver.はキャンペーン品)

普通のクリアのようですが、綺麗に仕上がりそうで楽しみです。

2016-08-08

動物合体 DXキューブコンドル レビュー

f:id:UNOYO:20160808144323j:image

映画『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック』より

ゲスト登場メカ『キューブコンドル』のトイを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160808144321j:image

f:id:UNOYO:20160808144322j:image

パッケージはバラ売りのジュウオウキューブサイズ。

背景はサーカスの舞台のようなデザインになっていますね。





f:id:UNOYO:20160808145033j:image

中身。

ジュウオウキューブ本体のほか、頭部パーツが別に付属します。





キューブコンドル キューブモード

f:id:UNOYO:20160808144707j:image f:id:UNOYO:20160808144702j:image

f:id:UNOYO:20160808144703j:image f:id:UNOYO:20160808144704j:image

キューブコンドルのキューブ形態。

商品としてはキューブゴリラのリデコアイテムとなっています。





f:id:UNOYO:20160808145034j:image

f:id:UNOYO:20160808145035j:image

f:id:UNOYO:20160808145036j:image

f:id:UNOYO:20160808145038j:image

f:id:UNOYO:20160808145039j:image

変形方法は両腕を開き、頭部パーツを後方から差し込みます。





キューブコンドル 動物モード

f:id:UNOYO:20160808144346j:image

f:id:UNOYO:20160808144347j:image

f:id:UNOYO:20160808144348j:image

映画にのみ登場するジュウオウキューブ。

もともとはサーカス団員ペルルの相棒でしたが敵キャラであるドミドルに奪われ、洗脳されてしまいます。

またジュウオウジャーのジュウオウキューブと合体することも可能で

エレファント、タイガーと強制合体し、コンドルワイルドとなりジュウオウジャーを苦しめます。





f:id:UNOYO:20160808144344j:image

f:id:UNOYO:20160808144343j:image

ゴリラにビッグキングソードを刺したようなデザインになっていますが

コンドル頭部はソードよりも短く造形されているので並べるとさすがに雰囲気が違います。





f:id:UNOYO:20160808144345j:image

別売りのエレファント・タイガーと合体させることでコンドルワイルドにすることができます。





f:id:UNOYO:20160808144705j:image f:id:UNOYO:20160808144706j:image

いつも通り三段に積んで…





f:id:UNOYO:20160808145031j:image

f:id:UNOYO:20160808145032j:image

f:id:UNOYO:20160808145027j:image

両腕を展開し、頭部を差し込んで完成です。





コンドルワイルド

f:id:UNOYO:20160808144333j:image

f:id:UNOYO:20160808144334j:image

f:id:UNOYO:20160808144335j:image

キューブコンドルエレファント、タイガーと強制合体した姿。

武器は両腕のパンチのみですがジュウオウエレファントとジュウオウタイガーを

人質に取っているいるためジュウオウキングは互角に戦うことが出来ず、圧倒されてしまいます。





f:id:UNOYO:20160808144336j:image

f:id:UNOYO:20160808144337j:image

ジュウオウワイルドによく似た姿となっていますが、胸がゴリラの顔ではなく

金のエンブレムになっているのでややスッキリしたイメージ。





f:id:UNOYO:20160808145028j:image

頭部はワイルドとバイザーの形状が異なります。

ちなみに顔の横のカバーもワイルドと同デザインですが非可動になっており閉じることが出来ません。





f:id:UNOYO:20160808145029j:image

f:id:UNOYO:20160808145030j:image

両腕のロケットパンチギミックは健在。

劇中でも使用します。





f:id:UNOYO:20160808144338j:image

f:id:UNOYO:20160808144339j:image

ジュウオウキングとならべて。

同格のライバルロボっぽい雰囲気が素敵です。





f:id:UNOYO:20160808144340j:image

キューブウエポンも装備可能。

モグラとは成型色が結構違います。





f:id:UNOYO:20160808144659j:image f:id:UNOYO:20160808144658j:image

f:id:UNOYO:20160808144700j:image f:id:UNOYO:20160808144701j:image

エレファント・タイガー以外との合体ももちろん可能です。

ただやっぱりデフォルトの合体が一番色のバランスが良いかな。





f:id:UNOYO:20160808144324j:image

ロボ3体そろい踏み。





f:id:UNOYO:20160808144326j:image

f:id:UNOYO:20160808144325j:image

ライノスが余りますが、トウサイ遊びでカバーです。





f:id:UNOYO:20160808145025j:image

ちなみに、ジョイント部分のパーツが一部省略されているため

キューブタイガーのジョイントへの合体が出来ません。

そのためゴリラの代役としてのワイルドジュウオウキングへの合体はできません。残念。





f:id:UNOYO:20160808144328j:image

一応、イーグルやゴリラの代役としてワイルドトウサイキングへの合体なら可能。

名付けて、コンドルワイルドトウサイキング!(長い)





f:id:UNOYO:20160808144329j:image

f:id:UNOYO:20160808144330j:image

胸アーマーが変わるだけですが、けっこう雰囲気変わるかなと。





f:id:UNOYO:20160808144331j:image

f:id:UNOYO:20160808144332j:image

既にネタバレされている例のアレについては当然ギミックとしては盛り込まれていません。

コンドルにビッグキングソードを組み合わせることでそれっぽくできますが

持ち手部分に負荷がかかるし、バランスも悪いので真似しないように…


以上、キューブコンドルでした!


定番の夏映画限定メカですが今年はかなりコンパクトですね!

近年でいうとトッキュウジャーのサファリガオーがロボまるまる一体という

大ボリュームでしたがダイノマル→キューブコンドルとだんだん小さくなっています。

個人的には今年もリデコ3体で新ロボ完成とかでも良かったかなと思うのですが。


商品としては鳥型のジュウオウキューブということでイーグルのリデコかと思いきや

あえてゴリラに追加パーツを使用するというアイデアが面白いです。

ただ名前までゴリラ準拠のコンドルワイルドにしなくても…とかは思いましたが。


ジュウオウキングとコンドルワイルドの共闘は見てみたいので

TVへのゲスト出演も期待です。