Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 ホビーエンドルフィンさんと相互リンクしました!

2017-11-07

デスクトップアーミー KT-321f 轟雷シリーズ で遊ぼう!

f:id:UNOYO:20171107134622j:image

フレームアームズガール×デスクトップアーミー夢のコラボレーション


f:id:UNOYO:20171107134722j:image f:id:UNOYO:20171107134721j:image

メガハウスデスクトップアーミーシリーズにフレームアームズガール轟雷が参戦!

今回は表情や髪型、武装バリエがあり3種のうちからランダムで封入。

コミケにうかって節約しなきゃいけないのでとりあえず1個だけ買いました。

結果はご覧のとおりノーマル轟雷。





f:id:UNOYO:20171107134719j:image f:id:UNOYO:20171107134718j:image

今回のデスクトップアーミーは脱げる!!!

パージした武装でミニタンクも組めます。





f:id:UNOYO:20171107134720j:image

f:id:UNOYO:20171107134933j:image

f:id:UNOYO:20171107134621j:image

いつも通り関節パーツを交換することでポーズのはばが広がりますが

今回はこれまでの素体に比べるとデフォルト関節でもけっこう動きますね。





f:id:UNOYO:20171107134625j:image

f:id:UNOYO:20171107134624j:image

f:id:UNOYO:20171107134623j:image

フル武装

ノーマル轟雷にはミサイルとバズーカが付いてきます。

かなりのボリューム!





f:id:UNOYO:20171107134620j:image

通常のプラモデルの轟雷とならべるとこんな感じ。

かわいくデフォルメしましたね。




f:id:UNOYO:20171107134618j:image

f:id:UNOYO:20171107134617j:image

デスクトップアーミー開発当初から言われてましたが

ギガンティックアームズとの親和性もなかなか。





f:id:UNOYO:20171107134619j:image

増える轟雷ファミリー。

コラボ2弾はイノセンティアだそうで。楽しみです。

スティレットも出ないかな…



デスクトップアーミー KT-321f 轟雷シリーズ【初回限定特典付き】(BOX)

デスクトップアーミー 長靴小隊(BOX)

2017-02-01

メガハウス デスクトップアーミー vol.02 クロムシリーズ レビュー

f:id:UNOYO:20170202000707j:image

メガハウスのオリジナルデフォルメアクションフィギュアシリーズ『デスクトップアーミー』

より第2弾『クロム』シリーズを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20170202000701j:image

f:id:UNOYO:20170202000702j:image

f:id:UNOYO:20170202000703j:image

f:id:UNOYO:20170202000704j:image

前弾のシルフィーシリーズ同様に1BOX6個入りのブラインドパッケージ仕様。

ラインナップは

1、ハスキー

2、ドーベル

3、バセット

4、ボクサー

5、バーナード

6、グレイ

の6種類。

配置はランダムっぽいですが1BOX買えばとりあえず6種は揃う模様。




f:id:UNOYO:20170202000705j:image

商品仕様もシルフィーと変わらず。

彩色済み完成品の素体フィギュア

それぞれ個別のランナー状態の武装

それにオプションとしてスタンド、交換関節パーツ、デカールなどが付属します。





クロム 素体

f:id:UNOYO:20170201235740j:image f:id:UNOYO:20170201235741j:image

f:id:UNOYO:20170201235742j:image f:id:UNOYO:20170201235743j:image

今回の素体は青いカラーが特徴のクロム。

犬がモチーフになっており、1弾のシルフィー(猫)とは対照的。

デザインはスパロボ武装神姫9弾などで有名なメカデザイナーたにめそ氏。







f:id:UNOYO:20170202000706j:image

シルフィーとは頭部以外は色違いとなっています。







f:id:UNOYO:20170201235744j:image

f:id:UNOYO:20170201235745j:image

各関節が可動。

前弾から調節が図られ、関節がポロポロすることはなくなりました。

(右肘は相変わらずずちょっと危ない)





f:id:UNOYO:20170201235746j:image

f:id:UNOYO:20170201235747j:image

f:id:UNOYO:20170201235748j:image

f:id:UNOYO:20170201235749j:image

腕、足はつないでいるダブルボールジョイントを交換することで可動範囲が向上します。





f:id:UNOYO:20170201235750j:image

f:id:UNOYO:20170201235751j:image

小さいながらも多彩なポーズが可能。





f:id:UNOYO:20170201235752j:image

f:id:UNOYO:20170201235753j:image

アクセサリとして頭の両側につけることが出来るパーツが付属します。





f:id:UNOYO:20170201235824j:image

f:id:UNOYO:20170201235823j:image

目線は正面、左、右の3種類が存在し、どれかひとつが封入。

私が買ったBOXでは1〜4が正面、5が左、6が右目線でした。

ラインナップと目線の組み合わせは固定っぽい。





狙撃型 ハスキー

f:id:UNOYO:20170202000708j:image

f:id:UNOYO:20170202000709j:image

それでは武装状態を紹介していきます。

こちらはロングライフルを装備した狙撃型のハスキー。





f:id:UNOYO:20170202000710j:image

ライフルはグリップが可動するため両腕でしっかり横向きに構えられます。





f:id:UNOYO:20170201235754j:image

バレルを外すとハンドガンにも。





f:id:UNOYO:20170202000712j:image

f:id:UNOYO:20170202000711j:image

脚部ジョイントを交換すれば膝立ちポーズも可能。

バイザーは上下に動かすことが出来ます。





近接型 ドーベル

f:id:UNOYO:20170201235755j:image

f:id:UNOYO:20170201235756j:image

近接型のドーベル。

刃物系の武器を装備しています。





f:id:UNOYO:20170202000715j:image

f:id:UNOYO:20170201235759j:image

槍の先端分はバラしてナイフとして装備できます。





f:id:UNOYO:20170201235757j:image

f:id:UNOYO:20170201235758j:image

左腕のシールドにはジョイントがあり

コチラを起点に様々な組み替えを楽しむこともできます。

また今回からこのシールドをはじめとした腕パーツに武器を接続するキャラクターには

コの字型の補助パーツが付属するようになりました。





索敵型 バセット

f:id:UNOYO:20170201235800j:image

f:id:UNOYO:20170201235801j:image

索敵型のバセット。

他のクロムと比べて一番おとなしめな外見をしています。





f:id:UNOYO:20170202000718j:image

武器もハンドガンのみ。

特徴といえば頭の後ろのタイヤ(レドーム)と幅の広い脚部の装甲版ぐらいですが…





f:id:UNOYO:20170201235802j:image

f:id:UNOYO:20170201235803j:image

実はこの装甲の裏側がモニターになっており

体育座りで索敵モードになるという設定が。

これだけで一気にキャラがたつからうまい。





格闘型 ボクサー

f:id:UNOYO:20170201235804j:image

f:id:UNOYO:20170201235805j:image

格闘型のボクサー。

左腕のナックルとピンとたった耳風のパーツが特徴。





f:id:UNOYO:20170201235809j:image

f:id:UNOYO:20170201235808j:image

ナックル部は指が可動。

また組み替えて右腕に装備することもできます。





f:id:UNOYO:20170201235807j:image

f:id:UNOYO:20170201235806j:image

銃は造形が異なる2タイプが付属。





f:id:UNOYO:20170201235810j:image

f:id:UNOYO:20170201235811j:image

脚部にはローラーが配置されており

膝をつくことでローラーダッシュモードになります。





砲撃型 バーナード

f:id:UNOYO:20170201235812j:image

f:id:UNOYO:20170201235813j:image

砲撃型のバーナード。

ボリュームのあるヘルメットが特徴。

この子のみ目線が左向きになっていました。





f:id:UNOYO:20170201235814j:image

全身に火器を装備。





f:id:UNOYO:20170201235815j:image

頭にはブレードも装備しているので

そちらを持たせてもガラッと雰囲気が変わっていい感じです。





強襲型 グレイ

f:id:UNOYO:20170201235816j:image

f:id:UNOYO:20170201235817j:image

強襲型のグレイ。

ウイングとガトリングガンを装備した姿が特徴。





f:id:UNOYO:20170201235818j:image

f:id:UNOYO:20170201235819j:image

ガトリングは説明書では左腕に組むように指示されますが

設定では右腕に装備。パッケージ写真などでもこの状態です。

実際に組み替えて左右どちらでも装備させることが可能。





f:id:UNOYO:20170201235820j:image

f:id:UNOYO:20170201235821j:image

顔を覆うヘルメットは左右に分割することで中央部分のみ帽子として残り

素顔があらわになるというギミック。

前髪が大人っぽい感じです。





f:id:UNOYO:20170201235822j:image

ウイングは組み替えてシールドに。

ガトリングガンをバラしてハンドガンとして装備すれば地上戦用となります。





モードケルベロス

f:id:UNOYO:20170202000728j:image

f:id:UNOYO:20170202000729j:image

f:id:UNOYO:20170202000730j:image

6体のクロムのパーツを集めて完成するバイク。

すべてのパーツではなく、各自から一部ずつパーツを集めて組み合わせます。

なかなか格好よくまとまっていますね。





f:id:UNOYO:20170202000731j:image

f:id:UNOYO:20170202000733j:image

f:id:UNOYO:20170202000732j:image

クロムを搭乗させることが可能。

両腕のハンドルと腰の後ろのジョイントで固定されるためフィット感は抜群です。





f:id:UNOYO:20170202000738j:image

素体は共通なのでシルフィーも乗せられます。





f:id:UNOYO:20170202000739j:image

f:id:UNOYO:20170202000740j:image

デザイナーたにめそ氏のtwitterではさらに戦闘機形態モードサーベラスも紹介されていました。

こちらは真似てみた形態なので少し違うかも。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20170202000741j:image

f:id:UNOYO:20170202000744j:image

f:id:UNOYO:20170202000748j:image

f:id:UNOYO:20170202000749j:image

f:id:UNOYO:20170202000742j:image

f:id:UNOYO:20170202000713j:image

f:id:UNOYO:20170202000714j:image

f:id:UNOYO:20170202000717j:image

f:id:UNOYO:20170202000718j:image

f:id:UNOYO:20170202000719j:image

f:id:UNOYO:20170202000721j:image

f:id:UNOYO:20170202000716j:image

f:id:UNOYO:20170202000720j:image

f:id:UNOYO:20170202000722j:image

f:id:UNOYO:20170202000723j:image

f:id:UNOYO:20170202000724j:image

f:id:UNOYO:20170202000726j:image

f:id:UNOYO:20170202000727j:image

f:id:UNOYO:20170202000734j:image

f:id:UNOYO:20170202000735j:image

f:id:UNOYO:20170202000736j:image

f:id:UNOYO:20170202000737j:image

f:id:UNOYO:20170202000747j:image

単体でもそこそこプレイバリューあるので

6体ともなるととんでもない時間泥棒に。


以上、デスクトップアーミー2弾クロムでした!


メガハウスの期待のデフォルメアクションフィギュアシリーズ『デスクトップアーミー』より2弾、クロム。

デザイナーはたにめそ氏ということでスケール感にあった適度に密度感のあるメカディティールと

オモチャとしての豊富な組み換えパターンが用意された大変遊べるアイテムになっています。


素体はシルフィーで頻発した関節やパーツのポロポロに対して調整が図られ

普通に遊ぶ分には支障ない精度になっています。

肩や膝など、スリットにパーツを挟み込む部分はどうしても構造上不安定になりますが

それでも1弾に比べれば大分保持力が上がっているような気がします。


単体でのプレイバリューが高く、バイク形態のまとまりも良いので

今弾からのデビューにもオススメできるアイテムです。

2016-09-09

デスクトップアーミー B-101[TR]sシルフィー(テスト機カラー)セット レビュー

f:id:UNOYO:20160909211219j:image

WF2016夏にて販売されたEXアイテム、

デスクトップアーミーテスト機カラーを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160909211201j:image

今回紹介するのはデスクトップアーミーの限定アイテム。

WF2016夏にてまず販売されたのち、プレミアムバンダイ等の通販サイトで

期間限定で受注されました。





f:id:UNOYO:20160909211202j:image

f:id:UNOYO:20160909211203j:image

f:id:UNOYO:20160909211204j:image

商品は2個セットになっており通常版ではランダム封入のところ

この商品はストライカーとインターセプターで固定となっています。





f:id:UNOYO:20160909211036j:image f:id:UNOYO:20160909211037j:image

f:id:UNOYO:20160909211039j:image f:id:UNOYO:20160909211038j:image

2体とも専用素体になっており、通常のシルフィーのオレンジと緑の部分が反転しています。

カラーリング以外は通常と変わらず、スタンドやジョイントなどのオプションも付属します。





f:id:UNOYO:20160909211205j:image f:id:UNOYO:20160909211206j:image

通常版と並べて。精度やクオリティなどに特に差はありませんでした。





ストライカー

f:id:UNOYO:20160909211555j:image

f:id:UNOYO:20160909211556j:image

f:id:UNOYO:20160909211557j:image

格闘戦が得意なストライカー。

ナックルなどの武装がオレンジ成型色になっています。





f:id:UNOYO:20160909211207j:image

通常版と並べて。





f:id:UNOYO:20160909211558j:image

f:id:UNOYO:20160909211559j:image

f:id:UNOYO:20160909211208j:image

ちょこっとアクション。

ジョイントを差し替えると可動範囲が広がります。





インターセプター

f:id:UNOYO:20160909211600j:image

f:id:UNOYO:20160909211602j:image

f:id:UNOYO:20160909211601j:image

ツインテールとウイングが特徴のインターセプター。

こちらも武装類がオレンジ成型色に変更。





f:id:UNOYO:20160909211603j:image

背部の4枚のウイングは可動できます。





f:id:UNOYO:20160909211209j:image

通常版と並べて。





f:id:UNOYO:20160909211604j:image

f:id:UNOYO:20160909211605j:image

f:id:UNOYO:20160909211210j:image

ちょこっとアクション。

相変わらずパーツがポロリしやすいです。





f:id:UNOYO:20160909211211j:image

ストライカー、インターセプターならべて。

2体の武装を組み合わせることで更なるモードを組むことが出来ます。





エリアルストライカー

f:id:UNOYO:20160909211606j:image

f:id:UNOYO:20160909211607j:image

f:id:UNOYO:20160909211212j:image

ストライカーをベースにインターセプターのウイング等を組み込んだ強化形態。

「航空打撃型」とされており機動力と打撃力が高い次元で融合しているという設定です。





f:id:UNOYO:20160909211213j:image

f:id:UNOYO:20160909211214j:image

なかなか情報量が増えて格好良いです。





f:id:UNOYO:20160909211215j:image

貧弱になったインターセプター。

インターセプターのほとんどのパーツを持って行ってしまうため

残ったパーツではこの程度の武装しかできません…





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160909211216j:image

f:id:UNOYO:20160909211217j:image

f:id:UNOYO:20160909211218j:image

f:id:UNOYO:20160909211219j:image

f:id:UNOYO:20160909211220j:image

f:id:UNOYO:20160909211221j:image

f:id:UNOYO:20160909211222j:image

カッコいいんですが武装させればさせるほどポロポロするのが難点。





f:id:UNOYO:20160909211223j:image

f:id:UNOYO:20160909211224j:image

f:id:UNOYO:20160909211225j:image

f:id:UNOYO:20160909211226j:image

武器がないのでポーズを決めるインターセプター。

素体のポテンシャルは高いと思います。


以上、デスクトップアーミーテスト機カラーでした!

自分はワンフェスにはいけなかったのですが

後日プレミアムバンダイで受注販売されたおかげで無事ゲット。

オリジナルカラーに塗装された2体のセットで組み合わせて遊べます。

髪型に個性のあるインターセプターのカラバリが手に入ったのが個人的にうれしいですね。


2弾のクロムもいよいよ予約受付開始。

まだまだ粗のあるシリーズですが今後のクオリティアップに期待です。

2016-07-25

メガハウス デスクトップアーミー vol.01 レビュー

f:id:UNOYO:20160726010009j:image

メガハウスによる新アクションフィギュアシリーズ『デスクトップアーミー』。

今回は第一弾となるシルフィーシリーズの全6種類を紹介!


f:id:UNOYO:20160726010003j:image

f:id:UNOYO:20160726010004j:image

今回紹介するのはメガハウスより発売の新アクションフィギュアデスクトップアーミー』。

1個1,480円で全6種類。

ブラインド仕様のため箱(6個入り)で購入しました。

無事6種類すんなり揃って一安心。





f:id:UNOYO:20160726010005j:image

f:id:UNOYO:20160726010006j:image

f:id:UNOYO:20160726010007j:image

中のパッケージはこんな感じです。

DVDケース3枚分ぐらい。





f:id:UNOYO:20160726010008j:image

裏面にはキャラクターの解説とラインナップ紹介。

共通の素体フィギュアとなるシルフィーに専用武装6種類がどれか一つランダムで封入されています。

武装の種類によってそれぞれ呼び方が変わり

01 ストライカー

02 インターセプター

03 スナイパー

04 スカウト

05 ランチャー

06 ファランクス

となっています。





f:id:UNOYO:20160726011000j:image

f:id:UNOYO:20160726011001j:image

f:id:UNOYO:20160726011002j:image

f:id:UNOYO:20160726011003j:image

内容はこんな感じ。

シルフィーフィギュア1体と共通ランナー1枚(ベース、ジョイント

そして専用武器ランナーが2枚付属します。

共通の取説・シールも付属。





素体 シルフィー

f:id:UNOYO:20160726010036j:image f:id:UNOYO:20160726010037j:image

f:id:UNOYO:20160726010038j:image f:id:UNOYO:20160726010039j:image

こちらが共通の素体フィギュアとなるシルフィー。

デフォルメ頭身で可愛らしいです。

組み立て・塗装済みなので開けてすぐに遊ぶことが出来ます。

目線が正面、右、左の3種類用意されており、どれが当たるかはまたランダムになっています。

(一応、武装とあわせてある模様)





f:id:UNOYO:20160726010040j:image

大きさはこの程度。

大体8センチで一般的な約1/12アクションフィギュアの半分ぐらい。

携帯端末の進化系という設定なので1/1サイズと思われます。

神姫やジスタの仲間ですね。





f:id:UNOYO:20160726011007j:image

単体で自立可能ですがさすがにバランスが悪いのでベースが付属します。

このベース、スタンドの角度調節が出来るほかいろいろ付属品がついてきて

カスタム可能ですがそのあたりは割愛(





f:id:UNOYO:20160726010041j:image

各関節が可動。

首、肩、足はダブルボールジョイント、肘と膝は軸可動です。

特に肘は画像のように大きく曲げることができます。





f:id:UNOYO:20160726010043j:image

f:id:UNOYO:20160726010042j:image

ちんちくりんな体型ですが

それなりに可愛いポーズはとれるかなと。





f:id:UNOYO:20160726011008j:image

f:id:UNOYO:20160726011009j:image

さらに首、肩、足のダブルボールジョイント

ボールの間隔が開いた交換用も付属。

デフォルトが一番左です。





f:id:UNOYO:20160726011010j:image

f:id:UNOYO:20160726011011j:image

肩に使用すれば横に大きく広がられるようになり





f:id:UNOYO:20160726011012j:image

f:id:UNOYO:20160726011013j:image

足に使用すれば大きく蹴り上げられるようになります。





f:id:UNOYO:20160726010044j:image

f:id:UNOYO:20160726010045j:image

これまたポージングの幅が広がります。

流石にこのサイズで引き出し式関節などを仕込むのは厳しいと思いますし

なかなか思い切りの良い、効果的な仕様だと思います。





f:id:UNOYO:20160726011014j:image

f:id:UNOYO:20160726011015j:image

f:id:UNOYO:20160726011016j:image

頭部、肩、腕、膝、背中にハードポイントがあり、ここに武装をつけられます。

ただジョイントの形状がコの字型でパーツを挟むだけの固定方法なので

武装にちょっと触れただけで位置がずれたり、外れることが多いのが難点です。





【格闘型】ストライカー

f:id:UNOYO:20160726010010j:image

f:id:UNOYO:20160726010011j:image

まずはパッケージなどでも描かれているメインの機体、ストライカー。

背部にはジェットパック、右腕にはナックルを装備。

バイザーがどこか猫型武装神姫マオチャオを思い出させますが

まぁデザイナーさん同じ(BLADE氏)ですからね。偶然だぞ。

と思ったらそもそもシルフィーの機体設定が"ネコのようにきまぐれ"なので多分狙ってやってる。





f:id:UNOYO:20160726010012j:image

f:id:UNOYO:20160726010013j:image

ジェットパックはパーツを多数つかっており見栄え良し。

ナックルはパチ組だと白一色なのでちょっとインパクトが弱いですね。





【迎撃型】インターセプター

f:id:UNOYO:20160726010014j:image

f:id:UNOYO:20160726010015j:image

ウイングを装備したシルフィー・インターセプター。

多くの人はそのウイングよりもツインテールに重要性を見出すと思われます。





f:id:UNOYO:20160726010016j:image

4枚のウイングがすべて可動式ですが横方向へのスイングしかないので

ややギミックとしては弱いかな。





【狙撃型】スナイパー

f:id:UNOYO:20160726010017j:image

f:id:UNOYO:20160726010018j:image

ライフルとアイサイトを装備したスナイパー。

背中にはマガジンをぶら下げています。





f:id:UNOYO:20160726011004j:image

f:id:UNOYO:20160726011005j:image

アイサイトは背中から伸びており、ボールジョイントにより位置調節も可能。

右目用、左目用の2種が付属し好みて付け替えられます。





【偵察型】スカウト

f:id:UNOYO:20160726010020j:image

f:id:UNOYO:20160726010021j:image

レドームを背負った偵察タイプ。

武器も小さ目ですが両腕、両足に装甲が追加されており、単独専門な感じがありますね。






f:id:UNOYO:20160726010022j:image

ちなみにこのスカウトが今回のラインナップで最もポロリしやすい装備になっております。

ちょっと触るだけでどこかのパーツが落ちます。

ポージングは諦めたほうが良いです。ストレスで禿げます。





【爆撃型】ランチャー

f:id:UNOYO:20160726010023j:image

f:id:UNOYO:20160726010024j:image

両肩にミサイルポッドを装備した、ロマンあふれるシルフィー。

頭と膝の装甲にも武器が隠されています。





f:id:UNOYO:20160726010025j:image

ミサイルポッドは開閉ギミックつき。

頭と膝はカバーを取り外すことで内部のミサイルが露出します。





f:id:UNOYO:20160726011006j:image

このミサイルポッドの色分けが秀逸。

お気に入りの一体です。





【弾幕型】ファンクス

f:id:UNOYO:20160726010026j:image

f:id:UNOYO:20160726010027j:image

ガトリングガンを装備した弾幕型ファランクス。

モビルスーツのような左肩のシールドも特徴。





f:id:UNOYO:20160726010028j:image

腰の後ろに携行したマシンガンも装備可能です。





f:id:UNOYO:20160726010046j:image

全員集合!

後ろの人は同型のニオイを嗅ぎ付け駆け付けた武装神姫マオチャオです。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160726010029j:image

f:id:UNOYO:20160726010030j:image

f:id:UNOYO:20160726010031j:image

f:id:UNOYO:20160726010032j:image

f:id:UNOYO:20160726010033j:image

f:id:UNOYO:20160726010034j:image

f:id:UNOYO:20160726010035j:image

パーツがポロるため、これだけ動かすのにも

相当苦労しました。ランチャーやファランクスはそうでもないんですが

インターセプターやスカウトはきつい。


以上、デスクトップアーミーでした!


ちょくちょく尖ったアイテムを繰り出してくるメガハウス(ジグルハゼルとか)より

手のひらサイズのアクションフィギュアデスクトップアーミーが登場。

デザイナーにBLADE氏やたにめそ氏(2弾)を起用して武装神姫ファンのハートをつかみつつ

カスタマイズ性のあるオリジナルのデフォルメ美少女アクションフィギュアという

オンリーワンの素体で勝負というなかなか野心溢れる商品で個人的にかなり注目しておりました。


商品としてはデザインやセンスは良いデザイナーさんなのでもちろん◎。

素体自体も小さいながらも良く動くように設計され、またジョイントごと交換してしまうことで

さらにアクションの幅を広げられるという仕様も思いのほか効果的で良かったです。

難点はジョイントの形状によるパーツのポロリ率の高さ。

一般的な"穴"ではなくコの"溝"のジョイントにパーツを挟むor引っかけるだけなので

ちょっと触れるだけでもうポロッポロ落ちます。

本体が小さいため、意図せずとも指がほかのパーツに触れてしまうケースが多く悪循環。

穴ではなく溝にする必要性もあまリ感じないのでぜひとも改善していただきたい。


あとはブラインドやめてほしいとか、

素体の色複数用意してほしいとかいろいろ要望はありますが

このご時世、タイアップでもない完全オリジナルフィギュア

この価格で展開するためにはいろいろと縛りもあるでしょう。

素体やコンセプト、世界観は良いのでまずは武装パーツの仕様と精度から

見直していって基本であるアクションフィギュアの遊びやすさを可能な限り

高めていってくれれば続くのはないかと。