Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 fig-memo フィギュアメモランダムさんと相互リンクしました!

2016-10-30

トランスフォーマー マスターピース コンボイ (ビーストウォーズ) レビュー

f:id:UNOYO:20161030220816j:image

トランスフォーマー"ビーストウォーズ"20周年記念作!

MP-32コンボイビーストウォーズ)を紹介します!



パッケージ

f:id:UNOYO:20161030220829j:image

f:id:UNOYO:20161030220830j:image

今回紹介するのはトランスフォーマーマスターピース

サイバトロン総司令官コンボイビーストウォーズ)のトイ。

ビーストウォーズシリーズの生誕20周年記念として発売されました。

パッケージは海外で発売されていた際のややグロテスクなイメージをリスペクト。

爬虫類の目のようなものが背景に浮かんでいます。怖い!





f:id:UNOYO:20161030220734j:image

商品内容はコンボイ本体のほかオプションとして

ビーストモード用の交換フェイス×2

ロボットモード用の交換フェイス×3

サイバー・ブレード×2

が付属します。





コンボイ ビーストモード

f:id:UNOYO:20161030220735j:image

f:id:UNOYO:20161030220736j:image

f:id:UNOYO:20161030220737j:image

ビーストウォーズに登場するコンボイ。ビーストモードはご覧のとおりゴリラとなります。

完全新規造形で劇中のCGモデルがそのまま立体になったかのような完成度。

表面はツルツルしているのですが、ポリゴンに体毛のテクスチャを張り付けていた

劇中のCGモデルをリスペクトしており、商品でも同様の表面処理がなされています。





f:id:UNOYO:20161030220738j:image

f:id:UNOYO:20161030220739j:image

f:id:UNOYO:20161030220740j:image

各部が可動。

劇中のイメージでポージングが可能です。

首がグリグリ可動するのが嬉しいです。





f:id:UNOYO:20161030221415j:image f:id:UNOYO:20161030221414j:image

f:id:UNOYO:20161030221416j:image f:id:UNOYO:20161030221417j:image

再現度が半端じゃない頭部。

目の横のシワの造形まで力が入っています。

差し替えで叫び・ほほえみに表情を変更できます。





f:id:UNOYO:20161030220741j:image

f:id:UNOYO:20161030220742j:image

f:id:UNOYO:20161030220743j:image

f:id:UNOYO:20161030220744j:image

股関節のブロックを可動させて四足モードにも変形可能。

劇中では二足で歩くことが多かったコンボイですが

旧トイではこのスタイルだったので、どちらも選べる今回の仕様はうれしいですね。





f:id:UNOYO:20161030220747j:image

サイバトロンの仲間たちと並べるとまさに劇中の雰囲気そのもの。

ラットルはレジェンズ、ライノックスはジェネレーションズ、

チータスとダイノボットはヘンケイ変形トランスフォーマーで発売済みのものを持ってきました。





f:id:UNOYO:20161030220749j:image

f:id:UNOYO:20161030220750j:image

ライノックスの背中にコンボイを乗せて、さらに背中にラットルを乗せて。

劇中やOPで印象的だったおんぶシーンも再現できます。





f:id:UNOYO:20161030220751j:image

サイがこけたら皆こけた〜♪

コンボイの頭をペチペチ叩くシーンが好きでした。




f:id:UNOYO:20161030221711j:image

f:id:UNOYO:20161030221712j:image

ちなみにこのラットルを背中に固定させるためなのか

コンボイの背中には隠しジョイントが存在します。説明書には記載なし。

ファンがどうやって遊ぶか想定したうえでのサービスかな?粋ですね〜。




f:id:UNOYO:20161030220753j:image

それではロボモードに変〜身!ウオオオ!





f:id:UNOYO:20161030220754j:image

各部をパカパカと開いて回転させて





f:id:UNOYO:20161030220755j:image

下半身は劇中通りグルっとまわって。





f:id:UNOYO:20161030220756j:image

変身完了!

クリアランスがタイトな部分が多い立体パズルのような構造ですが

そこまで複雑ではなく、何度も変形を繰り返して楽しめる程度の難度です。





コンボイ ロボットモード

f:id:UNOYO:20161030220758j:image

f:id:UNOYO:20161030220757j:image

f:id:UNOYO:20161030220759j:image

コンボイロボットモード。テックスペックオール10の頼れる無茶ゴリラです。

ビーストモードも素晴らしかったですが、こちらもアニメから

そのまま飛び出してきたかのような完成度です。

プロポーションもさることながら、やはり全身の体毛テクスチャ再現が効いてます。





f:id:UNOYO:20161030220800j:image

f:id:UNOYO:20161030220801j:image

f:id:UNOYO:20161030220802j:image

可動範囲はめちゃくは広いというわけではありませんが

特に不満なくいろんなポーズをこなせる程度には動きます。

肘と膝は構造上90度以上まがりますし、足首の接地性もデザインのわりに何気に凄い!





f:id:UNOYO:20161030221418j:image f:id:UNOYO:20161030221419j:image

f:id:UNOYO:20161030221420j:image f:id:UNOYO:20161030221421j:image

ビーストウォーズコンボイの特徴である上下に割れたマスク。

中からのぞかせる口元にどこか勇者イズムを感じます。

メットの独特の暗い青色再現度も高い!





f:id:UNOYO:20161030221422j:image f:id:UNOYO:20161030221423j:image

そして今回なんと頭部を押し込むと目が発光するギミックを搭載。

別売りのボタン電池LR44を2個使用します。

一回押し込むと10秒ほど光ります。これがものすごく格好いい!





f:id:UNOYO:20161030221426j:image f:id:UNOYO:20161030221427j:image

f:id:UNOYO:20161030221428j:image f:id:UNOYO:20161030221429j:image

f:id:UNOYO:20161030221424j:image f:id:UNOYO:20161030221425j:image

さらにパーツ交換で表情の変更も可能。

叫び、ほほえみ、マスクの3タイプに変更できます。

それぞれ口元だけでなく目の部分まで表情が変わっているのがアニメチックでいいですね。





f:id:UNOYO:20161030221713j:image

f:id:UNOYO:20161030221714j:image

f:id:UNOYO:20161030221715j:image

続いて武装の紹介。

両腕にはプラズマキャノンの展開ギミックを搭載。

上にせり出した後、銃身を伸ばすという手順が燃えますね。





f:id:UNOYO:20161030221716j:image

f:id:UNOYO:20161030221717j:image

f:id:UNOYO:20161030221718j:image

背中のメガ・ブラスターは回転させて頭の横に持ってくることが可能。

スプリングで勢いよく展開する旧トイに見慣れてしまっていると

ちょっと迫力不足に感じてしまいますが劇中準拠だとこんなものですね。





f:id:UNOYO:20161030220803j:image

f:id:UNOYO:20161030220804j:image

両腕にはサイバー・ブレードも装備可能。

こちらはビースト状態では余剰になっている、ロボモード専用のパーツとなります。

背骨がモチーフなんですがさすがにビースト時に仕込む隙間はなかった模様…




f:id:UNOYO:20161030221719j:image

収納は出来ませんが、ロボモードの背中に固定させておくことは可能です。

ちゃんと背骨に沿って湾曲したデザインが活きますね。






f:id:UNOYO:20161030225642j:image

f:id:UNOYO:20161030225640j:image

コンボイジェット!オン!』の掛け声で展開する飛行用ブースターコンボイジェットも再現

背中の装甲の一部をくるりと回すことで出現します。ここまでやるか〜。





f:id:UNOYO:20161030220805j:image

フル装備。

旧トイではさらにハンマーとかも装備してましたが劇中未登場なのでオミット。

(一部店舗特典で付属したらしいですね)





f:id:UNOYO:20161030220818j:image

f:id:UNOYO:20161030220828j:image

コンボイに続け変身!

リニューアルサイバトロン戦士勢揃い!

感慨深いですね〜。20年かぁ!





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20161030220746j:image

f:id:UNOYO:20161030220748j:image

f:id:UNOYO:20161030220745j:image

f:id:UNOYO:20161030220822j:image

f:id:UNOYO:20161030220823j:image

f:id:UNOYO:20161030220824j:image

f:id:UNOYO:20161030220826j:image

f:id:UNOYO:20161030220806j:image

f:id:UNOYO:20161030220807j:image

f:id:UNOYO:20161030220808j:image

f:id:UNOYO:20161030220809j:image

f:id:UNOYO:20161030220810j:image

f:id:UNOYO:20161030220811j:image

f:id:UNOYO:20161030220812j:image

f:id:UNOYO:20161030220813j:image

f:id:UNOYO:20161030220814j:image

f:id:UNOYO:20161030220815j:image

f:id:UNOYO:20161030220816j:image

ゴリラでもゴリラとして普通に遊べるし

ロボモードでもギミックたっぷりだし、めちゃくちゃ楽しい玩具です。





f:id:UNOYO:20161030220827j:image

ちなみにバナナは付属しません。

実際食べてるシーンないしね…

でもせっかくなので自前で用意して持たせてあげました。似合う。





f:id:UNOYO:20161030220819j:image

f:id:UNOYO:20161030220820j:image

f:id:UNOYO:20161030220821j:image

バナナ泥棒、ラットル。





f:id:UNOYO:20161030220825j:image

最後は個人的に日本版OPで一番好きなカット

ゴリラとネズミのスカイダイビングで〆。


以上、マスターピースコンボイでした!


世界初!100%CG!連続テレビアニメーション

という堂々のうたい文句で日本上陸、爆発的ヒットを巻き起こした

トランスフォーマービーストウォーズ』シリーズからコンボイがついにマスターピース

20周年記念という触れ込みですが、時がたつの早いですね〜。

当時小学生だった私もこのビーストウォーズシリーズで本格的にトランスフォーマーにハマりました。

アニメのほうも声優さんの演技が面白くて面白くて、録画したビデオを毎日見てましたね…


商品としては流石マスターピースという感じで

洗練された変形ギミックはもちろんとにかく『劇中イメージ再現』に徹底的に

こだわった点が大いに評価できるアイテムといえます。

レビュー中に数点あげていますが、特に個人的には

『体毛のテクスチャ再現した塗装』が一番気に入ったポイント。

これは写真だとあんまり伝わらないと思うので、ぜひその手に取って確認していただきたい!


ちなみにビースト戦士のマスターピース2弾としてはチータスがスタンバイ済み。

こちらも劇中再現度が凄いことになっている模様です。(匍匐前進できるとか!)

発売が楽しみ!

2014-12-18

参乗合体トランスフォーマーGO! ガム レビュー

f:id:UNOYO:20141218001436j:image

三体合体三変化の参乗合体を再現した食玩トランスフォーマーGO!ガム』を紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20141218022432j:image

f:id:UNOYO:20141218022433j:image

今回紹介するのはカバヤ食玩トランスフォーマーGO!ガム』の全3種類。

ラインナップはケンザン、ジンブ、ガンオウの3種類で

単体ではトランスフォーム遊びが楽しめるほか、3種あわせることで参乗合体遊びを楽しむことが出来ます。

商品はミニプラで組み立てが必要。また、それぞれ専用のシールが付属します。





ケンザン

f:id:UNOYO:20141218022434j:image

f:id:UNOYO:20141217235354j:image

f:id:UNOYO:20141217235355j:image

f:id:UNOYO:20141217235356j:image

ソードボット侍チームのリーダー、緊急二刀流ケンザン。

体型は大分本家玩具からアレンジされていますがかえってまとまりが良いような。

脚部の白い部分はすべてシールで補われており、なかなかの見栄え。

他の2体にも言えることですが可動範囲はほぼなし、辛うじて腕が可動するぐらい。





f:id:UNOYO:20141217235357j:image

背中の二刀は両腕に装備できます。





f:id:UNOYO:20141217235358j:image

また、兜パーツを武器として装備することが可能。





f:id:UNOYO:20141217235359j:image

説明書では紹介されていませんが

背部のパーツを一部組み替えることで本家玩具のように背中に兜パーツを装着することもできます。





f:id:UNOYO:20141217235425j:image

それではトランスフォーム

今回は三体合体三変化という超複雑なギミックをこなさなければならない手前、

単体での変形も、参乗合体もすべてパーツをバラしてからの組換え変形合体になっています。

とはいえパーツ数はそんなに多くなく、ムゲンバインのような有形ブロックトイよりに比べれば大分取り扱いは簡単。





f:id:UNOYO:20141217235411j:image

f:id:UNOYO:20141217235412j:image

f:id:UNOYO:20141217235413j:image

f:id:UNOYO:20141217235414j:image

というわけでビークルモードに変形。

ケンザンのビークルはパトカーとなっております。

兜、武器を装着した状態がデフォルトとなっており、結構格好よくまとまっています。





f:id:UNOYO:20141217235422j:image

兜と武器を取り外した状態。

腕がはみ出ているのがバレてしまい、ちょっとカッコ悪し…





ジンブ

f:id:UNOYO:20141218022435j:image

f:id:UNOYO:20141217235400j:image

f:id:UNOYO:20141217235401j:image

f:id:UNOYO:20141217235402j:image

スピード自慢のソードボット戦士、超空超刀流ジンブ。

相変わらず特徴的なプロポーションをしています。





f:id:UNOYO:20141217235403j:image

f:id:UNOYO:20141217235404j:image

両腕には専用の長刀、マッハ刀と兜パーツを装備できます。





f:id:UNOYO:20141217235426j:image

ジンブ、トランスフォーム





f:id:UNOYO:20141217235415j:image

f:id:UNOYO:20141217235416j:image

f:id:UNOYO:20141217235417j:image

f:id:UNOYO:20141217235418j:image

ジンブのビークルモードはジェット戦闘機

ウイングがちょっとボリューム不足かな。





f:id:UNOYO:20141217235423j:image

兜パーツを外すとさらにバランスの悪さが気になります…

ウイングの位置とかも原因ですかね。





ガンオウ

f:id:UNOYO:20141218022436j:image

f:id:UNOYO:20141217235406j:image

f:id:UNOYO:20141217235407j:image

f:id:UNOYO:20141217235408j:image

怪力自慢のソードボット戦士、消防突撃流ガンオウ。

脚部が青い成型色になっているためなんだかコンボイ指令のような色合いに。





f:id:UNOYO:20141217235409j:image

f:id:UNOYO:20141217235410j:image

両腕には専用武器、ドリルラダーと兜パーツを装備可能。

ドリルラダーは本来展開して槍になるのですがガム版ではある程度まで開くことは出来ても

キチンとした槍の状態にはできませんでした。





f:id:UNOYO:20141217235427j:image

ガンオウ、トランスフォーム





f:id:UNOYO:20141217235419j:image

f:id:UNOYO:20141217235420j:image

f:id:UNOYO:20141217235421j:image

ガンオウのビークルモードは消防車

もともとの変形が結構あっさりめだったこともあり、ほぼ見たて変形ながらまずまずの完成度。





f:id:UNOYO:20141217235424j:image

兜と武器をはずすとただのトレーラーに。





f:id:UNOYO:20141218001435j:image

f:id:UNOYO:20141218001437j:image

f:id:UNOYO:20141218001438j:image

f:id:UNOYO:20141218001439j:image

f:id:UNOYO:20141218001440j:image

3体並べて。

ソードボットを3種集めることで3タイプへの大型ロボへの参乗合体が可能になります!





ゴウケンザン

f:id:UNOYO:20141218001441j:image

f:id:UNOYO:20141218001442j:image

f:id:UNOYO:20141218001443j:image

ケンザンをメインとした参乗合体形態。

複雑な可動機構などを排除した組換え合体にした結果、極小サイズながらなかなかのまとまりの良さ。

背部から突き出たジンブの脚パーツの自己主張が激しいですが、ガム版のアレンジとして捉えるべきでしょう。





f:id:UNOYO:20141218001444j:image

本家の参乗合体ゴウケンザンや最近のTF代表バンブルビーと並べて。

実はこんなに小さいのです。





f:id:UNOYO:20141218001446j:image

f:id:UNOYO:20141218001447j:image

両腕には合体武器と合体兜パーツを装備可能。

参上合体後はひじ部分に可動部が増えます。





ゴウジンブ

f:id:UNOYO:20141218001449j:image

f:id:UNOYO:20141218001450j:image

f:id:UNOYO:20141218001451j:image

ジンブをメインとした参乗合体形態。

兜の形状や陣羽織をイメージしたウイングの配置、脚部の向きなどいろんな要素が相まって

非常に『ひらべったい』印象が付きまとうゴウジンブ。

背部に張り付くように配置されたガンオウの脚部などのパーツ群もひらべったさを強調してくれてますね。

ただ、その分全体のまとまり具合でいえば3形態中最も良いバランスと言えるかも。





f:id:UNOYO:20141218001452j:image

f:id:UNOYO:20141218001453j:image

両腕には武器と盾を装備できます。





ゴウガンオウ

f:id:UNOYO:20141218001455j:image

f:id:UNOYO:20141218001456j:image

f:id:UNOYO:20141218001457j:image

ガンオウをメインとした参乗合体形態。

合体前はコンボイ似だった彼ですが、合体後は両肩後ろから伸びる青と白タワー状のパーツにより

ウルトラマグナスに近いものを感じます。

また、パーツの配置の都合上腕をまっすぐ下におろすことが出来なかった

本家玩具と異なり、こちらはしっかりと直立ポーズをとることが可能。





f:id:UNOYO:20141218001458j:image

f:id:UNOYO:20141218001459j:image

両腕には武器と盾を装備可能です。





f:id:UNOYO:20141218001445j:image

f:id:UNOYO:20141218001454j:image

f:id:UNOYO:20141218001500j:image

組換えとはいえ、なかなかの再現度といえるのではないでしょうか。


以上、参乗合体トランスフォーマーGO!ガムでした。


『参乗合体トランスフォーマーGO!』といえば映画『ロストエイジ』シリーズが始まる結構前

2013年の夏に展開していたシリーズ。それがなぜ今頃になって食玩化されるのか。

しかも単体での変形のみならず、3体合体3変化なんて芸当までこなす気合い入りまくりの仕様になって登場したのか。

ほんとにカバヤさんは常に消費者の想像の上を往く企業ですね…


アイテムとしては複雑な機構をわりきって排除し、組換えというスタイルに切り替えたお陰で

パーツ数をおさえつつすべての形態を再現可能という

参乗合体本来のギミックを堪能しやすい仕様になっているのがGOOD!

本家玩具は変形機構が複雑すぎて時間泥棒とよく言われていましたからね。


『TFガム』や『ブレイブガム』で手一杯なのでは?と思っていましたが

こんな変り種を挟んでくるあたりまだまだ余力ありそうなカバヤ

忍者チームを収録したトランスフォーマーGO!ガム2に期待せざるを得ません。

1年でも2年でも待ちましょう…

2014-11-15

AD31 アーマーナイトオプティマスプライム レビュー

f:id:UNOYO:20141115220538j:image

トランスフォーマーロストエイジより、AD01オプティマスプライムの

リニューアルアイテムがアーマーナイトオプティマスとして登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20141115221328j:image f:id:UNOYO:20141115221329j:image

両腕で武器のテノメスソードを携えた状態で固定されてパッケージングされています。

これはカッコイイ。





アーマーナイトオプティマスプライム

f:id:UNOYO:20141115220526j:image

f:id:UNOYO:20141115220527j:image

f:id:UNOYO:20141115220528j:image

AD01のリーダークラス・オプティマスプライムの一部改修&リカラーアイテム。

塗装箇所が大幅に増え、足首や腕などのパーツが新規になり

より劇中に近づいたスタイルになっています。





f:id:UNOYO:20141115215954j:image

f:id:UNOYO:20141115215955j:image

f:id:UNOYO:20141115215956j:image

ほぼ全身がメタリック塗装。

細かい塗り分けもバッチリで仕上がりに関してはロストエイジのみならず

ムービートイシリーズでもトップクラスの美しさです。





f:id:UNOYO:20141115220519j:image

リデコ元となったAD01との比較。

AD01も発売当時は塗装の美しさが好評でしたがそのさらに上をいっていますね。





f:id:UNOYO:20141115215951j:image

f:id:UNOYO:20141115215952j:image

f:id:UNOYO:20141115215953j:image

各部比較。

並べると細かい形状の変化が分かりやすいかと思います。

足首はデザイン変更のおかげでよりスマートになりましたね。





f:id:UNOYO:20141115221331j:image f:id:UNOYO:20141115221330j:image

頭部の造形、塗り分けも非常に綺麗。

今回はデフォルトではマスクオフ形態となっていますが。





f:id:UNOYO:20141115221332j:image f:id:UNOYO:20141115221333j:image

フェイス部分を前方に持ち上げ、180度回転させて元に戻すことで…





f:id:UNOYO:20141115221334j:image f:id:UNOYO:20141115221335j:image

なんとマスクオン状態も再現可能!

マスクオン・マスクオフどちらもカッコいいオプティマスのその両方の勇姿が1体で堪能できます!





f:id:UNOYO:20141115220529j:image

両腕には付属のテノメスソードとセンチネルシールドを装備することが出来ます。




f:id:UNOYO:20141115215957j:image

f:id:UNOYO:20141115215958j:image

ソードはAD01に付属したもの(下)とは形状が異なります。




f:id:UNOYO:20141115215959j:image

f:id:UNOYO:20141115220001j:image

シールドも同様に別デザインになっています。




f:id:UNOYO:20141115220525j:image

テノメスソードは背部のラックに固定することも可能です。




f:id:UNOYO:20141115220520j:image

f:id:UNOYO:20141115220521j:image

f:id:UNOYO:20141115220524j:image

手首に回転軸が追加されたので

胸の前でソードを構えるポージングも楽々とれます。





ビークルモード

f:id:UNOYO:20141115220540j:image

f:id:UNOYO:20141115220541j:image

f:id:UNOYO:20141115220542j:image

f:id:UNOYO:20141115220543j:image

ビークルモードも全体がメタリック塗装され上品な仕上がりに。

塗装ハゲが怖くてちょっと変形を躊躇するほどです。




f:id:UNOYO:20141115220003j:image

f:id:UNOYO:20141115220004j:image

後部のジョイントにはシールドを搭載できます。





f:id:UNOYO:20141115220545j:image

f:id:UNOYO:20141115220544j:image

AD01のビークルモード(左)と並べて。

ウインドウのカラーが変わったほか、リアにファイヤパターンが追加されています。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20141115220530j:image

f:id:UNOYO:20141115220532j:image

f:id:UNOYO:20141115220529j:image

f:id:UNOYO:20141115220522j:image

f:id:UNOYO:20141115220531j:image

f:id:UNOYO:20141115220533j:image

f:id:UNOYO:20141115220536j:image

f:id:UNOYO:20141115220534j:image

f:id:UNOYO:20141115220523j:image

f:id:UNOYO:20141115220535j:image

f:id:UNOYO:20141115220539j:image

f:id:UNOYO:20141115220537j:image

f:id:UNOYO:20141115220538j:image

変形がシンプルな分、可動箇所はしっかりしており

さらに手首に可動軸が増えた分よりポージングの幅が広がりました。

ポーズを決めて飾っておくだけでも楽しめます。


以上、アーマーナイトオプティマスプライムでした!


バスター、ストライカー、もはや恒例となったムービーシリーズのオプティマスリニューアル

どうせ出るだろうな、と思いつつも塗装の綺麗さに惹かれAD01を購入したのですが

まさかそれを上回る豪華塗装バージョンが発売されるとは…

塗装の美しさ、精密さに加え手首の可動範囲向上、さらにマスクのオンオフの再現

完全にグレードアップしております。


変形機構自体は変わっていないので前から指摘されていた背中のパーツの"背負いもの感"

なんかは解消されてませんが逆にそれさえ気にしなければ文句無しのアイテム。

飾るだけでもものすごく見栄えが良いのでオススメです。

2014-08-10

トランスフォーマーロストエイジ オプティマスプライム ラスティver. レビュー

f:id:UNOYO:20140810012659j:image

映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』より、冒頭に登場する錆びついたオプティマスの

トイが『ラスティver.』としてトイザらス限定で発売!

※レビューには映画の少量のネタバレを含みます。


パッケージ

f:id:UNOYO:20140810014320j:image f:id:UNOYO:20140810014321j:image

商品自体は『クラシックオプティマスプライム』のリカラーアイテムなのですが

パッケージは新規つくりおこしでイラストや商品写真も更新されています。

また、右上にはトイザらス限定であることを示すマーキングも。





ビークルモード

f:id:UNOYO:20140810012636j:image

f:id:UNOYO:20140810012637j:image

映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』の冒頭にて

主人公ケイドが中古で購入したオンボロトラック。

その正体は実は敵や人間たちから身を隠していたオプティマスプライム。

トラックのデザインはどことなく初代コンボイを思わせるフォルムとなっています。





f:id:UNOYO:20140810012639j:image

f:id:UNOYO:20140810012640j:image

f:id:UNOYO:20140810012638j:image

f:id:UNOYO:20140810012641j:image

『ラスティver.』ということでボディ前面は

サビをイメージした塗装が施されており

まさに映画に登場するオンボロトラックそのまま。





f:id:UNOYO:20140810012643j:image

f:id:UNOYO:20140810012644j:image

f:id:UNOYO:20140810012642j:image

同じ金型を使用した『クラシックオプティマスプライム』と比較。

色があると一目でオプティマスだとわかるんですが

真っ白+サビだとやはり廃車にしか見えませんね…





f:id:UNOYO:20140810012047j:image

f:id:UNOYO:20140810012046j:image

f:id:UNOYO:20140810012045j:image

オプションとしてショットガンが付属します。

車体後部や上部に取り付けることが可能。





f:id:UNOYO:20140810012048j:image

f:id:UNOYO:20140810012049j:image

f:id:UNOYO:20140810012050j:image

f:id:UNOYO:20140810012051j:image

f:id:UNOYO:20140810012052j:image

トランスフォーム!!

ボディ周りが特にダイナミックな変形をします。





ロボットモード

f:id:UNOYO:20140810012645j:image

f:id:UNOYO:20140810012646j:image

f:id:UNOYO:20140810012647j:image

ロボットモードは角ばったトラックから一転、スマートな人型体型に。

カラーリングは変形後も白一色+サビとなっており

いつものオプティマスとは大分イメージが違いますね。





f:id:UNOYO:20140810012649j:image

f:id:UNOYO:20140810012648j:image

ボディ各部にはサビをイメージした赤紫色のブラシが施されています。

また、胸にはファイヤパターンが追加。





f:id:UNOYO:20140810014322j:image f:id:UNOYO:20140810014323j:image

顔は新規造形となっておりバトルマスクを装着した状態を再現

クラシックオプティマスではマスクオフでした。





f:id:UNOYO:20140810012053j:image

f:id:UNOYO:20140810012054j:image

f:id:UNOYO:20140810012055j:image

可動箇所はそれなりに多く、またデザインもスッキリしているので

可動範囲はなかなか広いです。





f:id:UNOYO:20140810012652j:image

ロボットモードでも付属の武器を装備可能。

スイッチ操作でミサイルを発射できます。





f:id:UNOYO:20140810012650j:image

f:id:UNOYO:20140810012651j:image

ロボットモードでもクラシックと比較。

真っ白なラスティver.ですがバトルマスクや胸のファイヤパターンなどで

オプティマスらしさをアピールしております。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20140810012653j:image

f:id:UNOYO:20140810012654j:image

f:id:UNOYO:20140810012657j:image

f:id:UNOYO:20140810012656j:image

f:id:UNOYO:20140810012659j:image

f:id:UNOYO:20140810012658j:image

全身良く動きますが個人的には首の可動範囲が広いのが嬉しい。





f:id:UNOYO:20140810012702j:image

f:id:UNOYO:20140810012701j:image

追手、賞金稼ぎロックダウンが迫る!!





f:id:UNOYO:20140810012700j:image

今は退却!オートボットの仲間を集めるのだ!


以上、オプティマスプライムラスティver.でした!


主人公ケイドが廃映画館で見つけたオンボロトラック。

ドアの中には何故か大型の弾丸や薬きょうが積まれており

ケイドも不思議に思っていたそれはなんと

潜伏中に傷つき眠りについていたオプティマス!


負傷したトランスフォーマーを主人公の手で直し

復活させるというのはなかなか胸が熱くなるエピソードでした。

そして主人公の娘のピンチに颯爽と駆けつけ

無双するオプティマス!カッコ良すぎです。

見た目は真っ白に燃え尽きたオンボロトラックですが

劇中での描かれ方がとにかく魅力的なので

映画をみたら欲しくなること必至。


トイザらス限定アイテムなので

早めのゲットが吉かと思います。

2014-07-23

トランスフォーマーロストエイジ AD20 ブラックナイトグリムロック レビュー

f:id:UNOYO:20140722065233j:image

映画『トランスフォーマーロストエイジ』より大型サイズかつ

より劇中に近いカラーリングとなったグリムロックのトイを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20140722070230j:image f:id:UNOYO:20140722070231j:image

パッケージではロボットモードで梱包。

イラストはT-Rexモードです。





f:id:UNOYO:20140722064048j:image

今回は説明文に日本語訳が書いてあるので安心!

キャラの把握もバッチリです。





グリムロック T-Rexモード

f:id:UNOYO:20140722065238j:image

f:id:UNOYO:20140722065239j:image

恐竜型トランスフォーマー軍団『ダイナボット』のリーダー、グリムロック。

変形形態はT-Rexがモチーフとなっています。

グリムロックのトイは以前も紹介しましたが前回ボイジャークラス、

今回のグリムロックはより大きなサイズのリーダークラスのトイ。

サイズだけでなく塗装、デザイン、変形パターンなどほぼすべてにおいて全くの別物です。





f:id:UNOYO:20140722065240j:image

f:id:UNOYO:20140722065241j:image

f:id:UNOYO:20140722065242j:image

頭が小さく、胴が結構長めのプロポーション

真横から見るとちょっと違和感ありますね。

悪くないですが、尻尾がもうちょっと長ければもっとバランスが良かったような。





f:id:UNOYO:20140722064100j:image

f:id:UNOYO:20140722064059j:image

f:id:UNOYO:20140722064101j:image

ボディの各部には塗装加工されたメッキパーツが使用され

独特の輝きを放ちます。

金属生命体らしさが上手いこと表現できているのではないでしょうか。





f:id:UNOYO:20140722064102j:image

f:id:UNOYO:20140722064103j:image

顎は手動で開閉できます。

ボイジャークラスよりもより鋭いデザインになっており、非常に凶悪!





f:id:UNOYO:20140722064104j:image

f:id:UNOYO:20140722064105j:image

首や脚が可動するのである程度のポージングが可能です。





f:id:UNOYO:20140722065243j:image

f:id:UNOYO:20140722065244j:image

ボイジャークラスのグリムロックと並べて。

リーダークラスのプロポーションに見慣れると

今度はヴォイジャークラスが寸詰まりに感じる不思議!





f:id:UNOYO:20140722065245j:image

頭はパーツごとにみるとそこまで違いないですが

全体的にリーダークラスのほうがシャープですね。





f:id:UNOYO:20140722064106j:image

f:id:UNOYO:20140722064107j:image

それではトランスフォーム

尻尾と下半身の装甲は武器になるので取り外します。





f:id:UNOYO:20140722064108j:image

f:id:UNOYO:20140722064109j:image

上半身を左右に展開し、恐竜の頭はくぐらせるように後方へ移動。

脚はほぼそのままロボモードの腕に変形します。





f:id:UNOYO:20140722064110j:image

f:id:UNOYO:20140722064111j:image

展開した上半身は装甲の表裏をひっくり返したうえでロボの足に。

後方にへ移動した頭は左右に割れて肩の鎧になります。





f:id:UNOYO:20140722064112j:image

各部を整えて完成!

今年のロストエイジ・ムービーアドバンスシリーズの傾向どおり

大型アイテムだからといってそこまで変形が複雑なわけではありません。





グリムロック ロボットモード

f:id:UNOYO:20140722065224j:image

f:id:UNOYO:20140722065225j:image

f:id:UNOYO:20140722065226j:image

ダイナボットのリーダー、グリムロックのロボットモードです。

商品名にもなっている『ブラックナイト』の称号通り

全体はダーク系のカラーリングで統一されており

鎧騎士のようなデザインも相まって非常に重厚な雰囲気に仕上がっています。





f:id:UNOYO:20140722065227j:image

f:id:UNOYO:20140722065228j:image

胸の正面の装甲には鈍く輝くメッキーパーツを使用。

色合い、光沢感共にデザインに非常に馴染んでおり、安っぽさは全く感じさせません。





f:id:UNOYO:20140722070232j:image f:id:UNOYO:20140722070233j:image

頭部もメット部分がメッキ仕様。

マスクはボイジャークラスと同デザインですが目がやや大きめになっているのが特徴です。





f:id:UNOYO:20140722064050j:image

f:id:UNOYO:20140722064049j:image

変形後も各部のシルバーメッキが良いアクセントに。




f:id:UNOYO:20140722064051j:image

取り外した尻尾と下半身の装甲は武器に変形します。





f:id:UNOYO:20140722064052j:image

f:id:UNOYO:20140722064053j:image

装甲はシールドに変形。

トゲトゲしておりこれで殴ったりしても痛そう。





f:id:UNOYO:20140722064054j:image

f:id:UNOYO:20140722064055j:image

尻尾は『ドラゴントゥースメイス』に変形。

ボイジャークラスの武器とはまた違った形状ですね。

左右どちらの腕でも保持可能。





f:id:UNOYO:20140722064056j:image

f:id:UNOYO:20140722064058j:image

f:id:UNOYO:20140722064057j:image

可動箇所も腰が動かない以外は特に不満なく動きます。

一転気になるポイントといえば肩を横方向へ開く関節にクリックが仕込んであるのですが

このクリックの間隔が大きすぎて丁度いい位置に微調整するのが困難という点。

↑のほうの写真のような『素立ち』をさせようとしない限りはそこまで気になりませんが…





f:id:UNOYO:20140722065230j:image

ボイジャークラスのグリムロックと比較。

各部の形状は特徴は抑えてありますがディティールはほぼ別物です。

また、リーダークラスは大きい分プロポーションも整っている印象。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20140722065246j:image

f:id:UNOYO:20140722065232j:image

f:id:UNOYO:20140722065233j:image

f:id:UNOYO:20140722065248j:image

f:id:UNOYO:20140722065234j:image

f:id:UNOYO:20140722065236j:image

f:id:UNOYO:20140722065247j:image

f:id:UNOYO:20140722065235j:image

f:id:UNOYO:20140722065237j:image

ギミックらしいギミックはありませんが

恐竜、ロボの両形態で動かして遊べるので満足度は高いかな。





f:id:UNOYO:20140722065231j:image

ダイナボット、ロールアウト!

やはりこれぐらいの体格差があったほうがリーダーらしさが際立ちますね。


以上、ブラックナイトグリムロックでした!


ただでさえ商品点数が多い映画トランスフォーマーシリーズで

同一キャラのサイズ違いを購入するのはなかなか苦しい選択(お財布的な意味で)

でしたが今回のブラックナイトグリムロックは単なるサイズアップ版ではなく

より劇中のイメージに近づけた塗装が施されているという点で

どうしても外せないアイテムでした。


赤やら紫やら青竹色やら、かなりカラフルなカラーリングが施されている

ダイナボットの玩具達ですが劇中では基本的に全身ダークなシルバー系統の

カラーリングらしく、まさに今回の『ブラックナイト』グリムロックこそが

劇中をイメージしたカラーなんだそうです。

カラーの配色そのものもカッコイイですが特に全身に使用された

メッキパーツの鈍い輝きがたまりません。


恐竜形態のプロポーションも見慣れるとそこまで気になりませんし

個人的にはかなりオススメのTFトイです。