Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 かめらいど。さんと相互リンクしました!

2016-04-19

S.H.フィギュアーツ キュアビート レビュー

f:id:UNOYO:20160419200840j:image

爪弾くは魂の調べ!

スイートプリキュア』より、キュアビートフィギュアーツに登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160419200332j:image f:id:UNOYO:20160419200333j:image

f:id:UNOYO:20160419200334j:image f:id:UNOYO:20160419200335j:image

スイートプリキュアより、3人目のプリキュアがラインナップ。

パッケージは過去最大に厚みのあるものになっています。





f:id:UNOYO:20160419200532j:image

f:id:UNOYO:20160419200823j:image

その原因はビート自体の髪&衣装のボリュームと

付属品によって2段ブリスターになっているためです。





キュアビート

f:id:UNOYO:20160419200824j:image f:id:UNOYO:20160419200825j:image

f:id:UNOYO:20160419200826j:image f:id:UNOYO:20160419200827j:image

黒川エレンが変身するプリキュア

元の姿は黒猫型の妖精、セイレーンでしたがプリキュアになってからは人間の姿に。

敵勢力の洗脳から解放されて味方になるという、キュアパッションに続く寝返りプリキュアです。





f:id:UNOYO:20160419200336j:image f:id:UNOYO:20160419200337j:image

f:id:UNOYO:20160419200338j:image f:id:UNOYO:20160419200339j:image

青いスタイリッシュな衣装と大きなサイドポニーが特徴。

追加戦士が青というパターンも斬新でしたね。





f:id:UNOYO:20160419200340j:image f:id:UNOYO:20160419200341j:image

f:id:UNOYO:20160419200342j:image f:id:UNOYO:20160419200343j:image

表情は全部で4種類。

基本的にどれも出来が良いですが、真顔が真顔すぎて使いどころに悩む…





f:id:UNOYO:20160419200533j:image

f:id:UNOYO:20160419200534j:image

サイドポニーは軽めの素材でできています。

根本で可動させることも可能。





f:id:UNOYO:20160419200344j:image

f:id:UNOYO:20160419200345j:image

手首は人差し指を立てたものや、ラブギターロッド用のものが付属。





f:id:UNOYO:20160419200535j:image

付属の魂stageにはいつもと異なるアームが一本追加されています。





f:id:UNOYO:20160419200536j:image

こちらはこんな感じでラブギターロッドを構えた際に

ギターを支えるためのアーム。





f:id:UNOYO:20160419200828j:image

ちょっと見栄えを気にしなさすぎな気もしますが

安定します。





f:id:UNOYO:20160419200829j:image

f:id:UNOYO:20160419200830j:image

まぁ手首も保持力も十分なのですが、長時間飾る際は

ヘタり防止にアームを使用するとよいでしょう。





f:id:UNOYO:20160419200537j:image

f:id:UNOYO:20160419200538j:image

そんなラブギターロッドはギターモードとロッドモードの2種類が付属。

コストかかってるな〜という印象。

先端のフェアリートーンは取り外しできます。





f:id:UNOYO:20160419200831j:image

f:id:UNOYO:20160419200832j:image

それぞれ専用手首で保持することが出来ます。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160419200838j:image

f:id:UNOYO:20160419200839j:image

f:id:UNOYO:20160419200840j:image

f:id:UNOYO:20160419200841j:image

f:id:UNOYO:20160419200833j:image

f:id:UNOYO:20160419200834j:image

f:id:UNOYO:20160419200836j:image

f:id:UNOYO:20160419200835j:image

f:id:UNOYO:20160419200837j:image

やはりビートにはギター!

ギターを構えたプリキュアという斬新なスタイルで

当時のちびっこにはギター含めて大人気だったとか。





f:id:UNOYO:20160419200842j:image

メロディ・リズムと並べて。

色のバランスが良くなりましたね。

ミューズもどうか頼む!




f:id:UNOYO:20160419200843j:image

f:id:UNOYO:20160419200844j:image

メロディが発売されたのがちょうど1年前ぐらいなのですが

同系統の意匠ながら大分洗練された印象です。





f:id:UNOYO:20160419200848j:image

f:id:UNOYO:20160419200849j:image

エコーが商品化してくれたおかげでオールスターズNS2でのエンエン・グレルとの

対面シーンも再現できるのはうれしい限り。

パッションとビートという貴重な組み合わせです。





神回

f:id:UNOYO:20160419200845j:image

キュアメロディに問題!100は英語で!?』





f:id:UNOYO:20160419200846j:image

『わかんない!』





f:id:UNOYO:20160419200847j:image

この回好きすぎて今でもよく見返します。


以上、フィギュアーツキュアビートでした!


メロディ・リズムの発売から結構間が空いてしまいましたが

無事発売されて何より。

中延期もありましたが、その甲斐もあり(?)

最新作らしい最高峰のクオリティに仕上がっています。

本体の出来は文句なしで、個人的には黒猫状態の『セイレーン

が付属していればパーフェクトだったかな〜と思います。

ミューズに付けてくれないかなぁ…


プリキュアーツの次回作は『GO!プリンセスプリキュア』より

キュアフローラに決定。

プリンセスのシリーズ化もうれしいですが取り残されている

ミューズやエースも忘れないで欲しいですね!

アンケートに書いておこうと思います。

2015-09-25

S.H.フィギュアーツ キュアロゼッタ レビュー

f:id:UNOYO:20150925223825j:image

ドキドキ!プリキュアより、"ひだまりポカポカ"キュアロゼッタフィギュアーツが

ウェブ限定アイテムとして登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20150925222818j:image f:id:UNOYO:20150925222819j:image

f:id:UNOYO:20150925222820j:image f:id:UNOYO:20150925222821j:image

イメージカラーであるオレンジとグリーンの色使いがさわやか。

箱のサイズはやや厚めになっています。





f:id:UNOYO:20150925223413j:image

中身。

2段ブリスターになっており、2段目には武器とスタンドが収められています。





キュアロゼッタ

f:id:UNOYO:20150925223813j:image

f:id:UNOYO:20150925223814j:image

f:id:UNOYO:20150925223815j:image f:id:UNOYO:20150925223816j:image

四葉財閥のご令嬢、四葉ありすが変身するプリキュアでモデルはトランプのクローバー

ロゼッタウォール、ロゼッタリフレクションなどの防御技のエキスパートですが

実は変身前から武道の達人のため普通に戦っても強いという…

性格もおっとりしているようでしたたかだったりと、なかなか濃いキャラクターです。





f:id:UNOYO:20150925222822j:image f:id:UNOYO:20150925222823j:image

f:id:UNOYO:20150925222824j:image f:id:UNOYO:20150925222825j:image

ドキドキのプリキュア達の中では比較的

左右のバランスが整った衣装になっています。

ツインテール部は中空になっており、扱いやすい重量。





f:id:UNOYO:20150925222826j:image f:id:UNOYO:20150925222827j:image

f:id:UNOYO:20150925222828j:image f:id:UNOYO:20150925222829j:image

表情は全部で4種類付属。

立体になると花の髪留めが結構主張してきますね。可愛いデザインです。





f:id:UNOYO:20150925222830j:image

付属の手首。

これらのほか決めポーズ用のクローバーの形を作った手首が付属します。





f:id:UNOYO:20150925223414j:image

こちらがクローバー型手首。

『世界を制するのは愛だけです。

さぁ、あなたも私と愛を育んでくださいな。』

このセリフだけですでにただ者じゃないオーラが…





f:id:UNOYO:20150925223415j:image

カッチカチのロゼッタウォール!

…は残念ながら付属しません。





f:id:UNOYO:20150925223817j:image

f:id:UNOYO:20150925223416j:image

変形状態のラブハートアローが付属するので

ロゼッタリフレクションは再現可能。

エフェクトは…心の目で見るんだ!





f:id:UNOYO:20150925223818j:image

f:id:UNOYO:20150925223417j:image

これまでの3人同様にラブリーフォースアロー用の

ラブハートアローも付属。





f:id:UNOYO:20150925223418j:image

f:id:UNOYO:20150925223419j:image

あといつものマジカルレッスンパッド

じゃなかったマジカルラブリーパッドが付属。

正直これ微妙だなと前々から思ってたんですがもしかして

『エースまでちゃんと発売させるよ!』という磐梯山の意思表示だったりするのかな。





f:id:UNOYO:20150925223420j:image

どうもでランス

パートナー妖精ランスも付属。首が可動します。





f:id:UNOYO:20150925223819j:image

f:id:UNOYO:20150925223821j:image

f:id:UNOYO:20150925223820j:image

f:id:UNOYO:20150925223823j:image

f:id:UNOYO:20150925223822j:image

f:id:UNOYO:20150925223825j:image

f:id:UNOYO:20150925223824j:image

f:id:UNOYO:20150925223826j:image

f:id:UNOYO:20150925223827j:image

決めポーズは三戦の構えなんですかねやっぱり。

しかしドキドキのメイン盾ともいえるロゼッタなので

ウォール系のエフェクトがないのはやはりさみしいですね。





f:id:UNOYO:20150925223828j:image

ドキドキプリキュア4人勢揃い。

ハートが最初期なこともありややバランス調整不足かな。

基本的に全員可愛いですけれども。





f:id:UNOYO:20150925223829j:image

f:id:UNOYO:20150925223830j:image

響け!愛の鼓動!

改めてみると謎ポーズ。5人になるとさらにすごいことになります。





f:id:UNOYO:20150925223831j:image

f:id:UNOYO:20150925223832j:image

そしてラブリーフォースアロー。

この再現のためにきちんと全員分アロー付属させたのは評価できますね!





f:id:UNOYO:20150925222831j:image f:id:UNOYO:20150925222832j:image

f:id:UNOYO:20150925222833j:image f:id:UNOYO:20150925222834j:image

そしてこのためのウインク。

再現度も高く、大満足です。





f:id:UNOYO:20150925223833j:image

最後はダンス!


以上、フィギュアーツキュアロゼッタでした!


てっきり三番手に来るかと思ったらソードよりも後発になったロゼッタ

まぁそれも1か月の差なので発売ペースの遅いプリキュアーツにおいてはほぼ同時みたいなものですね。

最新作なだけあって今回も高い水準で仕上がっております。

特に表情は試作品よりもより劇中のイメージに近づいているように感じます。

惜しいのはやはり代名詞でもあるロゼッタウォールのエウェクトが付属しない点。

パッケージのベロに『切り取って使ってね!』的な感じで印刷されてるだけでも

良かったのですが、一切のフォローなしだったのが残念です。


さて、今後のプリキュアーツは12月に幻のプリキュアことキュアエコー

3月にスイートプリキュアよりキュアビートが発売予定となっています。

いい感じのペースで進んでいるので、エース・ミューズも順調にアナウンスされることに期待です。

2015-09-12

ミュージックプリンセスパレス レビュー

f:id:UNOYO:20150912184209j:image

『GO!プリンセスプリキュア』に登場するオルゴール型の新アイテム

『ミュージックプリンセスパレス】を紹介!

プレミアムドレスアップキーが4本付属!


パッケージ

f:id:UNOYO:20150912184210j:image

f:id:UNOYO:20150912184211j:image

f:id:UNOYO:20150912184212j:image

f:id:UNOYO:20150912184213j:image

クライマックスに向けた大型アイテムなだけあって

オモチャとしてはかなり大き目なパッケージになっています。





f:id:UNOYO:20150912184214j:image

側面にはプレミアムドレスにドレスアップしたプリキュア達が描かれております。

恒例化してきた白メインの淡い色使いのコスチュームですが

ウェディングドレスのようで各キャラよく似合っています。





f:id:UNOYO:20150912184215j:image

逆側には遊び方の説明。

今回のレビューでは割愛しますがオルゴール遊びやその他のモードでは

付属のキーだけでも12曲以上、

別売りのキーも揃えることで実に20曲以上の音楽で遊ぶことが出来ます。





f:id:UNOYO:20150912184148j:image

セット内容はパレス本体+ドレスアップキー4本。

別売りの単4乾電池3本を使用します。





ミュージックプリンセスパレス

f:id:UNOYO:20150912184144j:image

f:id:UNOYO:20150912184145j:image

f:id:UNOYO:20150912184147j:image

f:id:UNOYO:20150912184146j:image

ミュージックプリンセスパレス本体。

お城の形をしたオルゴールとなっておりメルヘンなデザイン。





f:id:UNOYO:20150912190230j:image

お城部分はクリアパーツ。

光を浸透させやすい素材で成形されています。





f:id:UNOYO:20150912190229j:image

こちらがスピーカー部分。

またボタン操作で3段階の音量調節も可能です。





f:id:UNOYO:20150912190231j:image

f:id:UNOYO:20150912190232j:image

お城の扉は隣の塔がスイッチになっており

スイッチをひねることでバシャッと展開。





f:id:UNOYO:20150912190233j:image

f:id:UNOYO:20150912190234j:image

本体周辺は階段のようなデザインになっていますが

特にギミックはなし。





f:id:UNOYO:20150912190235j:image

ギミックの要となる回転するステージサイド。

ドレスアップキーを差し込める4つのソケットがあり

中央は認識機能付きのメイン、周辺の3つは認識機能なしのダミーです。





f:id:UNOYO:20150912190237j:image

こちらがハンドル。

回転させることでステージサイドも連動して回転します。

回転自体はスムーズですが子供の扱いに耐えられるかどうかは心配なところです。





f:id:UNOYO:20150912190236j:image

周辺の3つのソケットは認識機能がありませんが

種類を問わず、ソケットに装填したキーの本数自体はギミックに反映されます。

そのカウントはスピーカー部分の下面のスイッチが行います。

ステージサイドの回転ペースと

このスイッチをキーが通過するスピードでさまざまなギミックが作動します。





プレミアムドレスアップキー(サクラ、サンゴ、ギンガ、サン)

f:id:UNOYO:20150912185826j:image f:id:UNOYO:20150912185827j:image

f:id:UNOYO:20150912185828j:image f:id:UNOYO:20150912185829j:image

f:id:UNOYO:20150912185830j:image f:id:UNOYO:20150912185831j:image

f:id:UNOYO:20150912185832j:image f:id:UNOYO:20150912185833j:image

付属の4本のドレスアップキー。

ラメ入りクリア+グラデーション塗装となっており特別感漂う仕上がりです。

上から

プレミアムサクラドレスアップキー

プレミアムサンゴドレスアップキー

プレミアムギンガドレスアップキー

プレミアムサンドレスアップキー

という長い名前になっております。





f:id:UNOYO:20150912184149j:image

桜、珊瑚、銀河、"サン"…一つだけ仲間はずれっぽいのは

劇中でのキーの出自からして違うから…だということにしておきましょう。





f:id:UNOYO:20150912190238j:image

f:id:UNOYO:20150912190239j:image

f:id:UNOYO:20150912190240j:image

f:id:UNOYO:20150912190241j:image

それぞれブレードを展開することが出来ます。





パワーアップ変身&攻撃遊び

f:id:UNOYO:20150912190243j:image

f:id:UNOYO:20150912190242j:image

ではいよいよパワーアップ&攻撃遊び。

電源を入れ、塔スイッチをひねるとお城の扉が開き待機状態へ。





f:id:UNOYO:20150912190244j:image

f:id:UNOYO:20150912190245j:image

ステージに3本のキーを画像のようにセットし

最後に中央にサクラキーをセットします。





f:id:UNOYO:20150912184150j:image

f:id:UNOYO:20150912184151j:image

f:id:UNOYO:20150912184152j:image

LEDが発光し

『モードエレガント!サクラ!サンゴ!ギンガ!サン!』

という音声が再生。





f:id:UNOYO:20150912184154j:image

f:id:UNOYO:20150912184153j:image

f:id:UNOYO:20150912184155j:image

ハンドルを回せばステージが回転しミュージックスタート。

劇中のバンクシーンと同様のBGMが流れ

ステージの回転に連動して3本のキーがそれぞれ回転し

まさに舞踏会のような展開に。





f:id:UNOYO:20150912184156j:image

f:id:UNOYO:20150912184157j:image

f:id:UNOYO:20150912184158j:image

ハンドルの回転を続けると

1回転するたびにLEDが青、黄、赤に光り

合わせて最初は静かだったBGMがどんどん豪華になっていきます。





f:id:UNOYO:20150912184159j:image

音楽が最後まで進行するとお城の扉のマークが光り

『響け!すべての力!プリキュア・エクラエスポワール!』

という攻撃セリフが再生され、終了となります。

もう一度遊ぶ場合は扉を閉め、再度塔スイッチをひねります。





動画で見るとこんな感じ。

見ての通り、ハンドルを結構せわしなく回しています。

これぐらいのスピードで回さないとスカーレットの

パワーがたまる前に音楽が終わってしまうので…





攻撃遊び

f:id:UNOYO:20150912190246j:image

f:id:UNOYO:20150912190250j:image

変身後はプレミアムキー単品で攻撃遊びができます。

中央のソケットにキーを装填し、ハンドルを少し回すことで

キーに対応したキャラの必殺技が再生されます。

サクラキーの場合はキュアフローラ

『舞え!サクラよ!プリキュア・サクラ・トルビュランス!』





f:id:UNOYO:20150912190247j:image

f:id:UNOYO:20150912190251j:image

サンゴキーはキュアマーメイドで

『高鳴れ!サンゴよ!プリキュア・コーラル・メイルシュトロム!』





f:id:UNOYO:20150912190248j:image

f:id:UNOYO:20150912190252j:image

ギンガキーはキュアトゥインクルで

『シャランラ!銀河よ!プリキュア・ギャラクシー・コーラス!』





f:id:UNOYO:20150912190249j:image

f:id:UNOYO:20150912190253j:image

サンキーの場合はキュアスカーレットで

『燃えよ!炎よ!プリキュア・スカーレット・プロミネンス!』




こちらが動画です。





スペシャルモード

f:id:UNOYO:20150912184200j:image

f:id:UNOYO:20150912184204j:image

さらに別売りの変身ドレスアップキーや、それぞれのキャラのドレスアップキーを

装填することで脚キャラのスペシャルメロディとセリフが再生されます。

キュアフローラのキーでは『咲き誇れ!輝ける花よ!』となります。





f:id:UNOYO:20150912184201j:image

f:id:UNOYO:20150912184205j:image

キュアマーメイドのキーでは『澄み渡れ!大いなる海よ!』





f:id:UNOYO:20150912184202j:image

f:id:UNOYO:20150912184206j:image

キュアトゥインクルのキーでは『瞬け!遥かなる星よ!』





f:id:UNOYO:20150912184203j:image

f:id:UNOYO:20150912184207j:image

キュアスカーレットのキーでは『燃え盛れ!希望の炎よ!』となります。




周辺のソケット自体には認識機能はありませんが順番通りにセットすることで

扉の前を通過するたびにそれぞれのキーに対応した効果音が再生されるのが芸コマです。





またプレミアムドレスアップキーは攻撃遊び、

変身ドレスアップキーはスペシャルモードが起動するわけですが

ローズやリリィなど、その他の各キャラのドレスアップキーを装填するとセリフが再生されます。

みなみのお化け嫌い、きららのドーナツ好きなど劇中設定やエピソードを拾っており

なかなかのファンサービス機能。





f:id:UNOYO:20150912184208j:image

最後になりましたが別売りのプリンセスパフュームとの連動。

プレミアムドレスアップキーをしっかり認識してくれます。

ちなみにロッドのほうでは残念ながら汎用音声となっておりました。





f:id:UNOYO:20150912184209j:image

以上、ミュージックプリンセスパレスでした!


毎年恒例のプリキュア年末商戦用大型箱ものアイテム。

オルゴールって、前やったじゃん!と突っ込んではいけない。

10年もやってればかぶることもありますよ。


玩具好きの身とはいえこういったアイテムは

価格・スペース・置き場所の問題で

本来であればスルー検討対象のとなるのですが

今回は各キャラのパワーアップ変身アイテムとの

セット抱き合わせ商法になっているため

背に腹は代えられず、思い切って購入。

劇中のバンクシーンがすごく良い出来だったことも

背中を押してくれました。


さて商品としてはハンドルを回すことによるステージの回転ギミックと

回転速度を認識して変化していくBGMとLEDがウリ。

これは確かに力が入っており、見た目も楽しい。

ただ、地味に疲れます。

ただでさえ力の入れづらい小さいハンドルを

それなりのスピードで一定時間回し続けないと

スカーレットの赤いパワーまでたまらずに時間切れになってしまいます。

おそらく回す行為自体を楽しむことが出来る方でないと苦行となることでしょう。


個人的にはどちらかといえば

・ドレスアップキーを全認識

・それぞれに対して個別のギミックを用意(攻撃、スペシャル、セリフ)

・さらにオルゴールモードでは20曲以上の音楽再生

と、キーアイテムの認識関連の力の入れっぷりに心動かされました。

仮面ライダーや戦隊シリーズのトイにも引けを取るどころが

一部上回る部分もあり、素直に感心した部分です。


番組終了までにまだ最終アイテムが用意されているらしいので

ここまで来たら最後まで付き合おうかと思います。

2015-09-02

S.H.フィギュアーツ キュアソード レビュー

f:id:UNOYO:20150902144307j:image

ドキドキ!プリキュア』より、勇気の刃キュアソードのフィギュアーツが

ウェブ限定アイテムとして登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20150831221724j:image f:id:UNOYO:20150831221725j:image

f:id:UNOYO:20150831221726j:image f:id:UNOYO:20150831221727j:image

いつも通り、ウェブ限定アイテムながら

気合の入ったデザインのパッケージになっています。





f:id:UNOYO:20150831222416j:image

中身。

各種交換パーツが付属します。





キュアソード

f:id:UNOYO:20150902175545j:image f:id:UNOYO:20150831222420j:image

f:id:UNOYO:20150831222417j:image f:id:UNOYO:20150831222419j:image

アイドルまこぴーこと剣崎真琴が変身するプリキュア

トランプ王国の生き残りで最後のプリキュアというシリアスな設定を持ちながら

作品内では進行に合わせてに加速的にポンコツ化・いじられキャラ化が進みました。





f:id:UNOYO:20150831221728j:image f:id:UNOYO:20150831221729j:image

f:id:UNOYO:20150831221730j:image f:id:UNOYO:20150831221731j:image

アシンメトリーが特徴的なドキドキプリキュアの衣装ですが

それが最も強く反映されているのがソード。

髪型もスゴイ。ちなみにテールの根本と襟足が可動します。





f:id:UNOYO:20150831221733j:image f:id:UNOYO:20150831221732j:image

f:id:UNOYO:20150831221734j:image f:id:UNOYO:20150831221735j:image

表情は4種類付属。

どれも非常に良い出来ですが、口開け笑顔や口開けウインクも欲しかった。

(大体EDのすりこみ)





f:id:UNOYO:20150831221314j:image

f:id:UNOYO:20150831221315j:image

口上シーン再現用のスペートの形をつくった手首が付属。

『このキュアソードが愛の剣であなたの野望を断ち切ってみせる!』





f:id:UNOYO:20150831221313j:image

f:id:UNOYO:20150831221312j:image

また、必殺技『ホーリーソード』再現用に

指先が紫に塗装されている手刀パーツも付属します。





f:id:UNOYO:20150831222422j:image

f:id:UNOYO:20150831221319j:image

f:id:UNOYO:20150831221318j:image

スーパクルソード用のラブハートアローが付属。

ラブリーフォースアロー用のものよりも

弓部分が小さく造形されています。





f:id:UNOYO:20150831221320j:image

今回初めて長さの違う矢パーツが付属します。

ラブリーフォースアロー用のアローにも装着可能。





f:id:UNOYO:20150831222421j:image

f:id:UNOYO:20150831221317j:image

そしてこちらがラブリーフォースアロー用のアロー。

この矢の長さだとポージングが結構大変で

実際先ほどの長さのパーツに交換してしまったほうが使いやすいです。





f:id:UNOYO:20150831221321j:image

f:id:UNOYO:20150831221322j:image

マジカルラブリーパッドは今回も付属。

ふと思ったんですが、ハープはどうするんだろう?





f:id:UNOYO:20150831221316j:image

アイドル活動の秘書からスパイ活動までなんでもこなす

有能妖精ダビィも付属。首が可動します。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20150902144258j:image

f:id:UNOYO:20150902144257j:image

f:id:UNOYO:20150902144300j:image

f:id:UNOYO:20150902144259j:image

f:id:UNOYO:20150902144301j:image

f:id:UNOYO:20150902144302j:image

f:id:UNOYO:20150902144303j:image

f:id:UNOYO:20150902144304j:image

f:id:UNOYO:20150902144305j:image

f:id:UNOYO:20150902144306j:image

f:id:UNOYO:20150902144307j:image

f:id:UNOYO:20150902144308j:image

剣閃エフェクトは石田三成から拝借。

ソードという名前の割に武器としての剣を振るうわけではないのでイマイチ迫力不足…





f:id:UNOYO:20150902144315j:image

挟まれることに定評のあるまこぴー。





f:id:UNOYO:20150902144316j:image

ドリぴー。歯医者は天敵。





f:id:UNOYO:20150902144309j:image

f:id:UNOYO:20150902144310j:image

ハート・ダイヤモンドといっしょに。

順当に出来が良くなっていってる気がします。





f:id:UNOYO:20150902144313j:image

f:id:UNOYO:20150902144314j:image

笑顔で会えるよ!

もうすぐ届くロゼッタが待ち遠しいです。





f:id:UNOYO:20150902144317j:image

ブレイドと並べて剣崎兄妹。

スペードスートで剣崎という名字は狙いすぎでは…





f:id:UNOYO:20150902144312j:image

最後は名乗りシーンの見返りで〆。


以上、フィギュアーツキュアソードでした!


その立ち位置や加入の経歴からドキドキプリキュアのメンバーとしては

何かと4番目が割り当てられることが多いソードですが

フィギュアーツでは3番目にラインナップ。

まぁ翌月には早々にロゼッタも発送となっているので

ダイヤモンドから10ヵ月、ハートから数えたら1年と3か月空いた

間のことを考えたら些細な差ですね。


商品としては着々と進化を続けるプリキュアーツの最新作らしく

非常に可愛く、安定感のある仕上がりです。

スーツのデザイン上、ポージングがしやすいのも○。


ただ、個人的にはEDでいつも着用しておりソードのアイテムとして

非常に印象に残っているラブリーインカムが付属しないのが残念でした。

ホーリーソード用手首とかつけてくれるこだわりはうれしいんですが…

ロゼッタロゼッタウォールが付属しませんし、アンケートで商品化希望多かったレジーナに

ボーナスパーツセットとかつけて出してくれたりすると手のひら返すのでどうか!!

2015-05-20

S.H.フィギュアーツ キュアリズム レビュー

f:id:UNOYO:20150520214607j:image

『爪弾くは、たおやかな調べ!』

スイートプリキュア♪』よりキュアリズムを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20150520215508j:image f:id:UNOYO:20150520215509j:image

f:id:UNOYO:20150520215510j:image f:id:UNOYO:20150520215511j:image

毎度毎度凝ったレイアウトのパッケージ。

一般販売しないのがもったいない!





f:id:UNOYO:20150520214336j:image

中身。基本的に付属品はメロディと同じ種類のものが付属しますが

リズムにはハミィが付属しない点が異なります。





f:id:UNOYO:20150520214547j:image f:id:UNOYO:20150520214548j:image

f:id:UNOYO:20150520214549j:image f:id:UNOYO:20150520214550j:image

南野奏が変身するプリキュアキュアメロディのパートナー。

メロディとリズムは2人の呼吸がそろわないと変身できないという

『ふたりは』の設定を踏襲した名コンビでそのキマシぶりは多作品の主人公たちの追随を許しません。





f:id:UNOYO:20150520215512j:image f:id:UNOYO:20150520215513j:image

f:id:UNOYO:20150520215514j:image f:id:UNOYO:20150520215515j:image

純白ドレスと金髪の対比、そこにピンクが差し色になっており

個人的にかなりハイセンスな配色だと思うキュアリズム。

ウサミミのようなリボンも可愛いです。





f:id:UNOYO:20150520215517j:image f:id:UNOYO:20150520215516j:image

f:id:UNOYO:20150520215518j:image f:id:UNOYO:20150520215519j:image

表情は全部で4種類付属。

たおやかな目閉じ顔の出来が良い!





f:id:UNOYO:20150520214551j:image

f:id:UNOYO:20150520214337j:image

f:id:UNOYO:20150520214338j:image

豊富な手首パーツが付属し劇中の決めポーズなどを再現可能。

パッショナートハーモニー用の手つなぎパーツや

専用魂stageも付属します。





f:id:UNOYO:20150520214339j:image

専用武器、ファンタスティックベルティエが付属。





f:id:UNOYO:20150520214340j:image

f:id:UNOYO:20150520214341j:image

ファンタスティックベルティエは2パーツに分割可能。

さらにセパレーション状態を再現するためにジョイントピンのないものがもう一つ付属します。

ちょっと持たせづらいですが、個人的にはこちらのセパレーション状態のほうがお気に入り。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20150520214554j:image

f:id:UNOYO:20150520214555j:image

f:id:UNOYO:20150520214556j:image

f:id:UNOYO:20150520214559j:image

f:id:UNOYO:20150520214557j:image

f:id:UNOYO:20150520214558j:image

フィナーレ!(スタスタ・・・)

キュアリズムはたおやかに去るぜ。





キュアメロディ

f:id:UNOYO:20150520214552j:image

f:id:UNOYO:20150520214553j:image

主人公であり相方のキュアメロディと並べて。

2人揃えてからがスイートの本領発揮です。





f:id:UNOYO:20150520214601j:image

f:id:UNOYO:20150520214600j:image

f:id:UNOYO:20150520214602j:image

キメポーズ!

どっちもピンク系なのですが並べた時のバランスが絶妙。

単純に反対色にしないおかげで全体的に可愛くまとまってます。





f:id:UNOYO:20150520214604j:image

f:id:UNOYO:20150520214605j:image

f:id:UNOYO:20150520214606j:image

プリキュア・パッショナートハーモニー!

恋人つなぎから繰り出す序盤のキマシ必殺技。





f:id:UNOYO:20150520214607j:image

f:id:UNOYO:20150520214608j:image

f:id:UNOYO:20150520214603j:image

2体分のポージングは正直しんどいですが

立体でみるとかっこ可愛くて良い感じ。





f:id:UNOYO:20150520214612j:image

f:id:UNOYO:20150520214613j:image

手つなぎパーツは2人買えば2組そろうので

両手をつないでこんなポーズも。





f:id:UNOYO:20150520214609j:image

f:id:UNOYO:20150520214610j:image

f:id:UNOYO:20150520214611j:image

いろいろ応用ききます。





f:id:UNOYO:20150520214614j:image

f:id:UNOYO:20150520214615j:image

最後はクロスロッド。

お互いのベルティエを半分ずつ交換して合体させることが出来ます。





f:id:UNOYO:20150520214616j:image

f:id:UNOYO:20150520214618j:image

f:id:UNOYO:20150520214617j:image

ミュージックロンド・スーパーカルテット!!

最後のリズムの満面の笑顔もほしくなるから困る。





f:id:UNOYO:20150520214609j:image

以上フィギュアーツキュアリズムでした!


toykさんことキュアリズムがキュアメロディに続いて連続ラインナップ!

メロディ同様、プリキュアーツ最新作の名に恥じない高クオリティに仕上がっており、

表情もサンプルよりもかわいらしくなっているような??いや大変結構。

二人そろってこそのスイート、という面も含めて

手つなぎパーツやクロスロッドギミックにより2人そろえた時のプレイバリューも抜群です。

セットで発売してくれても全然よかったのに。


次回以降はソード、ロゼッタと高橋氏デザインプリキュア祭り状態になっていますが

ビートやミューズも続いてくれると信じたい!

その前にアンケート1位の幻のプリキュアが来るかな…?