Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 ホビーエンドルフィンさんと相互リンクしました!

2017-04-07

S.H.フィギュアーツ キュアミューズ レビュー

f:id:UNOYO:20170407013916j:image

スイートプリキュア♪』より4人目の戦士

キュアミューズプレミアムバンダイ限定でフィギューアツに登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20170407014306j:image f:id:UNOYO:20170407014307j:image

f:id:UNOYO:20170407014308j:image f:id:UNOYO:20170407014309j:image

いつも通り丁寧なつくりのパッケージですが

今回はサイズが小さめになっています。





f:id:UNOYO:20170407014659j:image

中身。

ミューズは手首が小さいためかいつもの手首ホルダーは付属しません。





キュアミューズ

f:id:UNOYO:20170407013904j:image f:id:UNOYO:20170407013906j:image

f:id:UNOYO:20170407013908j:image f:id:UNOYO:20170407013909j:image

調辺アコが変身するプリキュアでその正体はメイジャーランドの御姫様。

小学生であるアコが変身するため、基本的に中学生である他のプリキュアよりも大分小柄になっています。





f:id:UNOYO:20170407014254j:image f:id:UNOYO:20170407014255j:image

f:id:UNOYO:20170407014256j:image f:id:UNOYO:20170407014257j:image

小さいながら造形は秀逸です。

頭の飾りにはクリアパーツを使用。





f:id:UNOYO:20170407014258j:image f:id:UNOYO:20170407014259j:image

f:id:UNOYO:20170407014300j:image f:id:UNOYO:20170407014301j:image

表情は全部で4種類付属。

眼閉じ顔が女神っぽさがあって美しい。





f:id:UNOYO:20170407014302j:image f:id:UNOYO:20170407014303j:image

胸のモジューレはリボンと一体になっており

取り外して交換が可能。





f:id:UNOYO:20170407014656j:image

モジューレは単体で独立したものも付属しており、こちらを支柱パーツで腕に固定することで

手のひらに浮かせてディスプレイすることが出来ます。





f:id:UNOYO:20170407014657j:image

ディスプレイ用のキュアモジューレはクリアパーツ整形になっており

結構きれい





f:id:UNOYO:20170407014658j:image

支柱が微妙に長いので手のひらから少しはみ出た

かたちになってしまうのが気になるといえば気になります。





f:id:UNOYO:20170407014304j:image f:id:UNOYO:20170407014305j:image

キュアモジューレは専用の手首でオカリナのように

持たせることもできます。

ただサイズがサイズなのでこのポーズに持ってくるまでにポロポロ落として大変でした。





f:id:UNOYO:20170407013914j:image

届け!4人の組曲スイートプリキュア♪

メロディ、リズム、ビートと並べて。

並べてみるとミューズが本当に小さい。





f:id:UNOYO:20170407013905j:image

従者のビートとならべて。

ビートの胸ぐらいまでしか身長がありませんね…





f:id:UNOYO:20170407013918j:image

皆で演奏(?)

みんな楽器が付属するので楽しげに飾れて良いです。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20170407013907j:image

f:id:UNOYO:20170407013910j:image

f:id:UNOYO:20170407013911j:image

f:id:UNOYO:20170407013912j:image

f:id:UNOYO:20170407013913j:image

f:id:UNOYO:20170407013915j:image

f:id:UNOYO:20170407013917j:image

f:id:UNOYO:20170407013916j:image

f:id:UNOYO:20170407013919j:image

f:id:UNOYO:20170407013922j:image

f:id:UNOYO:20170407013920j:image

f:id:UNOYO:20170407013923j:image

f:id:UNOYO:20170407013926j:image

f:id:UNOYO:20170407013925j:image

f:id:UNOYO:20170407013928j:image

f:id:UNOYO:20170407013921j:image

f:id:UNOYO:20170407013927j:image

名乗りポーズのあざとさに定評があるキュアミューズ

ちなみにバルーンスカートは固い素材なので足が全然開けません。





f:id:UNOYO:20170407013924j:image

最後はもう一度4人で〆。

やっぱり勢ぞろいするといいですね〜。


以上、キュアミューズでした!


今回のキュアミューズで『スイートプリキュア♪』の4人のプリキュアが勢ぞろい!

キュアメロディ&リズムから役1年後にビート、そのさらに1年後にミューズなので

結構時間がかかった感じがありますね。その分感慨深いです。


サイズは非常に小さいながら、これまで同様のクオリティに仕上がっており

他のキャラと並べた際にその出来の良さが際立ちます。

個人的にはクリアパーツ製のディスプレイ用キュアモジューレが

お気に入りのオプション


次回作はドキドキ!プリキュアよりキュアエース。

こちらもこのエースの登場でドキドキ!がコンプリートとなるので

非常に楽しみです。


S.H.Figuarts キュアミューズ

2017-01-22

S.H.フィギュアーツ キュアトゥインクル レビュー

f:id:UNOYO:20170121225159j:image

きらめく星のプリンセス!

Go!プリンセスプリキュア』より、キュアトゥインクルフィギュアーツを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20170121232826j:image f:id:UNOYO:20170121232827j:image

f:id:UNOYO:20170121232828j:image f:id:UNOYO:20170121232829j:image

今回のキュアトゥンクルもプレミアムバンダイ限定アイテム。

限定ながらパッケージはいつもどおり気合のはいったデザインです。





f:id:UNOYO:20170121233146j:image

中身。

オプションキュアフローラとほぼ同じ。

妖精さんは付属しません。





キュアトゥインクル

f:id:UNOYO:20170121225202j:image

f:id:UNOYO:20170121225207j:image

f:id:UNOYO:20170121225203j:image f:id:UNOYO:20170121225204j:image

f:id:UNOYO:20170121225205j:image f:id:UNOYO:20170121225206j:image

中学生モデル・天ノ川きららが変身するプリキュア

星や月がモチーフになっており、煌びやかな雰囲気が特徴です。





f:id:UNOYO:20170121232830j:image f:id:UNOYO:20170121232831j:image

f:id:UNOYO:20170121232832j:image f:id:UNOYO:20170121232833j:image

今回も造形面では文句なしのクオリティ

肩を出したドレスもセクシーです。





f:id:UNOYO:20170121232834j:image f:id:UNOYO:20170121232835j:image

f:id:UNOYO:20170121232836j:image f:id:UNOYO:20170121232837j:image

表情は豪華に4種類付属。

笑顔が3種類、のこりの1種も決めポーズ用となっており

プリキュアでは珍しく叫び顔が付属しません。





f:id:UNOYO:20170121233147j:image

髪は両先端のふさの部分が球体ジョイントで可動します。





f:id:UNOYO:20170121233148j:image

f:id:UNOYO:20170121233151j:image

f:id:UNOYO:20170121233152j:image

豊富な手首パーツが付属。

お覚悟はよろしくて?のシーンも再現できます。





f:id:UNOYO:20170121225212j:image

f:id:UNOYO:20170121225211j:image

フローラ同様にプリンセスパヒュームとドレスアップキーが付属。

パヒュームにキーを装填させて構えさせることも出来ます。





f:id:UNOYO:20170121225209j:image

クリスタルプリンセスロッドも付属。

クリスタル部分はトゥインクルのカラーにあわせクリアイエローになっています。





f:id:UNOYO:20170121233150j:image

f:id:UNOYO:20170121233149j:image

小物の造形も非常に細かいです。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20170121225215j:image

f:id:UNOYO:20170121225214j:image

f:id:UNOYO:20170121225216j:image

f:id:UNOYO:20170121225210j:image

f:id:UNOYO:20170121225217j:image

f:id:UNOYO:20170121225218j:image

f:id:UNOYO:20170121225219j:image

f:id:UNOYO:20170121225222j:image

f:id:UNOYO:20170121225223j:image

f:id:UNOYO:20170121225224j:image

f:id:UNOYO:20170121225225j:image

f:id:UNOYO:20170121225158j:image

f:id:UNOYO:20170121225159j:image

f:id:UNOYO:20170121225201j:image

f:id:UNOYO:20170121225200j:image

作画気合入りすぎでいやでも記憶に残るバンクシーンのおかげで

ポージングもはかどります。


f:id:UNOYO:20170121225226j:image

最後はキュアフローラといっしょに。


以上、キュアトゥインクルでした!


フローラにつづきプリンセスプリキュアより2人目のプリンセスが登場!

弾を重ねるごとにクオリティが上がっていくプリキュアーツですが

今回もやっぱり過去最高の可愛さ。

小物も出来も良いですし、笑顔が3種類も付属するのが個人的にうれしかったですね。

欲を言えば妖精を削った代わりにオプションドーナツがあると尚良かった…


初期プリンセス3人の最後の1人、キュアマーメイドは6月アイテムで確定。

あと半年も待たずに3人そろうのが確定してひとまず安心ですね。

さらにそれまでの間にキュアミューズ、キュアエースも発売されることで

スイートプリキュアドキドキプリキュアもコンプリートとなるので

今年はプリキュアーツで盛り上がる1年になりそうで楽しみです。

2016-08-27

S.H.フィギュアーツ キュアフローラ レビュー

f:id:UNOYO:20160827204521j:image

『咲き誇る、花のプリンセス!』

GO!プリンセスプリキュア』より、主人公キュアフローラプリキュアーツに登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160827203815j:image f:id:UNOYO:20160827203816j:image

f:id:UNOYO:20160827203817j:image f:id:UNOYO:20160827203818j:image

毎度毎度凝ったつくりのパッケージ。

フォントの感じなんかもプリンセスあわせて作り起こされています。

プレミアムバンダイ限定アイテムです。




f:id:UNOYO:20160827204309j:image

中身。

交換用表情や手首、その他アイテムが付属します。





キュアフローラ

f:id:UNOYO:20160827204507j:image f:id:UNOYO:20160827204508j:image

f:id:UNOYO:20160827204510j:image f:id:UNOYO:20160827204509j:image

春野はるかが変身する花のプリンセス。

プリンセスプリキュアの名の通り、そのデザインはお姫様のドレスを

イメージされており、これまでのプリキュアとは一線を画しています。





f:id:UNOYO:20160827203820j:image f:id:UNOYO:20160827203819j:image

f:id:UNOYO:20160827203821j:image f:id:UNOYO:20160827203822j:image

本体はかなり華奢なプロポーションになっており、可動の際は気を使います。

スカートは硬質素材のため、腕をまっすぐおろすことが出来ません。





f:id:UNOYO:20160827203824j:image f:id:UNOYO:20160827203823j:image

f:id:UNOYO:20160827203825j:image f:id:UNOYO:20160827203826j:image

表情は4種類付属。

どれもアニメにそっくりで非常に良い出来ます。





f:id:UNOYO:20160827203827j:image

交換用手首パーツも豊富に付属。





f:id:UNOYO:20160827204511j:image

f:id:UNOYO:20160827204513j:image

f:id:UNOYO:20160827204512j:image

可動範囲は大体これまでと同じぐらい。

関節はだいぶ渋めに調整されているのでホントに扱い注意です。





f:id:UNOYO:20160827204317j:image

f:id:UNOYO:20160827204518j:image

専用手首で決め台詞

『お覚悟はよろしくて!?』

のポーズもバッチリ再現できます。





f:id:UNOYO:20160827204311j:image

オプションとしてドレスアップキーとプリンセスパフュームが付属。

パフュームはクリアパーツも使用されており、かなり良い出来。

それぞれ専用手首で保持します。





f:id:UNOYO:20160827204310j:image

モードエレガント!に変身は出来ませんが

キーをパフュームに装填することは可能です。





f:id:UNOYO:20160827204313j:image

f:id:UNOYO:20160827204312j:image

また、クリスタルプリンセスロッドも付属。

キーはローズが刺さった状態になっており、先ほどのキーと交換することもできます。

リリィ、サクラは付属せず。

こちらもクリスタル部分にはクリアパーツが使用され見事な出来栄え。





f:id:UNOYO:20160827204314j:image

f:id:UNOYO:20160827204315j:image

f:id:UNOYO:20160827204316j:image

プリンセスレッスンの先生、ミス・シャムールも付属。

首が可動します。

本来のオトモ妖精のパフ&アロマを差し置いて付属とはなかなか意外なチョイス。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160827204520j:image

f:id:UNOYO:20160827204515j:image

f:id:UNOYO:20160827204514j:image

f:id:UNOYO:20160827204516j:image

f:id:UNOYO:20160827204522j:image

f:id:UNOYO:20160827204517j:image

f:id:UNOYO:20160827204523j:image

f:id:UNOYO:20160827204525j:image

f:id:UNOYO:20160827204524j:image

f:id:UNOYO:20160827204526j:image

f:id:UNOYO:20160827204527j:image

f:id:UNOYO:20160827204519j:image

フローラは1話やOPのせいで青空の下の花畑で戦うイメージが強いです。

こんな見た目でバリバリ格闘するのも良かった…





f:id:UNOYO:20160827204529j:image

最後は花びらを舞わせた加工写真で。

花びらが舞う演出も好きでした。


以上、フィギュアーツキュアフローラでした!


スイート、ドキドキのラインナップを一時中断という形で

シリーズはキュアフローラに移行。

さらにアニメに近くなった造形と豊富なオプション

ファン納得の出来栄えに仕上がっていると思います。

特にパフューム、ロッドの作りこみはこれまでで最高レベルかと。


オトモにパフ&アロマを付属させずにシャムールをつけた時点で

他のキャラも商品化決定したようなものなので

トゥインクルは確定)

今後のラインナップも期待ですね〜。

2016-04-19

S.H.フィギュアーツ キュアビート レビュー

f:id:UNOYO:20160419200840j:image

爪弾くは魂の調べ!

スイートプリキュア』より、キュアビートがフィギュアーツに登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160419200332j:image f:id:UNOYO:20160419200333j:image

f:id:UNOYO:20160419200334j:image f:id:UNOYO:20160419200335j:image

スイートプリキュアより、3人目のプリキュアがラインナップ。

パッケージは過去最大に厚みのあるものになっています。





f:id:UNOYO:20160419200532j:image

f:id:UNOYO:20160419200823j:image

その原因はビート自体の髪&衣装のボリュームと

付属品によって2段ブリスターになっているためです。





キュアビート

f:id:UNOYO:20160419200824j:image f:id:UNOYO:20160419200825j:image

f:id:UNOYO:20160419200826j:image f:id:UNOYO:20160419200827j:image

黒川エレンが変身するプリキュア

元の姿は黒猫型の妖精、セイレーンでしたがプリキュアになってからは人間の姿に。

敵勢力の洗脳から解放されて味方になるという、キュアパッションに続く寝返りプリキュアです。





f:id:UNOYO:20160419200336j:image f:id:UNOYO:20160419200337j:image

f:id:UNOYO:20160419200338j:image f:id:UNOYO:20160419200339j:image

青いスタイリッシュな衣装と大きなサイドポニーが特徴。

追加戦士が青というパターンも斬新でしたね。





f:id:UNOYO:20160419200340j:image f:id:UNOYO:20160419200341j:image

f:id:UNOYO:20160419200342j:image f:id:UNOYO:20160419200343j:image

表情は全部で4種類。

基本的にどれも出来が良いですが、真顔が真顔すぎて使いどころに悩む…





f:id:UNOYO:20160419200533j:image

f:id:UNOYO:20160419200534j:image

サイドポニーは軽めの素材でできています。

根本で可動させることも可能。





f:id:UNOYO:20160419200344j:image

f:id:UNOYO:20160419200345j:image

手首は人差し指を立てたものや、ラブギターロッド用のものが付属。





f:id:UNOYO:20160419200535j:image

付属の魂stageにはいつもと異なるアームが一本追加されています。





f:id:UNOYO:20160419200536j:image

こちらはこんな感じでラブギターロッドを構えた際に

ギターを支えるためのアーム。





f:id:UNOYO:20160419200828j:image

ちょっと見栄えを気にしなさすぎな気もしますが

安定します。





f:id:UNOYO:20160419200829j:image

f:id:UNOYO:20160419200830j:image

まぁ手首も保持力も十分なのですが、長時間飾る際は

ヘタり防止にアームを使用するとよいでしょう。





f:id:UNOYO:20160419200537j:image

f:id:UNOYO:20160419200538j:image

そんなラブギターロッドはギターモードとロッドモードの2種類が付属。

コストかかってるな〜という印象。

先端のフェアリートーンは取り外しできます。





f:id:UNOYO:20160419200831j:image

f:id:UNOYO:20160419200832j:image

それぞれ専用手首で保持することが出来ます。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160419200838j:image

f:id:UNOYO:20160419200839j:image

f:id:UNOYO:20160419200840j:image

f:id:UNOYO:20160419200841j:image

f:id:UNOYO:20160419200833j:image

f:id:UNOYO:20160419200834j:image

f:id:UNOYO:20160419200836j:image

f:id:UNOYO:20160419200835j:image

f:id:UNOYO:20160419200837j:image

やはりビートにはギター!

ギターを構えたプリキュアという斬新なスタイルで

当時のちびっこにはギター含めて大人気だったとか。





f:id:UNOYO:20160419200842j:image

メロディ・リズムと並べて。

色のバランスが良くなりましたね。

ミューズもどうか頼む!




f:id:UNOYO:20160419200843j:image

f:id:UNOYO:20160419200844j:image

メロディが発売されたのがちょうど1年前ぐらいなのですが

同系統の意匠ながら大分洗練された印象です。





f:id:UNOYO:20160419200848j:image

f:id:UNOYO:20160419200849j:image

エコーが商品化してくれたおかげでオールスターズNS2でのエンエン・グレルとの

対面シーンも再現できるのはうれしい限り。

パッションとビートという貴重な組み合わせです。





神回

f:id:UNOYO:20160419200845j:image

キュアメロディに問題!100は英語で!?』





f:id:UNOYO:20160419200846j:image

『わかんない!』





f:id:UNOYO:20160419200847j:image

この回好きすぎて今でもよく見返します。


以上、フィギュアーツキュアビートでした!


メロディ・リズムの発売から結構間が空いてしまいましたが

無事発売されて何より。

途中延期もありましたが、その甲斐もあり(?)

最新作らしい最高峰のクオリティに仕上がっています。

本体の出来は文句なしで、個人的には黒猫状態の『セイレーン』

が付属していればパーフェクトだったかな〜と思います。

ミューズに付けてくれないかなぁ…


プリキュアーツの次回作は『GO!プリンセスプリキュア』より

キュアフローラに決定。

プリンセスのシリーズ化もうれしいですが取り残されている

ミューズやエースも忘れないで欲しいですね!

アンケートに書いておこうと思います。

2015-12-17

S.H.フィギュアーツ キュアエコー レビュー

f:id:UNOYO:20151217191120j:image

映画『プリキュアオールスターズNewStage』に登場した幻のプリキュア

『キュアエコー』のフィギュアーツが魂ウェブ限定で登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20151217190947j:image f:id:UNOYO:20151217190948j:image

f:id:UNOYO:20151217190949j:image f:id:UNOYO:20151217190950j:image

ウェブ限定ながら、毎度毎度美しいウインドウタイプのパッケージです。





f:id:UNOYO:20151217190531j:image

中身。

交換用フェイス、手首とスタンド、そして妖精さんが3種付属。





キュアエコー

f:id:UNOYO:20151217191102j:image

f:id:UNOYO:20151217191103j:image

f:id:UNOYO:20151217191104j:image

f:id:UNOYO:20151217191105j:image

映画『プリキュアオールスターズNewStage』にて初登場した映画作品にのみ登場するキャラクター。

普通の女子中学生、坂上あゆみが思いの力によって変身します。

映画のみのキャラのため、メディアへの露出や関連商品も少ないある意味不遇キャラでしたが

魂ウェブのアンケートにて多数の票を獲得、見事この度製品化へとあいなりました。





f:id:UNOYO:20151217190951j:image f:id:UNOYO:20151217190952j:image

f:id:UNOYO:20151217190953j:image f:id:UNOYO:20151217190954j:image

純粋さを表現したかのような白を基調としたドレスが特徴的。

淡い金髪のツインテールの色合いも見事にマッチしています。





f:id:UNOYO:20151217190955j:image f:id:UNOYO:20151217190956j:image

f:id:UNOYO:20151217190957j:image f:id:UNOYO:20151217190958j:image

表情は全部で4種類付属。どれも素晴らしく美人さん。

強い意志を感じさせる真剣な目閉じ顔がいいですね。





f:id:UNOYO:20151217190532j:image

交換用手首が多数付属します。





f:id:UNOYO:20151217191106j:image

専用スタンドのマークはスマイルプリキュアに合わせたデザインになっています。





f:id:UNOYO:20151217190533j:image

f:id:UNOYO:20151217190534j:image

肩のフリルは腕の可動に合わせてスイングします。





f:id:UNOYO:20151217190535j:image

このおかげで両腕をしっかり前に出すこともできます。





f:id:UNOYO:20151217190959j:image f:id:UNOYO:20151217191000j:image

オプションとして同じく映画『プリキュアオールスターズNewStage』に登場した

あゆみの友達フーちゃんが付属。

このフーちゃん、こうみえて実は『オールスターズDX』のラスボス、フュージョンのかけらという設定。

首が可動します。





f:id:UNOYO:20151217190536j:image

f:id:UNOYO:20151217190537j:image

また、映画『プリキュアオールスターズNewStage2』に登場した見習い妖精エンエンとグレルも付属。

パートナーを持たないこの2人はさらにその続編の映画『プリキュアオールスターズNewStage3』にて

あゆみと邂逅し正式にキュアエコー御付の妖精となります。





f:id:UNOYO:20151217191107j:image

f:id:UNOYO:20151217191108j:image

暴力的な戦闘シーンが一切描かれなかったエコーなので

フーちゃんやエンエングレルと一緒に可愛く飾るほうが似合ってますね。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20151217191112j:image

f:id:UNOYO:20151217191119j:image

f:id:UNOYO:20151217191113j:image

f:id:UNOYO:20151217191118j:image

f:id:UNOYO:20151217191115j:image

f:id:UNOYO:20151217191120j:image

f:id:UNOYO:20151217191114j:image

f:id:UNOYO:20151217191111j:image

f:id:UNOYO:20151217191116j:image

f:id:UNOYO:20151217191117j:image

スカートの形状が固定なのでやや下半身の可動が狭いですが

それでも十分動かしやすい部類かと。





f:id:UNOYO:20151217191109j:image

キュアメロディ、キュアハッピーと並べて『プリキュアオールスターズNewStage』1作目キャラ集合。

3で再登場した際にもハッピーが名前で呼ぶシーンがあり、ほっこりしますね。





f:id:UNOYO:20151217191110j:image

新作映画では今度こそ歌って踊ってもらいたいところ。


以上、フィギュアーツキュアエコーでした!


唐突に始まったコレクターズ事業部の『プリキュアーツ商品化アンケート』

多数のキャラが商品化ノミネートされる中、見事商品化に輝いたのは

映画にしか登場しない幻のプリキュアでした。


所属チームがなく、かといって単独映像作品もないエコーが

ドキドキやスイートの残りキャラを差し置いて商品化されるとは…

久々にコレクターズ事業部の尖った商品展開の真髄を見た気がします。


表情のチョイスも、エンエングレル、フーちゃんが付属する点も

しっかり『わかってる』感じがあり、好印象。

エコー自体の出来も良いし、今回は非常に満足度の高いプリキュアーツでした。