Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 fig-memo フィギュアメモランダムさんと相互リンクしました!

2016-08-27

S.H.フィギュアーツ キュアフローラ レビュー

f:id:UNOYO:20160827204521j:image

『咲き誇る、花のプリンセス!』

GO!プリンセスプリキュア』より、主人公キュアフローラプリキュアーツに登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160827203815j:image f:id:UNOYO:20160827203816j:image

f:id:UNOYO:20160827203817j:image f:id:UNOYO:20160827203818j:image

毎度毎度凝ったつくりのパッケージ。

フォントの感じなんかもプリンセスあわせて作り起こされています。

プレミアムバンダイ限定アイテムです。




f:id:UNOYO:20160827204309j:image

中身。

交換用表情や手首、その他アイテムが付属します。





キュアフローラ

f:id:UNOYO:20160827204507j:image f:id:UNOYO:20160827204508j:image

f:id:UNOYO:20160827204510j:image f:id:UNOYO:20160827204509j:image

春野はるかが変身する花のプリンセス。

プリンセスプリキュアの名の通り、そのデザインはお姫様のドレスを

イメージされており、これまでのプリキュアとは一線を画しています。





f:id:UNOYO:20160827203820j:image f:id:UNOYO:20160827203819j:image

f:id:UNOYO:20160827203821j:image f:id:UNOYO:20160827203822j:image

本体はかなり華奢なプロポーションになっており、可動の際は気を使います。

スカートは硬質素材のため、腕をまっすぐおろすことが出来ません。





f:id:UNOYO:20160827203824j:image f:id:UNOYO:20160827203823j:image

f:id:UNOYO:20160827203825j:image f:id:UNOYO:20160827203826j:image

表情は4種類付属。

どれもアニメにそっくりで非常に良い出来ます。





f:id:UNOYO:20160827203827j:image

交換用手首パーツも豊富に付属。





f:id:UNOYO:20160827204511j:image

f:id:UNOYO:20160827204513j:image

f:id:UNOYO:20160827204512j:image

可動範囲は大体これまでと同じぐらい。

関節はだいぶ渋めに調整されているのでホントに扱い注意です。





f:id:UNOYO:20160827204317j:image

f:id:UNOYO:20160827204518j:image

専用手首で決め台詞

『お覚悟はよろしくて!?』

のポーズもバッチリ再現できます。





f:id:UNOYO:20160827204311j:image

オプションとしてドレスアップキーとプリンセスパフュームが付属。

パフュームはクリアパーツも使用されており、かなり良い出来。

それぞれ専用手首で保持します。





f:id:UNOYO:20160827204310j:image

モードエレガント!に変身は出来ませんが

キーをパフュームに装填することは可能です。





f:id:UNOYO:20160827204313j:image

f:id:UNOYO:20160827204312j:image

また、クリスタルプリンセスロッドも付属。

キーはローズが刺さった状態になっており、先ほどのキーと交換することもできます。

リリィサクラは付属せず。

こちらもクリスタル部分にはクリアパーツが使用され見事な出来栄え。





f:id:UNOYO:20160827204314j:image

f:id:UNOYO:20160827204315j:image

f:id:UNOYO:20160827204316j:image

プリンセスレッスンの先生、ミス・シャムールも付属。

首が可動します。

本来のオトモ妖精のパフ&アロマを差し置いて付属とはなかなか意外なチョイス。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160827204520j:image

f:id:UNOYO:20160827204515j:image

f:id:UNOYO:20160827204514j:image

f:id:UNOYO:20160827204516j:image

f:id:UNOYO:20160827204522j:image

f:id:UNOYO:20160827204517j:image

f:id:UNOYO:20160827204523j:image

f:id:UNOYO:20160827204525j:image

f:id:UNOYO:20160827204524j:image

f:id:UNOYO:20160827204526j:image

f:id:UNOYO:20160827204527j:image

f:id:UNOYO:20160827204519j:image

フローラは1話やOPのせいで青空の下の花畑で戦うイメージが強いです。

こんな見た目でバリバリ格闘するのも良かった…





f:id:UNOYO:20160827204529j:image

最後は花びらを舞わせた加工写真で。

花びらが舞う演出も好きでした。


以上、フィギュアーツキュアフローラでした!


スイート、ドキドキのラインナップを一時中断という形で

シリーズはキュアフローラに移行。

さらにアニメに近くなった造形と豊富なオプション

ファン納得の出来栄えに仕上がっていると思います。

特にパフューム、ロッドの作りこみはこれまでで最高レベルかと。


オトモにパフ&アロマを付属させずにシャムールをつけた時点で

他のキャラも商品化決定したようなものなので

トゥインクルは確定)

今後のラインナップも期待ですね〜。

2016-04-19

S.H.フィギュアーツ キュアビート レビュー

f:id:UNOYO:20160419200840j:image

爪弾くは魂の調べ!

スイートプリキュア』より、キュアビートフィギュアーツに登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160419200332j:image f:id:UNOYO:20160419200333j:image

f:id:UNOYO:20160419200334j:image f:id:UNOYO:20160419200335j:image

スイートプリキュアより、3人目のプリキュアがラインナップ。

パッケージは過去最大に厚みのあるものになっています。





f:id:UNOYO:20160419200532j:image

f:id:UNOYO:20160419200823j:image

その原因はビート自体の髪&衣装のボリュームと

付属品によって2段ブリスターになっているためです。





キュアビート

f:id:UNOYO:20160419200824j:image f:id:UNOYO:20160419200825j:image

f:id:UNOYO:20160419200826j:image f:id:UNOYO:20160419200827j:image

黒川エレンが変身するプリキュア

元の姿は黒猫型の妖精、セイレーンでしたがプリキュアになってからは人間の姿に。

敵勢力の洗脳から解放されて味方になるという、キュアパッションに続く寝返りプリキュアです。





f:id:UNOYO:20160419200336j:image f:id:UNOYO:20160419200337j:image

f:id:UNOYO:20160419200338j:image f:id:UNOYO:20160419200339j:image

青いスタイリッシュな衣装と大きなサイドポニーが特徴。

追加戦士が青というパターンも斬新でしたね。





f:id:UNOYO:20160419200340j:image f:id:UNOYO:20160419200341j:image

f:id:UNOYO:20160419200342j:image f:id:UNOYO:20160419200343j:image

表情は全部で4種類。

基本的にどれも出来が良いですが、真顔が真顔すぎて使いどころに悩む…





f:id:UNOYO:20160419200533j:image

f:id:UNOYO:20160419200534j:image

サイドポニーは軽めの素材でできています。

根本で可動させることも可能。





f:id:UNOYO:20160419200344j:image

f:id:UNOYO:20160419200345j:image

手首は人差し指を立てたものや、ラブギターロッド用のものが付属。





f:id:UNOYO:20160419200535j:image

付属の魂stageにはいつもと異なるアームが一本追加されています。





f:id:UNOYO:20160419200536j:image

こちらはこんな感じでラブギターロッドを構えた際に

ギターを支えるためのアーム。





f:id:UNOYO:20160419200828j:image

ちょっと見栄えを気にしなさすぎな気もしますが

安定します。





f:id:UNOYO:20160419200829j:image

f:id:UNOYO:20160419200830j:image

まぁ手首も保持力も十分なのですが、長時間飾る際は

ヘタり防止にアームを使用するとよいでしょう。





f:id:UNOYO:20160419200537j:image

f:id:UNOYO:20160419200538j:image

そんなラブギターロッドはギターモードとロッドモードの2種類が付属。

コストかかってるな〜という印象。

先端のフェアリートーンは取り外しできます。





f:id:UNOYO:20160419200831j:image

f:id:UNOYO:20160419200832j:image

それぞれ専用手首で保持することが出来ます。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160419200838j:image

f:id:UNOYO:20160419200839j:image

f:id:UNOYO:20160419200840j:image

f:id:UNOYO:20160419200841j:image

f:id:UNOYO:20160419200833j:image

f:id:UNOYO:20160419200834j:image

f:id:UNOYO:20160419200836j:image

f:id:UNOYO:20160419200835j:image

f:id:UNOYO:20160419200837j:image

やはりビートにはギター!

ギターを構えたプリキュアという斬新なスタイルで

当時のちびっこにはギター含めて大人気だったとか。





f:id:UNOYO:20160419200842j:image

メロディ・リズムと並べて。

色のバランスが良くなりましたね。

ミューズもどうか頼む!




f:id:UNOYO:20160419200843j:image

f:id:UNOYO:20160419200844j:image

メロディが発売されたのがちょうど1年前ぐらいなのですが

同系統の意匠ながら大分洗練された印象です。





f:id:UNOYO:20160419200848j:image

f:id:UNOYO:20160419200849j:image

エコーが商品化してくれたおかげでオールスターズNS2でのエンエン・グレルとの

対面シーンも再現できるのはうれしい限り。

パッションとビートという貴重な組み合わせです。





神回

f:id:UNOYO:20160419200845j:image

キュアメロディに問題!100は英語で!?』





f:id:UNOYO:20160419200846j:image

『わかんない!』





f:id:UNOYO:20160419200847j:image

この回好きすぎて今でもよく見返します。


以上、フィギュアーツキュアビートでした!


メロディ・リズムの発売から結構間が空いてしまいましたが

無事発売されて何より。

中延期もありましたが、その甲斐もあり(?)

最新作らしい最高峰のクオリティに仕上がっています。

本体の出来は文句なしで、個人的には黒猫状態の『セイレーン

が付属していればパーフェクトだったかな〜と思います。

ミューズに付けてくれないかなぁ…


プリキュアーツの次回作は『GO!プリンセスプリキュア』より

キュアフローラに決定。

プリンセスのシリーズ化もうれしいですが取り残されている

ミューズやエースも忘れないで欲しいですね!

アンケートに書いておこうと思います。

2015-12-17

S.H.フィギュアーツ キュアエコー レビュー

f:id:UNOYO:20151217191120j:image

映画『プリキュアオールスターズNewStage』に登場した幻のプリキュア

『キュアエコー』のフィギュアーツが魂ウェブ限定で登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20151217190947j:image f:id:UNOYO:20151217190948j:image

f:id:UNOYO:20151217190949j:image f:id:UNOYO:20151217190950j:image

ウェブ限定ながら、毎度毎度美しいウインドウタイプのパッケージです。





f:id:UNOYO:20151217190531j:image

中身。

交換用フェイス、手首とスタンド、そして妖精さんが3種付属。





キュアエコー

f:id:UNOYO:20151217191102j:image

f:id:UNOYO:20151217191103j:image

f:id:UNOYO:20151217191104j:image

f:id:UNOYO:20151217191105j:image

映画『プリキュアオールスターズNewStage』にて初登場した映画作品にのみ登場するキャラクター。

普通の女子中学生、坂上あゆみが思いの力によって変身します。

映画のみのキャラのため、メディアへの露出や関連商品も少ないある意味不遇キャラでしたが

魂ウェブのアンケートにて多数の票を獲得、見事この度製品化へとあいなりました。





f:id:UNOYO:20151217190951j:image f:id:UNOYO:20151217190952j:image

f:id:UNOYO:20151217190953j:image f:id:UNOYO:20151217190954j:image

純粋さを表現したかのような白を基調としたドレスが特徴的。

淡い金髪のツインテールの色合いも見事にマッチしています。





f:id:UNOYO:20151217190955j:image f:id:UNOYO:20151217190956j:image

f:id:UNOYO:20151217190957j:image f:id:UNOYO:20151217190958j:image

表情は全部で4種類付属。どれも素晴らしく美人さん。

強い意志を感じさせる真剣な目閉じ顔がいいですね。





f:id:UNOYO:20151217190532j:image

交換用手首が多数付属します。





f:id:UNOYO:20151217191106j:image

専用スタンドのマークはスマイルプリキュアに合わせたデザインになっています。





f:id:UNOYO:20151217190533j:image

f:id:UNOYO:20151217190534j:image

肩のフリルは腕の可動に合わせてスイングします。





f:id:UNOYO:20151217190535j:image

このおかげで両腕をしっかり前に出すこともできます。





f:id:UNOYO:20151217190959j:image f:id:UNOYO:20151217191000j:image

オプションとして同じく映画『プリキュアオールスターズNewStage』に登場した

あゆみの友達フーちゃんが付属。

このフーちゃん、こうみえて実は『オールスターズDX』のラスボス、フュージョンのかけらという設定。

首が可動します。





f:id:UNOYO:20151217190536j:image

f:id:UNOYO:20151217190537j:image

また、映画『プリキュアオールスターズNewStage2』に登場した見習い妖精エンエンとグレルも付属。

パートナーを持たないこの2人はさらにその続編の映画『プリキュアオールスターズNewStage3』にて

あゆみと邂逅し正式にキュアエコー御付の妖精となります。





f:id:UNOYO:20151217191107j:image

f:id:UNOYO:20151217191108j:image

暴力的な戦闘シーンが一切描かれなかったエコーなので

フーちゃんやエンエングレルと一緒に可愛く飾るほうが似合ってますね。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20151217191112j:image

f:id:UNOYO:20151217191119j:image

f:id:UNOYO:20151217191113j:image

f:id:UNOYO:20151217191118j:image

f:id:UNOYO:20151217191115j:image

f:id:UNOYO:20151217191120j:image

f:id:UNOYO:20151217191114j:image

f:id:UNOYO:20151217191111j:image

f:id:UNOYO:20151217191116j:image

f:id:UNOYO:20151217191117j:image

スカートの形状が固定なのでやや下半身の可動が狭いですが

それでも十分動かしやすい部類かと。





f:id:UNOYO:20151217191109j:image

キュアメロディ、キュアハッピーと並べて『プリキュアオールスターズNewStage』1作目キャラ集合。

3で再登場した際にもハッピーが名前で呼ぶシーンがあり、ほっこりしますね。





f:id:UNOYO:20151217191110j:image

新作映画では今度こそ歌って踊ってもらいたいところ。


以上、フィギュアーツキュアエコーでした!


唐突に始まったコレクターズ事業部の『プリキュアーツ商品化アンケート』

多数のキャラが商品化ノミネートされる中、見事商品化に輝いたのは

映画にしか登場しない幻のプリキュアでした。


所属チームがなく、かといって単独映像作品もないエコーが

ドキドキやスイートの残りキャラを差し置いて商品化されるとは…

久々にコレクターズ事業部の尖った商品展開の真髄を見た気がします。


表情のチョイスも、エンエングレル、フーちゃんが付属する点も

しっかり『わかってる』感じがあり、好印象。

エコー自体の出来も良いし、今回は非常に満足度の高いプリキュアーツでした。

2015-09-25

S.H.フィギュアーツ キュアロゼッタ レビュー

f:id:UNOYO:20150925223825j:image

ドキドキ!プリキュアより、"ひだまりポカポカ"キュアロゼッタのフィギュアーツが

魂ウェブ限定アイテムとして登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20150925222818j:image f:id:UNOYO:20150925222819j:image

f:id:UNOYO:20150925222820j:image f:id:UNOYO:20150925222821j:image

イメージカラーであるオレンジとグリーンの色使いがさわやか。

箱のサイズはやや厚めになっています。





f:id:UNOYO:20150925223413j:image

中身。

2段ブリスターになっており、2段目には武器とスタンドが収められています。





キュアロゼッタ

f:id:UNOYO:20150925223813j:image

f:id:UNOYO:20150925223814j:image

f:id:UNOYO:20150925223815j:image f:id:UNOYO:20150925223816j:image

四葉財閥のご令嬢、四葉ありすが変身するプリキュアでモデルはトランプのクローバー。

ロゼッタウォール、ロゼッタリフレクションなどの防御技のエキスパートですが

実は変身前から武道の達人のため普通に戦っても強いという…

性格もおっとりしているようでしたたかだったりと、なかなか濃いキャラクターです。





f:id:UNOYO:20150925222822j:image f:id:UNOYO:20150925222823j:image

f:id:UNOYO:20150925222824j:image f:id:UNOYO:20150925222825j:image

ドキドキのプリキュア達の中では比較的

左右のバランスが整った衣装になっています。

ツインテール部は中空になっており、扱いやすい重量。





f:id:UNOYO:20150925222826j:image f:id:UNOYO:20150925222827j:image

f:id:UNOYO:20150925222828j:image f:id:UNOYO:20150925222829j:image

表情は全部で4種類付属。

立体になると花の髪留めが結構主張してきますね。可愛いデザインです。





f:id:UNOYO:20150925222830j:image

付属の手首。

これらのほか決めポーズ用のクローバーの形を作った手首が付属します。





f:id:UNOYO:20150925223414j:image

こちらがクローバー型手首。

『世界を制するのは愛だけです。

さぁ、あなたも私と愛を育んでくださいな。』

このセリフだけですでにただ者じゃないオーラが…





f:id:UNOYO:20150925223415j:image

カッチカチのロゼッタウォール!

…は残念ながら付属しません。





f:id:UNOYO:20150925223817j:image

f:id:UNOYO:20150925223416j:image

変形状態のラブハートアローが付属するので

ロゼッタリフレクションは再現可能。

エフェクトは…心の目で見るんだ!





f:id:UNOYO:20150925223818j:image

f:id:UNOYO:20150925223417j:image

これまでの3人同様にラブリーフォースアロー用の

ラブハートアローも付属。





f:id:UNOYO:20150925223418j:image

f:id:UNOYO:20150925223419j:image

あといつものマジカルレッスンパッド

じゃなかったマジカルラブリーパッドが付属。

正直これ微妙だなと前々から思ってたんですがもしかして

『エースまでちゃんと発売させるよ!』という磐梯山の意思表示だったりするのかな。





f:id:UNOYO:20150925223420j:image

どうもでランス。

パートナー妖精ランスも付属。首が可動します。





f:id:UNOYO:20150925223819j:image

f:id:UNOYO:20150925223821j:image

f:id:UNOYO:20150925223820j:image

f:id:UNOYO:20150925223823j:image

f:id:UNOYO:20150925223822j:image

f:id:UNOYO:20150925223825j:image

f:id:UNOYO:20150925223824j:image

f:id:UNOYO:20150925223826j:image

f:id:UNOYO:20150925223827j:image

決めポーズは三戦の構えなんですかねやっぱり。

しかしドキドキのメイン盾ともいえるロゼッタなので

ウォール系のエフェクトがないのはやはりさみしいですね。





f:id:UNOYO:20150925223828j:image

ドキドキプリキュア4人勢揃い。

ハートが最初期なこともありややバランス調整不足かな。

基本的に全員可愛いですけれども。





f:id:UNOYO:20150925223829j:image

f:id:UNOYO:20150925223830j:image

響け!愛の鼓動!

改めてみると謎ポーズ。5人になるとさらにすごいことになります。





f:id:UNOYO:20150925223831j:image

f:id:UNOYO:20150925223832j:image

そしてラブリーフォースアロー。

この再現のためにきちんと全員分アロー付属させたのは評価できますね!





f:id:UNOYO:20150925222831j:image f:id:UNOYO:20150925222832j:image

f:id:UNOYO:20150925222833j:image f:id:UNOYO:20150925222834j:image

そしてこのためのウインク。

再現度も高く、大満足です。





f:id:UNOYO:20150925223833j:image

最後はダンス!


以上、フィギュアーツキュアロゼッタでした!


てっきり三番手に来るかと思ったらソードよりも後発になったロゼッタ。

まぁそれも1か月の差なので発売ペースの遅いプリキュアーツにおいてはほぼ同時みたいなものですね。

最新作なだけあって今回も高い水準で仕上がっております。

特に表情は試作品よりもより劇中のイメージに近づいているように感じます。

惜しいのはやはり代名詞でもあるロゼッタウォールのエウェクトが付属しない点。

パッケージのベロに『切り取って使ってね!』的な感じで印刷されてるだけでも

良かったのですが、一切のフォローなしだったのが残念です。


さて、今後のプリキュアーツは12月に幻のプリキュアことキュアエコー

3月にスイートプリキュアよりキュアビートが発売予定となっています。

いい感じのペースで進んでいるので、エース・ミューズも順調にアナウンスされることに期待です。

2015-09-02

S.H.フィギュアーツ キュアソード レビュー

f:id:UNOYO:20150902144307j:image

『ドキドキ!プリキュア』より、勇気の刃キュアソードのフィギュアーツが

魂ウェブ限定アイテムとして登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20150831221724j:image f:id:UNOYO:20150831221725j:image

f:id:UNOYO:20150831221726j:image f:id:UNOYO:20150831221727j:image

いつも通り、ウェブ限定アイテムながら

気合の入ったデザインのパッケージになっています。





f:id:UNOYO:20150831222416j:image

中身。

各種交換パーツが付属します。





キュアソード

f:id:UNOYO:20150902175545j:image f:id:UNOYO:20150831222420j:image

f:id:UNOYO:20150831222417j:image f:id:UNOYO:20150831222419j:image

アイドルまこぴーこと剣崎真琴が変身するプリキュア

トランプ王国の生き残りで最後のプリキュアというシリアスな設定を持ちながら

作品内では進行に合わせてに加速的にポンコツ化・いじられキャラ化が進みました。





f:id:UNOYO:20150831221728j:image f:id:UNOYO:20150831221729j:image

f:id:UNOYO:20150831221730j:image f:id:UNOYO:20150831221731j:image

アシンメトリーが特徴的なドキドキプリキュアの衣装ですが

それが最も強く反映されているのがソード。

髪型もスゴイ。ちなみにテールの根本と襟足が可動します。





f:id:UNOYO:20150831221733j:image f:id:UNOYO:20150831221732j:image

f:id:UNOYO:20150831221734j:image f:id:UNOYO:20150831221735j:image

表情は4種類付属。

どれも非常に良い出来ですが、口開け笑顔や口開けウインクも欲しかった。

(大体EDのすりこみ)





f:id:UNOYO:20150831221314j:image

f:id:UNOYO:20150831221315j:image

口上シーン再現用のスペートの形をつくった手首が付属。

『このキュアソードが愛の剣であなたの野望を断ち切ってみせる!』





f:id:UNOYO:20150831221313j:image

f:id:UNOYO:20150831221312j:image

また、必殺技『ホーリーソード』再現用に

指先が紫に塗装されている手刀パーツも付属します。





f:id:UNOYO:20150831222422j:image

f:id:UNOYO:20150831221319j:image

f:id:UNOYO:20150831221318j:image

スーパクルソード用のラブハートアローが付属。

ラブリーフォースアロー用のものよりも

弓部分が小さく造形されています。





f:id:UNOYO:20150831221320j:image

今回初めて長さの違う矢パーツが付属します。

ラブリーフォースアロー用のアローにも装着可能。





f:id:UNOYO:20150831222421j:image

f:id:UNOYO:20150831221317j:image

そしてこちらがラブリーフォースアロー用のアロー。

この矢の長さだとポージングが結構大変で

実際先ほどの長さのパーツに交換してしまったほうが使いやすいです。





f:id:UNOYO:20150831221321j:image

f:id:UNOYO:20150831221322j:image

マジカルラブリーパッドは今回も付属。

ふと思ったんですが、ハープはどうするんだろう?





f:id:UNOYO:20150831221316j:image

アイドル活動の秘書からスパイ活動までなんでもこなす

有能妖精ダビィも付属。首が可動します。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20150902144258j:image

f:id:UNOYO:20150902144257j:image

f:id:UNOYO:20150902144300j:image

f:id:UNOYO:20150902144259j:image

f:id:UNOYO:20150902144301j:image

f:id:UNOYO:20150902144302j:image

f:id:UNOYO:20150902144303j:image

f:id:UNOYO:20150902144304j:image

f:id:UNOYO:20150902144305j:image

f:id:UNOYO:20150902144306j:image

f:id:UNOYO:20150902144307j:image

f:id:UNOYO:20150902144308j:image

剣閃エフェクトは石田三成から拝借。

ソードという名前の割に武器としての剣を振るうわけではないのでイマイチ迫力不足…





f:id:UNOYO:20150902144315j:image

挟まれることに定評のあるまこぴー。





f:id:UNOYO:20150902144316j:image

ドリぴー。歯医者は天敵。





f:id:UNOYO:20150902144309j:image

f:id:UNOYO:20150902144310j:image

ハート・ダイヤモンドといっしょに。

順当に出来が良くなっていってる気がします。





f:id:UNOYO:20150902144313j:image

f:id:UNOYO:20150902144314j:image

笑顔で会えるよ!

もうすぐ届くロゼッタが待ち遠しいです。





f:id:UNOYO:20150902144317j:image

ブレイドと並べて剣崎兄妹。

スペードスートで剣崎という名字は狙いすぎでは…





f:id:UNOYO:20150902144312j:image

最後は名乗りシーンの見返りで〆。


以上、フィギュアーツキュアソードでした!


その立ち位置や加入の経歴からドキドキプリキュアのメンバーとしては

何かと4番目が割り当てられることが多いソードですが

フィギュアーツでは3番目にラインナップ。

まぁ翌月には早々にロゼッタも発送となっているので

ダイヤモンドから10ヵ月、ハートから数えたら1年と3か月空いた

間のことを考えたら些細な差ですね。


商品としては着々と進化を続けるプリキュアーツの最新作らしく

非常に可愛く、安定感のある仕上がりです。

スーツのデザイン上、ポージングがしやすいのも○。


ただ、個人的にはEDでいつも着用しておりソードのアイテムとして

非常に印象に残っているラブリーインカムが付属しないのが残念でした。

ホーリーソード用手首とかつけてくれるこだわりはうれしいんですが…

ロゼッタもロゼッタウォールが付属しませんし、アンケートで商品化希望多かったレジーナに

ボーナスパーツセットとかつけて出してくれたりすると手のひら返すのでどうか!!