Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 fig-memo フィギュアメモランダムさんと相互リンクしました!

2012-12-04

リボルテック 囚われの竜戦士 ブランウェン レビュー

f:id:UNOYO:20121203054904j:image

書籍「ヴァンキッシュド・クイーンズ2』付属の限定リボルテック

クイーンズブレイドリベリオンより、ブランウェンを紹介!


囚われの竜戦士 ブランウェン

f:id:UNOYO:20121203054857j:image

f:id:UNOYO:20121203054858j:image

騎乗竜の命を盾に取られ奴隷商人ドグラに

闘技場で奴隷剣闘士として戦わされている竜戦士。

全身の枷と浅黒い肌がポイント。





f:id:UNOYO:20121203054305j:image

f:id:UNOYO:20121203054306j:image

f:id:UNOYO:20121203054307j:image

奴隷剣闘士という職業通り首にはひも付きの首輪を付けられ

足には鉄球が架せられています。

さらには衣服も魔法の拘束具という設定。





f:id:UNOYO:20121203054859j:image f:id:UNOYO:20121203054900j:image

首輪と鉄球は取り外しが可能。

小顔でプロポーションはかなり良いです。





f:id:UNOYO:20121203054528j:image f:id:UNOYO:20121203054529j:image

左目が隠れる特徴ある髪型。実は左右で瞳の色が違うオッドアイになっています。

顔はサンプルに比べると多少の劣化はありますがリボQBの中では出来の良い部類かと。





f:id:UNOYO:20121203054533j:image f:id:UNOYO:20121203054530j:image

f:id:UNOYO:20121203054531j:image f:id:UNOYO:20121203054532j:image

やや下から覗き込んでやることで隠れた左目を確認することが可能。(左上)

交換用フェイスは3種類付属。『敗北』がテーマのヴァンキッシュドクイーンズ2に付属の

フィギュアらしくMモードで使用できる表情が多くなっています。





f:id:UNOYO:20121203054308j:image

後ろ髪部分には極小球体ジョイントが3か所に仕込まれグリグリ動かせます。





f:id:UNOYO:20121203054313j:image

f:id:UNOYO:20121203054314j:image

衣装はすべて軟質素材でいい感じのフィット感。

胸部分はブラの下で分割されています。





f:id:UNOYO:20121203054315j:image

お尻〜太腿にかけてはドグラにつけられたと思われる

焼印がマーキングで再現されています。





f:id:UNOYO:20121203054310j:image

両腕には壊れそうな剣と盾を装備可能。





f:id:UNOYO:20121203054312j:image

f:id:UNOYO:20121203054311j:image

どちらも塗装、質感ともに良好で本当に

今にも壊れそうな感じに仕上がっています。





f:id:UNOYO:20121203054309j:image

壊れそうな盾は一度腕に通してからグリップを拳に差し込む仕様なのですが

このグリップのピンが物凄く細いので持たせるときは注意。

私は破損が怖かったのでグリップごと取り外してしまいました。





f:id:UNOYO:20121203054534j:image f:id:UNOYO:20121203054535j:image

衣装部分を取り外してMモードへ。

Mモード用パーツはワンピースの拘束衣装のみです。





f:id:UNOYO:20121203054318j:image f:id:UNOYO:20121203054319j:image

衣装がやぶけ、より露出度がアップ!





f:id:UNOYO:20121203054316j:image

ちなみに衣服をキャストオフする際には股間部分にあるロックを外します。

つくりこみ過ぎィ!





f:id:UNOYO:20121203054906j:image

全ての装飾品を取り外すとここまで脱がせることができます。





f:id:UNOYO:20121203054317j:image

鍛え抜かれた竜戦士らしい腹筋、背筋などの再現度も見どころです。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20121203054904j:image

f:id:UNOYO:20121203054901j:image

f:id:UNOYO:20121203054902j:image

f:id:UNOYO:20121203054903j:image

f:id:UNOYO:20121203054907j:image

f:id:UNOYO:20121203054908j:image

f:id:UNOYO:20121203054909j:image

f:id:UNOYO:20121203054910j:image

f:id:UNOYO:20121203054911j:image

f:id:UNOYO:20121203054912j:image

奴隷剣闘士っぽいポーズというのはなかなか難しい…





f:id:UNOYO:20121203054913j:image

f:id:UNOYO:20121203054320j:image

ちなみに首輪、鉄球はサイズさえ合えば他のフィギュアにも流用可能です。





f:id:UNOYO:20121203054914j:image

いろんなキャラを主、奴隷にして遊ぼう!


以上、囚われの竜騎士ブランウェンでした!


久々のリボルテッククイーンズブレイド新作!

今回はアンネロッテ以来の書籍付録タイプになっています。

『敗北』がテーマのヴァンキッシュドクイーンズに

囚われの竜騎士という存在はピッタリでなかなかの良チョイスだなと。


出来に関して、造形や仕上がりはいつもの

クイーンズブレイドクオリティですが奴隷剣士という変わった職業や

首輪や鉄球などの奴隷アイテムのおかげでこれまでのキャラとは

少し違った遊び方ができて面白かったです。


しかしクイーンズブレイド自体はアニメも書籍もまだまだ続くようなので

リボルテックでももう少し頑張って展開してほしいですね。

特にリベリオンはまだまだ売れそうなキャラがたくさんいるので。

2012-04-29

リボルテック クイーンズゲイト アリス ブースト版 レビュー

f:id:UNOYO:20120428234316j:image

クイーンズゲイト』より門を開くものアリス

大人に成長した姿『ブースト版』がリボルテックに登場!


アリスブースト版

f:id:UNOYO:20120428234313j:image f:id:UNOYO:20120428234314j:image

クイーンズゲイトの主人公であるアリス

大人に成長した姿。

原作カラーとデザイナーズカラーの2タイプが同時発売され

こちらは原作カラーとなっています。





f:id:UNOYO:20120428234315j:image

子供の時の衣装のまま大人に変化したという設定なので

あちこちパツンパツンのムチムチになっています。

もちろん完全新規造形。





f:id:UNOYO:20120428234453j:image f:id:UNOYO:20120428234454j:image

表情は2タイプ付属。

アイペイントはシャドウまでしっかり再現しており

リボQBのなかではかなり良い部類かと。





f:id:UNOYO:20120428234147j:image

f:id:UNOYO:20120428234146j:image

後ろ髪は2か所にジョイントが仕込んであり

動きを付けることができます。





f:id:UNOYO:20120428234149j:image

f:id:UNOYO:20120428234148j:image

胸は軟質素材でできており、

衣服がガッツリ食い込んでいます。

質感は凄いのですが塗料移りがかなり懸念されるので

気になる人は対策が必要。





f:id:UNOYO:20120428234150j:image

f:id:UNOYO:20120428234151j:image

下はワンピースの丈が既にあっていないので

パンチラというかパンモロ状態になっています。





f:id:UNOYO:20120428234152j:image

武器はダガーつきの2丁拳銃。

デザインは子供の姿のときのものから変わりませんが

一応新規造形になっているようです。

ちなみにブースト版はホルスターがないです。





f:id:UNOYO:20120428234153j:image

f:id:UNOYO:20120428234154j:image

拳銃のほか、武器としてムチが付属。

形状違いのモノが3タイプが付属し選んで取り付けることができます。





f:id:UNOYO:20120428234305j:image f:id:UNOYO:20120428234306j:image

衣装を交換して負けモードに。





f:id:UNOYO:20120428234451j:image f:id:UNOYO:20120428234452j:image

負けモードの表情もよい出来です。





f:id:UNOYO:20120428234143j:image

f:id:UNOYO:20120428234141j:image

f:id:UNOYO:20120428234142j:image

負けモードではワンピースが破れ

下乳&下半身が大きく露出。





f:id:UNOYO:20120428234144j:image

f:id:UNOYO:20120428234145j:image

また、交換用パンツと流れ出た防護溶液が付属します。

やはりアリスと防護溶液は切っても切れない関係のようです。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20120428234316j:image

f:id:UNOYO:20120428234317j:image

f:id:UNOYO:20120428234318j:image

f:id:UNOYO:20120428234319j:image

f:id:UNOYO:20120428234320j:image

f:id:UNOYO:20120428234308j:image

f:id:UNOYO:20120428234309j:image

f:id:UNOYO:20120428234310j:image

f:id:UNOYO:20120428234311j:image

f:id:UNOYO:20120428234312j:image

脚の根元の隙間がちょっと気になるかな。

しかしながら基本的には動かしやすいです。





f:id:UNOYO:20120428234321j:image

通常の子供アリスとツーショット。

ブースト版もよいですがやっぱりアリスは子供のほうが…





f:id:UNOYO:20120428234322j:image

禁断の組み替え。

リボならこんなことも可能です。


以上、リボルテックアリスブースト版でした!


アンネロッテ、シギィと続き

いよいよリベリオンシリーズ本格始動と思いきや

ここでまさかのゲイトからの参戦。


しかも門を開く者アリスが単独で2度目の

製品化というのが驚き!

前作の子供アリスがよっぽど売れたのか、

あるいは他のゲイトキャラが版権絡みで単に出せないからなのか

真相は不明ですがアリスはお気に入りのキャラなので

個人的にはうれしい限り。


オプションは基本的に子供アリスから変更なく

ギミックやポージングも同じ感覚で遊べるのですが

やはり体型が大きく変わっているので

いろいろと新鮮ですね。


リボQBの中でも比較的良い出来といえるので

同じく良作の子供アリス

是非そろえて飾ってあげて欲しいアイテムです。

組み替えもアリ!

2012-04-03

リボルテック 異端審問官 シギィ レビュー

f:id:UNOYO:20120403181449j:image

クイーンズブレイドリベリオン』より、

リボルテック異端審問官シギィ(1Pカラー)を紹介!!


異端審問官シギイ

f:id:UNOYO:20120403181437j:image f:id:UNOYO:20120403181438j:image

中央教王庁所属の異端審問官であり、聖なるポーズの使い手。

自らが異端と判断したものは火あぶりなどで徹底的に処罰し

アンネロッテ率いる叛乱軍も異端として見ているとのこと。





f:id:UNOYO:20120403181439j:image

画像はS(攻め)モード。

修道女のようなコスチュームが特徴的。

リボQBシリーズでもかなり頭身高めのプロポーションになっています。





f:id:UNOYO:20120403181603j:image f:id:UNOYO:20120403181604j:image

顔もかなり小顔に作られています。

ちょっと輪郭がゴツい気がしますが遊んでいると気にならないです。





f:id:UNOYO:20120403181109j:image

頭巾は取り外しが可能です。





f:id:UNOYO:20120403181111j:image

後ろ髪には4か所にジョイントを配置し

多様な表情付けが可能です。





f:id:UNOYO:20120403181110j:image

衣服はすべて軟質素材で成型されています。





f:id:UNOYO:20120403181112j:image

f:id:UNOYO:20120403181113j:image

手持ち武器、『聖炎の槌鉾』と『神鎖剣』がオプションとして付属。

神鎖剣にはメッキ加工されたチェーンがついています。





f:id:UNOYO:20120403181118j:image

特徴的な袖はなびき方が異なる2種類が付属し交換可能です。





f:id:UNOYO:20120403181440j:image

表情、衣服を交換することでM(負け)モードに。





f:id:UNOYO:20120403181114j:image

f:id:UNOYO:20120403181116j:image

f:id:UNOYO:20120403181115j:image

衣服はビリビリにやぶれ、

ムチムチのプロポーションがさらに強調されます。





f:id:UNOYO:20120403181538j:image

f:id:UNOYO:20120403181539j:image

袖部分は3か所で別造形になっており、完全に脱がせることが可能。

その際に交換するための肌色のリボルバージョイントも付属します。





f:id:UNOYO:20120403181441j:image

限界まで脱がせるとここまでいけます。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20120403181448j:image

f:id:UNOYO:20120403181450j:image

f:id:UNOYO:20120403181449j:image

f:id:UNOYO:20120403181444j:image

f:id:UNOYO:20120403181445j:image

f:id:UNOYO:20120403181446j:image

f:id:UNOYO:20120403181447j:image

f:id:UNOYO:20120403181442j:image

f:id:UNOYO:20120403181443j:image

チェーンがなかなか遊び甲斐あります。





f:id:UNOYO:20120403181451j:image

最後はアンネロッテと。

アニメではライバルになるんでしょうか?


以上、リボルテック クイーンズブレイドリベリオン、シギィでした!


ついに再始動したリボルテックシリーズ。

この春からはアニメクイーンズブレイドリベリオンも放映開始と

タイミングバッチリです。


修道服を模した独特のコスチュームですが袖部分は

3分割してまで完全に脱がせれるようにしてあり、

わざわざ交換用のジョイントも付属させるなど

相変わらず謎のこだわりが随所に見られます。


関節も考えられておりなかなかよく動きますし、

あとは造形面をもうひと頑張りしてくれると

さらになる両アイテムになるかと。


次回作はアリスブーストver.

リベリオンがせっかくアニメ放映させるのに

ゲイトからのからの人選というのがまた謎ですが

今後もコンスタントにリリースしていってくれればと思います。

2011-11-08

リボルテック クイーンズブレイド ユーミル 2Pカラー レビュー

f:id:UNOYO:20111108201057j:image

リボルテッククイーンズブレイド最新作!

鋼鉄姫ユーミルの2Pカラーver.を紹介!


鋼鉄姫ユーミル 2Pカラー

f:id:UNOYO:20111108201042j:image f:id:UNOYO:20111108201043j:image

武器を精製するドワーフ族の姫、ユーミル。

今回の商品は2011年に発売された通常ver.のリペイント版になります。





f:id:UNOYO:20111108201044j:image

コスチュームのカラーリングのメインカラーがピンク色から黒へ。

ゴシックロリータな雰囲気が強くなっていますね。

色以外の変更点は特になし。パッケージも共通です。





f:id:UNOYO:20111108201313j:image f:id:UNOYO:20111108201312j:image

f:id:UNOYO:20111108201314j:image f:id:UNOYO:20111108201315j:image

表情はSモード用が2つとMモード用が2つの形4つが付属。

瞳の色も青から赤に変わっています。





f:id:UNOYO:20111108200906j:image

f:id:UNOYO:20111108200907j:image

頭のまきまきロールは5つすべてが独立可動。

ポージングにあわせて位置を変更することが可能です。





f:id:UNOYO:20111108200908j:image

f:id:UNOYO:20111108200909j:image

黒鉄色になり、重厚感の増したガントレット。

五指がすべて可動します。

手のひらには武器固定用のジョイントが。





f:id:UNOYO:20111108201045j:image

身の丈以上の大型戦斧が付属。

こちらもカラーリングが赤から黒に変更。





f:id:UNOYO:20111108201046j:image

柄の部分の細いピンを手のひらのジョイントに差して固定。

腕周りのリボルバージョイントの保持力はしっかりしているので

ガッチリ構えてポージングできます。





f:id:UNOYO:20111108201047j:image

軟質素材の衣服パーツを交換し、Mモードへ。





f:id:UNOYO:20111108200910j:image

f:id:UNOYO:20111108200911j:image

ビリビリに破けたスカートと、紐がほどけた紐パンが

本商品の最大のアピールポイントかと。

ちなみにいつものスタンドとリボコンテナも付属します。





f:id:UNOYO:20111108201052j:image

衣服類はここまでキャストオフさせることが可能。

ガントレットがそのままなのでちょっと違和感。






アクションポーズ

f:id:UNOYO:20111108201049j:image

f:id:UNOYO:20111108201056j:image

f:id:UNOYO:20111108201051j:image

f:id:UNOYO:20111108201057j:image

f:id:UNOYO:20111108201050j:image

f:id:UNOYO:20111108201054j:image

f:id:UNOYO:20111108201048j:image

f:id:UNOYO:20111108201053j:image

f:id:UNOYO:20111108201055j:image

う〜ん危ない危ない。

一応70歳以上という設定ですが…


以上、リボルテックユーミル2Pカラーでした!


半年ほど前に発売されたユーミルのリペイントカラー版。

限定のアンネロッテを除くと久々の新商品ということになります。


QBはこのままリボルテックからフェードアウトしてしまうのでは…

と危惧していたのでたとえただのリペイント商品でも

新商品が出てくれるのはうれしいものです。


リベリオンのTVアニメ化も決定したことですし

リボルテックでも是非是非展開していってほしいところ。

2011-09-14

特撮リボルテック オプティマスプライム レビュー

f:id:UNOYO:20110914234739j:image

実写版トランスフォーマーより、司令官オプティマスが

特撮リボルテック SERIES No.030 Transformers Optimus Primeとして発売!


オプティマスプライム

f:id:UNOYO:20110914234728j:image f:id:UNOYO:20110914234729j:image

実写映画トランスフォーマーシリーズに登場するオートボットの司令官。

設定ではトレーラートラックから変形しますが今回はリボルテックということで

変形ギミックはオミット。劇中に忠実なプロポーションになっています。





f:id:UNOYO:20110914234730j:image

全身のメタリックブルーとガンメタの塗装が非常に綺麗。

写真では鮮やかな青ですが実物はもう少し紫がかった濃いめの青です。





f:id:UNOYO:20110914234454j:image

f:id:UNOYO:20110914234455j:image

f:id:UNOYO:20110914234456j:image

ボディ各部にはリボルバージョイントが仕込んであり

見た目以上に良く動きます。

ただし材質が柔らかめなのとジョイントのクリックのあそびが大きいので

全体的にフニャフニャしていてしっかりと自立させるのがちょっと大変。





f:id:UNOYO:20110914234450j:image

f:id:UNOYO:20110914234451j:image

f:id:UNOYO:20110914234452j:image

f:id:UNOYO:20110914234453j:image

細部。

造形に定評のある特リボらしく

かなり細かく作りこんであります。





f:id:UNOYO:20110914234457j:image

f:id:UNOYO:20110914234458j:image

手首は平手と武器持ち手が付属。

本体へはリストジョイントで接続されています。





f:id:UNOYO:20110914234459j:image

f:id:UNOYO:20110914234500j:image

腕装甲は取り外し可能。

腕や肩周辺にはリボルバージョイント接続できる穴が

たくさん配置されています。





f:id:UNOYO:20110914234501j:image

f:id:UNOYO:20110914234502j:image

武器としてエナジーソードが付属。

手首と交換して直接腕に装着するほか、

側面の装甲の位置を変えて側面に装着する方法の

2通りのつけかたがあります。





f:id:UNOYO:20110914234731j:image

その他、リボルテックオリジナルの銃火器が

5種類付属。





f:id:UNOYO:20110914234732j:image

f:id:UNOYO:20110914234733j:image

普通に武器持ち手で装備させたり…





f:id:UNOYO:20110914234734j:image

ジョイントを使ってボディに固定したり…





f:id:UNOYO:20110914234735j:image

f:id:UNOYO:20110914234736j:image

武器同士を合体させて遊ぶこともできます。

楽しみ方無限大。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20110914234737j:image

f:id:UNOYO:20110914234738j:image

f:id:UNOYO:20110914234739j:image

f:id:UNOYO:20110914234742j:image

f:id:UNOYO:20110914234740j:image

f:id:UNOYO:20110914234741j:image

f:id:UNOYO:20110914234744j:image

f:id:UNOYO:20110914234743j:image

とにかくよく動く。

本家TFと組み合わせるならデラックスクラスのトイが良い感じです。


以上、特撮リボルテックオプティマスでした!


実写映画とはいえ、キャラクターとしてはぼほフルCGの司令官が

まさかの特撮リボルテックに。

いまさらですがこのこのシリーズ

別に特撮=キグルミ・模型という決まりはないのですね。


手のひらサイズのフィギュアということで

ある程度のディティールは簡略化されていますが

それでもこの密度の濃さと作りこみっぷりはすごいです。

塗装も非常に綺麗で流石は特撮リボルテックといったところ。


エナジーソードに加え、オリジナルの武器も付属し

さらに組み替えも可能ということで変形こそしないものの

プレイバリュー高めの商品に仕上がっています。


唯一残念なのが関節周りの精度がイマイチで

ポージングの際の安定感が皆無なところ。

せっかくよく動くのですがスタンドなしでは結局

素立ぐらいしかまともに自立してくれないという…


とはいえこのサイズでこれだけのクオリティ

司令官はこの先早々発売されないと思うので

TFファンならぜひ押さえてきたいアイテムだと思います。