Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 真紅のハルヒさんと相互リンクしました!

2016-09-18

S.H.フィギュアーツ ゴルドドライブ レビュー

f:id:UNOYO:20160919000249j:image

『もうお父さんとは呼ばないのか?』

仮面ライダードライブより、極悪非道な金のドライブがフィギュアーツに登場!



パッケージ

f:id:UNOYO:20160919000026j:image f:id:UNOYO:20160919000027j:image

今回紹介するゴルドドライブ、まさかの一般販売アイテムです。

なのでちゃんとウインドウがあるタイプのパッケージになっています。





f:id:UNOYO:20160919000449j:image

中身。

交換用手首の他には小さなディスプレイ交換パーツのみが付属。

シンプルな構成です。





ゴルドドライブ

f:id:UNOYO:20160919000222j:image f:id:UNOYO:20160919000223j:image

f:id:UNOYO:20160919000224j:image f:id:UNOYO:20160919000225j:image

科学者蛮野天十郎が自分の意識をコピーした『バンノドライバー』の力で

ロイミュードのボディを乗っ取り変身した姿。

その姿は金色の仮面ライダードライブほぼそのもの。

商品もドライブのリデコアイテムとなっています。





f:id:UNOYO:20160919000028j:image f:id:UNOYO:20160919000029j:image

f:id:UNOYO:20160919000030j:image f:id:UNOYO:20160919000031j:image

全身のゴールド塗装が美しい。

劇中スーツだともう少しメタリックイエローよりかなという印象でしたが

フィギュアでは上品な感じの金に仕上がっています。





f:id:UNOYO:20160919000033j:image f:id:UNOYO:20160919000032j:image

顔。

通常デザインはドライブから変わらないのですが

赤い目とガンメタのマスクのせいで印象がガラっとかわっています。





f:id:UNOYO:20160919000450j:image

胸にはタイヤではなくアーマーが取り付けられています。





f:id:UNOYO:20160919000451j:image

f:id:UNOYO:20160919000452j:image

腰のバンノドライバーはパーツの交換で

ディスプレイの顔の発光状態を再現できます。





f:id:UNOYO:20160919000453j:image

f:id:UNOYO:20160919000454j:image

交換過程でドライバーを外すことが出来るので…





f:id:UNOYO:20160919000455j:image

こういう遊びも可n…待て!待つんだ!剛!!





f:id:UNOYO:20160919000457j:image

シフトブレスには設定どおり特にシフトカーなどは装填されていません。





f:id:UNOYO:20160919000458j:image

交換用手首は平手のほか武器もち手が2種付属するので





f:id:UNOYO:20160919000226j:image

f:id:UNOYO:20160919000227j:image

武器もちの他のライダーから武器を奪いとる

劇中シーンを再現することが出来ます。





f:id:UNOYO:20160919000459j:image

ちなみに腕のシフトブレスにはシグナルバイクは装填できないから注意だぞ、剛。





f:id:UNOYO:20160919000236j:image

f:id:UNOYO:20160919000237j:image

ドライブと並べて。

ほぼ色替えですがガラッとイメージが変わるうえ

声優さんとスーツアクターさんの演技力によって

もはやドライブとは全く別物の存在に仕上がりましたね。





f:id:UNOYO:20160919000234j:image

f:id:UNOYO:20160919000235j:image

『もうお父さんとは呼んでくれないのか?』

皮肉たっぷりな挑発シーン。





f:id:UNOYO:20160919000228j:image

ハート…





f:id:UNOYO:20160919000229j:image

心配するな…





f:id:UNOYO:20160919000230j:image

『ただメディックが死ぬだけだ』





f:id:UNOYO:20160919000231j:image

ヒャーーハハハ!

この突き抜けた悪人ぶり、このシーンで逆にファンになった方も多いのでは。





f:id:UNOYO:20160919000238j:image

f:id:UNOYO:20160919000239j:image

f:id:UNOYO:20160919000240j:image

f:id:UNOYO:20160919000241j:image

蛮野関連のエピソードはクライマックスも燃える展開でした。

マッハチェイサーお金なくてスルーしちゃったのを本気で後悔。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160919000245j:image

f:id:UNOYO:20160919000246j:image

f:id:UNOYO:20160919000247j:image

f:id:UNOYO:20160919000244j:image

f:id:UNOYO:20160919000242j:image

f:id:UNOYO:20160919000243j:image

f:id:UNOYO:20160919000249j:image

完全にヒールなポーズが似合う、まさに悪のライダー

厳密には仮面ライダーの名が冠されていない、ただの悪役なんですが。





f:id:UNOYO:20160919000500j:image

f:id:UNOYO:20160919000251j:image

f:id:UNOYO:20160919000253j:image

f:id:UNOYO:20160919000252j:image

オマケ。

胸のアーマーは簡単に取り外すことが出来、ドライブ用のタイヤで

タイヤコウカン遊びが普通に出来ます。





f:id:UNOYO:20160919000456j:image

最後は逝っていい…てさ。

落ち着け!止めろ!剛!あ!ああ!あああぁぁ!


以上、フィギュアーツゴルドドライブでした。


仮面ライダードライブ最終章に登場する

正真正銘極悪非道、同情の余地一切ナシ、清々しいほどの名悪役

ゴルドドライブがまさかの一般販売アイテムで登場。


主役級の仮面ライダーチェイサーやタイプフォーミュラなどがウェブ限定なのに

なんで悪役のゴルドドライブが一般なのよ!?

と思ったファンも多いと思いますが

すみません、自分もアンケートの欲しいアイテムにゴルドドライブ書きました…


とにかく劇中での言動や立ち振る舞い含めた活躍が印象的で

美学もへったくれもない突き抜けた『悪役』という点が非常に気に入ったキャラ。

どんな悪事もこのフィギュアなら似合うこと間違いなし。

そのうえでやられ役に使っても誰も文句も言わないと思います。蛮野だし。

いろんな意味でオススメです!

2016-04-21

DXブレイクガンナー ドライブサーガver. & ライノスーパーバイラルコア レビュー

f:id:UNOYO:20160421175156j:image

Vシネマ『ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー ブレイクガンナースペシャル版』

に付属のDXブレイクガンナー ドライブサーガver. & ライノスーパーバイラルコアを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160421180122j:image f:id:UNOYO:20160421180123j:image

f:id:UNOYO:20160421180124j:image f:id:UNOYO:20160421180125j:image

今回紹介するのはVシネマ『仮面ライダーチェイサー』の限定版に付属する

DXブレイクガンナー&ライノスーパーバイラルコア。

パッケージは完全新規で作り起こされ、ブルーレイディスクに外付けされる形で梱包されています。





ブレイクガンナー ドライブサーガver.

f:id:UNOYO:20160421175134j:image

f:id:UNOYO:20160421175135j:image

f:id:UNOYO:20160421175136j:image

f:id:UNOYO:20160421175137j:image f:id:UNOYO:20160421175138j:image

一部金型を変更し、新ギミックと新音声が追加されたブレイクガンナー。

パッと見は放送当時に発売された通常のブレイクガンナーと大きな違いはありません。





f:id:UNOYO:20160421175151j:image

f:id:UNOYO:20160421175152j:image

f:id:UNOYO:20160421175153j:image

通常ブレイクガンナーと並べて。

よーく見ると、銃口の上の部分のデザインがくぼんだ形に形状変更されています。

これは後述のライノスーパーバイラルコアの干渉を防ぐため。





f:id:UNOYO:20160421175809j:image

f:id:UNOYO:20160421175810j:image

ほかには追加されたボタンなどもなく

銃口(変身トリガー)、トリガーの組わせでギミックを発動させていきます。





f:id:UNOYO:20160421175811j:image

認識機構も変更なし。

基本的に通常のブレイクガンナーのギミックはすべて生きているので

こちらの過去のレビューをご参考ください。

DXブレイクガンナーレビュー





f:id:UNOYO:20160421175812j:image

変更点はこちらの電源スイッチを入れた際に

通常では『ブレイク・ユア・ボディ』だったボイスが

ワナビー・ア・ヒューマン』と続くようになっています。


また、銃口の単押しで『ブレイク』『ガン』のモード切り替えが可能でしたが

今回はそれに加えて『ボイスモード』への切り替えが可能になりました。

長押しからの変身後は『ブレイク』『ガン』のみになります。





こちらが基本操作動画です。





収録されているボイスは全41種類。

長いですが動画で撮影してみました。

『人間を守るのが仮面ライダーの使命ではないのか?』

などの名セリフから

『耳の裏を見せろ』や『胸がキュン』

などの迷セリフもバッチリ収録です。

一応一覧を書き出しましたが一部ネタバレなので未見で視聴を楽しみにされている方は読み飛ばしてください。

↓↓


1 …もう一度やり直せ

2 俺は魔進チェイサーロイミュードの番人。同時に…死神だ!

3 本は静かに読むのが人間のルールではないのか?

4 砕け散れ!仮面ライダードライブロイミュードの未来のために!

5 わからん!俺が聞きたいくらいだ!

6 人間を救うのは…俺の本能なのかもしれない。霧子。

7 俺は…もう一度やり直す!

8 逮捕しろ、それが人間のルールだろう?

9 俺が仮面ライダー…今更そんなことが許されるのか。

10 人間を守るのが仮面ライダーの使命ではないのか?

11 つい…乱れ…ちゃう…

12 誰も聞かなかったからだ!

13 耳の裏を見せろ 耳の… 裏を… 見せろ…!

14 ダチ…?

15 心配なら無用だ。免許はもう取った。

16 悪いが俺は元から仮面ライダーだ。

17 お前は…俺が…守る。

18 に…人形…! 人形…に、人形…

19 わかった。ならば笑って見せよう。

20 俺は壊れてなどいない!本気だ!

21 人間に限りなく近い感情が欲しい。

22 俺は今、人間の心が欲しいんだ!

23 やぁみんな今日はいい皆既日食だったね。

24 おいおい大丈夫かい。剛。ふっはっは。

25 どこか変かな?俺。

26 俺はね人間になれたんだよ。

27 サンキュー。今度借りは返すね。

28 今ならわかる。あれでは俺はただの変な奴だ。猛烈に恥ずかしい!

29 お前は俺に束の間の夢をくれた。でももういらない。

30 変身…!

31 俺は生きとし生けるものすべての自由のために戦う戦士!仮面ライダーチェイサーだ!

32 俺は人間ではない。

33 そう。俺が人間を好きになる必要は無いのだ。俺が人間を好きでさえいれば…。

34 胸が…キュン…

35 俺は…霧子を愛しているようだ…。

36 ダチとは…心を通わせた友と解釈している。お前とはそうなれないのか、剛。

37 これが失恋…というものか。

38 人間が未来へと紡いでいく、その絆こそが…愛だ。

39 なん…だと…!

40 これでいいんだ…剛…。霧子が愛する者たちを守れるなら。本望だ。

41 人間が俺にくれた宝物だ。俺とお前はダチではないが…持っていてくれ。

  燃えてしまうと…もったいない。


スーパーライノバイラルコア

f:id:UNOYO:20160421175140j:image

f:id:UNOYO:20160421175141j:image

f:id:UNOYO:20160421175142j:image

こちらが付属の新規造形バイラルコア。

金色のボディと短剣がついたデザインが特徴的です。





f:id:UNOYO:20160421175143j:image

通常のバイラルコアと並べると倍ぐらい全長に差があります。





f:id:UNOYO:20160421175155j:image

”刃がついた金色のバイラルコア”

という特徴はルパンブレードバイラルコアとかぶりますね。

並べるとこんな感じです。





f:id:UNOYO:20160421175813j:image

f:id:UNOYO:20160421175814j:image

本体アップで。

なかなか格好いい造形をしていると思います。





f:id:UNOYO:20160421175815j:image

f:id:UNOYO:20160421175816j:image

f:id:UNOYO:20160421175817j:image

こちらをブレイクガンナーに装填することで武器遊びが可能。

『チューン!ライノ!』の認識音声の後、モード切替が

『ガン』⇒『ブレード』となり、トリガー操作で専用音声が再生できます。





f:id:UNOYO:20160421175144j:image

f:id:UNOYO:20160421175145j:image

f:id:UNOYO:20160421175146j:image

装着した図。

さらにライノスーパーバイラルコアを装填した状態で

変身トリガーを長押しで『スーパーブレイクアップ』という音声による

超魔進チェイサーへの変身サウンドが再生。

もう一度変身トリガー長押しで『スーパーエグゼキューション』遊びが可能です。





こちらが動画。

スーパーブレイクアップのBGMが滅茶苦茶カッコイイ!





f:id:UNOYO:20160421175154j:image

ルパンガンナーと並べて。

どちらもガンナーから短剣が伸びた形になりますね。

商品化ですがブレードガンナーというのものありますし

ブレイクガンナーは短剣と相性が良いのか…





f:id:UNOYO:20160421175149j:image

あとは地味追加されたうれしい機能として

『トリプルチューン』遊びが可能になりました。





f:id:UNOYO:20160421175150j:image

別売りのチェイサーバット、チェイサーコブラチェイサースパイダー

の3種のうちどれか1つを装填した状態で変身トリガーを短押しすると

チェイサーのボイスで『トリプルチューン!』というサウンドが再生され

トリガーを引くことで必殺技音を発動が可能になります。

長押しすれば普通にエグゼキューション遊びもできるので

これはうまい処理ですね!





こちらが動画。

ついでにシフトカーの認識機能もバッチリ残ってますよ〜ということで

マックスフレアを使ってみました。





f:id:UNOYO:20160421175157j:image

最後はディスクのパッケージといっしょに。

このジャケットも非常にクールでカッコいいです。


以上、DXブレイクガンナー ドライブサーガver.& ライノスーパーバイラルコア レビューでした!


遂に始動したドライブのVシネマシリーズ第1弾はなんとチェイスが単独主役!

本編はまるっと85分かけて1つのエピソードを描くので、かなり満足感ありオススメ。

そして限定版に付属するブレイクガンナーは通常版のギミックはすべて残したうえで

スーパーライノバイラルコア対応、ボイス41種類追加、トリプルチューン追加と

完全にアップデート仕様になっています。

もともと遊びやすいうえにシフトカーやバイラルコアの認識が出来る優等生玩具だったのが

さらに恐ろしい子に成長した印象。

通常のブレイクガンナーを持っている人でもおそらくバッチリ満足できるかと。


ドライブサーガ2弾はマッハ&ハートに決定し

こちらには新規のシフトカーが2台付属とのこと。

今回のブレイクガンナーのクオリティの高さの後だと、期待が高まります!

2016-03-17

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー超デッドヒートドライブ レビュー

f:id:UNOYO:20160317192455j:image

『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』より

仮面ライダー超デッドヒートドライブが魂ウェブ限定で登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160317192930j:image f:id:UNOYO:20160317192931j:image

今回もウェブ限定なので窓なしパッケージです。





f:id:UNOYO:20160317192133j:image

中身。

付属品は交換用手首のみです。





仮面ライダー超デッドヒートドライブ

f:id:UNOYO:20160317192446j:image f:id:UNOYO:20160317192447j:image

f:id:UNOYO:20160317192448j:image f:id:UNOYO:20160317192449j:image

劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー に登場する

仮面ライダードライブの別形態。

マッハドライバー炎とトライドロンキーを使用して変身します。

外見は魔進チェイサーに酷似しており、フィギュアも本体はチェイサーの流用となっています。





f:id:UNOYO:20160317192932j:image f:id:UNOYO:20160317192933j:image

f:id:UNOYO:20160317192934j:image f:id:UNOYO:20160317192935j:image

光沢のある赤部分と、艶消しの黒部分の対比が格好いいです。





f:id:UNOYO:20160317192936j:image f:id:UNOYO:20160317192937j:image

マスクは新規造形。

魔進チェイサーのように片側がジャンクパーツの寄せ集めのようなデザインになっています。





f:id:UNOYO:20160317192135j:image

f:id:UNOYO:20160317192134j:image

腰のマッハドライバー炎は可動式です。





f:id:UNOYO:20160317192136j:image

交換用手首が3種類ずつ付属。

オプションは付属しませんが、一応武器もち手も付きます。





f:id:UNOYO:20160317192450j:image

f:id:UNOYO:20160317192451j:image

f:id:UNOYO:20160317192452j:image

f:id:UNOYO:20160317192453j:image

f:id:UNOYO:20160317192454j:image

f:id:UNOYO:20160317192455j:image

f:id:UNOYO:20160317192507j:image

アクションポーズ。

トラックを受け止めながらの変身が特に印象的でした。





f:id:UNOYO:20160317192456j:image

f:id:UNOYO:20160317192457j:image

f:id:UNOYO:20160317192458j:image

元になった魔進チェイサーとならべて。

首の後ろのパイプの曲がり具合もちょっと変わってますが、個体差かも。





f:id:UNOYO:20160317192459j:image

f:id:UNOYO:20160317192500j:image

f:id:UNOYO:20160317192501j:image

仮面ライダードライブタイプスピードと並べて。

シュッとしたタイプスピードと並べると

超デッドヒートのゴツゴツ感が際立ちます。





f:id:UNOYO:20160317192502j:image

f:id:UNOYO:20160317192503j:image

ドライブとチェイサー、2人の力が合わさって誕生…!

というストーリーではありませんでした。





f:id:UNOYO:20160317192504j:image

f:id:UNOYO:20160317192505j:image

ドライブタイプデッドヒートと超デッドヒートドライブ。

マッハ似のドライブとチェイサー似のドライブというややこしい対比ですが

さらに仮面ライダーデッドヒートドライブなんてのも存在するんですよね。





f:id:UNOYO:20160317192506j:image

最後はドライブ、マッハ、チェイサー、各デッドヒートで並べて。

ドライブはツギハギ感や使い回し感があるスーツが多かった印象です。

使い方がうまかったのでそこまで気にならなかったですけど。


以上、仮面ライダー超デッドヒートドライブでした!


チェイサーの外見のドライブというシブいシルエットに

劇中でのワイルドな活躍で映画限定ながらなかなか人気があると思われるフォームです。

フィギュアもほとんどチェイサーの使い回しでOKなので、あっさりとフィギュアーツ化しましたね。

クオリティもとっても高く、満足です。

しかし同映画で活躍したダークドライブやタイプスペシャルは音沙汰ありませんね。

それを言ったらまずタイプトライドロンを出すべき…となるかもしれませんが。

ドライブのアーツは今のところとても出来が良いのが続いているので

スローペースでも続いてほしいところです。

2016-01-20

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーチェイサー レビュー

f:id:UNOYO:20160120154102j:image

仮面ライダードライブ』より正義に目覚めたチェイスが変身する

仮面ライダーチェイサーフィギュアーツを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160120153450j:image f:id:UNOYO:20160120153451j:image

今回のチェイサーウェブ限定アイテムなので

ウインドウなしのパッケージ。





f:id:UNOYO:20160120153238j:image

ブリスター状態ではツノが外された状態で梱包されていました。

確かにこの細さは破損が怖い。

棚から落ちたら多分即死ですね。





仮面ライダーチェイサー

f:id:UNOYO:20160120154037j:image f:id:UNOYO:20160120154038j:image

f:id:UNOYO:20160120154039j:image f:id:UNOYO:20160120154040j:image

洗脳されていたロイミュードチェイスが正義の心を取戻し変身した姿。

それまで変身していた魔進チェイサーのゴツゴツしたシルエットから一転

非常にシンプルでスマートなライダー姿になりました。





f:id:UNOYO:20160120153452j:image f:id:UNOYO:20160120153453j:image

f:id:UNOYO:20160120153454j:image f:id:UNOYO:20160120153455j:image

ボディのシルバー部分はパール風味と塗装。

ほんの少し青みがかかっていて、劇中スーツよりも少し落ち着いているイメージ。

ちなみに背中のタイヤパーツは回転しません。タイヤコウカンも不可。





f:id:UNOYO:20160120153456j:image f:id:UNOYO:20160120153458j:image

f:id:UNOYO:20160120153457j:image f:id:UNOYO:20160120153459j:image

マスクは完全にアシンメトリー。

魔進チェイサーのころの名残があります。





f:id:UNOYO:20160120153240j:image

f:id:UNOYO:20160120153241j:image

腰のマッハドライバーは可動式。

シグナルチェイサーが装填されています。





f:id:UNOYO:20160120153239j:image

左肩には魔進チェイサーだったころのドクロマークが残っています。





f:id:UNOYO:20160120153242j:image

交換用手首は平手と後述の武器もち手。





f:id:UNOYO:20160120154041j:image

f:id:UNOYO:20160120154042j:image

f:id:UNOYO:20160120154043j:image

シンプルなデザインなのでよく動きます。

関節は固めに調整されていますが、武器保持のためかな。





f:id:UNOYO:20160120154044j:image

こちらがその武器、シンゴウアックス。

見た目も名前もインパクト抜群。





f:id:UNOYO:20160120154046j:image

f:id:UNOYO:20160120154045j:image

f:id:UNOYO:20160120154047j:image

本体と対比してもかなりの大きさ。

塗装も手が込んでおります。





f:id:UNOYO:20160120153243j:image

"ライダー専用"の標識はクリアのカバーまで再現





f:id:UNOYO:20160120153244j:image

f:id:UNOYO:20160120153245j:image

f:id:UNOYO:20160120153246j:image

信号機部分は内部のプレートを入れ替えることで

赤信号『マッテローヨ!』

青信号『イッテイーヨ!』

状態を再現可能。

あとシグナルチェイサーも横側に装填できます。





f:id:UNOYO:20160120154048j:image

『ヒッサツ!!』





f:id:UNOYO:20160120154049j:image

『マッテローヨ!』

『なん…だと…』

再現可能です。

シンゴウアックスのぶっ飛んだギミックとチェイスの真面目天然ぶりが濃縮された

ドライブ屈指のメイシーン。





f:id:UNOYO:20160120154050j:image

f:id:UNOYO:20160120154051j:image

TKシリーズのチェイサーと並べて。

後発なだけあって、アーツはマスクの出来が各段に良くなりましたね。





f:id:UNOYO:20160120154053j:image

f:id:UNOYO:20160120154054j:image

魔進チェイサーと並べて。

魔進チェイサー仮面ライダーチェイサーの拘束具としての見方もできるデザインでしたが

終盤で普通にどちらにも選んで変身できることが判明しましたね。





f:id:UNOYO:20160120154105j:image

f:id:UNOYO:20160120154106j:image

魔進チェイサーに付属のブレイクガンナーを持たせることもできます。

ただし手首の指の幅が広がってしまうためシンゴウアックスが持たせづらくなるので注意。





f:id:UNOYO:20160120154052j:image

f:id:UNOYO:20160120154108j:image

f:id:UNOYO:20160120154109j:image

別売りのライドチェイサーにも搭乗可能。

ライダーになってもカラーリングが合っていてカッコイイです。





f:id:UNOYO:20160120154112j:image

f:id:UNOYO:20160120154111j:image

ライドブースター青『俺を忘れてもらっちゃ困るぜ!』

微妙な玩具でしたがチェイサーは番組でも映画でもしっかり販促していて

偉いなぁと思いながら見てました。





f:id:UNOYO:20160120154055j:image

f:id:UNOYO:20160120154056j:image

ドライブ・マッハと並べて仮面ライダートリオ。

ようやくここまで揃いましたね。





f:id:UNOYO:20160120154057j:image

斧使いが一人いるだけで頼もしさが違う。






f:id:UNOYO:20160120154058j:image

フォーミュラ・デッドヒートとの組み合わせて並べるのも個人的に好きです。

ただし仲間割れする。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160120154059j:image

f:id:UNOYO:20160120154100j:image

f:id:UNOYO:20160120154101j:image

f:id:UNOYO:20160120154102j:image

f:id:UNOYO:20160120154103j:image

f:id:UNOYO:20160120154104j:image

魔進チェイサーから一転、すっかり正統派なスタイル。


以上、仮面ライダーチェイサーでした!


ドライブ、マッハと並ぶ熱いドラマをもった3人目のライダー

ついにフィギュアーツに登場です。

今回は本体もさることながら信号の切り替わりギミックを再現したシンゴウアックスの

クオリティに特に注目ですね。

プレート1枚を交換式にしただけですが、こういったたったひと手間や、1パーツを惜しんで

フィギュアからカットされていったギミックやエフェクト・演出の数々を見てきたため

こういう地味な配慮だけでも十分うれしく感じてしまいます。


これでめでたく3人ライダーが揃い、あとはタイプトライドロンとゴルドドライブが

発売されれば個人的には満足ですがどちらもいまだにアナウンスがないのが心配ですね。

まだVシネマなどの展開も続きますし、気長に待ちますか。。。

2015-12-18

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーデッドヒートマッハ レビュー

f:id:UNOYO:20151218164329j:image

ライダー!デッドヒート!』

仮面ライダーマッハのパワーアップ形態のフィギュアーツが魂ウェブ限定アイテムで登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20151218164226j:image f:id:UNOYO:20151218164227j:image

ウェブ限定なのでウインドウなしのパッケージです。

f:id:UNOYO:20151218164128j:image

中身。

交換用手首、交換用タイヤ、武器が付属。




仮面ライダーデッドヒートマッハ

f:id:UNOYO:20151218164307j:image f:id:UNOYO:20151218164308j:image

f:id:UNOYO:20151218164309j:image f:id:UNOYO:20151218164310j:image

仮面ライダーマッハが『シフトデッドヒート』をドライバーに装填することで

変身したパワーアップ形態。

ドライブタイプ○○と名前が変わるドライブと異なり、マッハは○○マッハと名前が変わるのがややこしい!





f:id:UNOYO:20151218164229j:image f:id:UNOYO:20151218164228j:image

f:id:UNOYO:20151218164230j:image f:id:UNOYO:20151218164231j:image

ドライブとマッハのパワーを持つデッドヒートということで

ボディもドライブとマッハの両方の特徴を併せ持っています。





f:id:UNOYO:20151218164232j:image f:id:UNOYO:20151218164233j:image

マスクのバイザー部分にはクリアパーツを使用。

バイザーの上下可動はありません。





f:id:UNOYO:20151218164129j:image

f:id:UNOYO:20151218164130j:image

腰のマッハドライバー炎にはシフトデッドヒートが装填済み。

ドライバーには可動ギミックがあります。





f:id:UNOYO:20151218164131j:image

f:id:UNOYO:20151218164132j:image

武器としてゼンリンシューターが付属。

マッハに付属したものと同じでシグナルバイクが装填できるジョイントがあります。

今回のアイテムにシグナルバイクは付属しませんが代わりにシフトデッドヒートが装填できます。





f:id:UNOYO:20151218164318j:image

f:id:UNOYO:20151218164319j:image

バースト状態を再現できる

バーストタイヤも付属し、タイヤコウカンが可能。





f:id:UNOYO:20151218164134j:image

f:id:UNOYO:20151218164133j:image

新規造形で決めポーズ用の手首が左右分付属します。





f:id:UNOYO:20151218164311j:image

f:id:UNOYO:20151218164312j:image

マッハとならべて。

大部分のパーツが共通となっています。





f:id:UNOYO:20151218164315j:image

f:id:UNOYO:20151218164314j:image

ドライブタイプデッドヒートとならべて。

異なる部分はマスク、ブレスの有無、ドライバーぐらいなので

こちらはもう9割ぐらいのパーツが同じですね。





f:id:UNOYO:20151218164316j:image

f:id:UNOYO:20151218164317j:image

決めポーズ用の手首は通常マッハにも使えます。

『いい絵だったでしょ?』





f:id:UNOYO:20151218164321j:image

f:id:UNOYO:20151218164320j:image

また、タイヤコウカンギミックが生きているので

シフトスピードに付属のマックスフレアタイヤを

装着したりする遊び方も可能です。





f:id:UNOYO:20151218164330j:image

f:id:UNOYO:20151218164322j:image

f:id:UNOYO:20151218164323j:image

f:id:UNOYO:20151218164324j:image

f:id:UNOYO:20151218164325j:image

f:id:UNOYO:20151218164326j:image

f:id:UNOYO:20151218164327j:image

f:id:UNOYO:20151218164328j:image

f:id:UNOYO:20151218164329j:image

優秀なマッハ素体を使用しているのでよく動きますが

アゴのパーツがタイヤと干渉して左方向を向くことが出来ないのがちょっとストレス。





f:id:UNOYO:20151218164313j:image

f:id:UNOYO:20151218164331j:image

最後はドライブと。フォーミュラとならべると映えますね。

フォーミュラやが出てきてからの

やさぐれ化か?⇒立ち直り⇒悪堕ちか?⇒演技でしたの流れは騙されました。


以上、デッドヒートマッハでした!


頭と小物ぐらいしか違わない仮面ライダードライブタイプデッドヒートは

一般販売でしたが、デッドヒートマッハはウェブ限定。

劇中の活躍期間や活躍度合からも逆のほうが良かったのでは?と思わなくもない。

というかそもそもこれぐらいの違いコンパチにして下さいよという話ですね。


商品としてはマッハもタイプデッドヒートに準ずる使用なので

今回も良い出来です。

次月のチェイサーも楽しみ。