Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 かめらいど。さんと相互リンクしました!

2016-06-12

言獣覚醒 ワーディアン 第2章 ダークライジング レビュー

f:id:UNOYO:20160612191959j:image

文字から幻獣へ完全変形!

バンダイキャンディトイオリジナルシリーズ『ワーディアン』に2弾が登場!

ノーマル6種とカラーバリエーションを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160612191947j:image

今回のラインナップは

ワイバーン

ケルベロス

ゴーレム

ナーガ

イフリート

ティラノ

の6種類。

ノーマルカラーのほかナイトワーディアン、ダークワーディアンの合計3タイプのカラーが用意されており

実質全18種類。

1BOXが12個入りなのですべては揃いません。

私が購入したBOXではノーマル6種、ナイト3種、ダーク3種のアソートでした。





f:id:UNOYO:20160612192813j:image f:id:UNOYO:20160612192814j:image

f:id:UNOYO:20160612192816j:image f:id:UNOYO:20160612192815j:image

f:id:UNOYO:20160612192817j:image f:id:UNOYO:20160612192818j:image

それぞれのパッケージ。

今回もいい具合にこじらせた必殺技名が用意されています。





f:id:UNOYO:20160612191948j:image

f:id:UNOYO:20160612191949j:image

中身。組み立て済みですが、シールは自分で貼る必要があります。





f:id:UNOYO:20160612192819j:image f:id:UNOYO:20160612192820j:image

f:id:UNOYO:20160612192821j:image f:id:UNOYO:20160612192822j:image

f:id:UNOYO:20160612192823j:image f:id:UNOYO:20160612192824j:image

f:id:UNOYO:20160612192825j:image f:id:UNOYO:20160612192826j:image

f:id:UNOYO:20160612192827j:image f:id:UNOYO:20160612192828j:image

f:id:UNOYO:20160612192829j:image f:id:UNOYO:20160612192830j:image

それぞれの文字形態。

ナイトはラメ入りのクリア蛍光イエローでシールはホログラム仕様。

ダークは赤ラメ入りのクリアブラックでシールがプリズム仕様となっています。





ワイバーンワーディアン

f:id:UNOYO:20160612193111j:image

f:id:UNOYO:20160612193112j:image

f:id:UNOYO:20160612193113j:image

f:id:UNOYO:20160612193114j:image

f:id:UNOYO:20160612193115j:image

f:id:UNOYO:20160612193116j:image

『W』の文字からワイバーンへ変形。

スマートなシルエットで今弾のメインにふさわしい格好よさ。





f:id:UNOYO:20160612193117j:image

f:id:UNOYO:20160612193118j:image

可動部も多く、ポーズを変えることが出来ます。





f:id:UNOYO:20160612193119j:image

f:id:UNOYO:20160612193120j:image

ワイバーンはナイトカラーを引きました。





ケルベロスワーディアン

f:id:UNOYO:20160612193121j:image

f:id:UNOYO:20160612193122j:image

f:id:UNOYO:20160612193123j:image

f:id:UNOYO:20160612193124j:image

f:id:UNOYO:20160612193125j:image

f:id:UNOYO:20160612193126j:image

f:id:UNOYO:20160612193127j:image

『C』の文字からケルベロスへ変形。

かなりおもしろい変形パターンです。





f:id:UNOYO:20160612193128j:image

f:id:UNOYO:20160612193129j:image

頭部がきちんと3つに分かれています。





f:id:UNOYO:20160612193130j:image

変形後は可動部はしっぽぐらいになります。





f:id:UNOYO:20160612193131j:image

f:id:UNOYO:20160612193132j:image

f:id:UNOYO:20160612193133j:image

ケルベロスはダークカラーが出ました。

尻尾の造形が変わっており、第4の顔が!





ゴーレムワーディアン

f:id:UNOYO:20160612193134j:image

f:id:UNOYO:20160612193135j:image

f:id:UNOYO:20160612193136j:image

f:id:UNOYO:20160612193137j:image

f:id:UNOYO:20160612193138j:image

f:id:UNOYO:20160612193139j:image

f:id:UNOYO:20160612193140j:image

『G』の文字からゴーレムに変形。

変形パターンはわりと単純ですが、ボリュームあり。





f:id:UNOYO:20160612193141j:image

f:id:UNOYO:20160612193142j:image

両腕、両足が可動します。





f:id:UNOYO:20160612193143j:image

f:id:UNOYO:20160612193144j:image

ゴーレムはナイトカラーでした。





ナーガワーディアン

f:id:UNOYO:20160612193145j:image

f:id:UNOYO:20160612193146j:image

f:id:UNOYO:20160612193147j:image

f:id:UNOYO:20160612193148j:image

f:id:UNOYO:20160612193149j:image

f:id:UNOYO:20160612192402j:image

f:id:UNOYO:20160612192403j:image

『N』の文字からナーガへ変形。

ひっぱって伸ばすだけと思いきや、ギア連動ギミック入りで凝っています。





f:id:UNOYO:20160612193150j:image

f:id:UNOYO:20160612193151j:image

画像だとわからないかもしれませんが

ボディを引っ張って伸ばすと連動して背びれが展開します。

キモチイイ!





f:id:UNOYO:20160612193152j:image

口は開閉可能。





f:id:UNOYO:20160612193153j:image

f:id:UNOYO:20160612192404j:image

ナーガはダークカラーが出ました。





f:id:UNOYO:20160612193154j:image

こちらも頭部デザインが変更されています。

ナーガに関してはダークのほうのデザインが好きですね。

ドジョウっぽいけど。





イフリートワーディアン

f:id:UNOYO:20160612193155j:image

f:id:UNOYO:20160612193156j:image

f:id:UNOYO:20160612193157j:image

f:id:UNOYO:20160612193158j:image

f:id:UNOYO:20160612193159j:image

f:id:UNOYO:20160612193200j:image

『E』の文字からイフリートへ変形。

人型のゴーレム同様に変形は単純ですが

文字の状態から炎を意識したデザインになっておりカッコイイです。





f:id:UNOYO:20160612193201j:image

f:id:UNOYO:20160612193202j:image

両腕、両足が可動します。





f:id:UNOYO:20160612193203j:image

f:id:UNOYO:20160612193204j:image

イフリートはナイトカラーが出ました。

ダークも格好良さそうですねぇ…





ティラノワーディアン

f:id:UNOYO:20160612193205j:image

f:id:UNOYO:20160612193206j:image

f:id:UNOYO:20160612193207j:image

f:id:UNOYO:20160612193208j:image

f:id:UNOYO:20160612193209j:image

f:id:UNOYO:20160612193210j:image

f:id:UNOYO:20160612193211j:image

『T』の文字からティラノサウルス変形。

なぜかこいつだけ幻獣じゃなく恐竜

絶滅してれば幻獣扱いなのかな…




f:id:UNOYO:20160612193213j:image

f:id:UNOYO:20160612193212j:image

口や首、足が可動します。





f:id:UNOYO:20160612193214j:image

古い解釈のティラノ風にも。





f:id:UNOYO:20160612193215j:image

f:id:UNOYO:20160612193216j:image

ティラノはダークカラーが出ました。





f:id:UNOYO:20160612193217j:image

ダークカラーは頭部にツノが生えています。





アクション

f:id:UNOYO:20160612192001j:image

f:id:UNOYO:20160612192002j:image

f:id:UNOYO:20160612192003j:image

f:id:UNOYO:20160612192004j:image

f:id:UNOYO:20160612192005j:image

f:id:UNOYO:20160612192007j:image

f:id:UNOYO:20160612192006j:image

f:id:UNOYO:20160612191950j:image

f:id:UNOYO:20160612191951j:image

f:id:UNOYO:20160612191952j:image

f:id:UNOYO:20160612191953j:image

f:id:UNOYO:20160612191954j:image

f:id:UNOYO:20160612191955j:image

どれも出来がイイですが、個人的にはワイバーンが一押しです。





f:id:UNOYO:20160612192010j:image

f:id:UNOYO:20160612192011j:image

前弾のメインであるドラゴンと今回のメインのワイバーン

どちらも竜タイプですがそれぞれ全く違うデザインです。見事ですね。





f:id:UNOYO:20160612192009j:image

f:id:UNOYO:20160612192008j:image

1弾とならべて。

全26のアルファベットのうち、12種類まで揃いました。

ほぼほぼ折り返しなので、頑張ってほしいところ。


以上、ワーディアン2弾でした!


1弾が思った以上に良かったので発売を楽しみにしていた2弾。

今回もケルベロスゴーレムイフリートといったメジャーな幻獣が勢ぞろい。

ティラノはよくわかりませんが…)

どれも出来が良く、特にワイバーンワーディアンは素晴らしい出来なので

気になっている方はこれだけでも摘まんでみてはいかがかと。


今回からカラバリが2種類用意され、コンプリート派には厳しい仕様になっているのが悩みどころ。

どう頑張っても1BOXで全種揃わないのはツライですね。

まぁ、ノーマルカラーなら必ず揃うみたいなのであまり肩ひじ張らずに集めるのが良いのかな。


3弾も確定したようなので、アルファベット完走目指して頑張ってほしいところ。

2016-05-29

魔法つかいプリキュア!ラブリーポーズドール レビュー

f:id:UNOYO:20160529170241j:image

魔法つかいプリキュア!』より新タイプの食玩フィギュア全3種を紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160529165558j:image f:id:UNOYO:20160529165559j:image

f:id:UNOYO:20160529165056j:image

パッケージイラストはすべて共通

天面のイラストで中に入ってるキャラを判別できます。

ラインナップは

キュアミラクル

キュアマジカル

みらいと魔法のほうき

の全3種類。

誰か足りないけど…泣いてないし…





キュアミラクル

f:id:UNOYO:20160529165600j:image f:id:UNOYO:20160529165602j:image

f:id:UNOYO:20160529165601j:image f:id:UNOYO:20160529165603j:image

主人公のキュアミラクル

塗装はだいぶ省略されていますが

造形自体はなかなか可愛らしく仕上がっているかと。





f:id:UNOYO:20160529165604j:image f:id:UNOYO:20160529165605j:image

首、腕、腰が可動。

首はボールジョイントです。





f:id:UNOYO:20160529165606j:image f:id:UNOYO:20160529165607j:image

さらに腰は90度折り曲げてお座りポーズにすることもできます。





キュアマジカル

f:id:UNOYO:20160529165608j:image f:id:UNOYO:20160529165609j:image

f:id:UNOYO:20160529165610j:image f:id:UNOYO:20160529165611j:image

相棒のキュアマジカル

お顔のバランスがちょっとミラクルと違いますね。





f:id:UNOYO:20160529165059j:image

f:id:UNOYO:20160529165100j:image

マジカルもミラクル同様各部が可動&お座りポーズが可能です。





みらいと魔法のほうき

f:id:UNOYO:20160529165612j:image f:id:UNOYO:20160529165613j:image

f:id:UNOYO:20160529165614j:image f:id:UNOYO:20160529165615j:image

キュアミラクルの変身前、朝比奈みらいちゃんが魔法学校の制服姿で立体化です。





f:id:UNOYO:20160529165101j:image

オプションとして魔法のほうきが付属。

手に持たせることなどはできませんが、ほうき単体で自立するのでそばに立たせておくことが出来ます。





f:id:UNOYO:20160529165102j:image

みらいも各部が可動&おすわりが可能です。






f:id:UNOYO:20160529170239j:image

2人並べて。

クオリティはそれなりですがなかなか愛嬌があってよいです。





f:id:UNOYO:20160529170247j:image

みらいを2個買えばほうきが2本になるので

ミラクルマジカルそれぞれのそばに置くことが出来ますね(買いました)





f:id:UNOYO:20160529170248j:image

ちなみに大きさは昨年のキューティフィギュアと比べてこの程度。

ドールという商品名ですが、実物はかなり小さいです。





f:id:UNOYO:20160529170241j:image

f:id:UNOYO:20160529170244j:image

f:id:UNOYO:20160529170243j:image

f:id:UNOYO:20160529170246j:image

f:id:UNOYO:20160529170245j:image

f:id:UNOYO:20160529170242j:image

ウリにしているだけあって、お座りポーズはチョコンとしていて可愛いです。


以上、魔法使いプリキュアラブリーポーズドールでした!


ラブリーポーズドールなるアイテムはこれまでのシリーズにはなく

魔法つかいプリキュアで初登場かなと思いますが

クオリティ的にはそれなりで、可動部があるぶん

プレイバリュー自体は固定フィギュアやマスコットよりも高いです。

今年はキューティフィギュアの発売がかなり遅めなので

それまでのつなぎとして試験的に導入されたのかな?


まぁ見ての通りのクオリティなので、このデフォルバランスが気に入った人にはオススメ。

今年もなんとかキューティフィギュアは夏には発売が決まったので

これまで通りの食玩フィギュアが欲しい方はそちらを待ちましょう。

2016-05-24

CONVERGE KAMEN RIDER2 レビュー

f:id:UNOYO:20160524170151j:image

食玩コンバージ仮面ライダー第2弾!

シークレット2種含む全7種類を紹介します!


f:id:UNOYO:20160524170152j:image

今回のラインナップは

・仮面ライダーディケイド

・ン・ガ・ミオゼダ

・仮面ライダーアギト グランドフォーム

・仮面ライダーギルス

・ホースオルフェノク

の5種に加え

・仮面ライダーディケイド激情態

・仮面ライダーアギト トリニティフォーム

がそれぞれシークレットとしてディケイド、アギトのバリエーションになっています。

それぞれ自立用のスタンドが付属。





仮面ライダーディケイド

f:id:UNOYO:20160524165814j:image f:id:UNOYO:20160524165815j:image

f:id:UNOYO:20160524165824j:image f:id:UNOYO:20160524165826j:image

f:id:UNOYO:20160524165825j:image f:id:UNOYO:20160524165827j:image

平成ライダー第10作、世界の破壊者仮面ライダーディケイド。

複眼はクリアパーツで再現。

特徴的なフェイスですがうまく再現できています。





仮面ライダーディケイド 激情態

f:id:UNOYO:20160524165828j:image f:id:UNOYO:20160524165830j:image

f:id:UNOYO:20160524165829j:image f:id:UNOYO:20160524165831j:image

バリエーションとして激情態が存在します。

パッケージの外見は通常ディケイドと変わらないので、開けるのでどちらかわかりません。






f:id:UNOYO:20160524170131j:image

f:id:UNOYO:20160524170326j:image

違いは頭部の目つきのみ。

これも良く見ないとわからない程度なので開けたらしっかり確認しましょう。





ン・ガミオ・ゼダ

f:id:UNOYO:20160524165816j:image f:id:UNOYO:20160524165817j:image

f:id:UNOYO:20160524165832j:image f:id:UNOYO:20160524165833j:image

f:id:UNOYO:20160524165834j:image f:id:UNOYO:20160524165835j:image

仮面ライダーディケイドに登場したグロンギ怪人。

『ン・ダクバ・ゼダ』と同格のグロンギの王で『ン』の称号を持っています。

ゲスト怪人もいいとこなので、貴重な立体化ですね。





仮面ライダーアギト グランドフォーム

f:id:UNOYO:20160524165818j:image f:id:UNOYO:20160524165819j:image

f:id:UNOYO:20160524165836j:image f:id:UNOYO:20160524165837j:image

f:id:UNOYO:20160524165838j:image f:id:UNOYO:20160524165839j:image

平成ライダー第2作より、仮面ライダーアギト。

通常フォームであるグランドフォームで立体化。

頭部の角、クロスホーンは閉じた状態になっています。





f:id:UNOYO:20160524165840j:image f:id:UNOYO:20160524165841j:image

f:id:UNOYO:20160524165842j:image f:id:UNOYO:20160524165843j:image

バリエーションでトリニティフオームが存在します。

フレイム・ストームの力を得た両腕がごつくて格好良いです。





f:id:UNOYO:20160524170132j:image

f:id:UNOYO:20160524170133j:image

グランドとトリニティを並べて。

トリニティのボリュームがうれしいですね。





仮面ライダーギルス

f:id:UNOYO:20160524165820j:image f:id:UNOYO:20160524165821j:image

f:id:UNOYO:20160524165844j:image f:id:UNOYO:20160524165845j:image

f:id:UNOYO:20160524165846j:image f:id:UNOYO:20160524165847j:image

仮面ライダーアギトより、ギルスがラインナップ。

ライバル枠か、怪人枠が判断が付きませんな…

特徴的なヌメっとした感じが塗装でうまく表現されています。





ホースオルフェノク

f:id:UNOYO:20160524165822j:image f:id:UNOYO:20160524165823j:image

f:id:UNOYO:20160524165848j:image f:id:UNOYO:20160524165849j:image

f:id:UNOYO:20160524165850j:image f:id:UNOYO:20160524165851j:image

仮面ライダーファイズより、ホースオルフェノク。

今回ファイズキャラクターとしては単独での収録となっています。

前作と組み合わせる前提ですね。





f:id:UNOYO:20160524170136j:image

全員集合。

どれも造形良し、塗装も細かく非常に良い出来です。





f:id:UNOYO:20160524170134j:image

f:id:UNOYO:20160524170135j:image

f:id:UNOYO:20160524170150j:image

f:id:UNOYO:20160524170147j:image

f:id:UNOYO:20160524170146j:image

今回のラインナップだけでも楽しめますが…





f:id:UNOYO:20160524170137j:image

f:id:UNOYO:20160524170138j:image

f:id:UNOYO:20160524170140j:image

f:id:UNOYO:20160524170141j:image

f:id:UNOYO:20160524170149j:image

f:id:UNOYO:20160524170142j:image

f:id:UNOYO:20160524170143j:image

f:id:UNOYO:20160524170144j:image

前作を持っているとさらに楽しめます。

ディケイドは誰と絡ませても成立するのでホント反側キャラですね〜。


以上、コンバージ仮面ライダー2でした!

今回はディケイド・アギトに加えファイズよりホースオルフェノクがラインナップ。

前作に続き対象年齢はかなり高めのチョイスですね。

注目は貴重な立体化となるン・ガミオ・ゼダ。

ディケイド・クウガ・ガミオで並べるとなかなか満足感があります!

アギトはクロスホーンが未展開だったのが残念ですが、素立ちポーズで統一されているし

基本的にニュートラルの状態で、ということなのでしょうか。


さて第3弾は仮面ライダーダブル&仮面ライダードライブを中心としたラインナップ。

こちらも敵キャラ枠で貴重な立体化となるユートピアドーパントを収録!

期待ですね!

 

2016-04-24

ファイティングアクションロボ 勇動 ジュウオウキング レビュー

f:id:UNOYO:20160424150346j:image

勇ましい立ち姿!全身19か所の可動!

ファイティングアクションロボ勇動ジュウオウキングを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160424150122j:image

f:id:UNOYO:20160424150123j:image

第1弾のトッキュウキングから継承された、ウインドウタイプのパッケージ。





f:id:UNOYO:20160424150124j:image

f:id:UNOYO:20160424150125j:image

中身。ジュウオウキング本体とキングソードが付属します。

塗装済み、組み立て済みなので開けてすぐに遊ぶことが出来ます。





ジュウオウキング

f:id:UNOYO:20160424150325j:image

f:id:UNOYO:20160424150327j:image

f:id:UNOYO:20160424150326j:image

ご存じジュウオウジャーのジュウオウイーグル、シャーク、ライオンが合体した巨大ロボ

御覧の通り、キューブが3つ積み重なったとは思えない

マッシブ極まりない体型にアレンジされています。





f:id:UNOYO:20160424150126j:image

f:id:UNOYO:20160424150127j:image

肩とか胸部分はアレンジというかもはや別デザインに…

格好いいけど、公式アイテムでここまでやるとは、という印象。





f:id:UNOYO:20160424150328j:image

f:id:UNOYO:20160424150329j:image

f:id:UNOYO:20160424150331j:image

全身19か所が可動。

昨年のシュリケンジン同様に腿ロールや上腕ロールもあり、良く動きます。

ただし手首は頑なに非可動。なぜ。





f:id:UNOYO:20160424150330j:image

f:id:UNOYO:20160424150332j:image

f:id:UNOYO:20160424150333j:image

ちょっとふざけたポーズも自由自在。





f:id:UNOYO:20160424150334j:image

付属のキングソード。

ビッグキングソードといっても良いぐらいの長さです。





f:id:UNOYO:20160424150335j:image

f:id:UNOYO:20160424150336j:image

f:id:UNOYO:20160424150337j:image

手首が可動すればさらに構え方の幅も広がるのですが。

惜しいですね。





f:id:UNOYO:20160424150338j:image

f:id:UNOYO:20160424150339j:image

トッキュウオーやシュリケンジンと並べて。

今年は塗装箇所が少ないので過去2作と比べても見栄えが良い…と思ったら

実は変わらず成型色は1色(赤)のみなので塗装延べ面積自体は例年と変わらないかも。

しかし青も黄色も食玩とは思えないほどキレイに発色してます





f:id:UNOYO:20160424150349j:image

f:id:UNOYO:20160424150350j:image

f:id:UNOYO:20160424150351j:image

DX、ミニプラとならべて。どれも全然違いますね。

それぞれに見慣れてから別のブランドのジュウオウキングを見ると

『あれ?こんなだったっけ?』と思うこと必至です。





f:id:UNOYO:20160424150348j:image

f:id:UNOYO:20160424150352j:image

f:id:UNOYO:20160424150353j:image

ちなみに本商品に付属のキングソードはDX版に付属のものよりも長かったり。

ミニプラへは無改造で装備させることもできますし

シルバーで塗装されており見栄えも良いのでオススメです。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160424150340j:image

f:id:UNOYO:20160424150342j:image

f:id:UNOYO:20160424150341j:image

f:id:UNOYO:20160424150343j:image

f:id:UNOYO:20160424150345j:image

f:id:UNOYO:20160424150344j:image

f:id:UNOYO:20160424150346j:image

f:id:UNOYO:20160424150347j:image

そういえば腰の後ろにいつものジョイント穴があるので

figmaや魂stageなどのベースも使えます。


以上、ファイティングアクションロボ 勇動 ジュウオウキングでした!


トッキュウジャー以降定番アイテムになってきた

ファイティングアクションロボ。

毎度アレンジが効いたデザインでしたが今年は輪をかけてオリジナリティ溢れる

デザインになっております。

可動はシュリケンジンと大差ありませんが装飾も控えめなので

よりポージングが決まりやすい印象。

ミニプラも良く動きますが、思いっきり動かすならコッチもオススメです!

2016-04-03

ウルトラボーグ 2弾 第7の挑戦者編 レビュー

f:id:UNOYO:20160403192517j:image

食玩オリジナルシリーズ『ウルトラボーグ』第2弾!

今回はウルトラセブンのキャラクターたちを4種ラインナップ!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160403192457j:image

f:id:UNOYO:20160403192458j:image

2015年8月の発売以来、久々の続編となる今弾。

てっきり単発で終わったのかと。





f:id:UNOYO:20160403192050j:image f:id:UNOYO:20160403192051j:image

f:id:UNOYO:20160403192052j:image f:id:UNOYO:20160403192053j:image

f:id:UNOYO:20160403192054j:image f:id:UNOYO:20160403192055j:image

f:id:UNOYO:20160403192056j:image f:id:UNOYO:20160403192057j:image

パッケージのセンスあふれるキャッチコピーも健在。

ラインナップは

・マシンボーグ ウルトラセブン

・マシンボーグ エレキング

・マシンボーグ ナース

・マシンボーグ ウインダム

という『ウルトラセブン』に登場する人気キャラクターたちで固められています。





マシンボーグウルトラセブン

f:id:UNOYO:20160403192058j:image f:id:UNOYO:20160403192059j:image

f:id:UNOYO:20160403192100j:image f:id:UNOYO:20160403192101j:image

ウルトラセブンをモデルにしたマシンボーグ。

全身にアーマーを着込んだようなスタイルになっています。





f:id:UNOYO:20160403192521j:image

アーマーを外すと中身はこんな感じになっています。

胸のプロテクターは塗装したほうが格好良さそう。





f:id:UNOYO:20160403192522j:image

f:id:UNOYO:20160403192523j:image

f:id:UNOYO:20160403192524j:image

組み替えてドリルメカ『ライザービークル』へ。

モデルはウルトラ警備隊の『マグマライザー』と思われます。





マシンボーグエレキング

f:id:UNOYO:20160403192502j:image

f:id:UNOYO:20160403192501j:image

f:id:UNOYO:20160403192503j:image

f:id:UNOYO:20160403192504j:image

エレキングをモデルにしたマシンボーグ。

パラボラアンテナのようにアレンジされたツノが目を引きます。

両腕の重火器も格好良し。





f:id:UNOYO:20160403192525j:image

f:id:UNOYO:20160403192526j:image

f:id:UNOYO:20160403192527j:image

組み替えてクレーン車『キングブル』へ。

力強いフォルムです。モチーフはわかりませんでした。





f:id:UNOYO:20160403192528j:image

クレーン部分は可動式。





f:id:UNOYO:20160403192529j:image

f:id:UNOYO:20160403192530j:image

後方にウインダムなど

他のマシンボーグを乗せることが出来ます。





マシンボーグナース

f:id:UNOYO:20160403192507j:image f:id:UNOYO:20160403192508j:image

f:id:UNOYO:20160403192509j:image f:id:UNOYO:20160403192510j:image

宇宙竜ナースをモデルにしたマシンボーグ。

元になった龍のようなスタイルを忠実に再現しており

1弾、2弾を通して最も異色のデザインになっています。





f:id:UNOYO:20160403192519j:image

f:id:UNOYO:20160403192520j:image

ナースは変形前のこちらの状態でウルトラセブンなど

他のマシンボーグを乗せることが出来ます。





f:id:UNOYO:20160403192531j:image

f:id:UNOYO:20160403192532j:image

f:id:UNOYO:20160403192533j:image

ナースは組み替えて軍艦型の『アイアンシップス』に変形。

モデルは軍艦ロボット『アイアンロックス』と思われます。

そこは円盤じゃないんかーい!とツッコミを入れたくなりますが、これはこれで格好いいので良し。

なにより見立てが素晴らしいです。





マシンボーグウインダム

f:id:UNOYO:20160403192102j:image f:id:UNOYO:20160403192103j:image

f:id:UNOYO:20160403192104j:image f:id:UNOYO:20160403192105j:image

カプセル怪獣ウインダムをモデルにしたマシンボーグ。

肩のキャノン砲が格好良いです。





f:id:UNOYO:20160403192534j:image

f:id:UNOYO:20160403192535j:image

f:id:UNOYO:20160403192536j:image

組み替えることでヘリコプター『ウインホーク』へ。

名前こそウルトラホークをイメージしてますが

見た目はどちらかというとマットジャイロなんですが…





f:id:UNOYO:20160403192459j:image

f:id:UNOYO:20160403192500j:image

f:id:UNOYO:20160403192537j:image

f:id:UNOYO:20160403192548j:image

4種並べて。

ラインナップは人気どころを集めた鉄板といえますが

変形後の姿はどれも意外性があって並べるとカオス。





f:id:UNOYO:20160403192515j:image

f:id:UNOYO:20160403192516j:image

f:id:UNOYO:20160403192546j:image

f:id:UNOYO:20160403192547j:image

f:id:UNOYO:20160403192538j:image

f:id:UNOYO:20160403192539j:image

f:id:UNOYO:20160403192540j:image

f:id:UNOYO:20160403192541j:image

f:id:UNOYO:20160403192542j:image

f:id:UNOYO:20160403192543j:image

f:id:UNOYO:20160403192544j:image

f:id:UNOYO:20160403192545j:image

今回は前弾に比べるとビークル形態の単体でのまとまり具合が上がっていると思います。

ウインダムなんかはパーツも少ないのに見事な変形ぶり。





f:id:UNOYO:20160403192518j:image

最後は1弾と並べて。

1体1体が結構ボリュームあるので並べるとにぎやかです。


以上、ウルトラボーグ2弾第7の挑戦者編でした!

1弾から8か月も期間があいてしまったので最早『生きとったんかワレ』状態ですが

無事にシリーズが続いて何より。

ウルトラマンのキャラクターでまとめられていた1弾の続編らしく

今回はウルトラセブンのキャラクターをチョイス。

どれもお子様にも知名度がある(であろう)人気怪獣なので

お菓子売り場でも注目を集めること間違いなし…(と思いたい)


真面目な話、コンセプトもデザインも怪獣のチョイスも素晴らしいですが

かなり人を選ぶニッチなアイテムですよね。元祖SDのGチェンジャー並みに。

めでたいことに3弾の発売が決定しましたがラインナップは

「ウルトラマン Type-B」「レッドキング」「タッコング」「チブル星人・ビラ星人・クール星人」

という、開き直ったかのようにキレキレなチョイス。

しかもついにカラバリ展開も開始ということで完全に大友狙いに路線変更の模様です。

ジスタに比べると設計も複雑だし単価も高いので、どこまで続いてくれるか…

続く限りは買い支えていきたいと思います。