Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 rairaiの気楽に行こうよ!さん、みにプラだっしゅ!さんと相互リンクしました!

2017-02-20

ミニプラ キュウレンオー レビュー

f:id:UNOYO:20170220114636j:image

宇宙戦隊キュウレンジャーより、巨大ロボキュウレンオーのミニプラが登場!

今回は6アイテムがセットになったセット箱を塗装作例で紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20170220114627j:image

f:id:UNOYO:20170220114628j:image

f:id:UNOYO:20170220114629j:image

毎年おなじみのミニプラですが、今年はバラ売りの他にセット箱も登場。

全6種類が大箱に入っております。

昨年のクリアドデカイオーと同じ仕様ですね。





f:id:UNOYO:20170220114623j:image

ラインナップは全6種類で

シシボイジャーのみA,Bで分割。





シシボイジャー

f:id:UNOYO:20170220114633j:image

f:id:UNOYO:20170220114634j:image

ライオン型のシシレッド専用マシン。

キュウレンオーの中核を形成するため大型になっています。

今回は全体的にMr.カラーで塗装。

未塗装状態はキャンディトイの公式ブログなどで確認することが出来ます。





f:id:UNOYO:20170220115051j:image f:id:UNOYO:20170220115050j:image

獅子というか滑空するモモンガみたいなデザインだなぁと思うんですが

DX版では電飾ギミックなども搭載しているため仕方ないのかな。

裏面の穴は3mm軸でfigmaや魂stage等のスタンド類を刺しておけます。





オオカミボイジャー

f:id:UNOYO:20170220115321j:image

f:id:UNOYO:20170220115322j:image

f:id:UNOYO:20170220115323j:image

オオカミブルー専用マシン。

首、口が可動します。

けがはえている。





オウシボイジャー

f:id:UNOYO:20170220115325j:image

f:id:UNOYO:20170220115326j:image

f:id:UNOYO:20170220115327j:image

オウシブラック専用マシン。

オオカミ同様に首、口が可動します。

タンク風のデザインになっているのが面白いです。





カメレオンボイジャー

f:id:UNOYO:20170220115332j:image

f:id:UNOYO:20170220115333j:image

f:id:UNOYO:20170220115334j:image

カメレオングリーン専用マシン。

珍しいモチーフに、なかなか面白いフォルムですね。

口を開け、舌を伸ばすことが出来ます。





カジキボイジャー

f:id:UNOYO:20170220115335j:image

f:id:UNOYO:20170220115336j:image

カジキイエロー専用マシン。

特にギミックはありませんが戦闘機っぽくもあり格好いいです。

とんがっている。




f:id:UNOYO:20170220115713j:image

f:id:UNOYO:20170220115714j:image

ボイジャーのコックピット部=キュータマは取り外しが可能。

クリアパーツで覆われた内部にはプレートがあり表面がコックピット、裏面が各モチーフの絵柄になっています。





f:id:UNOYO:20170220115329j:image

f:id:UNOYO:20170220115324j:image

f:id:UNOYO:20170220115320j:image

f:id:UNOYO:20170220115330j:image

f:id:UNOYO:20170220115331j:image

キュータマはシシボイジャーの場合は背中部分にセット。

他のボイジャーはボールジョイントで機体後部に接続します。





f:id:UNOYO:20170220115710j:image

ボイジャー集合。

5体集めてキュウレンオーに合体!





キュウレンオー

f:id:UNOYO:20170220114640j:image

f:id:UNOYO:20170220114641j:image

f:id:UNOYO:20170220114642j:image

5体のボイジャーが合体した巨大ロボ。

キュウレンオーはシシをメインに両手足を各ボイジャーに切り替えて出撃するスタイルなので

様々な形態が存在しますが一応こちらがメインのスタンダードなスタイル。

ちなみに大腿部はシールを貼ることで左右非対称なデザインになりますが

逆に貼らなければ対象なデザインでスッキリするのでそのままにしてあります。





f:id:UNOYO:20170220115345j:image

胸と両手足に配置されたキュータマのクリアパーツが美しいです。





f:id:UNOYO:20170220115058j:image f:id:UNOYO:20170220115059j:image

頭部はシシボイジャーの顎をひらくとマスクが出てくる設計。





f:id:UNOYO:20170220115344j:image

可動に関して、肩は横方向に大きく開くことができます。





f:id:UNOYO:20170220115057j:image f:id:UNOYO:20170220115052j:image

メイン腕を担当するカメレオンとカジキは引出式のひじ関節を内蔵。





f:id:UNOYO:20170220115339j:image

こんな感じに。

ちょっと見栄えはイマイチですが…





f:id:UNOYO:20170220115340j:image

f:id:UNOYO:20170220115341j:image

実際に曲げてポーズをつけると気になりません。





f:id:UNOYO:20170220115342j:image

f:id:UNOYO:20170220115343j:image

股関節も。やや隙間のある設計ですが、前や横に可動させるためにギリギリのクリアランスを確保しています。





f:id:UNOYO:20170220115337j:image

膝関節はキュータマ接続部分の上にあります。





f:id:UNOYO:20170220115338j:image

足首可動はありませんが各ボイジャーとキュータマのボールジョイント接続のため

足首にあたる部分を傾けられるため安定性はありますね。

オウシとオオカミは首を動くので自然なハの字立ちに見せることも可能。





f:id:UNOYO:20170220115053j:image f:id:UNOYO:20170220115054j:image

f:id:UNOYO:20170220115055j:image f:id:UNOYO:20170220115056j:image

キュウレンオーのウリである手足の入れ替えギミック。

ボイジャー自由に配置することが出来ます。

ただしオオカミとオウシにはひじ関節が無いので注意。




f:id:UNOYO:20170220114626j:image

キュータマの規格も統一なので

ボイジャーとキュータマの組み合わせを変えて

組んだりすることもできます。

自由ですね。




アクションポーズ

f:id:UNOYO:20170220114632j:image

f:id:UNOYO:20170220114636j:image

f:id:UNOYO:20170220114635j:image

f:id:UNOYO:20170220114637j:image

f:id:UNOYO:20170220114638j:image

f:id:UNOYO:20170220114639j:image

f:id:UNOYO:20170220114631j:image

マッシブスタイルでカッコいいですね。

手足の入れ替えも思ったよりシルエットが変わっていい感じ。


以上、ミニプラキュウレンオーでした。


昨年に引き続き、今年もかなり早い発売となったミニプラキュウレンオー。

昨年のジュウオウキングも驚異の色分けと可動で話題になりましたが

今年もその設計思想をしっかり引き継ぎ、素晴らしいクオリティに仕上がっています。


細かいパーツが多いのでお子様には難しい部分もありそうですが

いよいよセット箱なんてものを持ち出してきたあたり

実質ターゲットは大人なのはもう明らかなのでもはや何も言うまい。


両手足の入れ替えギミックが思ったより楽しいので

残りの4体のボイジャーの発売も楽しみです。

2017-01-18

ムゲンサーガ ムゲンファラオ レビュー

f:id:UNOYO:20170118195132j:image

食玩ムゲンバインが「ムゲンサーガ」として復活!

第一弾のムゲンサーガ ムゲンファラオを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20170118194909j:image f:id:UNOYO:20170118194910j:image

f:id:UNOYO:20170118194911j:image f:id:UNOYO:20170118194912j:image

商品タイトルは『ムゲンサーガ ムンファラオ」。

本商品は2008年に発売された食玩ムゲンバイン「ムゲン五神獣」のリニューアル版となります。

当時の仕様から成型色やシールが一部変更されています。

しかし「ムゲンバイン」の文字がパッケージのどこにも見当たらない…





f:id:UNOYO:20170118195122j:image

商品は全5種類。

・ムゲンアヌビス

・ムゲンスフィンクス

・ムゲンラー

・ムゲンスコーピオン

・ムゲンセベク

の5体を集めて組み変えることで大型ロボ、ムゲンファラオが完成します。





ムゲンアヌビス

f:id:UNOYO:20170118194650j:image

f:id:UNOYO:20170118194651j:image

スマートな亜人ムゲンバイン

眼の部分が塗装されています。





f:id:UNOYO:20170118195109j:image

全身の関節がある程度可動するのでポーズをつけることが出来ます。





ムゲンスフィンクス

f:id:UNOYO:20170118195110j:image

f:id:UNOYO:20170118195111j:image

スフィンクス型のムゲンバイン

頭部が塗装済みになっており、当時品ではシール地獄だった縞々模様が省略されています。





f:id:UNOYO:20170118194652j:image

f:id:UNOYO:20170118194653j:image

操縦者のロイダーが付属し

背中に乗せたり内部に収納したりできます。





f:id:UNOYO:20170118195112j:image

首や四肢が可動しますがデザインがデザインなのでアクションは厳しめ。





ムゲンラー

f:id:UNOYO:20170118195113j:image

f:id:UNOYO:20170118195114j:image

鳥型のムゲンバイン

今回のラインナップで一番シールが多く、カラフルです。





f:id:UNOYO:20170118195115j:image

これでも当時品と比べるとシールは減ってるほうなのですが…





ムゲンスコーピオン

f:id:UNOYO:20170118195116j:image

f:id:UNOYO:20170118195117j:image

サソリ型のムゲンバイン

パーツの一部がムゲンアヌビス共通になっています。





f:id:UNOYO:20170118195118j:image

尻尾は多重関節になっており良く動きます。

ハサミの甲のゴールド部分が塗装済み。





ムゲンセベク

f:id:UNOYO:20170118195119j:image

f:id:UNOYO:20170118195120j:image

ワニ型のムゲンバイン

ゴールドの部分は基本的に塗装済みになっています。





f:id:UNOYO:20170118195121j:image

口を開くことが可能。

ボディも少しだけなら左右に振ることが出来ます。





f:id:UNOYO:20170118195123j:image

5体のムゲン五神獣が集結!

ムゲンファラオへ合体!





ムゲンファラオ

f:id:UNOYO:20170118195124j:image

f:id:UNOYO:20170118195126j:image

f:id:UNOYO:20170118195125j:image

5体のムゲン五神獣が合体した大型ロボ。

エジプト文明意匠をうまく落とし込んだオリジナリティ溢れる良デザイン。

食玩ムゲンバインのロボの中でも評判が良く、サーガ第1弾に抜擢されたのも納得。





f:id:UNOYO:20170118194913j:image f:id:UNOYO:20170118194915j:image

f:id:UNOYO:20170118194914j:image f:id:UNOYO:20170118194916j:image

シールが減っているため色数や装飾も大分おとなしくなっていますが

それでも十分観賞に耐えるカラフルさかと思います。

むしろスッキリしていてこっちのほうが良いという方もいるかも。





f:id:UNOYO:20170118194918j:image f:id:UNOYO:20170118194917j:image

フェイスは塗装済み。

頭の横の縞々模様も塗装になったのでシールがはがれてくる心配がなくなったのが嬉しいです。





f:id:UNOYO:20170118195127j:image

f:id:UNOYO:20170118195128j:image

f:id:UNOYO:20170118195129j:image

武器として杖が付属。

全身の関節もフル可動で多彩なポージングが可能です。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20170118195130j:image

f:id:UNOYO:20170118195131j:image

f:id:UNOYO:20170118195132j:image

f:id:UNOYO:20170118195133j:image

f:id:UNOYO:20170118195134j:image

f:id:UNOYO:20170118195135j:image

f:id:UNOYO:20170118195136j:image

時が経ってもなお色あせない良デザイン。

シールが減って落ち着いたバランスになったのも功を奏しているように思います。


以上、ムゲンサーガムゲンバインでした!


2010年のムゲンサタンを最後にシリーズが途絶えてしまった

食玩ムゲンバインシリーズが8年の時を経てついに復活。

第1弾は名作と名高いムゲンファラオです。

まぁムゲンファラオ1回BOX箱で再販していますし

食玩ムゲンバインもエヴォルバインやジグルハゼルなど

形を変えつつ(一応)展開していたので

まだ「懐かしい〜」と感慨にふけるほどのものではありませんが

純粋に出来が良い食玩なのでリニューアルして

新鮮な気持ちで再び手に取って遊べるのはうれしいですね。


ジスタやウルトラボーグなどのお気に入りのシリーズが終わってしまい

ワーディアンも完結しそうなので個人的にも丁度良いタイミングでした…


2弾はムゲンアーサーが復刻、さらに3弾以降も展開予定とのことで

楽しみなシリーズです。

2016-12-14

言獣覚醒ワーディアン 第4章 デスティニークロス レビュー

f:id:UNOYO:20161214123848j:image

アルファベットから幻獣へ変形するワーディアンシリーズ第4弾!

デスティニークロスを紹介!


パッケージ&ラインナップ

f:id:UNOYO:20161214123110j:image f:id:UNOYO:20161214123111j:image

f:id:UNOYO:20161214123112j:image f:id:UNOYO:20161214123113j:image

f:id:UNOYO:20161214123114j:image f:id:UNOYO:20161214123115j:image

今回のラインナップは

・A アーサー

・X エクスカリバー

・R ラファエル

・J ヨルムンガンド

・L リバイアサン

・S サラマンダー

の6種類。

それぞれノーマルカラーのほかナイトカラー、ダークカラーがあるので実質18種類となります。





f:id:UNOYO:20161214123341j:image

f:id:UNOYO:20161214123342j:image

1BOX12個入りのため、全18種類すんなりとは揃いません。

私が買ったボックスは写真で見て上段グループがノーマル、下段グループがナイトとダークの混在でした。

配置は複数パターンある可能性があるので、あんまり参考にはなりませんが…





f:id:UNOYO:20161214123851j:image

f:id:UNOYO:20161214123850j:image

とりあえず1BOXでノーマルはコンプリート。

ナイトとダークは3体ずつそろうアソートにはなっているようです。





アーサー

f:id:UNOYO:20161214123116j:image

f:id:UNOYO:20161214123343j:image

f:id:UNOYO:20161214123344j:image

f:id:UNOYO:20161214123345j:image

f:id:UNOYO:20161214123346j:image

f:id:UNOYO:20161214123804j:image

f:id:UNOYO:20161214123805j:image

Aの文字から変形。

スマートな人型ロボットようなスタイルでカッコいいです。

アーサー王がモデルですが、別に幻"獣"以外のモデルもこれまで散々

使われてきたのでいまさら突っ込むまい。





f:id:UNOYO:20161214123117j:image

f:id:UNOYO:20161214123806j:image

f:id:UNOYO:20161214123807j:image

f:id:UNOYO:20161214123808j:image

アーサーの色違いはナイトカラーでした。





エクスカリバー

f:id:UNOYO:20161214123118j:image

f:id:UNOYO:20161214123348j:image

f:id:UNOYO:20161214123349j:image

f:id:UNOYO:20161214123350j:image

f:id:UNOYO:20161214123809j:image

f:id:UNOYO:20161214123810j:image

f:id:UNOYO:20161214123811j:image

Xの文字から変形。

鳥型のワーディアンとなります。

エクスカリバーなのになぜ鳥なのかという疑問がありますが…





f:id:UNOYO:20161214123351j:image

f:id:UNOYO:20161214123352j:image

きちんと3弾変形で剣の形に変形します。

しかもアーサーが装備可能。





f:id:UNOYO:20161214123812j:image

f:id:UNOYO:20161214123813j:image

またウイングとしてアーサーの背中に合体することも可能。

プレイバリュー高いです。





f:id:UNOYO:20161214123119j:image

f:id:UNOYO:20161214123814j:image

f:id:UNOYO:20161214123815j:image

エクスカリバーはダークカラーが当たりました。

頭部の形が少しノーマルとは違います。





f:id:UNOYO:20161214123353j:image

f:id:UNOYO:20161214123354j:image

f:id:UNOYO:20161214123816j:image

f:id:UNOYO:20161214123817j:image

ダークにも剣やウイングへの変形ギミックがあるので

アーサーと組み合わせて遊ぶことが出来ます。





ラファエル

f:id:UNOYO:20161214123120j:image

f:id:UNOYO:20161214123355j:image

f:id:UNOYO:20161214123356j:image

f:id:UNOYO:20161214123357j:image

f:id:UNOYO:20161214123818j:image

f:id:UNOYO:20161214123819j:image

f:id:UNOYO:20161214123820j:image

Rから変形するワーディアン。

大天使ラファエルがモデル。

変形の際、両腕がギア連動して展開するギミックがあります。





f:id:UNOYO:20161214123121j:image

f:id:UNOYO:20161214123821j:image

f:id:UNOYO:20161214123822j:image

f:id:UNOYO:20161214123823j:image

ラファエルはナイトカラーが当たりました。

前弾の人型枠であるイザナギやヤシャと比べると頭一つ分ぐらい大きくてボリュームがあります。





ヨルムンガンド

f:id:UNOYO:20161214123126j:image

f:id:UNOYO:20161214123401j:image

f:id:UNOYO:20161214123402j:image

f:id:UNOYO:20161214123403j:image

f:id:UNOYO:20161214123830j:image

f:id:UNOYO:20161214123831j:image

Jから変形するワーディアン。

大蛇の怪物、ヨルムガンドがモデル。

体が短く、頭が大きいいかにもモンスターチックなスタイルでお気に入り。





f:id:UNOYO:20161214123404j:image

f:id:UNOYO:20161214123405j:image

後頭部を押し込むと連動して口が上下に開き、なかから舌が飛び出すギミックを搭載。

エイリアンのようでもあります。





f:id:UNOYO:20161214123127j:image

f:id:UNOYO:20161214123833j:image

f:id:UNOYO:20161214123834j:image

f:id:UNOYO:20161214123835j:image

ヨルムンガンドはダークカラーが当たりました。

こちらも似合ってます。





f:id:UNOYO:20161214123406j:image

f:id:UNOYO:20161214123407j:image

顔は別造形でかなり凶悪になっています。

頭部のギミックも健在。





リバイアサン

f:id:UNOYO:20161214123122j:image

f:id:UNOYO:20161214123358j:image

f:id:UNOYO:20161214123359j:image

f:id:UNOYO:20161214123400j:image

f:id:UNOYO:20161214123824j:image

f:id:UNOYO:20161214123825j:image

f:id:UNOYO:20161214123826j:image

Lから変形。

海の怪物、リヴァイアサンがモデル。

ブルーの成型色と鱗の造形がマッチして非常に美しい仕上がり。

口は開閉可能です。





f:id:UNOYO:20161214123123j:image

f:id:UNOYO:20161214123827j:image

f:id:UNOYO:20161214123828j:image

f:id:UNOYO:20161214123829j:image

リバイアサンはナイトカラーがあたりました。

変形の際、前ひれがギア連動して展開するギミックがあります。





サラマンダー

f:id:UNOYO:20161214123124j:image

f:id:UNOYO:20161214123408j:image

f:id:UNOYO:20161214123409j:image

f:id:UNOYO:20161214123410j:image

f:id:UNOYO:20161214123837j:image

f:id:UNOYO:20161214123836j:image

Sから変形。

炎のトカゲ、サラマンダーがモデル。

文字の形態も炎に包まれたような造形で非常に格好いい。





f:id:UNOYO:20161214123838j:image

尻尾を折り曲げることで2本足で立たせることもできます。

f:id:UNOYO:20161214123125j:image

f:id:UNOYO:20161214123839j:image

f:id:UNOYO:20161214123840j:image

f:id:UNOYO:20161214123841j:image

サラマンダーはダークカラーが当たりました。





f:id:UNOYO:20161214123411j:image

サラマンダーのダークも頭部が別造形で

かなり怖い顔をしています。





f:id:UNOYO:20161214123842j:image

ラファエル、ヨルムンガンド、リヴァイアサン、サラマンダーには連動ギミックがあります。





f:id:UNOYO:20161214123843j:image

f:id:UNOYO:20161214123844j:image

f:id:UNOYO:20161214123845j:image

3体のドラゴンタイプワーディアンが合体し、ラファエルの武器・ドラゴニックバズーカへ!!


…うーんなんだこれ。





f:id:UNOYO:20161214123846j:image

無難にまとまっているアーサーとエクスカリバーの組み合わせと比べると

かなり力技感がありますね。





f:id:UNOYO:20161214123847j:image

パッケージだとバズーカ側はダークで統一、ラファエルはナイトで紹介されています。

統一カラーなまだ少しは見れるのかな…





f:id:UNOYO:20161214123851j:image

f:id:UNOYO:20161214123849j:image

最後は全員集合!


以上、ワーディアン4弾でした。


今回の目玉はストレートに格好い人型のアーサーと

その武器・翼へと変形するエクスカリバー。2体だけでも相当遊べます。

ただ、脇を固めるワーディアンたちも出来のいいものが多く

JやLのようなシンプルな文字からしっかり幻獣へと姿を変える

変形ギミックにはうならされます。

個人的にはリバイアサンの美しさ、サラマンダーのトゲトゲ感がお気に入り。


これで26文字のアルファベツトのうち24文字が揃い、残りはQとZ。

第5弾の発売も決定し、無事コンプリート出来そうで一安心です。


また、1月には過去弾の色違いを収録したトレジャーディギングシリーズが発売。

全36種類という狂ったラインナップですが…

個人的にはノーマルカラーだけでも揃えたいですが、アソート次第ですかね。

2016-09-11

言獣覚醒ワーディアン 第3章 ゴッドクライシス レビュー

f:id:UNOYO:20160911225809j:image

ワーディアンシリーズ第3弾!

新たなワーディアンを6種集めてラグナロクセイバーが完成!


パッケージ&ラインナップ

f:id:UNOYO:20160911232910j:image f:id:UNOYO:20160911232911j:image

f:id:UNOYO:20160911232912j:image f:id:UNOYO:20160911232913j:image

f:id:UNOYO:20160911232914j:image f:id:UNOYO:20160911224626j:image

今回のラインナップは

・O…オーディン

・I…イザナギ

・Y…ヤシャ

・B…バハムート

・H…ハイドラ

・K…クラーケン

となっております。

それぞれノーマルカラー、ナイトカラー、ダークカラーの3種類があり実質6×3の18種類。

1BOX12個入りなので1箱ではすべてそろいません。





f:id:UNOYO:20160911224627j:image f:id:UNOYO:20160911224628j:image

f:id:UNOYO:20160911224629j:image f:id:UNOYO:20160911224630j:image

f:id:UNOYO:20160911224631j:image f:id:UNOYO:20160911224632j:image

f:id:UNOYO:20160911224633j:image f:id:UNOYO:20160911224634j:image

f:id:UNOYO:20160911224635j:image f:id:UNOYO:20160911224636j:image

f:id:UNOYO:20160911224637j:image f:id:UNOYO:20160911224638j:image

f:id:UNOYO:20160911225730j:image

f:id:UNOYO:20160911225731j:image

いつも通り1BOX買ってみた結果は上の通り。

ノーマルカラーは一通りそろいましたがやはり今回も

ナイトとダークは半々の割合で混入されていました。





オーディンワーディアン

f:id:UNOYO:20160911224639j:image

f:id:UNOYO:20160911225732j:image

f:id:UNOYO:20160911225733j:image

Oの文字から変形。

槍を持ったケンタウロスのような姿のオーディン。

今回のメイン扱いです。





f:id:UNOYO:20160911225343j:image

f:id:UNOYO:20160911225344j:image

f:id:UNOYO:20160911225345j:image

変形の際、パーツの一部を武器として取り外します。

武器持ちキャラは1弾のミノタウロス以来ですね。





f:id:UNOYO:20160911225734j:image

f:id:UNOYO:20160911225735j:image

腕、首が可動するほか、変形機構の副産物でボディをひねることが出来ます。





f:id:UNOYO:20160911225737j:image

f:id:UNOYO:20160911225738j:image

f:id:UNOYO:20160911225739j:image

ダークワーディアン版のオーディンと。

ダーク頭部パーツが新規造形になっています。





イザナギワーディアン

f:id:UNOYO:20160911224640j:image

f:id:UNOYO:20160911230531j:image

f:id:UNOYO:20160911230532j:image

Iの文字から変形。

まさかの日本神話からのモチーフ採用です。

手には剣を装備。





f:id:UNOYO:20160911225346j:image

f:id:UNOYO:20160911225347j:image

f:id:UNOYO:20160911225348j:image

f:id:UNOYO:20160911225349j:image

Iの中央にはめ込まれている剣を取り外して変形。

腕をひらく、足を延ばすというシークエンスは明らかに「ロボ」を意識してると思われます。

最初に剣を外すのも封印を解く感じがしてワクワクします。




f:id:UNOYO:20160911230533j:image

f:id:UNOYO:20160911230534j:image

腕、首が可動。

腕の可動範囲が広いので剣の両手持ちもできます。





f:id:UNOYO:20160911230535j:image

f:id:UNOYO:20160911230536j:image

f:id:UNOYO:20160911225741j:image

イザナギはナイトカラーでした。





ヤシャワーディアン

f:id:UNOYO:20160911224641j:image

f:id:UNOYO:20160911230537j:image

f:id:UNOYO:20160911230538j:image

Yから変形。

インドの鬼神、ヤシャがモチーフ。

イザナギに続き今回はモチーフのバラエティ豊かですね。




f:id:UNOYO:20160911225351j:image

f:id:UNOYO:20160911225352j:image

ヤシャの変形はまず折りたたんでいた足を伸ばして…





f:id:UNOYO:20160911225353j:image

f:id:UNOYO:20160911225354j:image

f:id:UNOYO:20160911225355j:image

前後に重なっている二又の部分の片方を動かすともう片方もギア連動して逆方向に可動。

ダイナミックに展開して4本の腕が完成します。

この動きが非常に楽しく、今回のギミック大賞です。





f:id:UNOYO:20160911230539j:image

その代償として(?)一切の可動部がありません。





f:id:UNOYO:20160911230540j:image

f:id:UNOYO:20160911230541j:image

f:id:UNOYO:20160911225743j:image

ヤシャはダークカラーが当たりました。

頭部が別造形になっています。





バハムートワーディアン

f:id:UNOYO:20160911224642j:image

f:id:UNOYO:20160911225744j:image

f:id:UNOYO:20160911225746j:image

f:id:UNOYO:20160911225745j:image

Bの文字から変形。モチーフはバハムート、またの名をベヒモス。

すっかりドラゴンの姿が定着した感がある幻獣で今回も竜の姿で立体化。

1弾のドラゴン、2弾のワイバーンとはまた少し違ったシルエットになっています。





f:id:UNOYO:20160911225356j:image

f:id:UNOYO:20160911225357j:image

f:id:UNOYO:20160911225358j:image

変形パターンはわりと無難な感じですが

翼がヒンジで二段階に開くのでかなりボリュームがあります。





f:id:UNOYO:20160911225748j:image

f:id:UNOYO:20160911225749j:image

f:id:UNOYO:20160911225750j:image

バハムートはナイトカラーが当たりました。





ハイドラワーディアン

f:id:UNOYO:20160911224643j:image

f:id:UNOYO:20160911225751j:image

f:id:UNOYO:20160911225752j:image

Hの文字から変形。ハイドラがモチーフのワーディアン。

元ネタは首が9つある蛇の怪物ですが今回は4本になっています。

それでもかなりのインパクト。





f:id:UNOYO:20160911225359j:image

f:id:UNOYO:20160911225400j:image

f:id:UNOYO:20160911225401j:image

f:id:UNOYO:20160911225402j:image

変形パターンもHの文字を二つ折りにした断面から頭が生えてくるという

大変インパクトのあるものになっています。





f:id:UNOYO:20160911225753j:image

首は一本一本独立可動します。

口が開いた首と閉じた首の2種類が存在。





f:id:UNOYO:20160911225755j:image

f:id:UNOYO:20160911225756j:image

f:id:UNOYO:20160911225757j:image

f:id:UNOYO:20160911225403j:image

ハイドラはダークカラーがあたりました。

ノーマルとの違いは尻尾が丸ノコになっていること。

こいつこそ頭部を変えてほしかったところですが

そうなると4パーツ変更になるのでコストの問題でしょうな…





クラーケンワーディアン

f:id:UNOYO:20160911224644j:image

f:id:UNOYO:20160911230542j:image

f:id:UNOYO:20160911230544j:image

f:id:UNOYO:20160911230543j:image

Kの文字から変形。イカの怪物、クラーケンがモチーフ。

Kの文字の時点でかなり怪しげな感じですが変形後の不気味さと言ったら。

間違いなくシリーズナンバーワンの禍々しさ。そして絶対売れ残る。





f:id:UNOYO:20160911225404j:image

f:id:UNOYO:20160911225405j:image

f:id:UNOYO:20160911225406j:image

このクラーケンもかなり大胆なパーツ移動で変形します。

変形前後でボリュームが大きく変化。





f:id:UNOYO:20160911230545j:image

足は根元がボールジョイント

小さい足もスイングできるので結構いろんな表情付が出来ます。





f:id:UNOYO:20160911230546j:image

f:id:UNOYO:20160911230547j:image

f:id:UNOYO:20160911225801j:image

クラーケンはナイトカラーが当たりました。

こいつはダークが欲しかったなぁ…





f:id:UNOYO:20160911225729j:image

全員集合。

今回は6種類集めることでもう一つギミックが発動します。





f:id:UNOYO:20160911225802j:image

f:id:UNOYO:20160911225804j:image

f:id:UNOYO:20160911225803j:image

全員のパーツの一部を取り外し、合体させることで

「ラグナロクセイバー」が完成します。

武器を提供するオーディン、イザナギ、ヤシャはいいとして

残り3人は普通に体の一部をもぎ取られているのでちょっとかわいそう。





f:id:UNOYO:20160911225805j:image

f:id:UNOYO:20160911225806j:image

ラグナロクセイバーはオーディンに装備できます。

ダークやナイトなどで統一カラーにすればよりかっこよさそうですね。





f:id:UNOYO:20160911225807j:image

f:id:UNOYO:20160911225808j:image

イザナギやヤシャの腕にジョイントにも取り付けられますが

とりまわしに難があるうえ、ヤシャは重量を支えきれずに転倒します。





f:id:UNOYO:20160911225726j:image

f:id:UNOYO:20160911225727j:image

1弾〜3弾のワーディアンを集結させてみました。

大分増えましたね。残りは8文字!





f:id:UNOYO:20160911225810j:image

f:id:UNOYO:20160911225811j:image

f:id:UNOYO:20160911225812j:image

今のことろカラーは赤系、青系、緑系であわせられていますが

今後もこれをベースに新色を出してくるのかな。





f:id:UNOYO:20160911225736j:image

f:id:UNOYO:20160911225740j:image

f:id:UNOYO:20160911225742j:image

f:id:UNOYO:20160911225747j:image

f:id:UNOYO:20160911225754j:image

f:id:UNOYO:20160911225758j:image

f:id:UNOYO:20160911225806j:image

個人的にはヤシャとクラーケンの紫コンビがお気に入り。


以上、ワーディアン3弾でした!


2弾、1弾の限定ダークver.とリリースが続いていたので

体感的には大分早いペースに感じますね。

今回はモチーフと変形パターン、両方においておお!と思わせてくれるラインナップ。

特にヤシャはその両方において抜群の存在感です。可動が全くないのが非常に惜しい。


今回から取り入れられたプラス1ギミックであるラグナロクセイバーは

正直そこまで魅力は感じませんでしたがこういう連動ギミックがないとどうしても

不人気なキャラが売れ残ってしまうので苦肉の策なんでしょうね。


残り8文字、4章で完結するのかもう少し続くのかわかりませんが

とにかくここまで来たら完走して頂きたいところ!

2016-09-04

魔法つかいプリキュア!ラブリーポーズドール2 レビュー

f:id:UNOYO:20160904214026j:image

おすわりポーズがきまる!魔法つかいプリキュアのデフォルメドール全6種類を紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160904212904j:image f:id:UNOYO:20160904212905j:image

パッケージは新登場となるフェリーチェが大きく取り上げられています。

正面の絵柄は共通で、中身は天面のキャラで判別することが出来ます。





f:id:UNOYO:20160904214014j:image

f:id:UNOYO:20160904214015j:image

ラインナップは全6種類。

・キュアミラクル

・キュアマジカル

・キュアフェリーチェ

・みらいと魔法のほうき

・リコと魔法のほうき

・ことはと魔法のほうき

となっており、ミラクル、マジカル、みらいは1弾からの

表情をマイナーチェンジしての再録となっています。





キュアミラクル

f:id:UNOYO:20160904212907j:image f:id:UNOYO:20160904212906j:image

f:id:UNOYO:20160904212909j:image f:id:UNOYO:20160904212908j:image

表情がウインクに変更になりました。

首、腕、腰が可動しお座りポーズが可能。

画像で座らせているイスはシルバニアファミリーのものでサイズぴったり。





キュアマジカル

f:id:UNOYO:20160904212910j:image f:id:UNOYO:20160904212911j:image

f:id:UNOYO:20160904212913j:image f:id:UNOYO:20160904212912j:image

マジカルもミラクルと同じく表情がウインクになって再登場。

ミラクルとは逆側の目を閉じています。





キュアフェリーチェ

f:id:UNOYO:20160904212914j:image f:id:UNOYO:20160904212915j:image

f:id:UNOYO:20160904212916j:image f:id:UNOYO:20160904212917j:image

新プリキュアのキュアフェリーチェ。

新造形での新録となります。ちょっと首が長い気もしますが、可愛い。





みらいと魔法のほうき

f:id:UNOYO:20160904212918j:image f:id:UNOYO:20160904212919j:image

f:id:UNOYO:20160904212920j:image f:id:UNOYO:20160904212921j:image

魔法学校の制服のみらい。

1弾から表情が変更されています。





リコと魔法のほうき

f:id:UNOYO:20160904212922j:image f:id:UNOYO:20160904212923j:image

f:id:UNOYO:20160904212924j:image f:id:UNOYO:20160904212925j:image

リコも魔法学校の制服で新登場。

なんだかおっとりした顔立ちですが、これはこれで可愛い。





ことはと魔法のほうき

f:id:UNOYO:20160904212926j:image f:id:UNOYO:20160904212927j:image

f:id:UNOYO:20160904212929j:image f:id:UNOYO:20160904212928j:image

はーちゃんこと、花海ことはも魔法学校の制服で登場。

付属のほうきはちゃんと専用カラーになっています。





f:id:UNOYO:20160904214016j:image

f:id:UNOYO:20160904214020j:image

3人ずつならべて。

表情が豊かなのと、すこしだけポージングもできるので並べると楽しいです。





f:id:UNOYO:20160904214022j:image

f:id:UNOYO:20160904214021j:image

ミラクル&マジカルはツーショットも良い。

もちろんフェリーチェを加えるのも良い!





f:id:UNOYO:20160904214023j:image

f:id:UNOYO:20160904214024j:image

f:id:UNOYO:20160904214025j:image

変身前後で並べて。

手軽にこういった並べ方が出来るのはこのシリーズだけかな。

(プリコーデは2個買いしないといけないので)





f:id:UNOYO:20160904214017j:image

変身前とキューティーフィギュアを並べるのもいい感じです。





f:id:UNOYO:20160904214018j:image

f:id:UNOYO:20160904214019j:image

f:id:UNOYO:20160904214026j:image

f:id:UNOYO:20160904214027j:image

f:id:UNOYO:20160904214028j:image

f:id:UNOYO:20160904214029j:image

いろいろ小物を組み合わせて。

前回のレビュー時よりも小物を増やしたのでより楽しく遊べました。


以上、ラブリーポーズドール2でした!


ミラクル、マジカル、みらいという半端なラインナップだった1弾から一転

メインキャラ3人の変身前後の網羅という豪華ラインナップになった2弾。

1弾からの再録組も表情が可愛くアレンジされています。

新録のキャラたちもみんな可愛く仕上がっており、大変満足。


1点気になったのはやたらと材質が柔らかいこと。

首のボールジョイントなんかはちょっと動かしづらかったですね。


個人的にはに結構このフォーマット気に入ったので来年以降も

キューティーフィギュアの展開が遅めになるのであれば

こちらも展開していってほしいところです。