Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 かめらいど。さんと相互リンクしました!

2016-05-15

武装神姫 戦車型MMS ムルメルティア 砂漠戦仕様 レビュー

f:id:UNOYO:20160515172030j:image

2010年にコナミスタイルにて限定販売された、戦車型MMSムルメルティアの

ペイントバージョンを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160515172323j:image f:id:UNOYO:20160515172324j:image

飛鳥夜戦仕様と同じく、こちらも描き下ろしパッケージ。

暑そうに手で日差しをよける、砂漠の日常(?)のワンシーンのイメージです。





ムルメルティア 砂漠戦仕様 素体

f:id:UNOYO:20160515171957j:image f:id:UNOYO:20160515171958j:image

f:id:UNOYO:20160515171959j:image f:id:UNOYO:20160515172000j:image

2008年に発売されたムルメルティアのリペイントカラー版。

砂漠戦をイメージしたいわゆるデザートカラーになっています。

もともとのモチーフが戦車&軍服なのでカラーの親和性は抜群。

飛鳥夜戦仕様と同じく純粋なリペイントですが値段は4,830円から5,670円にアップしました。





f:id:UNOYO:20160515172309j:image f:id:UNOYO:20160515172310j:image

f:id:UNOYO:20160515172311j:image f:id:UNOYO:20160515172312j:image

肌が日焼けのイメージで褐色になっているのが最大の特徴。

髪も焼けたような金髪です。

ボディの配色はもともと白だった部分も肌色になり、通常のムルメルティアに比べて露出度が増しました。





f:id:UNOYO:20160515172313j:image f:id:UNOYO:20160515172314j:image

f:id:UNOYO:20160515172315j:image f:id:UNOYO:20160515172316j:image

表情は2種類付属。

こちらは飛鳥に比べて非常に違いが分かりやすい。





f:id:UNOYO:20160515172001j:image

f:id:UNOYO:20160515172002j:image

通常カラーのムルメルティアとならべて。

カターパターン自体は変わっていませんが肌色で塗装されている部分が増えています。

お腹が肌色になったのがセクシーですね。





f:id:UNOYO:20160515172003j:image f:id:UNOYO:20160515172004j:image

f:id:UNOYO:20160515172005j:image f:id:UNOYO:20160515172006j:image

各部にパーツを装着して軽武装状態へ。

武装部分は深いグリーンで成形されておりミリタリー感が増しています。





f:id:UNOYO:20160515172318j:image f:id:UNOYO:20160515172317j:image

f:id:UNOYO:20160515172319j:image f:id:UNOYO:20160515172320j:image

こちらもパーツ構成は通常から変わりませんが

肩が出ているのでどことなく動きやすそう。





f:id:UNOYO:20160515172321j:image f:id:UNOYO:20160515172322j:image

前髪パーツは交換することで眼帯の有無を選択できます。





f:id:UNOYO:20160515171835j:image

また帽子も別パーツになっているので取り外して単体でディスプレイなどすることもできます。





f:id:UNOYO:20160515171836j:image

f:id:UNOYO:20160515171837j:image

この形態ではモーゼル型の銃を装備することが出来ます。





f:id:UNOYO:20160515172007j:image

f:id:UNOYO:20160515172008j:image

f:id:UNOYO:20160515172009j:image

背中にユニットを装備して重武装形態へ。

こちらは一応基本の状態となるアームユニット形態。





f:id:UNOYO:20160515172010j:image

f:id:UNOYO:20160515172011j:image

アームは各部フレキシブルに可動し、多彩な表情付が可能です。





f:id:UNOYO:20160515172012j:image

f:id:UNOYO:20160515172013j:image

メイン武装であるインターメラル 3.5mm主砲。

神姫界隈でも最大の部類に入る武装です。





f:id:UNOYO:20160515171838j:image

f:id:UNOYO:20160515171839j:image

アームの先端部部を組み替えて

武装に組み込むことが出来ます。





f:id:UNOYO:20160515172014j:image

f:id:UNOYO:20160515172015j:image

f:id:UNOYO:20160515172016j:image

主砲装備。

ただでさえ大きなアームがさらに長く、大きく。





f:id:UNOYO:20160515172017j:image

f:id:UNOYO:20160515172018j:image

上に向けると高さもすごいことになります。





f:id:UNOYO:20160515172019j:image

アームの可動域はそのまま生きているので

様々な砲撃体勢をとらせて遊べます。





f:id:UNOYO:20160515172020j:image

さらに先端部分を換装することでパイルバンカーにも。





f:id:UNOYO:20160515172021j:image

f:id:UNOYO:20160515172022j:image

距離砲撃専門というわけではなく

距離の殴り合いも全然イケる、というわけですね。





f:id:UNOYO:20160515172023j:image

f:id:UNOYO:20160515172025j:image

f:id:UNOYO:20160515172024j:image

アームユニットはパーツを追加して組み替えることでレッグユニットとしても装備できます。





f:id:UNOYO:20160515172026j:image

f:id:UNOYO:20160515172027j:image

こちらも戦車砲を装備すると大変なボリュームになります。

ただ、足が伸びるだけなのでイマイチバランス悪し。

2個買いすれば巨大なアームを維持したまま足を延ばせて完全な巨人モードにすることが出来ます。





f:id:UNOYO:20160515172028j:image

f:id:UNOYO:20160515172029j:image

通常ムルメルティアとならべて。

砂漠戦仕様は文字通りいい意味で泥臭い感じの仕上がりですね。

しかし今にも殴り合いが始まりそうな構図に…





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160515172042j:image

f:id:UNOYO:20160515172043j:image

f:id:UNOYO:20160515172044j:image

f:id:UNOYO:20160515172045j:image

f:id:UNOYO:20160515172039j:image

f:id:UNOYO:20160515172040j:image

f:id:UNOYO:20160515172030j:image

f:id:UNOYO:20160515172031j:image

f:id:UNOYO:20160515172032j:image

f:id:UNOYO:20160515172033j:image

f:id:UNOYO:20160515172034j:image

f:id:UNOYO:20160515172035j:image

f:id:UNOYO:20160515172036j:image

f:id:UNOYO:20160515172037j:image

f:id:UNOYO:20160515172038j:image

無骨なアームユニットによる問答無用の力強さに圧倒されますが

素体や軽装備状態の可愛さも見逃せません。





f:id:UNOYO:20160515172041j:image

最後は通常ムルメルティアと。

通常は指揮官、砂漠戦仕様は最前線の小隊長なイメージですね。


以上、ムルメルティア砂漠戦仕様でした。


こちらも前回紹介した飛鳥夜戦仕様と同じくどういうわけか

今になって近所のリサイクルショップに並んでいたので思わず確保した一品。

未開封品だったのでかなりのプレミア価格でしたが当時買い逃していて

ずっと気になっていたので思い切ってみました。


商品としては純粋なリペイントアイテムで

追加パーツなどはありませんがこのデザートカラーがムルメルティアに

本当にピッタリで、こっちがデフォルトでもよかったのでは?と思ってしまうほど。

当時はあんまりリペイント商法ってあんまり快く思って食指も鈍かったんですが

後になって触ってみるとやっぱり全然違う魅力があって、今更ながら反省です。

欲しいものは欲しいときに買うべし、ですね。

2016-05-14

武装神姫 戦闘機型MMS 飛鳥 夜戦仕様 レビュー

f:id:UNOYO:20160514160742j:image

2010年にコナミスタイル限定で販売された武装神姫

飛鳥の夜戦仕様ver.を紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160514160524j:image f:id:UNOYO:20160514160525j:image

パッケージは島田フミカネ氏かきおろし。

限定品ということもありウインドウなしの簡素な仕様になっています。





飛鳥 夜戦仕様 素体

f:id:UNOYO:20160514160719j:image f:id:UNOYO:20160514160720j:image

f:id:UNOYO:20160514160721j:image f:id:UNOYO:20160514160722j:image

商品は2008年に発売された通常の『飛鳥』のリペイントver.

新規パーツや特典は特になしの純粋なリペイントです。

しかし値段は4,410円から5,250円にアップ。





f:id:UNOYO:20160514160500j:image f:id:UNOYO:20160514160501j:image

f:id:UNOYO:20160514160502j:image f:id:UNOYO:20160514160503j:image

夜戦仕様のその名の通り、全身がダークカラーに変更されています。





f:id:UNOYO:20160514160505j:image f:id:UNOYO:20160514160504j:image

f:id:UNOYO:20160514160507j:image f:id:UNOYO:20160514160506j:image

表情は2種類付属し、片方が通常で片方が微笑み…なのですが

相変わらずよ〜くみないと判別できません。

写真だと全然わからないですね。





f:id:UNOYO:20160514160723j:image

f:id:UNOYO:20160514160724j:image

通常飛鳥とならべて。肌の色も変更になっていますね。

ボディのペイントパターンは変わっていません。





f:id:UNOYO:20160514160726j:image

f:id:UNOYO:20160514160728j:image

f:id:UNOYO:20160514160727j:image

武装状態。戦闘機巫女のダブルモチーフになっています。





f:id:UNOYO:20160514160508j:image f:id:UNOYO:20160514160509j:image

f:id:UNOYO:20160514160510j:image f:id:UNOYO:20160514160511j:image

夜戦仕様にあわせて巫女の袴部分なのど赤いパーツは黒に変更。

艶消し仕上げで非常にクールで格好良いです。





f:id:UNOYO:20160514160512j:image f:id:UNOYO:20160514160513j:image

頭部はゴーグルとウサミミのついた前髪に交換します。

兵器と動物、それぞれの意匠を女の子にトッピングということで島田フミカネ氏のテイスト全開。





f:id:UNOYO:20160514160514j:image f:id:UNOYO:20160514160515j:image

袴アーマー。

可動範囲を狭めてしまいますが前面のパーツを取り外すことで足を前に出すことが出来るようになります。





f:id:UNOYO:20160514160516j:image f:id:UNOYO:20160514160517j:image

ランドセルは赤から黒になりました。





f:id:UNOYO:20160514160236j:image

f:id:UNOYO:20160514160235j:image

f:id:UNOYO:20160514160237j:image

主翼部分は腰の後ろに装着。

プレート状のパーツを経由するため、様々な角度で配置が可能です。





f:id:UNOYO:20160514160239j:image

f:id:UNOYO:20160514160238j:image

機種風のしっぽユニットも可動式のジョイントで上下左右にフレキシブルに可動します。





f:id:UNOYO:20160514160518j:image f:id:UNOYO:20160514160519j:image

f:id:UNOYO:20160514160520j:image f:id:UNOYO:20160514160521j:image

主翼展開!発艦準備!





f:id:UNOYO:20160514160731j:image

f:id:UNOYO:20160514160732j:image

翼、しっぽはかなりダイナミックに配置できます。





f:id:UNOYO:20160514160522j:image f:id:UNOYO:20160514160523j:image

また膝、足首には車輪が隠されており…





f:id:UNOYO:20160514160733j:image

f:id:UNOYO:20160514160734j:image

f:id:UNOYO:20160514160735j:image

膝を折り曲げて設置させることで着陸状態を再現できます。

この状態から主翼を展開、滑走〜発艦していくイメージですね。

正座にもみえるポーズが純和風の飛鳥に似合っています。





f:id:UNOYO:20160514160230j:image

f:id:UNOYO:20160514160231j:image

f:id:UNOYO:20160514160232j:image

両腕は左右非対称になっており片腕が武装、片腕が武器になっています。

専用手首は両手分付属するため両腕を入れ替えることが可能。





f:id:UNOYO:20160514160233j:image

f:id:UNOYO:20160514160234j:image

ランドセルについているリコーダーのようなパーツは実は

霊刀・千鳥雲切のグリップ。

刃パーツを取り付けることでビームソードになります。





f:id:UNOYO:20160514160241j:image

f:id:UNOYO:20160514160240j:image

両翼などには航空爆弾を装備可能。





f:id:UNOYO:20160514160243j:image

f:id:UNOYO:20160514160242j:image

また、手持ち武器であるflak17 1.5mm機関砲が2丁付属。

グリップを収納してこちらも本体に装備させることが出来ます。





f:id:UNOYO:20160514160244j:image

あと増槽パーツが付属しますがどこにつければよいかわからず。

せめて2個付属すればしっくりくるつけ方もできたのですが…持て余し気味です。





f:id:UNOYO:20160514160736j:image

f:id:UNOYO:20160514160737j:image

フル装備。

パーツ自体は結構多く、ギミックも少なくないですが

まとまりが良いためボリュームはさほどありません。





f:id:UNOYO:20160514160744j:image

f:id:UNOYO:20160514160745j:image

通常飛鳥とならべて。

巫女らしさは通常カラーが上ですが

夜戦仕様もミリタリー感が増していて良いですね。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160514160750j:image

f:id:UNOYO:20160514160751j:image

f:id:UNOYO:20160514160748j:image

f:id:UNOYO:20160514160749j:image

f:id:UNOYO:20160514160738j:image

f:id:UNOYO:20160514160739j:image

f:id:UNOYO:20160514160740j:image

f:id:UNOYO:20160514160741j:image

f:id:UNOYO:20160514160742j:image

f:id:UNOYO:20160514160743j:image

f:id:UNOYO:20160514160747j:image

通常飛鳥の時も感じたことですがパーツ配置の妙により

非常に遊びやすい、グリグリ動かせる神姫になっています。

動かしていて楽しいです。





f:id:UNOYO:20160514160746j:image

f:id:UNOYO:20160514160753j:image

最後は通常飛鳥と。


以上、武装神姫飛鳥 夜戦仕様でした!


ライトアーマー3弾からアルトレーネ発売までの空白期間であった

2010年にひっそりとコナミスタイル限定で発売されたということでやや影が薄く、

また『アクセスコードなし』『追加パーツなし』『でも値段は上げます』

というユーザーによってあまりにもな仕様により購入する層は限られた結果

今やとんでもないプレミアがついた稀少神姫の代表格となった神姫。


先日たまたま近所のリサイクルショップでムルメルティア砂漠仕様と共に

未開封新品の状態で並んでいるところに出くわし、そのままお迎えしてしまった次第です。

実際プレミア価格でいいお値段しましたけど、今後下がることもなさそうなので…


今のご時世に誰得レビューだよという話ではありますが

多分世の中には私のように何年経とうが欲しいものは欲しいという

コレクター気質武装神姫ファンの方もいると思うので

今後手に入れようと悩んでいる方の参考になれば幸いです。

2016-01-24

武装神姫 戦乙女型MMS アルトレーネ ヴィオラ レビュー

f:id:UNOYO:20160124214951j:image

今回は2010年に発売された武装神姫アルトレーネの限定リペイントバージョンを紹介します!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160124215305j:image f:id:UNOYO:20160124215306j:image

f:id:UNOYO:20160124215307j:image f:id:UNOYO:20160124215308j:image

今回紹介するのは2010年にコナミスタイルにて限定販売された

武装神姫アルトレーネのリペイントバージョン、『アルトレーネヴィオラ』

カラーリングが白から青へと変更されています。

パッケージイラストもキャラデザイナー羽音たらく氏による描き下ろし。





f:id:UNOYO:20160124214637j:image

f:id:UNOYO:20160124214638j:image

中身。驚異の三段ブリスターです。





f:id:UNOYO:20160124214639j:image

アルトレーネ本体はある程度の軽武装を装着された状態で

梱包されていました。





アルトレーネヴィオラ素体

f:id:UNOYO:20160124214911j:image f:id:UNOYO:20160124214912j:image

f:id:UNOYO:20160124214913j:image f:id:UNOYO:20160124214914j:image

白いボディに金髪のアルトレーネから一転、今回のヴィオラは濃紺に薄紫の髪と

『ヴィオラ』の名の通りにイメージカラーを変更。

ペイントパターンも一新されています。





f:id:UNOYO:20160124215309j:image f:id:UNOYO:20160124215310j:image

f:id:UNOYO:20160124215312j:image f:id:UNOYO:20160124215311j:image

黄色の塗装精度に若干難ありですが、全体的には十分きれいにまとまっているかと。

髪の薄紫の塗装も淡く、美しい仕上がり。





f:id:UNOYO:20160124215313j:image f:id:UNOYO:20160124215314j:image

ボディペイントは下乳、肩、背中が露出。

もとのペイントパターンと露出箇所が変わっています。

また背中のマーキングが天使の羽から蝶の羽になっているという変更点も。





f:id:UNOYO:20160124215316j:image f:id:UNOYO:20160124215317j:image

f:id:UNOYO:20160124215315j:image f:id:UNOYO:20160124215318j:image

交換用フェイスは叫び顔と目閉じ顔。

今見ても十分な可愛さですね。





f:id:UNOYO:20160124214915j:image

f:id:UNOYO:20160124214917j:image

f:id:UNOYO:20160124214916j:image

f:id:UNOYO:20160124214918j:image

白いノーマルのアルトレーネ素体と並べて。

雰囲気ががらりと変わります。

もともと神秘的な雰囲気の漂うキャラデザイン(性格は別として)でしたが、ヴィオラはさらに高貴なイメージに。





f:id:UNOYO:20160124214919j:image

各部のパーツを取り外せば、通常の武装神姫と同じ素体状態にも戻せます。

ただ見慣れちゃうとこれはちょっと物足りないですね…





f:id:UNOYO:20160124214921j:image

f:id:UNOYO:20160124214920j:image

f:id:UNOYO:20160124214923j:image

f:id:UNOYO:20160124214922j:image

続いて武装状態。

大型の腕部、脚部武装に加え、自在に変形するスカート型のユニットが特徴です。





f:id:UNOYO:20160124215319j:image f:id:UNOYO:20160124215320j:image

武装後もカラーリングは紺+クリアーイエローでまとめられています。





f:id:UNOYO:20160124214640j:image

f:id:UNOYO:20160124214641j:image

f:id:UNOYO:20160124214642j:image

ボディ各部にはクリアパーツ製のカバーがはめ込まれています。





f:id:UNOYO:20160124214643j:image

f:id:UNOYO:20160124214644j:image

副腕、脚部、スカートには可動箇所が多く設けられ

武装後でもフレキシブルにポージングが可能です。





f:id:UNOYO:20160124215321j:image f:id:UNOYO:20160124215322j:image

武装状態の頭の左右にはセンサーパーツが付きます。





f:id:UNOYO:20160124215323j:image f:id:UNOYO:20160124215324j:image

センサーパーツは兜『ヴォータンヘルメ』に交換可能。

こちらのパーツは通常レーネでは初回特典だったものですが

ヴィオラにはデフォルトで付属します。





f:id:UNOYO:20160124214925j:image

f:id:UNOYO:20160124214924j:image

これだけでもけっこう雰囲気が変わるので、うれしいオマケです。





f:id:UNOYO:20160124214928j:image

f:id:UNOYO:20160124214929j:image

f:id:UNOYO:20160124214930j:image

続いて武装の紹介。

両腕に大小2本の剣を装備させることが出来ます。

大きいほうがブラオシュテルン、小さいほうがジークリンデです。





f:id:UNOYO:20160124214931j:image

f:id:UNOYO:20160124214932j:image

剣同士は連結パーツを使用することで合体が可能。

非常に長くなります。





f:id:UNOYO:20160124214933j:image

さらに盾、ブリュンヒルデを装備可能。





f:id:UNOYO:20160124214934j:image

ブリュンヒルデには剣と合体させることが出来る

ジョイントが設けられています。





f:id:UNOYO:20160124214935j:image

手持ち武器として新たにライフル・ランドグリーズが付属。

こちらは通常レーネには付属しない、ヴィオラの専用武器となります。





f:id:UNOYO:20160124214646j:image

f:id:UNOYO:20160124214647j:image

パーツを差し替えることで砲身の展開を再現できます。





f:id:UNOYO:20160124214648j:image

f:id:UNOYO:20160124214649j:image

その他ギミックとしてスカートアーマーは展開して…





f:id:UNOYO:20160124214936j:image

はさみ状の武器になります。





f:id:UNOYO:20160124214937j:image

また、翼風に組み替えて背中に装着しフリューゲルモードにも。





f:id:UNOYO:20160124214938j:image

f:id:UNOYO:20160124214939j:image

f:id:UNOYO:20160124214940j:image

左右にかなりのボリュームになります。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160124214906j:image

f:id:UNOYO:20160124214907j:image

f:id:UNOYO:20160124214908j:image

f:id:UNOYO:20160124214909j:image

f:id:UNOYO:20160124214949j:image

f:id:UNOYO:20160124214948j:image

f:id:UNOYO:20160124214950j:image

f:id:UNOYO:20160124214947j:image

f:id:UNOYO:20160124214941j:image

f:id:UNOYO:20160124214942j:image

f:id:UNOYO:20160124214944j:image

f:id:UNOYO:20160124225005j:image

f:id:UNOYO:20160124225004j:image

f:id:UNOYO:20160124225003j:image

f:id:UNOYO:20160124214943j:image

f:id:UNOYO:20160124214945j:image

f:id:UNOYO:20160124214946j:image

やっぱり武装神姫のポージングは楽しいですね。

ついつい撮りすぎてしまいました。





f:id:UNOYO:20160124214951j:image

以上、武装神姫アルトレーネヴィオラでした!


本家コナミからのリリースがストップしながらも昨年から固定フィギュアの発売や

BD特典素体のキャンペーン、コトブキヤからのプラモデル発表など、水面下で存続し続けている武装神姫

そろそろワンダーフェスティバルということでまた新たな情報が少しは発表されるかな?

と期待が高まっておりますが、高まりすぎて次の展開を待ちきれずついつい新しい神姫を購入してしまった次第。


展開当時はリペイントなどの限定バージョンまで手が回らず、スルーしてしまっていた神姫が多いのですが

今の目で見て触るとまた新鮮な気持ちで遊ぶことが出来、非常に楽しかったです。

たとえプレ値であっても、まだ市場に出回っていて手が届くうちに集めきってしまうのも良いかも、と思いました。

(集めるとは言ってない)

AGPやFAGなど、後継者的なアイテムが近年になって充実してきており、うれしい限りではありますが

神姫には神姫にしかない魅力が沢山あるので、ぜひ新しいファンの方にも触れてみて頂きたい玩具ですね。

2015-07-26

武装神姫 復活! ワンフェス2015[夏]

祝・武装神姫 復活!

f:id:UNOYO:20150726170353j:image

https://twitter.com/kotobukiyas

※コトブキヤ宣伝@kotobukiyas様のtwitterより


本日開催のワンダーフェスティバル2015夏の

コトブキヤブースにて武装神姫・天使型MMSアーンヴァルのプラモデルが展示されたそうです。


同会場で行われた浅井真紀さんのトークショーで詳細が明かされ

・新素体

・コナミ製の過去作との互換性アリ

・歴代神姫のリメイクや掘り起しを行っていく路線

などのワクワクの新情報が!


フレームアームズガール発表時に

これは武装神姫の布石か…?

なんて冗談交じりに勘ぐっていたものですが

まさか実現するとは!


久々にテンションMAXになるうれしいニュースでした。

続報に期待です^^/

2015-02-28

武装神姫 パーティオ・テール プロトタイプバージョン レビュー

f:id:UNOYO:20150228025928j:image

武装神姫2036』より、フェレット型MMSパーティオ・テールが

塗装済み完成品フィギュアとしてアクアマリンより発売!


パッケージ

f:id:UNOYO:20150228030638j:image f:id:UNOYO:20150228030639j:image

f:id:UNOYO:20150228030641j:image f:id:UNOYO:20150228030640j:image

元イラストとなったBLADE氏のイラストが掲載されたパッケージ。

本体ボリュームに比べるとやや大きめです。





パーィオ・テール プロトタイプバージョン

f:id:UNOYO:20150228025910j:image

f:id:UNOYO:20150228025911j:image

武装神姫2036』に登場するパーティオ・テールを

原作タッチを再現する形でPVCフィギュア化。

BLADE氏の独特の絵柄を忠実に再現したなかなかコアなアイテムになっています。





f:id:UNOYO:20150228025913j:image

f:id:UNOYO:20150228025912j:image

f:id:UNOYO:20150228025915j:image

f:id:UNOYO:20150228025914j:image

f:id:UNOYO:20150228025916j:image

色んな角度から。

プロトタイプバージョンは3rd tallに相当する大き目な素体なのですが

大分子供らしい体型で立体化されています。





f:id:UNOYO:20150228030643j:image f:id:UNOYO:20150228030642j:image

f:id:UNOYO:20150228030644j:image f:id:UNOYO:20150228030645j:image

アップで。

お顔の再現度が素晴らしい。

左右非対称に造形された髪も固定フィギュアならではですね。





f:id:UNOYO:20150228030646j:image f:id:UNOYO:20150228030647j:image

f:id:UNOYO:20150228030648j:image f:id:UNOYO:20150228030649j:image

ボディはケモテックらしい見事な幼児体型。

胸部分にはプロトタイプを示すマーキングが施されています。





f:id:UNOYO:20150228025711j:image

f:id:UNOYO:20150228025712j:image

手には武器、デリンジャーイーグルを装備しています。




f:id:UNOYO:20150228025710j:image

おおきな尻尾部分もしっかり再現

可動ギミックなどはありません。





f:id:UNOYO:20150228025922j:image

f:id:UNOYO:20150228025923j:image

f:id:UNOYO:20150228025924j:image

f:id:UNOYO:20150228025925j:image

f:id:UNOYO:20150228025926j:image

f:id:UNOYO:20150228025927j:image

f:id:UNOYO:20150228025928j:image

f:id:UNOYO:20150228025929j:image

振り向き姿勢なので飾る角度は限られますが

その分タッチの再現度は素晴らしいですね。





f:id:UNOYO:20150228025918j:image

f:id:UNOYO:20150228025919j:image

MMSのほうの本家パーティオ プロトタイプバージョンと並べて。

プロポーションが全然違いますね。今回のほうが色味がちょっと強いかな。





f:id:UNOYO:20150228025920j:image

f:id:UNOYO:20150228025921j:image

MMS3rd smallのライトアーマー・パーティオと並べて。

パーティオ3姉妹!





f:id:UNOYO:20150228025930j:image

f:id:UNOYO:20150228025931j:image

最後はキューズQのアイネス、レーネと並べて。

この短いスパンで3つも武装神姫のPVCフィギュアが出るとは驚きです。


以上、アクアマリンよりパーティオ・テールでした。

ケモテック型神姫のデザイナーであり、武装神姫0236の作者である

BLADE先生のタッチを完全再現した今回のアイテム。


ケモテック神姫はもともとクセの強いデザインである一方で

MMSが汎用素体であるが故に元デザインと現物の印象がかけ離れてしまうのが

惜しいポイントだったので今回の固定フィギュアはケモテックファンにとっては

なかなか嬉しいアイテムなのではないのでしょうか。


需要がかなりニッチであることが予想されるためか

お値段設定もそれなりになっていますが

個人的には是非相方のポモック・モックも出してほしいところ。