Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 かめらいど。さんと相互リンクしました!

2016-07-25

メガハウス デスクトップアーミー vol.01 レビュー

f:id:UNOYO:20160726010009j:image

メガハウスによる新アクションフィギュアシリーズ『デスクトップアーミー』。

今回は第一弾となるシルフィーシリーズの全6種類を紹介!


f:id:UNOYO:20160726010003j:image

f:id:UNOYO:20160726010004j:image

今回紹介するのはメガハウスより発売の新アクションフィギュアデスクトップアーミー』。

1個1,480円で全6種類。

ブラインド仕様のため箱(6個入り)で購入しました。

無事6種類すんなり揃って一安心。





f:id:UNOYO:20160726010005j:image

f:id:UNOYO:20160726010006j:image

f:id:UNOYO:20160726010007j:image

中のパッケージはこんな感じです。

DVDケース3枚分ぐらい。





f:id:UNOYO:20160726010008j:image

裏面にはキャラクターの解説とラインナップ紹介。

共通の素体フィギュアとなるシルフィーに専用武装6種類がどれか一つランダムで封入されています。

武装の種類によってそれぞれ呼び方が変わり

01 ストライカー

02 インターセプター

03 スナイパー

04 スカウト

05 ランチャー

06 ファランクス

となっています。





f:id:UNOYO:20160726011000j:image

f:id:UNOYO:20160726011001j:image

f:id:UNOYO:20160726011002j:image

f:id:UNOYO:20160726011003j:image

内容はこんな感じ。

シルフィーフィギュア1体と共通ランナー1枚(ベース、ジョイント

そして専用武器ランナーが2枚付属します。

共通の取説・シールも付属。





素体 シルフィー

f:id:UNOYO:20160726010036j:image f:id:UNOYO:20160726010037j:image

f:id:UNOYO:20160726010038j:image f:id:UNOYO:20160726010039j:image

こちらが共通の素体フィギュアとなるシルフィー。

デフォルメ頭身で可愛らしいです。

組み立て・塗装済みなので開けてすぐに遊ぶことが出来ます。

目線が正面、右、左の3種類用意されており、どれが当たるかはまたランダムになっています。

(一応、武装とあわせてある模様)





f:id:UNOYO:20160726010040j:image

大きさはこの程度。

大体8センチで一般的な約1/12アクションフィギュアの半分ぐらい。

携帯端末の進化系という設定なので1/1サイズと思われます。

神姫やジスタの仲間ですね。





f:id:UNOYO:20160726011007j:image

単体で自立可能ですがさすがにバランスが悪いのでベースが付属します。

このベース、スタンドの角度調節が出来るほかいろいろ付属品がついてきて

カスタム可能ですがそのあたりは割愛(





f:id:UNOYO:20160726010041j:image

各関節が可動。

首、肩、足はダブルボールジョイント、肘と膝は軸可動です。

特に肘は画像のように大きく曲げることができます。





f:id:UNOYO:20160726010043j:image

f:id:UNOYO:20160726010042j:image

ちんちくりんな体型ですが

それなりに可愛いポーズはとれるかなと。





f:id:UNOYO:20160726011008j:image

f:id:UNOYO:20160726011009j:image

さらに首、肩、足のダブルボールジョイント

ボールの間隔が開いた交換用も付属。

デフォルトが一番左です。





f:id:UNOYO:20160726011010j:image

f:id:UNOYO:20160726011011j:image

肩に使用すれば横に大きく広がられるようになり





f:id:UNOYO:20160726011012j:image

f:id:UNOYO:20160726011013j:image

足に使用すれば大きく蹴り上げられるようになります。





f:id:UNOYO:20160726010044j:image

f:id:UNOYO:20160726010045j:image

これまたポージングの幅が広がります。

流石にこのサイズで引き出し式関節などを仕込むのは厳しいと思いますし

なかなか思い切りの良い、効果的な仕様だと思います。





f:id:UNOYO:20160726011014j:image

f:id:UNOYO:20160726011015j:image

f:id:UNOYO:20160726011016j:image

頭部、肩、腕、膝、背中にハードポイントがあり、ここに武装をつけられます。

ただジョイントの形状がコの字型でパーツを挟むだけの固定方法なので

武装にちょっと触れただけで位置がずれたり、外れることが多いのが難点です。





【格闘型】ストライカー

f:id:UNOYO:20160726010010j:image

f:id:UNOYO:20160726010011j:image

まずはパッケージなどでも描かれているメインの機体、ストライカー

背部にはジェットパック、右腕にはナックルを装備。

バイザーがどこか猫型武装神姫マオチャオを思い出させますが

まぁデザイナーさん同じ(BLADE氏)ですからね。偶然だぞ

と思ったらそもそもシルフィーの機体設定が"ネコのようにきまぐれ"なので多分狙ってやってる。





f:id:UNOYO:20160726010012j:image

f:id:UNOYO:20160726010013j:image

ジェットパックはパーツを多数つかっており見栄え良し。

ナックルはパチ組だと白一色なのでちょっとインパクトが弱いですね。





【迎撃型】インターセプター

f:id:UNOYO:20160726010014j:image

f:id:UNOYO:20160726010015j:image

ウイングを装備したシルフィー・インターセプター。

多くの人はそのウイングよりもツインテールに重要性を見出すと思われます。





f:id:UNOYO:20160726010016j:image

4枚のウイングがすべて可動式ですが横方向へのスイングしかないので

ややギミックとしては弱いかな。





【狙撃型】スナイパー

f:id:UNOYO:20160726010017j:image

f:id:UNOYO:20160726010018j:image

ライフルとアイサイトを装備したスナイパー。

背中にはマガジンをぶら下げています。





f:id:UNOYO:20160726011004j:image

f:id:UNOYO:20160726011005j:image

アイサイトは背中から伸びており、ボールジョイントにより位置調節も可能。

右目用、左目用の2種が付属し好みて付け替えられます。





【偵察型】スカウト

f:id:UNOYO:20160726010020j:image

f:id:UNOYO:20160726010021j:image

レドームを背負った偵察タイプ。

武器も小さ目ですが両腕、両足に装甲が追加されており、単独専門な感じがありますね。






f:id:UNOYO:20160726010022j:image

ちなみにこのスカウトが今回のラインナップで最もポロリしやすい装備になっております。

ちょっと触るだけでどこかのパーツが落ちます。

ポージングは諦めたほうが良いです。ストレスで禿げます。





【爆撃型】ランチャー

f:id:UNOYO:20160726010023j:image

f:id:UNOYO:20160726010024j:image

両肩にミサイルポッドを装備した、ロマンあふれるシルフィー。

頭と膝の装甲にも武器が隠されています。





f:id:UNOYO:20160726010025j:image

ミサイルポッドは開閉ギミックつき。

頭と膝はカバーを取り外すことで内部のミサイルが露出します。





f:id:UNOYO:20160726011006j:image

このミサイルポッドの色分けが秀逸。

お気に入りの一体です。





弾幕型】ファンクス

f:id:UNOYO:20160726010026j:image

f:id:UNOYO:20160726010027j:image

ガトリングガンを装備した弾幕ファランクス

モビルスーツのような左肩のシールドも特徴。





f:id:UNOYO:20160726010028j:image

腰の後ろに携行したマシンガンも装備可能です。





f:id:UNOYO:20160726010046j:image

全員集合!

後ろの人は同型のニオイを嗅ぎ付け駆け付けた武装神姫マオチャオです。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160726010029j:image

f:id:UNOYO:20160726010030j:image

f:id:UNOYO:20160726010031j:image

f:id:UNOYO:20160726010032j:image

f:id:UNOYO:20160726010033j:image

f:id:UNOYO:20160726010034j:image

f:id:UNOYO:20160726010035j:image

パーツがポロるため、これだけ動かすのにも

相当苦労しました。ランチャーファランクスはそうでもないんですが

インターセプターやスカウトはきつい。


以上、デスクトップアーミーでした!


ちょくちょく尖ったアイテムを繰り出してくるメガハウス(ジグルハゼルとか)より

手のひらサイズのアクションフィギュアデスクトップアーミーが登場。

デザイナーにBLADE氏やたにめそ氏(2弾)を起用して武装神姫ファンのハートをつかみつつ

カスタマイズ性のあるオリジナルのデフォルメ美少女アクションフィギュアという

オンリーワンの素体で勝負というなかなか野心溢れる商品で個人的にかなり注目しておりました。


商品としてはデザインやセンスは良いデザイナーさんなのでもちろん◎。

素体自体も小さいながらも良く動くように設計され、またジョイントごと交換してしまうことで

さらにアクションの幅を広げられるという仕様も思いのほか効果的で良かったです。

難点はジョイントの形状によるパーツのポロリ率の高さ。

一般的な"穴"ではなくコの"溝"のジョイントにパーツを挟むor引っかけるだけなので

ちょっと触れるだけでもうポロッポロ落ちます。

本体が小さいため、意図せずとも指がほかのパーツに触れてしまうケースが多く悪循環。

穴ではなく溝にする必要性もあまリ感じないのでぜひとも改善していただきたい。


あとはブラインドやめてほしいとか、

素体の色複数用意してほしいとかいろいろ要望はありますが

このご時世、タイアップでもない完全オリジナルフィギュア

この価格で展開するためにはいろいろと縛りもあるでしょう。

素体やコンセプト、世界観は良いのでまずは武装パーツの仕様と精度から

見直していって基本であるアクションフィギュアの遊びやすさを可能な限り

高めていってくれれば続くのはないかと。

2016-06-06

アニバトロン 神獣 シーサーロボ レビュー

f:id:UNOYO:20160606192412j:image

沖縄限定アニバトロン、神獣シーサーロボより

シーサーブルー・シーサーレッドを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160606192337j:image

f:id:UNOYO:20160606192339j:image

f:id:UNOYO:20160606192338j:image

f:id:UNOYO:20160606191916j:image

今回紹介するのはフックトイ『アニバトロン』の沖縄限定アイテム。

神獣シーサーロボという商品名で

シーサーブルー、シーサーレッドの2種類が発売されています。





f:id:UNOYO:20160606191919j:image

台紙には『沖縄限定』の文字が。

煽り文には『悪から沖縄を守れ!』とありますがいまだに悪の詳細設定は不明。





f:id:UNOYO:20160606191918j:image

裏面にはシーサーにまつわるうんちくが。

やたら含みを持った一文で〆られていますが、ようは2種類とも集めよう、ということでしょうか。





f:id:UNOYO:20160606192340j:image

それぞれの中身。

武器が1丁ずつ付属します。





シーサーブルー

f:id:UNOYO:20160606192341j:image

f:id:UNOYO:20160606192342j:image

f:id:UNOYO:20160606192345j:image

f:id:UNOYO:20160606192346j:image





シーサーレッド

f:id:UNOYO:20160606192343j:image

f:id:UNOYO:20160606192344j:image

f:id:UNOYO:20160606192347j:image

f:id:UNOYO:20160606192348j:image

それぞれのシーサー形態。

これまでのアニバトロンの例にもれず、造形自体はかなり良好。





f:id:UNOYO:20160606191920j:image

f:id:UNOYO:20160606191921j:image

f:id:UNOYO:20160606191923j:image

f:id:UNOYO:20160606191924j:image

シーサーらしい、素敵な面構えです。





f:id:UNOYO:20160606191922j:image

f:id:UNOYO:20160606191925j:image

口は閉じることもできます。





f:id:UNOYO:20160606192406j:image

f:id:UNOYO:20160606192407j:image

おそらくデザインベースとなったライオンタイプと並べて。

ポーズなども踏襲されています。

シーサーのほうがボリュームあり。





f:id:UNOYO:20160606191931j:image

f:id:UNOYO:20160606191932j:image

全体的によく似ていますが細かい部分の造形が異なっています。





f:id:UNOYO:20160606191926j:image

f:id:UNOYO:20160606191927j:image

f:id:UNOYO:20160606191928j:image

f:id:UNOYO:20160606191929j:image

f:id:UNOYO:20160606191930j:image

変形パターンはライオンタイプと共通





シーサーブルー ロボットモード

f:id:UNOYO:20160606192353j:image

f:id:UNOYO:20160606192354j:image

f:id:UNOYO:20160606192355j:image

シーサーブルーのロボ形態。

まぁいつものアニバトロンらしいプロポーションですが

その中でもなかなかマッシブで格好いいです。





f:id:UNOYO:20160606192358j:image

横から見るとバランスが大変なことになっていますが。





f:id:UNOYO:20160606193017j:image f:id:UNOYO:20160606193018j:image

胸のシーサー顔の自己主張が凄い。

ロボ顔はライオンタイプとほぼ同じデザインです。





f:id:UNOYO:20160606192357j:image

f:id:UNOYO:20160606192356j:image

腕が少しだけ可動し、付属の武器を装備できます。





シーサーレッド ロボットモード

f:id:UNOYO:20160606192359j:image

f:id:UNOYO:20160606192400j:image

f:id:UNOYO:20160606192401j:image

f:id:UNOYO:20160606192402j:image

こちらも変形パターンまで全く同じ。

ロボモードの配色はブルーよりもまとまっている印象です。





f:id:UNOYO:20160606193020j:image f:id:UNOYO:20160606193019j:image

頭部デザインもブルーと同じ。





f:id:UNOYO:20160606192349j:image

f:id:UNOYO:20160606192351j:image

f:id:UNOYO:20160606192350j:image

f:id:UNOYO:20160606192403j:image

f:id:UNOYO:20160606192404j:image

f:id:UNOYO:20160606192405j:image

ブルーとレッド並べて。

右がブルー、左がレッドというのが基本の配置らしいので。





f:id:UNOYO:20160606192413j:image

f:id:UNOYO:20160606192411j:image

ちょっとかっこつけてみようと思いましが難しかったです。





f:id:UNOYO:20160606192406j:image

f:id:UNOYO:20160606192407j:image

f:id:UNOYO:20160606192408j:image

f:id:UNOYO:20160606192409j:image

ライオンタイプと並べて。

ロボモードもシーサーのほうが大分ゴツくなっていますね。





f:id:UNOYO:20160606192415j:image

最後はトラ、クマとならべてご当地アニバトロン集合。

今後も増えるかなぁ…





f:id:UNOYO:20160606192410j:image

以上、シーサーロボでした!


こちらも毎度おなじみのチープトイ好きの知人からのいただきもの。

沖縄限定のアニバトロンということで、アニバトロンシリーズとしてよりも

完全に沖縄土産として企画されたアイテムかと思います。

土産売り場にロボのおもちゃがあったら男の子なら絶対手に取ってしまいますからね!(偏見)


商品としては動物モードの造形に定評があったアニバトロンらしく

シーサーの立体物としてはかなりハイクオリティ。

頭部周りの塗装、造形は必見です。


今年2016年ジュウオウジャーズートピアなど動物キャラがプッシュされている年といえるので

さらなる新作アニバトロンの登場にも期待したいところですね。

2015-12-13

Complete Selection Animation デジヴァイス レビュー

f:id:UNOYO:20151213161347j:image

アニメ映画『デジモンアドベンチャーtri.』より

選ばれし子供たちとデジモンをつなぐデバイス、デジヴァイスが

Complete Selection Animationとしてプレミアムバンダイ限定アイテムで登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20151213160659j:image

f:id:UNOYO:20151213160700j:image

こちらはまず輸送用の外箱です。





f:id:UNOYO:20151213160701j:image

開封すると中には青いBOXが。





f:id:UNOYO:20151213161336j:image

f:id:UNOYO:20151213161337j:image

商品ロゴやアグモンのシルエットは銀の箔押しになっています。





f:id:UNOYO:20151213160703j:image

さらにこのBOXも開封すると中にはビジュアルシートが。





f:id:UNOYO:20151213161338j:image

側面にも8体のパートナーデジモンたちのシルエット描かれています。





f:id:UNOYO:20151213161341j:image

f:id:UNOYO:20151213161339j:image

中身。

デジヴァイス本体と裏面の電池蓋が梱包されています。





デジヴァイス

f:id:UNOYO:20151213161343j:image

f:id:UNOYO:20151213161345j:image

f:id:UNOYO:20151213161344j:image

f:id:UNOYO:20151213161346j:image

劇中に登場する、8人の選ばれし子供たちが所持している聖なるデバイス。

パートナーデジモンと交信し、デジモンを進化させたり、力を与えることが出来ます。

今回はComplete Selection Animationシリーズとして

光と音にて劇中の進化シーンを再現したなりきりアイテムとなっています。

単4乾電池を2本使用。





f:id:UNOYO:20151213160704j:image

向かって左側がデジモン選択ボタン。

ボタンを押すごとにLEDが発光し8体のデジモンを選択可能です。





f:id:UNOYO:20151213160705j:image

f:id:UNOYO:20151213160706j:image

f:id:UNOYO:20151213160707j:image

f:id:UNOYO:20151213160708j:image

f:id:UNOYO:20151213160709j:image

f:id:UNOYO:20151213160710j:image

f:id:UNOYO:20151213160711j:image

f:id:UNOYO:20151213160712j:image

アグモン、ガブモン、ピヨモン、テントモン

パルモン、ゴマモン、パタモン、テイルモンの順にローテーション。

LEDはそれぞれのデジモンに対応したカラーになっています。





f:id:UNOYO:20151213160713j:image

右上のボタンがセリフボタン。

選択したデジモンに応じて5種類のボイスが再生されます。

合計40種のボイスを収録。





f:id:UNOYO:20151213160714j:image

f:id:UNOYO:20151213160715j:image

f:id:UNOYO:20151213160716j:image

右下のボタンがBGMボタン。

1回押すと『brave heart』のイントロが約30秒、2回押すと『Butter-Fly』約90秒再生されます。

BGMに合わせて4か所のLEDが美しく点灯します。





f:id:UNOYO:20151213160717j:image

f:id:UNOYO:20151213160718j:image

f:id:UNOYO:20151213160719j:image

BGM再生中にセリフボタンを押すとLEDが各デジモンのカラーに変化し、デジモンの進化セリフが再生されます。

ボタンを押すたびに成長期⇒成熟期⇒完全体⇒究極体へと進化させることが出来ます。

(テイルモンはもとから成熟期なので完全体、究極体のみ。

またアグモン、ガブモンは究極体の上にさらにオメガモンが収録されています。)

進化中は液晶部分のミラーが透け、内部に文字や光が浮かび上がります。





一連の流れを動画で。

『brave heart』を流しながら劇中をイメージしながら進化させたり、

長めの『Butter-Fly』を流しながらデジモンを切り替えたりいろいろ遊べます。





あとは各デジモンごとにクローズアップ。

ちなみに最初に再生されるボイスは15秒放置(スリープ状態)したあとにボタンを押すと再生される

スリープ解除ボイスです。





f:id:UNOYO:20151213160721j:image

太一のパートナー、アグモンは

グレイモン⇒メタルグレイモン⇒ウォーグレイモン⇒オメガモンへと進化。





f:id:UNOYO:20151213160722j:image

ヤマトのパートナー、ガブモンは

ガルルモン⇒ワーガルルモン⇒メタルガルルモン⇒オメガモンへと進化。





f:id:UNOYO:20151213160723j:image

空のパートナー、ピヨモンは

バードラモン⇒ガルダモン⇒ホウオウモンへと進化。





f:id:UNOYO:20151213160724j:image

光子郎のパートナー、テントモンは

カブテリモン⇒アトラーカブテリモン⇒ヘラクルカブテリモンへと進化。





f:id:UNOYO:20151213160725j:image

ミミのパートナー、パルモンは

トゲモン⇒リリモン⇒ロゼモンへと進化。





f:id:UNOYO:20151213160726j:image

丈のパートナー、ゴマモンは

イッカクモン⇒ズドモン⇒ヴァイクモンへと進化。

プレシオモンじゃないんですね…





f:id:UNOYO:20151213160727j:image

タケルのパートナー、パタモンは

エンジェモン⇒ホーリーエンジェモン⇒セラフィモンへと進化。





f:id:UNOYO:20151213160728j:image

ヒカリのパートナー、テイルモンは

エンジェウーモン⇒ホーリードラモンへと進化。

テイルモンは最初から成熟期のため2段階しか進化しません。





f:id:UNOYO:20151213161347j:image

以上、デジヴァイスでした!


今年はデジモンアドベンチャー放映15周年ということで

完全新作アニメデジモンアドベンチャーtri.が公開されたり

液晶ゲームのほうのデジヴァイスやD3が復刻したりとなかなかの盛り上がりを見せるアニメデジモン界隈。


今回紹介したCSAデジヴァイスもその一つです。

アイテムとしては光と音により劇中の進化シーンのイメージを見事に再現しており

なりきりアイテムとしてはかなり高レベルにまとめられていると感じます。

ニチアサ系アイテムの技術がうまく生きていますね。

D−3やDアークも欲しくなります!

2015-12-09

高速戦士 モトバトロン レビュー

f:id:UNOYO:20151209140959j:image

『ザ・アクセス』のフックトイ、バイクからロボへ変形する

高速戦士モトバトロンを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20151209140755j:image

f:id:UNOYO:20151209140756j:image

f:id:UNOYO:20151209140757j:image

ラインナップは全3種類。

・ダートタイプ(赤)

・レーサータイプ(青)

・ツアラータイプ(黄)

となっています。





f:id:UNOYO:20151209140758j:image

台紙は共通で裏面には変形方法が記載されています。





f:id:UNOYO:20151209140801j:image

f:id:UNOYO:20151209140803j:image

f:id:UNOYO:20151209140802j:image

台紙に描かれたモトバトロン達。

わぁ、かっこいいぞー!これはあけるのがたのしみ!(棒読み)





ダートタイプ

f:id:UNOYO:20151209140949j:image

f:id:UNOYO:20151209140950j:image

f:id:UNOYO:20151209140951j:image

赤いダートタイプのモトバトロン。

全体的にデフォルメされたフォルムですが

しっかりマーキングされているので見栄えはまずまず良いかと。





f:id:UNOYO:20151209141000j:image

f:id:UNOYO:20151209141001j:image

f:id:UNOYO:20151209141002j:image

こちらが変形形態。

ボディを真横にウイングのように展開するアイデアが斬新ですね。

ちなみにバランスがものすごく悪くてすぐに後ろに倒れます。





f:id:UNOYO:20151209140804j:image

f:id:UNOYO:20151209140805j:image

右腕にはスタンド〜マフラーのパーツが分離した武器を装備。

取り外しが可能です。

一応可動箇所は腕のみで左右へのスイング、肘部分でのロール・可動が可能です。





f:id:UNOYO:20151209140800j:image

f:id:UNOYO:20151209140759j:image

『君なんかイラストと違わない?』

と突っ込むのはこの手の玩具には野暮ですね。





レーサータイプ

f:id:UNOYO:20151209140952j:image

f:id:UNOYO:20151209140953j:image

f:id:UNOYO:20151209140954j:image

青いボディの颯爽としたレーサータイプのモトバトロン。

ダートタイプと違うのは外側のみで

シャーシやタイヤなど基本部分は共通です。

バイクとしてはそこが肝心だとおもうのですがまぁチープトイですし。





f:id:UNOYO:20151209141003j:image

f:id:UNOYO:20151209141004j:image

f:id:UNOYO:20151209141005j:image

こちらがロボモード。

ウイングの形状からロボモードでもスピーディーな印象を受けますね。





f:id:UNOYO:20151209140807j:image

f:id:UNOYO:20151209140806j:image

『君なんか(ry』





ツアラータイプ

f:id:UNOYO:20151209141321j:image

f:id:UNOYO:20151209141322j:image

f:id:UNOYO:20151209141323j:image

黄色いボディのツアラータイプ。

パッと見大型に見えますが、本体はダートやレーサーと共通





f:id:UNOYO:20151209141006j:image

f:id:UNOYO:20151209141007j:image

f:id:UNOYO:20151209141008j:image

こちらがロボモード。

ウイングの形状から重武装な印象を受けます。





f:id:UNOYO:20151209140809j:image

f:id:UNOYO:20151209140808j:image

今回の3体の中では一番イラストと近いかな…?





f:id:UNOYO:20151209140956j:image

f:id:UNOYO:20151209140957j:image

f:id:UNOYO:20151209140958j:image

f:id:UNOYO:20151209141009j:image

f:id:UNOYO:20151209141011j:image

f:id:UNOYO:20151209141010j:image

3体ならべて。

ロボモードはとにかく後ろにずっこけるので

3体並べて撮影するのが非常に大変でした。





f:id:UNOYO:20151209141012j:image

バイク形態でのサイズはこんな程度。

1/12クラスのフィギュアを乗せるには大分小さいですね。





f:id:UNOYO:20151209141013j:image

だが乗せる。

バイクのおもちゃで遊んでいるようにしか見えませんね。

ケモテックなんでその辺は違和感ないですが。




f:id:UNOYO:20151209141014j:image

シフトボディのおかげでバッチリ乗りこなすレーシングミクさん。

サイズあってないけどそれっぽく見えるのは流石。





f:id:UNOYO:20151209141015j:image

マシンフーディー代わりにマコト兄ちゃんにも乗ってもらおう…





f:id:UNOYO:20151209141016j:image

と思いましたがやっぱり無理でした。

小さすぎですね。





f:id:UNOYO:20151209140959j:image

赤青黄、と3色そろっているので

まぁネタにも使いやすそうな3体かと。


以上、高速戦士モトバトロンでした!


当ブログでちょくちょくとりあげる

アニバトロン、シーバトロンなどを販売している『ザ・アクセス』の商品です。


例によってチープトイ好きの友人からのもらい物…ではなく

一緒に遊びに行った旅館のお土産売り場で見つけました。

彼にはチープトイを引き寄せる能力でもあるのか。


触った感じ、アニバトロンやシーバトロンよりもよりチープな手触りでサイズも小さ目。

しかしながらバイク形態の見栄えはなかなかで

1/12サイズのバイクだとちょっと大きすぎるfigmaの女性キャラや、武装神姫には

逆に乗せやすいという一面もあり、結構満足。

ロボモードはまぁ、ロックマンXとかのゲームのザコメカみたいな印象ですね…


ちなみに続編?のハイパーモトバトロンというのも出ており、こちらも一緒に買いましたが

色が違うだけでどの辺がハイパーなのか微妙なので紹介するかどうかは未定ということにしておきます…

2015-11-01

北海道限定アニバトロン クマタイプ レビュー

f:id:UNOYO:20151101000111j:image

大地の勇者アニバトロン、北海道限定タイプ

『クマタイプ』を紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20151031235618j:image

f:id:UNOYO:20151031235619j:image

パッケージからして単独の限定仕様。

裏面には『月の輪グマタイプ』という表記をシールで隠した跡があります。

実際商品はツキノワグマの特徴はなく、ただのクマに仕上がっています。





クマタイプ

f:id:UNOYO:20151101000053j:image

f:id:UNOYO:20151101000054j:image

f:id:UNOYO:20151101000055j:image

f:id:UNOYO:20151101000056j:image

商品は第1弾で販売されたパンダタイプのリデコ。

頭部が新規造形になっています。

"のそり"とした感じがかなりリアルです。





f:id:UNOYO:20151031235620j:image

f:id:UNOYO:20151031235621j:image

顔アップ。なかなかのイケメンです。

眼のハイライトが塗装されており、眼力あり。





f:id:UNOYO:20151101000057j:image

f:id:UNOYO:20151101000058j:image

f:id:UNOYO:20151101000059j:image

パンダタイプと並べて。

頭部以外はほぼ共通なので

ポージングなども同じになっています。





f:id:UNOYO:20151031235622j:image

それでは変〜身!





クマタイプ ロボットモード

f:id:UNOYO:20151101000100j:image

f:id:UNOYO:20151101000101j:image

f:id:UNOYO:20151101000102j:image

クマタイプのロボットモード。

スタイルはパンダタイプと共通ですが

ブラック&ブルーがメインの色使いでクールにまとめられています。





f:id:UNOYO:20151101000208j:image f:id:UNOYO:20151101000209j:image

マスクはいつものガンダムとコンボイを足してかっこ悪くしたような感じ。

ここ格好良くすればもっと売れると思うのですが…





f:id:UNOYO:20151101000103j:image

f:id:UNOYO:20151101000104j:image

いつもの無個性な銃が付属。

腕に装備できます。





f:id:UNOYO:20151101000105j:image

f:id:UNOYO:20151101000107j:image

f:id:UNOYO:20151101000106j:image

パンダタイプとならべて。

パンダとクマを比較すると整形色がそれぞれ

白⇒黒、青⇒黄、黄⇒青という具合に入れ替わっています。

また、脚部のパーツが一部クマは新造になっています。





f:id:UNOYO:20151101000108j:image

f:id:UNOYO:20151101000109j:image

f:id:UNOYO:20151101000110j:image

f:id:UNOYO:20151101000111j:image

パンダタイプと比べるとかなり強そうな感じです。





f:id:UNOYO:20151101000113j:image

f:id:UNOYO:20151101000112j:image

f:id:UNOYO:20151101000114j:image

最期はアニバトロン軍団集合。

ビーストウォーズに参戦できそうなぐらいの一大勢力が揃いつつあります。


以上、北海道限定アニバトロンクマタイプでした!


発売自体はだいぶ前ですが今回もいつもの通りチープトイコレクターの友人から譲ってもらったもの。

最近アニバトロン系は流通経路が増え、手に入りやすくなっているとのことです。


パンダのリカラーでクマということは白くすればシロクマも出せますよね。

シリーズの更なる展開に期待。