Hatena::ブログ(Diary)

仮想と現実の真ん中あたり

2012-01-14 都内の「阿知賀編」物件にも本編との共通点が…

[] 「咲-Saki- 阿知賀編」都内の舞台(第5話分まで)

昨年末に冬コミで上京したついでに、「咲-Saki- 阿知賀編」の舞台を取材して来ました。



地図付きの探訪記は、こちらで↓

 ・「咲-Saki-」-東京都内編-:隅田川沿い

 ・「咲-Saki-」-東京都内編-:千里山女子宿泊所

 ・「咲-Saki-」-東京都内編-:居酒屋周辺?

 ・「咲-Saki-」-東京都内編-:お台場


舞台探訪者の心得

 ・舞台を荒らさないこと。 ・住民に迷惑をかけないこと。 ・舞台での行動は慎重に。

※「咲-Saki-」探訪関連の記事一覧は、キーワード「咲-Saki-」で。


冬コミ初日、早起きして宿を出発。人波と逆行して、大江戸線に乗って門前仲町駅へ。

永代通りを歩いた先にあったのは…、


[side-A](ガンガン '11年12月号 P536)隅田川永代橋東京都江東区


「阿知賀編」第4話「全国」での、赤土監督と熊倉顧問の再会シーンの背景。隅田川沿いは、ディープな小林立ファンなら「FATALIZER」の舞台でもお馴染みですね。

ちなみに、ここは鶴賀メンバーが泊まっている「門仲のばーちゃん」家の近くのはず。これが「阿知賀編」に登場したのは、この後の第6話での出会いを暗示していたのかも?


次に、門前仲町駅に戻って、銀座七丁目の物件を撮るために新橋に行こうとしたら、なぜか日比谷線に乗っている自分に気づく(日本橋の手前の茅場町で降りてしまったワケ)。東京地下鉄、むずかしいです…。

ならば、と日比谷に直行。


[side-A](ガンガン '11年12月号 P575)ザ・ペニンシュラ東京(日比谷)


ここが千里山女子の宿泊所のはず。さすがに中は撮れないため、関連物件はこれ1枚で。

この時点で9時半。急げ、歩いて有楽町方面へ!


[side-A](ガンガン '11年11月号 P395)東京国際フォーラム有楽町


やって来ました。全国大会会場の東京国際フォーラム

キャプ画をほぼコンプしたところで、タイムアウトの10時。いざコミケ会場へ〜。


コミケ会場では薄荷屋さん初め「咲-Saki-」物件を回って無事終了。

しかし、これで初日は終わらない。日が傾かないうちに、本日最後の物件の探索へ向かうのだ。それは…、


[side-A](ガンガン '11年12月号 P572)


「阿知賀編」第3話のレインボーブリッジの背景。なぜか千里山女子の背景として登場します。

この構図からすると、お台場海浜公園のあたりのはず。

でも、角度的に合いそうなシーサイドモールの辺りを歩き回っても、どうも高さが足りない。なぜだろう?、と上を見上げると…。



そこには、「咲-Saki-」舞台ではお馴染みの、高い位置の撮影ポイントが、これ見よがしに…。

やっぱり、「阿知賀編」でもコレが来るのか!



[side-A](ガンガン '11年12月号 P572)レインボーブリッジお台場


はい、高さもバッチリ合いました。毎度、「咲-Saki-」の探訪はビックリ箱です(笑)


というわけで、昨年最後の探訪は無事終了したのでした。

今年はいよいよ「阿知賀編」アニメ版の放送の年。原作とアニメ版の両面作戦で行けたらいいな〜、とは思いますが、またきっと、マイペースな更新になるでしょう。

長い目で一つ、よろしくお願いします。


 本記事内の「咲-Saki- 阿知賀編」の画像の著作権小林立先生,五十嵐あぐり先生にあり、ここでは当該作品の比較研究を目的として引用しています。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証