まじめにゆるゆる”トコロジスト”目指します

2012-09-18

お詫びと訂正

20:34

本ブログで初のお詫びと訂正です。

奥さんへ

昨日のブログで「誇張した表現:ふざけんじゃねーっ(怒)・・・」をあたかも事実のように書きました。そんな言い方はしていませんことを認めます。ごめんなさい。

2012-09-17

子育て終了。一応

| 18:34

先週木曜日、後期分¥416,000也。払い終えました。あーっ苦しかった。子ども二人、私立大学に通わせるのはやはりたいへんなことであった。本当に。

妻から最後の振込み報告を受け、思わず「これからは好きなことをやるぞー!やな仕事はしなくてすむぞー!」とバンザイしたところ、「ふざけんじゃねーっ(怒)、これまでもさんざん好き勝手やってきただろ!!」妻にマジ切れされてしまいました。危うく蹴りが繰りだされるほどに。妻は恨んでいたのだな。やっぱり。

それはそれは申し訳ありませぬ〜。と平身低頭、殊勝なふりをしながら開放感に浸る私であった。

2012-08-14

読んだ本記録

| 06:22

ハーバード白熱日本史教室 (新潮新書)

ハーバード白熱日本史教室 (新潮新書)

立川への行き帰りで読了。

2012-07-01

さようならお父さん

| 20:18

メグミとヤスシへ

やはりあわただしい一週間でした。本当にお疲れ様。

梅雨の真っただ中だったのに好い天気が続いてありがたかったな。結局、お父さんは五晩も居間に寝かされていたわけだし、毎日雨だったらもっと気が滅入ったと思うよ。

葬儀屋にとっては儲けるところがなくて気の毒だったけど、通夜なし、告別式もなし方式は、宗教も宗派も関係なく、故人を見送る時間も十分あって、かつ生きているもの同士が話をする時間がたっぷりあってよかったと思う。

親戚が遠く青森や博多から来てくれていることを思えば、これもイレギュラーかもしれないけれど火葬のあとすぐ、墓地へ皆を案内できたのもよかった。大空の下でメグミが読みあげた聖書の文言をかみしめて、賛美歌を皆で歌ってお父さんを送るのはとても自然なことだった。さようならお父さん。

ヤスシはサナエさんと娘三人に感謝の気持ちを照れずにちゃんと示してください。彼女たちの気配りと八面六臂の働きがあって、何とか無事にお父さんを見送ることができたのだから。

これからのお母さんのことはとても心配だけど、きょうだい3人で、いや3家族で協力して見守りましょう。

2012-06-27 父逝く

| 10:24

Aさん

先日は私の誕生祝い、ありがとうございました。

さて、25日の夜9時14分、父慶二が永眠しました。82歳でした。

近年呼吸がうまくできないほど心臓が弱まって歩くのも困難になり、おむつを着けざるをえなくなりましたが、それはやはりプライドが許さなかったようで、自らの意思で入院を拒み、食べ物を遠ざけ、静かに逝きました。

私の死生観については先お話しましたが、父らしい最後であったと思っています。

アルツハイマー病の母は、夫の死を知っても、心配したほど取り乱すことなく、集まった息子娘と孫たち、そして信頼を寄せる協会の牧師先生に囲まれて穏やかに現実を受け止めているようです。

父は無宗教でしたが、母と妹がクリスチャンでもあり、本人も生前から華美なセレモニーは断固ご免こうむるということだったので、昨日、その牧師先生にお祈りをしていただき、皆で賛美歌を歌って父の死を悼みました。

セレモニーはこれのみ、以降、通夜も告別式もなく、30日に火葬、納骨です。