暗之云の云之庵

旅と鉄道と懐古趣味ウォッチのブログ明日は昨日の為にある もよろしく。

2018-08-30

[] はてなダイアリー閉鎖  はてなダイアリー閉鎖を含むブックマーク  はてなダイアリー閉鎖のブックマークコメント

「はてなは8月30日、同社が提供するブログサービス「はてなダイアリー」を2019年春をめどに終了すると発表しました。」http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1808/30/news074.html とのこと。「はてなでは現在、はてなダイアリーユーザーのはてなブログや他社ブログサービスへのデータ移行を呼びかけています」と記事にはあるが、そんな通達なんて見た覚えが……。いや、開設した際のアドレスは今のメインのgmailでなくプロバイダのものだから、そっちに届いているかもしれない。

http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20180830/blog_unify

そんなこんなで「聞いてないよ!?」とは思ったが、はてなブログ の正式リリースももう5年前だから、むしろよく維持したなというべきだろう。引っ越すつもりはあるけれど、それがいつかは今のところ考えてません。まぁ来年春だしね。平成とともに終わる、といえば格好も付くが、始まりは2003年つまり平成15年だから関係ないね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/UnKnown/20180830

2018-08-05

[][] 三河島や椎名町が消えたわけ  三河島や椎名町が消えたわけを含むブックマーク  三河島や椎名町が消えたわけのブックマークコメント

1962年(昭和37年)5月3日、国鉄(現JR東日本)常磐線の三河島駅構内で「国鉄戦後五大事故」のひとつに数えられる「三河島事故」が発生した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B2%B3%E5%B3%B6%E4%BA%8B%E6%95%85

死者160名、負傷者296名を出す大惨事で、三河島といえばイコールこの事故と直結的に連想する人も少なくないだろう。ウェブ上には「事故の影響で『三河島』という地名は無くなった」とする記事が散見された。

「三河島」という地名は、昭和43年を境に消失した。鉄道史に残る大事故、三河島事故の悪夢を想起させるからという理由らしい。一つの事故が、地名を奪ったケースは他にはない。

(「暇人の戯言<Ocurrencias de un ocioso>」2014年5月17日付)

https://blogs.yahoo.co.jp/sugoutakao/54997390.html

この事故によって三河島という地名は地図上から消えた。戦後の日本で、陰惨な事件や事故が原因となって地名が地図から消えたのは、おそらく帝銀事件と三河島事故だけではないだろうか。

(「事故災害研究室」三河島事故(1962年))

http://p.booklog.jp/book/8921/page/215838

…などだ。

しかし正直わたしは「考え過ぎでは?」と思うのだ。住居表示法の施行が1962年(昭和37年)5月10日。これ以後、失われてしまった古い町名は枚挙に暇がない。三河島という地名が消えたのは(ついでにいうと帝銀事件の舞台「椎名町」の地名が消えたのも)、単にこの住居表示の実施とタイミングが重なっただけでは? ということである。ていうかイメージが悪いと言うならまず国鉄に対して駅名変更を要望するのが筋でしょ。

現に専門家は、旧三河島町域が「荒川」と改められたことについて、

しかし、この由緒ある地名は、六八年ごろ消え、三河島の中心部は「荒川」に、周辺部は他の地名に組み入れられた。静かな住宅街となった今では、「三河島」は駅名や保育園の名前などとして残るのみ。

荒川区ふるさと文化館の野尻かおる副館長は「区役所など区の中心施設がある場所を、区名の『荒川』にしたのでは」と語る。

(東京新聞「【東京通】<地名編>三河島(荒川区) 三つの川に囲まれた“島”)

http://www.tokyo-np.co.jp/tokyoguide/hold/tokyo-tu/CK2008092202000171.html

としている。

そこで開いたのが『東京新地図』(1968年・毎日新聞社)だ。

東京新地図 (1968年)

東京新地図 (1968年)

この本、「住居表示のせいで馴染みのある地名と今の地名とが結びつかない!」という新聞記者の悩みから発想されたもので、新旧町名の対照法のほか、町名の由来やその歴史、文学作品、そして最近の話題などを著している。元は読売新聞夕刊・都民版の記事、1966年3月1日から翌年10月14日まで連載された。

 

その「禅寺に道灌の山吹塚 [荒川一〜八丁目]」(p364〜)は「三河島が消え、その大部分が区名を取って荒川となった」と始まる。

そして……。

その三河島が消えた理由には、こんな"家庭の事情"もあった。三河島といえば、むかしの貧民集落のスラム街を連想し、入学試験や就職、結婚などにも支障をきたす、というのである。ごく一部でだろうが、至極マジメに論議されたそうだ。

とある。あまりイメージの良くない地名だが、それは三河島事故とは全く無関係なのだ。というかこの本、そもそも三河島事故に触れていないのである。

 

一方の椎名町はどうか。こちらは見出しから「帝銀事件の"舞台"消える [長崎一〜五丁目 南長崎一〜六丁目]」(p402〜)、そのうえ記事の半分以上が帝銀事件の話題で占められている。

ところが……。

椎名は秕(しいな)、つまり、みのりの悪いコメに通じ、それから転じて"シイナ野郎"といえば"できそこないメ"というわけだが、そういう軽蔑イメージがいやだ、それで消されてしまった。

帝銀事件を取り上げつつ、それはそれとして、また全く別の理由で地名が消されたと説明しているのだ。

 

無論これらの説明が必ずしも「正解」だとは限らない。ただ、短絡的発想の戒めとして受け止めるべきだとは思う。「三河島という地名は今は無い→三河島といえば(私が知っているのは)三河島事故だ→あの事故のせいで地名は消されたのだ」、「椎名町という地名は今は無い→椎名町といえば(私が知っているのは)帝銀椎名町支店だ→あの事件のせいで地名は消されたのだ」……といった短絡だ。現地感情や言葉のイメージには、広く知られていないものや死語化したものもあるのである。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/UnKnown/20180805

2018-07-29

[][] 『核エネルギー』というファンタジー  『核エネルギー』というファンタジーを含むブックマーク  『核エネルギー』というファンタジーのブックマークコメント

「『核エネルギー』というファンタジー」についての論考ってどこかにないだろうか。近年では『シン・ゴジラ』について「もしも核攻撃を仕掛けていたなら、ゴジラは『核エネルギー』を吸収してより強くなっただろう」的な感想を言う人が多いのが面白くて。

劇中で、ゴジラは死を克服している可能性があるから「核で滅却するか、矢口プランで凍結させるしか…方法はない」(=不死身だろうと核兵器なら跡形なく消せる)とも「熱核兵器の直撃、数百万度の熱量に耐えられる生物はいない。確実に駆逐するなら核攻撃は正しい選択だ」とも言っているのに。

「熱核兵器の直撃に耐えられる生物はいない」ではなく、わざわざ「数百万度の熱量」と、熱エネルギーが破壊の本質だと念押ししている。にもかかわらずそれを「核エネルギー」という神秘の力だと捉えた観客が少なくないのが面白い。

無論、文芸的には「牧・元教授は、核兵器の使用を選択したなら事態がより悪化するように仕組んでいた」とも解釈できる。けれども劇中の人物は誰一人そのリスクに触れていない。不死身だ個体増殖だ飛翔だ、荒ぶる神だとまで言われても「核攻撃では倒せない可能性」への言及は皆無で…。つまり「劇中のルール」では(ゴジラの体に都合良くスクラムに相当する機能があるのと同じくらいに)「核攻撃でも倒せた」。それが観客の視点では「『核エネルギー』を吸収して更に強くなったかも」となる。この齟齬さえ作り手が仕掛けたものであるなら、それもまた面白い。

何を突然こんな話かというと、今朝TLに ガンダムSEED の話題が流れてきて、フリーダムガンダム、ジャスティスガンダムが「当時のSEED最強核エネルギー搭載機体」だというので「そういやNJC搭載MSって何でどうやって動いてるか分からんなぁ」と思い出した次第。

SEED世界のMSは電童もとい電動だからフリーダムガンダムには一般的なMSの蓄電池に代えて、NJCと核分裂炉と発電装置が搭載されていると捉えるのが妥当なんだけども、そこらへんすっ飛ばして「『核エネルギー』搭載機体」と呼ばれてしまう。この「核エネルギー」もまたファンタジーのそれだなぁ、と。

鉄腕アトムの原子力モーターはホントに謎動力だから良いとして、今川版ジャイアントロボやエヴァンゲリオンのジェットアローンのような「原子炉を持つこと」が重要な意味を持つ話ですら「核分裂のエネルギーをどう運動に変換しているのか」の設定は詰められていないのではないか。

日本のマンガ・アニメだけでなく、バットマン映画の『ダークナイト ライジング』の核融合炉もフワッとした設定の「超パワフルだが超破壊力の爆弾にもなる超キケンな謎エネルギー源」扱いで、(核エネルギーのファンタジーは東西を問わないのだろうか?)と思った記憶。

そうりゅう あすかそうりゅう あすか 2018/07/31 22:23 >核(原子力)エネルギー
今のところ、太陽光発電以外、人類は運動エネルギーで、発電機を回転させることでしか電気を得られないんですよね。
熱エネルギーをロスなく電気に変換できる装置が開発・小型化されたなら、MSやアトム、バスターマシン7号もファンタジーではなくなるんだけど・・・。

>NJC核エンジン
これだけでも謎なのに後年デュートリオンエンジンとハイブリットの「ハイパーデュートリオンエンジン」なるものが、ストフリ、隠者、運命等に搭載されましたっけ。

あと、かの国際救助隊の飛行メカは、原子力で動くロールスロイス社製のエンジンを積んでましたっけ。まれに墜落するけど、周辺には被害がない模様ですね。

では

UnKnownUnKnown 2018/07/31 23:23
宇宙世紀ガンダムの「流体パルス駆動」なんかは、謎の「コンバーター」によってジェネレーターで発生したエネルギーをそのまま駆動力に変換していて、「いや待ってそこが一番肝心なのでは!?」というツッコミ不可避です。

> これだけでも謎なのに
「ガンダムSEED」放映開始当初は森田繁さんがSF考証として頑張って、色々と「それっぽい」説明をしていましたが、NJCあたりからはもう投げ出した感じでした。

> 原子力で動くロールスロイス社製のエンジン
そこはむしろ、ファイヤーフラッシュ号を危機から救った「高速エレベーターカー」って本来は何のための車両なんだろう? というほうが気になりますw

そうりゅう あすかそうりゅう あすか 2018/08/06 00:05 >高速エレベーターカー
国際救助隊の救助メカは、ジェフ・トレーシーさんが土木事業で財を成したことから、土木重機がベースとなっているそうですね。
件のエレベータカーも単体で土砂等や複数縦列で長〜い土木材料運搬するのが本来の役割なのかも?


では

UnKnownUnKnown 2018/08/07 21:35 > 土木重機がベース
しかしそれこそ滑走路のような舗装された路面を、まさに「高速」で走れることを特長とする高速エレベーターカーに、重機として如何なる用途があったのか……。

マァつい3年前の『are GO』版みたいに、シャシはジェットモグラなどと共通、用途に合わせて上ものだけ変えた…という設定も、それはそれで味気ないですけどね(ていうか are GO では結局役立たず……)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/UnKnown/20180729

2018-06-14

[][] マクロスF「ライオン」解釈  マクロスF「ライオン」解釈を含むブックマーク  マクロスF「ライオン」解釈のブックマークコメント

『マクロスF(フロンティア)』後半の主題歌「ライオン」。ツイッターで歌詞が意味不明と言われていたのを目にしたので、少しばかり解釈を試みてみた。結論から言うと『宇宙的な因果』と対決する『個と個の運命』の歌、あるいは『不可知の因果』対『自由意思』。

 

♪星を廻せ 世界のまんなかで

♪くしゃみすればどこかの森で蝶が乱舞

「くしゃみすれば〜」はバタフライ効果「北京で蝶がはばたけばNYで嵐が起こる」のもじり。カオス理論の予測困難性を提示している。となると最初の「星を廻せ」は、以下とは対照的に「意志を持って事を起こせ」の意味と取れる。

 

♪君が守るドアの鍵 デタラメ

カオス理論的な変化、予測不能な因果は個人にも及ぶが……。

 

♪恥ずかしい物語 舐め合っても

……因果は不可知であれ、人はそれぞれ「物語」を築く。「物語」とはすなわち個人の生き様、「恥ずかしい」のは極めて私的な生身の領域に及ぶから。

 

♪ライオンは強い

「ライオン」とは勇気。私と君でプライベートを舐め合うような関係であれ、個を生きる勇気が築いた物語は不可知の因果に負けない。

 

♪生き残りたい 生き残りたい まだ生きてたくなる

不可知の因果に対する不安、そこから逃れようとするあがき。

 

♪星座の導きでいま、見つめ合った

明瞭な、信じられる、信じたい運命の導きによる君との出会い。

 

♪生き残りたい 途方にくれて キラリ枯れてゆく

あがき疲れてかすかな諦観がよぎるが……。

 

♪本気の身体 見せつけるまで 私 眠らない

……己の体、身体性を支えに諦観を超えていく。

うむ。ネタ半分というか遊びとしての「解釈」だけど、割とそれらしく書けた(でも2番は無理)。意味不明感のある「♪くしゃみすればどこかの森で蝶が乱舞」と、あまりに直截過ぎる「♪生き残りたい 生き残りたい」とを対照させて、「そもそもタイトルの『ライオン』とは何か」でつないだ……という次第。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/UnKnown/20180614

2018-05-01

[] ガワラ版カトキガンダムというパロ絵が大河原邦男氏本人の紹介に使われていた件  ガワラ版カトキガンダムというパロ絵が大河原邦男氏本人の紹介に使われていた件を含むブックマーク  ガワラ版カトキガンダムというパロ絵が大河原邦男氏本人の紹介に使われていた件のブックマークコメント

全長約4メートル! 人が搭乗できる人型変形ロボット

「ジェイダイト・ライド」の試作機が公開

(略)

J-deite RIDEのデザインは、「ヤッターマン」や「機動戦士ガンダム」のメカデザインで知られるロボットアニメの巨匠、メカニックデザイナー・大河原邦男さんが協力。青色を基調とした両モードのデザインイメージも公開しています。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/29/news007.html

……という先日のニュースを見て、(あれ? 大河原邦男デザインのEVってちょっと前にもあったような?)と思い出してググる。

これだ。2013年11月の東京モーターショーに出展された「HIRICO 新潟モデル」。

柏崎で開発中の電気自動車(EV)のデザインがSFアニメ的

(略)

おぉー、なんともロボットっぽいデザインです!それもそのはず、デザインを担当したのは、機動戦士ガンダムのモビルスーツをデザインした「大河原邦男」氏!往年のロボットファンにはたまらない人選ですね!

(略)

http://niigata-repo.com/life/post-376/

そしてメーカーのHIRICO.JP(現・エクスマキナ)のプレゼン資料にも行き着いた。さあここからが本題だ。

http://www.cev-pc.or.jp/event/pdf_tokyo/tokyo08.pdf

f:id:UnKnown:20180501110924j:image

大河原氏の紹介のスライドに、その代表作というべきガンダム2体が設定画風に描かれたイラストが添えられている。私も初めは素直に「ヴィクトリーにクロスボーン、カトキガンダムのガワラアレンジ! こんなの描いてたんだ!? 出典は何だろう、画集か個展の描き下ろし?」と面白がっていたが……。

画像検索で出典を追うと、なんだか雲行きが怪しくなってきた。閲覧可能な最古のものは2chの【クロスボーン・ガンダム】長谷川先生とカトキデザイン、どっちが好き?というスレッドの書き込みで、現在はまとめブログで見ることができる。

http://gundamlog.com/archives/39822439.html

実に「らしい」絵だけれど、よく見ると横には「Original Design by Kunio Ogawara(imitation)」つまり「大河原邦男(偽)によるデザイン」と明記してあるのだった。

掲示板では名無しさんだが、画像検索でヒットしたもう一つのURLがある。

https://twitter.com/funbolt/status/827717662515961856

ツイッター上でもまた凄い名前だがこれはイラストレーターのfunbolt氏。なるほど氏であればここまで描けるだろうと納得できた。

 

さて、ここで改めてHIRICO.JPのPDFを見ると、なんとまあ(imitation)がそのまま残っているのだった。まさか気付いていてスルーしたわけではなかろうが……。

普通に推察するに「なにか適当なワードで画像検索をかけてヒットした絵をそのまま無断転用した」というところだろうが、なぜよりによってこれだったのか? 「大河原氏本人の絵以上にガワラらしく見えた」のであれば、それもまた興味を引かれるところである。

そうりゅう あすかそうりゅう あすか 2018/05/05 23:05 >大河原さん
アニメ系じゃなくてもお名前はよく見かけますよねぇ。数年前には名鉄の旧パノラマカーとかミュースカイ等を書き下ろしてましたもん。


>人型変形ロボット
勇者シリーズに出てきそうですね。

>資料の画像
う〜ん、大河原さんのアイコンやガンダムの画像、末永みらい関係の写真にいわゆる著作権の明示がないのが怪しさ爆発です。
まあ、著作権は権利を持っている人から訴えられなきゃ、裁判沙汰にはならないはずだけど、社内資料だってネットで拾えちゃったりするから・・・。ただ、問題になってないってことは色々根回しをしているんでしょうね。

>イタコ技術(笑)
完コピとまではいかないけれど、見せ方によっては本人と見まごう技術すごいと思います。

では

UnKnownUnKnown 2018/05/06 09:13 大河原先生、ご本人のデザインの幅が広いことに加えて「40〜50代の非オタにも知られた名前」というネームバリューが大きくて、色々手掛けることになってるんでしょうね。世代がひと回りしたら、それこそカトキ氏の名前がこんな感じになりそう。

> 問題になってないってことは色々根回しをしている

ていうかまぁ「気付かれていない」だけかとw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/UnKnown/20180501

2018-04-18

[] アントシアニンの謎  アントシアニンの謎を含むブックマーク  アントシアニンの謎のブックマークコメント

それにしても不思議なのは、ブルーベリー由来でアントシアニンが有効成分ってことになっている健康食品が未だに大手を振って売られていること。アントシアニンって10年以上も前に(そしてその後も何度も)「視力の改善に効果はありません」ってエビデンスが出てるのに。「作用機序は不明だがなぜか効く」どころでなく「効きません」だぜ? ちょっとググると、わかさの依頼を受けた(わかさ関連の?)研究団体等からは「効く」というエビデンスも出ているようだけど、「効きません」のほうが圧倒的に多い。

不思議、というのは同じ頃に「がん予防効果はありません」というエビデンスが得られたベータカロチン(ベータカロテン)はすぐに人気凋落、大っぴらに喧伝されることは無くなったのね。がん予防には効果が無いというだけで何の効用も無いというわけでもないのに。その一方で、アントシアニンはしぶとく生き延びている。そこが不思議。おそらく、視力という日常生活で常に使用する機能に関わることだから、「よく見えるようになった」という効果感(効果でなく効果感)を得やすいのがポイントだろうと思うけど。

そうりゅう あすかそうりゅう あすか 2018/04/28 00:05 >アントシアニン(ブルーベリー)
「視力の改善に効果あり」と聞いていたから視力の落ち始めたころから、ブルーベリーヨーグルトを食いまくっていたなぁ・・・。

まあ、某マンガにもそのネタがあって、「〜とされる。」とぼやかしている表現だったり、元をただせば第2次世界大戦の英国がレーダーの存在を隠匿するために「観測手は目の健康に良い『ニンジン』食ってるから」とPRしてたりとか、ある観測手がブルーベリージャムをパンにてんこ盛りして食っていた等のねつ造話があるようで・・・。

あ、あたしの場合、件のヨーグルトを食っても寄る年波のため視力は落ちてるんですけどね(苦笑)。

では

UnKnownUnKnown 2018/05/01 10:41 アントシアニンが有効成分という位置付けでは医薬部外品どころかトクホとすら認められず、相当に格下の機能性表示食品がやっとのようですね。
http://www.fine-kagaku.co.jp/item/supplement/8757.html

そのためか最近はルテインが幅をきかせてますが、こちらもやはりトクホには認められないようで…。

加齢とあわせてスマホを使い始めたせいで、このところ視力の低下が著しいと感じています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/UnKnown/20180418

2018-01-18

松の内が明けたところで 松の内が明けたところでを含むブックマーク 松の内が明けたところでのブックマークコメント

保守

そうりゅう あすかそうりゅう あすか 2018/01/21 03:10 今更ですが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、新年早々世間では、「おそ松さん」以上の破壊力をまき散らしているといわれているアニメ「ポプテピピック」が色々話題になっているようで。

初回から突然の番組変更、声優ギャップ、確信犯のパロ、意図的な作画崩壊及び直後の再放送等のアニメ業界が過去に「小出し」していたギャグ(下ネタ以外)をこれでもかと全面に押し出してます。
さらにダミー番組「☆色ガールドロップ」の豪華(?)執筆陣のアンソロ出しちゃうという手の入れよう・・・。

ただ、あたし的にもう3話で「もうなれちゃった感」が出てきちゃってますにょ(超爆)。

果たして、視聴者を飽きさせない次の一手は何を撃ってくるんでしょうねぇ・・・。

では

UnKnownUnKnown 2018/01/21 20:36 あけましておめでとうございます。ぶっちゃけ続けるかどうか分からないんですがまずはよろしくお願いします。

去年は「ヘボット!」がパロディ含みのハイテンションギャグアニメとして突き抜けていて、この先同系のギャグアニメは色褪せて見えるのでは……と思っていましたが、また違った方向性に突き抜けてる「ポプテピピック」もあれば手堅い出来の「ψ木楠雄」第2期もあって今期は豊作ですね。

「ポプテピピック」は方法論の新鮮さとそれを体現してしまう大胆さがまずあるから、第1話「気が狂ってる…」→第2話「意外と計算尽くなのか?」→第3話「なるほどこういうアニメなのか」で視聴者が慣れちゃった感じはあります。

そうりゅう あすかそうりゅう あすか 2018/02/12 22:35 >次の一手
BD1巻のオーディオコメンタリーを原作者とフリーライターさんがしてるんですが、収録されている「ポプテピピック」じゃなくて、「けも○フレンズ」のコメントをぶちまけてます。しかも収録されている4話すべてです。

あの〜、オッサン2人のgdgdなコメントは誰得なんでしょうか・・・。

では

UnKnownUnKnown 2018/02/18 19:58 > BD1巻のオーディオコメンタリー

噂には聞いてます。円盤には「特典映像」と銘打って本編と無関係なキャストなりスタッフなりのグダグダ実写映像を収録してたケースもありますし、それと比べれば手間をかけずにヒネリが効いてるんじゃないですかね。

第7話では「BD版」と称して美少女化するネタをやりましたが、実際のBDではどうするのかが楽しみです。

そうりゅう あすかそうりゅう あすか 2018/03/04 18:02 >BD版
実際のBDには本放送と変わらないものが収録されてましたよ(笑)。

円盤2巻の特典は、「けも○レ」オーディオコメンタリーのほかに#5で未公開になった映像が収録されてます。
でも、世間でいう「夢の国」のパロディではなく、パスポートの話でした。
ただ、もし放送されていたら「予言映像」として別の意味のネタとして話題になっていたのかも?

では

UnKnownUnKnown 2018/03/14 22:43 > 実際のBDには本放送と変わらないものが収録されてましたよ

それはちょっと残念。#5で未公開というと、映像はnice boatだけど蒸気船ナントカなBGMだった奴ですね。本放送はこのところ、ギャグとしては落ち着いている一方、砂絵や水彩画ふうアニメとか割と純粋に技術面で驚かしてくれる感じです。オープニングにSEが入るなど、放送終了に向けての大きな変化も匂わせてきますが、さてどう着地するのやら…。

そうりゅう あすかそうりゅう あすか 2018/04/01 21:53 >どう着地するのやら…。
「死種の艦長コンビ」と「愉悦コンビ」の活躍で最後はKングレコードを叩き潰しておわりでしたね(笑)。
知らんかったけど、「スタチャ」って2年前に無くなっていたんですね。
また、実写を入れたりとやりたい放題。
しばらくはこれ以上のネタ作品は出てこないでしょうね。

あと、ずっと思ってたけど、そそぐちゃんの小倉唯さんの声がどう聴いても田村ゆかりさんの声にしか聞こえてませんでしたにょ。

>お皿3枚目
音声特典は、相変わらずのけもフレコメンタリー。
映像特典は、#11のBBゴローさんの語りなしバージョン、#12ポプテクリムゾンのOPの完全版当でした。

余談:本日の4月バカでアニメHPにアクセスするとバジリスクのHPに飛んだり、原作掲載サイトから原作が一切消えているというネタをやっちゃってます。
我々は、何かの陰謀で「ポプテピピック」という作品があったと思い込まされているのかも?(爆)

では

UnKnownUnKnown 2018/04/05 21:28 今期の覇権は「ゆるキャン△」でしょうか。ざっくりググって1万2000枚というから、初週4000枚はホントにコメントしづらい数字ですねw いっそ爆死のほうがネタになったはず(酷いことを)。

> 実写を入れたりとやりたい放題

あらゆるバッドエンドが「おーい、どうしたんだい?」「あ、蒼井翔太です!」で回避可能になったのはちょっとした発明だと思います。

> しばらくはこれ以上のネタ作品は出てこないでしょうね

ぶっちゃけ「おそ松さん」が気の毒になっちゃいました。既にマッスとして存在する固定ファンの顔色を伺いつつ、しかしギャグ作品としての第2期をやる難しさはわかるんですけどね…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/UnKnown/20180118