Hatena::ブログ(Diary)

さようなら、私の夢も希望も

純度99.999997%の真性ニートのブログです。

2010-10-04

[]おとなの子守唄

サンテレビのエロ番組枠がここ数年迷走した挙げ句、加護が出る番組の打ち切りを以て完全消滅したかと思いきや、今度はおとなの子守唄という昔の番組の名前を使って復活するらしい。

そんなんで視聴者釣ったって、どうせエロくないのだろう。テレビではもはや乳首は絶対に映してはならないものになった。ドラマや映画は見ないからわからないが、ドラマや映画で許されたとしても、バラエティでは絶対に許されない。ただ伝説のエロ番組の名前を復活させるというスタッフの意気込みを信じ、一応は見ようと思う。どうせ限度のエロは水着くらいだろうが。

実際は水着以下だった。谷間すらほとんど出てこない。これが良識に支配された現代のテレビなのか。もうやめればいいのに。これでは子供もドキドキしないだろう。ホストが出てくるコーナーなんて一体誰が得をするというのか。意味がわからない。ダメだなもう。なのになんでサンテレビはいつまでもエロ風番組をやり続けるのだろう。赤ひげ先生は一体いつから出ているのだろう。エロ番組からエロを取ったらただの三流バラエティだ。これだったらスカパーの無料放送プロモる〜むの方がまだエロい。fashon.tvの方がもっとエロい。

この番組は半年で打ち切りだろう。三ヶ月かも知れない。これが打ち切られない世の中は間違っている。こんな番組に人気は出ちゃいけない。しかしいくらエロができないっつったって、これは酷すぎるんじゃないか?良識のある市民の皆様方も、もう少しくらいならエロを許して下さる筈だ*1。何のための原点回帰だ。タイトルだけじゃねえか。スタッフは期待して見た視聴者に謝るべき。そして番組名を変更すべき。こんな何のエロもない番組を「おとなの〜」なんて番組名をつけるのは過去への侮辱だ。それとも同じタイトルで放送することで、良識や公序良俗とやらに支配された世の中がどれだけつまらなくなったかを訴えているのだろうか。

テレビは胡散臭い健康食品や教材、サラ金のCMが野放しになり、番組でもパワースポットだの血液型だの守護霊だのと、変なカルトのような気持ちの悪い話を平気で流し、パチンコ番組が相変わらず放置されている一方、エロだけは目の敵にされて着実に排除されている。BPOと良識人が日本のテレビを殺したのだ。本当にテレビは終わったのだとこの番組を見て確信した。もうこの番組は見ないし、サンテレビにも二度と期待しない。サンテレビが悪いのではない。BPOと良識人が諸悪の根元だ。シルエットの乳首すら隠していたのには笑った。乳首を敵視する今の風潮は異常としか言いようがない。乳首を世の中から排除することが良識だというのなら、そんな良識は認めない。一体乳首の、乳頭の何がいけないというのか。嫌乳頭家の皆さんに教えてもらいたいものだ。

*1:許してくれない

まことまこと 2011/01/09 21:14 全く同感です。
僕の言いたい事をすべて書いてくれたような感じです。
というか、日本人の大半の考えではないでしょうか。

あそこまでヌードを排除すると、日本は気持ち悪い文化の国になるとおもいます。

UuuUuu 2011/01/10 19:31 ダラダラとした文章をお読み頂きありがとうございます。
ほんと最近の規制は酷いですね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。