V8roboの日記

2006-04-23

[]H8講習その2 22:21

さて、秋月さんには、何個もの

H8−3052を用いた商品があります。

この中で初めは何を買ったらよいのか悩む人も

多いでしょう。

今日はどれを買えば良いのかの助言からです。

まず、LANを用いて何かを行うといった

明確な目的でも無い限り、

「AKI−H8/3052LAN開発キット 」を

初めから買う理由はありません。

なぜか?

それは、LAN開発環境がついている分高いからです。

とりあえず、3052を使ってみようという人には、

必要になってからLAN開発環境を買うということで、

十分だと思います。

次に、「AKI−H8/3052F USB開発キット 」

はLAN開発ほどではないですが、必要ないと思います。

ただ、「USB端子から電源が取れるのはうれしい」

という方には良いかもしれません。

ここまでくると、「AKI−H8/3052F開発セット(H8ボード+マザーボード+アダプター+ソフト) 」と、

「AKI−H8/3052Fマイコンボード(開発ソフト付き) 」

のどちらを買うかで悩むところですが、

回路製作環境が十分にあるのならばマイコンボードのみを、

そうでないのならば、マザーボード付きを買うのが良いかもしれません。

正直、この2つに関しては買う人の趣味の問題でもあります。

マザーボードには、数々のオプションが付属しているので、

それはそれで便利なのですが、その分値段が高いです。

マザーボードについている機能位なら、これからマイコン

使おうとしている人にとっては、自作可能なもの場狩だと思いますし。

ちなみに私は最初はマイコンボードのみを買って、

ユニバーサル基盤で、

ほぼ、マザーボードと同等の回路を自作しました。

結論として、回路は自作することで力が付くものだと思いますので、

私のオススメとしては、

「AKI−H8/3052Fマイコンボード(開発ソフト付き) 」

を初めに購入したほうが良いと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/V8robo/20060423
Connection: close