植民地日本よ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-08-15 靖国参拝ABC このエントリーを含むブックマーク

WabisabiHeart2006-08-15

小泉首相靖国神社に参拝した。

朝からマスコミは否応にワイワイ騒いでいる。かなりワイワイ。皆とても嬉しそうだ。

(私なんて朝起きれん体なのに、テレビがあまりにも騒々しく、今日は起きれました)

人それぞれこの件に関しては考えが異なるであろう。

それは別に良いことである。少なくとも靖国参拝と過去の戦争に関して考えるということが大切である。

私個人の意見としては、マスコミの論点があまりにもずれているのではないかと思われる。

A級戦犯だの、Bだの、Cだの、Dだの、そんなものは本筋ではないのだ。

事の真意とは何か?今、私たちは何をしなければならないのか?

それは人の批判でも、ポリティカルな策を行うことでも何でもない。

まずは、戦争で亡くなった本当に多くの人々に哀悼の意をきちんと捧げるべきであろう。

人々とは日本人だけではなく、韓国人中国人を含む全ての戦争で亡くなった人々のことだ。

本当に多くの人々を亡くした。殺し、殺された。

一人一人、どんなに悔しく、悲しく死んでいったことだろうか。

大切なのは死んでいった彼らなのである。

彼らが今生き返ったら一番多く発せられる意見は何だろうか?

「もうあんな戦争はしないでくれ、皆苦しんで死んでいった。戦争は誰も幸せを生まない。」

「あー、もう一度家族と共に楽しく生活したかったわ。」

「虐殺をするなんて酷い。許せない。幸せに暮らしていたかった。」

「お願いだから、もうこんな戦争はしないでくれ。後世の人々は間違いを犯さないで。」

戦争で亡くなった、日本人、韓国人中国人、その他多くの人々が口にするのはこういうことではないだろうか。

亡くなった彼らの意思を、私たち世界中の人々は継がなければいけない。

それは現在も起こっている戦争というものをまず止め、これからも戦争をしないということを誓う。過去に殺した中国人韓国人には、謝罪の意を忘れない。死んでいった、日本人にはいつも哀悼の意を忘れない。

これらを表現する一つとして靖国参拝があるだけなのである。A級やB級など、ことの真意ではないのだ。

ただただ、謝罪、哀悼、非戦争の決意を表現することに関してマスコミはリーダーシップをとらなければならないのであり、批判だけでは日本が落ちていく一方なのである。

Connection: close