my image ltd. -TOSHISM- このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-05-07 AppBankは面白い会社 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

偶然や機会に恵まれ、海外に出張することが増えた。ゴールデンウィーク中国に行っていたし、ヨーロッパには直近1年で2回も訪問した。

そんな中でふと気づいたのだけれど、AppBankに似ている会社はどうも世界中にいないのかもしれない。もちろん、実際のところは知らないだけで、本当はいるとは思う。でも、ふと思いだすと、1回も「例えば○○の日本版で...」と説明したことはないし、「ああ、それは○○の日本版ね!」と言われたこともない気がする。

その代わり(?)、AppBankをきちんと説明するには長い話が必要なので、いつも大変。

AppBankは面白い会社なので楽しいという、そういう話でした。

2013-01-02 2013年抱負 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今年も脇一族は、伊勢に集まり、おいしい(お高い)海産物をいただき、お伊勢参りをし、そしてダラダラと過ごす正月を迎えた。今年は14人が集まり、相変わらずの賑わいをみせていて、何となく全員ほっこりとした気持ちになった。

今、目の前でじいちゃんがパソコンで囲碁を打ってる。5年前も打ってた。31日に到着した夜は、カニ鍋だったけれど、去年も全く同じだった。元旦のお伊勢参り(外宮)、元日夜の焼き肉。その次の朝のサザエと餅。なんにも変わらない。

一方で、自分については大きな変化があったと思う。うまくいったこともあれば、失敗したこともあれば、どちらか判断できないこともあった。そんなこんなで、反省するところはしつつ、今見えていることを実現する今年を過ごそうと思う。

ーーー

気がつけば30歳も目前。僕は年相応である様に美しさを覚える性格だったりする。だから、自分を振り返り、自分が年相応であるかどうかは常に気を付けている。

ちなみに年相応とはいっても、ぼーっとしてては、美しい年相応の振る舞いはできない。年相応にも、美しい年相応と、ダサい年相応がある。そして去年は、んー、ちょっとダサい年相応だった気がしている。なので、年相応であることを迷わず突き進むことを、改めて意識しようと思う。

さて、人生を春夏秋冬で考えるならば、20代が春。30-40代が夏といったところだろうと思う。子どもが自分の元を離れたあたりが秋。そして老後が冬。

すると、今は春から夏にかけて移行している時期ということになる。実りある夏を迎えるには、春が当然大事。だから、改めて、今日から30歳になるまでのテーマを「春」、いや、もっと分かりやすく言えば「青春」で行くことにする。

青春!

青春といえば何か。やっぱりキーワードは「夢」と「怒り」。このあたりではなかろうか。そう、ロックンロールや!!!!来年はロックンロールを聴こう!ベンチャー企業の働き方は、青春と合うよね。今年は青春らしい時間をAppBankで過ごすよ?

ーーー

青春はさておき、30代に手土産を持参すべく、今年中にきっちり整理しておきたいと思っているのが「健康」。具体的には、大学時代ぐらいから微妙に発症しており(全く気づいてなかったけど)、去年の前半に気がついた「脂漏性皮膚炎」という病気を今年中に治したいと思っている。

これは、体からでてくる皮脂に、アレルギー反応を起してしまうという、自爆感のある病気。小さい頃には蕁麻疹の薬を服用していたりと、びみょーにアレルギーっぽい体質なのだけれど、ひさびさにその体質が表面化してきた模様。

んで、脂漏性皮膚炎がどこに発症しているのかと言うと、頭皮に発症している。要は髪が抜ける。つか抜けてる。困る。マジで困る。というわけで、忙しさにかまけて本気をだしていなかった脂漏性皮膚炎の治癒を、今年は本気で取り組むことにした。

アレルギーの治癒といえば、当然よい医者に罹ること。今の医者はかなりひどい(鎌倉の時はよかった)ので、年始はよいお医者さん探しに力を入れる予定。そして、それ以上に大事なのが、生活改善も進めること。まず、肉およびお菓子は減らし、魚と野菜を増やす。もともと肉・お菓子はあまり食べないのでこれは簡単そう。あとは規則正しい睡眠。これは年後半で崩壊してたので、修正する。これは時間配分の問題なので、難なくできる。あと色々細かいことがありつつ、やっぱり大事なのが運動。

というわけで、脂漏性皮膚炎を治すためにも、やはりダイエット!!!今、おおよそ65kgぐらいなので、半年で3kgの減量を目指す。それ以上はやせたくないので、62kgになったらそれを維持するようにする。ダイエットはいまだかつて成功したことがないので、難題だと思ってがんばる!

ーーー

というわけで、今年は青春と病気の治癒の1年間になりそうです。みなさま、脇俊済を今年もよろしくお願い申し上げます。

2012-07-14 iPhoneが日本で発売されて4年。あと、Netscape Navigator。 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

おはようございます。あさっては海の日ですね。としずむです。

11日に、iPhoneが発売されて4年が経ちました(編集長の記事:4年前の今日、僕はまだiPhoneを持っていませんでした。)。少し昔話をしたいと思います。


僕のとってのITインターネットです

初めてパソコンに触ったのは、確か小学2年のころだったと思います。そしてその頃、最も触っていたソフトウェアNetscape Navigatorでした。ページを読み込んでいる時の、右上の「N」がキラキラが好きでした。

当時私が使っていた、父親からもらったお古のノートパソコンOLIVETTI ECHOS 24C。右上にトラックボール、左上にクリックボタンがある、独特なデザインのノートパソコンです。今調べてみたところ、どうやらイタリアのメーカーのパソコンだそう。どうりでお洒落で、そしてすぐに壊れたわけです。

・・・とまあ、小さい頃からパソコンを触っていました。でも、特にプログラミングをしたり、ホームページを作ったりはしませんでした。ただインターネットをだらだらするための端末として使っていました。

そして当時、両親がドライブするラジオからよくビーチボーイズのKokomoが流れてました。

バミューダバハマ♪今日は海の日

中1のころ友達2人に「ヤフーってさあ」と話しかけたら、同時に「アホすwwww やほーだろwwww」と突っ込まれたのはいい思い出です。


携帯電話との出会い

私が携帯電話を持ったのは、高校に入学してすぐ後です。そしてはっきりとこう思ったのを覚えています。

あれ...インターネットがない

当時はインターネットといえば電話回線でしたから、電話するための端末「携帯電話」でインターネットは当然できるものだと思っていました。でも、できませんでした。私が携帯電話を持ったすぐ後に「iモード」が始まったわけですが、それもインターネットではないと感じていました。iモードの、狭い世界に閉じこめられてしまっている感じに慣れず、全く楽しめなかったのをはっきりと覚えています。

私にとって携帯電話は、「かばんの奥底にある、時々メールするやつ」でした。


楽しい楽しい「Web2.0

私の大学時代は、インターネットは「Web2.0」でした。今まで見たことなかった新しいサービスが、一斉に芽吹くように誕生したのを覚えています。ずっとインターネット「ユーザー」だった私ですが、この頃はちょっとしたウェブサイトを作ったり、CやJavaを軽く勉強したりしていました。

でも、そこで仕事をしようという気にはなりませんでした。インターネットの色んなサービスを使いこなしつつ、他の仕事をするんだろうなあと思っていました。エンジニアではない自分が、インターネットを作る側に必要とされているとは、なんとなく思えなかったからです。


そしてiPhone

ある日iPhone3Gが発売されました。でも、Appleを「お洒落な人向けの高いパソコンメーカー」としか思っていなかった私は、当然スルーしました。でも、ある日触ってみて衝撃の発見をしてしまいました。

インターネットがある

皆さんもご存知の通り、iPhoneは決して最初の「フルブラウジング」ができる携帯電話ではありません。しかし、私をターゲットユーザーとして作られた携帯電話の中では、間違いなく「最初の」インターネットができる端末だと私は感じました。当然その日にdocomoを解約し、softbankに契約。iPhone3Gを手に入れました。

そこには、私が大好きなインターネットがありました。Safari

触れば触るほどすごすぎるiPhoneという端末。最初はSafariばかりいじっていましたが、「アプリ」という仕組みもすごすぎて、衝撃を受けました。論理的にもすごい理由を説明できるし、直感的にもヤバい。というわけで、ほどなくしてAppBankの手伝いを始めました。もう4年近く昔の話です。


そして、今日...

これからもがんばるぞ!

2012-07-04 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

事務所がお引っ越しした。


宮さんがずっと喋ってる。本当に喋ってる。

ミルトンはがんばってるみたいで、時々寝てる(落ちてる)。

高橋君は淡々としてる。

えがくさんは色々いいながらもみんなを支えてる。

ももぞうさんはゾンビカフェずっとやってる。

まおちゃんは宮さんと話してる。

かずえんどはど真ん中にいる。


情報量が多くて疲れる。

ずっとのど乾いてるし、お腹空いてるし、眠い。

週末超えたら落ち着くだろうと感じている。

きっと引越し疲れがまだとれてないんだろう。


んで、こっちにきたからには、色んな人と会って、

とにかく色々と勉強させてもらおうと思ってる。

というか、すでにかなり勉強になっている。

誰かと話すことの価値がここまで大きいとは思わなかった。


朝から晩まで仕事ができるのが幸せでしょうがない。

自分の状況が、あまりにも幸運に恵まれすぎていて、

ちょっと恐れ多いと最近よく思う。


ーーー


追記:


村井さんがいたのを忘れていたぞ!!!!

背中見せてる!(僕にはみえてないけど!)

2012-05-06 お仕事♪ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

かっこいい大人

Beastie BoysMCA が亡くなった。彼らみたいな大人って憧れる。今後もずっと憧れです。

僕の仕事

AppBank Network がんばる

関係者多くて大変。ビジネスって感じがする。とにかく参加デベロッパさまを集める。喜んでもらえる(要は稼げる)サービスにする。売りやすいサービスにもする。ユーザーにも利益をもたらすサービスにする。僕らも嬉しいサービスにする。できるはずなんや!

AppBank.net 育てる

すごいポテンシャルを持った子どもみたい(子どもいたことないけど)。日々変化する。よくなったり悪くなったりする。思いもよらない成長を遂げることもあるけど、がんばっても何の成果もあがらないこともある。もっと多くの人にとって意味のあるサイトに。根本は iPhone をもっと楽しめるようになるサイトにする。広告も含めて。

教えて!AppBankがんばる

主任とがんばる。思った通りに成長しない反面、情報源元としては不可欠なサイトになってきてる。形にしたい。

GWはゆっくり仕事したので、色々回復した!気合いとか!

2012-01-03 今年の抱負

今年の抱負

「絵」を意識する

AppBankはどんどん大きくなっている。僕は宮下氏が一人のころからAppBankを知っているけれど、その時から比べたら、本当に大きくなった。幸運なことに、僕が担う役割もそこそこ大きくなってきた。そんな中、今年は特に意識したいと思っていることが「絵」。

AppBankを大きな絵で理解する」

AppBankという事業体は全体としてどういうものなのか、それぞれ事業は全体における何なのか、を常に言えるようにしておく。そして、AppBankに仕事として関わる人に、可能な限り分かりやすく伝えていく。そのために、村井さん・宮下氏と話をしたり、じっくり時間をとって、整理しようと思う。去年もちょくちょくやっていたけれど、今年はもう少し意識的に。

「自分の領域の絵を描く」

一方で、自分が担当する領域については、絵を描くことを意識する。今までは、描かれた絵の中で仕事をしていた。けれど、今年の僕の仕事は、(担当している領域の)絵を自分で描いて実行する、というものになりそう。


人の知恵をお借りする

今年は「初めての仕事」が多い。去年の中旬あたりから、少しずつレビュー記事執筆以外のことに時間を使い始めていた。年末には、すでに1日1本記事を書くかどうかになっていた。今年もそういう感じになる。

その代わりに増えるのが、AppBankをもっと成長させるためのお仕事。そしてその仕事の多くは、僕にとって「初めての仕事」。初めてというのは、単にやったことがないという意味ではなく、「関わったことがない新しいタイプの」仕事という意味。もしくは、「コツを知らないタイプの」仕事。

そんな時に重要になってくるのが、人の知恵を借りながら仕事をすることだと思う。もちろん、絵は自分で描く。でも、それを洗練させる時に、人に相談する。仕事に関わるメンバー全員はもちろんのこと、旧知の知人や、色んな形でお世話になっている方々・・・に、さらにお世話になります(笑)。


AppBankを楽しむ

去年の中ごろからしっかりビジネスなAppBank。そんなビジネス!ビジネス!ビジネス!だからこそ、、、改めてAppBankを楽しんでやる!!楽しみすぎてやばいぐらい楽しみたいと思う。今も十分楽しいので、さらに楽しむにはどうすればいいのか、、、どうしようかな♪


メディアはいい具合に「ごちゃっ」と

年末、高校・大学の友人と飲んだ。旧知の知り合いと会うと、だいたい仕事の話から入り、猥談で閉まる。

僕の年齢層(26・7歳)の猥談は面白い。恋愛ネタは当然ありつつ、エロ系の話題も豊富、さらには結婚や家庭、子どもの話までと、とにかく幅広い。人によって関心もバラバラなのも見逃せない。まだ青春な人から、もうすっかりお父さんな人までが違和感なく同席して、全員が楽しく話ができる。そんなのは、きっとこの年齢層だけ。

ごちゃっとしているところが一番面白い。

フリッパーズギターがなんでコーネリアスより面白いかというと、ごちゃっとしてるからだと思う(コーネリアスは美しいしかっこいいけどね)。Born SlippyやOne More Timeも、かなりごちゃっとしてる。Zazenboysはすごいけど、ナンバガの方が面白かった。ホワイトアルバムもそう。

2012年、AppBankは事業として方向が見えていて、しっかり真面目にやれば飛躍できる。今年基盤をつくれば、2013年、2014年と爆発できる。でも、特にメディア運営について思うのが、生真面目すぎると限界を超えられないということ。僕は真面目な人間なので、限界を超えにくい。だから、仕組み的にごちゃっとさせたいなあと。


去年たくさん聴いた曲

Grizzly Bear/ Two Weeks, 石橋英子/ coda, cero/ outdoors, Alfred Beach Sandal/ メキシコ生まれの甥っ子, 山本精一/ ラプソディア, モーモールルギャバン/ サイケな恋人, The Morning Benders/ Excuses, 放課後ティータイム/ honey sweet teatime, Animal Collective/ Fireworks, The Mirraz/ 医学的に言うと全部オッケー病という病名, 村八分/ どうしようかな, レイハラカミ/ Joy, シャムキャッツ/ 忘れていたのさ, Klaxons/ Echoes, Tune-Yards/ Bizness, 半野喜弘/ Lido, The Avalanches/ Since I Left You, ラヴェル/ ボレロ

2011-09-28 AppBank が3歳になったらしい このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

10月6日はAppBankが始まった日らしい。僕が入ってからだいたい1年半だ。

宮さんがなんか書いてるから対抗して書く。今は業務時間中だ。

http://d.hatena.ne.jp/appbank/20110928/1317193030



・村井さんはすごい

大学時代にインターンした時に村井さんに出会った。村井さんは当時から凄かった。素直に「これくらい仕事できるようになりたい!」と思った。就職した会社で、何かに使うとかで「尊敬する人を書いて(ビジネスマン的な意味で)」と言われた時に、村井智建って書いて、みんなに誰って言われた。村井でございます!今だったら村井智建と宮下泰明って書く。

村井さんのブログを読んでいたら iPhoneが神って記事があがった。すぐさま iPhone を買いに行った。そのうち村井さんと宮さんが iPhone 関連で色々始めた。NPOとかやっててて、 AppBank を始めた。これはすごそうだと思ったので、ほどなく手伝い始めた。週末の半日を記事執筆にあてる生活がそこから8ヶ月ぐらい続いた。

毎月のように村井さんからPVがすごいことになってるという電話をもらった。毎回一応驚いているふりをした。ふりをしてるのはすごくなかったからではない。村井さんと宮下氏の才能なら当然の成果だと思ってたからだ。最初からすごいことになると思っているんだから、特に驚きはなかった。てか、PVが○○になったとか言われても(当時は)わからん。



・運が良かったという話

僕は運が良かった。友人の紹介で村井さんの下でインターンをした。運がいい。なぜか村井さんと宮さんに気に入られた。成果出さなかったのに。未だに謎だ。これも運だ。その後、appbankを手伝い始めた。これも運。あの二人の才能を考えたら、誰もが手伝いたいと思うはずなのに。誰もその可能性に気がつかなかったのかな?運が良かった。というわけで、こんなに運がいいのは100回人生やっても1回くらいのものだと思ってる。

あともう一つある。僕は村井さんも宮さんと一緒に仕事できるだけでも楽し過ぎるわけだが、どうやら二人についていくのは普通は色んな意味でしんどいらしい。仕事が出来過ぎるとか、怖いとかあるのかもしれない。わからん。僕は平気だ。むしろ楽だ。これは性格なんだろう。運がよかった。



・唐突に今の話をしたい

今は今までになく仕事が楽しい。村井さんは相変わらずスゴイ。尊敬する。最初に出会った頃と同じことを感じる。日々凄いなと思う。なんでこんなに色々決めてこれるんだろうと思う。宮さんもすごい。村井さんとは全然違うスゴさがある。キレっぷりが半端ない。絶対僕より変人だ。間違いない。優秀なマネジメントは「何を捨てられるか」が大事だと聞いた。宮さんは捨てる必要もない。気付けばなくしているからだ。優秀どころじゃない。圧倒的だ。

もっと二人には仕事をして欲しい。もっともっとキレてほしい。その分 Appbank がでかくなる。そのためには色々僕が担えるものを増やしたい。それには僕が勝手に判断できることを増やさないといけない。そのためにはいままで以上に AppBank を理解しないといけない。だから二人に今までになくからんでる。最近僕のつっこみが激しいのは、理解したいからなので許して下さい!

kazuend と高橋君と喋るのが楽しい。Appbank のことを喋るのが楽しい。新事務所のライター部屋は僕ら3人しかいないから、もう少し色んな話をしたいと思ってる。kazuend も高橋君も僕がもってないものをアホみたいにもってる。僕しか持ってないものもある。たぶん2年後くらいにすごいチームになる。あと2年もすれば、 appbank.net は宮さんも村井さんもいなくても運営できるようになるだろう。ちなみにegakuさんは入社したばかりなのにすごい。もはや勉強させてもらってる。意味分からん。

iPhone5の発表日に合わせて女性チームが入社してくる。よりによってそんな忙しい日に…と思うけど、それが今のAppBank なんだろう。そう、AppBankならね。

反省していることもある。テンションが上がると、僕はちょっと怒りっぽくなる(と感じている)。最近はテンションがあがりっぱなしだから、怒りっぽくなりっぱなしってことになる。みんなごめんなさい。ホントにごめんなさい。みんな尊敬してます大好きですホントです。

あと、やる気と体調のバランスに最近気を使っている。1日7時間は寝ないと体調を崩す体だから、毎日しっかり寝たい。でも仕事はたくさんやりたい。で、やる気に任せて夜中まで仕事をすると、あっさり次の日の日中眠過ぎて仕事にならない。完全にバランスが崩壊してる!!ダイエットする暇がないのはここだけの話だ。



・自分の話ばっかだ

宮下氏のビジョンを聞くのが楽しい。日々進化しているのがもっと楽しい。AppBank で宮さんのビジョンのすごさを(理屈で)理解してるのは、さんざん経営書を読んできた僕だけだ。世の中に「ビジョンが大事だ」と言ってる人が多いけど、本物のビジョンを聞いたことがある人はほとんどいないだろう。これはビジネスパーソンとしての、ちょっとした自慢だ。

村井さんが最近熱い。うおおおおおお!!!!これが村井なんじゃああ!!!と言いつつ、しかも新しい方向に進化してる。まだ進化するのかこの人は、とか思ってる。このまま、日本の歴史に残る社長になると思う。歴史に残る社長の部下ってのも、なかなか希有な体験だ。これも自慢だ。

なんとか自分ができることを広げていきたい。もっと広い視点で物事を見られたらなあと思うけど、まだ早いのかな。



・最近好きな音楽

アメリカではFleet Foxesとかジョアンナニューサムとか、ロック以前の音楽に影響を受けた子たちが盛り上がってきてる。すごくいい音楽で、何度も聞いてる。でも、ヌルいね。アメリカはダメだなあと思う。あと、ポストダブステップもヌルかった。いい音楽だけど、ダメだ。落ち込んでしまう。

アルフレッドビーチサンダルが最高。あとceroとか。横文字で勝負するなら、エキゾチックでアコースティックな音楽だ。でもヌルいね。優しいけど、ヌルいね。

どこもかしこもヌルい。世界はそういう方向にシフトしているんだろうか。なんだか元気がない。andymoriの革命はそんな中最高だと思う。彼らは世界を担う。

今こういう音楽がききたい!に答えを出すなら、キャプテンビーフハートだね。ああいう音楽がいいよ。大文字のROCKにみんなが飽きたのはわかった。僕も飽きた。もうビートルズ以降の音楽には一旦お休み頂ければと思う。そこは世界の流れ正解。でもヌルい方向はまずいよ。

去年も今年もandymori!一週回って、オザケンとか「時代はROCKなんじゃあ!!」とか暴走して、ローリングストーンズのカバーアルバムとか出さないかな。時代変わると思う。

2010-09-02 さっき思ってたこと このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

AppBankでずっと記事を書いていると、たまに昔のように、ただ単に自分が思ったことを垂れ流したくなる時もあるわけで、ここ最近思っていることをちょっと書いてみよう。

・楽しい職場はいいよね

笑いが絶えないのはいいよね。働いてるのか遊んでるのか、わからない状態で、仕事の環境としてはこの上ないよね。もちろん、しっかりビジネスもしてます。

・がんばらなきゃな

周りの人間、そもそも優秀にも関わらず、どんどん成長してて凄いなーと日々思いながら働いてます。(いい意味で)悔しいなーと思うことも多い。って言っても、「負けたくない!」みたいな気持ちは一切なくて、結局AppBankが超成功すればニコニコなんだけどね。それとは別次元で、やっぱり「うおーーー、やったったわー!!」みたいなことはたまには言いたいわけです。

・本読みたい

本読む時間がほしい。マジで。起きてから寝るまでAppBank中。いや、最近はそれに加えて運動(1時間ほど自転車)してます。ずっと座ってると色々ヤバいので。

・最近、変な夢をたくさん見て困る

朝、すっきりしない。

iPhoneアプリ業界はどうですか

i-modeは巨大な業界だけど、もうエンディングに向けたカウントダウンが始まっていて、Android業界は立ち上がらない雰囲気満載の中、iPhoneはガンガン成長しているわけだけれど、それでもやっぱり規模としては小さいよね、と思う。・・・のはガラケーという世界で仕事をしていた人たちですね。

一方で、デスクトップアプリで仕事に関するアプリを作っていた人たちにしてみたらそうでもないんだろうなと思う。むしろ、ビジネスチャンスは広がったんだろうと思う。今まで(ほぼ)不可侵領域だった携帯の領域に参入できたわけで。特にB2Bにがんばってほしい!

・最近好きな音楽

日本人のアルバムばっかり買ってます。最近だと、andymoriが良過ぎて泣いた。RCサクセションもいい感じだった。一周回って今っぽいよね。くるりはずっと第1戦で頑張っててマジで神だと思う。

最近アメリカでいいらしい the Drums はダメだった。なんか、 The Stone Roses みたいな音だった。ああいう退廃的な音が流行るってことは、アメリカはやっぱりまだダメなのかな。その分、 andymori はすごくいいので、日本はこれから頑張れるんじゃないかと思うわけです。

・終わり

ちょっと息抜きしたくなったらまた書くかも。

2010-04-23

[]AppBankへの転職鎌倉へのお引っ越し

AppBank転職しました。

http://www.appbank.net/

そして、今日は東中野から鎌倉へお引っ越しです!

f:id:Waki:20100423140820j:image:w200

名刺を持っている方にはメールしましたが、親しくさせて頂いていながら名刺を頂いていなかった方、

もしくは私が勝手に無くしてしまった方にはきちんとご連絡できておりません・・・すみません。

というわけで転職しました!

世界最強のチームで世界を取りに行くのでこれからもご支援よろしくお願いします!

2009-10-08

[]高須賀さんに久しぶりにお会いした

f:id:Waki:20091008001502j:image