my image ltd. -TOSHISM- このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-06-26 日本は世界から隔絶されてていいの?悪いの?

[]日本は世界から隔絶されてていいの?悪いの?

「日本って、本当に世界から隔絶されてるんだなぁ」(引用元ブログ:On Off and Beyond)

http://www.chikawatanabe.com/blog/2007/06/post-1.html

から(私の中で)始まった、日本の世界の立ち位置談義をまとめてみました。本エントリの流れは、

  • 日本はどんな感じで隔絶されているの?
  • 日本は隔絶されたままでいいという主張はこんな感じ
  • 日本は隔絶されたままだと駄目だという主張はこんな感じ
  • 中間もありなんじゃないかな
  • で、What do I think?

をそれぞれいくつかのブログを引用しつつまとめてみました(最後に引用元は明記)。

日本はやはり隔絶されている

ひたすらいろんな記事からそれっぽい記述を引用。

  1. スタンフォード大学でVirtual Goods Summit 2007に参加。300人くらいの参加者がいて、一人も日本の会社から来てる人はおらず。
  2. 「外国人には中々入ることのできない謎の大市場」というのが一般的な日本のイメージかと思います。まぁ、本当にそうですが。
  3. 携帯以外の通信機器も、ながく「NTT規格」で鎖国してきたおかげで…
  4. 渡辺千賀さんの「日本は世界のブラックホール桃源郷か」というエントリー。「そう、そう」とうなずきたくなるようなエントリーだが、私が数年前から使っている表現は「日本は世界経済にとってのガラパゴス諸島」。
  5. 米国のワイアレス関係の人たちの中でも目利きの人たちは、あいかわらず日本を特殊な実験場のような目で注意深く見ている。
  6. 「パラダイス鎖国」という話をこのブログに書いたのは2年前のことで、そろそろ書くことも尽きているので今更なのだが

というわけで、はっきりいってまともなデータは一つも引用で挙げてませんが、雰囲気的に、日本は隔絶されているようです。

日本は隔絶されたままでいいという主張はこんな感じ

理由1

日本はこのままでよい。なぜなら、日本は隔絶しているため、独自の文化が育まれる。独自の文化からは面白いものが生まれ、その継続が世界のマーケットに力を及び続ける。それゆえに、日本は隔絶したままでも経済的に強いままでいられる。

  1. 隔離された環境で、誰も気が付かないうちに急速な進化を遂げて一気に世界市場を席捲してしまうような例も少ないながらもあるので(アニメとかゲーム産業はその良い例)、あながちこれが悪いとは言えない。
  2. 「日本という特殊なマーケットだからこそ可能な『何か』を作って、それをこの隔離された環境で急速に進化させてから世界に羽ばたかせて、一気に世界を制覇する」みたいなことはぜひともやってみたいと思う
  3. 「隔絶された巨大市場」というのは、欲しくても作れるものではない。いつも言うのだが、日本はアメリカに次ぐ第二位の市場。3位のドイツあたりを大きく引き離している。韓国やら中国やらインドなどと比べること自体間違ってるくらい大きい成熟した市場である。しかも、それが世界の他の国から隔絶された文化圏をもっている、というのは素晴しいことではないかと。
  4. 猫やら犬やらを孤島に放してしばらく経つと、全く異なる新種が誕生し、世界から珍重される、といったことがあるが、日本も同様に「全く違う、とんでもない製品」が出てくる場所になりつつある。だからいいじゃん、と思うのですよ。そもそも、世界が単一化するのもつまらないし。
理由2

日本はこのままでよい。なぜなら、日本は隔絶しているため、外貨をそれほど稼がずともやっていけるからだ。外貨をそれほど稼がない状態で、燃料や食料を確保するのは不可能ではないはずだ。それゆえに、日本は隔絶したままでも経済的に強いままでいられる。

  1. 外貨をそれほど稼がずとも、自立して清く貧しく美しく、割と幸せに生きる」っていう選択肢は本当に無いのかなぁ、と思うのですよ。
  2. 太陽発電等をもっと推し進めて輸入燃料依存度を減らす、都市を分散して個々の生活圏を縮小し、燃料を必要とする乗り物への依存度を減らす、などといった方法で燃料消費を極限まで押さえ、一方で食料自給率を圧倒的に上げる(家庭菜園の推奨・・はさすがに無理がありますな)。
  3. 外貨だって、全く稼げなくなるわけではないし。
  4. 世界と全く違う、というところを生かして観光客をもっと大量に呼び込むという手もある。

日本は隔絶されたままだと駄目だという主張はこんな感じ

日本はこのままじゃだめだ。なぜなら、日本は隔絶しているため、世界の競争においていかれ外貨獲得能力が減る。外貨獲得能力がなくなると段々と日本の大企業達の経営がぼろぼろになっていき、現在の日本の地位を追われる。だから日本はこのままじゃだめだ。

  1. 「ITゼネコン」と呼ばれる大手コンピュータ・メーカーの経営実態もボロボロ。かつて高い競争力を誇った家電メーカーも、ソニービクター三洋など、軒並み沈没だ。こういうことになったのは、日本市場というほどほどに大きな「桃源郷」に安住してきたためだ。
  2. 隔離されているからこそ、独自の変化を遂げることが出来ているのも一つの特徴だが、それゆえに「外来種」にあっという間に駆逐されてしまう例も後を絶たない。
  3. 保護されていたがゆえに、世界的な競争力をなくしてしまった日本の携帯電話メーカーも良い例である。
  4. もちろん、「全く違う、とんでもない製品」の多くは、世界では全然受け入れられないリスク高し。テーストが違うのでやむなしではある。「テーストの違いなんかぶっちぎる画期的な製品」が出てくるまでは、外貨獲得能力がジリ貧化、国として日本がどんどん貧乏になる、という可能性もある。
  5. 日本国内市場が大きいがゆえに、それだけで満足しちゃって外貨を稼ぐとこまでのハングリー精神がないとか
  6. 携帯端末に関しては、いかに大きいといっても日本だけの市場(特に日本ではメーカーの数が多すぎ)では、世界で売っているメーカーと比べてスケールが違いすぎ、(一方海外の安い端末は日本のあまりに進んだ市場に合わず)明らかにコストが高く、そのためにメーカーは儲からない、キャリアは高い補助金をはらわにゃならん、ユーザーは高い料金をはらわにゃならん、という、誰もハッピーでない状況になっているのは間違いなく
  7. ネットワークインフラ機器はもっと深刻な状況

中間もありなんじゃないかな

  1. 個人のレベルでいえば、英語で書いてみたら、思わぬところで興味を持っている人に感謝されたり、友達ができたり、思わぬ発見や役得もある。日本の情報を知って面白がってくれる人がどこかにいる。日本独特のアイディアや製品をアメリカに持ってくることで、もっといいものができあがるかもしれない。日本人だけが中で楽しくやっていくという話だけじゃなくて、その外側にいる人も仲間に入りたい人もいるんじゃないか、そしたら入れてあげてもいいんじゃないか、という話。そういった「発信側」の役割を、楽しいとか意義があるとか感じる人だけがやってればいいのだけれど、極めて個人的な感覚としては、そういう人がもっと増えてほしいなぁ、とは感じている。

で、What do I think?

結論?勢力としてはやはり実績(?)のある、「日本は変わらないといけない」という主張が強いと感じますが、自動車業界は強かったりと、バランスは現状は取れている状況なんだろな、と思います。だからこそ、具体的なデータで証明してくるブロガーがいないんだろな…と(いたら教えてください)。

とても抽象的な意見を述べるならば、世界が欧米化しているということは、アジアの文化を欧米が取り込めないことをあらわしていると思う(もしくはアジア人のほうが文化を取り込む力が強い)ので、欧米諸国がアジアを駆逐するほど席巻することは不可能だと思っています。なので、票を入れるなら、「日本は現在の鎖国状態から遠く離れすぎないほうがむしろ強い!」ですね。

もちろん、本当に全くこのままで居続けるのはジリ貧確定だとは思いますが、例えばソニーだって、黙って駆逐待ちでもないでしょう。とか、楽観的かもしれませんが。

引用したブログとその記事

すべての記事はとても面白かったです。

引用させていただきまして、どうもありがとうございます。