Hatena::ブログ(Diary)

我が九条 このページをアンテナに追加 RSSフィード

この日記のはてなブックマーク数

2007-06-01

[]小論文指導で言われたこと 23:40 小論文指導で言われたことを含むブックマーク

私が小論文講座で言われた一番大事なことを忘れていた。それは「オレはちがわない」ということである。他人を批判したからといって、自己の正当性が確保されたとは言えない、ということと同じことであるが、あるいは他人を批判したくなった時に、その批判の対象に自分が入らないか、を考えること、というのと同じことだが、「オレはちがう」というのが多い、という指導であった。

似たような言い方として「エクセプト・ミー」というのもあった。自分だけは批判のらち外において、他人を批判する議論である。こういう論者は信用できない。つまり小論文で「エクセプト・ミー」の論理を使った瞬間、小論文の科目に関しては、完全に落第決定、ということである。

「エクセプト・ミー」の実例として私の義理の祖母の例を。「かしこい女はアホな男以下や」と私に語っていた。つまり女性の権利向上について反発しているのであるが、それを女性が言うのはおかしくないか、ということである。「アホな男以下」という「女性」に自分が入っていることを全く考慮していない議論。自分以外の人は批判するが、その時に自分はその批判の対象から外して議論をする。これはまさに「オレはちがう」という議論であり、それを戒めるのが「オレはちがわない」という言葉であった。批判は自分に向けられた時にこそもっとも効果を発揮する、とも言われたように思う。

「オレはちがわない」という言説の背景には「投影」という心理があるだろう。自分の中にあるおぞましいものを他者に「投影」し、他者への憎悪を煽る、というものだ。他者を声高に批判する人は、その批判はまさに自分に相当する、ということである。

「オレはちがわない」という言葉は、私が文章を書く時にはなるべく自戒するようにしている言葉である。

朱色会朱色会 2007/06/02 00:10 確かに。言葉とはパンチです。自分の放った拳が、相手の頬と自分の拳の両面を傷つけるのだという自覚がある両者だけが議論を深めることができるのでしょう。リングの外でヤジだけをかましている人は、単に「おおごえ」を出したいだけですね(きっぱり。

WallersteinWallerstein 2007/06/02 00:55 「投影」の典型的な形がヘイトスピーチなんですね。で、ヘイトスピーチしている人って基本的に「エクセプト・ミー」です。そういうある種図々しさがないとヘイトスピーチなどできませんし。ヘイトスピーチをするしかない人々はどうでもいいのですが、そういうのが支持される、ということが問題だと思っています。

gassyugassyu 2007/06/02 08:18 「『ここに張り紙をするな』と書いた紙を貼ってある」とか、「どんな物事にも『絶対』ということは絶対にない」とか、そういうのとは違うんですよね…。

WallersteinWallerstein 2007/06/02 22:04 そういうタイプの逆説的表現とは少しちがうかなぁ。

ryugajoeryugajoe 2007/06/05 17:33 これは……ハッとさせられました。
確かにそうですよね。ある意見を批判するとき、その対象に自分が含まれているか否か、明確に意識しているだろうかと今考えると、かなり怪しいなと思わざるを得ないんですよね。
これからはその辺も考えて発言しないと、人を批判しているつもりが、気が付いたらとんちんかんな事を言っていかねないなあ。

WallersteinWallerstein 2007/06/06 00:55 >ryugajoe様
はじめまして。コメントありがとうございます。
まぁ、私自身何度も自分のことを棚上げした発言をしているわけで、完全に自戒ですね。それでもしばしば自分自身で「あれ?」と思う発言をしているわけで。
これからもよろしくお願いします。

黄土黄土 2007/06/06 06:10 結局この理論は、日本的美意識「謙遜」や「自己卑下(めいたもの)」という考え方から出発しているだけでは?
他人を批判するには、まず自身がしっかりしていなくてはならないという考え方もありますが、どうか。

redbloodredblood 2007/06/06 06:26 本来の議論の場であれば、その批判に正当性があると思うなら、対象に自分が入ろうとも、気にせずどんどん発言して構わないと思うんですけどね。
ですが、実際の議論の場は、コミュニケーションの場でもあるので、それを気にしないといけないんですよねぇ。

匿名ダイアリーとか見てると、
その辺りの鬱屈がよく見えます。

WallersteinWallerstein 2007/06/06 09:16 >黄土様
コメントありがとうございます。自身がしっかりすればこそ、自分を見つめ直すことができるかと思います。自分がしっかりしていないから、自分を見つめられず、自分を棚上げした批判をしてしまうのではないか、と。

WallersteinWallerstein 2007/06/06 09:25 >redblood様
コメントありがとうございます。もちろん発言はすべきでしょう。発言の時に自分のことをどれだけ振り返られるか、が大事だと思います。自分のことを棚上げして、他人批判だけをしている、というのはやはりみっともないな、と我が身を省みて思います。コミュニケーションというよりは、実際の論の有効性ですね。批判という作業は、他人を批判しているだけでは、有効ではない、ということです。自分を省みない批判は、一方的で観念的な批判にしかならない。そのような論は論として有効ではない、と思います。