超兄記。

兄記
※タイトルに特に深い意味はありません。

このページは、単一集積回路音源音楽サークル FMPSG 主宰 兼 ゲームミュージックremixサークルPulse Therapyお笑い兄貴担当である Wiz.が、日々感じた、主に音楽やコンピュータ、まんが、ゲーム関連の話題を、何となく気の赴くままにだらだらまったりと書き連ねる駄文集合体…だったのですが、最近は駄文はTwitterがメインで、ここは告知場所と化しております。 お暇な方はお付き合いください。


御 品 書


Wiz.収録参加CD、イベント等
 


2016/4/24(日)に開催されます音系・メディアミックス同人即売会「M3-2016春」FMPSG打ち込み魂として出展します!(スペースは第一展示場「H-14ab」です) FMPSGは、新譜「FMPSG022 -Titan-」をはじめとする頒布中CD全種、打ち込み魂は2015年秋イベントの新譜「Progressive Game E.P.」をはじめとする頒布中CDを全種持込予定です。
また、H-18aにて参加の「PulseTherapy」の新譜「MECH-9624」にも1曲、「w/z evol.」名義で参加しております。 4/24(日)は是非M3-2016春へお越しください!!

私Wiz.が2曲作編曲を担当致しました「ゲーセンラブ。〜プラス ペンゴ!〜」のXBOX360版が、2014/4/24に発売となりました! 限定版にはサントラもついておりますので是非!

ポケットモンスターシリーズの作曲で知られる景山将太先生が審査員となっているゲームミュージックコンテスト2014にて、私Wiz.が作編曲致しました「Random Encounter++」が、準グランプリを受賞致しました! ファミコンRPGでのバトル曲(および前後の情景)をテーマにしております。 是非ご確認ください!

今回で最後! ファミコン音源を使った楽曲が一同に集結! 「Famicompo mini vol.10」楽曲公開中!
Wiz.も参加しています。


トライアングル・サービスのXBOX360用STGシューティングラブ。10周年 のPV動画前半BGM「カルボナーラ ラブ。」を作編曲しました!
(本楽曲は、O/R worksに収録されています。)


只今絶賛稼動中のアーケードゲーム「ゲーセンラブ。〜プラス ペンゴ!〜」に収録されている「ペンゴ!」対戦モードの楽曲2曲(POP-MAiZE/DEAD-ROCK!)を作編曲しました!
更に!「ゲーセンラブ。オリジナルサウンドトラック」が2012/10/31に発売! 前述の楽曲も収録されています。 詳しくはこちらで!


「ゲーム探偵団」様にて、FMPSG&打ち込み魂(Wiz.ソロ)のCDがお買い求めます! 通販も行っておりますので是非!!

Chiptune楽曲等のオリジナル楽曲を集めたコンピレーションアルバム「OCT Album 2」に、SCCで作成したオリジナル曲「Breakthrough!!!」で参加しました!

「きく コロぱた 〜コロぱた サウンドトラック」に、ファミコン音源+ディスクシステム音源アレンジで1曲参加しました!

switchworksのアルバム「GAME OVER 2010」「Final Program」に各1曲づつ参加しました!
「GAME OVER 2010」は、「シューティングラブ。200X サウンドトラック」「ミカドサントラ」収録の「GAME OVER 2009」をファミコン内蔵+VRC6音源を使ってアレンジ、「Final Program」では、MSX版ガルフォースのラスボス曲をFMP(OPNA+PCM)でアレンジしています。 ゲーム探偵団様で購入できますので是非!!


只今好評発売中の「シューティングラブ。200X オリジナルサウンドトラック」に、拙作のファミコン音源アレンジ「8bit -Filtering Love mix-」が収録されました! この曲では、ファミコン内蔵音源+VRC6を使ってグルーヴ感溢れるremixに仕上げています。 他には、ファミコンパート素材打ち込みで参加したSOU1先生の「ミカドサントラ」収録楽曲「GAME OVER 2009」も収録! 是非ともよろしくお願いいたします。m(_ _)m

マンガナビ様の「ぼくらの好きな 武富智」内の「EVIL HEART」レビュー記事を担当しました。

HUDSON Premium Audio Collection で「迷宮組曲」のファミコン音源(内蔵+VRC6)アレンジを行いました! 楽曲試聴もできる公式サイトはこちら!

ファミソン8BIT STAGE2 で「すきすきソング」のファミコン音源トラック作成を行いました! 楽曲試聴もできる公式サイトはこちら!

MSXをはじめとするコンシューマ機のゲームミュージックの集大成!
「LEGEND OF GAME MUSIC 〜CONSUMER BOX〜」 好評発売中!
SCCサウンド満載のボーナスディスクつき! 「LEGEND OF GAME MUSIC 〜PREMIUM BOX〜」も好評発売中!

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 10 |
2012 | 02 | 04 | 08 | 10 |
2013 | 04 | 10 |
2014 | 04 | 10 |
2015 | 04 | 10 |
2016 | 04 |

2006-11-23 単一集積回路的外逸共通規格電脳機器試験

[][]1チップMSXを動かしてみた。

http://www.msx.d4e.co.jp/

http://free.flop.jp/1chipmsx/

というわけで、とりあえずうちの1チップMSXも動かしてみました。 なんか知らぬ間に1チップMSXWikiが出来ていて(2番目のURL参照)、こちらに動作確認や情報が寄せられているようです。 わからないことがあれば、こちらを参照すると良いかもしれませぬ。

さて、私がMSXを使うということは…そうです。 ゲームは二の次で、とりあえず音楽ですよ!SCCですよ!!ということで、今日目標は「MGSDRV+MPXで内蔵SCC…じゃなかった拡張WAVE音源を演奏させる」ことです。

…とその前に。 簡易マニュアルの裏側に書いてあるのですが、実はデフォルトの状態では拡張WAVE音源SDカードなどが無効になってます。 要は、カートリッジゲームくらいしか使えないような設定の模様。 従って、まずは本体裏側のDIPスイッチをいじるところからです…って、なんか初期の9801みたいだなぉぃ(^^;) 本体を裏返すと、端っこに四角くて白いやつが8列並んでいるのがわかると思います。 これがDIPスイッチです。

f:id:WizardOfPSG:20061124015522j:image

デフォルトでは全部OFFになってますが、これを必要に応じてONにしてやる必要があります。 なお、DIPスイッチをケースの外周側に移動するとONになります。 結構小さいので、スイッチを動かすには細くてなおかつ固いもの…縫い針とか精密ドライバー(←100円ショップでも売ってるようです)が良いと思います。(爪楊枝でもイケるかもしれませんが折れそうな気もする…あと、ボールペンの先だとスイッチが黒くなるのがちょっとイヤンな感じなので私は精密ドライバーを使いました)

マニュアルにも書いてありますが、今回の目標である「拡張WAVE音源音楽演奏」させる為には、以下のスイッチを変更します。

1,2: パソコンディスプレイ(VGA)を使う場合はON(パソコンディスプレイを使わない場合は不要)

5: SDカード認識させる為にONにします

8: 内蔵の拡張WAVE音源(=SCC互換音源?)を有効にする為にONにします

f:id:WizardOfPSG:20061124015554g:image

なお、DIPスイッチ1,2は、正しく映らない場合はパソコンディスプレイに合わせて片方のみONなどを試してみてください。(うちは両方ONで正常に映りました)

さて、お次は自前のファイルを動かすために、SDカードの準備が必要です。 とりあえず、小容量のもので構いませんので、SDカードを用意します。 私の場合、ちょうど手元にminiSD32M+SDアダプターがあったので、それを使用しました。 そして、SDカードのフォーマッタをダウンロードしてインストールし、それを使ってSDカードフォーマットします。

続いて、MSX-DOS2のファイルを用意し、SDカードに突っ込む必要があります。(MPXやMGSDRVはMSX-DOS(2)上で動作するアプリなので) …とここでMSX-DOS2のファイルは多分フリーでは配ってません。 となると、どこから入手するか? というわけで、(もしかしたらグレーなのかもしれませんが…自己責任でやってください&抜いたファイルは配っちゃダメよん)とりあえずMSXマガジン永久保存版3のMSX-PLAYerからMSX-DOS(2)のシステムファイルを拝借してしまいましょう。 お手持ちのMSXマガジン永久保存版3(持ってない人はこの際なので買いましょう^^;)CD-ROMから、MSX-PLAYerのturboR(BASIC)をインストールします。 あと、2DDの実フロッピー(あるいは2HDのフロッピーの右側をセロテープでふさいだもの)を用意し、MSXformフォーマットしておきます。 続いて、MSX-PLAYerをBドライブで起動します。(デフォルトはAドライブ起動なので、Aドライブで起動してしまったらディスクアイコンの「B」をクリックしてリセットしてください) 起動したら、MSX-DOS上から「copy *.sys b:」と実行します。 「Insert disk for drive B:」と表示されたら、「REALDISK」(実フロッピー)に切り替えて何かキーを押すと、先ほど用意したフロッピーにMSXDOS.SYSとMSXDOS2.SYSがコピーされます。 同様に、今度は「copy *.com b:」を実行すると、COMMAND.COMとCOMMAND2.COMがフロッピーコピーされるはずです。 なお、後者は途中で「Insert disk for drive A:」と表示されると思うので、その際はディスクBに切り替えて(Bディスクアイコンクリック)何かキーを押してください。 その後、もう一度切り替え指示があった場合は「REALDISK」に切り替えてキーを押してください。(画像参照)

f:id:WizardOfPSG:20061124015702g:image

ここまで完了したら、フロッピーからSDカードに先ほどコピーした4ファイルコピーしておきます。 これで、MSX-DOS2がSDカードから起動できるようになりました。 あとは、必要なファイルSDカードに入れておきます。 今回の場合だと、MGSDRV.COMとMPX.COM、あとはMGSDRVの音楽データを突っ込んでおきます。(MGSDRVとMPXはGIGAMIXONLINEから入手可能です

そして、いよいよ1チップMSXの起動です。 VGA端子とディスプレイを接続し、あとはPS/2規格のキーボードも接続しておいて電源ON! …おー、MSXロゴが出た! この出現の仕方は確かにMSX2規格と全く同じですね。(MSX2,2+,turboRでMSXロゴの出現の仕方が違います)

f:id:WizardOfPSG:20061124015719j:image

さて、いよいよMPXを起動させようとしたのですが…何故か起動しない。(T_T) 「MSX-DOSバージョンが違う」なんて謎のメッセージが出てしまう。 何故だろう…と思い調べてみると、1チップMSXWikiのFAQにヒントを発見! それによると…「set expert on」というコマンドを実行すると回避できそうな予感。 早速「set expert on」を実行後、再びMPXを実行すると…今度は立ち上がりましたよ!!!

f:id:WizardOfPSG:20061124015741j:image

う〜ん、何気に漢字ROMも内蔵してるんですね、コレ。(漢字ROMが内蔵されていないと、曲名部分は豆腐になる) そして、SCCを使った楽曲を演奏させてみると…う〜ん、バッチリ! ちゃんと鳴ってますなぁ。 ただ、画面表示をさせてると、どうやらビデオノイズらしき「ジー」という音が入る模様。 これも実機ならではといったところでしょうか。(^^;)

折角なので、1チップMSXを使って私が作った「1チップMSXのうた」を演奏させてみました。(w 1チップMSXで演奏したのがコレです。 この曲、SCCを使って声もどきをやってたりして結構トリッキーなんですが、ちゃんと演奏できているようです。 折角なのでもう1曲…この前のFMPSG006に入れた曲「夢大陸アドベンチャーより『海中ステージ』」です。 こちらは前者よりもよりSCCっぽい曲ですが、ちゃんと演奏できてるっぽいです。 波形モーフィングもかかっているようですし。 ちなみに、この曲は波形モーフィング+ディレイでSCCのch4,5を使っているので、同時に同じ音色で鳴ってはいなかったと思います。 ゲームカートリッジ搭載のSCC音源だと、ch4,5は音色エリアが共通のせいでこういう曲は音が化けるはずなので、内蔵の拡張WAVE音源スナッチャーサウンドカートリッジに搭載されていた「SCC+(通称)」相当ということなんでしょう…きっと。 あと、ミキシングはSCCの音量が大きめに出るので、turboRなどのPanasonic系準拠のようです。(SONYの機種だとSCCの音が小さめになるはず)

というわけで、とりあえず本日ミッションは終了。 いずれ、実機などとの音質比較とか、FPGA改造でSCCステレオ化なんかは是非やってみたいですね。 楽しみ〜(^^)

[][]次号のGAMESIDEに

http://www.microgroup.co.jp/gs/

この前の誕生日に書いたレビュー記事が載るかも知れん…とbaddyさんより連絡がありました。 まだ決定ではないですが、載ってたら是非見てください…っていうか買ってください。(w

[][]MEGA兄貴TRANCE 〜Are You 漢(メン)?〜

http://www.dengekionline.com/data/news/2006/11/7/0210f6ba8bad2f382d66368ad5dc948b.html

MEGA兄貴TRANCE 〜Are You 漢?〜


先ほどbaddyさんから来たメールの端っこにネタ振りとしてこの記事が。(w

これはもう買え!ということですな。(w

兄貴ということで、葉山兄貴も参加している模様。 これは買わねば!ということで、速攻で注文。(^^;) 届いたら感想書くかも。

[]wizpy

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/1121/tlinux.htm

先ほどbaddyさんから(ry

…う〜ん、名前がなんとも。(私の2つのハンドルをつなげたみたいだな^^;) コレも買えってことですね!(^^;) ていうか、何故に小倉優子…(^^;;)

って実は私もこの記事を数日前に見てかなり物欲が刺激されております。 要は、何でも出来るPDA音楽プレイヤーといった使い方が出来るのかなぁ…と。

それにしても、最近の端末って多機能化の方向が進んで、だんだんボーダーが無くなってますよね。 携帯電話でも音楽聴いたりテレビ見たりブラウザ積んでたり。 かといって、据え置きPCでもIP電話できちゃったりする時代ですから。 そのうち、もう端末の区別が無くなって「なんでも端末持ち運び用」「なんでも端末据え置き用」になっちゃうんじゃないかと。 んで、その端末に共通な規格が出来て…って、それってMSX3??

子無零 すこぴお子無零 すこぴお 2006/11/24 18:53 Wiz.さんこんばんわ。
1チップMSXちゃんと動いているようですね。
それぞれの音源の音量も調整できるんですね。

 デモを聞いて改めていい音(&音楽)だなぁと感じました。
音源比較も楽しみにしています。
 どうせステレオ化するならパン振れる様に出来たらいいですね。

roburiroburi 2006/11/24 21:11 >1chipmsxジーノイズ
ビデオ出力ではノイズはさほど酷くなかった気が...(使用時間が短くて不明)しかし、FMPSGハード担当として気になるので、周辺回路を調査してみたいと所存。
http://www.darios.buriko.no-ip.info/
Darious Sawn日記によると、ノイズが載るのはVGA出力時のみのようですね。

>wizpy
物欲上昇者仲間がここにもw

ireiirei 2006/11/25 02:07 あまり関連しませんが、携帯の週刊コナミでは今なぜか
「夢大陸アドベンチャー」を連載してますね。妙なノリですが
http://www.konami.jp/mobile/weekly_konami/index.html

それとwizpyや先日の組み込みの話と類似しますけが、こっちの
結果もちょっと気になってます。面白い物出てこないかなと。
http://www.cqpub.co.jp/interface/softidea/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/WizardOfPSG/20061123

漢's ビ―――――――――――ム678842発目。