101年目からの松平頼則

2009-07-16 101年目からの松平頼則 II

101年目からの松平頼則 II

| 23:11

第25回<東京の夏>音楽祭2009 参加公演
101年目からの松平頼則 II
日本音楽史上の奇蹟・松平頼則再び 〜大編成室内楽作品を交えて〜

2009年7月16日(木) 19:15 開演 (18:45 開場)
杉並公会堂 小ホール (荻窪駅北口徒歩7分)
全席自由(チケット発売中):前売り3000円、当日3500円


主催:<101年目からの松平頼則実行委員会
後援:上野学園大学
協賛:<東京の夏>音楽祭 SONIC ARTS
助成:財団法人 野村国際文化財団 財団法人 ローム ミュージック ファンデーション

 1907年、東京に生まれた松平頼則(まつだいら・よりつね 1907年5月5日−2001年10月25日)は、ほぼ独学で作曲を修めた作曲家でありましたが、雅楽と西欧音楽の様々な語法を融合させた極めて質の高い作品を書き続け、ついには西欧音楽の嫡子たるメシアンブーレーズにすら影響を与える地平に立った、日本音楽受容史上の奇蹟とすら評せられる作曲家です。

 昨年7月に開催した第一回公演では、ソロ作品やデュオ・トリオといった小編成の室内楽作品を中心に松平の創作史を俯瞰し、好評をもって受け入れられました。今回の第二回公演では、松平が雅楽を作品に取り入れた最初期の作品である「チェロソナタ」から、松平の1980年代を代表する作品である「雅楽の主題による10楽器のためのラプソディ」まで、現代音楽演奏の一線に立つ奏者の演奏にてお聴き頂きます。

プログラム

「セロ(チェロ)・ソナタ」(1942/47)

多井智紀(vc)、萩森英明(pf)

フルートバスーンピアノのためのトリオ」(1950)

木ノ脇道元(fl)、塚原里江(fg)、井上郷子(pf)

「弦楽4重奏曲第1番」(1949)

甲斐史子(vn)、亀井庸州(vn)、生野正樹(va)、多井智紀(vc)

「3つの律旋法によるピアノのための即興曲」(「律旋法によるピアノのための3つの調子」)(1987/91)

井上郷子(pf)

雅楽の主題による10楽器のためのラプソディ」(1982)

木ノ脇道元(fl)、宮村和宏(ob)、中秀仁(cl)、塚原里江(fg)、川崎翔子(pf)、甲斐史子(vn)、亀井庸州(vn)、生野正樹(va)、多井智紀(vc)、溝入敬三(cb)、石川星太郎(cond)

ローソンチケット Lコード 35524
0570-000-407(オペレーター対応 10:00〜20:00)
0570-084-003(自動)

各曲の演奏時間

| 07:48

各曲の演奏時間をご案内いたします。

チェロソナタ」(27分)

フルートバスーンピアノのためのトリオ」(20分)

休憩

「弦楽4重奏曲第1番」(28分)

「3つの律旋法によるピアノのための即興曲」(20分)

雅楽の主題による10楽器のためのラプソディ」(20分)

後半は、20時25分頃の開始となる予定です。

2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |