「工事現場から」へ

2016-08-29 NHK「どこに向かう日本の原子力政策」

f:id:YADA:20160829222127j:image


「安倍デタラメ原発政策を一刀両断 NHK番組の波紋広がる」

(日刊ゲンダイ)

2016年8月29日

ライブだったからか、NHKが26日(金)深夜に放送した討論番組「解説スタジアム」は衝撃だった。

 NHKの解説委員7人が、「どこに向かう 日本の原子力政策」というタイトルで議論したのだが、日本の原発政策のデタラメと行き詰まりを赤裸々に語っているのだ。

実際、解説委員7人の批判は強烈だった。

 ある解説委員は、「アメリカは、地震の多い西海岸には設置しないようにしている。日本は地震、津波、火山の原発リスク3原則が揃っている。原発に依存するのは問題だ」と日本の国土は原発に適さないと指摘。

 再稼働が進んでいることについても、「規制委員会が慎重に審査しているとしているが、審査の基準が甘い。アメリカの基準には周辺住民の避難計画も入っているのに、日本は自治体に丸投げだ。こんな甘い基準はない。安易な再稼働は認めるべきじゃない」と正面から批判した。

その規制委員会や政府に対しては、こんな言葉が飛び出した。

「規制委員会は(再稼働にお墨付きを与えておきながら)『安全性を保障するものではない』としている。だったら地元住民はどうすればいいのか」「政府は責任を取ると口にしているが、(事故が起きた時)どうやって責任を取るのか。カネを渡せば責任を取ったことになるのか。災害関連死も起きている。責任を取れないのに、責任を取ると強弁することが問題だ」

「もんじゅ」を中核とする核燃料サイクルについても、「破綻している」「やめるべきだ」とバッサリ斬り捨てた。

 そして、最後に解説委員長が「福島原発事故では、いまだに9万人近い方が避難生活を強いられている。安全神話は完全に否定され、事故を起こすと、いかに手に負えないかを知ることになった」と締めくくっている。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/188762

その番組

http://www.dailymotion.com/video/x4ql7be_%25E3%2581%25A9%25E3%2581%2593%25E3%2581%25AB%25E5%2590%2591%25E3%2581%258B%25E3%2581%2586%25E6%2597%25A5%25E6%259C%25AC%25E3%2581%25AE%25E5%258E%259F%25E5%25AD%2590%25E5%258A%259B%25E6%2594%25BF%25E7%25AD%2596_tv

(「1分ルール」が良い! 朝まで生もこのルールでやって欲しい。記者会見の質問も。 こうやってルールさえ整理して貰えれば、頭の性能の良い人たちの優秀さが際立つ。)



D

https://www.youtube.com/watch?v=E094pPYCvNk


D

https://www.youtube.com/watch?v=iOhg84zoSbA

2016-08-06 蓮實重彦「伯爵夫人」について

f:id:YADA:20160806031700j:image

(五月十七日近辺にFacebookに投稿した日記。Facebookだと検索しづらいんでこちらに再掲加筆訂正)

読了。

「熟れたまんこ」「魔羅」「ちんちん」等で話題の小説。なるほど、蓮實重彦が「新人賞に価しない」と言ったのが納得できる程にあっさりした小説だった。童貞喰いを主題にしなかっただけ、良心か? 松浦理英子「ナチュラルウーマン」にやらなかった三島由紀夫賞を、この小説にやっちゃいかんだろ。

1) 高校生時代の三島由紀夫(風人物)が嘲弄されていた。

2) 二朗が観ていたジョージ・バンクロフトの映画がわからない

3) ケイ・フランシスとジョン・マクリー出演の映画がわからない

4) カタカナ表記された地名「メゼグリーズ」がなんかのヒント。プルースト「失われた時を求めて」だな。

5) フローベール関連では、「感情教育」が出てきた。

6)「ばふりばふり」は、戦前中村書店のマンガからだそうだが、「ぷへー」は?

7) シュトロハイム「愚かなる妻」も登場。観なきゃなあ。

8) 物語で重要な役割を果たすココアは、「ドロステ」のココア。http://www.amazon.com/dp/B00032IFCU/

蓮實重彦読むと無闇矢鱈に「勉強しなきゃ!」って気分になる。

しかし、コッポラ「地獄の黙示録」関連で、コンラッド「闇の奥」読んでて、これがやっぱりフローベールやプルーストよりしょうにあってるんだよなあ。「蓮實重彦は読みたいが、フローベールやプルーストは性にあわないが、プルーストやフローベールを読まないと蓮實重彦が読めない」っていう「蓮實重彦のジレンマ」。



伯爵夫人

伯爵夫人

2016-04-09 愛国者のみんな、納税してるかい?!

f:id:YADA:20160409071140j:image

全国の愛国者のみんな、納税してるかい?!

義務より1円でも多く納税。これが、愛の基準だよ。

節税するのは非国民。納税額が少ないのも非国民。

「いかに請求額より余分に納税したか」。これが愛国心の現れ。

君が代とか日の丸とかうわべだけの愛国なんて真の愛国とはいえない。

うわべだけなら、なんでも言えるんだよ。「愛してる」とか「キミの為に死ねる」とか。「じゃあ、無利息無担保で20万頂戴」って言った時に、本当の愛だったかどうかがわかっちゃう。「...それはちょっと...」っていう奴は、「キミの値段は20万以下」と思ってるってことだよな。為なら死ねるんじゃねえのかよ?

「愛国」も同じだろ?

今、国がなにに困ってる? 明らかに財政の行き詰まりじゃん。なら、身を削りすべて吐き出して御国の為に尽くすのが、愛国者ってもんじゃないの?

愛国者なら、税務署で「こんな少額でいいのか? 今の状況をなんと心得ておるか! 国家の危機を看過する自分じゃないぞ! 釣りはいらん、とっとけ!」と余分に納税してみろよ。座り込みしてでも税務官に余分に受けとらせて、後も見ずに帰って来て、見返りを求めないのが、愛国者。それが出来ない者が、君が代だ日の丸だ抜かすのは、非国民の反日行為。

2016-03-29 汝の格率が普遍的公律となるよう行為せよ

f:id:YADA:20160329080536j:image

暇つぶしに、カントを翻訳。気に行ったので、再掲しておこう。

おめえさんがた、おめえさんがたはてめえの『戒め』だけをしっかり護って生きていきなせえよ。でもよ、そん時に心しておかねばなんねえことがあんのよ。それはな、てめえの『戒め』が、いつでもどこでも誰にでもあてはまってひとっつも間違ってねえ『掟』になってるかどうか、ってことさ。『掟』になってねえような『戒め』なら、まるでダメさね。『戒め』は同時に『掟』になってなきゃいけねえ。いいかい。そこんとこ忘れちゃなんねえよ。

(康翁『道徳講話』)

「あなたがたは、『マキシム』だけにしたがって行動しなければなりません。

この時、同時にその『マキシム』は、どんな世界でも通用するような法になっていなければなりません。」

(カント「倫理の形而上学的基礎づけ」より)

"Act only according to that maxim whereby you can at the same time that it will a universal law."

- Groundwork of the Metaphysics of Morals :Immanuel Kant

„Handle nur nach derjenigen Maxime, durch die du zugleich wollen kannst, daß sie allgemeines Gesetz werde.“

– Grundlegung zur Metaphysik der Sitten :Immanuel Kant

AA IV, 421

「汝の格率が普遍的公律となるよう行為せよ」

(カント)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

返済気にせず学んで 法政大教授が給与・退職金・遺産で独自奨学金」に感銘を受けた。この「牧野英二」教授、カント学者らしい。咄嗟に思い浮かんだのが、「汝の格率が普遍的公律となるよう行為せよ」っていうカントの言葉。「カント学者としての矜持が光るなあ」と。

カントのこの言葉、早稲田大学の哲学科の時に覚えた訳じゃなくて、東海高校3年時の現代国語で、岡先生に習って憶えた。丸山真男かなんかの文章でカントの名前が出てきて、誰かが、「カントって誰ぇ?」(名古屋弁)って訊いたら、「これがカントで有名な言葉だ」と言って板書してくれた。岡さんって京大の西洋哲学出身で、卒論はカントだったんだって。もっと哲学の話聴きたかったけど、哲学の話してくれたのは、この一瞬だけだった。岡さんが引用したのは、天野貞祐訳とかなんだろうか? こうやって並べてみると、なるほど簡潔にして精確な翻訳、と感心する。他の翻訳だともっともっちゃりしてる。カントの文章ってもっちゃりしてるんだけどさ。

(精確な翻訳は、岩波文庫なりを参照してください)

道徳形而上学原論 (岩波文庫)

道徳形而上学原論 (岩波文庫)

2015-11-08 プロレタリアト

f:id:YADA:20151108154917j:image

2015年11月8日

福島7R 3歳上500万下

芝右2600m / 天候 : 雨 / 芝 : 重 / 発走 : 13:10

http://db.netkeiba.com/race/201503030407/

プロレタリアト

牝4歳 鹿毛

生年月日 2011年3月1日

調教師 小島茂之 (美浦)

馬主 田原邦男

生産者 ノーザンファーム

産地 安平町

セリ取引価格 840万円 (2012年 セレクトセール)

中央獲得賞金 1,830.0万円

地方獲得賞金 0.0万円

通算成績 11戦2勝 [2-1-3-5]

http://db.netkeiba.com/horse/2011103739/

2015-11-04 ふじいさん

古い写真を見直してたら、以前ビデオ(VHS!!!)に使った写真素材が出てきた。「ふじいさん」っていうタイトルで、「日本・現代・ハイツ」っていうグループ展に出したものの素材。当時のMacだとこのくらい画質を落とさないとまともに動かなかったんだよなあ。ウェブで動画なんて未来の夢物語だった時代。東北沢の「現代HEIGHTS」も今年いっぱいで閉店しちゃう、っていうんで、ここに素材を並べておきます。ネガから読み込み直して動画にしてWEBに載せたいけど、いまいち気力と体力がないです。

・・・・・・・・・・・・・・・

f:id:YADA:20151104045041j:image

f:id:YADA:20151104045047j:image

f:id:YADA:20151104045042j:image

f:id:YADA:20151104045044j:image

f:id:YADA:20151104045032j:image

f:id:YADA:20151104045048j:image

f:id:YADA:20151104045035j:image

f:id:YADA:20151104045052j:image

f:id:YADA:20151104045033j:image

f:id:YADA:20151104045034j:image

f:id:YADA:20151104045050j:image

f:id:YADA:20151104045030j:image

f:id:YADA:20151104045054j:image

f:id:YADA:20151104045037j:image

f:id:YADA:20151104045056j:image

f:id:YADA:20151104045100j:image

f:id:YADA:20151104045036j:image

f:id:YADA:20151104045058j:image

f:id:YADA:20151104045038j:image

f:id:YADA:20151104045102j:image

f:id:YADA:20151104045031j:image

f:id:YADA:20151104045104j:image

f:id:YADA:20151104045039j:image

f:id:YADA:20151104045040j:image

(2001年)