「工事現場から」へ

2016-09-23 マクロビは身体に悪い

f:id:YADA:20160924191339j:image


和定食食いたくて、高円寺のマクロビオティック食堂へ行ってみた。「店主体調不良のため臨時休業」と貼り紙してあった。

しかたなく、高円寺「MASH」へ行った。白髪混じりのマスターは元気いっぱい。フルスピードで調理をこなしていた。

さて、このふたつの事実により次のことが実証された。

1)「マクロビオティックは健康に悪い」ことと、2)「揚げ物ハンバーグは健康の秘訣」ということだ。

そもそもマクロビは怪しい。スティーブ・ジョブズもマクロビに凝った挙句にガンをこじらせて、あっと言う間に若死した。友人夫は、マクロビに凝りまくって、これまたあっと言う間に腎臓ガンこじらせて若死した。そして、高円寺のマクロビ食堂は、食堂営業できない程の体調不良に陥っている。マクロビ、明らかに健康に悪い。

対して、高円寺の洋食屋「クロンボ」「ニューバーグ」「MASH」のマスターたちは、みんな元気いっぱい。この3店舗に共通するメニューは、揚げ物とハンバーグだ。

1)マクロビオティックは健康を害する。あまつさえ死に至ることさえある。

2)揚げ物ハンバーグをもりもり食べていれば、健康長寿生涯現役。

ちょっと考えればわかることだ。蒸し野菜だ味噌だ玄米だ、そんなものは身体に悪いに決まっている。味噌と野菜と玄米って、宮沢賢治の食事じゃねえか。宮沢賢治が健康に百まで生きたか? ほとんどなんの仕事もせずにフラフラフラフラ暮らしていたのに四十に届かず、童貞のまま血を吐いて死んじまった。そんな奴の食生活のマネしてどうする。

そういう怪しげな食事はきっぱり止めよう。

一日三度朝昼晩と毎食ハンバーグか揚げ物、それにライス。こういうもんをハラ一杯食う!それが健康の秘訣。そして高円寺洋食店マスターたちのような健康を手に入れよう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんて事を考えながら、高円寺「MASH」で、Cセット食った。ライス大盛。

美味しくって満足。

2016-09-16 どんぐりころころあそびましょ

f:id:YADA:20160916111213j:image


ドジョウ「こんにちは坊や、オジサンと一緒に遊びましょ、ズボン脱いでごらん(笑)」

ドングリ「山が恋しいよー、山に帰してよー(号泣)」

ドジョウ「泣いたらオジサンも困っちゃうだろ、いいからパンツ脱いで(怒)」

2016-09-13 「ペリーヌ物語」と「家なき娘」の差異

 f:id:YADA:20160913151540j:image

 

1)ペリーヌの馬車が決定的に違う。原作馬車は、最悪にみすぼらしいもの。周囲を布で貼り、屋根はタールを塗った段ボール。行く先々で人々の物笑いになっている。ロバのパリカールも飢えで痩せこけている(但し、もとは大柄な立派なロバ。餌不足で痩せてる)。

2)従って、母娘の商売相手も各地の百姓たちではない。母娘同様の移動労働者や旅芸人が時たま買ってくれるだけだった様子。最下層の旅芸人大道芸人的な位置でヨーロッパを旅している。

3)父の思い出の方が母よりも大きな位置を占めている。「祖父の住むマロクールへ」は母の遺言だが、ペリーヌは寧ろ父から聞いた思い出話を求めてマロクールに住み着く。

4)「ペリーヌ物語」で三分の一を占める旅程がない。パリの貧民街と工場地帯の話がほとんど。

5)地元百姓や自営業者たちは、はっきりと冷たい。最下層に位置する貧困児童に優しくなんかしない。隙があれば金を巻き上げるし、基本嘲笑して邪険に追っ払う。

寧ろ、パリ貧民街の住民たちが非常に優しく接してる。「ペリーヌ物語」では悪役から改心する設定のシモン爺さん(原作では「塩から」というあだ名で呼称)は、酔っ払いだが、はじめから親切。「侯爵夫人」「ガストン」「飴屋」も献身的に親切。

5)ペリーヌは、金髪だが「琥珀色の肌」で、はっきりと混血とわかる容貌。年相応に(女子中学生的に)周囲から仲間はずれにされることを恐れて、オドオドドキドキと慎重に行動。

6)マロクールは、そこら中に酔っ払いがいて、女工下宿も夜中騒ぐ酔っ払い女がいるような場所。狭隘な場所に大勢詰め込まれているので、悪臭が漂い、換気が悪い。そして、下宿主は、ロザリーの祖母のフランソワーズ。フランソワーズは、ビルフラン家で乳母をして蓄財し、この下宿屋を建てた。

7)ロザリーも孤児。叔父叔母祖母と暮らす。叔母から虐待に近い扱い。

8)マロクールの植生も違うだろう。ペリーヌが暮らす小屋は、泥炭を掘り起こした後に水が溜まった泥炭堀の真ん中の小島にある。従って一帯は泥炭地帯。白樺も低木しか生えない。周囲は葦とシダ。

9)ビルフラン(ヴュルフラン)は、織物職人上がりの完全な叩き上げ。まさに「新興ブルジョワジー」。

10) ペリーヌはパリからマロクールまで徒歩旅行した訳ではない。行き倒れていたところを廃品業者のルクリおさばんが見つけて、駅まで送り、パン屋に取り上げられた5フランを立て替えて、ペリーヌを汽車に乗せている。ルクリもまたパリの貧民街住民と同じ階層の人。この階層の人だけがペリーヌに親切。「献身的」と言えるレベルで。ペリーヌは汽車でマロクールに到着。

11) ペリーヌ父=エドモンについて。エドモンがインドへ行ったのは、会社の都合ではない。放蕩三昧で借金をこさえて、ヴュルフランから「インドで性根を叩き直してこい!」とフランスを追い出されたから。スエズから海路をとらず陸路でヨーロッパへ向かったのも、インドから持って来た金をスエズで失くしてしまったから。はっきりとは語られないが、おそらくは賭博ですったのだろう。「スエズでお金を全部失くした」と聞いて、ヴュルフランにはすべてがわかったようだから。そして、仕方ないので、持っていた写真機で道中写真を撮りながらフランスへ向かう方法をとった。典型的なダメ人間。この時代の「写真家」ってこんなイメージだったのだろう。ブルジョワの放蕩息子のやる片手間仕事な位置づけ。

12) 酔っ払いとか衛生状態最悪の女工下宿とか泥酔女工とかの描写に傾斜するところとか、はっきり自然主義の影響が色濃い。自然主義児童文学。

家なき娘〈上〉 (偕成社文庫)

家なき娘〈上〉 (偕成社文庫)

家なき娘〈下〉 (偕成社文庫)

家なき娘〈下〉 (偕成社文庫)

2016-09-10 素晴らしき哉、ペリーヌ物語

f:id:YADA:20160910151049j:image

Netflixで、「ペリーヌ物語」を観ている。

いや、よくできたストーリー。飽きないもん。

原作「家なき娘」刊行は1893年。「資本論」(1867年〜1894年)の時代。イギリスが繊維工業でトップを走っていて、労働法等が未整備で女工幼年工が普通にこき使われ使い捨てられていた時代に、植民地出身で外国籍で有色人種との混血少女が、最低賃金の女工から身を起こして、フランス紡績企業トップに昇り詰める話。

コロニアリズムとキャピタリズムと階級社会とが入り混じる産業革命勃興期、己の才覚ひとつ、身ひとつで、社会の軋轢を掻い潜る主人公には、新興自由主義の希望が託されている。働け! 甘えるな! ペリーヌは社会保障なぞ欲しがらず、児童福祉無視の低賃金肉体重労働にも文句を言わず奮闘した結果、大工場主に収まったではないか!

会社に働かせてもらっているのだ。そのおかげで生活ができるのだ。会社のおかげではないか。会社にお金を出していただいてる。金をだしてもらっている会社のためにすべてを捧げるのは当然のことじゃないか。仕事中に怪我をするのは、気が緩んでいるからだ。集中していれば怪我なぞしない。仕事中ぼおっとしてる怠け者の労災保障なぞしたら会社が儲けられない。賃金は払ってやっている。なんの問題もなかろう。会社は儲けなければならない。儲ける為に賢く振る舞うのは当然の行為。文句を言うなぞ御門違い。貧乏から出られないのは、怠け者だからだ。すべては自己責任。怠けず一心不乱に働くのだ。「Arbeit macht Frei」(ドイツの諺)。

社会保障なぞ論外だ。施しを求めるな。道は自分で切り開くものだ。ペリーヌは小銭だけを元手に自分ひとりでもやっていった。13歳少女だろうが、十分に肉体労働の働き手として働き、終業後に自給自足の生活ができるのだ。児童福祉法なぞあったら、ペリーヌのサクセスはありえなかった。甘やかしてはいけない。子どもを甘やかすのは、子どもの為にならない。

嗚呼、素晴らしい。人間やる気と根性と雇い主への無条件の感謝さえあれば、ペリーヌのようにサクセスできるのだ!「女工哀史」だ、「あゝ野麦峠」だ、あんなものは社会主義者が流したデマ。

働け! 甘えるな! 貧乏だからなどというのは甘えだ。ペリーヌは乗り切った。社会保障や児童福祉法や労働法は甘えだということを証明する秀作。


資本論 (1) (国民文庫 (25))

資本論 (1) (国民文庫 (25))

2016-08-29 NHK「どこに向かう日本の原子力政策」

f:id:YADA:20160829222127j:image


「安倍デタラメ原発政策を一刀両断 NHK番組の波紋広がる」

(日刊ゲンダイ)

2016年8月29日

ライブだったからか、NHKが26日(金)深夜に放送した討論番組「解説スタジアム」は衝撃だった。

 NHKの解説委員7人が、「どこに向かう 日本の原子力政策」というタイトルで議論したのだが、日本の原発政策のデタラメと行き詰まりを赤裸々に語っているのだ。

実際、解説委員7人の批判は強烈だった。

 ある解説委員は、「アメリカは、地震の多い西海岸には設置しないようにしている。日本は地震、津波、火山の原発リスク3原則が揃っている。原発に依存するのは問題だ」と日本の国土は原発に適さないと指摘。

 再稼働が進んでいることについても、「規制委員会が慎重に審査しているとしているが、審査の基準が甘い。アメリカの基準には周辺住民の避難計画も入っているのに、日本は自治体に丸投げだ。こんな甘い基準はない。安易な再稼働は認めるべきじゃない」と正面から批判した。

その規制委員会や政府に対しては、こんな言葉が飛び出した。

「規制委員会は(再稼働にお墨付きを与えておきながら)『安全性を保障するものではない』としている。だったら地元住民はどうすればいいのか」「政府は責任を取ると口にしているが、(事故が起きた時)どうやって責任を取るのか。カネを渡せば責任を取ったことになるのか。災害関連死も起きている。責任を取れないのに、責任を取ると強弁することが問題だ」

「もんじゅ」を中核とする核燃料サイクルについても、「破綻している」「やめるべきだ」とバッサリ斬り捨てた。

 そして、最後に解説委員長が「福島原発事故では、いまだに9万人近い方が避難生活を強いられている。安全神話は完全に否定され、事故を起こすと、いかに手に負えないかを知ることになった」と締めくくっている。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/188762

その番組

http://www.dailymotion.com/video/x4ql7be_%25E3%2581%25A9%25E3%2581%2593%25E3%2581%25AB%25E5%2590%2591%25E3%2581%258B%25E3%2581%2586%25E6%2597%25A5%25E6%259C%25AC%25E3%2581%25AE%25E5%258E%259F%25E5%25AD%2590%25E5%258A%259B%25E6%2594%25BF%25E7%25AD%2596_tv

(「1分ルール」が良い! 朝まで生もこのルールでやって欲しい。記者会見の質問も。 こうやってルールさえ整理して貰えれば、頭の性能の良い人たちの優秀さが際立つ。)



D

https://www.youtube.com/watch?v=E094pPYCvNk


D

https://www.youtube.com/watch?v=iOhg84zoSbA

2016-08-06 蓮實重彦「伯爵夫人」について

f:id:YADA:20160806031700j:image

(五月十七日近辺にFacebookに投稿した日記。Facebookだと検索しづらいんでこちらに再掲加筆訂正)

読了。

「熟れたまんこ」「魔羅」「ちんちん」等で話題の小説。なるほど、蓮實重彦が「新人賞に価しない」と言ったのが納得できる程にあっさりした小説だった。童貞喰いを主題にしなかっただけ、良心か? 松浦理英子「ナチュラルウーマン」にやらなかった三島由紀夫賞を、この小説にやっちゃいかんだろ。

1) 高校生時代の三島由紀夫(風人物)が嘲弄されていた。

2) 二朗が観ていたジョージ・バンクロフトの映画がわからない

3) ケイ・フランシスとジョン・マクリー出演の映画がわからない

4) カタカナ表記された地名「メゼグリーズ」がなんかのヒント。プルースト「失われた時を求めて」だな。

5) フローベール関連では、「感情教育」が出てきた。

6)「ばふりばふり」は、戦前中村書店のマンガからだそうだが、「ぷへー」は?

7) シュトロハイム「愚かなる妻」も登場。観なきゃなあ。

8) 物語で重要な役割を果たすココアは、「ドロステ」のココア。http://www.amazon.com/dp/B00032IFCU/

蓮實重彦読むと無闇矢鱈に「勉強しなきゃ!」って気分になる。

しかし、コッポラ「地獄の黙示録」関連で、コンラッド「闇の奥」読んでて、これがやっぱりフローベールやプルーストよりしょうにあってるんだよなあ。「蓮實重彦は読みたいが、フローベールやプルーストは性にあわないが、プルーストやフローベールを読まないと蓮實重彦が読めない」っていう「蓮實重彦のジレンマ」。



伯爵夫人

伯爵夫人

2016-04-09 愛国者のみんな、納税してるかい?!

f:id:YADA:20160409071140j:image

全国の愛国者のみんな、納税してるかい?!

義務より1円でも多く納税。これが、愛の基準だよ。

節税するのは非国民。納税額が少ないのも非国民。

「いかに請求額より余分に納税したか」。これが愛国心の現れ。

君が代とか日の丸とかうわべだけの愛国なんて真の愛国とはいえない。

うわべだけなら、なんでも言えるんだよ。「愛してる」とか「キミの為に死ねる」とか。「じゃあ、無利息無担保で20万頂戴」って言った時に、本当の愛だったかどうかがわかっちゃう。「...それはちょっと...」っていう奴は、「キミの値段は20万以下」と思ってるってことだよな。為なら死ねるんじゃねえのかよ?

「愛国」も同じだろ?

今、国がなにに困ってる? 明らかに財政の行き詰まりじゃん。なら、身を削りすべて吐き出して御国の為に尽くすのが、愛国者ってもんじゃないの?

愛国者なら、税務署で「こんな少額でいいのか? 今の状況をなんと心得ておるか! 国家の危機を看過する自分じゃないぞ! 釣りはいらん、とっとけ!」と余分に納税してみろよ。座り込みしてでも税務官に余分に受けとらせて、後も見ずに帰って来て、見返りを求めないのが、愛国者。それが出来ない者が、君が代だ日の丸だ抜かすのは、非国民の反日行為。