Hatena::ブログ(Diary)

明窓浄机 YAMAMOMO このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-09-25

琉球語の仮名表記

2016-09-25 當山日出夫

昨日と同じく、以下の内容は、「やまもも書斎記」と重複するが、同時にここにも掲載すいることにする。

http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/09/25/8200110


昨日はアイヌ語の仮名表記を見たので、今日は琉球語の仮名表記を見ることにする。

やまもも書斎記 2016年9月24日

アイヌ語の仮名表記

http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/09/24/8198295

同じく、『日本語のために』を見ることにする。

やまもも書斎記 2016年9月17日

日本文学全集30『日本語のために』

http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/09/17/8192276

この本の琉球語のところ、第5章を見る。

「おもろさうし」 外間守善 校注

「琉歌」 島袋盛敏

このうち、「琉歌」の1866(p.194)に、


「ゐ」小書き


が見て取れる。これは、JIS仮名に無い字である。

この本の解題をみると、『標音評釈 琉歌全集』が1968年、『琉歌大観 増補』が1978年、とある。

もちろん、琉球語を日本語の一方言とみなすか、あるいは別言語とみなすか、議論のあることは承知している。さらに、ただ琉球語というのではなく、言語学的には、さらに細かな言語になることも、一応の知識としては持っている。

そのうえで、あえて問われてしかるべきであろう……アイヌ語の仮名がJIS仮名としてはいっているのに、琉球語の仮名表記ができなのは、どうしてなのか。JIS規格「0213」のとき、琉球語は考慮しなかったのか。「0213」の制定は、2000年である。年代としては、資料的に利用しえたはずのものである。

問題としては、安定した字体・表記法があるかどうか、ということがあったのかもしれない。

ここで、小書きの仮名は、通常の文字と同じ文字なのか、別の文字なのか、という議論がふたたび必要になってくる。同じ文字で大きさがちがうだけならば、それはそれでよい。しかし、別の文字として存在を認めるならば、文字の規格に必要であるという論になる。情報交換のための文字としての必要性を主張できる可能性がある。

さて、どうしたものだろうか。

2016-09-24

アイヌ語の仮名表記

2016-09-24 當山日出夫


以下の内容は、重複するが、「やまもも書斎記」の方と同時に掲載することにする。

http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/09/24/8198295


現在のコンピュータにある仮名は、日本語の表記のためのものもあるが、アイヌ語の表記のためのものもある。

次の仮名である。


セ゚ツ゚ト゚ (半濁点)


ㇰㇱㇲㇳㇴㇵㇶㇷㇸㇹㇷ゚ㇺㇻㇼㇽㇾㇿ (小書き)


これらの仮名、今、私がこの文章を書いているエディタ(WZ9)では、正しく表示してくれない。これらの仮名は、「0213」で追加になった仮名である。だから、JIS規格にはなっている文字。しかし、実際の運用は、ユニコードで使うようになっている。ワープロ(Wordなど)では、ユニコードとしてあつかって表示する。(なお、同じファイルを、EmEditorでひらいて表示させると、ただしく見える。たぶん、WEBでも大丈夫だと思うので使っておく。また、ワープロ(一太郎2016)を使っている場合、横書きでは正しく表示(合成)するのだが、縦書きになると乱れてしまう。これは、ガ行鼻濁音の半濁点についてでも同様の現象が起こる。)

アイヌ語の場合、半濁点「゜」付きの仮名は、合成で示す。

したがって、JISの文字のコード表にはあるのだが、ユニコードの表にははいいっていない文字がある。その文字単独でははいっていない。「゜」と合成してつかうことを知らなければ使えない文字ということになる。

小書きの「ㇷ゚」(半濁点)などが、特に問題となる。

アイヌ語を表記する仮名が、JIS規格に決められ、そして、ユニコードで運用が可能になっている、このこと自体はよろこぶべきことであろう。だが、問題があるとすれば、次の二点。

第一に、現在のJIS規格「0213」で、アイヌ語用の仮名が入っていることが、どれほど知られているだろうか、ということ。

第二に、半濁点つきの仮名は、ユニコードでは合成で表示するようになっているため、エディタやワープロがそれに対応していない場合、正しく表示されないことがある、ということ。

以上の二点が、今後の問題として残っていることになる。

ところで、このアイヌ語仮名、知識としては知っていたが、実際に使用された事例を目にしたのは、最近になってからである。

池澤夏樹=個人編集「日本文学全集」30『日本語のために』.河出書房新社.2016

この本については、すでにふれた。

やまもも書斎記 2016年9月17日

日本文学全集30『日本語のために』

http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/09/17/8192276

「アイヌ神謡集」、知里幸恵 著訳/北道邦彦 編

「アイヌ物語」、山辺安之助/金田一京助 編

「萱野茂のアイヌ語辞典」

これらのアイヌ語の表記に、JIS規格で制定された仮名を見いだすことができる。おそらく、一般的な書物(アイヌのことを専門にしたのではない)において、アイヌ語仮名が使用された、珍しい例といえるのかもしれない。

気になるのは、この本『日本語のために』の組版において、アイヌ語の組版データはどうなっているのだろうか、ということなのである。JIS規格文字(フォント)が使用されたのであろうか。それとも、通常の仮名を小さく印刷したのであろうか。このことが気になっている。

2016-09-17

「イ゜」「リ゜」、どう発音? 琉球方言まとめる試み

2016-09-17 當山日出夫

たまたまであるが、今日の朝日新聞(デジタル版)。次のような記事があった。

「イ゜」「リ゜」、どう発音? 琉球方言まとめる試み

http://digital.asahi.com/articles/ASJ976R5JJ97TIPE034.html?rm=343

アイヌ語用の仮名があるのなら、琉球語用の仮名があってもいいような気もするのだが・・・

上記の記事、半濁音「゜」は、独立してつかってある。ユニコードの合成としてはあつかっていない。

文字の大きさは文字の属性か

2016-09-17

ひさしぶりに。そろそろ表記研究会のレジュメを準備しないといけない。

気になっていることがいくつかある。文字の大きさというのは、文字の属性になるのだろうか。現代日本語の仮名についてみれば、


あ ぁ


これは、同じ文字で、大きさが違うだけなのか。あるいは、大きさの違う別の文字ということになるのだろうか。

別のコードを割り当ててあるということから見るならば、別の文字ということになる。しかし、どう見ても、文字のかたちは、同じ字体であるとしかいいようがない。ただ、大きさが違うだけである。

通時的に総合的にどう考えるかは別の観点があるとしても、現在のJIS仮名という範囲で考えてみるならば、これは別の文字ということになりそうである。

このあたりのことは、研究会の当日、参加者のみなさんの意見を聞いてみたいところである。

2016-08-21

『電脳社会の日本語』

2016-08-21 當山日出夫


また、本棚から本を取り出してきてながめてみた。


加藤弘一.『電脳社会の日本語』(文春新書).文藝春秋.2000

http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784166600946


ざっと目をとおしてみての感想であるが、やはりこの本でも変体仮名の問題はあつかっていない。JIS規格の78年版から、83年版への変更にいたる問題などには、かなりのページをさいている。その書いてあることの内容について、いまここで触れることは避けておきたいと思う。それよりも、ここで問題にしておきたいのは、漢字の字体のことについてては、いろんな角度から論じていることである。日本国内のJIS規格の問題(78から83の問題)のみならず、漢字文化圏での各国の文字符号化の問題などが論じられている。

この本、補説として、いつかの文章が載っているのだが、そのなかに「古典の電子化と異体字」という文章がある。ここでいう古典とは、漢字で書かれた古典のことである。日本の変体仮名で書かれた古典をいっているのではない。(なお、この本の最後のところには、SATのことについて触れられているのは、今から読んでみると、これはこれで興味深いものがある。)

ともあれ、コンピュータと文字というと、基本的に二つの方向があるようである。

第一には、多言語情報処理

第二には、そのなかでも特に漢字の字体の問題、漢字文化圏でどう処理するか

これらの問題については、いろんな本があるわけだが、日本の仮名については、深く言及したものがないように見ている。(これから順番に本棚から本をとりだしてきて、見ていくことをしばらくつづけるつもりだが。)

だが、変体仮名というのは、どうもコンピュータと言語という問題のなかで、あまりまともに議論されてきてはいないように感じている。たしかに、現代では、今昔文字鏡やKoinフォントなどがあって、変体仮名を利用できるようにはなっている。だが、それは、ただ、あれば便利になったということで終わっているようにも思える。

日本語にとって仮名とは何であるのか、そして、その仮名をコンピュータであつかうことの意味はどこにあるのか、このような視点からの議論が、あまりなされてこなかったように、ふりかえって思うのである。

2016-08-19

『漢字文化とコンピュータ』

2016-08-19 當山日出夫


本棚から、本を取り出してきて眺めている。まず、取り出してきたのは、


伊藤英俊.『漢字文化とコンピュータ』(中公PC新書).中央公論社.1996


もういまでは絶版の本である。おそらく、コンピュータにおける文字の問題をあつかった、専門的な、それでいて、入門的な本としては、初期のものにはいるかと思う。1996年の刊行といえば、Windows95の翌年ということになる。

ざっとながめなおしてみての感想としては、二つ。今回は、特に仮名についてどのような記述があるか、どのような発想でみているか、この点に着目して、見ることにした。

第一に、コンピュータで文字をあつかうということの議論の出発点の確認になる本であるということ。もちろん、今の、コンピュータの状況からすれば、かなり古くなっていることはいなめない。

しかし、それでも、「JIS漢字コードは字体を規定していない」などの、今においても通じる問題点がしめされている。

第二に、やはり問題になっているのは漢字であるということ。ここで私が、とりあつかおうとしている仮名のことについては、基本的にふれられていない。非漢字ということで概括してのあつかいになっている。これは、仮名とコンピュータということが、さほど問題にならなかったことの、ある意味での証拠かもしれないと思う。

以上の二点が、ざっとではあるが目をとおしなおしてみての感想である。


この本『漢字文化とコンピュータ』が書かれたということ、それ自体が、漢字とコンピュータが、社会の問題になっていたことの証左でもある。いいかえるならば、仮名は問題にはならなかった、といってもよいであろうか。あるいは、仮名というのは、現代仮名遣い、それから、歴史的仮名遣い、そして、外来語の表記、これに使用できるものであるならば、それでなんら問題はなかった、といえるかもしれない。

これは、私自身の経験としてそうである。情報処理学会CH研究会などで、漢字とコンピュータのことについては、いくつか発表して、いろいろ考えてみたりしたことがある。しかし、仮名のことは、あまりというか、ほとんど考えたことがなかった。それだけ、仮名というのは、自明な文字であったのである。

ここで、今になって考えてみるべきことは、仮名の問題がなぜそれほどまでに自明なものとしてとらえられてきたのか、ということになるのかもしれない。そして、それを、いまの時点で、あらためて、仮名とコンピュータというテーマで考え直してみるとき、仮名というのは、はたしてそれほど自明なものであったのであろうか、という反省を呼び起こすことになる。

2016-08-18

ユニコード変体仮名を選定できた背景

2016-08-18 當山日出夫


文字の規格(JIS規格、ユニコード)を考えるとき、忘れてはならないのは、その時々のコンピュータ技術である。


たぶん、JIS規格(0213)と、今般のユニコード変体仮名の、両方の規格制定に、なんらかの形で関与した経験のある人間というと、私(當山)だけということになるのだろうと、思っている。その意味では、個人的には貴重な体験であったと思う。と同時に、その責任として、JIS規格とユニコード変体仮名の関係について、きちんと考えておかねばならないと思っている。


このとき、思うことは、コンピュータとその周辺技術の発達ということである。今回、ユニコード変体仮名を選ぶことができた背景としては、コンピュータ技術と無縁ではないと感じている。


具体的には、

・今昔文字鏡とか、Koinとかの、変体仮名フォントが存在して広く流通していたこと。

・コンピュータの画像処理技術の向上によって、画像データのとりあつかいが容易になったこと。特に、活字のスキャン画像の利活用が簡単にできるようになったこと。

・画像データをふくんだデータベースの構築が容易になったこと。

これらのことがあってと感じている。

また、電子メールの添付ファイルで、変体仮名のスキャン画像を添付ファイルで送信する、このようなことが、容易にできるようになった。


0213の時の、Windowsは、95、あるいは、98、ということになる。それが、今回の変体仮名の企画においては、Windows7以降の機種を使うことになった。これは、あくまでも個人的感想であるが、PCによる画像データの処理ということでは、格段の違いがある。この差は、非常に大きなものがあると感じている。


実際に市販のコンピュータ(Windowsマシン)に実装されたのは、2007年の、Vista以降のことになる。このVistaでは、0213:2004が使われようになって、字体の変更の問題がさらに生じることになった。それ以前の、XPとは、見える文字(漢字)の字体の一部が異なることになった。


そして、いま、ユニコードでは、シフトJISの制限をうけなくなっていること。これが、変体仮名提案にいたった、大きな要因かもしれない。かつて、JISの補助漢字「0212」があったが、実装されることはなかった。第三水準といわれたりしたこともあったように記憶しているが、実際に運用されることはなかった。これは、MS-DOSのシフトJISでは、実装できないということに、起因していたと理解している。


コンピュータと文字ということを考えるとき、その時代の、コンピュータ一般の利用方法法や技術的な問題、これが大きく影響しているということを、体験的に実感している。

2016-08-17

仮名とコンピュータ

2016-08-17 當山日出夫


仮名について考えてみているのだが……やはり、ここでも「コンピュータで使える文字」という制約のようなものを感じないではいられない。これは、ニワトリとタマゴのようなものかもしれない。


このような文字が実際に使われているのでコンピュータで使うように規格をさだめる。そして、逆に、コンピュータで使える文字を使って書かざるをえないので、実際の表記がそれに制約をうける。


このことが、問題になったのは、先年の新しい常用漢字の改訂のときであった。このとき、現行のコンピュータで使用されている文字がどうであるか、ということがかなりの論点になった。(このようなことについては、このブログの過去の記事にいくつか書いておいたことがある。)


仮名についても、同様かもしれない。これは、実証的な研究が必要なことなのであるが、おそらくは、通常の日本語を書くために必要な文字(仮名)という認識があった。この背景には、おそらく現代仮名遣いのことを考えておくべきであろう。この観点からは、1978 年の0208規格(当初は、『JIS C 6226』)において、変体仮名ははいる余地がなかった。また、濁点つきの「う」(う゛)や、小書きの「か」「け」も必要のないものと認識された。


それが、その後、外来語の表記の制定、アイヌ語表記の必要、JIS規格における平仮名と片仮名の整合性の必要、このような理由で、0213規格において、文字が追加された。


たぶん、JIS規格にのみ目を向けて考えるならば、このような筋道で考えてよいことになる。


だが、今日、実際のコンピュータの文字は、ユニコードである。この状況のなかでは、JIS規格にない文字であっても使用可能である。これは、特に漢字についていえることであるが、それ以外の多言語情報処理という観点からは、各種の言語の表記に対応しうるということになる。そして、そのなかに仮名もある。そして、将来においては、変体仮名もユニコードとして使用可能になる。JIS規格においてではないのである。


大きな筋道としては、上記のように考えてみてよいのではないかと思っている。いわゆる「外字」という方法がないではないにしても、「コンピュータで使える文字だけが文字である」ということは、仮名についても、ある意味ではいえそうである。


そして、実際の世の中の仮名の使用はどうであったかというと、コンピュータに拘束されない文字の世界があった。特に景観文字については、そういえると思う。わかりやすくいえば、「蕎麦屋」の「そば」の変体仮名などである。


このような閉じた領域でのコンピュータ文字としての仮名、一方で、開かれた領域をもったものとしての仮名、この二つの側面が現代の仮名のあり方であろう。仮名の開かれた文字としての側面については、改めて考えてみたい。

2016-08-16

変体仮名が必要とされる理由

2016-08-16 當山日出夫


0208の仮名から、0213で増えて、さらに、こんどユニコードで変体仮名がふえようとしている。その理由を確認しておきたい。


私なりに整理すると次のようになるだろう。

(1)

学術利用

・仮名字体史研究

・古文書や古記録などの翻刻

(2)

行政利用

・戸籍事務


このうち私のかかわったのは、(1)の学術利用についてである。学術(日本語学、日本文学、日本史学、古文書学など)の分野での、変体仮名の需要はたしかにある。


ここで確認しておきたいことは、主に日本文学などの分野で変体仮名で、テキストを翻刻することを目的としたものではない、ということである。また、一般の商業的な利用も念頭にはおいていない。


まず、翻刻であるが……「翻刻」というのをどう定義するかにもよるが、基本的には、昔の崩し字、変体仮名などを、現代の通行の文字(漢字、仮名)におきかえて、読みやすいテキストをつくること、ととりあえず考えてみる。このとき、変体仮名は不必要である。変体仮名で書かれているものを、現代の普通の仮名に書き直すことが翻刻の仕事なのであって、変体仮名のまま翻刻したのでは、変体仮名を知っている人しか読めないテキストになってしまう。これは、通常、翻刻とはいわないだろう。


そうではなく、昔の書物や古文書などに、どのような変体仮名がつかわれていたか、日本語学の研究分野において、文字史・表記史からの研究がある。このような研究分野においては、変体仮名フォントは、必要なものになってくる。そして、今般の変体仮名ユニコード提案においても、これまでの文字史・表記史の研究論文については、チェックをかけている。その論文が書けるようになるかどうかは調査して文字を選んでいる。


だが、ともあれ、変体仮名が将来ユニコードで使用可能になったとして、そこで次のことが改めて問われることになるだろう……それは、仮名の字体とはなんであるのか、それ文字コードをあたえるということは、文字の何に対して、どのような認識のもとに、コード化していることなのか。


そして、それは、先にのべた草仮名をどのように認識するか、と関連してくるはずである。

2016-08-15

JIS規格の平仮名と片仮名

2016-08-15 當山日出夫


これまで見てきたところによると、どうもJIS規格においては、平仮名と片仮名は、整合性という点で、問題を残しているように思える。意図的にそのようにしたというのではないであろうが、結果的にはそうなっている。


0208において、片仮名のみに、「ヴ、ヵ、ヶ」があり、それに対応する平仮名はなかった。


それが、0213になって、対応する平仮名「ゔ、ゕ、ゖ」が追加になった。と同時に、外来語表記用に、「ヷ、ヸ、ヹ、ヺ」が追加になっているが、それに対応する平仮名は、0213にははいっていない。


またアイヌ語用には、片仮名が追加になっているのであって、それに対応する平仮名はない。(これは、その用途を考えればなっとくできることではあるが。)


結果的に、平仮名・片仮名が、別系統の文字として、平行して存在することになっている。同じ文字列を、平仮名でも片仮名でも、同じように書けるということはない。片仮名専用文字というものを持つことになっている。


ここで、次のような疑問が生じることになる。日本語の表記において、平仮名と片仮名は別の系統に属する別々の文字であるのか、あるいは、同じ音(あるいは、同じ語)を表しうる種類は違うが基本的に同じ文字、ということになるのであろうか。


これは、おそらく日本語の表記史の流れの中で、平仮名と片仮名の関係をどのように位置づけるかで、考え方が変わってくるところの問題であると思う。ここで、私は結論を出そうというのではない。しかし、JIS規格の文字(平仮名・片仮名)を見るときに、日本語の表記史からの視点というものが、あってもよいと思うのである。


JIS規格を見ている限り、平仮名・片仮名において、整合性をたもとうとするベクトルと、その用途に応じて必要とされる(使用される)文字は異なるのであるとするベクトルと、二つの方向性が、同時に観察されるように思える。


なぜこんなことを考えてみるかというと、JIS規格は、何をきめたものなのか。そして、ユニコードは何をきめたものなのか。それは、どのように運用可能なものなのか、という点に論点がおよぶと思うからである。


ユニコードの運用という観点にたって見るならば、濁点つきの平仮名「わゐゑを」もありうることになる。現実の問題としては、ワープロ編集画面で、使用することはできる。あるいは、将来的には、濁点つき、半濁点つきの変体仮名もありうる、その可能性を否定できない。


また、半濁点つきの「かきくけこ」「カキクケコ」(ガ行鼻濁音)は、ユニコードにははいっていない。これは、合成でしめすことになっている。


では、JIS規格で文字が決まっていることの意味とは何なのであろうか。

2016-08-14

0213で増えた仮名の由来

2016-08-14 當山日出夫


0208で使用できる仮名は、昨日、書いたとおりである。これに対して、0213では、仮名が増えている。その典拠を確認しておきたい。


まず、次のように分けて考えることができようか。その由来について分類して考えてみることにする。


半濁点つきの仮名(ガ行鼻濁音)

か゚き゚く゚け゚こ゚

カ゚キ゚ク゚ケ゚コ゚


片仮名に対応した平仮名

ゔ(片仮名=ヴ)

ゕ(片仮名=ヵ)

ゖ(片仮名=ヶ)


濁点つきの仮名(外来語表記)

ヷヸヹヺ


半濁点つきの片仮名(アイヌ語表記)

セ゚ツ゚ト゚


小書き片仮名(アイヌ語表記)

ㇰㇱㇲㇳㇴㇵㇷㇸㇹㇷ゚ㇺㇻㇼㇽㇾㇿ



以上をまとめると、次の4点になる。


(1)

ガ行鼻濁音の表記。


(2)

片仮名(ヴヵヶ)に対応させる形での、平仮名の追加。


(3)

外来語表記のための片仮名の追加。


(4)

アイヌ語表記のための片仮名の追加。


どれも、日本語学的には、納得のいくものであるといってよいであろう。


なお、ここで確認しておきたいのは、外来語の表記。これが、次を典拠としていること。


外来語の表記

平成3年の内閣告示第2号


これのことだろう。

http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19910628002/k19910628002.html



なお、平成3年は、1991年にあたる。したがって、2000年制定の『JIS X 0213:2000』が、これを反映しているのは当然のことといってよ。


ちなみに、この文章は、EmEditorで書いている。仮名の入力は、ATOK2016(文字パレット)を使用。使用のコンピュータは、Windows10。表示は、正しくなされている。

これを、別のエディタ(WZ、MIFES)で見ると、表示がみだれる。ただ、ワープロ(一太郎、Word)の編集画面で見ると、きちんと表示する。


付記

上記の記事を、アップロードした後、ブラウザで確認してみると、私の使用している

Forefox

GoogleChrome

では、正しく表示されている。

Connection: close