[ 悠 々 日 記 ]

(お知らせ)twitter始めました。

個々の記事へリンクには それぞれの[Permalink]を指定してください

 | 

2009年 06月 27日 (土)

週刊文春での『ちはやふる』の書評「末次由紀は、読者に許された」

今年1月の朝日新聞の書評で、

たとえ一度失敗しても、挫折しても、あきらめずに思い続けるまっすぐな情熱と、復帰を待っていてくれる人がいれば、人はまた立ち直って歩き続ける。これは、一度は挫折した作家・末次由紀にとっても、見事な復活戦である。

朝日新聞の書評で『ちはやふる』は「末次由紀にとっても、見事な復活戦である」と評される - [ 悠 々 日 記 ]

と評された末次由紀『ちはやふる』について、

今度は週刊文春の書評で取り上げられていました。

評者のいしかわじゅん氏は書評の中で

末次由紀の過去の不祥事に敢えて触れた上で、

「描き手は、作品を世に出すことでだけ、許されるのだ。

 末次由紀は、読者に許されたと思う。」

と書いていました。

 

f:id:YUYUKOALA:20090627234010j:image:W350

 

漫画の時間 いしかわじゅん

『ちはやふる』1〜5巻(講談社

 

彼女の見た夢は

 

 夢がなくては、人は生きられない。

 漫画家・末次由紀は一度夢を失くし、もう一度それを手に入れた。自分の漫画の主人公、綾瀬千早と一緒に。

 『ちはやふる』は、競技かるたを題材にした少女漫画だ。

 かるたは、小倉百人一首を読み上げて札を取り合う。正月のニュース番組でしか見かけないマイナー競技だが、奥は深い。そして濃い。五十枚の札を巡って濃密な精神的闘いがあり、格闘技のような肉体的衝突がある。

 少女は、ふとしたきっかけで、転校生少年が競技かるたの達人であることを知り、そこから奥深いかるたに足を踏み入れ、 一気に新しい世界が開けていく。

 同志との軋鞣がありその結果生まれる連帯感があり、少女漫画に欠かせない幼い恋もある。文化系的悩みもあるし、体育会的苦悩もある。読み進んでいくと、和歌の世界にも、少しだけ詳しくなる。

 畳に並べられたかるたをただ取り合っているだけなのに、この物語はなんて美しいんだろう。

 それは、少年少女たちが、努力の意味を知っているからだ。未来はただ座って待っているだけではやってこない。それは、自分の意志で欄み取るものなのだ。はしいものはほしいと口に出し、なおかつ行動で示さなくてはなにも始まらないのだ。

 美しい少年少女たちは、夢を信じたのだ。

 今さら蒸し返されるのも辛いだろうが、末次由紀は、ほかの漫画家の絵や構図をそっくりそのまま大量にコピーしトレースし、自分の作品に使っていた。それが発覚して、連載は打ち切られ、既刊の単行本二十五冊は、すべて絶版になった。

 つまり、末次由紀は漫画界から追放されたのだ。それは仕方のないことではある。

 これでもう終わりだろうと思っていた。出版社が再登場を許すかどうかではなく、末次由紀にはもう、再起の力はないだろうと思っていた。 一度袋叩きに遭って切れた気持ちを、また掻き立てて起ち上がるのは非常に難しいことだと思う。そこまでの気持ちは末次由紀にはないだろうと、ぼくは判断したのだ。

 二年後、同じ出版社の本で彼女は読み切りを描いて復帰した。そして次の年、『ちはやふる』の連載を始めた。

 末次由紀は、夢を持っていたのだ。叩かれ倒れたが、それでも夢は捨てずに持っていたのだ。自分の物語を、世に出したいと思っていたのだ。その物語を、読者に読んでもらいたいと願っていたのだ。描き手は、作品を世に出すことでだけ、許されるのだ。

 末次由紀は、読者に許されたと思う。

 

(週刊文春 2009年7月2日号より)

 

また、いしかわじゅん氏自身が開いているサイトでも

このコラムについて触れています。

 

f:id:YUYUKOALA:20090627234009j:image:W350

 

今週の週刊文春には、「ちはやふる」のことを書いた。

 

あの、末次由紀だ。

知ってる人は知っているが、彼女はほかの漫画家たちの絵をトレースして、

自分の漫画の中に大量に使い、それがバレて漫画家生命を一度失った。

なにせ、連載が打ち切りになっただけでなく、

それまで出した単行本20数冊がすべて絶版になったのだ。

本人の蒔いた種とはいえ、厳しい処置だった。

ほかの漫画家の影響を受ける漫画家はいる。

うっかり似たものを描いてしまうケースもあるだろう。

ぼくだってずっと以前、他の漫画家のキャラを気づかず描いてしまったことがある。

しかし、そういうケースとは違い、

確信犯として写す者もいる。

窮余の策として盗むものもいる。

彼女がどういうつもりで他の漫画家の絵を盗んだのかはわからない。

でも、それはやはり非難されてしかるべき行為だった。

もう戻ってはこないだろうなと:思っていた。

ネットを中心に、あれだけ叩かれては、もう立ち直れないだろうなと思っていたのだ。

検証サイトもできて、証拠がいくつも提示された。

言い逃れはできない。

それでも、末次由紀は戻ってきたのだ。

2年、間をおいて、同じ講談社で読み切りを描き、

「ちはやふる」の連載を始めた。

描きたかったんだなあ。

漫画家は、描きたいのだ。

描いたものを、読んでもらいたいのだ。

末次由紀は、戻ってきた。

「ちはやふる」は、面白い。

5巻まで出ているが、すべて夢中で読んだ。

これが描きたくて、末次由紀はまた嵐の中に船を出したんだな。

きっといろいろいう人はいるだろうが、それは仕方ない。

彼女は、いい仕事をしていくしかないのだ。

それが、赦しなのだ。

 

いしかわじゅん公式サイトより、原文ママ

 

朝日新聞の1月の書評では、紙幅が限られているということもあり、

「一度は挫折した作家・末次由紀」と触れるに留まっていました。

一方、いしかわじゅん氏の今回の文春の書評及びHPコラムでは

過去の「トレース騒動」に敢えて触れた上で、

漫画家という描き手の立場に再び戻ってきた末次由紀を

「赦し/許し」という言葉で評していました。

 

『ちはやふる』という作品の出来が素晴らしい事は

繰り返し触れており、改めて言うまでもないことですが、

この作品を描き続けることが、そして読者が受け入れることが

末次由紀にとっての「赦し/許し」に繋がるというのは

なるほどと頷ける例えです。

 

それにしても、「赦し/許し」という言葉は重いですね。

末次由紀が背負った業(ごう)は、

それだけ重いということなのかもしれません。

なまえなまえ 2009/08/15 20:20 私は末次由紀さん大好きです!!!!!!!!!!!

ミッキーミッキー 2010/01/17 22:34 一度挫折を経験したからこそ、この「ちはやふる」に力を注げるのかもしれません。
それをバネにしているからこそ、1コマ1コマがすごく丁寧に書かれているのかもしれません。
どんな言葉を連ねるより、この一言につきる。
「このマンガはすごい!」

はっぱはっぱ 2010/03/01 01:42 中学で出会ってから好きになって、
どんな物語も深くて入り込んで涙して・・・
絶版になって悲しかったけど、作品が好きすぎて
ずっと待ってました。今も昔も変わらず大好きです。
また、末次由紀先生の漫画が読めてとっても嬉しい!!!

miyukamiyuka 2011/11/10 22:32 古い記事にいまさらコメントごめんなさい。
でも、上のはっぱさんと同じ気持ちだったので書き込みます。
ずっと前からファンで、事件を知ったときはすごくショックだった。
ストーリーはあんなに素晴らしいのに、どうして本筋と関係ないところであんなトレースなどしたのだろうとすごく悔しかった。
絶版になってしまった作品達は、いまでも私の手元に全て揃ってる。

だから今、剥き出しの実力だけで再び立ち上がった末次由紀先生の作品を今読めることをすごく嬉しく思います。

まあやんまあやん 2012/04/03 13:45 末次さん、そんな過去があったんですね・・・
全然知りませんでした。
でも私は「ちはやふる」大好きです!
過去は過去。今は今。
先生、応援してます!

澤田航澤田航 2012/09/07 20:05 立派な賞の授賞式に出なかったと知る。詳しく調べてみると初めてトレースについてわかった。これが謙虚ってやつなのかなと思った。
私は末次先生大好き!!!!!末次先生の絶版になった単行本さえ欲しくなる。これからも頑張って欲しいと素直に思う。

みなみえみなみえ 2012/10/06 13:55 私も、末次由紀さん大好きです!!
ちはやふるを読んで、古典に興味が湧いて・・・。
今は、きみがため を・・の、藤原義孝love。百人一首仲間や、社会のセンセーと和歌トークで盛り上がってます。

私は、つい最近「ちはやふる」デビューしたばかりで、由紀さんが一度挫折したことを百人一首仲間に聞いたときは言葉にできない程驚きました。
でもやっぱり、驚きよりも、私に新たな「和歌」の世界を広げて下さった感謝と
由紀さん大好きっっっっ

っていう気持ちが勝り、今に至ってます。

こんなコト書いたら、由紀さんのプレッシャーになってしまうかもしれませんが、
伝えたいので書かせて下さい。


ちはやふる、クーベルチュール等等・・・


由紀さんの漫画も、由紀さんも、





大好きです。

細波細波 2012/12/11 19:22 今度は構成をスラムダンクからパクってて嫌になった。
安西先生にそっくりな人も出てくるし。
バスケをかるたに置き換えたような構成。
以前ファンでトレース事件の時ショックで、それでも復活してきたので、読んでみたけど、みんなから絶賛されてるわりには、今回も結構パクってる感が拭えない。

どうしてもスラムダンク臭がする今の方が幻滅を感じて、読むのやめました。

パクられたプロの漫画家がかわいそう。

しのぶちゃんしのぶちゃん 2013/03/03 21:24 ネットもない昔は、作風が似ていたり内容が全く同じような作品はありました。
ただ、騒ぎようがないだけで、今大御所でいらっしゃる方だって過去には恥ずかしい
作品がたくさんあると思います。
それこそ、手塚先生、赤塚先生、石ノ森先生を模して追いつけ追い越せと
切磋琢磨してきたのだと思います。
美内すずえ先生の初期だって、その頃よく見る漫画のキャラクターとそっくり。
そこから、自分のこうだと思うキャラクターを育てていったんだと思います。
漫画家の問題だけではなく、編集者の責任も重大であると思います。
若手の漫画家は、自分の思ったように書けないということを聞きました。

プロの編集者であれば、見抜けて当然のはず!!
そこまで追い詰めたのは、出版社側にあると思います!!

ですが、過去は過去。
今は40歳台のおばさまも夢中にさせてくれる「ちはやふる」
情熱を感じます!!

これからも素敵な作品に期待しています。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

 | 
(カウンター) feed meter
この日記のはてなブックマーク数

クリックで救える命がある。
募金サイト イーココロ!
Yahoo!ボランティア クリック募金

カレンダー
<< 2009/06 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


無料アクセス解析

Amazon.co.jp のロゴ


都内降雨状況[東京アメッシュ]

バイオウェザー・雨レーダ
バイオウェザー・雨レーダ


TOP「悠々と行こう!」

■ 最新コメント ■


■ 私のコメント履歴■

社会不適合サイトリング
=キッズgoo=

涼宮ハルヒの憂鬱 Ring BlogPet ブログペット Ring


amazon.co.jp
[DVD]
[CD]
[COMIC]
[NOVEL]

Google広告

郵便振替・ネット募金で協力できる主な支援先窓口
支援先 募金窓口 郵便振替口座
赤十字 日本赤十字社 00110-2-5606 [URL]
赤い羽根募金 中央共同募金会 00160-4-6170 [URL]
WFP世界食糧計画 国連WFP協会 00290-8-37418 [URL]
国連難民支援 日本UNHCR協会 00140-6-569575 [URL]
国境なき医師団 特定非営利活動法人
国境なき医師団日本
00190-6-566468 [URL]
骨髄移植 (財)骨髄移植推進財団 00130-2-609313 [URL]
臓器移植 (社)日本臓器移植ネットワーク 00180-8-174184 [URL]