Hatena::ブログ(Diary)

Yuya Yamaki’s blog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014年06月01日(日曜日)

セッション資料「Windowsの画面スケーリングを きちんと理解しよう」プロ生第28回@東北大学


 昨日、プログラミング生放送勉強会第28回@東北大学で発表した資料を公開しました。Windowsの高DPIに関する資料やblogでの情報はすでに結構あるとは思いますが、ストアプリからデスクトップまでを一通りまとめたものというのはあまりないかなと思います。いちからそのあたりを知りたいという方にちょうど良い資料となっているので、ぜひ見ていただければと思います。


2014年02月13日(木曜日)

デスクトップアプリのUXガイドライン

 「Windows 8.1 UX ガイドライン」のPDFが日本語で提供されましたね。正式なリンク場所はよく分からないのですが、以下のページの一番下の右側のほうにリンクがありますので、そこからダウンロードできます。


Windows 10 開発者・システム企画者向け技術情報まとめ | MSDN


 そこで以下のようなツイートをしたところ、ちょっと思った以上に反響がありましたので、ここではそのフォローを少ししたいと思います。



 上記のツイートの通り、最新のUXガイドラインでは、デスクトップアプリに関する情報は「Windows 8においてファイル拡張子に対する既定のハンドラーの設定、変更、照会をアプリができなくなった」ということしか記載されていません。しかし、これはデスクトップアプリにはUXガイドラインが存在しないということではありません。


 デスクトップアプリ向けのUXガイドラインは以下の場所にきちんと存在しています。


no title


 今回久しぶりに訪れてみて気が付いたことなのですが、このトップページには「デスクトップ アプリのスタート画面のタイルをカスタマイズする方法」というWindows 8.1で新たに書かれた記事へのリンクも追加されています。他の部分のコンテンツはWindows Vista時代に書かれ、Windows 7の時点でアップデートがされたもののままだと思いますが、内容はWindows 8や8.1でも問題なく通用するものだと思いますので、デスクトップアプリ開発者はこちらを見ましょう。


また、去年のデブサミで「Windows 8デザインガイド」のデスクトップアプリ編というのをやりましたので、よろしくければこちらもご参照ください。



2011年10月27日(木曜日)

Windows 8 Developer Preivewのテーマ

 Windows 8 Developer Preview(以下、DP)でも、Windows 7と同様「Aero」と「ベーシック」のテーマが存在します。そして、Windows 7と見た目を比較した場合、「Aero」でもウィンドウ枠部分に違いがあるのですが、「ベーシック」が大きく変わっていることに気が付きます。


WindowsAeroベーシック
8 DPf:id:Yamaki:20111027114652p:imagef:id:Yamaki:20111027114651p:image
7f:id:Yamaki:20111027114650p:imagef:id:Yamaki:20111027115044p:image


 Windows 7やWindows Vistaの「ベーシック」では、「Aero」との見た目の違いがウィンドウ枠のみとなっており、ボタンやプログレスバーといったコントロールに違いはありませんでした。一方、Windows 8 DPではウィンドウ枠だけでなくコントロールの見た目も大きく異なっており、新たに「ベーシック」用の見た目が用意されたことが分かります。


 これはWindows 8 DPにおいて「クラシック」のテーマが廃止されたことが影響しているのではないかと思います。Windows 7までの「ハイコントラスト」のテーマは、「クラシック」を元に配色を変更していました。Windows 8 DPでは「ベーシック」の配色を変更するかたちで「ハイコントラスト」のテーマが実装されています。このために、「ベーシック」のコントロールの外観をフラットでよりシンプルなものにする必要があったのだと思います。


 異なる意見として、スタート画面などのMetroスタイルと外観を近づけるためのテーマという見方もあるかもしれません。


2011/10/27 14:30 追記

 ちなみに、上のスクリーンショットはWindowsフォームを使っているため、Win32のコモンコントロールのテーマ対応を確認することができますが、WPFの場合、コントロールテンプレートを使ってテーマ対応を行っているため、WPF側で対応されている必要があります。というわけで、WPFでも確認してみました。


WindowsAeroベーシック
8 DPf:id:Yamaki:20111027142331p:imagef:id:Yamaki:20111027142332p:image
7f:id:Yamaki:20111027142330p:imagef:id:Yamaki:20111027142329p:image


 結果、WPFの場合、Windows 8 DPの「ベーシック」は「クラシック」と判断されるようです。どのテーマも存在していない時に適用されるGenericはたしか「Aero」と同じ外観になっていたはずですので、Windows側として「ベーシック」はこれまでの「クラシック」と同じ扱いとしているのでははいかと推測します。