ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

こら!たまには研究しろ!! RSSフィード Twitter

2099-12-31 このエントリーを含むブックマーク

取材・出演・講演のご依頼は,

【メール】iida_staff[at]ヤフー.co.ジェーピー(以上半角にて)

【電話】 東京(5370)七九〇八

【FAX】 同上−七九一二

までお願いいたします.


学会関連以外の連絡は大学ではなく上記にてお願いしております.

なにとぞご配慮ください.

Yasuyuki-IidaYasuyuki-Iida 2013/02/06 09:55 本エントリは告知用の記事です.コメントは削除いたします.

2017-06-17

[]『これからの地域再生』発売記念イベント 『これからの地域再生』発売記念イベントを含むブックマーク

いよいよ発売です!Amazonも「在庫有り」になりました♪


これからの地域再生 (犀の教室)

これからの地域再生 (犀の教室)


 『これからの地域再生』では,気鋭の論者・実践家6人にご協力いただき,「都市」の観点からの地域再生を論じています.刊行を記念いたしまして! 八重洲ブックセンターにて執筆者のみなさまとのトークイベントが行われます.それぞれ独立したイベントですので,ご都合のつく方だけでも(もちろん両方でも^^)参加賜れればと存じますmm


【開催概要】

■2017年7月11日(火)19:00【住みたい、働きたい都市の要件とは?】

■2017年7月21日(金)19:00【ナイトタイムエコノミーと都市の再生】


八重洲ブックセンター本店8Fギャラリーにて

・開場18:30

・参加費:500円(八重洲ブックセンターゴールド会員様無料)

・電話でのお問い合わせも可能です(詳細は下記)


チケットのお申し込みは下記よりお願いいたします♪

★7月11日:島原万丈×飯田泰之【住みたい、働きたい都市の要件とは?】チケット購入はこちら★

★7月21日:木曽崇×飯田泰之【ナイトタイムエコノミーと都市の再生】チケット購入はこちら★


島原万丈×飯田泰之【住みたい、働きたい都市の要件とは?】

 まずは都市の魅力に関する概論から.書籍でも本編の第1章を担当いただいている,LIFULL HOME'S総研所長の島原万丈さんとのトークイベントです.島原さんといえばセンシュアスシティランキングですね.

 これまでの「都市魅力度ランキング」はたいていが交通の便や住環境,学校・病院数や公共施設の充実度といった「ハード面からの住む・暮らす」に注目して集計されていました.しかし,都市の魅力って本当にそういうモノなんでしょうか.実際この手のランキングみるとどうも「ピンと来ない」んですよね.

 もちろん一定以上のハードがないと暮らせない.しかし,ある程度の都市では必要条件レベルのハードはもう整備済み。。。ハードの差は都市の魅力の差に直結しなくなっています.経済自体がモノからコトへと移行している中で,「イイ感じの街」ってどんな街なんでしょう.モノ(都市インフラ)ではなくコト(都市でできる体験)に注目したセンシュアスシティランキングを参照しながら,これからの都市の魅力を考えます.


★7月11日:島原万丈×飯田泰之【住みたい、働きたい都市の要件とは?】チケット購入はこちら★



木曽崇×飯田泰之【ナイトタイムエコノミーと都市の再生】

 センシュアスシティランキングでも,先日発表された三菱UFJリサーチ&コンサルティング「市民のプライドランキング」においても,上位の都市ってどうも魅力ある夜の街がある地域が多いんですよね.活気があるからナイトタイムエコノミーがイイ感じなのか,ナイトタイムエコノミーがイイ感じだから都市の活気があるのか……これはなんとしても識別しないといけませんなぁ.

 どうもナイトタイムエコノミーというと胡散臭く感じてしまいませんか? キャバクラ,風俗,出会い系バーとかの話と思ってませんか? これはかなりの誤解です.というかそういう考え方で夜をとらえていると「イイ感じの夜の街」は多分形成されないように感じます.日本におけるナイトタイムエコノミーといえば木曽さん.これからの日本の「夜」について語っていきたいと思います.

★7月21日:木曽崇×飯田泰之【ナイトタイムエコノミーと都市の再生】チケット購入はこちら★


そういえば俺もこんな本書いてたわ!

夜の経済学

夜の経済学


第三弾,第四弾……なんなら定例企画?になるか否かは,上二回の結果次第です.是非皆様ふるってご参加を!

2017-06-10

[]見本出来!近日発売♪乞御好評? 見本出来!近日発売♪乞御好評?を含むブックマーク

 今月は書籍が2冊,ほぼ同時に発売されます.ここまで発売日が近いのは初めてかも.

日本の大学教育に一石を投じる本:『マクロ経済学の核心』

 あれ?タイトルが違わない?……という方.ほんとすいません.五年越しの『飯田のミクロ』の続編です.

 特色としては,長期の成長モデルと短期の循環モデルの接続を重視した構成になっていること.

 そのため,最近この手の入門レベルのテキストではあまり重視されていない,ハロッド=ドーマーモデルやヒックス=サミュエルソンモデルにもそこそこページを割いています.確かにこれらのモデルを現代の分析で使うことはあまりないですし,資格試験でも見かけなくなってきていますが……これがないとなんか「ストーリーとして入門レベルのマクロ経済学を把握する」ことが出来ないように感じるんですよね.

 コンセプトは「ど真ん中の教科書」.新書縦組みですので,数式は最小限に抑え,言葉による説明を重視しました.そのためテキストとして用いて,講義の中で数学的な解説を補充するという利用に好適かと(営業です).


 しかも価格は「840円+税」! 減少し続ける学生の可処分所得,バイトと勉学の両立の難しさ,高騰する授業料……大学教育を巡る経済的な課題に一石を投じる低価格です! 学生の懐を考えるならぜひ『マクロ経済学の核心』を♪ Kindle版も同時発売ですよ.


マクロ経済学の核心 (光文社新書)

マクロ経済学の核心 (光文社新書)

いちおう姉妹編もよろしくね(なんか紙の方は絶版らしいですorz).


イベントも企画中ですよ!:『これからの地域再生

 そしてこちらは編著.ここ数年,私の興味の中心である地域再生についての試論集.テーマは「中規模都市」です.具体的には中心部10万〜30万+周辺部20万〜50万くらいの都市圏の中心部の活性化に関する理論・歴史・実践を理解いただけるような編集を心がけました.

 古くはジェイン・ジェイコブス,新しくはリチャード・フロリダ(そんなに新しくもないか^^)が指摘するように,イノベーション第一ステップであるアイデアは都市でこそ生まれる.人々の需要が「モノそのもの」からデザインやストーリーという「モノの周辺」に移行しつつある今.アイデアを生み出す場としての都市を国内にいくつ維持できるかが日本経済の命運をになっているとさえ言えるのではないでしょうか.

 そして,なんといっても僕以外のメンバーが超豪華.こちら,もうこの際僕の章は飛ばしていいから全国民必読の書ですよ!


 奇しくも4章を担当いただいている木曽崇さんの単著も同日発売.5章を担当いただいた藤野英人さんの著作も先週発売されたばかり……なのでこりゃ出版イベント開催不可避です.近日中に再度告知申し上げます.


これからの地域再生 (犀の教室)

これからの地域再生 (犀の教室)

飯田の地域経済もの第一弾もあらためてよろしくお願いします!

木曽さん,藤野さんの新著は↓

2017-05-31

[]お手伝いした書籍2点 お手伝いした書籍2点を含むブックマーク

 

 なんと……3年近くぶりのblog更新です.はてな記法を忘れてしまってます。。。

 ここのところ,初体験のタイプのお仕事を続けて経験させていただきましたので,ご報告とモロマまで.版元に連絡するほどでないちょっとした感想や誤植の指摘なども,コメントいただけましたら,重版時などに申し送りいたしまするmm


経済系学習マンガの「監修」をしました

 まずはこちら.『東大生が作った マンガ やさしい経済学入門』の監修をさせていただきました.監修といっても,今回のお仕事はネーム段階まで進んでいる作品の中で「用語のミス」や「経済学的に完全に誤り」といった部分を指摘するというもの.

 まぁ「東大生がつくった」ですから,監修も元東大生にやらせようかという話何ではないでしょうか.「東大まんがくらぶ」は私の在学時にはすでに名門サークルでしたが,今も元気ですね! 原作者の「あとがき」に私が所属していたサークルの話もチラッと出てきます(笑)


 内容は,ファンタジー世界で「発展途上国(というか後進国)の姫君が経済を発展させていく」というストーリーの中で,基礎的な経済理論を解説するというもの.需要と供給,独占の弊害重商主義の誤りと比較優位といった内容が中心です.舞台が舞台なので,基本的にはサプライサイド経済学前回な内容です.姫君と経済顧問の腕で発展した王国……次に必要なのは総需要管理政策!ということになるかもね♪



P.S. 奇遇にも(?),またもマンガの監修のお仕事をいただきました.こちらは連載ベースで,(一部に)有名な作家・漫画家の方とご一緒させていただきます.詳細は今しばしお待ちを!


偉そうに「解説」なんかをしてみちゃってます

 次にご依頼いただいたのは……我らが海老原嗣生アニキの新著,その解説という大役です.海老原さんといえばなんと言っても雇用,キャリアデザインですよね.でも,実は入門書ライターとしても超一流の腕をお持ちです.『無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論』(プレジデント社)は名著なので是非ご一読を!

 海老原さんの入門書シリーズ第二段は経済! 経済学者の書いた経済入門って……経済学の基本構造の説明を優先するがあまり時事ネタがおろそかになっていたり,ジャーナリストが書く経済入門って……時事ネタの解説を重視しすぎてなんとか用語の基礎知識と変わらなくなっていたり.どうもビジネスパーソンにとっての「経済入門」本は帯に短したすきに長しになる傾向があります.一方で,本書は(前著同様)「役に立たせる」という姿勢が前面に出ており,細かい理屈や細かい用語ではないお役立ち感を重視する方にお勧めできます.


 そんな本で飯田が何をしているかといいますと,本編で取りこぼした細部の議論についてちょっとした解説の章を担当させていただいております.海老原さんの経済論とは一致するところ,そうでないところ双方あるのですが,そのような意見の相違まで含めて楽しんでいただければと存じます.


2014-08-03

[]8月16日饒舌大陸2周年記念イベント来場特典 8月16日饒舌大陸2周年記念イベント来場特典を含むブックマーク

「饒舌大陸」2周年記念ライブ開催!!

〜これからのセルフブランディングと頑張らない生き方を学ぶ3時間〜


 しつこいくらい告知しますが,8月16日に新宿ネイキッドLOFTにて,常見陽平さんとの饒舌大陸二周年イベントが開催されます.

  • 飯田どもにちょっとかまってやるかという方

のみならず,

  • LilCouleurのファンだ

という方も楽しめる内容です(後半はリルクルずっと出演です).あと,隠れキャラ的に別のアイドルさんも来るかも...

 せっかくなので,来場の皆様に何かお土産を...と思うのですが,当方アイドルではないのでグッズとか握手券とか無いんです.そこで,以下のいずれかの特典をつけることにしました.

  • 飯田の本(常見ファンのみなさま,これを機に飯田の本も読んでみてください)
  • 常見さんからおすすめ本プレゼント
  • 表ルートでは手に入らないDVD(噂によると常見さんも出ているとか。。。)

早い者勝ちで,お好きなモノをどうぞ.プレゼントがしょぼいとかいわんといてmm

【開催概要】

日時:2014年8月16日(土)

18:00開場 / 18:30開演 / 21:30終了予定

<出演>飯田泰之常見陽平

<第2部ゲスト>巨椋修、LilCouleur

※ゲストに一部変更がありました

チケット:前売 2500円 / 当日 3000円(飲食別)

会場:ネイキッドロフトJR新宿駅東口10分)

所在地:東京都新宿区百人町1-5-1百人町ビル1階

問合せ:03-3205-1556


◆チケット詳細はこちら◆


※第1部の模様はニコ生「ゲキビズ田原チャンネル」で中継します。=>http://live.nicovideo.jp/watch/lv186497892

腕白腕白 2014/09/11 19:12
需要の平均価格と供給の販売価格の均衡
2014年9月11日
腕白

需要の平均価格と供給の販売価格の均衡を考えます。
まず、需要の平均価格は、{(消費カロリー/[消費カロリー/貨幣量])+(外部消費エネルギー/[外部消費エネルギー/貨幣量])}×(1+消費税率)とします。
次に、供給の販売価格は、(固定費用+変動費用+社会保障費用)×(1+消費税率)とします。
これらの需要の平均価格と供給の販売価格の均衡式は、需要の平均価格=供給の販売価格とします。
需要の平均価格が供給の販売価格よりも高ければ、消費税率の増加を通じて供給の販売価格を上昇させて均衡させます。
また、需要の平均価格が供給の販売価格よりも低ければ、経済的ショックを通じて供給の販売価格を下落させて均衡させます。

貨幣量が増えたら需要の平均価格が上昇します。
貨幣量が減ったら需要の平均価格が下落します。
需要の平均価格が供給の販売価格よりも高ければ、貨幣量の減少を通じて需要の平均価格を下落させて均衡させます。
また、需要の平均価格が供給の販売価格よりも低ければ、貨幣量の増加を通じて需要の平均価格を増加させて均衡させます。
上記により、ミクロ経済を基にしたマクロ経済の経済政策を説明できます。
需要の平均価格が供給の販売価格よりも高ければ、貨幣吸収オペレーションと消費税率の増税の経済政策があります。
また、需要の平均価格が供給の販売価格よりも低ければ、貨幣増加オペレーションと経済的ショック、政府支出の増加の経済政策があります。

需要の平均価格={(消費カロリー/[消費カロリー/貨幣量])+(外部消費エネルギー/[外部消費エネルギー/貨幣量])}×(1+消費税率)
供給の販売価格=(固定費用+変動費用+社会保障費用)×(1+消費税率)
需要の平均価格>供給の販売価格⇒Δ消費税率⇒需要の平均価格=供給の販売価格
需要の平均価格<供給の販売価格⇒経済的ショック⇒需要の平均価格=供給の販売価格
需要の平均価格>供給の販売価格⇒貨幣量の減少⇒需要の平均価格=供給の販売価格
需要の平均価格<供給の販売価格⇒貨幣量の増加⇒需要の平均価格=供給の販売価格
需要の平均価格>供給の販売価格⇒貨幣吸収オペレーション+消費税率の増税
需要の平均価格<供給の販売価格⇒貨幣増加オペレーション+経済的ショック+政府支出の増加

通りがけ通りがけ 2014/09/12 20:52 上杉鷹山

☆いやいやオバマの来日目的http://nueq.exblog.jp/22499883/
comment

前の人に釣られて来てみたら「ケネディ大統領暗殺」の文字がありました。JFKはフリーメーソン悪魔国家アメリカの歴代悪魔大統領史上ただ一人の「善」の大統領です。
JFKはいかにして「善」の統治者となったか。彼は上杉鷹山を崇拝しその生涯を自分の手本としたことで悪魔の国のただひとりの「善」なる大統領となったのです。ほかのブログでちょうど上杉鷹山に触れてコメントを書いたところです。
>戦前の明治天皇教育勅語修身教科書の真髄である上杉鷹山の話(田布施エタ非人フリーメーソン伊藤博文直系似而非右翼が絶対に触れられない真の靖国武士道攘夷大和魂)・・・http://rapt.sub.jp/?p=15369
Commented at 2014-09-12 07:32 x

>オバマ大統領は今のところ見事に役目をはたしている。
>・・・では、見事に果たしている役目はどこからの指示によるものなのか?
>そしてその目的は?
>それが今回のオバマ来日 〜 天皇会見の一番重要なポイントであるように思われます。

これはすべてイスラエル悪魔王の指示による真善美忘己利他菩薩常民大和魂大和民族騙しの「詐欺師同士のプロレス」そのものですね。
オバマも安倍も日本宮内庁霞ヶ関もみな詐欺師です。
詐欺師は言う「人間には騙す者と騙される者の二種類しかない」と。これこそが西欧資本主義「契約の悪魔」の詐欺トークでありこの世の究極の虚偽です。この世の真理とは「人間には他者を騙す者と騙さない者の二種類しかない」であり、騙される者と騙す者はどちらも同じ「騙す者」詐欺師に属し彼らはいずれも自らを騙し他人を騙して常に「騙す者」となるのです。騙される者は自分と他人を同時に騙すことによって表面的に騙されたと見えるだけであり、その魂はまさに「騙す者」詐欺師の魂です。
Commented at 2014-09-12 07:51 x

旧約聖書のアダムとイブを「騙し」てりんごを食べさせた蛇こそが騙す者すなわち詐欺師であり、「詐欺師は常にこどもを殺す」血の生贄を要求する悪魔吸血鬼であり、現在イスラエルに巣食って世界中のこどもを殺すユダヤフリーメーソンこそがエデンの蛇「契約の悪魔」ルシファーサタンメフィストベルゼブブヤーウェそのものです。

> 「 天皇の金塊 ≒ M資金 」
>日本の国家元首は今でも天皇です。 しかも世界約200カ国の中において、最も古い歴史を持つ日本の天皇:「 天皇の金塊 」によって世界経済の根幹を動かす日本の天皇・・・

これは正確に書くべきですね、田布施エタ非人イギリスフリーメーソン毛利八郎息子似非天皇ヒロヒト偽皇室が下賎下劣醜悪外道な汚職政治家伊藤博文以来の汚職政治で民を欺いて詐取した「昭和天皇の金塊」である、と。ヒロヒトはフリーメーソンだから今M資金を管理しているのは日本国憲法99条違反内乱罪テロ組織フリーメーソン宮内庁です。今上天皇陛下はフリーメーソンではないので日本国憲法99条にしたがっておられますね。
Commented at 2014-09-12 09:30 x

上杉鷹山はいまの宮崎県昔の秋月藩主の次男に生まれ数え10歳で上杉謙信を藩祖とする米沢藩主の養子となり紀州の碩学細井平洲を招いてその門に学び15歳で米沢藩主上杉治憲となりました。お国入りは17歳。「民の父母」たらんと春日神社に血でしたためた願文を奉じて以後70歳で死ぬまでわが身を修め米沢藩の民を薫陶徳育した世界史上無二の徳治政治実践者です。
私のお勧めは
1.三笠書房1992年10月発行「上杉鷹山に学ぶ」鈴村 進 著
2.書名 こころのふるさと 高鍋・木城・串間紀行−宮崎県 著(訳)者 田浦 チサ子 発行社(者) 田浦 和孟 印刷所名 瞬報社写真印刷株式会社 サイズ A5 ページ数 307 発行年月 2008(平成20)年02月17日

統一教会統一教会 2015/05/27 00:26 飯田泰之の経済現象のことについてのツイートは都合のいい現象についてばかりだな。

統一教会統一教会 2015/08/17 21:04 飯田、オマエは大学院にもどって勉強しなおしたほうがいい。

安倍は国賊安倍は国賊 2015/08/21 00:00 【国民一人当たりGDPランキング 推移】

1991年         4位(宮澤)
1992年         4位(宮澤)
1993年          3位(細川)
1994年          3位(村山)
1995年          3位(村山)
1996年          3位(橋本)
1997年         4位(橋本)
1998年       6位(橋本)
1999年         4位(小渕)
2000年          3位(森)
2001年        5位(小泉)
2002年       7位(小泉)
2003年      9位(小泉)
2004年     11位(小泉)
2005年    15位(小泉)
2006年   18位(小泉)
2007年  22位(安倍)
2008年 23位(麻生)
2009年    16位(鳩山)
2010年     14位(菅)
2011年     14位(菅/野田)
2012年      10位(野田)
2013年 24位(安倍)

民主様の頃はよかった・・・w