新小児科医のつぶやき

2006-12-07 春のドミノ

のじぎく県と揶揄されている当県の医療事情を憂慮しています。当県は瀬戸内海から日本海まで広がり、面積も広大なんですが、ここに日本の医療崩壊の縮図が描かれつつあると語られています。知る範囲の知識で解説してみたいと思います。

当県の医療だけではない脆弱部は北部である但馬地方にあります。ここは面積こそ広いものの、人口は少なく、山地に覆われて交通の便が悪いところです。そのうえ冬には雪が降り積もります。但馬の医療構図を単純に描くと北部は公立豊岡病院が中心となり、南部は公立八鹿病院が中心となる構図です。この二つの病院が拠点病院となり、各地に点在する他の公立病院とネットワークを組んでいるような体制です。

ところが地方僻地からの医師の逃散が真っ先に起こった但馬では、まずサテライトの病院がまともに機能しなくなります。そのため拠点病院に負担がかかるのですが、南の拠点病院である公立八鹿病院が既に機能不全に陥りつつあります。報道で端的に報じられたのは八鹿病院の産科医医療の中止と、但馬の公立病院で分娩を取り扱う病院が豊岡と日高になったことだけですが、内科、外科などのメジャー科も空洞化現象が著しいものがあります。

実質健在なのは北の拠点公立豊岡病院だけですが、ここへの負担が急上昇しているようです。但馬の人口は20万人程度ですが、一点集中となれば重圧は相当なものです。それでもなんとか公立豊岡が健在なので支えていますが、最後の拠点ともいえる公立豊岡さえも危機が迫っていると言う噂があります。もし最後の拠点病院である公立豊岡が実質機能しなくなれば、但馬の医療は崩壊を超えて焼野原になります。

播磨でもっとも危ないとされているのは北播の市民病院群と言われています。西脇、加西、社、小野、三木などになりますが、ここも但馬に負けず劣らず空洞化が著明です。この地域で分娩できる公立病院はもはや西脇のみ、小児科も西脇と小野だけになっています。メジャー科の空洞化現象も静かに進行し、最後の牙城として期待されていた西脇からも医師が次々と逃散しています。まだ見た目は立派かもしれませんが、実質は相当シロアリに食い尽くされた状態で、後何か起これば一遍に崩れ落ちる寸前といったところです。

西播は姫路はまだ健在のようです。姫路は健在のようですが、姫路を取り巻く地方にも但馬や北播ほどではないにしろ、静かに空洞化は忍び寄っているようです。とくに最西部は拠点病院として赤穂が鎮座していますが、赤穂が崩れればその影響力は西播全体に波及するのは必至です。

以上は寄せられたコメントやアングラ情報から組み立てた憶測です。医師である程度この手の情報に詳しい方が見れば、「常識」程度のお話です。憶測は書きましたが、現時点では決定的な崩壊は顕在化していません。ただ内情は相当危ないことだけはまず間違いないとしてよいかと思います。

危なくともなんとか現状維持であれば、危ないだけで崩壊は先送りできます。ところが崩壊を顕在化させる決定打が現れそうな気配です。但馬も北播もそうなんですが、かなりの医師を医局派遣に頼っています。主たる供給源は神戸です。その神戸が抱える派遣医師の数が来春激減する予測が流れています。減るのは病院戦力の中枢戦力である中堅です。

医局の力の衰微は指摘されていますが、医局の力の源泉の一つに派遣できる医師を多く抱えていると言うのがあります。医局所属の医師の減少はそのまま派遣病院の医師の数の減少に直結します。地方僻地病院は実質医局以外からの医師供給ルートがありません。公募したところで誰も寄ってきません。医局に派遣を打ち切られたら医師確保はお手上げと言う事です。

派遣医師の数が減った医局はどういう行動に出るか。派遣医師数が減らせる余裕があるところは減らします。とは言えそんなところは数少なく、どこもギリギリを越えて持ち場を支える状態です。そうなれば無い袖は触れないと更なる派遣医師の強引な削減をせざるを得ません。

強引に減らすと言う方策に集約化という選択を考えられる人もおられるかと思いますが、集約化は非常な困難を伴います。A市民病院とB市民病院があって、これを一つに集約化するというだけで地方政治の最重要課題となり、妥協した首長は政治生命を失います。そんなところに医局が案を出しても小田原評定確実で、永遠にラチが開きません。また強引に派遣医師を総引き上げして集約する事により、妙な怒りを買うのも考えれば莫迦らしい事です。

そうなれば派遣医師が減った医局が行ないそうな人事は、減った分を公平に減らす策です。タダでも不足しているところをさらに減らされれば現場は悲痛です。悲痛ですが医局にしてみれば総引き上げで各自治体に恨みを買うよりマシです。悲痛さの程度なんですが、崩壊寸前のところは文字通り決定打になります。少しだけ余力のあるところは、今度は但馬、北播状態になります。

医師の数が減りすぎて持ち場を支えきれなくなった病院からは医師は逃げます。一つ倒れるとそこの患者は倒れていない病院に圧し掛かります。圧し掛かられても限界を超えた上に戦力減が為されているわけですから、そこもまた支えきれずに押し潰されます。識者が懸念する医療ドミノが現実化します。

医療ドミノが起これば病院の淘汰整理が自然に行われ、厚生労働省が旗を振っている集約化が実現するかですが、各自治体の恨みを買うのを避けた医局にも向こう傷がかなり深くつきます。医療ドミノ現象に巻き込まれた医師の逃散です。逃散も医局に逃げてくれれば集約化にリサイクルできるのですが、医局からも逃げられれば医局戦力がさらに枯渇します。

医局戦力が枯渇すれば地方僻地に集約化のための拠点病院という箱物を作っても勤める医師がいなくなります。拠点病院として再建するからには、十分な戦力を整える必要があるのですが、そこに中途半端な戦力を送り込んだのでは、押し寄せる患者に再び押し潰されます。

事態が大きく動くのは来春です。なぜかといえば、医師の習性として春人事を節目に考えるからです。そこまでは静かに勤務を続けるでしょうが、春が来た時に行なわれる人事異動で何が起こるか注目しています。もちろん当県だけではなく、他の県でも同様の危険は数多くあります。

医療崩壊を願っているわけでは決してありませんし、むしろ崩壊を何とか食い止めたいと念じてはいるのですが、来春の動きに関しては打つ手が提案すら出来ません。杞憂である事を祈るばかりです。

ご注意 08:05

どうやら11/28コメント欄は収容能力を越えたらしく、いくつか頂いていますがコメント欄に反映されなくなっています。「はてな」の能力の限界らしいので御了承ください。

鬼瓦権三鬼瓦権三 2006/12/07 16:12 いつも楽しみにして読ませていただいております。
春に人事異動の大変革が起こる、という貴予想には全面的に賛成です。そしてそれはのじぎく県だけにとどまらず、大都市にも及ぶと思います。ご指摘のように春人事で動く医者の習性もありますが、冬場に高齢者が病状悪化して入院多数・満床などで医師が疲弊するためじゃないか、と私は思っています。

医療崩壊を願っているわけではないとのことですが、この国は中から変革・改革することが大の苦手な民族で、明治維新にしろ、太平洋戦争にしろ、外圧で「あ、そっかぁ」と気づかされるまで、問題先送りが常套手段です。

そして政府大本営と結託したマスコミが、いい加減なアジテーションで愚民を扇動すると、ただでさえ論理的に物事を考えることが大の苦手な日本人は、容易に感情論に走ります。そして救急外来や夜間外来でギャーギャー騒ぐDQN患者が急増するわけです。

何も太平洋戦争の時には東條英機ひとりが無謀な戦争に突入していったわけではありません。松岡洋右が国際連盟を脱退したときには、国民は大喜びしてこれを迎えました。日露戦争で屈辱的な講話をした大臣は石もて追われました。

今、日本の政治は二流、経済一流なんて言っていますが理工系に進学する者は急減し、ブラブラしていて金儲けできればいい、といった風潮になってます。

子供のイジメ問題をなくせ、と喧しいですが、加藤の乱が起こったときに、橋本龍太郎は「ヤツを熱い鍋でネコ踊りさせてやれやッ!」と命じたそうです。イジメは日本文化そのものと言えましょう。医者イジメも同じ根っこからきています。
だから、いっそ医療崩壊して、産褥期でも小児期でも「生きているのが不思議」「たまたま助かった、お医者様ありがとうございます」という時代になった方が、日本の将来にとってはいいんじゃないでしょうか?

ex_inakaDrex_inakaDr 2006/12/07 17:01
地方自治体がどうしても自前の「医療機関」を残したいのであれば、取れる手段はただ一つ「戦線縮小」だけでしょうね。
待遇面の改善により医師の逃散を阻止するのは、基本給を2-3倍にするぐらいでないと難しいです。

「戦線縮小」のやり方は簡単です。
これまで病床数から必要医師数を算定していたのを逆にして、医師数から病床数を算定し、申請すれば良いのです。
救急指定も医師数5人以下の病院は返上すべきです。
一度、今いる医師が全員いなくなってしまう覚悟さえあれば、小病院を診療所化する手もあります。
有床は厳しいですが、無床なら奇特な医師を捕獲できる可能性があるからです。

第二の舞鶴市民病院になりたくなかったら、この際、補助金を含めた採算、余剰人員については目をつぶるべきです。
どうせ病院沿革をみれば、40年前なんてどこもだいたい今の半分くらいの病床数です。
振り出しに戻るだけです。

奏功率は3割を切るかもしれませんが、他の手段を思いつきません。

勤務医勤務医 2006/12/07 18:28
友人の経営する内科系病院(関東の地方都市)ではこの春からの診療報酬の改定にあたり看護士が1:7の配置ができなくなり 診療報酬が減少してしばらく赤字に悩んでいたのですが、思い切り看護士の人数から逆算して病床数減らし、基準に達したので医業収入が回復し 長年悩んでいた人手不足もおさらば出来たそうです。
以前お目こぼしであった医師の名義貸しがあり、必要定数をまかなっていたのですが、社会問題化し禁止となりました。依頼病床あたりの医師必要定数が確保できなくなり、途端に保険収入が減少し公的病院の財政をたちどころに圧迫し、悲鳴をあげるようになったのです。ならば戦線縮小したほうがとりあえずの財政危機を回避できるでしょう。
病床数を減らせ 医療費を削減とは明らかに国の方針でしょう。地方自治体にとっても 病床を医師の数に合わせて減らしたほうが現実的でしょう。残念ながら地元の住民の皆さんの訴えも 医師の精神論にのみに突破口を見出している様子です。

http://blog.goo.ne.jp/kinbyou/e/e899ae60d4aaee686ee4557eb4f42222

以前コメントしましたが、来年から大学の医局では助手が助教に、助教授が准教授となり3年あるいは5年(教授は7年か10年でしたか、大学により異なるようです。)の任期がおわると再任のための業績審査があるのですが、結局論文偏重主義が堂々復活 大学らしいことしろよ、医師の人事権なぞ持つ必要なしというのが文部科学省の目論見らしいです。繰り返すようですが、後輩の指導なぞ 患者さんの面倒なぞ そっちのけ、自分のことで手一杯です。医局から逃げ出す連中も目だってきました。病棟を維持するのも精一杯です。せっかく大学病院に入れば医学博士号は取れると思ってる若い医師を研究指導している時間も余裕も指導医もないのです。来年4月に本当に医師が残ってくれるのかしらと不安に思い、もう派遣病院からの悲鳴も耳をふさいでいます。

774774 2006/12/07 18:52 元田舎医 様

 病院の収入のほとんどが医者が稼いでいて、他の職種は医者に食べさせてもらっているのが日本医療の仕組みなのに、院長・事務方からの勤務医いじめ、看護師の若手医師いじめがひどくて医師が辞めていく病院も結構ありますね。医師より事務方が威張っている病院もあります(特に、・・・止めときます)。

 医師が一人減ると5000万〜1億円ぐらい病院の収入が落ちるでしょうか。また、病院の戦力は、医師数の2乗に比例?しているようですので、医師が一人、また一人と減ることは、周囲にはあまり大した事に見えなくても、実際は放物線を描いて病院機能が低下している事となります。

 もちろん、医師以外の病院職員も、直接稼がなくても、無くてはならない存在、いっしょに仕事をする仲間であり、医師一人では何もできない存在なのは間違いありません。その点は十分理解していますし、各職種の特徴を尊敬しています。しかし、それにしては医師の扱いがひどすぎます。特に公立病院は、いろんな職種を平均すると、医師の給与が一番低かったという冗談のような病院もあるようです。

 医師数に合わせたベッド数削減なんて、のじぎく県の北中部では既に終了しています。それでも大赤字なので、国が決めた診療報酬が異常である証拠です。国民皆保険を維持したままで、瀕死の病院が息を吹き返すもっとも有力と思われる方法は、救急指定病院から外れる事です。それだけで勤務したいという医師が現れます。医師不足の根本原因は、救急を含めた過酷な時間外勤務、無限の責任、無茶な民事・刑事裁判ですから。ただし、僻地公立病院では病院の存続理由がなくなります。結局、僻地病院は潰れるべくして潰れるわけです。

 以前のエントリーにあったように、国はベッド数を半減させて、療養型ベッドを無くし、なるべく家庭で高齢者を介護してほしいという方針ですから、病院を減らすというのは国策でもあるわけです。ただし、国の政策で看護師がどんどん都会の大病院に移っていますから、在宅介護も今後は困難となるでしょう。

 国としては平均寿命が65歳ぐらいなら、少子高齢化で生じる諸問題が一挙に解決するわけですから、わざと平均寿命を下げる政策に入ったと考える向きもあります(少子化も解決します。以前はちょうど子育て時期に、親から遺産が入って子育ての経済的な面が解決されていましたから)。

 一つだけ予言:このスレは荒れるでしょうね。

勤務医勤務医 2006/12/07 19:01
774様
>医師数に合わせたベッド数削減なんて、のじぎく県の北中部では既に終了しています。
そうでしたか。そういう段階はすでに終わってましたか。呑気なコメントを申し上げ、大変失礼いたしました。病床数を減らすのは看護士の定数が足りないときに止むを得ずといった事例しか知らなかったんです。
せめて救急指定病院からはずれるしかないんでしょうね。これとても甘いのかな。
>医師不足の根本原因は、救急を含めた過酷な時間外勤務、無限の責任、無茶な民事・刑事裁判ですから。
さらに医師以外人間の医療に対する無理解でしょうね。

ex_inakaDrex_inakaDr 2006/12/07 20:02
>>774さん
ふふ、わかってますよ。
あくまで
>地方自治体がどうしても自前の「医療機関」を残したいのであれば、
「戦線縮小」を試みるしかないのでは、ということです。
主語は「中の医者」じゃないです。

とくに病院の設置者とその手下の方々。
田舎病院の収支なんて町の国保会計と合わせて考えれば、「黒字を出す=タコが自分の足を喰ってウマいウマいと言っている」なのに、なかなかわかってもらえませんよね。
もし消火活動に消防報酬制度が適用され、消防署が企業会計化されたら、黒字を出すためにムラの家々に火をつけて回るんですか、って訊きたいところです。

先日会った院長は「新しい事務長が来る度に『事務の仕事は医者をおだてることだ』と洗脳するのが自分の仕事」と言ってはばかりませんでしたね。
確かに僻地小病院にも関わらず、そこの医師定着率は異常にいいです。

しゃれ頭しゃれ頭 2006/12/07 20:03 恥ずかしいけど実は俺もちょい憂鬱な気分なんや。以前774様が鬱っぽくなった時、俺が励ましの書き込みしてたけど(鬱の医者には励ますのが最良の治療や。え、違うって? 近畿? 俺は774様に逃散を勧めたんや。管理人様まで逃散をすすめてはったからね)まさか数ヶ月で、こっちにまで崩壊の危機が迫ってくるとは思いもよらんかった。崩れるときは一瞬ちゅうのはほんまやね。病院が潰れたら開業医はもたん。開業医が潰れたら病院はもたん。お互い依存しまくっとるのに未だに相手の悪口を言いあっとる。もうのじぎく県にはそんな余裕はないんよ。春の人事が明るみに出たら、去年なんか問題にならへんほどの”署名運動”が起こるんやろけど、無駄やわな。神戸は日本一医者の社会的地位が低いところや。何を今更っちゅう感じやな。管理人様は阪神間の事をふれてはらへんけど、兵庫県の人口の半分以上(300万人ぐらいやろか)が住んどるここも実はヤバイ。

ex_inakaDrex_inakaDr 2006/12/07 20:04 そう言えば、蘭語もお出来になるのですか?>>774さん

暇人28号暇人28号 2006/12/07 20:39 当地は北海道の準僻地です。北海道内には3大学ありますが、いずれも医師を派遣できる余裕は無く、むしろどんどん撤退を表明しています。あそこの病院では循環器内科が無くなる、あそこでは消化器内科が無くなる、など4月以降の地域基幹病院の動向に関する噂が飛び交っています。医療崩壊確定でしょう。

774774 2006/12/07 20:41 元田舎医 様

 その話は「壁」でゆっくりするとして、しばらくは「祭り」を楽しみましょう。「あのしゃれ頭」様ですら憂鬱な気分になる、のぢぎく県のお話ですから。のぢぎく国体で、ハボタン人形に入るアトラクション代をケチって、県の職員が人形の中に入って、数十人が熱中症になり、医療費が無駄に消費されたのぢぎく県ですから。

abcabc 2006/12/07 21:03 医師数に合わせたベッド数削減はまだ、完了していません。完了しているのは北部の一部分だけで、来年度から再来年度にかけて、さらに北部地域のベッド数削減目標が県にはあるようです。今まで減ったのは、たった150床だけ、今後の計画で、もう150床減らす予定にしているそうです。その計画の中には、19床の有床診療所にするという、赤字だけが垂れ流しの診療所にするという計画をしている地域があります。これでは、何のための削減かさっぱりわかりません。
おそらく、県全域でベッド数削減しないといけないので、北部地域がまず実験台になっているとしか思えないのですが、周辺病院のベッド数を削減された豊岡病院で何が起こっているのかを考えれば、ベッド数を単純に削減するのがいいと思えない、そういう状態です。
豊岡病院におこったのは、
1、救急車の増大7台/日→10台
2、内科医だけが逃亡。循環器科以外の先生が0人か1人になってしまい、逃散完成しつつある。すでに5人逃亡。大学からの引き上げもあるとのコトだが、働きやすいところであれば、大学と縁を切ることは十分可能。
3、集約化しているのに、時間外には来ないでほしいというコトをアナウンスしてしまう。
これで、ほかの地域の病院が集約化したときには、ドミノ倒しがおき、医者の逃散が進むだけです。
同じ、実験するなら、ベッド数を減らし、集約化する地域と、集約化しない地域と分けたほうが、役立つ感じもします。

774774 2006/12/07 21:19 abc 様

 あれだけ努力されていて、まだ完成してなかったのですか、大変な状況ですね。県中部も、Yosyan様が「最後の牙城として期待されていた西脇」が実は今一番崩壊の危機に晒されていると、もっぱらの評判です。他の病院は少し南に下れば大都市圏に行けますので、まだ何とかなっているのですが。

しゃれ頭しゃれ頭 2006/12/07 21:51 こういう時は何を飲んだらええんやろな。デパスやろか、パキシルやろか。ま、よう分からんから、酒でも飲むか。あれが一番ええ薬や。百薬の長やで。呼び出しくろても、チャリも飲酒運転禁止や。明日になったらきれいに忘れとるやろ。誰かさんと誰かさんが無理やり思い出させてくれるかもしれへんけどな。

774774 2006/12/07 23:52
 姫路がまだ健在というのは、現状では、です。予備能は20%もありません。基幹病院として、姫路日赤・新日鉄広畑・国立姫路・聖マリア病院がありますが、前2者はもう余力がありません。おまけに新日鉄病院はどうも各医局とも引き上げたがっている節があります(色々あるようです・・・)。但馬も南部の朝来市あたりの患者は姫路まで容易に出てこれますし、のぢぎく県中部公立病院群がドミノ崩壊すると、姫路、加古川、西神の3ヶ所に押し寄せる事となりますが、3分の1が姫路に行くとして交通アクセス面から国立姫路、聖マリア病院となります。その時点で許容限度をはるかに超えてしまいます。

 加古川・高砂も、加古川市民・県立加古川はフル回転状態、高砂市民はこの前に地元新聞が循環器科の総引きあげを載せて、院長がHPで公式に抗議していたぐらいです。西神医療センターも人手不足で規模縮小(特に小児科)を余儀なくされるようで、三木・小野の患者を全て受け入れるキャパシティーは無いでしょう。おまけに赤穂病院や相生の石川島播磨(軍ヲタには有名か?)病院が倒れると、The End. です

 のじぎく県はとにかく広いです。また、それぞれ違う旧国を無理やり一つにまとめたため(神戸港整備の税金が必要だったからです)、県としての一体感は皆無です。おまけに、しゃれ頭様によると神戸・明石〜尼崎も難しいようですね。大学病院は昨日書いたとおりです。11/28に元田舎医様に冗談で書いた戦記風文章が、まさか10日で現実化するとは、あの時点では思いもしませんでした。各科の人事が早く決まったからでしょうけど、流れが速すぎます。

阪神阪神 2006/12/08 00:37 いつも熱い議論を拝読しておりましたが、地元の話になりましたので初めてコメントさせていただきます。阪神間も厳しいものがあるようです。伊丹市内の病院で当直していますが、人口19万人の伊丹市で二次救急の輪番は3つの民間病院と2つの有床診療所でまわしており、病院のうち二つは療養型主体、一つは脳外科の単科病院です。この地域には市民病院と共済系の病院がありますがいずれも救急は積極的ではなく、市民病院のほうは医師不足からかかりつけ患者の急変にも対応しがたくなっているようです。さらに、伊丹市内のみならず川西、宝塚、尼崎など周辺都市からの救急搬送も最近急増しており、阪神間でも何かが起こっている気配を感じています。

YosyanYosyan 2006/12/08 08:44 最近のキーワードの一つ「集約化」ですが、一般的なイメージとしてはある地域の3〜4個所の小中規模病院のスタッフをかき集め、センター病院のようなものを作ると思われている節があります。医師の診療能力は数に乗ずるところがありますから、10人のスタッフを3つの病院に分散配置するより、1ヶ所で10人いた方が能力は飛躍的に上がります。

ところがのぢぎく県北部の崩壊先行地域を見ていると、本丸病院の防波堤でもあった前線病院から次々と撤退を余儀なくされた結果、集約化というより残存拠点として最後の牙城として死守の様相を呈しています。

前線病院からの撤収も余力もって撤収し、本丸病院の戦力強化につながっているわけではなく、前線で磨耗しつくしたからの撤収になっており、前線病院の撤収分の負担はモロに本丸病院に圧し掛かっているようです。

それでも但馬は病院の経営母体が組合立で同じですから、曲がりなりにも集約化の形だけは整えています。これが北播になると病院の経営母体はすべてバラバラで、各病院は各個に孤立して医師減少と戦うことになります。病院の存廃はエントリーにも書いたように地方政治の重要課題となり、どこも譲ることはできません。

曲がりなりにも集約化できている但馬であの惨状ですから、集約化なんて夢のまた夢の北播の方が危機が深刻化したら、影響は多大のような気がしてなりません。真のドミノ現象の悪夢が起こるなら北播のような気がします。もっとも但馬のドミノは最後の一枚になっているともいえますが・・・。

阪神間の崩壊は病院ごと根こそぎ吹っ飛ぶような僻地型ではなく、コンビニ型の医療を当然とする患者の増大による都市型崩壊になるかもしれません。端的には救急医療への防衛医療の浸透が進み、究極のたらい回しが頻発する事態です。東京と違い神戸ではすぐマスコミ記事になるでしょうから、「悲劇をくりかえすな」の議会筋の圧力から医師が救急病院からいなくなる事を心配しています。

但馬、北播は真剣に心配しています。また漏れ聞く情報が正しいのであれば、西播の北播化も十分懸念されます。悔しいですが春人事の結果の影響が目に見えて出るまで誰も動かないのでしょうね。

exercise dependencyexercise dependency 2006/12/08 11:59 初めてコメントさせて頂きます。私は神戸市内の病院に勤務していますが、私の出身大学の整形外科ではこの1年で18人が開業するとの話を同僚から聞きました。1大学だけでこの数字ですから、全国的にはどうでしょうか。医療崩壊は驚くべきスピードで進行しています。

ハーフドロッポハーフドロッポ 2006/12/08 13:14 皆様いつも貴重な情報をありがとうございます。
巨大掲示板に「富田林病院で内科医総辞職騒動勃発」とのスレが立っています。兵庫県に直接の影響はないと思いますし、真偽のほどは定かではありません。
ただ阪神地区の各病院でも同じような状況がびまん性に広がっている事が推測されますがいかがでしょう。

koumekoume 2006/12/08 14:32 はじめまして。私は医療とは全然関係ない立場におりますが、こちらのブログを読んでとても衝撃を受けております。私のブログでも取り上げ、トラックバックさせていただきました。
非医療者としても、先生方の理屈は納得できるものが多いと思います。こういう議論が少しでも外に行き渡れば良いなと強く感じました。これからも頑張ってください

774774 2006/12/08 15:11
 マスコミや、巨大掲示板で一般の人(荒らしかもしれないですが)は、医学部の定員をもっと増やして医師数を大幅に増やせば解決なんて事を言っていますが、教える人がいないんですから、教育のしようがありません。もう一度昨日書いたの大学の実情について貼っておきます。


「 ○大附属病院は改築されて最新設備も大幅に増強されましたが、肝心の医師が不足といいますか、その状態を超えています(医師以外は、有り余るほどいて高給なのはご存知の通りです・・・)。以前は研修医はどの科も帰宅は深夜(翌日)でしたが、今は定時ですし、以前は毎年100人前後入ってきたのが、今はマッチングの結果が示すとおり、半分以下です。研修医の雑用で維持してきたような病院ですから、 大打撃です。

 また、勤務医様もご指摘の通り、助手以上は論文至上主義ですし、中堅は数少ないです。どの科も何とか関連病院から引き上げていますが、最近はそれを機会に辞めてしまう中堅も多いようです。どの科の編成表を見ても、「その人数で回るの?」という状況です。奈良事件で奈良医大が受けられない事が問題となりましたが、こちらも状況は深刻です。たとえ物理的に空床があっても、人手がありません。(ただし、地震の時は、廊下ででも治療していましたよ。救急部長が神がかっていました)

 全く面識もなく専門すら存じ上げない、県内といえどもかなり離れた場所で勤務していると思われる、しゃれ頭様と、「のじぎく県の医療は終わった」と共通認識を持ってしまうぐらい、肌で感じる感覚は同じなのでしょう。子ども病院や神戸市立病院の情報も心配の種です。崩壊するかどうかは、残された勤務医のやる気を保てるかどうかだけとなりました。やる気がなくなると、ガラガラと・・・」

というのが、大学病院の現実です。100万人以上の人口を抱える大都市(県全体では500万人以上)の医学部ですらこの状況です。

 更に貼っておきます。奈良事件で受け入れられなかった病院の事情も知らず(知ろうとせず、憶測で)、医師極悪人説が大宣伝されましたから。今週末もあるそうですね、医師バッシング番組が。

「神大附属病院に時間外に紹介したり、患者が自分で時間外診療を求める正規ルートは、まず救急部を通す事になっていますので、その関係かもしれません。もちろん救急部が空床を画面で確認したり、各科の看護師・当直医に問い合わせたりしますので、小児科の空床が無かった可能性が高いと思います。臓器別の病床となっていますので、物理的に他臓器の空床があっても、対応が無理と判断された可能性は十分あります。空床とは、単に空いているだけではなく、対応するスタッフや設備が整っていることが必要と言うのは、ここで散々議論されした。また、ベッドは婦長・夜勤看護婦が管理していますから、看護師が受け入れは無理と言ったら無理です。今は看護師も所属の専門に特化していますから、無理という主張は十分理解できます(特に小児ですし)。そのあたり、市中病院の方が融通が効きますね(もちろん、大学のような難病・重症が少ないからこそ、他科病棟でも対応可能なのですが)。

 もう一つのルートは、関連病院やOB開業医が、自科の病棟医長に電話して直入ですが、最近はそれでも空きが無いことがあります。おそらくですが、ここ1−2年でかなりの病院から引き上げて非常勤科したため、今まで常勤がいれば地元病院で入院していた患者を、バイト医が大学に送って入院させているのが影響しているのではと思います。来年度は更なるメジャー科の大量引き上げが予想され、その傾向に拍車がかかるかもしれません。」

774774 2006/12/08 15:24
 そういえば、以前、しゃれ頭様が、北播の患者が今年になって神戸・阪神地方に来る数が増えてきているという内容を書き込まれていたと思います。診療科の閉鎖、非常勤化が相次いでいるためでしょうが、本格的に北播が崩壊したら、西播・東播だけではなく、阪神地方も直撃するかもしれません。人口がそんなに多くはないですので昨年までの状態のままの神戸や阪神地方なら吸収は可能かとは思いますが。

abcabc 2006/12/08 15:43 集約化したときに、一番困るのは、内科医です。
外科医は手術する難易度をそんなに変えなくてもいいことから、集約化が楽なのですが、内科はそうは行きません。
小規模病院ですと、自分の能力を超える患者さんはよそに言っていただけますが、集約化するとそうは行きません。そうすると、小規模病院の医者を寄り集めたときには、昨今の患者権利意識の高さ(いわゆる専門性)にはついていけなくなります。特に、時間外(休日夜間)の場合、自分が専門でなくてもいったんは受けなくてはいけなく、そうすると、内科の専門領域の医者を頻繁に呼びつけないと診療できないため、当然疲労が増し逃散につながります。
病床数が500くらいまでの病院だと、内科各専門領域の医者が3−5人までのところが多く、とてもではないですが、回りきれません。
県の構想では、総合診療医をたくさんおいて、専門医を1−2名ずつ各分野におこうというのがありますが、コンサルトされる側は24時間体制でないといけなく、当然ばててしまいます。
理想的な集約化は、800−1000床位にして、各専門分野の医師を(循環器・消化器など)5名以上をおいて、そのしたに、総合内科医を置く形でないと難しく思います。
そうなると、但馬内には病院がなくなり、北播と一緒に一つの病院に集約される、そういう感じになりますね。

physicianphysician 2006/12/08 16:21 800-1000って大学病院クラスじゃ...

勤務医勤務医 2006/12/08 17:14

Yoshyan様がおっしゃった医局の人員のやりくりについてです。
数年前までは 医局を辞める人間が出たとしても 将来的に医局員が増えたときに簡単に新たな派遣病院を見つけられないかもしれない、ただし派遣先の病院の感情を害するのは得策ではないというので、一人、二人ずつ薄くそぎ落とすように減らしていました。 一人部長や2人でも頑張るようにというお達しがありましたが、研修医制度のおかげで2年間新入医局員が来ないので、人員を再配分できず そういった派遣先から過酷な勤務に耐え切れずに悲鳴が上がるようになりました。意図的に残しておいたのは 症例の豊富な病床規模の大きな都心に近い利便性の高いところですが、いくつかは危ない状態、内乱勃発寸前です。
何回かコメントで述べましたが、来年4月以降の人事で悲鳴を上げている連中を大学に呼び戻し、それなりの休養を取らせてやりたいのですが、大学で有給のポストを当てようとすると、助教にせよ講師にせよ採用にあたりtop authorの英文論文が最低限いくつという学則ができた以上、有給の職がとれないのです。まさか30歳半ばをこえて無給医もないでしょう。医局に入局したからといって外科医の本道とばかりに 手術に精進するまじめな医師も多いのです。遺伝子実験なぞやる外科医なぞ銃殺ものと酒席で噛み付いてくることの多いこと。博士号なぞよりもまずは専門医取得を目指す医師の多い医局も多いのです。そもそも大学院生に博士号といったって 教授としては毎年4つも5つも出せないので黙認していたという裏事情もあります。それでも博士号を持たなくても英文論文を書いている医師も中にはいますが、いまさら論文博士は文部科学省が認めず、一方で英文論文がない30歳過ぎて嫁も子供もいる男に 大学院に入ってよ、毎年授業料払ってよと 教授、医局長が猫なで声で説得したところで耳を貸しません。さらに困ったことには博士号を取得し、40台で部長として出向し鬼軍曹と呼ばれた医師を大学に帰そうとすると論文数の関係で助教にしかなれず かつてのネーベンが講師でいるといった事例はいろんな医局から聞こえてきます。結局返しようがないのです。結果として関連病院からも辞めてしまいます。
せめて大学病院に医師を集約させようとする医局が多いように推察しますが、以上の理由で前線の病院では、もどそうにも無給、残らざるをえない奴は叛乱寸前、医局に転進せよというと思ったほど医師が集まらず、集約化で着ていないというのが大方の医局じゃないでしょうか。師走を迎え、そろそろ年賀状を書かなくちゃと思いつつ、秘書さんに医局員の住所一覧表をもらいました。名簿を見るとここ数年、住所不明、勤務先未届けという医局員がどんどん増えています。後期臨床医の集まり方を見て 来年春の人員配置を決めざるをえないのですが、派遣先の医師が大学にさえ戻って来ようがないと知ったら、 いかなる行動を起こすか暗澹たる思いがします。

TOMTOM 2006/12/08 20:24 なんだか激しく自分の医局のことを言われているような気が...
遺伝子実験のくだりなんか私も医局員時代にさんざんry)
実は勤務医様と私は同じ医局だったというオチか、もしくはこういう医局が複数ある、って事なんでしょうね。背筋が寒いです。

のじぎく人のじぎく人 2006/12/08 23:21 いつも拝見しております。
姫路循環器病センターと県立加古川も、ある診療科の崩壊で黄色信号がともっているようです。

たじまんたじまん 2006/12/08 23:32 初めて書き込みいたします。
ご存知かもしれませんが、但馬は東京都とほぼ同じ面積だそうです。
これを9つの公立病院(医師数160名程度)がなんとかカバーしております。
公立病院は2つの組合からなっており、それぞれが否応なく集約状態になっています。
田舎ゆえ、複数の医局による混成部隊の所が多いですが、特に内科では
西北の県からの引き揚げが大きな影響を及ぼしています。

勤務医勤務医 2006/12/09 00:01
蟹がおいしい城之崎と パンがおいしい神戸市(それだけじゃないけど)、 同じ県を9つの公立病院でカバーとは知りませんでした。たしかに但馬が東京都位ありますね。だけど奥多摩はほとんど人口少ないし。最近神戸市内にもイノシシもご活躍だそうで。(あ 去年ですか?)
TOM様 同じ医局じゃないですよ、多分。 うちにあなたみたいな頭のいい人いませんから。

774774 2006/12/09 01:01
 今年にちゃんねるで、真偽は不明ですが、のぢぎく県であった香ばしい記事を記憶している限り書いてみます。
> 341 名前:卵の名無しさん :2006/08/10(木) 09:14:48 ID:SBJT/p9U0
>最近話題の兵庫県中部の公立病院院長(脳外科)が「最近の若い医者には過労死するくらいの覚悟でやるやつはおらんのか!」と気違い発言。偶然かもしれんが、同じ兵庫県中部の別の公立病院でも総務部長が、「医者は適当に過労で死んでくれる方が好都合」とまたまた気違い発言。この地域から医者は総引き上げするべきだな。
>
>滅亡させるべき公立病院一覧
>西脇市民病院、加西市民病院、小野市民病院、三木市民病院、兵庫県立柏原病院、公立社病院
>
> 433 名前:卵の名無しさん :2006/08/10(木) 19:09:17 ID:oXfsJLWo0
>> 341
>俺、そいつらの件知っているぞ。前者は西脇病院、後者は柏原病院だろ。
>
>そこの県立病院の副院長が医局会で病院の医師が訴訟に巻き込まれても、県立病院は責任持てないっていう発言したことがあったらしくて、うちから派遣されていた中堅が激怒して複数退職したことがあってね。それ以来、思いっきり医局での評価が下がってるんだ。本当に保身しか考えない上層部だらけの地域だと思うよ。
>
>くすのき県のにしわ期市民病院からまたまた自爆燃料投下です。大ぼらフキ院長が西脇市消防に「当直医の診療科目にかかわらず、とりあえずは救急車はすべて受け入れる!」と市の救急医療会議で公言されました。メジャー・マイナーの先生方すべてが漏れなく「お産」に立ち会えるチャンスですよーw
>でおなじみの、準聖地である西腋市民病院ですが、内科が合わせて4人に減少、眼科
は撤退、泌尿器科の撤退予定が明るみに出て、なんと院長自ら当直する羽目になっているそうです。どんな救急でも受けてくれるそうですので、困ったら西腋へ救急車で行こう!どんな病気でも院長が瞬時に完璧に診断し、完璧な方法で治してくれること請け合いです。
>
>標語県中部の病院の概況/香ばしいですよ・一気に崩壊しますね。
> 県立か茨病院 循環器この3年で6名が開業逃散で来月から心カテ中止。か茨日赤 医師不足で閉鎖。 笹山病院 兵庫医大の援軍無く玉砕間近。にしわ期病院、意思手当全廃で眼科崩壊、精神科も玉砕間近 神大2内の援軍無く来年より消化器内科5名へ。循環器撤退予定。DQN開業医から日曜日の日直援軍も 火に油を注ぐ可能性大。火災病院 現在炎上中 産婦人科 泌尿器閉鎖 小児科も玉砕間近。尾の市民病院 小児科単科病院として存続決定予定(近隣の小児科産科はすべて閉鎖)。幹市民病院 不採算科はすべてバイト医でまわす(産科・小児科・精神科・眼科)。ここが最後の砦か・・・

 そういえば、兵庫県立病院の医師手当て全廃の話も出ましたね。さすがに別名目で予算はついたようですが。

たじまんたじまん 2006/12/09 08:58 勤務医様。9つの公立病院でカバーしているのは但馬地域だけです。
誤解を招くような書き方で申し訳ありません。
また、城之崎→城崎です(よく間違われます)。

神戸新聞webの但馬版に、この数日だけでこんな見出しが並んでいました。
 梁瀬病院存続を 5080人の署名添え要望書
 深刻な医師不足処遇で対応 豊岡病院組合
 「里帰り出産控えて」医師不足で異例の呼びかけ

しゃれ頭しゃれ頭 2006/12/09 10:02 のじぎく人さまっ  県加古は黄信号ちゅうより赤に近い黄色とちゃいますか。ゆうか、のじぎく県立病院は全部そうみたいやで。最近まともな話は聞いたことがあらへんわ。どっこも組合がえらい強すぎてあかんのやろね。成人病センターでさえストで全麻手術が中断したらしいわ。あっこ、癌拠点病院かなんかに通らんかったらしいけど、原因は役人の判断ミスやそうやね。どっかに書かれとったけど県立淡路やったかな、島の外に出るのに役人の許可がいるちゅうのは。いや高砂やったかな。いろいろありすぎて分からんへんのや。柏原の話はほんまやで。医者全員凍りついとったゆうて、その場におった同僚がゆうとったわ。そのせいか知らんけど(もろ、そのせいやけど)逃散されまくって今はボロボロやろ。

abcさまっ  北播と但馬の病院の統合だけは絶対あらへんよ。北播の病院統合だけでも100年ものの大事業やから。そやけど何年間かしたら、全部の市が夕張みたいになってしもて、全部合併して「北はりま市」が誕生して、統合がうまい事いくかも知れへんけどね。こっちの方がよほどありそうな話や。

774774 2006/12/09 15:39
 神鋼病院もついに産科を止めたか。http://www.shinkohp.or.jp/contents/news/
次はどこだろう。しゃれ頭様は2病院、可能性を書き込まれておられたが。

しゃれ頭しゃれ頭 2006/12/10 14:59 744さまっ 前、俺が書いたニチャンネルで見つけた某病院の産科撤退のうわさは間違いやったわ。あれ別の科なんやけど、まだ書かれへん。

しゃれ頭しゃれ頭 2006/12/10 20:21 774さまっ  もう一つ、バイト問題で騒がれとった”女性と子供のための病院”は医者が減って疲弊はしとるけど、まだ大丈夫ゆうとったよ。のじぎく県は福島の後の産科医局の対応は早かったわな。あの早さと決断力は評価するわ。県北中部からごっそり産科のセンセをこっちに動かしたわけやけど。しゃーないやん、医者の人数は限られとるんやから、どっかを手厚くしたらどっかが手薄になる。近畿はまだ他の地域に比べたら、医者密度が高いから、ましやといわれてるんやで。ところで、さっき書かれとった、あんさんの反論の中身もさっぱり分からへん。ちょっと怒っとるやろ?

744744 2006/12/10 23:34 しゃれ頭 様

 いえ、全然怒ってないですよ。ただ、しゃれ頭様や勤務医様はじめ、にちゃんねるでも以前からなんども逃散を勧められましたので、ちょっと開業コンサルタントに連絡をとっみただけです。Yosyan様が何度もおっしゃられているように、逃散までの期限は迫っていますしね。絶対開業すると決めたわけではないですが、どうも私は崩壊途上国への「片道切符」だったようで、緊張の糸が切れてかけです。収入は食べていけたらいい程度にしか考えていませんので、マターリできるところを探してみます。高度な技術(特に手術)は封印しておきます。元田舎医様の厳しい監査が入ったらどうしようかな。心配な点は、私がやめると指導医不在で下の先生も辞めざるをえず、地域医療の一角が崩壊する事ですが、逆に私1人を残して部下数人がほとんど引き上げられるかもしれないので、疑心暗鬼ですね。まあ、辞めたあとの事は考えないようにします。医局からは、おだてられてこちらに来たのですが、気分よく医療に集中できる日はいつ訪れるのでしょうか。

ex_inakaDrex_inakaDr 2006/12/10 23:48 (どこに書き込もうか迷った末にこちらにしますた)
医科(とくに開業医)の数年先を突っ走っている歯科の業界模様です。
============
546 名前: 卵の名無しさん Mail: 投稿日: 2006/12/10(日) 13:44:58 ID: 3ExlS2qJ0
医科も大変なんですね。

薄々気づいていましたが・・・
それより我が歯科界は・・・ 首の皮一枚・・・

H20年から歯科界は歯周病と被せる治療(補綴)が並行して治療出来なくなるみたいで、
今蜂の巣突いたような状態です。(神奈川では既に始まっています。) 
もし歯にお困りの方は来年までに歯科に受診した方が良いと思われます。

今でも大半の粒歯医者は月20万点を下回っているんですけど・・・
歯科医の下20%は路頭に迷いそうです・・・

549 名前: 卵の名無しさん Mail: sage 投稿日: 2006/12/10(日) 14:31:24 ID: EPdiltFE0
>>546
受診回数が増えて、医療費が上がるのでは?

553 名前: 卵の名無しさん Mail: 投稿日: 2006/12/10(日) 17:41:59 ID: 3ExlS2qJ0
>>549
ゴミみたいな再診料です。38点で
・問診・診断  
 EPT(電気的歯髄診断 )含む
・簡単な処置とその使用薬剤
 軟化象牙質除去
 歯肉縁上のスケーリング
 前回から3ヶ月経過していない歯の清掃
・感染対策費
 ディスポの紙コップ
 エプロン
 滅菌、消毒にかかわるスタッフの人件費
 滅菌、消毒にかかわる機器、薬剤費用
・治療台 その他設備・備品償却費
・カルテ、レセプト、区分領収書発行にかかわる費用

はっきり言って無理です。感染対策出来ません。自分の体を守るだけで・・・
すみません、泣きたいです。

560 名前: 546 Mail: 投稿日: 2006/12/10(日) 23:26:11 ID: 3ExlS2qJ0
お先に歯科は自費治療時代に突入します。

私は腕に自身はありますので、本気で来年あたり、自費歯科医院を作ろうか考えています。
こういうのは先に市場を開拓したもん勝ちなんで。

医科の先生方も頑張って下さい。
人の体治すより、道路直すことしか考えてないお役人からは通常の2倍治療費頂く予定です(自由診療なんで)
おじゃましました。
============
遂に医療崩壊が始まった!パート2
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1161436510/

まさに国、保険者、経済界の三方一両得!
(医療者と患者の損得は知らん)

しゃれ頭しゃれ頭 2006/12/11 13:35 744さまっ いや774さまっ  あんさんまで自分のネーム間違うとるやん。それよりも気分が沈んどるんか、ギャグなんか。ひょっとして俺へのあてつけか(((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル)。そうやないってゆうてございましたな、それ信じますよ。そやけど、病院を締め上げたあとは開業医潰しがまっとるそうやから、開業してもしんどいだけかもしれんで、よー考えや。おまけに、こんな状態でほんまに辞めたら、北播発のじぎく県全部へのドミノ崩壊が起こりそうやな。まあそれはあんさんは気にせんでええわ。そやけど、医局に言うには遅すぎへんか? そういや、今時言わんって書いとったな。それとも再来年か? まだ決めてへんようやからよう考えて、ぜひロースクールへ行ってくださいな。俺からのお願いや。

774774 2006/12/11 16:51 しゃれ頭 様

 あ、ハンドルネームを間違えていました。気が付きませんでした。全然あてつけなんかではありませんよ。ヲタ、ヲタ言われるのにムッとしているだけですから(冗談です。実際ヲタといわれても仕方ないです)。開業するか今の病院に残るか、非救急病院に行くか、あるいは医療とは無縁の道(家業)に進むか、悩んでいるところです。

 医師はこの劣悪な労働環境では、異常なやる気と根性、強烈な体力(体格ではなく、持久力、毎日2時間睡眠ですむ体質)、そして家族の理解、Mな性格、が全てそろわないと持たないですから。一般人には特権階級のくせにとか言われていますけど、どこかで糸が切れてしまうと続けるのは無理ですね。燃え尽きたというのが正解かもしれません。仮に医師を続けるにしても、少し休息が必要のようですね。

 ロースクールはちょっと遠慮しておきます。数学のような無味乾燥な感じがして、私にはちょっと合いません。仮に弁護士になれたとしても私は人権派弁護士ですよ(笑)。って、その頃には医者が社会的弱者となっているかも知れませんが(木亥火暴)。笑ってますけどそうなる可能性はあります。僻地強制派遣が施行され、JBM療法が徹底されたら、以前書いた北朝鮮の医療と同じになってしまうのですから。

しゃれ頭しゃれ頭 2006/12/12 08:17 昨日の晩に聞いたで。どこの病院かは教えてくれへんかったけど、中部のどっかの病院が、救急車や急患や直来を絶対に断ったらあかんのやったら当直できんゆうてマイナーが一斉蜂起したら、当直をメジャーのみで回すように変えたら、今度はメジャーが切れて一斉逃散の計画しとる病院があるゆうて。マイナーのセンセも自分の診れる範囲だけでいいなら当直するとほとんど全員が言うたのに、”そんな医者はいらん”ゆうて却下されたんやて。それも最初からマイナーのセンセも何人か当直に加わってくれるやろと甘い計算やったけど、誰も受けへんかったんやて(そりゃそうやわな)すごい地域やね。残念やなー、俺もそこに行きたかったわー。JBMどころと違いますな。このまえ”都市部とそんなに変わりません”、”些細な事です”て書いとったけど、どこがや

勤務医勤務医 2006/12/12 11:21
必ず一回は誤字があります。ご無礼いたしております。
のじぎく県では医師の移動 引き上げは医局の指示で整然と行われてますか?東京都内だと出身医局の指示を待たず 内科医がドミノ倒しのように辞めているようです。もちろん大学病院には戻りません。少人数なので遣り繰りしているようですが いわば蒸発です。川崎市では先月内科医全員が辞表をたたきつけた病院もあります。来年4月から内科医0です。医師の逃散は 産科小児科だけじゃなくなっています。
もちろん某巨大スレッドにはまだ載っていません。水面下でいろんな大学に派遣を打診し、断られているようです。一つの病院に一度に内科医を10人近く出せませんや。来年春になってドカンとくるんでしょうね。
こういった病院は一つだけじゃないんです。繰り返しですが 来春がこわい。

YosyanYosyan 2006/12/12 15:01

>勤務医様

首都圏でも地鳴りがしているようですね。私は開業医なので医局の人事情報には疎いのですが、春の惨状をアリアリと頭に描いているのは医局長クラスの情報を握っている連中のような気がします。

医局派遣は病院丸ごともありますが、各大学がモザイクのように入り込んでいるところも少なくないですから、春に異動してみると、歯抜けのような状態になっている赴任病院に愕然とする可能性もありそうな気がします。異動が無かった医者もまた機能不全となった病院に呆然と立ち尽くしているかもしれません。

医局人事は基本的に同じ大学間でも情報のやり取りは十分でない事が多いですから、医局員が蒸発しないような人事を、最後の最後まで練り直す可能性があると考えています。引き潮に取り残されて最後に撤収する医師が罵詈雑言を浴びる可能性がありますからね〜。

774774 2006/12/12 16:43 しゃれ頭 様

神戸も終わってしまいそうですね。今は「躁」のようですが、お気をつけを。

672 名前:卵の名無しさん 本日の投稿:2006/12/12(火) 15:55:46 ID:nW3lePk20
神戸崩壊ktkr

>561 名前: sage Mail: 投稿日: 2006/12/12(火) 15:42:25 ID: LDyEQDLi0
>神戸市立西市民病院ホームページより
>●平日の昼間(9:00〜17:00)救急診療は平成18年12月1日からゝ澣渕屬波惰、他の医療機関から当院の医師に直接救急診療を依頼された患者様に制限させて頂いております。
>●当院は神戸市の2次救急病院として、緊急治療を必要とする病気や外傷(ケガ)に対しまして通年、
>全日・24時間できる限りの診療に努めてまいりました。
>しかしながら、平成19年1月4日から、夜間の救急診療の受付は、深夜12時で終了いたします。毎日深夜12時から翌朝9時までの救急診療につきましては、救急輪番病院、中央市民病院などを受診してください。
>これは、医師の欠員に伴い救急患者の受け入れ体制を変更するものです。
>皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解・ご協力いただきますようお願いいたします。

神戸市立中央市民病院
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1135762765/

673 名前:卵の名無しさん 本日の投稿:2006/12/12(火) 16:01:10 ID:nW3lePk20
西市民病院の客層がよくわかりますw
ttp://www.city.kobe.jp/cityoffice/18/menu07/nishishimin/kyukyu.html

>診察の順番や待ち時間についてのお願い
>救急診療の性格から重症の患者様の診察・治療を優先しております。緊急手術
>や緊急処置などにより救急外来での診療が遅れたり、緊急の対応ができない
>場合がありますが、ご了解お願いいたします。また、診療科の違いや検査の状況
>などにより診察の順番が受診の順番と異なることがありますので、ご了解お願い
>致します。

>お薬の処方日数についてのお願い
>救急外来でのお薬の処方は、原則的に平日の通常診療が始まるまでの日数分
>(通常は1日分、休前日は2〜3日分)とさせていただきます。
>救急外来は夜間診療所ではありません。また、救急外来では詳しい検査などが
>できませんので、診断が確定されないことも多いことをご承知ください。翌日ないし
>はできる限り早い段階で専門診療科への受診をお願い致します。そのような意味
>において救急外来での処方日数に制限を設けておりますので、あらかじめご了解
>くださいますようお願い致します。

>臨床研修医の診療への参加についてのお願い
>当院は医師の研修指定病院として研修医の卒後臨床教育を行う役割も持っており
>ますので、救急診療に限らず、全ての診療活動において研修医の参加を促し、
>指導医による教育のもとに診療に携わっております。救急外来におきましても研修
>医による問診や診察、処置が行われますが、ご了解くださいますようお願い致し
>ます。もちろん、当院では研修医の教育に日々努力するとともに、診療や治療の
>最終判断は上級医が責任をもって行っております。
>研修医の救急診療への参加は、救急医療に積極的かつ適切に対応できる良医を
>育てるために欠かせませんし、地域の皆様の救急医療に対するニーズに対応する
>ために必要であります。皆様のご理解とご協力を宜しくお願い致します。

674 名前:卵の名無しさん 本日の投稿:2006/12/12(火) 16:09:40 ID:w9pDvgLz0
>>673
まわりくどい表現は理解してもらえないし、まず、読んでもらえませんね。
簡潔に3行以内の抑えましょう。

当院の診療方針は下記の通りです。従えない患者様は診療をご遠慮下さい。
  1.「俺を先に診ろ!ゴルァ!」にはお応えできません。
  2.「もっと薬ださんかい!」にもお応えできません。
  3.「研修医?ハァ?専門医よこせ!」にもお応えできません。

774774 2006/12/12 16:51 姫路にもう一つ基幹病院があるのを忘れていました。西播磨にもちょっとした問題が起こっているようですね。

>姫路市の県立病院っていったら、姫路循環器病センターか。あそこそんなに大変な事にはなってないよ。単に、麻酔科の減員で、人工心肺以外は外科麻酔になっているだけ。些細なことで、そんな大騒ぎするほどのことではないよ。それとも他にもっと大きな事があったっけ?

>西播磨について言えば、赤穂以外は2ch出現前に崩壊完了。姫路以西、岡山南東部まで急患は赤穂市民Hpに運ばれるしかない。その赤穂市民だって、新卒のマッチングは5/5で満たしても、この春3年目で残ったのは1/8。某メジャー科が不穏な動き、とも聞こえてくる。姫路はまだ首の皮一枚で持ってるみたいだけど、来年中に南但馬、中播からのドミノの波が襲来必至

勤務医勤務医 2006/12/12 16:58
774様

腰抜かしました。おいらが以前指導した若い医師が来年早々こちらの病院に就職します。
一言相談してくれればいいのに。大学病院を振り切って。科は申せません。おバカですなあ。神戸という町の魅力に負けましたなあ。
今時、公立病院のヘッドハンティングで相手の話を鵜呑みにするなんて。
そうとう美味しい話だったそうです。彼の奥さん ウキウキワクワク。本人も神戸市の観光案内見て まんざらじゃないそうです。
おいらの病院に来れば2年くらいの涅槃の境地で済むのに。
こちらの病院はいかがですか?
東京都内の国公立病院、たとえそれが有名な大病院ですらホームページで医師募集をかけてるところは怪しいぞと疑ってかかんなくちゃ。
今となっては なるべく彼と顔を合わせないようにしています。

774774 2006/12/12 17:25 中央・西市民の働く医師はこんな感情に陥っています。労働集約型産業である医療で、こんな事はおきて欲しくはないですが、現実です。正直、信じたくないです。しかも中央市民病院は3次救ですよ。SARSにも対応できる病院ですよ。ちなみに中央市民が京大中心、西市民は神戸と岡山が中心です。

>中央市民の整形外科が西市民にうつる(大部分はやめるらしいが)。中央市民は3次救急を取らないということか?

>確かに整形は西市民にシフトさせるらしいがついでに医者も辞めるらしい。中央市民は3次救急が売り?なので絶対骨折患者は来る筈、噂では骨盤骨折は災害医療Cへ転送、それなりの骨折もOPは出来ないので、転送させるとのこと。救急もどうなることやら・・・いっそのこと救急も西市民にシフトしたら。

>西市民病院は麻酔科なしに整形外科だけ充実していったい何をしようというのでしょうね。

>いくら何でも麻酔科の医師はいるでしょう…。いなかったら手術できませんよ(’A`)

>ところが、麻酔科医がたりなくて、外科の若手医師が麻酔にかりだされているのが現状。脳外も心外もない病院の麻酔ってのは、麻酔科医にとってはつまらないんだろうね。

>確かに整形は西市民にシフトさせるらしいが、ついでに医者も辞めるらしい。中央市民は3次救急が売り?なので絶対骨折患者は来る筈、噂では骨盤骨折は災害医療Cへ転送、それなりの骨折もOPは出来ないので転送させるとのこと。救急もどうなることやら・・・いっそのこと救急も西市民にシフトしたら

>西市民の免血って3人しか医師がいないのに、3人とも辞めるって。。。よっぽど何かあるんでしょうね。

>免疫血液がなくなるのは上の横暴のせい。血液は中央に、免疫は西神戸に一本化しようとして、それに抵抗したのが現状。

>西市民の医師は疲弊しきっている。少ない人数で、いつかよくなるだろうと根拠なく思い込んで、どんどん悪くなっていく状況を見て絶望しつつある。医局会も暗い話ばかり。

>内科の医師が西市民病院に当直に行かないといけなくなったけど、医局の雰囲気はど〜なってるの???

>中央から内科当直に行くって、猛反発にあってるの知ってる?最近、院内の雰囲気すごく悪い。そろそろ辞め時かな。

>こんなに職員は楽して、医師だけがこき使われているところもないだろう。事務局長は「うちの医者はよく働いてくれますよ」と笑ってる。

>中央市民-(移動)->西市民 医師減少
 西市民-(移動)->中央市民 医師減少
 中央市民-(移動)->西市民 医師減少
 これを何度か繰り返すと、あーら不思議、医師は0になりました。

>神戸市の皆さまにお知らせします。来年の神戸市の正月当直手当が down することになりました。従いまして正月の救急当直医の motivation も down しておりますので、正月に急病になった際にはご注意下さい。

774774 2006/12/12 17:35 こんな話もありましたね。県の人口が人口500万人もあり、うち150万人も住む神戸市でもこんな有様です。行政が医師を移して本当に移れば何も問題ないわけですが、それを機会に、医師が辞めてしまうわけですから。

>整形外科、糖尿病内科、腎臓内科が閉鎖と聞きましたが本当ですか?

>糖尿内科は西市民が特に力を入れてるからね。コストダウンのために、そっちへ集約することになっても不思議ではない。

>神経内科もだよ。他は兎も角、神経内科過疎地でこんなことされると困るわな。
どこに集約するの?まさか西神戸医療センター??

>神経内科と血液内科は西神中央って、既出

>ちなみに、西神中央は小児科縮小で、ここに頼っていた、のぢぎく県中部公立病院群は小児科医療のアボーン決定。

ハーフドロッポハーフドロッポ 2006/12/12 20:42
すでに終わってる県北部ですが、豊岡と日高以外は無床診療所化するようですね。
(以下引用)
神戸新聞ニュース 県が病院の集約、縮小案 但馬の医療確保対策協

深刻な医師不足にあえぐ但馬地域の全市町と公立病院のトップらが参加し、九つある公立病院の再編を検討する「第二回但馬の医療確保対策協議会」が九日夜、豊岡市の公立豊岡病院で開かれた。指導的立場で参加する県から、一部の病院に医師を集約し、残りを規模縮小する素案が示され、波紋が広がった。

 但馬では医師不足により、診療科を減らしたり、夜間救急を取りやめたりする病院が続出。地域住民に対し、軽症の場合の救急利用や但馬への“里帰り出産”を自粛するよう呼びかけるなど、危機的状況に陥っている。

 県は「住民の命を守るには救急医療の確保が基本」との方針から、県の養成医師を、救急医療などを担う豊岡、八鹿の二病院に集める素案を提示。残りは規模縮小し、病床が五十床規模の三病院については無床の診療所などとする、とした。

 素案の中で急激な縮小に対しては、地元の市町長らの一部から「住民が納得しない」などと反発の声が上がったため、各市町に県の素案を持ち帰り、それぞれ具体策などを検討することになった。来年二月末をめどに最終的な方針をまとめる予定。(黒田勝俊)

http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/0000190091.shtml

ハーフドロッポハーフドロッポ 2006/12/12 21:04 失礼しました。豊岡と八鹿への集約化で、出石と梁瀬ともう1病院が無床化でしょうか。

774774 2006/12/13 07:52 ハーフドロッポ 様

 集約化できるだけましですね。県中部は絶対無理。派遣している医局も違えば、出資母体も違い、市どうしが険悪な仲ですので。ある市の救急隊が自分の市の病院に送ろうとしたら満床で、別の市民病院に依頼しようとしたら、「なぜ別の市の患者を受けないとならないのか」と言われて、最近はさっさと神戸に送っているようです。何度か県中部の医療について公開討論会がありましたが、行った人に聞くと、協力型もサテライト型もこの地域では不可能、2−3個残るまで体力勝負しかないと、どこの市長や病院長が繰り返し言っていたそうです。病院の寿命よりも市の寿命を考えた方がいいのかもしれません。財政再建団体へのドミノ→国から強制合併命令→病院の集約化の方が早いです。立ち直るまでの間、南部が持ってくれるかどうかですが。

774774 2006/12/13 08:17 しゃれ頭 様

 当直の話はどの病院か分かりました(当院まで伝わって来ていたということは、そのうち関連病院全部に伝わりますが、これでメジャーの人員補充も無いでしょうね)。まあ、メジャーもマイナーも1人もいなくなっても、院長一人いれば公立病院は存続できるのが実証されたので、些細な問題でしょう。

ex_inakaDrex_inakaDr 2006/12/13 09:09
>>774師団長
市の寿命について、別の観点より。
下表は貴県の人口統計より加工。

     ’06年10月 ’05年10月 増減
      人口(A)  人口(B)  C=B-A D=C/B -A/D
■但馬
豊岡   88,586   89,899  -1,313 -1.5%   67
養父   27,919   28,618   -699 -2.4%   40
朝来   34,503   35,296   -793 -2.2%   44
■北播磨東部
西脇   43,620   44,587   -967 -2.2%   45
加西   48,867   49,728   -861 -1.7%   57
小野   49,608   49,700    -92 -0.2%  539
三木   83,910   83,950    -40 -0.0% 2,098
■南播磨東部
加古川 267,089  266,542    547  0.2%
高砂   94,614   94,403    211  0.2%

お察しの通り、右端の列「-A/D」とはすなわち「この調子で人口減少が続けばあと何年で人口がゼロになるか」ということ。

774774 2006/12/13 12:58 元田舎医 非常勤憲兵伍長 殿

 しゃれ頭様に怒られつつも、やはり都市への人口集中=僻地の無人化は着実に進みつつあるようです。東京都の人口の都心回帰が有名ですが、うちの県庁所在地(神戸市)でも郊外(北区、西区の山の中)へ向かっていた定住人口が、三宮という神戸の中心地に帰ってきていて、超高層マンションの計画がいくつもあります。自然とこうなっているのか、国のいくつもの政策の結果こうなりつつあるのかは分かりません。以前から過疎化は進んでいますので、今は前者でしょうが、そのうち後者となると思います。そうしないと日本全体が沈没してしまいますので。まあ、些細なことですが。

しゃれ頭しゃれ頭 2006/12/13 13:25 774さまっ  俺もどこの病院か聞いたわ。こりゃ、ほんまにドミノ津波が来るな。えーか、向かってくる時は顔を下にしたらあかんで、首が折れるからな。顔をまっすぐ正面向けてぶつかるんや。面がないと顔はなくなるけど首が折れへんから助かるからな。スマナンダ、そっちは震源地やったな。こっちもな、ちょっとやばいんや。コピペしまくられとる神戸市民病院もそうやけど、民間もなんや。医者の数はたりとるんやけど、なんかちぐはぐしとって。教養のふもとに手術で有名な病院があるやろ、割と裕福層が行くとこ。そこの麻酔科がおらんようになるゆううわさがあるし。中部に比べたら些細なことでございあんすが。

しゃれ頭しゃれ頭 2006/12/13 13:30 元田舎医さまっ  あんさんも、からかうのが好きでんな。ぼけとつっこみや。

ex_inakaDrex_inakaDr 2006/12/13 14:29 【訂正】×:-A/D → ○:-A/C    お恥ずかしいorz

>>774師団長、しゃれ頭さん
ちなみに貴県全体(550万人)の人口の増減は「-2000」でした。
まあ、些細なことですが。

774774 2006/12/13 14:54 元田舎医 非常勤憲兵伍長 殿

 気づきませんでした。県の人口は震災後減ったのですが、数年前に元に戻ったのでした。僻地の人口減少率は思ったより高いですね。これが地球規模で起これば、人口爆発問題も解決。遊星爆弾の雨も降る事がなくガミラスも容易に地球占領できたでしょう。ってあれは地球人を絶滅させるためだけではなく、地球に移住するために、放射性物質を地球全体に濃厚にばら撒く方が重要という側面があったのでした。些細なことですが。

774774 2006/12/13 15:18 しゃれ頭 様

 震源地なので、衝撃波どころか直撃を食らいます。いっそのこと直径400kmぐらいの隕石が落ちてきた方が幸せかなと思います。恐竜が絶滅したときの隕石はたかだか直径10Kmでした(アクシズよりちょっと大きい程度です)。些細なことですが。

太平洋上に直径400キロの隕石が衝突したときのシミュレーション
400キロの隕石は、地表面をめくりあげながら地殻津波を起こす。
地表には直径7000Kmのクレーターができる。マントル層が露出する。
日本列島は1キロ四方の岩石のかけらへと粉砕され、木っ端微塵に舞い上げられる。
岩石は高度1万キロの宇宙空間に達し、高温で気体となり4千度の岩石蒸気となる。
岩石蒸気は全てを気化させながら、1日で地球を包み込む。
海が沸騰を始めて、1ヵ月後には全て干上がり、地表は全て溶岩と化す。
1000年後に、地表温度は元通りになる。
その後、年間降水量5000ミリの雨が降り(2000年間)、海は元通りとなる。
地下1000メートルの微生物が、やがて海へと戻ってくる。

しゃれ頭しゃれ頭 2006/12/13 16:42 774の構成員さまっ

 そのテレビ見たことあるで、2−3年前やろ。しょんべんチビルほど迫力あったわ。あんさんらは疲れとるんやろ。のじぎく県中部発 医療崩壊元年って公衆衛生の教科書に載るような歴史を作りかねへんわけやから。よう寝ることや。ゆうて、医者がみんな寝てもたら即ドミノや。やっぱりあかんわ、起きてがんばってくれ。
この話もえらい長がなってしもたな。1日1県づつエントリー作って崩壊事情を書いていったら春まで話題は尽きへんのとちがうやろか。今からどんどん明るみに出て行くわけやしね。そういや富田林で謀叛発生ゆうとったな。東京も周りの人口の多い千葉や神奈川はもうあかんそうやし、近畿もついに大阪まで波及や。奈良っちゅう大御所を抱えとるから大阪は負担もでかいんやけど。産科は大阪も昔から苦労しとった。些細なことやけどな。

しゃれ頭しゃれ頭 2006/12/13 17:05 勤務医さまっ  のじぎく県の勤務医はおとなしいから、医局の命令には異常に従順ですねん。だから、あんだけ悪口ゆわれとっても持ち超えてるわけやけど、もうさすがに持たんやろなあ。膨らみきった風船が割れるようなかんじやな。今までも勤務先が激務すぎて突然行方不明になった医者は何人か聞いた事があるんやけど、東京みたいに医局人事で蒸発はまだ聞かんなあ。それもこの春は分からんけど。大学病院の研修医なんか、組合みたいなんを作って、俺らじゃ考えられへんほど病院の上のほうにかみついたらしいし。神大病院って、時間外は研修医が何百メーターか歩いて端っこにある薬局から薬を取ってこーへんとあかんし、自分で採血して自分で検査室に持っていかんとあかんかったから、休日に肺炎とかおきても病棟ストックのケフラールですます事が多かったけど(目茶目茶や、相手もモロに面倒くさそうな顔しとるし)今は研修医が交渉して、時間外でも点滴を病棟まで持ってきてくれるから、まともに治療できるんやて。神大病院の事を言うとったらきりないけど。

774774 2006/12/13 18:36 しゃれ頭センセの分解産物 様

 神大病院の恥部を書くのは止めましょう、恥ずかしすぎます。看護師も履歴書に神大病院勤務と書くと採用されないからと、書かないそうですし。緊急減張切開するからと言っても誰も動かず研修医が医師を集めざるを得なくてどんどん症状が進行したとか、研修医の給与総額が決まっていて9月から1人分が減り始めて関連病院に出る人が増える1月からまた上がったとか、患者を見ず医師カルテを見て看護記録を書いてたとか、そんな事を書かないで下さいませ。些細な事ですが。

ex_inakaDrex_inakaDr 2006/12/13 19:29 よく出来た戦闘詳報です。(私のメシの種の戦闘詳報とは種類が違いますが)

公立豊岡病院組合立病院のあり方検討委員会報告書 ?今後の組合立病院の方向性についての提言? [PDF 369KB]
http://www.toyookahp-kumiai.or.jp/info/arikata/arikatahoukoku.pdf

ex_inakaDrex_inakaDr 2006/12/13 19:35 すみません。↑で「よく出来」ているのは8ページから10ページにかけてのみ、ですw

ニックネーム選択ニックネーム選択 2006/12/13 20:15 既出でしたらすいません。西市民病院、さらに3人減ることが公表されたようです。
ーーーーーーーーーー
06/12/13  記事:毎日新聞社

神戸市立西市民病院:救急対応時間を縮小 来月4日以降、当面0-9時停止 /兵庫

 ◇市医師会が批判「本来は行政の分野」
 神戸市立西市民病院(神戸市長田区)は、24時間対応の救急医療体制(内科系・外科系)を見直す。来年1月4日から当面の間、午前0時から午前9時までの間の救急受付を停止する。同病院では、今年度末までに医師6人が退職する意向を表明。同市は「24時間対応に戻せるよう(欠員分の)医師の確保を急ぎたい」としている。これに対し、神戸市医師会からは「不採算で民間が運営しにくい救急医療こそ、行政が踏ん張らなくてはいけない分野だ」との批判の声が上がっている。【坂口雄亮】
 西市民病院では、免疫血液内科医師3人全員が年末で退職し、中央市民病院免疫血液内科に医師の派遣を要請するなど、医師配置が不安定だ。さらに、循環器内科と腎臓内科、外科の医師計3人も今年度末で退職する意向を表明。今年度末で計6人の医師が欠ける異常事態に直面している。医師の退職の背景には、厳しい勤務体系や給与の問題があるという。
 西市民病院は現在、内科系と外科系の医師計28人が当直勤務に入り、24時間対応の救急医療体制を維持している。1日に受け付ける平均人数は45人で、毎日4、5人の医師が交代で当直勤務し、対応している。しかし、同市は「28人のうち6人が欠けては、当直のローテーションが組めない」として、24時間対応救急の見直しを決めた。
 同市は「西市民病院の医師を確保するまでは、(24時間対応の)中央市民病院や西神戸医療センター、民間の当番病院にカバーしてもらうしかない」と話す。これに対し、市医師会の川島龍一会長は「当番病院も医師が足りない。民間より先に市民病院が24時間対応を放棄しては、民間病院のモチベーションに影響する」と話している。
〔神戸版〕

774774 2006/12/14 00:56 ニックネーム選択 様

 JBMの件では沢山紹介してくださってありがとうございます。私も医療関係の新聞記事やWeb newsはなるべく保存するように気をつけていますが、法的知識の欠如や、整理整頓ができず、ほったらかしになっていました。よいデータベースができることを願っています(本当はそんなものが必要ないのがいいのですが)。

 西市民病院の件ですが、昨日私がここのブログに書き込んだものは「にちゃんねる」の内部情報?がソースで、まだまだうわさレベルの段階にあったものですが、ついに新聞にも載ったのですね。よく「にちゃんねる」は便所の落書きといわれますが、こういった情報は的確ですね。最近はマスコミが「にちゃんねる」をみて記事を作る事もあるようです。

 そうなると、北播のドミノとか、高砂の循環器撤退のうわさ(院長が神戸新聞に抗議しています)も現実味を帯びてきます。正直、うちの件の勤務医は動揺が多少ともありますが、少なくとも大学人事で動いている間は失業はないので、日々の診療に集中するように、部下たちに言い聞かせています(そういう私は、Webでの情報収集に熱中しています。まわりからはネットで遊んでいるとしか見えないでしょうが、知っている先生は、「今日はどんな情報がありました?」と尋ねて下さいます)

774774 2006/12/14 01:06 元田舎医 非常勤憲兵伍長 様

 さすがに現状分析がよくできています。ただ、院内開業するぐらいだったら、普通に開業しちゃいます。だって、今や開業のメリットは時間外に呼ばれない事ですから。そのうち、のじぎく県中部の戦況報告もどこかに載るのでしょうが、北部と違ってばらばらに掲載され、まとまるって載る事はないです。まとまる時は、国に市ごと強制合併させられたときです(笑)。しかしどこの首長も、医療・福祉の充実を訴えて当選していますが、現実には締め付けられているところばかりのようで、そのうち・・・

しゃれ頭しゃれ頭 2006/12/14 01:32 あかん、神戸も終わってしもた。のじぎく県壊滅や。今日はやたらと医療崩壊のニュースが多かったわ。昨日の番組の影響やろか。後は、どこが引き金を引くかや。な、師団長の構成員殿

しゃれ頭しゃれ頭 2006/12/14 01:56 774の構成員さまっ  よう考えたら、あんさんらは神戸から通よとるて書いとったし、重症は西神に送るとか書いてはるから、あの辺のなかやと多分ドミノの被害者側やろな。もちろん直撃は受けるやろ。俺にも大体震源地の予想はつくわ。あんさんらの方がよう実感しとるやろけど。もう神戸や阪神間もかつての力はないから、あっという間に衝撃波は、のじぎく県全部に広がるわ。いや、すぐにネット経由で全国の医者が震撼するで。遊星爆弾1発で、のじぎく県は壊滅や。さすがの俺も宇宙戦艦ヤマトはしっとるで、子供の時に見とったからな。

しゃれ頭しゃれ頭 2006/12/14 02:02 え、どこの病院かって? それは言われへんけど、のじぎく県におったら誰でもわかるやろ。もうちょい、おとなしいしたらええのに。些細な事やけどな。

774774 2006/12/14 09:03 しゃれ頭アクチベーター 様

 いつの間にか私が複数形になっているのですが・・・南部も爆風に耐えられそうにないですね。逆に、市民病院や大学にかなり依存している南部発のドミノということはないでしょうか。

ex_inakaDrex_inakaDr 2006/12/14 14:27
病院崩壊って意外にこんな何気ない会話から始まるんですよね。
=============
570 名前: 卵の名無しさん Mail: 投稿日: 2006/12/14(木) 11:44:12 ID: DRjXPYQL0
しかし、ここの病院で当直してるとぶちきれそうになる。Ns点滴やれよ、ヴァカが。。

571 名前: 卵の名無しさん Mail: 投稿日: 2006/12/14(木) 11:45:46 ID: WgMv1Es/0
>>570
いまどき大学病院以外で茄子が点滴しない病院あるのか
院長に直訴すれば?

572 名前: 卵の名無しさん Mail: 投稿日: 2006/12/14(木) 11:48:38 ID: d0QAb44M0
>>570
何?そこのNrsって未だにそんな事言ってるの?
進歩の無い病院だな。

573 名前: 卵の名無しさん Mail: 投稿日: 2006/12/14(木) 12:10:30 ID: DRjXPYQL0
サーフローは当然のことながら、翼状針での点滴すらしない。労使慣行が法律より優先するんだとさ。あほらし。

574 名前: 卵の名無しさん Mail: 投稿日: 2006/12/14(木) 12:16:19 ID: 158HE1ew0
やっぱりつぶすしかないか、こんな糞病院
=============
神戸市立中央市民病院
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1135762765/

>>774師団長
もはや「ドミノ」という表現が適切ではなくなりましたね。
「パタパタパタ・・・」などというのどかな状況ではないです。
とくに貴県に関しては僻地型、郊外型、都市型崩壊が揃って一斉に「ドン」と起こっており、もはや爆心地の推定は不可能だし無意味のようです。

おそらく今の状況はまだ、大地震の直前の「ゴーッ」という地鳴り段階でしょう。
地震では、まず細かく周波数の高い揺れのP波が到来し、次に振幅の大きなS波がやって来ますね。
医療に関して言うと、この年明けから3月までがP波、4月以降がS波でしょう。

団塊世代の得た退職金が、将来の不安のために消費・投資に回らなくなると、さて日本の経済もどうなることか。

暇人28号暇人28号 2006/12/15 08:20 北海道・東北のような明らかな僻地での医療崩壊は理解できますが、東京やのじぎく県のような大都市でこんなことが起きているんですね。正直、驚きを隠せません。

小生の居住地でもかなり深刻な情報が出てきていますが、今後どうなっていくんでしょうか。

今のところ医療崩壊は私にとっていいことばかりなのですが、今後どうなるんでしょうか。心配になってきました。

774774 2006/12/15 08:55 長くなったので表示されないかもしれませんが、人口が多い割に医学部が1つしかないこと、本州の端を除けば瀬戸内海・太平洋にも日本海にも面した唯一の県であること、内陸部も無視できないほど歴史ある街・産業・人口があること(日本で一番早く「村」がなくなった県)のためです。

774774 2006/12/15 08:57 北=過疎型崩壊、中部=病院多すぎ崩壊、南部=患者多すぎ崩壊、です。日本の縮図です。