新小児科医のつぶやき

2008-10-23 東京妊婦脳出血死亡報道

亡くなられた患者妊婦の御冥福をお祈りします。

断続的に情報が出てくるので、あくまでも現時点で私の知る限りとのお断りを入れさせて頂きます。さらにとなりますが、情報の99%はマスコミ情報でおそらく事実と考えられるものだけを出来るだけピックアップしていきたいと思います。まずは10/23付神戸新聞より時刻経過です。


日付 時刻 出来事
10/4 PM7:00頃 東京都江東区の地元産婦人科医師から都内の妊婦(36)の受け入れ可否問い合わせ、当直医が「土日は基本的に母体搬送を受け入れていない」と回答、受け入れ可能な医療機関名を教える。
7:45頃 妊婦の容体が悪化し、他の医療機関が受け入れ困難だったため、再度母体搬送の依頼。当直医が産科の医師1人を呼び出す。
8:00頃 地元産婦人科医師に母体搬送が受け入れ可能と連絡。
8:18 救急車で墨東病院に到着。救急車内で意識レベル低下。
8:30頃 脳卒中が疑われるため、脳外科医の当直医が対応
9:41 帝王切開で出産
10:24 頭部の血腫除去術を開始
10/5 AM1:28 手術終了
10/7 PM8:31 脳内出血による死亡確認


他の情報で補足しておくと

  • 地元産婦人科 → 五の橋産婦人科(墨東病院から500mらしい)
  • 妊婦 → 出産間近の妊婦
  • 墨東病院産科の当直医師 → 後期研修医(5年目の研修医という説もあり)
  • 児は無事であった

10/23の産経ニュースと同じくAsahi.comから受け入れ困難との返答を行なった病院とその理由は、

  1. 順天堂大学医学部付属順天堂医院(文京区)

      当日の産科・婦人科の当直医は2人いたが、いずれも別の出産に対応していた。産科・婦人科の計61床も満床で、受け入れは不可能と答えた

  2. 東京慈恵会医科大付属病院(港区)

      ベッド数9の新生児集中治療室(NICU)は満床だったうえ、前日に生まれた双子を管理中で、当直医2人は手が回らなかったという。産科には当直医も2人いたが、破水した妊婦が待機中で「受け入れられるような状況ではなかった」

  3. 日本赤十字社医療センター(渋谷区)

      6床の母体胎児集中治療室が満床なうえ、別の妊婦も搬送されていたため、当直医3人では対応できないとして搬送を断った

  4. 日本大学医学部付属板橋病院(板橋区

      12床の集中治療室が満床で断るしかなかったと説明

  5. 慶応義塾大学病院(新宿区)

      「下痢、嘔吐(おうと)、頭痛の症状がある」という医師の言葉を聞いて感染症の疑いがあると判断。産科の個室の空きを確認したが埋まっていたため、受け入れられなかった

  6. 東京慈恵会医科大学付属青戸病院(葛飾区)

      もともとリスクの高い新生児の対応ができないうえ、当日は脳外科医の当直医が不在だったと説明

  7. 東京女子医大東医療センター(荒川区

      記事情報なし。受け入れ可能とした病院の可能性が高いと考えます。

この7つの医療機関への搬送要請ですがAsahi.comには、

 救急車で運ばれてきた妊婦の異変に気づいた江東区亀戸6丁目、「五の橋産婦人科」(川嶋一成院長)の医師は、墨東病院に断られた後、周産期母子医療センターのネットワークで診察可能な病院を探したという。

 この医師は、順天堂大学医学部付属順天堂医院(文京区)に4日午後7時半すぎ

7:00頃に墨東病院に搬送要請を行い、次の順天堂大学医学部付属順天堂医院には7:30頃に搬送要請を行なったと考えられます。7:45には墨東病院に再度の搬送要請を行なっていますから、7つの医療機関には15分間のうちに搬送要請を行なった事になり、受諾したとされる1つを除き6つの医療機関に搬送困難の返答を得た可能性があります。もっとも7:45の時点で7つのうちどこまで返答を得ていたかはわかりません。

東京のシステムは知らないのですが、墨東病院には直接電話をかけていたのはまず間違いないと考えられます。しかし他の7つの医療機関に15分で直接電話をかけるのは難しいと考えられ、ファックスでも使ったのではないかとも考えられます。この辺は情報を頂ければと思います。


墨東病院はその筋には有名な病院ですが、総合周産期医療センターではあります。産科の必要定員は9人だそうですが、現在は4人の常勤となっています。事件の夜の当直医は後期研修医となっていますが、これが常勤医の中に数えられているかどうかはわかりません。それと墨東病院のHPには、

産科の外来診療の縮小について

当院の産科におきましては、医師の欠員が生じたため、平成18年11月13日(月曜日)からしばらくの間、外来診療を縮小いたしますのでご了承ください。

  • 紹介状の有無に関わらず、新規の予約受付及び予約外の受付は行っておりません。お近くの医療機関を受診されるようお願いいたします。
  • 既に予約のある患者様、救急の患者様につきましては従来どおり診療いたします。
  • 予約のない再診患者様は、再診予約をするか、総合案内でご相談ください。

大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

2年前から戦力ダウンのため診療を縮小しているのが今も続いているのが確認できます。

最後に今回の事件の搬送条件は、搬送元産科医と搬送先産科医の間で意思疎通をやや欠いたとの報道もありますが今のところ真相は不明です。それはともかく条件として、

  1. 臨月の妊婦である
  2. 脳出血の可能性あり

この二つの条件を満たす必要があります。これに必要な医師の数の試算として、

  • 脳外科医:2人
  • 産婦人科医:2人
  • 新生児科医:1〜2人
  • 麻酔科医:1人以上

もちろん医師だけでなくICU、NICUの確保も必要条件です。これだけの条件を満たす病院は、たとえ東京であっても土曜の夜に容易に整わない事を示したと考えられます。

医師医師 2008/10/23 09:11  不幸にして亡くなられた患者様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

R・Y・UR・Y・U 2008/10/23 09:14 多くのblogで書かれていますが、「都内でさえ産科救急はやばい」ということを報道していない「新聞、TV」の責任でしょう。都医政局の怠慢をたたいていれば、状況は変わっていたかも知れませんね。まあ、どんなにがんばっても産科医が沸いて出てくるわけではありませんが。

くろすけくろすけ 2008/10/23 10:26 産科医です。
一般論ですが、満期(妊娠10ヶ月)で胎児徐脈になっていなければとりあえずNICUは関係ないので、NICU満床でも受け入れられます。
脳内出血は母体低酸素状態にならなければ胎児には影響が無いことが多いので。
新生児科医(小児科医)の立ち会いはあったほうがよいと思いますが、NICUは絶対必要条件ではないです(そこまで考えると右傾ラサ記が見つからない可能性が高い)。
産科と脳外科と手術室とICUを確保できれば受け入れ可能と思います。

母体の状態を考えると、児は万が一の時には新生児搬送を視野に入れて受け入れる、ということを考える場面かと思います。

信仰告白信仰告白 2008/10/23 10:35 大淀でおきたことと同じような「経過」だと素人には思えます。赤ちゃんは助けた。でも、国循は責められなくて、墨東が責められるのは、東京ER指定病院で総合周産期母子センターでもあり、2名以上の当直が義務付けているからです。墨東はいったんは受け入れ不能だとこたえつつも、総合周産期センターの仕事として周産期情報ネットをつかって他の病院を紹介したようです。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081023k0000m040098000c.html

人員・設備とも不十分なまま看板をかけてはいけないことばかり追求するわけです。お医者さまは、看板かけていたいと思っていないわけですから、全国的に産婦人科医師の逃散がケテーイですね。

追加:もともとの病院のHPをみても興味深いです。

主婦A主婦A 2008/10/23 10:36 朝のみ○も○たの番組でコメンテーターの一人が医師一人状態でも受入できなかったのか
という旨の発言がありましたが、Yosyan先生の今日のブログを読んでそういった発言がいかに現実離れしてるか改めて認識いたしました。
それにしても、産科医3-4名で周参期医療センターを名乗るのは素人目にも無理筋に
思われます。亡くなられた妊婦さんのご冥福をお祈りします。

まくのうちまくのうち 2008/10/23 11:25 ROM専でしたが、お邪魔します。
亡くなられた患者様のご冥福をお祈りします。

>一般論ですが、満期(妊娠10ヶ月)で胎児徐脈になっていなければとりあえずNICUは関係ないので、NICU満床でも受け入れられます。

朝のTV(フジ系?チャンネルあれこれ変えていたので失念しました)では「35週」との報道でした。
そうするとNICUのセットアップも一定必要との判断だったのでしょうね。

SeisanSeisan 2008/10/23 11:32 今朝はみのが川渕孝一に「たらい回しゆーな」と突っ込まれて表現を変えていたのがポイントでしたね。

暇人28号暇人28号 2008/10/23 11:38 はっきりしているのは、今回の報道でさらに多くの産科医が現場を離れ、多くの産科が閉鎖されることですね。

2年前と全く変わっていません。マスコミの報道は

暇人28号暇人28号 2008/10/23 11:42 追記:
主婦A様:

もしも「医師一人だけ」でも受け入れていたら、

家族「十分な医療が提供できないのになんで受け入れたんだ!損害賠償を請求するぞ!」
司法「受け入れるべきではなかったので、1億円の損害賠償を命じる」
マスコミ「十分な体制を整えなかった病院が悪い。人殺し!」
一般国民「藪医者!税金をもらっているのに、なんで怠慢なんだ」

となることでしょう。

くろすけくろすけ 2008/10/23 11:43 まくのうち様

35週は微妙なところです。
35週で2000g以上がほぼ確実であれば、NICUが満床でも受け入れると思います(児の人工呼吸管理(気管内挿管)が必要になる可能性は非常に少ないので)。

もちろん、先の場合でも緊急処置の必要な胎児疾患はないというのが前提条件ですが。

くろすけくろすけ 2008/10/23 11:57 ちなみに、受け入れ先を探し始めてから1時間半以内の受け入れ先の病院に到着したというのは、現在の周産期医療の現状から考えると、遅くはないと思います。また、今回の患者さんの場合は、搬送がもう少し早かったら救命できたかというとそういう問題ではないと考えます(救命できる可能性は低かったのではないかと思います)。

亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

10年ドロッポ10年ドロッポ 2008/10/23 12:25 暇人28号様、
>はっきりしているのは、今回の報道でさらに多くの産科医が現場を離れ、多くの産科が閉鎖されることですね。

いいことです。本来なら加藤医師が逮捕された時点で全産科医がやめるべきだったんです。未だに産科医なんかやってるくらいバカなんですから言ってもせん無い事ですが…。司法も「医師の過労死は自己責任」と結論づけましたがこれは「こうでも言わなきゃ判らんだろおまいらわ!!」との「親心」と、私は解釈しております。命を懸けなきゃならん任務なんてありません。

えー?逆にびっくり。えー?逆にびっくり。 2008/10/23 12:41 何人かの先生が『NICU満床でも、、』と書かれていますが、今時、もし児の転帰が悪ければ、『なぜ?設備(NICU)が一杯なのに受け入れた!明らかに搬送先の選択ミス。受け入れ側も受けてはいけない状況だった!』と叩かれ、訴訟沙汰ですよ。ポイントは、祝日夜間でも産婦人科2名・脳外科2名・麻酔科1名・新生児科1名・ope室Nrs達・NICU・ICUが即時提供できなければダメという世間・市民様・マスゴミ様にどう対処していくかです。

まくのうちまくのうち 2008/10/23 12:47 くろすけ様
>35週は微妙なところです。
確かに微妙なところだと思います。
ご指摘のように人工呼吸管理となる可能性はかなり低いと思いますが、帝王切開の時点で母体の状態が良くない可能性を考えると、週数も含め一定のリスクを頭の隅に置いておく必要があるかな、と。この方については情報がないので一般論ですが、妊娠高血圧症などの可能性もあれば、なおさらリスクを考えるかな、とも思いましたので。
(釈迦に説法で申し訳ありません)

元外科医元外科医 2008/10/23 12:52 お亡くなりになった方にはお気の毒でした。ご冥福をお祈り致します。

微妙といわれますが35週で小児科医がいないところでは対応できないです。
青森県ならそうかもしれないが東京ですから、何かあったら(ry

暇人28号暇人28号 2008/10/23 13:07 「えー?逆にびっくり。」様の

>今時、もし児の転帰が悪ければ、『なぜ?設備(NICU)が一杯なのに受け入れた!明らかに搬送先の選択ミス。受け入れ側も受けてはいけない状況だった!』と叩かれ、訴訟沙汰ですよ。

に一票。「母体が危険なんだから児にも悪影響が出ている可能性も十分考えられたはず」なんて言われるんでしょうね。たとえ、確率としては児への悪影響の可能性は低くても、ゼロではないし、児に 今回の母体の異常(つまり脳出血)に関係しない問題が存在していた可能性もあるのですから。

えー?2年ドロッポえー?2年ドロッポ 2008/10/23 13:30 でも今時、公立、周産期センター(しかも総合)、他の勢力撤退後、欠員ありまくり、当直2名制(単純に30日を勤務人数で割って2倍すれば、月当たりの当直日数が分かりますよね?)。に赴任するという事はそれなりの御覚悟が、、、。周産期(少なくとも総合は)の看板を降ろして欲しい、安心w安全な医療を提供するには、、、とか院長や都の幹部に現状を危惧する嘆願書でも出していればいいですね。今回の事件の前に。

くろすけくろすけ 2008/10/23 13:54 >確率としては児への悪影響の可能性は低くても、ゼロではないし、児に 今回の母体の異常(つまり脳出血)に関係しない問題が存在していた可能性もあるのですから。

それを言えば、どんなお産でも児の状態が悪くなる可能性はありますから、すべての分娩をNICUのある病院でやらなければならなくなります(萎縮医療の極論ですね^^;)。

今回の場合、事前に児の異常が指摘されていなくて、35週で2000g以上が推定されてその時点で児が元気ならば、NICUのベッドがある病院が受け入れられればそれがベストですが、ない場合は、産科と脳外科と手術室が対応できれば受け入れると思います(新生児科の先生に連絡して、万が一の時にはごめんなさいと言ってから)。

>妊娠高血圧症などの可能性もあれば、なおさらリスクを考えるかな、とも思いましたので。

児に関して言えば、妊娠高血圧症候群の児の方が、出生後の状態はかえって良かったりする場合もあります^^;(もちろん、その時点でNRFS(以前の言葉で胎児仮死)に陥っていないことが条件ですけれども)。

また、NICUまでは必要なくても小児科医の立ち会いは是非とも欲しいと思います。

つまり、35週の2000g以上で児の問題が指摘されていない場合、NICUの確保は産科や脳外科や手術室・ICUの確保に比べれば絶対必要条件ではない、と考えます。

Level3Level3 2008/10/23 14:28 >つまり、35週の2000g以上で児の問題が指摘されていない場合、NICUの確保は産科や脳外科や手術室・ICUの確保に比べれば絶対必要条件ではない、と考えます。

くろすけ先生,
medicalにはその通りで,条件のランクとしては「脳外科医,麻酔科医の存在」よりも低くなるでしょう.ただし,一般人(特にマスコミ人たち)はもし仮にこれで受け入れて「児にトラブルがあり,障害でも残った」としたら,「どうしてNICUはが満床なのに受け入れた」と非難するでしょうね.「後だしジャンケン」は得意中の得意ですから.
こういったところでpureにmedicalな話をしない方が無難だと思います.書いている真意をそのままに取ってくれませんから,注意しなければなりません.

名無し名無し 2008/10/23 14:32 >くろすけ先生

週数についてはの議論は避けますが…。

よっぽど順調に出さない限り、全麻ではSleeping Babyで起きるまで、1日ぐらい人工換気されている満期産児って結構居ますけど…。
まあ、新生児搬送でも何とかなる気もしますが…(したことないんで判りませんが…)。

2年ドロッポ2年ドロッポ 2008/10/23 14:41 くろすけ先生、私は同意できません。この議論は、機内でドクターコールに手を上げるか否かと同じです。先生ならば手を御上げになるのでしょう。立派なことです。私は上げませんけど。元周産期。

& 2008/10/23 15:05 全ての分娩がNICUのある施設で行われることが望ましいと考えます。通常経過の分娩が急変し数分を争う(新生児蘇生には1分が命取りですが)状態に激変するのは今更、、、ですね。個人的にはNのないところでよく産むなぁーと思います。また新生児搬送なんて前提にするのはどうかと。母体搬送の方が児に良いのは自明ですから(新生児搬送を極力避けるのは、、ですね)そこも訴訟の面からは突っ込みどころです。妊娠高血圧症候群の児の方が、、、には更に不同意です。って久しぶりなので真面目にスイマセン、、、10年先生。

YosyanYosyan 2008/10/23 15:10 NICUが必要であったかどうかですが、脳出血の産婦みたいな修羅場を経験した事がないので大きなことは言えません。ただシンプルに考えて、脳出血の手術が必要となれば全麻になるかと考えます。墨東病院は帝王切開 → 脳血腫除去術と進んでいますが、この時の帝王切開時に硬膜外麻酔を用い、開頭術に至る段階で全麻に切り替えるような手間を行なうでしょうか。おそらくですが開頭術のための全麻を最初から行うんじゃないかと考えます。この辺の麻酔の切り替えに関しては小児科医なので正直なところ自信がありません。

仮に最初から全麻であればsleeping babyのriskは高まります。36週でなくとも満期産でももriskはあると考えてもよいかと思います。sleeping babyであってもbaggingしながら連れて帰るのは可能ですが、NICUが院内にあればそれに越した事はないと考えます。NICUは必要条件であって、新生児医の出張があれば十分条件になりますが、昨今の医療情勢から今回のようなケースはNICU必要と考えるのが妥当と考えます。とくに舞台は東京ですからね。

ColumboColumbo 2008/10/23 15:43 くろすけ先生

先生の書かれていることは医学的には全く正しく、少なくとも我々医療者が読む分には問題なく受け入れられる内容と思われます。

おそらく墨東病院の先生たちも、くろすけ先生に近い考えで、本来ならとても無理な状況であったにも関わらず受け入れを決めたのでしょう。

でも、その結果はどうだったでしょうか。マスコミの論調は? 本来味方であるはずの東京都の担当者の対応は?

もうやってられない・・と墨東の先生たちは思っておられるでしょうね。

Level3様や2年ドロッポ様の言われる通りと思います。私としては、やはりこの国の医療は一度完全に崩壊させてから改めて再生を目指すべきと考えます。

うーん、、。うーん、、。 2008/10/23 16:15 医学的にはまったく正しいかなあ、、?
私は受け入れられないけれど。

Level3Level3 2008/10/23 16:22 >墨東病院は帝王切開 → 脳血腫除去術と進んでいますが、この時の帝王切開時に硬膜外麻酔を用い、開頭術に至る段階で全麻に切り替えるような手間を行なうでしょうか。おそらくですが開頭術のための全麻を最初から行うんじゃないかと考えます。この辺の麻酔の切り替えに関しては小児科医なので正直なところ自信がありません。

Yosyan先生,
麻酔科医としてのコメントです.脳出血ですから,最初から全麻です.指導医クラスなら手技的には硬膜外麻酔で始めてあとから全麻ということもありでしょうけど,万一ドラポンしたらまずいですからほとんどの麻酔科医は最初から全麻を選ぶと思います.産婦人科医が慣れてればI-D timeは5分以内ですから通常これでsleeping babyにはなりません.遅くなるとさすがに分娩後呼吸のサポートが必要になることもありますが.

ブログ読者ブログ読者 2008/10/23 16:26 この妊婦さんはちゃんとかかりつけ医に受診していたし、紹介元の産科医とも充分意志疎通はできていたんでしょう?
最初に搬送されたのもかかりつけ医だったし、、。
奈良の死産したかかりつけ医のいない妊婦とは違い普通に受診していたはずです。
患者さんからすればいかに正しく受診していても「かかりつけ医がいる意味がないじゃないか!」って思うのではないでしょうか?
マスコミの論調を変えて行く方に議論はできないのでしょうか?
崩壊させればいいとか簡単に言って欲しくないです。

imapiimapi 2008/10/23 16:37 医療崩壊したら

政府   「緊急対策として退役含む医師には赤紙を送り、強制徴集して全国にばら撒きます」
マスコミ 「国民の安心は医療従事者の人権よりも重い。土地の強制徴収と同様に必要悪である」
一般市民 「俺たちが安心できるなら医師の人権なんてどうでもいいぞー!」
医療関係者「そんなこと言われても…無理言うなよ!」
マスコミ 「この非国民!」
一般市民 「非国民には石を投げても火をかけてもいいよね?」

日本の近代史から学ぶ限りは、こんなんになりそうですけどね…

元外科医元外科医 2008/10/23 16:43 若手産科医が海外逃散しそうですねw

YosyanYosyan 2008/10/23 16:49 >Level3様

やはり最初から全麻の可能性が高いのですか。全麻でのC/Sは何例か知っていますから、速度さえあればそれほどのsleeping babyに困らないのですが、奈良大淀事件の脳出血での全麻C/Sで相当なsleeping babyであった件が頭をかすめていました。もちろん条件がかなり違うので同列には論じられないのですが、脳出血の麻酔と言えばどうしても思い浮かべてしまうもので・・・後は搬送後から手術時の患者の状態の情報がもう少し欲しいところです。

>ブログ読者様

この話題は出せば荒れるので、できるだけ荒れないように事実のエッセンスだけに留めたつもりなんですが、議論の展開がご期待に副えずに申し訳ありません。ただ

 >「かかりつけ医がいる意味がないじゃないか!」

そうとも受け取られかねない事案ですが、やはり「かかりつけ医」がいるのといないとでは相当条件が違うと考えています。やはり「かかりつけ医」がいる方が安全性は高くなります。しかし高くはなりますが「絶対」は必ずしも保証できないのが残念ながら今の医療の限界になります。

一産婦人科勤務医師一産婦人科勤務医師 2008/10/23 16:50 ブログ読者様

>マスコミの論調を変えて行く方に議論はできないのでしょうか?

これまで散々してきましたよ、もう。それで変わっているくらいならこんなに大騒ぎしません。どんなに意見を言おうが送ろうが、各ブログで主張をしようが、シンポジウムを張ろうがまるで変化なしです。マスコミは自分たちが医療崩壊の主犯者であることをわかろうとは決してしません。もう医療は崩壊するしかないのです。これまで最前線で崩壊しないように、しないように・・・と頑張ってきましたがもう本当に限界です。
これまでのこの事件の報道を見ていて、本当に悲しくなりました。私たち産婦人科勤務医師に人権はありませんか。存在自体が犯罪者ですか。大野病院事件、大淀病院事件・・・これまで現場を立ち去ろうと思ってしまうような事件が立て続けに起こっていますが、この件も本当に辛いです。この2日間で「産科をやめよう」と考えている医師が何人になったか・・・もう分かりません。
この国の住人は、一度焼け野原にならないと現状を理解しようとしないしできないのです。60年ほど前の歴史と同じです。

暇人28号暇人28号 2008/10/23 16:57 くろすけ様:

>>確率としては児への悪影響の可能性は低くても、ゼロではないし、児に 今回の母体の異常(つまり脳出血)に関係しない問題が存在していた可能性もあるのですから。

>それを言えば、どんなお産でも児の状態が悪くなる可能性はありますから、すべての分娩をNICUのある病院でやらなければならなくなります(萎縮医療の極論ですね^^;)。


通常のお産は何もトラブルが発生していないマスコミ・素人的には問題なしです。ただ、今回の場合、母体が脳内出血して、生死の境をさまよっているのです。医学的に児に影響を与えるリスクが有意に高くなるか否かは彼らの脳内では全く関与しません。

「母体が危なくなっているんだ。そういう状況なら素人にも胎児に悪影響が起こるかもしれないとわかりますよ!!」(某朝のワイドショーの司会者風)

ということで、今回の状況ではNICUがないと「マスコミ的には」アウトです。

hot-coffeehot-coffee 2008/10/23 17:00 >一産婦人科勤務医師 様

同業者として、心中をお察し申し上げます。

ふ〜〜んふ〜〜ん 2008/10/23 17:31 意外と言っては失礼ですが・・

妊婦死亡で石原知事「医者は一生懸命やっている」
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20081023046.html
東京都内の妊婦が都立墨東病院で脳内出血の手術を受け死亡した問題で、石原慎太郎知事は23日、都庁で報道陣に対し「医者は一生懸命やっている。みんな命懸けでやっているんだから、そういう事情も配慮して、すべてを否定するみたいな報道をしてもらいたくない」と述べた。
 知事は「墨東病院を弁護するつもりじゃない」としながら「臨月の女性が脳出血を同時に起こしたという大変な事態で、めったにないケースが起こった」とした。

trshugutrshugu 2008/10/23 17:40 これはいいまとめです。

ぼんぼん 2008/10/23 17:52 本当にあくまで推測なのですが、、、

今回の産科の当直医の先生は
‘重症だから断った’のではなくて
‘軽症(頭部疾患ではなくて感染症)だから断った’
ということですよね。
重症なら院外コールしてでも受けるけど、軽症なら他の病院でもみられるのではないかということで。慶応病院も‘感染症の個室がないから断った’としていますし。
マスコミ含めて一般の人にはなかなかこの感覚は伝わらないですね。
一般の人たちの言動みてると‘患者を選別するなんて!’が大多数ですし。


夕方のタブ日新聞では「当直は研修医1人!」なんてのっていますが、
自分も小児科後期研修医で当然当直も一人でやっています。というかやらなきゃ部長クラスだけの当直になりますね。

来年以降後期‘研修医’という言葉だけはなくなるかもしれません。
後期研修医なんて病院が独自に決めている定義だし。
(↑ただし、研修医とつけておくと常勤と区別して給料や時間外少なくてすむと考えている病院も多数ありそうですが)

今北産業今北産業 2008/10/23 17:56 Yosyan先生

冒頭の時系列を、24時間表記になさるか、午前・午後をおいれになるほうがよろしいかと思います。

しろふくろうしろふくろう 2008/10/23 18:11 はじめに亡くなられた患者様のご冥福をお祈り申し上げます。

くろすけ様の「NICUは絶対必要条件ではなく、産科と脳外科と手術室とICUを確保できれば受け入れ可能と思います」については、搬送先を探す時点で脳内出血と考えていたかどうかによると思います。マスコミの情報によればかかりつけ医は激しい頭痛を伝え頭部疾患を考えたといい、受け入れ側の医師は下痢と吐き気と聞いており脳内出血は想定していなかったと答え、話に食い違いがあるようですね。

このケースは7時頃に発症し10時24分に血腫除去開始して救命し得なかった例であり、「6時間放置」された奈良の件よりさらに経過が速いわけです。Yosyan先生が提示された情報では、意識レベルの低下がみられたのは救急車内の8時18分で、8時30分頃には脳外科医が診察しています。脳外科の立場からすると脳内出血では意識状態がよければ外科治療よりは安静、血圧管理など保存的治療を優先します。患者が妊婦であればなおさらです。仮に1時間18分に速く病院についていたとしても意識状態が悪化する8時18分頃までは安静・経過観察になったでしょう。そうであれば治療開始の遅れは1時間18分ではなく、意識が悪くなってから脳外科医が診察するまでの12分であり、手術を決定して帝王切開を行ってから脳内血腫除去手術開始までの時間を考えると誤差範囲です。

結論としては早期の搬送により救命し得た例とは言い難いように思われ、搬送に時間がかかったことが問題であるかのように報じるのは感情論に過ぎず、医療機関のモチベーションを下げるだけの不適切報道だと思います。

TOMTOM 2008/10/23 19:18  亡くなられた妊婦様のご冥福をお祈りし、ご遺族の方にお悔やみを申し上げます。せっかくこの世に生を受けた赤ちゃんがせめて健やかに育ちますように。

 この件、私には直接知っている人ばかり登場するのでいつも以上に迂闊に書けません。ただ、「脳出血の認識があった/なかった」と言い合いをしているのは大変悲しい。現地の医者として、産科でない私ですら墨東産科が機能していない事ぐらい知っています。ましてや本件「かかりつけ産科医」には常識でした。嘔吐・下痢をただの胃腸炎と診断していたなら、そんな中、墨東に送ったりしません。そもそも救急搬送事例ですらないでしょう。明らかに脳外紹介目的での連絡なのです。
 誰がどうとかはここでは書きませんが、記者会見していた「都の担当部局」さんは、リスク管理の仕方を間違えているのではないでしょうか。これはもう、そういう話ではないのです。そんな事ばかりやってるからマスコミなんぞにつけ込まれるのです。

 私の知る限り、今のところご遺族が「騒いでいる」という情報はありません。都知事も現状にある種の理解があるようです。してみるとこの話題をことさら煽り、何の解決への道も提示せず、ひたすら世の不安感・懲悪感醸成と現場の破壊に徹しているのはいったい誰なのでしょうか。しかも全く無自覚などころか、「正義の味方」と思い上がったままで。

 本件が「医療機関同士のなすり合い」に堕され、またしても問題の本質に迫らぬまま、亡くなられた妊婦様とこれから育っていかねばならない子供が出汁にされて「紙面/番組が埋まったぜ、さて次の話題」となるのは我慢なりません。

麻酔科医麻酔科医 2008/10/23 20:16 googleさんの地図を検索すると二つの病院は、500mくらいの距離ですね。
それこそ、救急車で5分とかからない。送ったほうの当直医は、平成14年まで墨東病院に勤務していたようです。もう、送ったほうも受けたほうも女性医師で、上司がおじさんというのが、現在の産科の状況をよく具現しているような、配役です。
しかし、脳出血の症状があるとか、ないとかの瑣末なことをマスコミにさも、「誤診」のようにつつかれてしまっているのが悲しいです。
送ったかかりつけ医は、かかりつけ医ではどうにもならないという診断さえしていれば、それが、脳出血であろうと、子癇であろうと、感染症による脱水や、虫垂炎であろうと、「誤診」ではないと思います。ましてや、嘔吐下痢を主訴に電話をかけて来た妊婦の主訴が実は頭痛であり、どうやら、「頭」らしい、というところまで、診断すれば、あとは、時間との勝負で、正確さより、方向さえあっていればいい。そのあたりの「誤診」のレベルが、医学的な議論と、搬送ミスのレベルが、混同されて議論されているのが、残念です。

麻酔科医麻酔科医 2008/10/23 20:22 私は、この2人の女性医師は、合格点以上の働きをしていたと思います。それなのに、満点ではないとマスコミが責める。満点の回答が出せない設問において、満点を求めるのは、無理だろうし、満点を取れないことを責めるべきことではないと思います。
そいういう意味では、この事件を契機に、この2人がお産を辞めてしまうのではないかと心配です。

2年ドロッポ2年ドロッポ 2008/10/23 20:39 満点が絶対に取れない試験で、満点じゃないと社会的に抹殺される、、、。そんな試験はまともな人物なら受験しませんよね。受験する人はオリコウさんなんだか、社会的にアレなんだか、洗脳されているんだか、、、。まあ、私も10年以上受験し続けましたが(恥)、しかも最難関の(公立周産期)センター試験ときたもんだ(大恥)。まあ、まともな人間のする職ではないですよ。

moto-tclinicmoto-tclinic 2008/10/23 21:35 戦争にたとえると、医者は兵士で、救急は最前線、そこで戦う兵士に「いまの大砲が当たらなかったのは兵士が未熟だったせいだ」とか、「斥候が動きがのろいから、陣地を奪われた」とか、マスコミが国民を扇動してるようなものですからね〜。士気も落ちます。
国民の中には「兵隊なんだから、もっとしっかり戦って私たちを守ってくれる義務がある」と言い出すひともいるし。
鉄砲の弾が当たらなかったら、刑事罰で牢屋行き。そりゃあ、敵前逃亡と言われようが、逃げますわね、普通。

やっぱり、最低限、救急では刑事は免責にして、一定期間勤めあげたら、年金とか特別にもらえるようにしたりとか。
何よりも一般国民が、もっと敬意払うべきだし、そういう良い秩序に向けて、マスコミは論調を整えるべきでしょう。
なんで、崩壊させる方向にしか、マスコミは、論調が向かわないのかなあ。。
表向きは、問題提起を装ってはいるんですけどね。不思議だ。

moto-tclinicmoto-tclinic 2008/10/23 21:39 あれかな、こないだ、ACLSのコアインストラクターコースっての受けてきたんですが、成人教育、「ほめてやる気を起こさせて伸ばす」、これを、マスコミ全員が習得すべきじゃないでしょうか。
マスコミは、どーも褒め方が下手だ。
子供の教育なら、叱って矯正すべきでしょうけど、善意で頑張ってるひとを叱ったら萎えるばかりです。

moto-tclinicmoto-tclinic 2008/10/23 22:07 まあ、そういう意味で言うと、マスコミの記事の中からも、良いものはわれわれ医療者側も褒めて、こういうのが良い記事なんだ、ってときどきは指摘しなければならないのかもですが。
なんか、今の世の中全般に言えますよね。だれも、褒めるひとがいない。だから、人心がどんどんすさんでいく。それで、お金とか、数字で測れるものしか基準に見なくなる。
実際には、お金とかは、それで買えるものはほんとに限られてるし、一定額あれば、それ以上は使い切れずに残っちゃうものだから、持ってても役にたたないものなのだけど・・

あ”−、こんなこと書いてる場合じゃなくて、自分のクリニックのホムペ・ブログの英訳を進めなければ。。
自分で書いといてなんですが、わたしの文章って、主語述語がほんとはっきりしないし、切れ目がないんで、英訳し辛い(^^;。お金出すから、だれかやってくれんかなー。

お弟子お弟子 2008/10/23 23:31  マスコミの報道の仕方を淡々と分析すればネタとして暫く使えるなとてっきり思っていたのですが、普段はROMされているblog読者の方々にも色々おられるのでたしかに荒れる一環にはなってしまいますね。
 ん〜、小児科医中原先生の裁判の件にからんで、こういった争いで職場を安全配慮義務違反で追求するのが難しいとすると、他にはどういった手段があり得るかについて議論進めてみますか? でも2chニュース速報+ですらスレ進まないので、この話をこういった方向性にしてしまうと皆さんには興味が余りわかないところかもしれない。あと神奈川で胆摘ope書類送検とかもはや書類送検一般化してるし(検察が起訴する気があるかは知りませんが)、福島医大の混合診療?の話とか、話題は豊富でしたがもう少し詳細が欲しいかなという感じで。やっぱり毎日blog書くのはむずかしいことですね。Yosyan先生は凄いなぁ。

TOMTOM 2008/10/23 23:51  早くもあの読売ごときが、これをネタに社説で世迷い事を言っています。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20081022-OYT1T00782.htm
 もう、事実誤認と我田引水、「だからボクちゃんが言ったじゃないか、具体的な事は何にも決めないけど。」のオンパレード。しかもその提言とやらは実行性に乏しく、実行したところで目的を果たせないのは目に見えているシロモノ。
 あぁだめだ。こういう連中を見ると、虫酸が走ります。どうしてこんなに卑しいんだろう。こいつらは一度でも、ものを真剣に考えた事があるんだろうか。

moto-tclinicmoto-tclinic 2008/10/24 00:25 >「読売新聞は先日公表した医療改革案で、医師を計画配置するとともに、きちんと機能するERを全国400か所に整備することなどを提言した。国や医療界は本気で検討し、取り組んでほしい。」
----
整備するも何も、箱なんか、すでにいくらでもあるわけで、問題は「兵士」である医者の士気の問題なんですが、解ってるのか解ってないのか、不思議とそこは避けるのだなー。
医者がいないいないと言うけれど、わたしも含めていっぱいいるわけで、そういう人たちが、「救急にいこう。ひと働きしよう。」っていう気になるような環境作りがなされなければ、いつまでたっても巣箱は空のままだってことになんで気がつかんのかしらん。
なんで合理的にものごと考えられないのだろう?
お金の問題じゃないですよ。いくら報酬高くったって、リスク高けりゃ兵隊集まりません。
救急での刑事免責は最低限保証される必要があるし、なにか、お金に代えられない名誉なり、特典与えなければね。
お金欲しければ、なにも救急じゃなくても、いろいろあるもの。美容とか(^^;。

+61+61 2008/10/24 00:34 TOM様
> こいつらは一度でも、ものを真剣に考えた事があるんだろうか。

ない、ない。そんなの期待したって無理ですよ。
高校や大学の先輩・同級生・後輩でマスメディアに就職した連中が身の回りで7、8人いますが、深い洞察力を持ったのなんて1人だけです。
マスメディアに就職する多くの連中なんて、主たる志望動機は「目立ちたい」ことです。あるいは勘違いの正義漢。
新聞ですらそう、いわんやテレビに於いておや。

HajimaruHajimaru 2008/10/24 06:04 「8つの医療機関で受け入れ不可能」、それは今日も明日もおこっている’日常の風景’。・・・というのがこの事件の問題という認識が報道する方々に理解されていないようですね。今回の事件だってYosyan先生の時系列を見ても、この件がなくても忙しい現場に
8:18 救急車で墨東病院に到着。救急車内で意識レベル低下。
8:30頃 脳卒中が疑われるため、脳外科医の当直医が対応
9:41 帝王切開で出産
10:24 頭部の血腫除去術を開始
なんて(しかも子どもは無事らしい)、どんなにすごい事か。
 全力をあげて対応してくれた、この人たちこそ表彰モノです。

その上で、事件化させるのでなく、「もう少し**したら、さらによかった」という方向に論議を進めていく冷静さ・・
妙な期待感で記事をまとめるのでなく、過去にYosyan先生がまとられたmapのように、これからの現実を報道してほしいものです。

YosyanYosyan 2008/10/24 08:32 どういう風にマスコミ論調が展開するか関心をもっていたのですが、どうもシステムの運用の問題に矮小化させて幕引きするように感じています。システムの問題への矮小化の前提は「東京の医療は大丈夫」です。大丈夫なのに手違いが起こって今回のような事になったとの主張です。

まあ、それでもなんですが、これまでなぜか東京のこの手のニュースは悉く伏せられていましたので、「取り上げた」の一点のみは評価しなければならないのかもしれません。考えようによっては全国ニュースに何かの手違いで流れてしまい、これを小さく話をまとめるように関係者からの圧力がかかっているのかもしれません。そういう事がおこるのも東京じゃないかと考えています。

信仰告白信仰告白 2008/10/24 10:39 Yosyan先生
時系列表ですが、最初の受け入れ可否問い合わせは、午後7時ではなかったかと思います。
hajimaru先生がお書きのように、「全力をあげて対応してくれた、この人たちこそ表彰モノです」に1票です。

tera2005tera2005 2008/10/24 10:51 性懲りもなくバカ丸出しのコメント
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/niigata/news/20081023-OYT8T00899.htm
新潟大学医学部産科婦人科学教室の田中憲一教授は、今回の問題を「都市部の東京は(医師数も病院も)多いので、患者に対する無関心もあったのでは」とした上で、「新潟は、医師同士が知り合いで、連携が取れずに受け入れ手が見つからないケースはないはず。医師が少ない中で全員が協力して何とか維持している」と話した。2008年10月24日 読売新聞

てらてら 2008/10/24 12:53 新潟大学医学部は免疫革命の安保先生といい、hotな人材が豊富ですな…

cvbcvb 2008/10/24 19:03 みなさんどうして、「マスコミは、意図的に日本国のインフラを破壊している。」と考えないんですか?

TOMTOM 2008/10/24 19:08 >cvb様
 奴らは意図的に何かできるほど優秀ではないからです。

ミヤテツミヤテツ 2008/10/26 00:21 ただ、単に、中原先生事件(小児科医自殺労災事件、国は労災と裁判で認定するも、雇用者の病院は安全配慮義務なしで、民事で裁判2審目)の判決結果報道日と合わせて報道しただけではないでしょうか。この判決結果(敗訴、病院責任なし、電通事件と違い、医者は過労で、うつ状態で、自殺しても勝手に死んだだけ)を普通の人が見れば、今、医療者が辞めたくなる状況がわかると思いますので、そういうことを考えさせないようにしているためと思います。
だから、この微妙な日に合わせて報道したこと自体、逆にマスコミの悪意、国の意図を感じます。
高裁判決ですから、最高裁がありますけど、難しそうな気がします。でも国相手の裁判で労災認定されても、雇用者の民事責任が否定されるなんて、なんという司法の考え方かと思いますけど。

>Yosyan先生
>まあ、それでもなんですが、これまでなぜか東京のこの手のニュースは悉く伏せられていましたので、「取り上げた」の一点のみは評価しなければならないのかもしれません。考えようによっては全国ニュースに何かの手違いで流れてしまい、これを小さく話をまとめるように関係者からの圧力がかかっているのかもしれません。そういう事がおこるのも東京じゃないかと考えています。

じゅんじゅん 2008/10/26 13:52 http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%91%8d%8d%87%8e%fc%8e%59%8a%fa%95%ea%8e%71%88%e3%97%c3%83%5a%83%93%83%5e%81%5b&EFSNO=7561&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=19
リンク先が長くてスミマセン。
通達なので、法令ほどの拘束力はありませんが、
総合周産期母子医療センターには、「母体・胎児集中治療管理室」と、「新生児集中治療管理室」の設置が求められていて、それぞれに望ましい医療従者として
母体・胎児集中治療管理室は、「二四時間体制で産科を担当する複数の医師が勤務していること。」
新生児集中治療管理室は、「二四時間体制で常時新生児を担当する医師が勤務していること。」です。
今回の報道によると、1人しかいない産科医師は当直と報道されています。
24時間体制で産科医師が勤務していないとダメなのに、当直???
この病院を総合周産期母子医療センターに指定した人の責任は、問われるべきでしょう。

YosyanYosyan 2008/10/26 14:13 じゅん様

厚労省は交代制勤務も当直制勤務も「勤務」としては同じと見なしています。証拠と言うほどのソースではないのですが、2008.3.7時事通信記事に、

----------

 全国で妊婦が病院をたらい回しにされる問題が相次いでいるのを受け、厚生労働省は、全国に200カ所余りある救命救急センターの評価方法を見直すことを決めた。新たな評価では、救命センターに勤務する医師が夜間や休日に当直勤務制ではなく交代勤務制なら点数を加える。7日開かれた「救急医療の今後のあり方に関する検討会」で了承された。

----------

救命救急センターも24時間稼動を義務づけられていると考えますが、読めばわかるように当直制「勤務」であっても「勤務」として正々堂々と容認しています。労基法問題は長くなるので略しますが、厚労省的には墨東病院が当直であった事はno problemです。

PINGUPINGU 2008/10/27 10:59 はじめまして。私は埼玉に住んでいる一般人です。確かに、私が住んでる市には、大きい病院がありません。ところで、今、助産婦さんは、どういうポジションにあるのでしょうか?
私は、お産婆さんに取り上げられ、産まれました。助産婦さんの出来る範囲が広くないのは知っていますが、ちょっと気になったもので。。

妊婦妊婦 2008/11/05 15:02 >いいことです。本来なら加藤医師が逮捕された時点で全産科医がやめるべきだったんです。未だに産科医なんかやってるくらいバカなんですから言ってもせん無い事ですが…

この発言、妊娠してる女性からみると、国や馬鹿にしているマスコミの対応より無責任だと思うのですが。。。
この現状でも逃げずに産科医を続けている方たちのおかげで、今でも子供は生まれてきます。尊敬こそすれ、文句ばかり言ってる人が馬鹿にして良い対象では無いと思います。

まゆみまゆみ 2008/11/05 16:10 私は5年前、妊娠33週で脳動脈瘤派裂によるくも膜下出血で気を失い帝王切開で子供を出産しました。
幸い私の場合は救急隊員の方が脳の異常に気づいてくださり、受入拒否もなく処置が早く済んだため、母子ともに後遺症もなく元気に暮らしています。

当時の医師のお話では私の若さで破裂というのがとても珍しいということ、原因がとくにわからず、妊娠が要因かもしれないとのことでした。

当時は家族もびっくりするだけでしたが、その後妊婦が脳卒中で亡くなるというニュースを何回か耳にして拒否の問題だけに焦点があたっていますが、妊婦の脳卒中について昔と今での発生人数の違いや、もし増加しているのであればその危険性をもっと世間に知ってもらうことも必要なのではないかと感じています。

今回の受入拒否についても脳の異常がわかっていればすぐに受け入れたとテレビで病院の方がおっしゃっていました。それならば妊婦が頭痛、嘔吐と言われた時に原因の一つに脳卒中を高い位置に入れるべきなのではないかと・・・。

そして、個人的に気になることは一度妊娠中に破裂した人間は次に妊娠したときにも破裂の可能性があるのか、それは高いのか・・・
もし、わかるお医者様がいらしたら教えてほいしです。