新小児科医のつぶやき

2010-05-10 口蹄疫と消毒薬

口蹄疫のお話は出来れば回避したいと思っていました。あまりにも知識が無いのと、中途半端に書いて無用な風評被害を起したくないと考えていたからです。幸か不幸か理由はわかりませんが、なぜかマスコミも口蹄疫には非常に関心が薄いようです。後は粛々と感染の拡大を食い止める作業が進み、感染が終息してくれるのが一番理想的な展開と今でも思っています。

風評被害がどれぐらいになっているかはわからないのですが、どうやら肝心要の対策が全然「粛々」と進んでいないようです。そうであるなら敢えてこの件に触れておく方がメリットがあると思い直しエントリーをあげます。

口蹄疫とはになるのですが、非常に大雑把な説明だけしておきます。偶蹄目と言いますから具体的には牛や豚に広がる感染症で、症状としては人間の手足口病に少し似ているとされます。ただし似ているのは症状の見た目だけで、実質は天と地ほども違います。口蹄疫に罹患しただけで牛や豚が短期間で死亡するわけではありませんが、徐々に衰弱して死亡するだけでなく、病気の影響で子孫は殆んど残せなくなるそうです。

そのうえ問題なのは感染力の強さが超弩級であることです。インフルエンザなど目じゃありません。接触はもちろんこと、風が吹いても広がるとされ、手紙に付着して、人の手を仲介して感染することもあるぐらい強力だそうです。簡単に言えば、一度発生すれば加速度的に感染が拡大し、広い範囲で壊滅的な打撃を受ける伝染病です。頼りない知識ですが、今日エントリーを書く上の知識としてはこれぐらいで十分かと思います。


そういう超弩級の感染力を持った口蹄疫ですが、これも残念な事に治療法がありません。できるのは封じ込み作戦になります。超弩級の感染力がありますから、初動が重要であるのは誰でもわかります。この封じ込み作戦の具体的な内容は、

  1. 感染した牛や豚のでた畜舎は速やかに全頭屠殺処分とする
  2. 屠殺してもそこから感染するので、速やかに地中に埋める
  3. 発生畜舎だけではなく周囲を根こそぎ消毒する
  4. 感染地域の人の出入を可能な限り制限する

人の服やクルマのタイヤからでも感染は広がりますから、関係者への絶え間ない消毒、屠殺や埋めるのに使った器具も消毒、畜舎やその周辺の消毒、と素人が考えただけでもテンコモリの消毒薬が必要なのはすぐにわかります。また交通管制をある程度行なわざるを得ないので、行政が前面に立って封じ込み作戦を行なう必要があります。

イギリスで発生したときには当時のブレア首相が陣頭指揮を取り、選挙まで遅らせてこの対策に当たっています。つまり口蹄疫は畜産事業にとって国家的な問題であり、速やかに大規模な行動を起す必要があると言う事です。


知識が怪しい部分が多々ありますが、重要な事は口蹄疫が畜産業界にとって非常に深刻な感染症である事は常識であり、感染症の正体も、その対策法も手探りではなく確立していると言う事です。問題は確立していてもそれを実行するのが個人レベルでは不可能で、県レベルでも十分でないという事です。この事もまた畜産業界の常識であるとしても良いと思います。

宮崎ではとにかく消毒液の確保に走り回ります。封じ込み作戦のためには消毒液を確保しないと次に進まないからです。もちろん国にも口蹄疫発生の届出は速やかに行なわれます。宮崎で口蹄疫が発生したのは4/20なんですが、4/22の衆議院農林水産委員会でも取り上げられています。これは天漢日乗様のところからの引用なのですが、モトネタは江藤拓議員のサイトにある4/22の議事速報(PDF)です。

江藤委員

     (略)これは緊急事態でもありますので、お許しをいただきまして、ぜひ口蹄疫につきまして質疑をさせていただきたいと思います。(略)

     昨日は(略)JA、それから市町村、そしてまた生産者の方々、関係者の方々にたくさんお集まりいただいて生の声を聞いてまいりましたので、ぜひ大臣にお聞き届けをいただきたいというふうにおもいますので、よろしくお願いを申し上げます。

     そこでまず聞かれた声、それは十年前の対策と比べて非常に初動が遅いと。(略)初動が遅い、不十分だという声が多く聞かれました。農水省は防疫関係とかこういうものに精通した人間を急遽派遣したということでありましたけれども、一体これは役に立っているのか、何をしているんだという批判の声が強く上がっておりました。

     大臣にお尋ねします。

     (略)(十年前の口蹄疫発生当初に)百億円という金を最初ぽんと出しました。これはつかみ金だったという批判はあるかもしれません。でも、これが、農家の方々、この人たちにまず安心感を与えたんですよ。それなら思い切って対策を打てる、頑張れる、そして再建ができるという希望を与えたんですね、地域の方々に。

     ですから、今、予算は心配していないというようなお話をされました。しかし、ALIC(=独立行政法人農畜産業振興機構)も、今回の畜酪対策で二十二年度末には二百億円しか残らないでしょう。そういう状況になるとやはり心配ですよ。ですから、国として金額を明示して、これだけはきちっと用意したから。余ったら余ったでいいじゃないですか。やはり金額を明示することが大事だと私は思いますが、大臣のお考えをお聞きしたいと思います。

赤松国務大臣

     時代がもう違いますから、例えば、かつて平成十二年のときは、南九州三県の市場再開後のPRに使えといって各ところに百万円ずつばんばん渡してというもあるんですね。では、果たして今そういうやり方が国民に納得していただけるのかというところは、正直言って難しいと思います。

     ただ、私どもは、当時、その後の鳥インフルエンザのときもそうですが、消石灰その他が足りないとか、まきたくてもまけないとかいうことがあったものですから、そういうことはないように、少なくとも今発生している宮崎県については、県内の発生してないところも含めて全域に、これはもう十分の十、全額国費でまずまこうということで、これも、本日朝、財務省の主計局の了解もとって、直ちに取り組めるような形にさせていただきました。

     あと細かなことはいろいろありますけれども、これは後で副大臣、政務官からまた御説明をさせますけれども(略)きちっとした対策をお伝えしておるつもりでございます。(略)

江藤委員

     十年前と事情が違うのは当たり前なんですよ。そんなことは、当たり前なんです。

     百万円を市場に渡すのは悪いと言いましたけれども、これは絶対に要りますよ。一番市場が心配していることは、次に市場が開催されたときに(略)購買者の方々が(略)ちゃんとまた宮崎県に足を運んでいただけるかどうか。そういったときの運送賃とか、そういうものにも使ったんですよ。絶対必要ですよ。国民の理解は得られますから。それは、大臣、認識が違います。

     そして十年前と確かに事情が違いますよ。言いますと、例えばえさの値段、今は建て値でトン当たり五万二千円ですね。非常に高いです。十年前は三万二千円でした。二万円違うんです。もっと細かく言いますと、牛一頭当たり、いわゆる繁殖牛でいいますと約一万七千円、肥育では二万円だったものが、どんとはね上がっているんですよ、一頭当たりの負担が。そして、リーマン・ショック以来のいろいろな問題があって、枝肉の価格も低迷、子牛の価格も低迷、農家の体力はどんと落ちているんですよ。

     ですから、百億円以上の対策が私は必要だと思いますよ。まず、農家に安心していただく。我我は再建できるんだ、この困難に対しては十分な支援を国がしてくれるんだと。それは数字ですよ、大臣。数字です。(略)

     そして、蔓延防止対策ですけれども、小林市(略)皆さん方は遠くから牛を引いてきました。八時半の時点で急遽競りをやめました。移動制限区域ではありませんよ、小林市ですから。全然遠いところです。鹿児島でも、実は昨日から競りをやめることが決定されました。こういったところにも、制限区域に入っていなくても、手厚い支援をしなかったら、生産基盤が崩壊してしまうんですよ。ちょっと取り組みが緩いんじゃないですか。(略)

     十年前は、OIE、国際機関ですけれども、宮崎県は非常に高い評価を得ました。ちょっと読みますと、宮崎の初動防疫は日本の畜産、獣医の底力が世界に示された快挙である、関係機関が一体となって、延べ一千四百人を配置した貿易体制は世界に例を見ない、こういう評価をいただいたんです。この背景には、やはり国が十分にバックアップをしてくれるというものがあったからこういう態勢が組めたわけでありまして、このことをご理解いただきたいと思います。

     そして、さっき、財務省との協議がどうたらこうたらと言っていますけれども、(略)ALICの金があるじゃないですか、副大臣。そうでしょう。関係ないじゃありませんか。その金をすぐ持ってきてくださいよ。

     そしてまた、一つ申し上げておきます。非常に必要なのは防疫体制なんですが、普通の消毒薬では口蹄疫には効きません。一番一般的に言われるのはビルコンSという薬なんですが、これが全く品薄です。手に入りません。(略)

     ですから、ぜひ国においては、まずは発生県、その一番被害を受けている県にこのビルコンSのような消毒薬がおくれることなく渡るように指導していただきたいと思いますが、副大臣、五答弁を求めます。

山田副大臣

     初動が遅いというお話でしたが、決してそんなことはないと。

     最初の擬似患畜が確認されたのは夜中の十二時だったんですが、(略)朝の八時に、大臣、副大臣、政務官、そろって対策本部、会議を開かせていただきました。(略)

     ただ、金を百億持ってきたから安心できるとかという話では思っていまして。(略)

江藤委員

     対策本部を霞ヶ関につくたってしょうがないんですよ、正直言って。現場の対策本部が動かなければだめなんです。

     例えば畜連で話をずっと朝から聞いていましたけれども、十年前は発生した日の朝から農水省からファックスでいろんな資料ががんがん届いて、いろいろな指示が飛んだそうです。きのうの昼の時点で農水省から児湯畜連にファックスはゼロですよ、ゼロ枚。何の御指示も何もない。そうしたら、現場の人たちが初動が遅いと感じるのは当たり前じゃないですか。一体国は何をやっているんだと感じるのは当たり前じゃないですか。(略)

     低利融資の話もありました。これをやるのは当たり前です。(略)しかし、当座の資金繰り、これは非常に大事ですよ。これは急がなければなりません。

     例えば繁殖農家について、(略)種付け。今、中止しています。できませんから。人工授精師は収入がありません。これに対しても考えてください。

     それから、繁殖農家は、一年一産、これが基本ですよね。一年一産すれば、大体経営的には回っていく。種付けができなければ、一年一産の生産計画は完全に狂ってしまいます。これも考えなければなりません。

     そして、今週末に行われるはずだった競りも中止になりました。そうなると、一カ月延び、二カ月競りが延びれば、体形はでかくなり、体重もふえてしまいますね。副大臣ご存じのとおり、こういう牛は安く買いたたかれるのですよ、必ず。そして、えさ代もその間ずっとかかるわけであります。それも踏まえた対策を繁殖農家に打っていただかないと、今、ぎりぎりの状態でみんな頑張っているわけですから、十分考えてください。(略)

     すべて国費で、全額負担でやっていただきたいというふうに思います。

     肥育農家対策について申し上げますけれども、(略)今月までの支払いは何とかなる。(略)しかし、来月になったら、もうにっちもさっちもいかぬというふうにみんな言ってます。(略)支払い猶予とか、そして制度資金、今お話がありましたけれども、早くやってください、早く。来月(つまり今月)じゃ間に合いませんよ。もう連休明けなんという話をしていたら、これは間に合いません。はやくやってください。

     そして、屠畜場であるミヤチク。これも制限区域内ですから、今屠畜ができません。受け入れ中止になっています。これは全部、いわゆる高崎の方に移さなければならないわけですが、そうなると、例えば椎葉とか高千穂とか延岡、日向、物すごい遠いですよ、牛を運ぶのに。この運送費、こういったものを見ていただかなきゃなりません。

     (略)酪農について申し上げます。

     ぬれ子(=生まれたばかりの乳牛の雄仔牛)は、御存じのように、六十日を超えたら肉用子牛補給金制度の対象にはなりません。ですから、これを超えても、例えば百二十日以上たっても大丈夫になるように、この延長を絶対してください。

     そして、ぬれ子のえさ、これは粉ミルクですけれども、これが今、一俵当たり一万円以上に価格が高騰しております。もし、酪農家が六十日を越えて自分のところで肥育するということになれば、えさ代が莫大にかかるんですよ。この分もちゃんと考えてください。

     それから、発生した酪農家、(略)全頭屠畜です。(略)北海道から今(新しい乳牛を)買ったら、六十万を超えますよね。六十五万ぐらいじゃないですか、一頭当たり。これを自分の金でやれということであれば、無理です。(略)酪農家の声としては、ぜひ全頭屠畜する場合は、この導入資金は全額国で見てほしい、そうじゃないと立ち上がれない、もう離農するしかないとみんな言ってます。

     (略)そして、酪農家の皆さん方を手助けするヘルパーの皆さんとか、それから乳牛検査員の皆さんもみんな今活動停止です。この人件費についてもぜひ見ていただかないと、非常に厳しいことになります。

     そして、非常に問題なのは養豚対策ですね。(略)

     そして、宮崎県の場合は母豚が五百とか千とかいる大規模な農家が多いんですよ。こういうところは今パニック状態に陥っています。豚価は安い、そして出荷はできない。(略)八十五キロを超えたら、脂肪がつき過ぎて値段が安くなります。出荷できなくなります。しかし、えさ代がかかります。月一万二千円かかります。(略)出荷はできない上に、一万二千円も一頭当たりえさ代がかかる。もうこれは倒産寸前ですよ、このままでは。

     だから、初動が遅い。(略)

     そして、一番の問題は、行政の指導によりまして、いわゆる排泄物、廃棄物、これが今農家で全部滞ってしまっています。(略)

     今、養豚農家は自分の敷地から出せないんですよ。どうしてですか。行政の指導によって、これは絶対おかしいですよ。(略)

     これはパニック状態に今陥っておりますけれども、副大臣の御認識をお聞きします。

山田副大臣

     今、江藤委員からのお話を聞きながら、本当に現場がまさにそういう状況であることを、よく承知させていただきました。(略)

江藤委員

     ですから、今始めて聞いたというのは一体何なんですか。そんなこともわからないで、八時半に対策本部をつくったから初動は早かったなんてよく言えますよ。全然だめじゃないですか。私は農水省に確認をしましたけれども、家畜防疫員の許可をとれば搬出できるんですよ。前回は搬出しているんです。今もどんどん養豚農家にはそういう廃棄物がたまりにたまっているんですよ。何で指導力を発揮しないんですか、この政権は。もっとちゃんとやってください。私は怒っていますよ、正直言って。

出来るだけ短く要約すると、江藤委員が「初動が遅い」との指摘に対し「夜中の12時に連絡を受けて朝の8時には対策本部を開いた」と山田副大臣は答弁されています。でもって何をしたかといえば、

    きのうの昼の時点で農水省から児湯畜連にファックスはゼロですよ、ゼロ枚。何の御指示も何もない。

まあFaxが洪水の様に来るのも考え物ですが、発生から2日経っても「ゼロ枚」と言うのも極端です。何もしていないとの指摘がなされても仕方が無いところと思います。それとおそらく江藤委員は前回の宮崎への対策を念頭に置いての指摘をされていますが、赤松大臣は

    時代がもう違いますから

時代と言っても10年前なんですけどおそらく「与党が違う」と言いたかったのかもしれません。ちゃんと対策をやってくれればそれで良いのですが、トドメが山田副大臣から出てきます。

    今、江藤委員からのお話を聞きながら、本当に現場がまさにそういう状況であることを、よく承知させていただきました。

ジョークを飛ばされたのでしょうか。解釈に悩むところです。もう一つこの質疑応答のポイントを挙げておくと、赤松大臣の答弁ですが、

    少なくとも今発生している宮崎県については、県内の発生してないところも含めて全域に、これはもう十分の十、全額国費でまずまこうということで、これも、本日朝、財務省の主計局の了解もとって、直ちに取り組めるような形にさせていただきました。

少なくとも宮崎県には十分な消毒薬を「全額国費」で供給すると明言されています。さて赤松大臣ですが、この委員会質疑が終わった後に外遊に旅立たれています

平成22年4月30日(金曜日) 成田発

ご帰国遊ばされたのは5/8みたいですが、赤松大臣が外遊に出発遊ばされた4/30に自民党の口蹄疫対策本部(そんなもの作ったんだ!)が記者会見を行なっています。

D

この8:44頃に有名になったフレーズがあります。

「消毒剤を確保しましたと・・全県にこれでいきわたりましたという事でありますけど、アレ・・江藤先生、どこどこが用意したんでしょうか?」

「えー、宮崎の場合はですね、国からはまったく・・消毒液一箱も届いておりません。届け先はですね・・町で単独で注文した物、 それから、宮崎県・・・農協の経済連が注文した物、宮崎県の畜産業界が調達した物でまかないました。プレス発表では、 国があたかも配ったように報道されておりますが、まったくの誤報であります。皆さん方(マスコミ)の責任ではどざいません。」

赤松大臣が全額国費で宮崎に撒くと国会で明言されたのが4/22で4/30になってもまったく配布されていないとしています。これはその後の続報でも事実のようです。なによりこの自民党側からの指摘に対し一言も反論していないのが証拠とも言えます。消毒薬に関しては農林水産省の4/30付プレスリリースに、

宮崎県全域を対象とした全額国庫負担による消毒薬の散布

こう明記されていますが、これは4/21早朝に東京で対策会議を「素早く行い」、4/22の農林水産委員会で「全額国庫」でと答弁し、4/30になって「これから配布する予定」との対策でしょうか。消毒薬についての認識は4/22付の山田農林水産副大臣の記者会見概要でも触れられています。

 消石灰が足りないのではないかということなのですが、今、調べさせてみたところ、何とか、そんな足りないという状況ではなさそうな気がしているのですが。何か、ビルコンSとかという、いわゆる液体の、薄めて使う、養豚農家、よく使っているらしいのですが、それが、ちょっと使いやすいので、成分は消石灰みたいですから、それが欲しいというお話のようですね。それもあるのだったら、すぐに手配したいと、そう思っておるところで、何とか、まずは、全面的に消毒を徹底してやってと。

 ただ、潜伏期間が7日間と言われておりますが、もうすぐ、皆さんにプレスリリースするかと思いますが、4例目の、どうやら疑似患畜が確認されました。やはり、同じ地域なので、すぐ近くなんですが、何とか、これは、繁殖肥育農家で、65頭ぐらい飼っているのかな、ちょっと、まあ、殺処分という形になるかと思います。今週、潜伏期間が1週間なので、移動制限してから1週間経たないと、ぽつぽつと、こういうのが出てくる可能性は、まだあるのではないかと。

 しかし、いずれ、この10キロ(メートル)の範囲内でのことなので、ここで完全にしっかりと消毒をやれば、十分封じ込めることはできるのだと、そう確信しております。

なかなか優雅な御認識で、基本は、

    そんな足りないという状況ではなさそうな気がしているのですが

しっかり駄目も押されているようで、

    記者:「宮崎で足りないということはないというふうに見てよろしいわけですね、消石灰のビルコンSは。」
    山田:「そう思ってますが、もし、実際、足らないようなことがあれば、手配して、どこからでも持って行くようにという話はしております。」

かなり事態を軽く認識されている事が確認できます。そんな程度の認識の農林水産省の消毒薬認識ですが、5/2付朝日新聞には、

 宮崎県で発生した口蹄疫(こうていえき)の感染拡大の防止に使う消毒薬が九州各県で不足している。大分県は消毒薬1トンを購入しようとしたが、宮崎、鹿児島、熊本も必要としているため品切れとなり、250キロしか確保できていない。専門家は、発生に備えて普段から十分な消毒薬の備蓄をする必要があると指摘している。

 口蹄疫のウイルスは酸やアルカリに弱く、消毒には塩素系の消毒薬や炭酸ソーダ、消石灰などが用いられている。

 大分県によると、発注した消毒液はヨーロッパからの輸入品のためすぐには手に入らない。その上、輸入会社が家畜の数で優先順位を割り当てているため、宮崎、鹿児島、熊本が優先され、その次の順になっているという。

 大分県は現在、県内2430戸の畜産農家に20キロ入りの消石灰1万8400袋を配布し、散布して消毒を徹底するように指示。県家畜衛生飼料室は「消毒液は希釈するので、ある程度は使用できるが、急いで確保したい」と話している。

 熊本県も消毒薬2.5トンを確保しようとしたが、品切れで入荷のメドも立たなかったため、急きょ別の消毒薬を手配した。5月中には十分な量を確保することができる見込みという。鹿児島県は炭酸ソーダや消石灰を使って消毒しているが、必要量の半分も確保できていない。

 末吉益雄・宮崎大農学部准教授(動物保健衛生学)によると、消石灰は口蹄疫のウイルスに効果があり、環境に負担が少なく、汚染地帯が見た目にもわかりやすいなどという利点がある。しかし長靴や輸送車両のタイヤの消毒などに液状の消毒薬が必要で、末吉准教授は「隣県は十分な量を保有しておく必要がある」と話している。

たぶんなんですが農林水産省の政務三役の消毒薬への認識は、

    いずれ、この10キロ(メートル)の範囲内でのことなので、ここで完全にしっかりと消毒をやれば、十分封じ込めることはできるのだと、そう確信しております。

10km四方に使うだけなので在庫は十分あるし、騒ぐほどの事もないと判断していたと考えられます。ですから消毒薬の確保も地元任せであり、大した問題では無いので赤松大臣は勇躍外遊にお出かけになられたと考えれます。


あんまり結果論で責め立てるのは良くないのでしょうが、少々危機管理意識が薄かったような気がしています。私は口蹄疫について素人なので、焦点を判りやすい消毒液になるべく絞って話を書いてみましたが、どうにも農林水産省と言うか、大臣を始めとする政務三役の意識は甘かったと言えそうです。

私の口蹄疫に対する知識は文字通り泥縄です。泥縄でも大変な感染症であるのは理解できました。赤松大臣がどれほど口蹄疫についての知識を持たれていたかは不明ですが、そこは農林水産省ですから病気についての知識を得る事は容易のはずです。10年前に国内の先例もあり、少なくとも新型インフルエンザより対策は立てやすかったと考えられます。

公式記録に残されている大臣を始めとする政務三役の今回の口蹄疫に対する認識は軽視は言いすぎとしても、かなりの楽観視であったと言っても差し支えないと思います。楽観視されたのは自らの知識と情報の上でそう判断されたのか、官僚なりのレクチャーや報告を聞いた上でそう判断されたのか不明ですが、残された対応の結果ではそうとしか考えられません。

初期の判断において楽観視するのは一つの判断ですが、4/20に発生が報告されて4/30に外遊に赴くまでの間にこれを修正するチャンスはなかったのでしょうか。楽観視するのと情報収集を怠るのは別の話です。口蹄疫自体が重大な感染症である知識は速やかに得られたはずですから、判断が楽観的であったにしても、楽観的に経過するかどうかの監視は怠ってはならないはずです。

封じ込み作戦を展開するのにまず確保しなければならないものに消毒液がある事はすぐにわかるはずです。これも初動時に10kmの範囲内の消毒に必要な国内在庫の確認を行なったであろう事はわかります。ここで問題なのは国内在庫の確認の次に、迅速に感染地に消毒液が送られたかどうかを監視しておく必要があると考えられます。初動時の大切さも十分わかっているはずだからです。

国費で消毒薬を配布すると明言しているのですから、幾ら買い付けて、それがいつ感染地に到着して受け渡されたかの報告が赤松大臣に行なわれるはずです。楽観視の判断であったから外遊に赴かれたのでしょうから、せめて消毒薬の手配がどうなっているかを確認してから外遊するべきだと思えます。もちろん口蹄疫感染の拡大の判断も必要です。

どうもなんですが、赤松大臣の判断の元は、委員会質疑で「時代が違う」と答弁された10年前の流行であるように感じます。10年前は1000頭程度の処分で感染の終息に成功しています。だから今回もその程度であろうの判断です。先例を経験として活かすのは悪い事ではありませんが、口蹄疫の流行はいつも小さいものではないのは諸外国の流行を見ればわかるはずです。

10年前と同様に軽く済む可能性もありましたが、逆に大流行する可能性もあるという事です。初期の楽観視の判断を必ずしも非と言い切りませんが、楽観視の判断とは別に、常に事態の悪化への監視をしておくと言うのが危機管理のように思います。楽観的観測で事態が終息すればそれでよしですが、一方で事態が悪化・深刻化しても対応できる体制を備えておくのが危機管理です。

外遊の判断も、初期に楽観視した情勢が本当に楽観的に終息している事が確認できてから行なうべきではなかったかと考えられます。発生から10日間の間に初期の楽観視した判断材料に変わりはなかったのかと言う事です。口蹄疫対策の直接の責任者は農林水産大臣であり、事態が悪化・深刻化したときには農林水産大臣の迅速な判断が必要になります。外遊・不在となれば対策が後手に回る懸念が出てくるからです。

発生から数日時点の楽観的な判断はまだ仕方がないにしろ、10日目の4/30時点でも本当に楽観的判断を変更するような報告は無かったのかを疑問視せざるを得ないところです。さらに言えば重大問題ですから、外遊中にも続報が次々と赤松大臣のもとに届られているはずです。その報告を読んでも外遊を中断して帰国し、対策に当たるという選択枝はなかったのかと素直に感じます。

これは失礼に当たるかもしれませんが、判断の基礎が「外遊したい」であり、外遊するためには口蹄疫感染が10年前と同様に小規模で終息しなければならないとの考えですべてを判断していたんじゃないかの批判の余地さえ生まれかねません。赤松大臣が日本にいたら感染が小さく終わったかどうかはわかりませんが、深刻な事態の展開している時に責任者が不在と言うのはあまり歓迎すべき状態とは言いにくくなります。

もう一つ鳩山首相の対応です。パフォーマンスであっても宮崎に行くべきであったような気がしています。首相が宮崎に行ったところで変わりは無いという意見もありますが、首相が県知事や担当者の悲鳴を直接聞き「政府は可能な限りの対策を至急に行なう」ぐらいの声明を現地で発表するのは政治的なアピールとして有効と思います。

現首相のお言葉は軽いのが特徴ですが、それでも首相の発言ですから、感染地の人々を勇気付けるぐらいの効果はあると思います。安倍元首相が地震の被災地を訪問した事があります。あれもどうかの賛否両論はあるにはありましたが、それでも首相が現地入りした心理的効果は評価できるものです。

まあ鳩山首相もそれぐらいは考えたかもしれません。ちょうど普天間問題もあり首相はGW中も国内に留まっておられましたから、日帰りで宮崎に出かける考えぐらいは出ていても不思議ありません。この辺は藪のうちですから、ひょっとしたら外遊した赤松大臣からの楽観的な見通しで安心しきっていて気にもしていなかった可能性もあるにはあるからです。

ただなんですが、良く考えれば首相の宮崎入りにも重大な障害があります。口蹄疫の感染拡大防止の意味はさておき、宮崎で首相声明を出す時に所管大臣である農林水産大臣が外遊で不在と言うのは締まりません。首相が現地入りしているのに農林水産大臣が不在では政治的に格好がつかないという判断です。

考えてみれば最近の農林水産大臣ポストは少々祟られています。これはwikipediaからですが、

省庁再編後、2001年に就任した武部勤BSE問題を巡る失言などで強い批判を浴び、後任の大島理森は様々な疑惑から事実上更迭された。続く亀井善之は離任後まもなく病に倒れて死去している。2004年に就任した島村宜伸は翌年の郵政解散直前、閣議で衆議院の解散に反対して閣議決定への署名を拒否し、辞表を提出したが、小泉純一郎首相により罷免された。島村の罷免を受け、副大臣から昇格した岩永峯一も離任後に献金問題を指摘された。2005年に2度目の就任を果たした中川昭一(初代農林水産大臣である中川一郎の子息)は無難に職務をこなして退任したものの、4年後には財務大臣辞任、落選の憂き目を見て、2009年10月に父・一郎より1歳若い56歳で急逝した。

特に2006年9月26日に発足した安倍内閣では農相の交代が頻繁に起こっており、最初就任した松岡利勝は光熱水費問題を国会で追及され、戦後の閣僚としては初めて在任中に自殺。若林正俊の臨時代理を経て後任の赤城徳彦も自身の数々の疑惑により、これが一因で7月の参院選における自民党敗北を招いたとされ、2007年8月1日に事実上の更迭、2009年の第45回衆議院総選挙は落選した。

そして、若林正俊環境大臣の兼任を経て8月27日に発足した安倍改造内閣では遠藤武彦が就任するも、置賜農業共済組合掛金不正受給問題などを追及され、9月3日に辞任。在任期間8日間という近年では稀に見る異例の事態となった。後任はまたも若林。同一政権下で臨時兼任も含めると3か月余りの間で3度目の農相就任となった。更迭という事態にはならなかったが、2010年4月に参議院本会議での不正投票問題によって議員辞職に追い込まれた。

2008年8月にも、太田誠一による事務所費問題も浮上し、在任中に事故米不正転売事件に関する発言が問題視された。2008年9月19日には、事故米の不正転売の責任を明確にするということで、福田首相に辞表を提出。太田も赤城徳彦同様、第45回衆議院総選挙で落選した。太田の辞任後は内閣官房長官町村信孝が臨時代理を務めていたが、麻生内閣で農林水産大臣に就任した石破茂は、この事態に「誰から事務引き継ぎするの?」と就任時のインタビューで皮肉を漏らした。

赤松大臣もこの連鎖の系譜に名を連ねるのでしょうか。今わかっている結果は、発生から19日目(5/9時点)で6万頭の殺処分が進行していると言う事だけです。

卵の名無し卵の名無し 2010/05/10 11:01 いやーまったく気づいていなかったですが、言われてみると実に壮絶かつ奇々怪々ですね>狂牛病以来の農水省史w

nomnomnomnom 2010/05/10 12:08 赤松大臣、きちんと外遊時には代行をたてていったみたいですね。福島瑞穂農林水産大臣代行。

koumekoume 2010/05/10 12:40 口蹄疫被害の流れについて「食の安全情報blog」のohira-yさんや「いつも(未定稿)(。・ω・)ゝ 」のkenogoさんのブログによくまとめられています。

宮崎県で発生した口蹄疫に対する対策の実施状況のまとめhttp://d.hatena.ne.jp/ohira-y/20100505/1273067598
口蹄疫 韓国と中国の情報についてhttp://d.hatena.ne.jp/ohira-y/20100506/1273118670

いつも(未定稿)(。・ω・)ゝ http://d.hatena.ne.jp/kenogo/

報道について、あまり音沙汰がなくて私自身もあれっと思いましたが、農水省のウェブページには「現地取材は厳に慎んでください」と幾度となく書かれていて、実際ドシロウトが入れる場所でもなくなっているでしょうから、現地の絵が撮れないという理由で報道できないのかもしれませんね。
そもそも、報道が過熱したらしたで文句言いそうですけど(^^;どの程度のボリュームが妥当なのかは検討すべきかもしれません。

総理や農水大臣達がちゃんと対応してるよというアピールは(本当にちゃんとやってるなら)必要でしょうが。

koumekoume 2010/05/10 12:44 Vet cheers 獣医学教育をささえあう会-口蹄疫

http://vet-cheers.org/pages/foot_and_mouth_disease/

UnknownUnknown 2010/05/10 15:02 小児科医とのことですが、正しい知識と良識を持って書かれておられると感じました。
感謝します。
家畜(主に牛)の診療に従事する獣医師です。
今回の農林水産省の対応は目に余るものがあります。

口蹄疫の恐ろしさは獣医師、畜産関係者でなければ中々わかり難いと思いますが、非常に良く書いてくださっていると思いました。
発生地を通過する一般の方々ですら媒介者となり感染拡大の要因になります。
大々的にマスコミが現地に入り、報道することは、確かに感染拡大と風評被害の原因となりますので、それは避けなければいけません。
が、口蹄疫の防疫対策の重要性、今回の農水省の対応の悪さについて、一般の方々にも何らかの形で知ってほしいと思います。

現時点でのプレスリリースされた発生農場数ですが、56例にも達してしまいました。
その間大臣は予定通り外遊。あり得ません。
大臣も官僚も、10年も前の「世界一の防疫対応」という賞賛に未だ酔っているようですね。当時とは状況も担当者もすっかり変わっているでしょうに。。

卵の名無し卵の名無し 2010/05/10 16:24 Unknownさま苛酷な最前線の現場で専門家としてのご活動まことにご苦労様です。
>今回の農林水産省の対応は目に余るものがあります。
現場の専門家としてごらんになって目に余るのは大臣の対応でしょうかそれとも農水省担当部署官僚の対応でしょうか?

YosyanYosyan 2010/05/10 17:16 Unknown様

 >正しい知識

泥縄式の知識だったので見当ハズレの事を書いていないかかなり心配だったのですが、専門家の方にそう言って頂いてホッとしました。情報が報道ではなかなか漏れて来ないので、現場の声はネットで集めなくてはならないのですが、どうやらかなり深刻な状態であろう事は推測されます。

それも適切な対応を行なった上で手がつけられないというよりも、それも十分に出来ない状態で事実上放置されている印象を強く抱きました。マスコミが伝えないのであれば、誰かが伝える必要はあるように思っています。最後のところは隔靴掻痒のところがありますが、風評被害を強く懸念する段階というより、実際の被害を食い止めるために広く知らしめても良い段階に達しつつあるようにも感じています。

ただその辺の加減が難しいですし、すぐに恐怖を煽りたい方が多くいますから、取扱いが難しい問題ではあるように思っています。

卵の名無し卵の名無し 2010/05/10 18:20 >海外では既に4/28の段階で「初期対策に失敗しoutbreakに発展するだろう」
そうですね。初期対策の失敗は口蹄疫の防疫の実施について海外の経験知見を自省内に集積してこなかった農水省関係部門の責任でしょう。省内に口蹄疫の専門家がいないとしたら重大な行政の過失です。素人の大臣としては直属の官僚から適正な危機管理報告が上げられない限り政治的対応行動が取れませんから。

>赤松氏は帰国後真っ先に栃木に応援演説に行かれたとか…
しかし海外へ行けば余程のぼんくらでない限り嫌でも海外の「初期対策失敗」という見方が耳に入るはずですから、帰国後真っ先に宮崎への対策に取り掛からなかった(具体策の指示もしなかったのでしょう)ことはすべて大臣個人の政治責任に帰する行政指揮の失敗ということになるでしょうね。地元の怒りを買って当然でしょう。

以上を踏まえて、今後の政府の対応が注目されます。

luckdragon2009luckdragon2009 2010/05/10 18:44 まあ、色々影響ありそうだったので、昨日のコメントは、端的にしておきましたが、赤松大臣、前回の外国からの警告も反応鈍かったような気が...。

luckdragon2009luckdragon2009 2010/05/10 18:48 この病気の特長から、現地入りするのは重要ではなく、的確な指示が出せるか、どうか、でしょうね。

luckdragon2009luckdragon2009 2010/05/10 19:02 > http://www.sasayama.or.jp/wordpress/?p=1266

参考に。

YosyanYosyan 2010/05/10 19:17  >現場に行って「ご迷惑をおかけしています、すいません」の一言でもあれば現場の人の士気はかなり変わると思いますよ。

正論なんですが、声をかける人物の人選も重要ではないかと。農林水産大臣が外遊されていたのは隠しようも無い事実ですし、帰国後にまず行なわれた事も流布されつつあります。場合によっては火に油の危険性もありますから、ここはかなり気合の入った広い意味でのパフォーマンスが必要と思われます。そういうパフォーマンスは本来政治家(政治屋であっても)はお得意のはずですから、手腕を拝見と言うところです。

こわいよこわいよ 2010/05/10 19:52 ネットでの口蹄疫に関する国の対応批判や噂についてのQ&A - sincerely my thought
http://d.hatena.ne.jp/benitomoro33/20100510/p1

hatenaと2chの間の空気の差が凄まじいことになってますね。

luckdragon2009luckdragon2009 2010/05/10 20:46 もちろん、モチベーションの維持も考えなければならないのですが、感染の媒介になっても怖いので、遠隔カメラか何かを介して、少し考えながらやらなければならないでしょうね。
当然ながら、取り巻きやマスコミは連れて行かずに、必要な人は厳選して、ですね。

ちなみに、現地は海岸沿いのようですね。
という事は船を派遣し、そこをベースにして、という手もあるかと思います。
海が感染を遮断してくれるのではないかと。

luckdragon2009luckdragon2009 2010/05/10 20:49 正確には、海上で洗浄しつつ、という事ですが、海が汚染される、とかはないのかな?
どのくらいの感染力なのかが、うまく把握できませんね...。

risyurisyu 2010/05/10 20:52 なんだか農水大臣と農水官僚の不手際に批判が集中しているようですが。

これって、農水官僚わざとやってませんかね?わざとほっといてるという疑念を持ちます。
政治家が無知なのを良い事に。必死に官僚が訴えなければ、無知な政治家は危機感も抱かんでしょう。聞かれれば答えるしウソはつかんが、積極的に政治家を動かそうともしない。
結果は現政権への批判材料となる訳で。

農水省トップが現政権発足時になんかもめてませんでしたっけ?

luckdragon2009luckdragon2009 2010/05/10 21:03 あれ、仕分けされてないじゃん

> 中央畜産会の基金でカットされたのは、「産業動物獣医師修学資金基金」と「畜産特別資金融通事業基金」だけで、疾病対策に関する、家畜疾病経営維持資金融通事業や家畜防疫互助基金造成等支援事業は仕分けされていません。

私は、仕分けされちゃった、って聞いたのに。


何か、もしかして、バッシング情報流れてます?

luckdragon2009luckdragon2009 2010/05/10 21:08 ちなみに、感染経路も、少々不明確みたいです。

なので、ある意味、関連地域を人間は移動しない方が良い、というのは、やはり、あると思われます。こういうのって、見極め、難しいですねえ...。

卵の名無し卵の名無し 2010/05/10 21:17 >恨み辛みをぶつけられ卵投げつけられるかも知れませんが、

人への感染もあり得る疾患の流行地で卵をぶつけるような輩は人に傷を負わせて感染発症させる危険を増大させる悪質な刑法犯として罪に服さなければならないでしょう。怒りにわれを忘れることが無いように一人一人が理性を保つことが何より大事でしょう。
大臣は素人だから帰国時にたとえぼんくらであったとしてもそれだけなら対応が遅い失敗をウッカリしでかしても本人に「罪」はないのであって、対応が遅いことに怒りを感じても卵をぶつけたりするような現実の報復行為を加えることは誰にも許されざることです。ぼんくらであることは残念なことであってもそれ自体は決して罪ではない。ゆえに

>この病気の特長から、現地入りするのは重要ではなく、的確な指示が出せるか、どうか、でしょうね。
のごとく、いたずらに感染者や媒介者を増やすべきではない疫病ですから今後も大臣に限らず現地入りは不要でしょう。知事と政府の間に直通のテレビ会議回線を引けば済みます。

元外科医元外科医 2010/05/10 21:20 これほど大変な状況なのに報道が抑制的なのはなんでかな? 何か裏があるのではありませんか?

卵の名無し卵の名無し 2010/05/10 22:17 >何か裏がある
いや単なる事態の軽重を弁えないバカマスゴミしか日本に存在しないと言うことでしょw
その証拠に今朝8時ごろの全テレビ局の報道番組で流れていた「ニュース」はカリブ海原油流出でも口蹄疫でもなくwいっせいにワールドカップ日本代表選出予想のゴミニュースww
事件でもない国内のチンケなゴミイベントの、さらにどうでもいい下馬評しか報道wしないさすがニッポンマスゴミw

ギロシェギロシェ 2010/05/10 22:26 >これほど大変な状況なのに報道が抑制的なのはなんでかな? 何か裏があるのではありませんか?

原口大臣が「発生後、すぐ私は指示をしています」ってツイッターで言ってますけど・・・。

2chから来ました2chから来ました 2010/05/10 22:53 自分はアンチ民主党だと自覚している人間で、言動が民主党に対して辛辣になりがちなのですが、
このエントリーは中立な目線から現状を伝えられる貴重なエントリーだと思います。
自分も見習いたいものです。

とは言え、現場とデスクの温度差の酷さには激しく苛立ちが募ります。
今後のマスコミの報道の仕方如何によっては報道を見かける度に腹が立ちそうです。

tadano-rytadano-ry 2010/05/10 22:58 >ワールドカップ日本代表選出予想のゴミニュース

しかもNHK渾身のコラ画像wwwwwwww

http://livedoor.r.blogimg.jp/insidears/imgs/e/7/e72cceef.jpg

卵の名無し卵の名無し 2010/05/11 00:01 >この手のケースはまず現場は怒るだろうし、その怒りを収めてやらないと責任をとった、とは思ってもらえないだろうと予測
同感。
でもkoumeさまの農業者としてのご意見
>総理や農水大臣達がちゃんと対応してるよというアピールは(本当にちゃんとやってるなら)必要でしょうが。
にも同感。
よって現地入りはリスクを考えて不要とし、全国ニュースで緊急会見を開き初期対策が残念ながら失敗したので拡大封じ込め作戦に移行し現地知事と直通テレビ会議会戦を設置して緊密に連絡取り合いながら必要な物資財政援助を迅速に行っていく、と簡潔に発表するだけで現地の士気の低下を防げるとも思う。

ついでに対策とは関係ないけどrisyuさまの
>農水官僚わざとやってませんかね?わざとほっといてるという疑念を持ちます。
にも、農水省歴代大臣の奇っ怪な悲惨史に関連して同感w

卵の名無し卵の名無し 2010/05/11 00:04 ×直通テレビ会議会戦
○直通テレビ会議回線

はくすいはくすい 2010/05/11 00:18 赤松農林水産大臣ですが、10日に宮崎県入りして県知事と会談したというニュースが読売新聞Webにありました。
ただ、読売自身の扱いは小ニュースで、何気なく検索するまでは私自身も知らなかったです。

内容はこんな感じです。

東国原知事からの要望:
1.農家への補填に関する現行制度の改善
2.「今後、被害の拡大も予想される。現場で働く人、補充員がほしい」

赤松農相の発言:
1.国が農家に対し、殺処分された家畜の評価額の5分の4を補填する制度について、今回は国が全額負担する意向を表明「畜産家の方には負担させない」
2.国などから応援に来ている獣医師を、現在の50人から100人に増やす
3.九州農政局からの応援を10人から100人に増やす
4.埋却地に関しては「要請があれば直ちに検討する」

詳しくは読売のニュース記事をご覧ください http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100510-OYT1T00722.htm

股旅股旅 2010/05/11 00:39 農水省にアポなしで取材行ってきました。
自分ではブログをやってないので、失礼ながら便乗させていただきます。

まず、情報統制してる事に関しては隠すつもりないようです。
「風評被害防止」を殊更に強調して、担当部局である「動物衛生課」は完全黙秘。「記者会見と公式HPが発表出来る全て」だそうです。
まあ、実際忙しいだろうし、部署全体がピリピリしてました。

自分が話をしたのは畜産企画課の人達でしたが、深い所につっこむと「担当部局じゃないから分からない」でスルー。(でも、HPに載ってる内容は把握してる)
報道規制に対しては「風評被害が出るから」と必要性を強調していましたが、「GWで帰省・旅行に行かれた人も多いと思いますが、知らずに広めている可能性ってないんでしょうか?」と聞いたらだんまりでした。

中央畜産会の事業仕分けは「知らない。農畜業振興機構の事ではないか?」と言ってたけど、仕分けリストには確かに中央畜産会の事業が入っていたし、農畜産業振興機構なんてのは載っていませんでした。

消毒薬の配布は「報告を受けてすぐに無償配布した」と言い張ってます。
嘘ついているのか、実は送られていて行き渡っていなかったのかは宮崎で担当してる人に聞かないと反論出来ませんが…。
それと「宮崎以外の4県にも4/28日に無償供与している」との事。
例の買い占めについては、「ビルコンSという消毒薬についてはその通りだが、他で代用して供給は行き渡っている。
口蹄疫ウイルスは弱いので酢などでも消毒出来る。地元の人達もそういうものを使って代用しているようだ」とコメント。

感染経路についてですが、 「感染経路の特定は専門家のチームを作っている。発表は未定。一通り対処が終わってから本格的に始めるから、今は後回し」だそーです。
「人手が足りない。専門家は今は皆防疫の方に回ってもらってる」とかで、併行しては「出来ない」のだとか。

ちなみに自民党の要望項目にあった「処分した家畜を冷凍コンテナで一時的に保管」という案は「菌が死ぬわけではないから必ずしも有効な手段とは言えない」と言ってましたが「腐敗した牛に虫がたかってベクター(媒介源)になる可能性があるからでしょう。 実際、ある農家からハエが大量発生してたようですから」って指摘したら言葉詰まらせてました。
誤魔化そうとしたってよりは「知らなかった」って顔でしたが。

ちなみにアポなしで行った自分(一般市民)の為に三人も来てくれましたw
主に説明してくれたのは人当たりのいい兄さんって感じでしたが脇にいたオッサンが事あるごとに目配せしたりワキつついたりして、暗に「余計な事言うな」とアピールしてましたw

この分だと多分、渦中の動物衛生課はプレスの取材でも応じなかったでしょうね。
忙しいってのもあるでしょうが、それ以上に緘口令しかれてるっぽいし。
「記者会見はいついつです」とか「HPで確認してください」とかそんな感じになってた気がします。

omizoomizo 2010/05/11 00:41 報道は、入らせないのが一番です。

http://ameblo.jp/higashi-blog/entry-10530013571.html

 風評被害もさることながら、感染源や感染経路等に関する様々な噂(ゲナゲナ)話も飛び交っている。どうか、正確な情報に基づいて行動して頂きたい。

 人に感染しないということで、安心されて、埋却作業を見学に来る人もいるらしい。そういうことは絶対に止めて頂きたい。

ーーーーーーーーー
は〜。  変な報道をされてもこまりますし。

報道は現地に入れないが、得策ではあります。


 発生が確認された場所の、二股蹄属は、と殺、埋設しかありません。 埋設場所が確保出来ない所が、困っているところでもあります。 周囲からは、早く埋設せよとの意見が多数。野焼きも法的に不可。 豚は電殺。牛はと殺銃しか、薬殺ではとても無理です。 日本では、銃でのと殺は不可能、


日本は、ワクチンの投与は考えていません。 処分で、口蹄疫清浄国の復帰を目指す方針です。

被害金額は、2000年など比べ物にもならない金額になりそうですが。

773773 2010/05/11 00:50 米国 カイザーの電子医療システム雑感
http://d.hatena.ne.jp/michikaifu/20100502/1272825573
http://d.hatena.ne.jp/michikaifu/20100503/1272910603

luckdragon2009luckdragon2009 2010/05/11 01:12 風評被害の防止に、病気の正確で簡潔な広報と、ちゃんと大臣、把握して現場への対策拡大指示は出しました報道はするべきだなあ。

噂が飛び交い始めている場合は、不正確情報の打ち消しもマスコミ?か、広報の重要な責務だと思うし。

luckdragon2009luckdragon2009 2010/05/11 01:15 あとは、衣服についての家畜への感染経路になるんで、感染地への立ち入りはしないでね広報も必要だね。

luckdragon2009luckdragon2009 2010/05/11 01:17 という訳で、農水省の担当者、見てたら、対応よろしくね。

luckdragon2009luckdragon2009 2010/05/11 01:27 これが現地の情報も含めた、正確な情報かな。

> 移動制限区域、搬出制限区域の設定及び消毒ポイントの変更について (宮崎県より)
> http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/nosei/chikusan/miyazakicow/h22koutei152.html

外だけど関連者です外だけど関連者です 2010/05/11 04:40 risyuさん
>>これって、農水官僚わざとやってませんかね?わざとほっといてるという疑念を持ちます。
口蹄疫の件について言えば、ありえないです。
今回の件は宮崎や九州だけでなく、最悪のシナリオとしては日本全体の畜産に影響が出ます。

10年前が被害が少なかったために、宮崎県にお灸をすえてやろうと政治家が考えて、官僚が情報を上げていたにもかかわらず軽く見ていたのではないでしょうか?
去年からの民主党による官僚への締め付けもあり、雰囲気的に官僚の行動できる範囲が狭くなっているようで、今回の件では自民党時代以上に政治主導が望まれます。


事業仕分けについては、このへんが関係ありそうですが影響がどの程度になるかは未知数です。
異常系でのリスクと対策をどこまで採るかについて、楽観論で語られているようにも見えます。

http://www.shiwake.go.jp/data/shiwake/result/A-17.pdf
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov24gijigaiyo/3-44.pdf

koumekoume 2010/05/11 08:24 農水官僚?の原田英男さんのツイッターがお勧めです。
https://twitter.com/hideoharada

「ワクチンを使うと野外株に感染した個体との区別がつかなくなって清浄化に時間がかかり中国と同じ状況に。本当にどうにもならない最後の手段です。RT @you19994 @hideoharada 口蹄疫にはワクチンというものはないのでしょうか?あれば使うべきだと思うんですが。 」

卵の名無し卵の名無し 2010/05/11 08:35 >赤松農相の発言:
>殺処分された家畜の評価額の5分の4を補填する制度について、今回は国が全額負担する意向を表明

政治家個人のスタンドプレーは百害あって一利無しだがねwまーやっぱりぼんくらだと語るにおちたかw

ななしななし 2010/05/11 10:44 koumeさんが紹介されている農水省の中の人のつぶやきを見れば、農水官僚は彼らの出来る範囲でがんばっていると思います。
口蹄疫に対する霞ヶ関の「中の人」のつぶやきまとめ http://togetter.com/li/19383

全国レベルでは、農水大臣の帰国後少しずつ報道が増えてきましたが、地元宮崎県の地元紙、TV局は連日大きく取り上げています。
 宮崎放送 http://mrt.jp/
 テレビ宮崎 http://www.umk.co.jp/
 宮崎放送の夕方報道番組「MRTニュースNext」では1週間分の動画を見ることができます。

問題は政府与党です。4月22日の衆議院農林水産委員会の議事録がupされています。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000917420100422008.htm自民党・宮腰議員の質問によれば、4月21日は自民党の口蹄疫現地調査団が現地入り、地元関係者らと意見交換、知事、関係者らの不安の声を伝え、「初動が何よりも肝心。現場がお金の心配をせずに全力で迅速な対策に取り組めるよう、農水省として10年前の100億円を大幅に超える対策をとると宣言すべきである」と農相に言っています。
しかし、農相の答弁は「10年前は35億円で済んだ。そのうち半分は輸入稲わら関連の補てん、実際に生産者に渡ったのはさらに半額程度。(今回は)金額は多分そこまでいかないと思う」といった趣旨の発言。その後は特に対策もせず外遊。そして7万頭を超える牛豚が処分対象に。この答弁があった4月22日時点で素早く対策していれば、牛だけで感染が留められ、牛より口蹄疫に感染しにくいが、一旦感染すると牛の100〜1000倍感染力が強いとされる豚への感染は防げたかもしれません。農相の「(今回は)金額は多分そこまでいかないと思う」という甘い認識は外れ、現時点でも35億円を遙かに超える損失が出ていると思われます。

omizoomizo 2010/05/11 11:38 FMDについては

OIEの
Terrestrial Animal Health Code
Chapter 8.5.
foot and mouth disease

http://www.oie.int/eng/normes/mcode/en_chapitre_1.8.5.htm#rubrique_fievre_aphteuse

を参照ください。


仮訳は
口蹄疫に関する陸生動物衛生規約の条項

(仮訳) 鹿児島大学 岡本嘉六

http://okamoto.agri.kagoshima-u.ac.jp/vetpub/Dr_Okamoto/Terrestrial%20Animal%20Health%20Code/Terrestrial%20FMD.htm


8.5.3条

ワクチン接種が行われている口蹄疫清浄国

ワクチン接種が行われている口蹄疫清浄国における感受性動物は、隣接する汚染国から、物理的または地理的な障壁を考慮に入れて、ウイルスの侵入を効果的に防ぐ動物衛生措置の適用によって、防御されなければならない。それらの措置には防御地帯が含まれる。

ワクチン接種が行われている口蹄疫清浄国の既存のリストに含まれるための資格を得るには、加盟国は以下の義務を負う。

1. 定期的および迅速な動物疾病報告の記録を保持する。

2.  過去2年間口蹄疫の発生がなく、過去12ヶ月間にFMDVが循環した証拠が全くないことを明言した宣言書を、以下の文書化された証拠とともにOIEに送付する。

a. 第8.5.40条から8.5.46条に従った口蹄疫およびFMDV循環についての発生動向調査が実施されており、口蹄疫の予防と制御のための法的措置が講じられている。

b. 口蹄疫の予防目的で定期的なワクチン接種が実施されている。

c. 使用されているワクチンは、陸生動物用手引きに記載された基準を満たしている。

加盟国は、提出した証拠がOIEに受理された後にのみリストに追加される。リストの継続には、上記の第2項の情報を毎年再提出することが求められ、疫学的状況の変化やその他の重要な出来事を第1.1章(疾病と疫学情報の通知)の要件に従ってOIEに報告しなければならない。

ワクチン接種が行われている口蹄疫清浄国の要件を満たす加盟国がワクチン接種が行われていない口蹄疫清浄国の資格への移行を希望する場合、その国の資格はワクチン接種中止後少なくとも12ヶ月間変更されない。その期間にFMDV感染が起きなかったことを示す証拠を提出しなければならない。


 8.5.8条

清浄資格の回復

1. ワクチン接種が行われていない口蹄疫清浄国または清浄地帯で口蹄疫またはFMDV感染が起きた時、ワクチン接種が行われていない口蹄疫清浄国または清浄地帯の資格を得るために以下の待ち期間の一つが求められる。

a. 第8.5.40条から第8.5.46条に従って殺処分政策および血清学的発生動向調査が適用されている場合、最後の症例から3ヶ月。または、

b. 第8.5.40条から第8.5.46条に従って殺処分政策、緊急ワクチン接種、および、血清学的発生動向調査が適用されている場合、全てのワクチン接種動物が食用と殺されてから3ヶ月。または、

c. 第8.5.40条から第8.5.46条に従って殺処分政策、全てのワクチン接種動物を食用と殺しない緊急ワクチン接種、および、血清学的発生動向調査が適用され、FMDV非構造蛋白に対する抗体の検出に基づく血清学的発生動向調査が残っているワクチン接種集団に感染がないことを証明した場合、最後の症例または(最後に発生した出来事に対処した)最後のワクチン接種から6ヵ月後。

殺処分政策が実施されていない場合、上記の待ち期間は適用されず、第8.5.2条または第8.5.4条が適用される。

2. ワクチン接種が行われている口蹄疫清浄国または清浄地帯で口蹄疫またはFMDV感染が起きた時、ワクチン接種が行われている口蹄疫清浄国または清浄地帯の資格を得るために以下の待ち期間の一つが求められる。

a. 第8.5.40条から第8.5.46条に従って殺処分政策、緊急ワクチン接種、および血清学的発生動向調査が適用されており、FMDV非構造蛋白に対する抗体の検出に基づく血清学的発生動向調査がウイルスの循環がないことを証明した場合、最後の症例から6ヶ月。または、

b. 殺処分政策が適用されておらず、第8.5.40条から第8.5.46条に従って緊急ワクチン接種、および、血清学的発生動向調査が適用され、FMDV非構造蛋白に対する抗体の検出に基づく血清学的発生動向調査がウイルスの循環がないことを証明した場合、最後の症例から18ヶ月。



農水がFMDにたいして、消極的など考えられません。 

また、発見日が修正されています。

http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=9155

http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9219

OIE Foot and mouth disease,Japan

Information received on 05/05/2010 from Dr Toshiro Kawashima, CVO, Animal Health Division, Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, Tokyo , Japan

Summary

Report type              
 Follow-up report No. 3

Start date   26/03/2010

Date of first confirmation of the event 20/04/2010

ふ〜〜んふ〜〜ん 2010/05/11 12:39 >赤松農相の発言:
1.国が農家に対し、殺処分された家畜の評価額の5分の4を補填する制度について、今回は国が全額負担する意向を表明「畜産家の方には負担させない」
〜詳しくは読売のニュース記事をご覧ください

どうも違うようですよ

詳しくは天漢日常様をご覧ください

赤松農水相は「(殺処分の大多数を占める疑似患畜は)全額、国と県が面倒をみて、5分の5にしたい」と説明した。ただ、財源などは示さなかった。

全然全額補償じゃないのに、あのタイトルはおかしい。歪曲だと思います。
宮崎の負担率はいかほどなのかもわからず
地元の住民の方は「補償問題より、伝染をとめてくれ!自分達の町をもうつぶしてくれ」とまで言わす政治って何なのでしょう。
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2010/05/4201968-5cbf.html

omizoomizo 2010/05/11 16:31 埋設場所の国有地ですが、知事から要請があった。大臣が検討する、など報道があるようですが。

外山イツキ参院議員のブログにて。

http://blog.goo.ne.jp/izki-toyama/e/0b54af507aee23fcba6696be58f72392

引用開始

埋める場所に関しては、国は以前から県に対していつでも国有地を提供するから言ってくれと伝えてますが、県からの依頼がないのが現状であります。各行政期間の連携が上手くとれてないのは問題ですし、そこでご迷惑をおかけしてるのかもしれません。

引用終了

とあります。

提供できるのは、多分、林野庁管理の国有林地域で、あるのかな?。

西都児湯森林管理署
一ツ瀬川流域26,687haの国有林
http://www.rinya.maff.go.jp/kyusyu/saitokoyu/sub5.html

DobDob 2010/05/11 23:57 >omizoさん
横レスですが、ご指摘の国有林は埋却には不適当な土地みたいですよ。
参考:http://www.nicovideo.jp/watch/sm10686926

田舎の獣医師田舎の獣医師 2010/05/12 14:52  口蹄疫問題でネット見てましたらこんなの見つけました。
参考にしてください。

http://tokiy.jugem.jp/?eid=645

omizoomizo 2010/05/12 18:54 Dob  さま

ありがとうございます。外山参議院議員の言う、国有地とは、どこなのでしょうね。大臣は、海岸沿いの防風林国有地との事のようですが。さすがに、無理があります。山沿いの方でないと。 外山議員は、地元の方ですから、その辺はご存知かとも。

名無しさん名無しさん 2010/05/14 19:37 「農水省から児湯畜連にファックスはゼロ」ですが、基本的に農水省→県→県畜連→児湯畜連という経路で指示がいってるはずなので、ゼロでもおかしくありません。最初の4/20時点で農水省から県に関係団体等に指示を出すように通知がいってますから、農水省から県への通知が0ということはありません。これは10年前もそうでしょう。自民党の人が現場を知らなさすぎるだけかと思います。医師会の支部への通達もこういった形で行われてるんじゃないですか?

「消毒薬の配布」については、こういうことのようです。
http://twitter.com/hideoharada/status/13474730896
http://twitter.com/hideoharada/status/13474898559
そもそもプレスリリースのどこを探しても「配布」や「送った」などの表現が見つかりません。修正済みなのか、「散布」を「配布」までやると解釈しただけなのかわかりませんが。

・消毒薬が足らない
その新聞記事からは宮崎を優先したせいで大分や熊本などの近隣県で足らないとしか読み取れませんよ。

防疫 生物兵器防疫 生物兵器 2010/05/19 16:13 牛と豚には悪いけど殺して火炎放射器かガソリンで焼く。

熊本県 中国人 HISを検索 この口蹄疫事件前から中国人が1000人ずつフェリーで熊本に
上陸して長崎のハウステンボス方面に向かってる。
熊本の港の防疫体制は微妙。厳密に検査消毒してほしい。

edswqaedswqa 2010/05/30 20:29 自民党は票田だから甘やかしているだけだ

大臣の仰るように、今は自民支持職業だからと言ってわれわれの血税をくれてやる時代ではない!

百姓は特権意識を捨てよ。だいたい、自民利権企業や業界だけ得をするなら、税金なんか払いたくないね

江藤のゴミクズ野郎は、全国民に等しく金を配るのかい? そりゃーよかった破産も借金も恐くないね

相場の上がり下がりは全部政府が補償してくれるんだ!

俺にも補助金よこすニダ