新小児科医のつぶやき

2018-04-23 女神伝説第1部:入社式

私は香坂岬。友達からは『ミサキ』って呼ばれてます、今日はクレイエールの入社式。この会社はアパレルメーカーなんだけど、ここのところ業績急上昇中で人気なんです。とくに女性社員を活用するとの評判が高くて、ここを狙っていました。だから内定もらった時には飛び上るほど嬉しかったものです。

入社式は社長以下の重役たちの祝辞とか、昨年入社された先輩の励ましの言葉もあったりしました。そこから順番に呼ばれて入社辞令が授与されます。これで晴れてミサキもクレイエールの社員となったわけです。クレイエールではまず研修があり、そこで適性や希望を聞いて配属先が決まります。

そこから新入社員からの答辞。もう学生じゃなく社会人になったんだの実感が湧いてきました。答辞が終わるとオリエンテーションです。それぞれの業務についての詳しいことは研修所で行われるとのことで、明日からの研修に向けての説明が中心でした。女性社員は制服があるのですが、採寸についても研修所で行うとの事でした。オリエンが済んだところで記念撮影。

学校の時から、こういう式はたくさん経験していますが、入社式はまた格別の感慨があります。入社式が終わる懇親パーティで、近くのホテルに移動して行われました。会場に入るとテーブルに名札があり、それを探して座ります。全員がそろうと社長から、

    「これからは仲間として我が社の発展に尽くして頂きたい。長い話は入社式の祝辞でやったから、ここでは楽しんでくれたまえ。では乾杯」
    「カンパ〜イ」

新入社員は同期で仲間ではありますが、これから定年まで続く出世レースのライバルでもあります。どんな人がいるのか気になるところです。それと、新入社員を歓迎してくれているパーティではありますが、もう社員なのです。このパーティの立居振舞から既に見られて、評価が始まっているとも言えます。

とにかく新入社員以外はすべて『おエライさん』になりますから、出来るだけ良い印象を与えておくのを心掛けて会場を回っていました。社長や専務には挨拶を済ませましたが、副社長は自分で足を運んでテーブルを回られています。そろそろわたしのテーブルに回って来そうなのでスタンバイです。

そんな時に会場に入って来られた二人組の女性がおられます。それも若いのです。一人は二十代半ば過ぎぐらい、もう一人はもっと若くて、ミサキと同い年ぐらいにしか見えません。ただうちの社員であるのは間違いなく、若い方の女性は制服を着られています。それとなによりお美しいとしか言いようがありません。

ミサキだって大学のミスコンで準ミスに選ばれたぐらいですから、容姿にそこそこ自信があるのですが、そんな自信を根こそぎ吹き飛ばしてしまうぐらいです。懇親会場でさっそく仲が良くなった白石さんに聞いてみました。

    「白石さん」
    「もう白石さんはやめてよ、マリでイイわよ」
    「じゃあ、マリさん」
    「『さん』もいらないって」
    「じゃあ、じゃあ、マリちゃん。あそこの女の人、誰だろ」
    「この会場に来るぐらいだから、おエライさんと思いたいけど、若すぎるよね。秘書さんが誰かに用事ぐらいじゃないのかなぁ」

そう話してるところに、その二人がつかつかと歩いてこられ、テーブルの下に潜りこまれました。若いとはいえ先輩であるのは間違いないので、急いで挨拶しようと思ったのですが、

    「挨拶は後でゆっくり聞いてあげるから座ったままでいてくれる。ちょっと頼みごとがあるの」
    「はあ」
    「もうすぐ副社長がこのテーブルに回ってくるわ」

二つ向こうのテーブルに綾瀬副社長はおられ、次の次ぐらいにこのテーブルに来られそうです。副社長は貫録も十分で、まさに会社の重鎮って感じが見ただけで漂う方です。

    「このテーブルに来たら、気づかないフリをしておいてくれる。それでね、声をかけられたら驚いて挨拶する感じにして欲しいの」
    「はあ」
    「それと、ここが一番肝心なんだけど、立ち上げって挨拶する時に、副社長の背後に回ってやってくれる。副社長がテーブルを後ろに立つ感じでね」
    「は、はあ」
    「それでね、きっちり頭を下げていて欲しいの。そこから、私たちが少し話をするんだけど、いかにも興味ありそうに見ていてくれる。お願いよ」
    「でも、そんなことをしたら・・・」
    「だいじょうぶ、悪いようにはしないから」

テーブルの下に潜りこんでおられるので名札が見えませんが、どういう人だろうってところです。まさか副社長の愛人で、そのトラブルをここで暴露するとか。ただ愛人にしても二人ってところが良くわかりません。とにかく副社長が相手ですから、入社初日から機嫌を損ねるようなことはしたくないし、とはいえ正体不明の二人組も社内でどんな地位におられるか不明です。マリちゃんも心配みたいで小声で、

    「どうしようミサキちゃん」
    「やること自体はそれほど失礼なことではないと思うけど」
    「そうなんだけど・・・」

そうこうしているうちに副社長が回って来られて、

    「ようこそ我が社へ」

こう言われた瞬間にマリちゃんとミサキは椅子から飛び出すように立ち上がり、副社長の後ろに回り込んで、

    「今度入社させて頂いた香坂岬です」
    「同じく白石真理です」

副社長が振り向いた瞬間に、声をそろえて、

    「今後の御指導、御鞭撻宜しくお願いします」

かなり緊張していたので、大きな声になりましたが深々と頭を下げました。その時にさっきの二人組の若く見える方が、

    「やっとつかまえた。いっつも、私に仕事押し付けて逃げるんですから。イイ加減、ブライダル事業から手を引かせて下さいよ。今度、情報調査部に調査課が出来るんですから、手が回らないんですよ」
    「おおう、結崎君じゃないか。その話は・・・」

副社長はあわてて後ろを向いたのですが、そこにはやや年長に見える方が立ち塞がるようにおられて、

    「今日は逃がしませんよ。このブライダル事業本部長代理ってなんなのですか。私と結崎部長はあくまでもヘルプなのに、これじゃ正式の掛け持ちじゃないですか」
    「いや、その小島君・・・」

また後ろを振り向いたのですが、そこには若い方の女性が、

    「こんな本部長代理なんて肩書聞いたこともありませんし、こんなものになるって内示も相談もなかったじゃありませんか」
    「本部長代理就任に関しては社長とも・・・」
    「また社長で逃げられるのですか。それにしてよくもまあ、こんな役職名考えたものです。代理もなにも、行ってみたら、いっつも、いっつも、ゼロから『後はヨロシク』で丸投げじゃないですか。お蔭で情報調査部の仕事に支障が生じています」
    「私もです。総務部の仕事に滞りが生じています。どうしてくれるのですか」

とりあえずビックリしたのは、あの二人組がおエライさんであることです。やや年長に見える方が小島総務部長、若く見える方が結崎情報調査部長のようです。そのうえブライダル事業の本部長代理も兼任されてるようです。あの若さで部長なんて信じられないのですが、副社長相手にあれだけの口が利け、あれだけ副社長があわてるのですから、間違いないところです。

ブライダル事業と言えばクレイエールの最近の大ヒットで、発売されるや否や話題沸騰の大人気商品です。ミサキも結婚する時に是非使いたいし、社員割引があったら嬉しいと思っているぐらいです。そのブライダル事業に、なぜ総務部長と情報調査部長が関連されているのか良くわからないところです。

    「結果的に二人にはブライダル事業を手伝ってもらったし、そこでの評価を考えてだねぇ」
    「手伝う? あの丸投げがですか。あれは、誰がどう見ても『全部やらせる』です」
    「そうですよ。そのうえ、こんな肩書押し付けられたら、今度は業務命令でコキ使うになるじゃありませんか」

副社長のシドロモドロはますますひどくなり、逃げ道を必死になって探しているようにしか見えません。とはいえ前にはマリちゃんと二人、左右には結崎部長と、小島部長。後はテーブルです。

    「今日は新入社員の諸君のための懇親パーティだから、仕事の話はこれぐらいにしよう。後日、ブライダル事業についての協力の件は相談ということで」
    「副社長、後日っていつですか。今年に入ってからも相談のアポを四回取りましたが、いっつも、いっつも、いっつも、急用って言ってスッポカしてるじゃないですか」
    「私も三回スッポカされています。たった三ヶ月で七回もスッポカされてる副社長の後日って来年ですか、再来年ですか」
    「いや、その、私も忙しくて悪かったと思っている。必ず相談するって約束する。私を信用してくれないか」
    「どう信用させて頂いたら宜しいのでしょうか」
    「また急用ができると信じさせて頂いたら宜しいのでしょうか」

マリちゃんと二人でポカンと眺めていました。わかるのは小島部長と結崎部長がブライダル事業に協力するのに強い不満があり、その不満を綾瀬副社長が交わしきれないってところです。

    「えっと、えっと、そうだ、そうだ、香坂君、白石君って言ったね」
    「はい」
    「この二人に証人になってもらう。この綾瀬が必ず近いうちにブライダル事業についてきちんと説明して、今後の協力内容について相談すると」
    「副社長、ここのお二人はこれから合宿研修に入られます。それを理由にまた一か月逃げる気ですか」
    「そうですよ、こんなに待たされてるのですから、どうして今からとか、明日とか言わないのですか。新入社員の前で、こんな曖昧な返答が許されると思っているのですか」

二人の剣幕は凄いのですが、見ていてハッと思い出しました。ブライダル事業のブランド・イメージは輝く天使と、微笑む天使です。就活の時にパンフレットも見ていました。そりゃ、素敵な写真が掲載されていたのですが、当然ですがモデルと思っていました。でも、モデルじゃなくて微笑む天使が小島部長、輝く天使が結崎部長だったのです。

それと小島部長はあれだけの剣幕で話しながらも微笑みを絶やしません。ただ微笑みに凄味が加わってくる感じでしょうか。結崎部長は真剣に怒っているのですが、怒れば怒るほど光り輝きます。目の錯覚かと思って何度も見直しましたが、ドンドン眩しくなっていきます。

その輝きは怒っているはずなのに、見るものを陶酔させます。マリちゃんの目を見てもトロンとしてます。たぶんミサキもそうなってると思います。なにか天国で漂っているような感じです。副社長の目さえそんな感じに見えてきます。副社長は切羽詰まったのか、大きな声で、

    「社長、専務。ちょっと来てください。お願いします」

その声を聞いて、社長と専務が駆けつけて来るではありませんか。マリちゃんと二人で慌てて、社長と専務の方を振り向いて挨拶をしたのですが、その隙に副社長は社長と専務の方に駆けよって、包囲網から脱出した格好になりました。社長は、

    「小島君、結崎君、この場は社長であるこの私の顔を立ててくれんか」

そこまでいわれて、小島部長も、結崎部長もようやく鉾を納められました。社長、副社長、専務が去った後に。

    「香坂さん、白石さん、ありがとう。小島知江です。総務部長やってるの。呼ぶときはコトリでイイよ」
    「私は結崎忍。情報調査部長やらされてるの。これからはシノブって呼んでね」

そう言われたって、そんな気楽に呼べるはずもないのですが、

    「ひょっとしてお二人は微笑む天使と輝く天使ですか」

お二人は顔を見合わせて笑われ、

    「そうされちゃってる。エライ迷惑なんだよね」
    「それを言うならコトリの方よ。微笑む天使ブランドにまんまと引っ張りこまれて、シノブちゃんにどれだけこき使われたか」
    「それを言うなら、最初に嵌めたのはコトリ先輩ですからね」

お二人はとても仲が良いみたいで、ブライダル事業の裏話的なことを聞かせてくれました。

    「ところで香坂さん、白石さん。二人は歴史に興味はある?」

ミサキは変わり種と思われるかもしれませんが、大学ではイタリア文学を専攻していました。

    「イタリア文学といえばダンテとかボッカチオ、ペトラルカの世界?」
    「はい、そうです。ですから中世からルネッサンスの歴史に興味があります」
    「だったら歴女の会においでよ。コトリもシノブちゃんも入ってるから」

お二人の名札を改めて確認すると小島部長は総務部長兼ブライダル事業本部長代理兼執行役員、結崎部長は情報調査部長兼ブライダル事業本部長代理兼執行役員。この若さでこれだけの地位に就かれているだけでなく、社長や副社長、専務にあれだけの口を利けるのなら、よほど重用されているとしか思えません。そうしたら小島部長が、

    「研修所での合宿研修が終わったら、各部署での実地研修になるから、その時に可愛がってあげるよ。楽しみにしておいてね。だいじょうぶ、イジメたりしないから。歴女の会も気が向いたらおいで。やってることは飲み会みたいなものだから」

結崎部長も、

    「どこに配属になるかはわからないけど、うちに配属になったらよろしくね。ちゃんとお世話してあげるよ」

そう言われて去っていかれました。たしかにクレイエールは女性社員を活用しているのはよくわかりました。ミサキだって頑張れば、あの若さであれだけの地位に昇進するのも夢でないのも見せてくれました。

BugsyBugsy 2018/04/23 23:12 >これから定年まで続く出世レースのライバルでもあります。

これが昨今の若い女性の有り様です。よくぞお気づきになりました。私も職場で圧倒されています。

YosyanYosyan 2018/04/24 07:49 Bugsy様

昨今と言うより、そういう夢と希望を持っている新入社員みたいな設定にしたかっただけです。入社式に臨まれる今の若い方がどういう本音を抱いているかわかりませんが、入社初日ぐらいはそんな気持ちを抱いても設定として無理はないぐらいに思っています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20180423