新小児科医のつぶやき

2007-06-24 歯科技工士のお話

6/22にIkegami様からもらったコメントで、出典はAsahi.comだそうです。

中国など海外で安く作られた入れ歯の輸入を厚生労働省が認めているのは問題だとして、歯科技工士80人が22日、国を相手に8000万円の損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こす。診療報酬が低いため、歯科医が義歯類の作製代の大幅な値引きを求めてきたり、海外業者に委託したりしているため、廃業した技工士が増えているという。

提訴するのは「訴訟を起こして歯科技工士を守る会」(東京)の脇本征男代表(64)ら全国の技工士たち。

歯科技工士法では、義歯類を作れるのは歯科医と、国の免許を得た専門職の技工士だけ。違反者には刑罰があり、材料も指定されている。ところが近年、日本人患者の義歯類を中国などで作らせるあっせん業者が出て、かなりの歯科医が利用するようになった。

脇本さんらは何度も「海外なら無資格者が作ってもよいのか」「粗悪品や有害物質を検査しなくてよいのか」と厚生労働省に実態調査や規制を求めてきた。

しかし、同省は05年9月、各都道府県に対し、「歯科医が患者に十分、情報を提供し、同意を得ればよい」と歯科保健課長通達を出した。

このため、訴状では、国は歯科技工士法に違反し、歯科技工士制度の根幹をゆるがしているなどと指摘、1人100万円の損害賠償を求めている。

これに対しmoto-tclinic様から、

入れ歯にかぎらず、海外の医薬品・医療機器に関しては、医師が個人輸入して患者に使用する分には認可されます(ただし、全責任は医師個人にある=厚労省は責を負わないと、一筆差し入れる必要あり)。

それで課長通達のようなことになります。歯科技工士の訴えがもし通れば、この日本型システムが崩れるんで、わたしのような自由診療医師には厄介なことになります。

この議論を読みながら「う〜ん」と唸ってしました。唸るだけでは仕方がないので、事実関係をもう少し調べてみます。記事にある歯科技工士法を調べるとその17条に

    歯科医師又は歯科技工士でなければ、業として歯科技工を行つてはならない。

さらに歯科技工士とはどういう位置付けかも第2条2項に

    この法律において、「歯科技工士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、歯科技工を業とする者をいう。

さらにさらに歯科技工士の資格のないものが義歯等を作って商売にすれば、第28条に

    次の各号のいずれかに該当する者は、1年以下の懲役若しくは50万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

    1. 第17条第1項の規定に違反した者
    2. 虚偽又は不正の事実に基づいて免許を受けた者

たしかに国内では歯科医は置いておくとして、歯科技工士しか義歯等を作れない事が明記されています。材料の指定については、、「歯科技工所の構造設備基準及び歯科技工所における歯科補てつ物等の作成等及び品質管理指針について」(平成17年3月18日付医政発第0318003号厚生労働省医政局長通知)でかなり細かく指定されているようです。指定の中身については門外漢なのでよくわかりませんが、通常この手の指定は非常に厳しいもので、時に現実を超えるほどのものである事が多いので、きっと厳しいものかと考えます。

記事中にある問題の通達は、平成17年9月8日医政歯発第0908001号各都道府県衛生主管部(局)長あて厚生労働省医政局歯科保健課長通知「国外で作成された補てつ物等の取り扱いについて」のようです。全文は良ければリンク先を読んでいただくと助かるのですが、まず前段では国内の義歯製作について、厚生労働省が品質の保持に努めている事が謳われています。ところが次段では

    歯科医師が輸入(輸入手続きは歯科医師自らが行う場合と個人輸入代行業者に委託する場合がある。)し、患者に供する事例が散見されています。

「ふ〜ん」と思うのですが、この行為自体はmoto-tclinic様が御指摘の通り合法行為です。ただしなんとなく「大丈夫かいな」と思うのが人情です。私も去年親知らず騒動で歯科にはお世話になったので、他人事とはいえません。記事にもあるように中国製が多いようなので、余計に不安です。中国製を一概に否定してはいけませんが、あの国の医療品もピンキリの差が猛烈なようで、一連の報道に信頼性はどうなのかなと感じざるを得ません。

そいでもって通達はさらに次の段に進みます。

    歯科技工については、患者を治療する歯科医師の責任の下、安全性等に十分配慮したうえで実施されるものですが、国外で作成された補てつ物等については、使用されている歯科材料の性状等が必ずしも明確でなく、また、我が国の有資格者による作成ではないことが考えられることから、補てつ物等の品質の確保の観点から、別添のような取り扱いとしますので、よろしく御了知願います。

これだけ読むと厚生労働省も海外製品に全幅の信頼を置いてないのかなと思うのですが、問題の「別添」に話が続きます。

     歯科疾患の治療等のために行われる歯科医療は、患者に適切な説明をした上で、歯科医師の素養に基づく高度かつ専門的な判断により適切に実施されることが原則である。

     歯科医師がその歯科医学的判断及び技術によりどのような歯科医療行為を行うかについては、医療法(昭和23年法律205号)第1条の2及び第1条の4に基づき、患者の意思や心身の状態、現在得られている歯科医学的知見等も踏まえつつ、個々の事例に即して適切に判断されるべきものであるが、国外で作成された補てつ物等を病院又は診療所の歯科医師が輸入し、患者に供する場合は、患者に対して特に以下の点についての十分な情報提供を行い、患者の理解と同意を得るとともに、良質かつ適切な歯科医療を行うよう努めること。

お役所文書らしく長ったらしいのですが「患者の理解と同意」があればOKとなっています。この通達があるまではなんとなくグレーゾーンであったのが、この通達以後、歯科医が積極的導入もしくは、海外製品との価格差をテコに価格交渉が強力に進められ、歯科技工士の生活が脅かされているから訴訟に出るが記事のようです。

ここから先は私にはなんとも言えないですね。記事自体は訴訟に訴え出た歯科技工士からの情報を基に作られているので、なんとなく歯科技工士側に理がありそうに受け取れます。ただし通達自体はmoto-tclinic様が指摘されたように、医師は自己責任で海外の医薬品、医療機器を輸入できるのであり、これは義歯についても「例外では無い」の確認に過ぎないと言われれば、さして無謀な通知とも思えない側面があります。

後は歯科医療現場の実態でしょうね。医科も日毎に取り巻く情勢は厳しくなっていますが、歯科は時代を一歩二歩も悪い意味で先取りしていると言われます。この件については歯科医サイドも言い分はタンマリあるかとも思います。これについての一つの見解をmoto-tclinic様がコメントしてくれています。

おとなり、韓国ではどうかというと、韓国FDAが認可しないものは、医師であろうと、輸入しても使用してもいけない。

実際には、韓国では、海外の医療用具のコピー商品が出回っているわけですが、これらは韓国製で韓国FDAの認可を受けている。それで、元のオリジナル製品が、韓国FDAの認可を受けていなかったりすると、コピー商品のほうが正当で、オリジナルは違法とされたりします・・

国内産業保護のためには、韓国式が正しい。

日本式は、厚労省の認可の手間と責任の回避とをかんがえた結果ですね。このシステム、ほかにどこかの国で採用されてるのかなあ?アジアではたぶん日本だけです。

ドイツでは、自国で認可されたものも、されていないものも、医者は使えるけど、自国で認可されていないものについては、それによってもし何かトラブル生じたときに、治療費が、保険でカバーされません。

だから、技工士さんたちも、ドイツ式を日本に取り入れるように、運動したらいいんじゃないでしょうかね?

これを読む限り、厚生労働省が行っている責任回避の日本式が元凶の根っ子の様にも思えるのですが・・・。

? 2007/06/24 16:56
 レスをもらうと書く気がでてきますな。古いネット世代の定めでしょう。

 歯科技工士と歯科医院の訴訟は自分の印象では5年前から急激に増えてきた感じです。作らせておいて、後でそっくりのものを1/3で作らせたといって値引きを迫ってくるケースです。おっと、あくまで伝聞ですよ。私は実際の訴状は知りませんから。たいてい法的根拠に基づいて歯科医院の勝訴ですが、裁判に費やした費用を考えると赤字でしょう。あと、歯科医院の対策としては、外国の格安製品は安いけど何が溶け出してくるか分かりませんよ、というのが一番効きそうですな。鉛や水銀が溶け出してくるかもとか。あくまで伝聞ですよ、実際の訴状は知りませんから。でもマジで、安定剤の品質に難ありで、国産品を使ったほうが無難です。私の親戚に聞いたところ、化粧品、特に紫外線カット剤で、一回塗っただけで汗などで落ちないのは一流のヨーロッパブランドか国産ブランドだけだそうで、それでも3−4時間ごとの塗り替えが必要なんだそうですが、粗悪品はいくら高品質をうたっていても、なんと10-30分ごとの塗り直しが必要だとか。これじゃ、いくら紫外線抑止効果が高くても意味無し。粗悪品を使う歯科医院との契約は切ってもいいんじゃないんですか。消費者は長持ちする高級品を求めています。実際の訴状は知らなくて、伝聞だけですよ・・・

YosyanYosyan 2007/06/24 17:20 ?様

御指摘のように私も入れ歯に関してはそういう風に思ってしまうのですが、歯科医療の現場をよく知っているとはお世辞にも言えませんので、エントリーではそこまで踏み込めませんでした。あんまり能天気にそういう主張にすれば「部外者が何を言う」の反論が殺到しそうで怖ろしいといったところです。

やはりこういうものは当事者双方の意見が欲しいところです。義歯で割安の海外製品を使う事による、歯科医側の意見、歯科技工士側の意見を較べないと断定的な表現はすべきでないように考えています。個人的にはどっちが悪いと言うより制度が悪いような気がしてならないのですが、それも真相は知識不足なので言い切れないところです。

エントリーはしてみたのですが、どうも自分でも生煮えの感じで申し訳ありません。

? 2007/06/24 17:37
 すみません、歯科技工士側の勝訴が殆ど、の間違いでした。やはり品質の問題とかで。しかも注文しておいて納品したらキャンセルというのは商法上の問題を含んでいます。高くつきますが、自分が年とっても生きているなら、国産品か、ヨーロッパブランド品で固めたいです。こんなところで数十万の金をケチっても、生涯副作用や出来の悪さに悩まされるのは嫌ですから。特に義歯は自分の命の一部となるのは、医学界にいる以上当然ですし。北欧では食べられなくなったら、natural courseのようですし。

 これに関連して、これからはジェネリックが本当に安全かというのが大きな問題になるような気がして仕方ありません。

元もと保健所長元もと保健所長 2007/06/24 21:29 医薬品や医療機器の製造・販売(本来の目的のために)にあたっては、
1 日本で製造・販売するには厳しい規制がある。
2 外国で製造されたものを日本で販売するにも厳しい規制がある
3 医師が自分の患者のために製造して使う場合は別途規制(麻薬等)がない限り自由
4 医師が自分の患者のために輸入して使う場合も別途規制(麻薬等)がない限り自由
なのです。moto-tclinic様もご指摘とのことですが。
通常、医科の場合は3と4は保険が利きませんが、歯科の場合は3のような歯科医院自作の入れ歯にも保険が利きますので、その延長で4のような輸入入れ歯にも保険がきくということでしょう。

お弟子お弟子 2007/06/24 23:31 なるほど、そういうことでしたか。おかげさまで理解が進みました >元もと保健所長 様

元もと保健所長元もと保健所長 2007/06/24 23:54 原告の訴えを突き詰めると、どなたかがおっしゃったように医薬品等を医師や患者が個人輸入して使うことができないことになるので、この裁判はおそらく原告敗訴で決着するでしょう。原告には大変お気の毒ですが、
>「海外なら無資格者が作ってもよいのか」
いいのです。海外なら日本の薬剤師資格がないものが薬を作ってもいいのと同じです。
>「粗悪品や有害物質を検査しなくてよいのか」
いいのです。医師は患者にとって最善と思うあらゆることをすることができるのです。

原告に勝機があるとすれば、輸入入れ歯に保険を適用することの不当性で争うことでしょうが、その場合は「訴えの利益」という入口が問題になるでしょう。

moto-tclinicmoto-tclinic 2007/06/25 00:26
こんばんは。
今日は品川に用事があって遅くなりました・・

歯医者さん、技工士さん、いらっしゃらないようですが、エントリーの趣旨は、医薬品や医療用機械の輸入に対する国の規制のありかた、ということだと思いますので、まあいいか。
これは、今後、非歯科医療分野でも、問題となってくるんでしょうね。。。

たとえば、この記事【医師法違反:医師免許持たぬ事務員に脱毛行為させ 美容外科経営者に略式命令】
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/ibaraki/archive/news/2007/06/07/20070607ddlk08040051000c.html
ですが、これ、美容やってる人間なら気が付きますが、たぶん皆さん気が付かない点は、この機械が薬事申請通った「医療器具」だった、ってことです。
エステでも、美容外科でも、非医師が脱毛してるでしょう?(してるんです)それがなぜ捕まらないかというと、似たような機械ですが、それらは、日本の厚労省通してない、個人輸入したただの機械だからです。
まあ、厚労省の言い分としては、「俺らが審査して通した以上は、医者がちゃんと使え。ヘタな使い方して事故起こされて、こっちの尻に火がついたらたまらん」ってことなんでしょうね。
いや、わたしは憤慨してるわけでも何でもない。ただ、ここで出てくる機械、機種名何かまで、私ら美容屋にはすぐわかるんですが、「厚労省で認められた医療器械です」ということを「売り」にして、はじめて美容やる皮膚科の先生なんかに売られてる機械で、台数かなり出てるんですね・・まあ、ご参考までにってことで。

moto-tclinicmoto-tclinic 2007/06/25 00:41
海外個人輸入ネタなら、山ほどあります。
厚労省で医療機器として認可されてることの、医者にとってのメリットは、私の知る限りただひとつ。中古で売買可能なことです。
医者が個人輸入した海外の医療機械は、その医者が、自分のクリニックで責任を持って使う、ことを条件としてますから、譲渡できないわけです。また、それを楯に、日本の代理店は、故障時のメンテナンスを絶対受けてくれません。
だから中古医療機械屋で美容機械探しても、まず出てこないです。
良し悪しですね。

moto-tclinicmoto-tclinic 2007/06/25 00:48
だから、大手チェーン系の美容外科なんかは、医療器械、個人輸入して1〜2年使って、流行遅れになってその機械の名前(ブランド)で客が来なくなったら、惜しげもなくどんどん廃棄して入れ替えていきます。一台ウン千万円の機械をですよ・・機械が新しくて減損額大きいうちに、黒字減らしのためにさっさと捨てちゃうんですね。あーもったいない。

GuarneriGuarneri 2007/06/25 01:00  開業医です
 保険外の義歯を海外へ発注(輸入代行を通して)は私もよく利用していますが、保険診療の義歯を海外発注という話は始めて聞きました。保険診療の義歯は材料代を除いたマージンが非常に少なく、材料は規定のモノが定められているので1/3の値段で作るのは無理があるように思います。
 義歯の料金は材料代と制作費に分けられますが、技工士さんは材料代はそのまま、制作費は7割を基本として請求してくることが多いです(技工士さんたちの取り決め)最近金属を始め材料代が点数以上に上がってきてきており、時には3000点程度の義歯を作成するのに27000円かかることも珍しくありません(原価率9割)。ただ義歯の作成は非常に手間がかかるので7割を請求してくるのも無理ないですね。
 義歯の調整は作った当初こそ220点算定できますが、ひと月はいくら調整してもその中に含まれてしまいますし、ひと月以上経ったら何度調整しても1ヶ月あたりトータル60点に決まっています。保険治療の義歯は不採算部門の代表です。入れ歯の不具合が気になる方は何度でも来られますし、時間は1回30分程度かかることはザラで、時には材料代コミコミですからかんたんに赤字に転落します。できるだけ関わりたくないと思っている歯科医師が少なくないでしょう。
 保険診療の赤字は保険外診療の収入で補うか、必要な投資を凍結させてキャッシュフローを維持していかざるを得ないです。保険外診療の技工をしない技工士さんはギリギリの経営で、歯科医師と少ないパイの争奪戦に近い様相です。
 現在頼んでいる自費義歯は中国製でも腕の悪さは感じません。材料も品質の確かな有名どころをつかっているようで、あまり問題に感じたことはありません。一部の義歯はFDAは通っているが厚生労働省の認可はとっていない材料を使っているので、海外でしか作れないという事情もあります。
 低医療費政策のあおりをうけて、日本の歯科治療水準は先進国のなかでかなり遅れており、30年程度の差があるとも言われています。限られた予算内で採算をとるため数をこなす必要性から安かろう、悪かろうの大量生産になっています。未認可だけど品質の良い材料、安い人件費で参入されたら日本の技工士にとって脅威でしょうね。ただ、ハイエンドの技工士さんは患者さんの歯を直接見て色調・形態を合わせますから国内に限ります。歯科医師も技工士も混合診療方向に舵をもっていかないと生き残れない状況になっています。

moto-tclinicmoto-tclinic 2007/06/25 01:04
海外医薬品について、たとえば、前に774氏先生にお勧めした、ゼニカルというダイエット薬は、BMIが30くらい以上を目安として処方することになってますが、日本では厚労省通ってないので、個人輸入した医師の裁量次第で自由です・・もっともその結果健康被害が生じた場合は、医師が全面的に責任を負うわけですが。
医師としては、添付文書とかの制約受けず、処方(というか販売)の自由度は増しますが、責任も重くなるわけですね。

ゼニカルっていうのは、スイスのロシュが本家で、アメリカやニュージーランドでもライセンス販売されています。為替の影響を受けるので、いまは、ユーロ高を反映して、スイスから買うのが賢いですね。ちょっと前はニュージーランドが安かったですが。

インドは、違法にコピー薬がどんどん作られているみたいで、そのうち、インド製の安い薬が日本に上陸するかもしれませんね。いまはまだ、健康保険が補填してくれるので、厚労省認可の医薬品のほうが安いですが。

moto-tclinicmoto-tclinic 2007/06/25 01:25
ああ、歯科医の先生いらっしゃった。よかったよかった(笑。
中国の元が安すぎるのが、いちばんいかんのですよね・・そのうち、アメリカに何とかしてもらいたいものです。

関係ないですが、中国製といえば、漢方薬がいちばんこわいですよ。
メーカー品なんかはそうでもないかもしれませんが、薬局で調合してもらうのとか、東南アジア向けのもの。
ステロイドがまぶしてあったり、ヒ素が入ってたり・・
海外輸出用につくって販売した薬にヒ素が入っていたとしても、その被害が日本やインドネシアであれば、中国国内法では罰せられないんじゃなかったっけ?
この辺も海外製品のこわいところですね・・

義歯ってのは、どうでしょうか?レジンとかが主成分で、成形の技術料の占める割合大きいから、材料的に問題生じる可能性低いんじゃないでしょうか?
むしろ、合金とか、材料そのもので高価であるべきはずのものが安かったりしたら、アヤしいんじゃないですかね。

お弟子お弟子 2007/06/25 02:52 >moto-tclinic 様
正規認可品でも中古で売ろうor買おうとした場合に、メーカーがあらためて管理保証だったか修理保証だったかをしないとダメよ、って通達1〜2年前にお役所が出して実質中古市場を締め上げたような気がしてましたが、私の記憶違いor解釈間違いかもしれません。ただyahooオークションから中古医療機器が消えた事実は厳然としてあるんで、買う気もないのに中古相場を見る楽しみが一つ奪われたと……。

moto-tclinicmoto-tclinic 2007/06/25 07:22 >お弟子様
それは知りませんでした。
中古医療機器といえば、昔、鬱でフラフラしてた頃、国立病院や大学の粗大ゴミ置き場に捨てられている、まだ十分使えそうな医療機器を、事務の了解を得て拾い上げて、修理したり変圧器つけたりして、途上国から来てた先生にプレゼントしたりしてましたね・・顕微鏡とか、解析機能ついてないポータブル心電計とか・・
あのころは、かなり鬱でまいってまして、捨てられてる中古医療機器を見て、まるで自分自身のようだと思ったことだったなあ。。

ドロッポ皮膚科医ドロッポ皮膚科医 2007/06/25 11:27 >事務の了解を得て拾い上げて
一時期基礎にいた頃、増えすぎたハムスターを殺処分することになったので「ペット用とか餌用に譲渡すりゃいいのに…」と言ったら「きちんと処分した旨書類ださなきゃならんからダメだ」と言われたんですが…まあ「知らん間になくなってた」ならいいのかなw。
話替わって、私釣り師なのですが昨今の釣具はよっぽどの高級品以外すべて中国産その他です。昨今はマレーシアだのタイだの…。で、殆どの場合問題はないのですが大物相手や鮎等、極限の釣りではやはり信頼性が…韓国製の竿が2度、まったく同じ箇所で魚に折られました。なお、針だの糸だのは国産でないと不安で使えません。

moto-tclinicmoto-tclinic 2007/06/25 12:20 >ドロッポ皮膚科医様
国立病院は、最初はよかったんですが、途中から事務のひとがかわって「国有財産は廃棄したものでも、再使用してもらっては困る」と言われてダメになりましたね。
で、廃棄物を業者の方が引き取りにくる日に、現場で「これとこれを呉れ」と言うと、「ああ、いいよ♪」とOKでした。
要するに事務方が責任負いたくないというだけのことなんでしょう。

大学病院は、留学生の人といっしょに事務に掛け合いにいくと、たいてい「それは良いことですね。わたしも勿体ないとは常々思っていたんですよ」と言って協力してくれました。留学生のひと連れて行くのがミソですね。

moto-tclinicmoto-tclinic 2007/06/25 12:33
そういえば、3年ほど前、母校の大学病院が建替えするので、大量に医療機器が出たことがあります。
このときは、規模が大きく、病院もマニュアル作っていて、1)関連病院で使用できるもの、2)中古医療器械屋が有償で引き取ってくれるもの、3)ボランティア団体などを介して無償で寄付されるもの、4)廃棄、の順に合理的に進められていきました。
わたしの現顧問弁護士(当時は、顧問契約のない、ただの知り合いでしたが)が、イラク反戦活動してて、その一環で中古医療器械をイラクの病院に送ろう、というキャンペーンやってたんで、わたしが間に立って、3)で機械かなり譲り受けました。

機械の一つに、東芝のCT装置があって、イラク側はこれを是非欲しいということだったんですが、その筋ではとっても有名な話なんですが、東芝は、こういう、海外への医療器械無償譲渡活動に、すごく消極的です。
なぜかというと、昔、民生用の船のスクリューが旧ソ連の原子力潜水艦に転用されてたことで、アメリカからココム(対共産圏輸出規制)で訴えられたことがあたあからです。
イラクに勝手に輸出された機械の部品がテロ兵器に転用されたりしたら、と警戒したんでしょう。

moto-tclinicmoto-tclinic 2007/06/25 12:40
わたしも、以前、友人がスリランカにレントゲン機械送るときに、苦い経験した話を聞いていたんで、東芝じゃあ駄目だろうな、と諦めていたんですが、そこは、弁護士さん、眼からウロコみたいな、鮮やかな手で決めてくれました。

なんと、アメリカ大使館にかけあって、東芝に「是非協力してやって欲しい」と連絡させたんですね。アメリカとしては、こういう、イラクの平和復興支援に関することは、イメージを良くするメリットがあると考えたのでしょう。東芝は手の平返すように協力的になって、病院から港までの搬出を手伝ってもいい、という話にまでなりました。

まあ、それで、弁護士さんの腕を見直して、顧問契約(といっても月1万500円ですが)結んだわけですが。

YosyanYosyan 2007/06/25 12:43 話としては規模がしみったれるのですが、勤務医時代の某病院のNICUのポータブルX線撮影機が非常に危なっかしいものでした。自走装置はとうに故障し、チャージするだけで「パリパリパリ」と不気味な音をたてる代物です。あまりにもボロいので当時の部長に修理を進言したら、「あれはゴミ捨て場から拾ってきたので、病院ではゴミ扱いで修理できない」とのことでした。

いちおうちゃんとX-pは取れるので実用には役立ちましたが、辞める頃には撮影時にも不気味な音がするようになり、止めを刺したら部長から大目玉を食うだろうとヒヤヒヤと使っていた記憶があります。もう動いていないだろうな・・・。

moto-tclinicmoto-tclinic 2007/06/25 13:47
どっかで、ショートして放電でもして中で火花飛んでたんでしょうかね?
話は変わりますが、007カジノロワイヤルでは、クレイグ扮するボンドが、毒を盛られて心停止しそうになって、心停止の瞬間を狙って自分で自分にAEDかける話が出てきます。アストンマーチンのボンドカーからAEDが出てくるんですが、車のバッテリー使ってチャージすれば、小型化できるかな?なんて思っちゃいました。

IkegamiIkegami 2007/06/25 14:19 うわ。エントリーになってる。(汗)
皆様のコメントもあわせて読みつつ、歯科技工士法の目的である「歯科医療の普及及び向上に寄与する」には、国産品のみの規制でよいのか疑問に思ったりしています。歯科医がOKすれば何でもOKの方がスッキリする気がします。

moto-tclinicmoto-tclinic 2007/06/25 17:54
007の映画では、昔から、ボンドカーはアストンマーチンですね。悪役のクルマはジャガーです。
このへん、偉いもので、ちゃんと自国イギリス製のクルマを大いに宣伝してます。日本も、日本製とブランド打って、義歯を中国に輸出するくらいにならんとなあ。。
義歯に金で「made in Japan」と刻印したもの、売り出してみるとか(笑。いや、マジで、海外は何がうけるかわかりません。先日いらっしゃったバルセロナ在住のお客様の前歯には見事なダイヤが輝いていらっしゃったし。。

YosyanYosyan 2007/06/25 18:05 ボンドシリーズはそんなに詳しくないですが、ボンドカーはアストンマーチンだけではなくて、ロータスエスプリ(黄金銃だったかな?)であった事もありますし、たしかBMWのZ1ぐらいがそうであった事もあったはずです。BMWはちょっと自信が無いのですが、「007は二度死ぬの」のボンドカーはトヨタ2000GTであったのは間違いないかと。

moto-tclinicmoto-tclinic 2007/06/25 18:15
そうなんですか。ちなみに今回のボンドが使っていたノートパソコンはVAIOでした。
今回の007はなかなか面白いですよ。おすすめです。爆弾テロ魔を必死に追跡して、外交官邸まで追い込むんですが、犯人は死ぬし、あとで上司には怒られるし、「なぜそこまでしてそんな辛い仕事をするのだ、ボンド?」と問いかけたくなります。救急や産科の先生がご覧になったら、泣くでしょう、きっと。

YosyanYosyan 2007/06/25 18:30 ちょっと今日のエントリーは話しづらいので、ボンドカーを調べてみました。

・『007 ドクター・ノオ』---サンビーム・アルパイン
・『007 ロシアより愛をこめて』---ベントレーマークIV・コンバーチブル
・『007 ゴールドフィンガー』---アストンマーチン・DB5(DP216-1プロトタイプ)
・『007 サンダーボール作戦』---アストンマーチン・DB5
・『007は二度死ぬ』---トヨタ 2000GT
・『女王陛下の007』---アストンマーチン・DBS
・『007 ダイヤモンドは永遠に』---フォード---マスタング・マッハ1
・『007 黄金銃を持つ男』---アメリカン・モーターズ ホーネット
・『007 私を愛したスパイ』---ロータス・エスプリ
・『007 ユア・アイズ・オンリー』---ロータス・エスプリターボ
・『007 オクトパシー』---メルセデス・ベンツ250SE、アルファ・ロメオGTV
・『007 リビング・デイライツ』---アストンマーチンV8
・『007 ゴールデンアイ』---BMW・Z3、アストンマーチン・DBS
・『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』---BMW 750iL、アストンマーチン・DBS
・『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』---BMW・Z8
・『007 ダイ・アナザー・デイ』---アストンマーチン・V12ヴァンキッシュ
・『007 カジノ・ロワイヤル』---アストンマーチン・DBS

たしかにアストンマーチンは良く使われていますね。どうも設定としてプライベートではアストンマーチン・DBSを使うと言うのがあるらしく、複数台の時はそういう使われ方をしています。個人的にはロータス・エスプリが好きなんですが・・・。

774氏774氏 2007/06/25 18:53  私が書いた実際の裁判事例は、一旦価格も含めた受注があり、完成品を納入しようとしたところ、歯科医院と納入価格をめぐってトラブルとなっておりますので、エントリーとは少々ずれています。しかし、歯科技工士と歯科医院のトラブルは(私は詳しくは知りません、知りえません、知っている筈はありません)、着実に増加のようです。材料費まで統制価格である医科ではまだ問題になっていませんが、医療崩壊後には内外価格差の問題がある以上、必ず問題になるはずです。むしろ、現時点で自由診療をされている先生の方が私より詳しいと思いますが、保険診療医も医療崩壊後の事を考えて、一考しておく必要があります。無論、数年後の医療崩壊後は、お金持ちしか医療を受けられなくなって、そんな問題は生じずに、全員最高級品を求める可能性もあるのですが。

YosyanYosyan 2007/06/25 19:22 774氏様

やっぱり本家の方がいいですね。話題が飛んでしまうのですが、経営が傾きかけた民間病院の経費節約努力は見たことがあります。院内薬のジェネリック化は根こそぎで、それこそ価格の為には蛆がわく消毒薬さえ使います。ジェネリックと言っても今日の治療薬程度には載っていない代物で、医薬品大全がないとわかりません。

ウロペーパーも壮絶で、ニ分割どころか三分割にカットして使用、これはその病院ではありませんが、寒天培地をひっくり返して使うのもポピュラーと聞いたことがあります。

人件費はベテランを出来るだけ追い出して、出来るだけ若手で員数合わせ。夜勤体制を巧妙に組み替えて人手を減らし、夜に多忙で応援を呼んだら、会議で吊るし上げでした。

きっとその程度では追いつかない経営苦がしばらく続くんでしょうね。そうそう、あの時の経費節減の勢いなら、注射器をディスポからガラスに戻し、ジンメルを復活させそうでした。事務が倉庫からガラスの注射器を出してきて洗い始めていましたからね。

moto-tclinicmoto-tclinic 2007/06/25 19:45
注射器はガラスに限りますよ。うちはごーくまれに採血するとき以外はすべてガラスです。ゴミにならないし。何よりスベリがよくて、ゆっくり注射するのにいい。

医療機器関係調べてて、こんな会社見つけました。
http://www.kosmicjp.com/japaneasetop.html
これから、病院つぶれる毎に機械出るでしょうからね。自社で修理メンテできるなら、当分儲かりそうですねー。自分には会社作るまでの気力もノウハウも無かったですが、こういう会社が出来てくるだろうなという予想はしてたですけどね。

いま、アイデアはあるけど、つてがなくて、指くわえてることがのひとつに一つに、中国韓国ほか東南アジアから、美容整形ツアーで来てもらうというのがあります。旅行社とか、どっかと提携してやりたいんだけど、旅行業の関係者ここ見てないかなあ。。よかったら連絡ください。ちょっとしたビジネスになるはずです。

moto-tclinicmoto-tclinic 2007/06/25 19:59
歯医者さんも、中国からのツアー客もっと受け入れればいいんですよね。
問題は、つてです。
中古医療機器のときは、中古車輸出会社の社長さんや電機屋さん、ちょっと不純なNGO(注:上記のイラクのではない)とか付き合いがあって、今思えば、私さえほんとにその気になれば起業できたかもしれないと思うこともありますが・・
中古車屋さんのノウハウと、NGOの看板あれば、関税かなり安く出来ますからね(中古車の値段≒相手国の関税の値段)。
とにかく、私の気力がついていかなかったからなあ。まあ、後からなら、何でも言えますが・・

moto-tclinicmoto-tclinic 2007/06/25 20:06
>注射器はガラスに限りますよ。うちはごーくまれに採血するとき以外はすべてガラスです。
静脈注射のときは、間に翼状針かませてます。逆流は注射器までは来させない。万が一、血液に汚染された注射器は、割れてなくても捨てます。誤解なきよう念のため(^^;。
あと、シリンジポンプにつなぐのもディスポだったな。これは仕方ない。