ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

夢男のファーマーズ・トーク

カレンダー
2000 | 01 | 02 | 03 |
2002 | 02 | 03 |
2004 | 02 | 03 | 04 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2015 | 03 |
2016 | 11 | 12 |
2017 | 02 | 03 | 04 | 10 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 |

2018-03-01

雪解け始める

f:id:Yumeo:20180227064317j:image

日中の気温も上がり始め、雨風の日も多くなり、あれだけ降った雪もみるみるうちに減ってきた。もう雪は大丈夫だろう。やっぱり3月なんだね。

おととい税務署へ送った封筒で今期の申告に関わる作業はおしまい。年々、申告に向けての作業中に思いもよらぬ仕事が入ってくることが多くなり、これまでのような突貫工事的なやっつけ仕事ではいけないことを痛感する。年取ってくるし、いつ何が起こるかわからないし、何時あろうと申告は待ってくれないから今のうちに何とかしないと。最近、クラウドベースの会計申告ソフトの広告が多く表示される。申告関連でググったりしているからか。ビッグデータの「俺は何でも知っているのだぞ!」感が半端ないね。その会計ソフトだけど、今はレシート読み取りと帳簿への反映やスマホとの連携などかなり便利そう。その代わりに年間の料金もかなりよいお値段の2〜3万円。これまで7〜8年使っているソフトは更新料が3000円ほど。時は金なりなのか、経費節約を取るか。ようはサボらないでしっかりと仕事すればいいだけのことであるが。

f:id:Yumeo:20180228215535j:image

昨日、ようやくアポロ月着陸船が完成した。小さいから楽勝かと始めたがその細かさに目と肩が疲れるのなんのって。一部に仕上げがイマイチなところもあるけど、かなり久しぶりの模型作りだったこともあって、気持ち的にはとても満足した。ついでに中断してた『月をマーケティングする』をまた読む。僕の模型作りとは比較にならないが、宇宙開発は並々ならぬ段取りと細かい作業の玉ものということを認識。ヒーローとロマンだけでは何も起きないのである。

自作キーボードについて色々調べる。うーん、フルキットから始めるのが無難かも。

2018-02-28

アポロ月着陸船を作る

f:id:Yumeo:20180227202407j:image

長男が昨年秋に修学旅行で行った国立科学博物館のアポロ月着陸船のメタルキットを作り始めた。メタルプレート二枚だけだからこんなの簡単だと始めたら、その手強さに閉口。何せ細かいのだ。最初は個々の部品だから地味に作るだけなのだが、それを組み合わせるのが大変。折り切れてしまって瞬間接着剤で付ける。当然仕上がりは汚い。意気消沈。はたして出来上がるのだろうか。こういうのも若かった父親時代にやっておくべきだと痛感する。

2018-02-26

ここんとこ、のこと

今シーズンの申告もようやく終わって一息ついたとこ。そんな昨日、熊野神社にコーヒー飲みに行った。人がいっぱい、女の子がいっぱい。パワースポットで有名なのだ。

f:id:Yumeo:20180225110000j:image


申告のこと

昨年末から作業は例年よりも先行していたのに、連日の大雪で作業時間の貯金も吹っ飛んでしまった。なおかつ、オリンピックが気になって中断すること度々。内容が深刻な申告だけにはかどらなく辛い作業だったなあ。まあ、終わったからいいのだけど。e-Taxのために昨年準備したICカードリーダーは今年も使わずじまい。農業青色申告会を通してだとかの大人の事情や町の申告会場での申告が簡単すぎて、いつになったら使うことができるのか。いや、使う気がしない感じ。無駄だったね。

f:id:Yumeo:20180225110323j:image


除雪のこと

今年は2棟ハウスの屋根ビニールを剥がしてなんとか潰さずに済んだ。除雪シーズン途中に屋根ビニールを取る羽目になったのは、ビニールハウスを建ててから20年になるけど、たった3回目。ということは、そんな大変な大雪だったということなのだ。上の写真はその屋根を外したハウスに除雪機で飛ばした雪を入れたらどうなったかという結果。このようにいっぱいになってしまったのだ。もう限界。いくら何でももう雪は終わりだろう。

f:id:Yumeo:20180226120030j:image


Raspberry Piのこと

最近、あろうことかエレクトロニクスに興味津々で、いろいろ見るとそっちの世界もとても楽しそうなのだ。いまさらながらRaspberry Piとか、自作キーボードだとかそのようなものの雑誌を買ったりしてる。とはいうものの、まだ基盤にハンダごてをでコツコツなどと自作するまでには至らず、あれこれ資料を読んで楽しんでいるといったところ。エア自作ですな。いずれ挑戦しますとも。Raspberry Piはいろいろ調べてアイ・オー・データ機器で売ってるやつを購入。らじるらじるの録音サーバーにしようと思って。いろいろ調べてみたけど、Linuxをゴニョゴニョしたりこれまた難しそうなので、とりあえずシェアウェアを利用して設置してみた。結果、僕のラジオライフはとても充実。聞き逃しやもう一回聞きたい需要は満たされた。今年の農作業はSpotifyが必要なさそう。コンテンツは膨大だ。

f:id:Yumeo:20180226170118j:image


映画のこと

手元のメモによると今農閑期に映画館やテレビで見た映画の本数は28本。割と見てる。この中で☆4.5以上の作品がいくつかある。「メッセージ」☆4.5、「ヒトラーの忘れ物」☆5、「2001年宇宙の旅」☆5、「あの頃、ペニー・レインと」☆4.5といったところ。次はちょっと前に録画したジャン・ギャバン、フランソワーズ・アルヌールの「ヘッドライト」を観ようと思う。もう何度目かの作品。観る前から泣いて待ってる。観る前から☆5。

と、ここまで。まだまだ事務雑用はあるけど、農閑期は続く。

2018-01-16

フィルム写真の喜び

f:id:Yumeo:20180116172240j:image

先日ようやく数十年ぶりにフィルムカメラで撮影した写真が出来上がってきた。その最初の1枚がこれ。カメラは例のminolta Hi-matic 7s。フィルムはFuji Color 100。プログラムEE。パレットプラザで現像、CD書込してもらったもの。

カラーフィルムなのに、いやはやなんともモノクロみたいな白っぽい写真でイマイチなんだけど、僕的にはとてもうれしかった。これを見たときちょっと感動した。つららの透明感と冷たさが上手く表現されている!?(笑)フィルムカメラどころかレンジファインダーカメラが数十年ぶり、マニュアルフォーカスは二十数年ぶりなのでこの一枚撮るのに時間のかかったこと。

本当は左端のつららは、もう少し中央寄りに配置したつもりなのにファインダーのフレームを考えていなかったのでずれてしまった。オートにしないでもう少し絞った方がよかったか。でもまあ、こんなものでしょう。

f:id:Yumeo:20180116172251j:image

次のは、自宅の裏の「ばいだ小屋」。「ばいだ(ばえだ,ばいた)」というのは、置賜地方の方言で「薪」のこと。燃料に薪を使っていた時代、山から切ってきた木をこの小屋に貯めて使っていたのだ。今はただの物置になっている。雪が白トビ気味なのだけど、トタンのえんじ色と杉の葉の緑がポイントになっている。もっともFuji Color 100は緑色の発色が特徴的らしいのですが。

24枚どりフィルムで半分は露出オーバーやアンダーでダメ。その半分以上は構図や被写体そのものがダメ。まあまあなのが残り。現像前はとても自信があったのに(笑)。ほんと難しい。でも、いいのがあった時の喜びはなんともいえない新鮮な感覚。デジカメはそこそこの写真が撮れるけど、どうにも面白くない。お金もかかるからフィルム写真は真剣勝負だから!?

2018-01-02

新年あけましておめでとうございます。

f:id:Yumeo:20171222063725j:image

今年もおヒマな時に覗いていただけたら幸いです。

さて、年末にかけての悪天候も落ち着き、穏やかな新年となりました。年末を振り返ると、大晦日は一応、朝から大掃除。とは言っても外は雪がいっぱいなので、窓掃除はそうそうに終えて家の中の掃除へ。ここのところ、ずっと雪降りでビニールハウスの除雪が大変だったのでとてもほっとしたところでした。

f:id:Yumeo:20171229110620j:image

そんな中、29日に家族で遊びに行った仙台市で撮った写真をMacに取り込んだり、買ってきた本をパラパラ眺めたり。Twitterでとても魅力的に思っていた「火星の庭」というブックカフェでなかなか良い本が買えました。レオ・レオーニの『平行植物』。うちの家族は本好きで、本屋巡りは反対する家族はいないのです。今回の仙台行きの目的の一つが「火星の庭」訪問でした。想像どおりの素晴らしい古本屋で、本の品揃えの良さもさることながら、コーヒーがとても美味しい。写真のようなオブジェが外にあって、それもいい味を出しているのです。目いっぱい満喫できました。こんないい場所があるなんて、街であることは本当に羨ましい。うちの田舎もまあまあ好きだけど、こういうカルチャー面では恵まれていないことがとても恨めしい。

f:id:Yumeo:20180102124023j:image

そうそう、本といえば、仙台から帰ってきたらいいのが一冊届いてた。アーサー・C・クラーク『オデッセイ・ファイル―アーサー・C・クラークのパソコン通信のすすめ』。スタンリー・キューブリックの「2001年宇宙の旅」の続編「2010」の製作における裏話本。最近、ちょっと精神的にSFモードになっていて、映画や本も宇宙ものにハマっているのです。折しもNHKBSで正月に「2001年宇宙の旅」を放送するようで、当然、録画予約済み。いまではいつでもどんな方法でも見られる「2001年…」ですが、BSプレミアムのものは画質が断然いいらしい。知らなかった。「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が公開されて、続編のあり方などに関して新旧のファンがゴタゴタ言っているようですけど、まあ、楽しければいいのではないかと思いますね。その点、この「2010」はかなりよいと思います。おすすめです。

いうことで、 取りあえずの積ん読消化は引き続き、SF・宇宙ものの予定。テッド・チャンの『あなたの人生の物語』、デイヴィッド・ミーアマン・スコット 他『月をマーケティングする』が控えているのです。

平行植物 (ちくま文庫)

平行植物 (ちくま文庫)