ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Yunyの鉄は、熱いうちに鍛て。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

はてな義援金バナー

木のほし*2006のとし・05の18のひ

[]「読み聞かせ」と著作権

「読み聞かせ」に細かい注文 著作権めぐり作家ら(asahi.com 2006/05/13)

についての日記d:id:Yuny:20060513:p1d:id:Yuny:20060514:p1d:id:Yuny:20060515:p1、の続きです。

かれこれ3回ほど書いてきました。その間、はてなブックマークコメントトラックバック等も頂きました。他のBlog等も拝見致しました。自分なりに当初の誤解が段々解けて来て、問題点が少しずつ分かって来たかもしれません。


その辺りについての前に、件のガイドラインの配布元ページの変更について触れておきたいと思います。

児童書四者懇談会作成 手引き 「お話会・読み聞かせ団体等による著作物の利用について」

多分、いろいろと問い合わせが殺到したんでしょうね。最初の発表の時はガイドラインファイルの配布だけだったのが、いつのまにかダウンロードしやすいようにページを分割し、さらに郵便やFAXにも対応。それから以下のような説明文が配布ページに補足されました。

  • 日頃はお話会や読み聞かせを通じてこどもたちに本のすばらしさを伝えていただき、深く感謝しています。本手引きは、利用者から要望もあり、利用者・権利者双方の利便性を高めるために作成されました。利用者からのお問合せに対応するため、著作権法の説明や本手引きにおける方針をまとめていますが、著作権法を超えて規制しているようなことは一切ありません。これまで問題なくできたことは今後も問題なくできます。
  • 一般的なボランティア活動であれば、ほとんどの場合問題となることはありません。本好きのこどもを育てるためにこれまで通り、盛んに活動されることを願います。
  • 本手引きは、無許諾で利用できる場合と、許諾が必要な場合に分けて説明していますが、どのようなことでも著作権者の許諾があれば可能です。

これだけ話題になっているので、個々のケースについて、問い合わせテンプレートでも作っておいて、質問者から掲載の許諾の可否を事前にもらっておいて、FAQページにまとめておくべきだと思ったのですが、まあとりあえずは説明文がついているのは良かったかもしれません。反響を予想していなかったのでしょうか?

さて、この解説文を一つずつ検証してみましょう。

  • 著作権法を超えて規制しているようなことは一切ありません」
  • 「一般的なボランティア活動であれば、ほとんどの場合問題となることはありません」
    • 一般的、とひとくくりにしないで、ガイドライン提案者側がお考えの「一般的」ってどの辺りまでなのかをもう少し説明していただきたいです。ガイドラインを読めば一目瞭然ですが、無断でのパネルシアター、ペープサートなどは同一性保持権侵害に該当すると判断できます。しかし、パネルシアター、ペープサートって結構一般的にやっている活動だとも思いますし、ペープサートオンリーボランティア団体とかもあるでしょう。ですのでたとえば、「絵本をその本のまま、多人数の前で読んであげることは問題ありません」など、具体的に書けばいいと思います。あいまいな言葉は誤解を呼びます。

それから、少し遅くなりましたが、頂いたトラックバックについてコメントします。


それから、参考になったエントリについてちょっとコメントします。

【本稿はd:id:Yuny:20060519:p1に続きを書きました。】

その他、私が見つけたエントリはてなブックマーク - よみきかせに関するYunyのブックマーク→変更はてなブックマーク - 読み聞かせに関するYunyのブックマーク、にて適宜リストアップしていますので、情報が欲しい方はそちらもご利用下さい。

また、はてなブックマーク全体で「読み聞かせ」に関するものはタグ「読み聞かせ」を検索 - はてなブックマークでまとめてチェックできます。

その他、この問題について検索したい方はhttp://d.hatena.ne.jp/Yuny/20060515/p1#linkにあるリンク集もご活用下さい。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証