ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Yunyの鉄は、熱いうちに鍛て。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

はてな義援金バナー

土のほし*2007のとし・03の31のひ

[]情報は伝わらなかったら意味が無い

全ての「情報伝達」に携わる人が肝に銘じておくべきこと。


情報は伝わらなかったら意味が無い。


特に、能登半島地震のような緊急事態では、自治体の支援について、情報を早急に出さなくては行けない。

生命に関わるのだ。

石川県公式サイトがこの意味で的確なレイアウトをしているそうだ。


で紹介されていたけれど、ともかく緊急でしっかり伝えなくてはいけない情報は、通常のタイトルバナーやレイアウトを無視して左最上部に張り出してしまえば、とりあえずは誰もが見てくれる。

技術的にもそれほど難しくない。index.htmlの上のbodyの直後に羅列して行けばいい。基本的には。

緊急事態が落ち着いたら、リンクを削除するなり、通常のコンテンツに入れ直せばいいだろう。でも、それは、災害直後である「今」やるようなことじゃない。数週間、数ヶ月、いや、この事態なら半年先でもいいかもしれない。


情報は伝わらなかったら意味が無い。

そして、このような場合は、早く正確に伝えることが、もっとも重要なのだ。


おそらく、緊急事態にのみ使えるテクニックではあろうが、覚えておいて損は無い。

そしてこの状況でこのレイアウトを思いつけたWeb担当者に、密かに拍手を送りたいと思った。

このような事態で無用なデジタルデバイドを生んでしまっても、何ら意味がないのだから。


……なんでこんな判断ができたのか、この石川県公式サイトから探ってみた。

情報ユニバーサルデザインへの取り組み」というのが、画面右下の方にちょこんとある。

http://www.pref.ishikawa.jp/other/ud.html

なるほど……。webアクセシビリティへの取り組みはさまざまな企業や自治体でそれぞれに行われているが、こういったことを普段から行っていることにより、かえって「かっこいい」という意味でのデザイン性を無視した「人に伝える」ために有効な手段を即時に取れたのかもしれない。

緊急事態に備えられるか否かは、普段が大事なのだ。

[]出来ない人の気持ちになる

時々、友人のPCサポートやってます。たいていは1回につきご飯1回おごりとかで。

まあ、分かんない&手に負えない、ときはヘルプの使い方を案内して終わりですが。

メール電話サポートする時の限界は、自分が知っているor調べられるアプリケーションまでだといつも思う。セキュリティソフトなんて星の数ほど出ているし……メーカーサポセンと違って、個人サポートの場合は小回りは利くけど情報量やスキルに自ずから限界があるような……)


で、まあ、昨日も某氏からの電話サポートやっていたわけです。しかし、あまりにも不可解な症状につき、メーカーサポセン電話して解決してもらいましたが。

不可解な症状が出た時の解決策って、どこが悪いのか的確に表現できることとか、エラーメッセージでなんて言ってるかとか、スクリーンショットを送信してもらえるとか、そういう情報共有から始まる気がするのですね。


出来ない人の気持ちになると、全てのエラーメッセージは「なんか変な言葉が表示されててパソコンがいつも通りに使えない」になるわけですよ。たとえ「ウイルスソフト更新時期です」といったわりとありふれた告知でも、パソコンが壊れたんじゃないかとかって、思う人は思うわけで。

それが英語もののメッセージだともうたいていはお手上げです。色々と日本語化が進んだとはいえ、一部のドライバとかでは無くは無いです、未だに。

アップデートって何? っていう人も多いと思います。家電品と違って、パソコンソフトは完成品では出荷されていないです。色々と不具合が見つかり、それが治るような……お薬、とか注射、みたいな物を後から送って来ることがある、と伝えることが多いですが。もっとも恐ろしいのは、それがたとえパソコンそのものといってもいいOSレベルでもやっているのが当たり前であること、ですね。


でも、家電品とかは普通に安全に使えて当たり前。パソコンソフトの完成って、家電品の安全基準を仮に当ててみたら、遥かに危険な状態で出荷している事が多い気がします。車ならとっくにリコールされてて当然レベル

それでも使わなくては行けないのがつらいところ。


家電並みに使わなくてはいけないのに、いまだに初心者を置いてきぼりにしているのがパソコンの悪いところ。

自分自身、分からない人が好きで「分からない」をやってるわけじゃないこととか、どこが悪いのかを断片的な情報から的確に類推する洞察力とか、初心者の方からエラーメッセージの内容を的確に伝達してもらう会話力みたいなものは、もっと磨かなくてはダメだと思ったのでした。

それに、どこに気をつけたらエラー不具合に合わなくて済むのか、とかも伝えられるようになっておかなくては。

知っている、と、伝えられる、は別物!


風邪引いて内科に行ったら、インフルエンザではないそうで、聴診器や喉などの問診で薬を出して頂けました。たしかに、今回の不調は喉から来たと思います。こういう風にどこが悪いからどうすればいいかっていうのを的確に指示できるのって、ある意味では医者と同じだけの実力がITサポーターには求められる気がしてなりません。


ITサポート医学と同じです。奥が深いしジャンルは多岐に渡ります。

そして、その箱の中には、生命と同じくらい重要個人情報が入っていたりするので。

人間が知性を伝達することを目的とした生命体であるならば、パソコンの中にある情報は命と同じ価値がある。

それのサポートだから、ITサポート医学だと思う……。


勉強は沢山して、あと、わかる言葉で伝えられることと。

風邪なんて引かないで済むならその方がいい(適度な運動とうがいや手洗いなど、簡単に気をつけられることでかなりの病気が防げる)、でも、かかってしまったら専門家にしっかりとしたサポートをしてもらう。

IT機器自身への健康法も、そろそろラジオ体操みたいに確立されてもいい気がします。

コンピューターを使う、全ての人のために。

金のほし*2007のとし・03の30のひ

[]風邪治療

※この文はすっかり治った31日に書いています。

昨日からなぜか風邪を引きました。熱も出してみました。37度中盤。健康に気をつけてても引く時は引くらしい。

アクエリアスとホットミルク、ヴィックスベポラップと南天のど飴がお友達。症状によってはバファリンかコルゲンコーワかノドぬーる。人によって風邪御用達グッズって違いますよね?

今回は1日寝て熱が抜け切らないんで、薬はバファリンで抜けましたけど……。いわゆる風邪薬って使いたくないんです。鎮静剤と総合感冒薬はやっぱり違うと思うし。寝るのとかシャツをマメに変えるのが一番の薬です。

やっぱりノドは痛いし関節痛とかも出るし、練習や文章作成にしても意欲がなくなるんで、風邪はなにかしたいことがある人の大敵ですね。

病気になると、やりたいことが沢山あることに気が付くんだな。風邪って中途半端に行動可能な分、結構厄介ではあります。


まあ、これでしばらく大丈夫でしょう。

皆様もお気を付けて。

水のほし*2007のとし・03の28のひ

[][]「能登半島地震はてな義援金窓口:バナー設置用HTMLソース

27日に能登半島地震はてな義援金が始まっています。2007年4月9日(月)まで。

http://d.hatena.ne.jp/hatenacontrib/20070327/1174965826

はてなポイント寄付

http://www.hatena.ne.jp/sendpoint?name=hatenacontrib

から行えます。

はてなポイントを購入して募金したい方は、hxxk.jpさんの

http://hxxk.jp/2007/03/28/2331

が詳しいようです。

さて、早速募金してきました。

能登半島地震はてな義援金」バナーの画像設置HTMLタグ

以下、はてなダイアリーのヘッダ・フッタや、各種ブログパーツなどにご自由にお使い下さい。

<a href="http://d.hatena.ne.jp/hatenacontrib/20070327/1174965826" title="能登半島地震・はてな義援金窓口" target="_self"><img src="http://d.hatena.ne.jp/dav/images/icon/hatenacontrib/hatenacontrib.gif" alt="能登半島地震・はてな義援金窓口"></a>

設置例:

能登半島地震・はてな義援金窓口

その他、バナーの画像「はてな義援金窓口」キーワードに置かれています。色やデザイン替えなどは、img src以下のURLをそちらの画像URLに置き換えてください。

デザイン替えでのソース例:*1

<a href="http://d.hatena.ne.jp/hatenacontrib/20070327/1174965826" title="能登半島地震・はてな義援金窓口" target="_self"><img src="http://d.hatena.ne.jp/images/diary/Y/Yuny/0200-09-07.gif" alt="能登半島地震・はてな義援金窓口"></a>

設置例:

能登半島地震・はてな義援金窓口

それにしても、地震国とはいえ自然災害は恐ろしい……。地割れなど、人間の力ではどうにもならない物を畏怖します。

*1nisi/lemoのにっき -バナーですさんの作成バナーの場合。現在日記リンク切れになっているため、バナー画像を当方のダイアリーにてバックアップ。

月のほし*2007のとし・03の26のひ

[]ナムコ池袋ナンジャタウンにて査証を集めるの日

久しぶりに池袋猫街に遊びに行ってきました。

今ではすっかりフードパークになってしまってる感じですが……昔(4年くらい前?)あったいろんなアトラクションがずいぶんフードショップに変わってしまっていました。でも、やっぱり、ここに来たら108個のスタンプを集めるでしょう!

スーパーナンジャビザ・スタンプ(査証)の場所のヒントリスト(88番まで)

場所は変わることがありえます。メモミスはご容赦下さい。攻略の役に立つのか立たないのか?

続きを読む

土のほし*2007のとし・03の24のひ

[]自由演奏会in春日部

自由演奏会もかれこれ7回目。ラッキーセブンにはいいことがあります。

まずはプログラム。今回は3月=卒業、ということで、卒業式曲特集っぽいです(当日の順番ではありません)。

今回は何となく使いそうな気がして、ミュートを持参したら……。頻繁に使いました。細かいところでmutedの指示が。

しかし、私のミュートは自作なのですよ。目立つ目立つ。

西武ライオンズの応援メガホンを改造したもので、昔、作り方がバンドピープルっていう雑誌に掲載されていました。

f:id:Yuny:20070328222707j:image

他の人がこれを使っているところを見たことがありません。ちなみに、ふたはペコちゃんクッキー丸缶です。今は販売していないみたいですが。

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n53700076

まあ、似たような缶はいろいろあると思います。無印良品とか、100円均一とか。直径10cmの缶ならハマるんじゃないかと思います。

滑り止め兼弱音用に布を貼っています(ステージ上での見た目もありますが)。音はそんなに悪くないです。ファイバー系のミュートより若干金属っぽい音がします。

ずいぶん前のモデルなので、現在だと……。

http://www.nicoh.co.jp/457019.html

こんなのになるんですね。派手派手。

金管楽器が好きな人の中には、野球の応援に行くのも大好きなヒトも居るみたいなので、ぜひ、好みの球団の応援メガホンでミュートを作ってみましょう。目立ちますよ。


ラッキーセブンの理由は、プレゼントジャンケン大会にて初めて賞品をもらったことです。高級ボディソープを頂きました! 大事に使わせて頂いています。

それに、今回もお客様拍手がとてもうれしかったことも大きいですね。その日だけの演奏会なので、色々な方に見て頂きたい物ですが……集客参加者を増やすことは永遠の課題かもしれませんね。


今回は初めて打ち上げにも出てみました。トロンボーン奏者にしては珍しく(?)、打ち上げよりも本番が好きなのですが、たまにはね。なかなか面白かったです。いろいろな人が来ているみたいでしたし。

打ち上げの席ではミュートが大ウケしました。

今度はカップミュートを作りますかねえ? それとも、12球団作ってみたりして? 野球人気が下がっているという話もありますし、私自身、特に応援しているチームはないのですが(野球無党派層?)。


それにしても、卒業絡みの曲って、どうしてこうホロリと来てしまうのでしょうか?

卒業写真」なんて、中学の時の卒業式でも毎年のように演奏している曲でしたから(ただしユーミンの曲ばかり集めた「ユーミンポートレート」のコンダクターカットで)、本当にあの頃を思い出してしまいます。

卒業写真」と言えば、こんな漫画もありますね。

卒業写真」の曲をテーマにした学園もの。小さい頃大好きだった作品の一つです。この季節にオススメ


そんなこんなで、春日部で何かを卒業してきた私ですが。

自由演奏会卒業はありません*1

*1:って指揮の杉山先生が力説していました!

金のほし*2007のとし・03の23のひ

[]はてなダイアリーキーワード小見出しに反応色付け

以下のCSSを追記。

/*小見出しを小さめにしてマウス反応*/  
.sectioncategory{font-size:60%;}
.sectioncategory:hover{color:#666666;}

本当は小見出しの部分の『[』『]』も小さくしたいんですが。ソースを見たら出来そうにないです。見出しタイトルはそのままで出来たら良いんですが……。

/*キーワードの装飾消去*/
a.keyword {text-decoration: none; border-bottom: 0px solid #d0d0d0; }
a.okeyword {text-decoration: none; border-bottom: 0px solid #d0d0d0; }
a.keyword:hover{color:#666666;}
a.okeyword:hover{color:#666666;}

はてなキーワードになっているところにマウスカーソルを乗っけると色が変わります。日記普通に読めて、かつ、キーワード活用できるようになりました。キーワードの装飾があると読みにくい人にオススメカスタマイズ。ちなみに、有料オプションを使うとキーワードリンク自体を切ることが出来るようになります。

/*ソース=色替え、はみ出し処理*/
.body .section pre{background:#ddddee;color:#222222;overflow-x:auto;}

以前の色合いだとソースコード部分が読みにくいので、文字と背景色を変え、ついでに長い部分のはみ出し防止にスクロールバーも自動で付けてみました。

[]くるくるトンズラン

任天堂ゲームセミナー2006のいわば卒業作品展、は、DSステーションゲームユーザーに配信するという大掛かりなものだそうで。詳しくはこちら。

http://www.nintendo.co.jp/n10/seminar2007/sakuhin/index.html

今はアクションゲームの「くるくるトンズラン」を遊ぶことが出来ます。鉄球を振り回しつつ追っ手からひたすら逃げる2Dゲーム。2、3回やればコツが掴めてクリアも可能ですが、タイムアタックを狙うとソレなりに奥が深そうです。

操作は基本的にDSタッチペンを回すだけなんですが、これが結構ハマり系。ちっちゃなマイキャラがおっきな鉄球を振り回すギャップがいいですね。ヘッドフォンを付けてやると追いつかれた時の危機感が分かりやすいです。動きも滑らかですし。

ただ、鉄球を振り回した時の加速度はもう少し加えても良かったかも。ちょっとトロい気がします。

追っ手の追いつき方との兼ね合いの調整はもう少しした方が面白さが2倍3倍になったかもしれません。

[]アンフェア the movie

ものすごく人が撃たれまくる警察物。

ということで、ドラマ版は一切見てませんが、映画版は予告とかで気になっていました。逆転裁判とか金田一少年の事件簿とかで、「犯人は誰?」っていうの、結構好きなんですよね。

今回も、いったい最凶にアンフェアなのは誰なのか……? ということで。


事件の黒幕監督だ! とか言っちゃいけませんが(^^;)。

(そんなこと言ったら事件ものの映画監督はみ〜んな犯人になってしまう……)


会場売りの映画パンフレットには、ドラマ版のあらすじがまとまっています。ドラマ未見なのでありがたい。

うーん、見ておけば良かったかもしれない。結構面白そうです。話の意外性とか。

続きを読む

木のほし*2007のとし・03の22のひ

[][][]今日は半日吹奏楽三昧!

ラジオの録音と編集について

昨日のエアチェックをちょこちょこしていました。

ところで、ああいう長時間のラジオを録音取るには……。CDコンポからライン出力でPCに接続して取り込み。カット編集などをして最後にAACなどに変換、という流れです。

録音と編集フリーソフトのお世話になりました。ケータイで聞きたいのでAAC変換はSD-Jukebox

今回の作業はWindows XPです。最近iMacの調子がイマイチなので。


  • 『超録』(フリーソフト版)
    • http://pino.to/choroku/
      • 録音+ラジオと平行した簡単なカット用に。フリーウェアの制限で、1回で区切り8個、最大で合計で90分録音。長い番組では途中のトーク部分とかを適当に切る必要も出てきます。しかし、ラジオ放送を聞きながら波形を確認しつつその場で区切れるのと、Wave形式だけでなく、いきなりMP3に(ID3タグの作成も出来る)録音できるのは秀逸。英会話等を録りたい人にもオススメ。後の編集のことを考えたら、適当に区切る(1ファイルをある程度短めに)こととWave形式で録音することに注意。また、ライン入力レベルは結構低めにしておかないとあとで音が割れて泣くはめになります(涙)。一部の録音で音を割ってしまいました。
  • 『SoundEngine』(フリーソフト
    • http://www.cycleof5th.com/products/soundengine/
      • Waveの波形編集ソフト。正直、MacPeak ExpressYAMAHAのTWE、オープンソースAudacityより使いやすいと思いました。各種音加工だけでなく、他の音源を前(後)につないだり、ある部分を選択して別ファイルとして切り出したりできる機能がすばらしい。波形を確認しつつ切ったりつないだりするだけであればもう十分過ぎます。ユーザーインターフェイスはこなれていませんが、慣れでカバーできる範疇かと(つまり、どこに何があるか迷ってしまうと言うことでもある。場所さえ覚えれば悩まず作業できるということで)。これって初心者には厳しい話? 長い間動かしているとだんだん動作が重くなるので、自分自身の休憩の意味も含めて適宜PC再起動していました。しなくても使えるとは思いますが、した方が快適です。

上記はかなり自分向けのメモです。分かりにくいと思いますが。まあ、この2つのフリーソフトであの名演の数々をカット編集できて。あとはオーディオCDにするなりiPodケータイに取り込むなりは然るべきソフトで、ってことですね。


第4部・ギャルド・レピュブリゲーヌ吹奏楽

それで、今日は第4部のギャルド・レピュブリゲーヌ吹奏楽団のところを中心にエアチェックしていたのですが。

ラジオだし、自分が生まれるより前の録音だし、音が悪いのはしょうがないわけですが。それを補ってあまりある……この気品と熱気ってなんなのでしょう?

プログラムをおさらいしましょう。

1
「ラ・マルセイエーズ」(フランス国歌
2
序曲「ローマの謝肉祭」(ベルリオーズ
3
ハンガリー狂詩曲第2番(リスト
4
行進曲「大空」(須摩洋朔)※須摩洋朔 指揮*1
5
交響詩「はげ山の一夜」(ムソルグスキー)※須摩洋朔 指揮
6
交響詩ローマの松」(レスピーギ

(休憩)

7
イタリア奇想曲(チャイコフスキー)※録音無し
8
アルルの女組曲第2番から「田園曲」「間奏曲」「ファランドール」(ビゼー
9
ボレロラヴェル
アンコール
歌劇ウィリアム・テル」序曲(ロッシーニ

1961年11月11日東京文化会館フランソアジュリアン・ブラン指揮、ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団】

音源が残っていなかったと言う「イタリア奇想曲」も聞きたかったですね。

この時の「ローマの松」は急な追加曲だったらしいです。つ、追加?……メインじゃなくて?

正直、国歌行進曲以外はどの曲も演奏会のメインに持って来られるような大曲ばかりなんですが……。演奏はしっかりしてました。いったいどういう体力をしているんですか?

ここの皆様はオケ用の楽譜を見てすぐ読み替えて合奏が出来てしまうとかそういう感じらしいです。アレンジの必要が余りなさげ。その分音作りに集中できるし、ハーモニーというか、まとまりの良い楽団だからアレだけピアニシモで響く音が作れるんですね。

なんて書いていいか良く分かりませんが、弦楽器が鳴っているような、でも弦楽器ではないようなまろやかさがありました。ボレロなんてもうもう……。あのトロンボーンは……。


ともあれ、この演奏会をきっかけに、日本吹奏楽に「オーケストラサウンドを目指す」ような指標が示されたわけです。吹奏楽というより、ウインドオーケストラブラスバンド(直訳すれば金管合奏団)といっているわけではなく吹奏楽というか。

第5部から見える現代吹奏楽事情

そして、放送の第5部で現代吹奏楽事情が音とリクエストとトークで語られて行ったわけですが。

私が高校の頃(10年前)からその方向性は顕著になりつつありましたが、ヨーロッパウインドサウンドが盛んになっているということと、日本作曲家もそうですが吹奏楽オリジナル曲が盛んになっているということ。

クラシックからのアレンジとして皆が知っている曲だけではなく、吹奏楽としての曲。マーチジャズ、ポップだけではなく、吹奏楽編成のために書かれたウインドオーケストラ曲、と言ってもいいかもしれません。

日本って色々な情報や文化が混じる国なので、アメリカ吹奏楽ヨーロッパ吹奏楽も入ってきて面白いですね。


で、ギャルドからクラシカルな音を目指す吹奏楽が始まり、そのために実際的なハーモニー楽器の使い方、曲を用意する方面でのアレンジ技術オーケストレーションなどが発達したという下地があって。これがまあ、概ね1960〜1980年代中盤から後半くらい? の話でしょう。

そこへヨーロッパ方面から吹奏楽のための曲、という流れがやってきて。1990年代から世紀をまたいでオリジナル曲がだんだんと盛んになっていっている、と。また、ラジオの第6部にあるようなジャズ、ポップやロックの流れもあり。


今回の放送を通じて、吹奏楽の歴史の概観のようなものが見えてきたような気がします。

問題は、吹奏楽曲というのが基本的に現代曲である、ということですね。

吹奏楽が好きな人なら、曲の面白さが直感的に分かると思うのですが。

一般の人がオーケストラを聴きに行くような文化的な意味で、吹奏楽を聞きに行くというようなことまで、日本はまだ届いていません。

映画ブラス!」で炭坑労働者レクリエーション活動としてブリティッシュスタイルブラスバンドがあり、そのコンテストはまるで町興しの祭りのようなものでしたが。(無理矢理当てはめるなら青森ねぶた祭みたいな物)日本ならではの吹奏楽の盛り上がり方、というのはまだまだ見えてきてない気がします。

ただ、個人的には……参加&交流型の演奏会、という形に、日本吹奏楽文化が発展して行きそうな予感だけはしています。何って、自由演奏会みたいなもの、ですけれど。

あれ、現場に行くと本当にスゴいですよ。朝、楽譜が配られて、音出しやって合奏やって、午後が本番。でも、この日記で何度かご報告していますが、一応それでなんとなくコンサートになっている。約4ヶ月で40曲越えてたときは自分で驚きました。これって、自分の中学時代の2年分くらいの曲数ですよ。


コンクールが盛んなおかげで、共通言語としての吹奏楽というか、定番みたいなものが日本吹奏楽経験者には成り立ってる感じがあります。だから、楽譜が配られてある程度やればなんとなく通せる。あと、楽器最近はかなり安くなってきましたし。街を歩いていて管楽器を持った人にすれ違うことが年々多くなってきている気がします。


そうそう。

日本にはカラオケという文化がありますが、吹奏楽カラオケみたいに手軽にできるようになって行くといいのですが。

正直、自由演奏会とかって吹奏楽カラオケに見えるし。


演奏会、という枠を越えて、その辺の人が寄り集まって合奏する国、になって行けたら面白いです。

住宅事情からどうしても学校、ホールや練習スタジオで、となりがちですが、吹奏楽は野外でも出来るのですし。

野外で演奏できる場所が増えたら面白いなあと。


映画スウィング・ガールズ」で、交差点の音からジャズを見つけたみたいに、面白い音楽はそこら辺にあるんです。

あとは可能性に気が付くかどうかだと思っています。いろんな人が、いろんなアイデアで。


そんな兆しさえ見えてきた昨今。

種をまいてくれたギャルドの皆さんには本当にお礼を言いたいと思いました。

今聞いても素晴らしさが分かる名演でした。

*1:当時の陸上自衛隊中央音楽隊長さん。ローマ五輪の視察でギャルドと縁ができたそうです。

水のほし*2007のとし・03の21のひ

[][]今日は一日吹奏楽三昧!

今日NHK-FMで丸一日! 吹奏楽やってます!

1時から1時! つまり、13時から25時! ラジオ深夜便の直前まで!

さっきは東京佼成ウインドオーケストラの演奏で「シング・シング・シング」やっていました。さすがに軽やかに熱くてウマい!(なかなかこうは出来ないですよ〜!)


NHK-FM周波数は地域によって違います。詳しくはこちらでお調べ下さい。

http://www.nhk.or.jp/res/tvres5/h50303.htm

ちなみに、東京地区は82.5MHzです!


ついでに番組表。もちろん、リクエストコーナーあり!

http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/ch.cgi?area=001&ch=07

http://www.nhk.or.jp/zanmai/request.html

コーラルブルー」「ディスコキッド」「大序曲1812年吹奏楽版)」を出してみました。あんまり出すと大変だと思いますし……。さてはて。

まなかなちゃんが吹奏楽経験者だったとは! しかもアルヴァマー序曲ですか……。伝統曲になってるみたいですね。



ケータイラジオ機能で聴こうとしたら雑音が……。イヤフォンを差したら音が聴こえました。どうやらイヤフォンがラジオアンテナになってるらしいです。

機種によっても違いますが、ケータイ電話ラジオが聴けるはずの方はお試しを。これでお散歩吹奏楽


リクエストメモ(16時台/作編曲者/演奏者は基本的に省略。曲名は正式名じゃない場合も)

抜け落ちとかミスはご容赦を。だーっとメモしてます。

NHKの一次情報は(冒頭にhを入れて下さい)

ttp://cgi2.nhk.or.jp/zanmai/playlist_070321.cgi


第3部のあとの部分のリクエスト(多分)

  • エルザの大聖堂への行列東京都豊島区立第十中学校+酒井正幸指揮)
    • 全国大会1位のあの伝説の名演奏! です。前にも聞いたことがありますが、やっぱり鳥肌……。
  • ノヴェナ
    • スウェアリンジェンらしい華があります。なんか、この方の曲はすごい共通的なナニかがあって、1曲出来ると他の曲に応用が利いて便利な気がします。でも、1曲1曲違う世界もある。非常に面白い作曲家さんです。吹奏楽初心者にとっつきやすい譜割なことも多く、学校で必ずどれか1曲はやりそうな気がします。

パリギャルド・レピュブリゲーヌ吹奏楽団 来日公演

この楽団の演奏会で、日本吹奏楽レベルがまるで変わったということらしいです。

それまでは軍楽隊調というか、マーチガンガン鳴らすのが吹奏楽だったんですが、この公演を機にシンフォニックな感じ(?)に日本吹奏楽が変貌したそうです。

噂だけは何度も聴いた伝説の演奏会。まさか今さら音源が残っているとは……。NHK、おそるべし!

自分が、当時のマーチしか知らなかった吹奏楽部員だとしたら、耳からウロコ落ちまくりだったでしょうね。

たとえば「ハンガリー狂詩曲第2番(作曲リスト)」って、元の元曲はピアノですし。私も高校でやりましたけど、結構難しいですよこれ。特に前半は曲想がゆっくりで中低音中心なので、下手するとダレるんです。一本締まった感じにするだけでも大変。この気品はただ者じゃない! 良く聴くとハープが入ってるんですよ。吹奏楽ハープを使う、というだけでも驚きだったんじゃないでしょうか? 今では割と普通に使っていますけど。

途中の部分はちょっと離席せざるを得なかったので、また後日、録音聴いて書きます。はげ山とかローマの松とかボレロとか、どれか一曲だけでもコンサートのメインになりそうな物ばかりですけど!

アンコールは「ウィリアム・テル序曲」(ロッシーニ作曲)で。なんか、スゴい。これをアンコールにするか!? サックスの響きが弦楽器のようにまろやかに聴こえます。当時の吹奏楽部員だったりしたら……もう、人生が変わっても不思議じゃないだろうなあ。サックスパートオケのような、柔らかいことをしてもいいわけで。クラリネットはもっと柔らかく色っぽくうたって良いわけで。トランペットホルンは華やかなだけがとりえじゃないんだなと。

タイムスリップした感じで……すごい楽しめました。

リクエストコーナー2

夜のリクエストコーナーは、吹奏楽オリジナルといえばまずはここ、と言える「アンサンブル・リベル吹奏楽団」の演奏からですね。

ほんとうにココのバンド吹奏楽のために曲を沢山作ってもらっているみたいですし、既存の曲の演奏も多いのだとか。まだCDにもなってない作曲賞受賞曲(「鳳凰が舞う」作曲:真島俊夫)のリクエスト……って、もしやリベルテの演奏者さんがリクエストしたんじゃないでしょうか? もしかして。これってスゴいPRになりそう。良い曲だったので、いろんな楽団でとりあげるといいですね。


それにしても、最近の曲は聴いていないので、こういう特集は真面目に助かります。これから長い目で見て吹奏楽団も探さないと行けないし。


高校の時から思っていたけれど、吹奏楽って何でも出来るんですよ。クラシックも出来るしポップスジャズも出来るし、日本民謡沖縄民謡はもちろんのこと、世界中の曲が数多くアレンジされていて。イギリス民謡組曲とかは定番の一つですね。また合唱曲や聖歌などは管楽器だけでやると本当に美しいです。よく、オルガンのような響きと言われますけれど。そして、吹奏楽編成だけのために書かれた曲……いわゆるオリジナル曲、もあります。そして、そこで追求されるサウンドがありますし。

学校吹奏楽では自分たちが参加するオーケストラになれるし(吹奏楽の英訳はWind Orchestra)、自分が演奏した曲、というか、単なるクラシックとはまた違う観点での聴き方もできる。聴いたことが無い曲でも、自分がやるならどうするか、とか。非常にインタラクティブ音楽世界です。


市民が参加できる音楽芸術という意味で、吹奏楽はもっと評価されて良い気がしています。特に自由演奏会に参加していてその思いは強くなりました。楽器がそこそこ出来ればぶっつけ本番の本番もアリ。もちろん、かなり荒っぽい演奏ではありますが。


さて、これを書いている今、「ブレーメン音楽隊(作曲:広瀬勇人)」という、朗読音楽劇を放送しています。朗読音楽劇としては、「ピーターと狼」ならやったことがあります。(しかもピーター役で^^;)いずれも、コンサートのメインプログラムに良さそうですね。お客さんにいかに楽しんでもらうか……。学校なら演劇部と組んでやるとか。いいなあ。これ。日本語版の出版はいつでしょうか?


つぎは海外の作曲家。夕方のリクエストで多かったアメリカからヨーロッパ舞台を移します。イギリスベルギーオランダ……。

ベルギーのヴァンデルローストの「アルセナール」! こないだ自由演奏会でやりました。ぶっつけで1回やっただけなのに楽譜覚えてますよ。トロンボーンが聴こえる。すごく雅やかな曲想、かつ、やっぱりヴァンデルローストらしい華やかさもあり。雅なマーチ、っていう作風はやっぱり元気なアメリカンマーチには無いです。色気? みたいなの。*1

イギリス金管バンドブリティッシュスタイルブラスバンドからWind Bandにアレンジしたスパーク(やっぱり!)の曲「センチュリオン」マーチ。なんか、お城の前で行進しているイギリスの兵隊さんの風景が浮かぶ気がします。優美さがいいですね。

それにしても、人気曲には人気曲の理由があるものです。

MALTAさん!

トリを務めるのはあのサックスのMALTA(マルタ)さん! 昔、BJの連載のファンでした。

まったく音楽イメージが変わってオトナな感じで。そうそう。管打楽器にはこういう音世界もあります。ジャズな感じ。

[]NHK-FM今日は一日吹奏楽三昧」曲目リスト

NHK-FM今日は一日吹奏楽三昧」の放送曲目リストを作ってみました。エアチェックの後の整理用にでもお使いください。くれぐれも自己責任でお願いします。


*****ダウンロードページはこちらから*****

修正履歴

※修正時刻前のバージョンの方はお気をつけください。

*1:今、コメントにあった作曲家のアッペルモントさんってどっかできいたかな……?

月のほし*2007のとし・03の19のひ

[]PageRank 4

恐るべしはてなダイアリー

こうしてつらつら書いているだけで、Google PageRank 4の環境無料で手に入ってしまった。

今日書いた記事は、明日か明後日にはGoogleに入っている(絶対ではないが)。

それがいいかどうかはまた別として……。


ゴッゴル祭りをちょっと思い出した。私用目的SEOを調べ直してる今日この頃

日のほし*2007のとし・03の18のひ

[]沸点

物質によって沸点は決まっている。

加熱という刺激(というかエネルギー供与)により、物質の原子間で運動が起こり、ガタガタ揺れて湧いたり気化したりする。

まあ、これくらいは中学レベル理科の話。

詳しいことはこの本でも分かる。子ども向けだと侮れない。この本の旧版で高校レベルくらいまで何とかなった想い出がある。

アトム博士のたのしい化学探検

アトム博士のたのしい化学探検


それはさておき、どうやら、人間自身にも沸点があるらしい。

この場合、人間そのものが気化することはないみたいだが、血圧が上がったり、顔から湯気が出る程度のことはあるようだ。

で、客観的実験観察の結果、私自身の沸点は相当低いらしい(と、ある人にたびたび言われた)。


ふむ。

物質の沸点は変えられないが、人間の沸点は精神構造の変革により変えられる。

それに、原子自身の沸点と、化合物になった時のそれは違っているし。


沸点が高い物質は、大きな刺激や高レベルエネルギー注入にも耐える。自分の形を変えることに対して慎重で、化合するしないの選択権行使までの時間が長い。

人間精神面にもそれは当てはまる気がする。

怒りをキレるに簡単に変える人と、内心に収めつつも自分自身の力に変えられる人と、どっちが長い人生にとって生き延びやすいか……考えるまでもない。


頭はクールに、心は熱く。

物事をなし得る人に共通している信条だ。

じっくり待つことも、さっさと行動することも、両方この気持ちが無いとウマく行かないだろう。


自分の沸点を上げ、高エネルギーを受け入れられるようになること。

これが出来るようになったら……世界の見え方が全く変わる気がする。

木のほし*2007のとし・03の15のひ

[]インターネット展覧会、という気づき

インターネットは、情報の受け手になっているのもいいけれど、情報を発信する方がより面白いと思う。


でも、もっとも面白いのは、情報を発信する場所を提供するヒト、なのかもしれないな。


日本で言えば。

グーグルYahoo!はてなlivedoormixiなんかそうだと思う。


ある種の分析能力と達観性なども必須ですし。


趣味で幾つかのサイトのディレクションをしながら、あーんなにでっかいことはしてないけど、これはこれで面白い、と思ったりしています。

場所を提供してるのは似たようなもんでしょ。


結構シャイなんだけど、そんな自分でもいろんなヒトをかいま見られるしね。


大学で学芸員課程を履修したとき、きっかけはまあ、その大学にそういうコースがあったから、だったんだけど。

モノの見せ方に興味があった、というのもあって。

4年かけていろいろ実習したり単位を集めてみて、なんとなく自分なりに分かってきたことがあって。

未だにこの資格では働いていないけれど(あとそれが重視される仕事をしたことも無いけれど)

インターネットに自分なりに細々と関わってみて、やっていて良かったなあというのは良く思います。

うまく言えないけれど、どんなサイトを見ても、全体がよく見える気がするんですよね。

これ、同じコースをとっていたHさんやKさん(読んでる?)に、聞いてみたい気がするのですよ。

学芸員とWebサイトディレクターって、扱う展示品に実体性があるかないかだけで、やってることはそっくりだ、と思いませんか?


サイトのディレクションは、ある種の学芸員的手法が必要な仕事で。最先端の雑芸員とも言えなくもないけれど。

回り道をしながら、好きなことはやれてるのかもしれないなあとも思っています。


自分自身の表現は、本当に稚拙だし。

表現者として良い物を持っている友人達が本当に素晴らしいと思うので。

なんか、面白いことを「ネットも使って」(ネットだけで完結させないのがミソ! あくまでネットは手段の一つ)やれたらな、と思いつつ。

自分自身がいまだにこの日記以外に大きなメディアを作っていない(ヒトの手伝いばかり)なのは、その辺もあるのかもしれない。

自分がディレクションしているサイトは、自分自身の表現では無いけれど、自分自身の「表現」も含まれているのかも。


なんか、それと。

吹奏楽のセカンドトロンボーンで主旋律ではないところの支える面白さにハマってることと、似てる気がする。

ファーストはヒトが居なかったら(あと、珍しい主旋律があれば)やるけど、セカンドこそが面白い、とも思っていたりもするし。自由演奏会では好きなパートを取って良いのですが、結構サードやセカンド、面白いんですよ。こないだ人手不足の感があってファーストばかり取ってたけど。唇の体力もさほどないのでね。

セカンドの吹き甲斐がある、旋律屋さんやコンダクターファースト吹きさんと出会えたら本当に最高だし。

(今のところ、自由演奏会でそういうヒトを必ず見つけてるので、とってもラッキー! なんであんなにウマいの?)


インターネット展覧会になりうることと、この辺の自己発見

何かに絡んで何かに結実することはあるのかな?

[][]Skypeの音声が小さい

SkypeWindows版(バージョン2.5.0.151)で、自分の声が小さくて困ることがあります。

つまり、相手に聞こえてなかったり、音声テストにまともに入ってないとか。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1388784

にありましたが、Mic boostをかけると音が入りました。

サウンドコントロールで「オプション」の「プロパティ」で「録音」に切り替え、マイクを選び、「オプション」の「トーン調整」にチェックを入れて、「マイク」の下に表示される「トーン」をクリックすると、Mic Boostの設定ができる画面に。チェック入れて再度音声テストをすると、先ほどよりかなりよくなりました。


これは、サウンドレコーダーで録音がきれいにできる状態でも起こっていたので、Skypeを使う前にできるだけ音声テストにかけてテストしておくことをお勧めします。

水のほし*2007のとし・03の14のひ

[]それでも彼はやってない……?

逆転裁判を機に、何となく裁判なるものに興味があり、地元ではもう数日で公開終了なので映画それでもボクはやってない」を見てきました。

痴漢は本当にやってしまった人もいれば、本件のようにかくもややこしい状況で疑われた「だけ」な場合もあるし、物証もたいがいはありえない。しかし、彼は痴漢者のそばにいただけ。犯人は違う。

逆転裁判現実(まあ映画ではありますが)は違うとはいえ。

何回「異議あり!」と机をたたいて指差したくなったか……!


前に「カバチタレ!マンガ版でも痴漢冤罪をやりましたが。映画でよりよく分かりました。犯罪は下手に疑われたら晴らすのは難しいのですね。無罪判決はイトノコ、もとい、刑事捜査をつぶすことになるわけで。


疑われないのが一番、だなんて変な話ですがね。用心のために埼京線の朝とかは、つり革に両手で捕まるとかの自衛策があるとかで。映画の中でも女性のそばになりそうなら、電車には背中から乗車するとかのテクが紹介されてましたけど、なんだかそれも変な話と言えなくもなく。

何が悪いのかよく分かりませんが、それでも「たぶん」彼はやってない。そう。弁護士であろうと結局のところ、他人にはそうとしか言えないんです。十中八九、彼はやってないだろう、としか。後は信じるしか無いわけで。弁護士も、支える仲間達も。

真実は「彼」しか知らないんです。ヒトはヒトを裁くことに適切であるのかすら、よく分からなくなりました。


別に、痴漢犯罪を擁護してるわけじゃありません。卑劣だと思っていますが。

それとは別に、もしも間違いだったら……? の可能性もある、ということですね。

現行犯素人でも逮捕できるそうですが、現行犯である事自体が見間違いとかだったら?

げに、裁判は難しい。

[]映画版ジョジョ

なんだかなあ。普段アニメ映画見ない+昔、空条承太郎のあたりは連載読んだ=映画を観た、だったわけですが。

どうやら初代ジョジョDIOの馴れ初め+純情英国少年がいかにしてスーパーサイヤ人に目覚めたか+ムダムダムダァ(謎の余裕)、な映画でした。

ファンな人には楽しめるのかなあ。でも、一本目に観た「やってない」がなんとなく前半も頭にこびりついてて、そんな、ひとのもん勝手に盗ったら捕まるぞ、とか考えてしまっていて(冒頭、ヒトの物に手を付けるシーンあり)。なかなか映画の中に入れなくて。レディースデイとはいえ2連チャンは考え物かもしれないですね。


まあ、原作や格闘物が好きな人には楽しめるのかなあ。だいたい、ジョジョってこんな話だっけ? みたいな気持ちもあるし、筋肉ムキムキな絵が北斗の拳にみえてしまって。原作はなんかもっと冒険ロマンがあったような記憶がなきにしも、でしたし。ちなみに、結構流血シーンが多いのでPG12付き。それ系がダメなヒトにはお勧めできません。私も好きな方じゃないし……。


それにしても、さすがにあんな幼なじみとかこんな青春はちょっと勘弁してほしいな、自分なら。平和が一番と再認識

火のほし*2007のとし・03の13のひ

[]やっぱり、テスト環境は必要でしょう!

XOOPSテスト環境、やっぱり必要でした……。最近痛感。

今のところ、趣味とはいえ担当させていただいてるサイトさん3件では幸いにも問題がないみたいですが、やっぱ、テストサーバ上ではなくローカルでやらないと! 問題が起こる前に安全策。

というわけで、XOOPSテスト環境の設定について(Windows用。でも、MacだってUNIXApacheできるんだからきっとやればできるはずです。多分)。

→ありました、MAMPですね。http://www.mamp.info/en/index.php


注)説明にあるように、Skypeなど80番ポートを使用するアプリケーションは、別のポートを使うようにしましょう。最初これで引っかかりました。


とはいっても、他力本願XOOPSテーマの配布で有名な「OCEAN-NET」さんのサイトから、XOOPSセットアップ付きローカル詰め合わせパッケージである「XAIO(ザイオ)」をダウンロードしてきて、Cドライブ直下にインストールして走らせるだけ。


自分の

http://localhost

XOOPSが動いているさまは、ちょっと感動します!

自作PC上だからなおさらうれしいですね。うん。


XOOPSサイトを複数運営しているなど、たくさんテスト環境がほしい場合は、一つ一つセットアップすることになるので、ダウンロードすべきはxaio_specialの方ですね。

この場合、「htdocs」フォルダの中身がXOOPSの最初のセットアップパッケージになっているので、その中のファイルを全て集めて、「htdocs」フォルダの中にひとつフォルダを作ります。

つまりこんな感じ。2つ分テストしたい場合。

-htdocs
 +--test1----もともと「htdocs」フォルダに入っていたファイル一式
  +--test2----もともと「htdocs」フォルダに入っていたファイル一式(コピーすればいい)

その上で、xaioのパッケージの「setup_xampp.bat」でApacheその他をセットアップして「xaio_start.exe」を使い、http://localhost/を開くと、いわゆる「Index of /」のディレクトリの中身が見える画面になるので、そこで目的ディレクトリクリックすれば、XOOPSのセットアップ画面に入れます。あとはいつものようにサイトを立ち上げていけばいいです。

今後のために、未セットアップ状態で1個フォルダを残しておいてもいいかもしれませんね。


ともあれ、自分でApacheからmysqlからなにからかき集めてくると結構大変ですから、非常に手軽なパッケージです。すばらしい。

追記

Unable to connect to database in file class/database/databasefactory.php line 34

っていうエラーが起きるときは、「mysql_start.bat」でmysqlを起動させてあげるとうまくいきます。どうやら、起動で引っかかるときがあるみたいです。全部の終了は「xaio_stop.exe」で大丈夫だと思います。mysqlのコマンドプロンプト画面も閉じてくれましたし。

月のほし*2007のとし・03の12のひ

[]NOD32メールチェックが遅くなるとき……。

アンチウイルスソフトNOD32フリーメーラー「M's Internet Messenger」を併用していると、どうにもメールチェックが重いことが……。

http://www.canon-sol.jp/supp/nd/wndt6009.html

にあるNOD32の設定画面で、互換性を中にすると、快速になりました。なるほど。

[]piCalカスタマイズの基本的なこと

XoopsでpiCal 0.8の表示カスタマイズをするときの、基本的なところ。

今回は余計な表示を消すことについての覚書。ただし、phpを読めるわけじゃない人が作業後にメモしたいい加減なものなので、活用時には注意が必要です。

参考


まず、modules\piCal\language\japanese\pical_constants.phpを見て、どの文字変数名がどの項目になっているのかを調べておく。

たとえば、「_PICAL_TH_SUBMITTER」=「投稿者」とか。


イベントリスト表示(一日表示)のリストは、管理者のテンプレートセットマネージャーでpical_event_list.html編集すれば消せる。

たとえば、投稿者関係を消したければ、thとtrのタグでまとまってる「submitter」関係2箇所を消すとか。名前はさっきのpical_constants.phpから類推できる。

95行目(多分)あたりの

      <table width='100%' class='outer' cellpadding='4' cellspacing='1'>

以下のところをじっくり読むとなんとなく分かるかと。thとtrの2箇所。閉じるタグ(</th>など)まで消す。忘れがち。


それから、イベントの個別表示の表示について。

modules\piCal\class\piCal.php

を開いて、「// 表示部」(多分1821行目あたり)以下にテーブルタグ(tr)で書かれている。

同じように項目名はpical_constants.phpから類推して、不要な部分を削除。閉じるタグ(</tr>)まで消す。忘れがち。FTPでアップする。

あと、iCal関係アイコンを消すのは、同じくmodules\piCal\class\piCal.phpの1726行目付近。

	// iCalendar 出力ボタン
	if( $this->can_output_ics && ! $for_print ) {
		$php_self4disp = strtr( @$_SERVER['PHP_SELF'] , '<>\'"' , '    ' ) ;
		$ics_output_button = "
			<a href='?fmt=single&amp;event_id=$event->id&amp;output_ics=1' target='_blank'><img border='0' src='$this->images_url/output_ics_win.gif' alt='"._PICAL_BTN_OUTPUTICS_WIN."' title='"._PICAL_BTN_OUTPUTICS_WIN."' /></a>
			<a href='webcal://{$_SERVER['HTTP_HOST']}$php_self4disp?fmt=single&amp;event_id=$event->id&amp;output_ics=1' target='_blank'><img border='0' src='$this->images_url/output_ics_mac.gif' alt='"._PICAL_BTN_OUTPUTICS_MAC."' title='"._PICAL_BTN_OUTPUTICS_MAC."' /></a>\n" ;
	} else $ics_output_button = "" ;

を削除。あれば便利だとは思いますが……。使う人のITスキルと考え合わせるに、ボタンは減らしたほうがいいかと思います。


これで、余計な情報を見えなくする程度のことはとりあえずできます。

日のほし*2007のとし・03の11のひ

[]ヒトにモノを勧めると自分が買いたくなる?

といっても、先立つ物が無ければ。あと、まずMacを買う方が先だし。

何のことかといえば、個人的にオススメPCエプソンダイレクト

http://www.epsondirect.co.jp/

低価格、修理の速さとサポートの良さ、余計なモノをあんまりつけない硬派さ、カスタマイズの柔軟性など、いろいろオススメポイント高いです。

マシンそのものって今、よっぽどアレなメーカーを使わない限りは差がないので……。ちょっと知人から新マシン購入の相談を受けて、勧めてみました。ちょいと前なら某D社だったんですが。某アジア国にサポートセンター開設して以来……良い噂を聞かないです。


まあ、わたし自身は自作でなんとかしてるので。Windowsって自分で創った方が楽しいと思いますよ。やっぱり。

Macは自分でカスタマイズした方が楽しいし。

っていうか、Mac自作したいです、パーツやライセンスの事情が許すのであれば。

アップルさん、自作パーツキット売ってくれないかなあ。組み立てたらMac miniになるやつとか(これじゃプラモデルと変わらないか)。Apple I自作マシンだったことだし(いつの話だ!)。

金のほし*2007のとし・03の09のひ

[]夕雨もまた良し

今日は夕方、ちょっとだけ小雨がぱらつきました。

所用で幾つかの小売店を廻っていた*1時にこういうことがあると、店員さんとお天気トークが出来ます。

レジを去り際に「そう言えばさっきから雨がぱらついてますよ。店先の物は大丈夫ですか?」とさらりと言い残して帰るのが乙なのです*2

でも、なんだか変な雨だったなあ。小雨というには強く、雨というには弱かったし、1時間もしないでやんでしまったし。

アメと言えば。今日買った飴が賞味期限先月までだったり(食べちゃったけど)。うーん、アメづくしな一日。

[]イキになりたい。

野暮なことを沢山してしまったことにしばらくしてから気が付いて、一人で恥ずかしい思いをしていることがあります。

なんとか野暮を脱却して、さりげない粋(イキ)を身につけたい、です。

粋。良い言葉です。日本語は麗しい。

*1:って書くと何かの営業みたい^^;。買い物です、単なる。

*2:こんなこといってるのわたしだけだとは思いますけど!

木のほし*2007のとし・03の08のひ

[]70年代後半生まれはハイブリッドタイプ

を読んで……。思い当たるフシが多々ありました。

わたしたちの世代は、小学校時代にファミコンマイコン(FM-Towns、MSXなど)を経験したり、中高生くらいにワープロをやったり、大学の時がインターネットの一般化(1990年代後半)とちょうど時期が被るのです。

つまり、コンピューティングがどんどん面白くなっていく過程を生活や流行の中で見てきていて、かつ、ある程度アナログチックなことも体験してきています。端的に言えば、「写ルンです」もデジタルカメラも、両方普通のアイテムとして使ったことがあるとか。子どもの頃にFAXが普及し始め留守番電話が一般化していったり。高校くらいの頃にポケットベルPHS携帯電話の3点を知っていたり。

ファジーコンピュータとか複雑系流行も私たちの中高生時代に相当します。物事は単純ではないが電子化することもできるという皮膚感覚が、この世代にはあるような気がするのですよ。個人的な感覚かもしれませんけれど……。


ともかく、私たちの年代は、アナログな物がデジタルに切り替わっていく流れを、教科書からの知識ではなく体験として知っている。私たちよりも5年以上あとになると、家電品のデジタル化がかなり進んだ後になってしまうので、またその辺への感覚が違うのです。5以上前だと、アナログな状態がまだまだ基本であるうちに社会人になってしまっていますし。

たしかソースは『ウェブ進化論』だったかと思うのですが、70年代後半世代はインターネット大学という年齢で初めて経験した世代だとか。自分で行動できて時間もたっぷりあるのが大学生。そのころにネットの水を被りまくった。わたし自身、大学時代に、小学校からの旧友が海外留学して、はじめのうちはミニレター(郵便書簡)で手紙を書いていましたが、数年で英文での電子メール*1に切り替えた経験があります。即日から数日で返事が来て、しかも表現が面白かったあの体験は、わたしにインターネットと言う世界の国境の無さと情報の早さを端的に教えてくれたと思います。


さて、わたしが個人的に危惧しているのは、ここ数年位に大学生になるくらいの世代……90年代生まれの学生たちのメディア経験です。

アナログで出来ることを知ってからデジタル仕事する=クオリティが高くなる、という流れを私たちは経験上知っているわけですが、彼等は手紙よりもケータイメールケータイWebが最初から標準のような状態で高校生時代を送ってきているはずです。カメラ付きケータイで当たり前で、画質に対する注意を払うクセを付ける機会が最初からなかったり。

テンプレートに書き込んで書類を作れる、一種のお仕着せ的アプリケーションが当たり前だったり。

最近、色々な書類作成ソフトWeb作成システムなどが、テンプレートに書き込むだけでソレなりのクオリティで出来ることをうたっていますが、わたしは自分でデザインを考える機会を奪っているように思えて仕方がありません。

WikipediaGoogleである程度の答えを得てレポートを作成できてしまったり。中には丸写しで単位をゲットすることすら出来ますし。

これからまた学生さん達のITに関わる仕事になるので、自分自身のスキルアップも大事ですが、学生さん達のメディア経験の実情やレポート作成能力なども気になって仕方がありません。


骨子やバランスなどは自分で考えて、見栄えや文字が下手だったり、効率化のためにデジタルを使う、という流れって、やっぱり何だかんだ言っても基本だと思うのですが……。

自作のパンフレットに掲載する写真一つとっても、本当はある程度アタリラフ)を描き起こしておいて、それに近い構図で撮影してくるくらいでいた方が意図通りのショットが収められると思うのですが、今は手軽に写真が撮れすぎるので、いきなり現地に行って撮影して、そこから選ぶのが当たり前になってしまっています。現像に手間がかかることもあって、先読みで写真の構図を決めていった頃の方が、たぶん、何度も考える工程を通るから仕事の質としては上回るはずで。


それから、最近2、3の吹奏楽演奏会を聴きにいって気になったのですが、写真の画質があきらかに悪いモノが目についたのです。一応はプロのはずの演奏会でも、演奏者の写真デジカメ撮影、あるいはWebサイトから取ってきたのかもと分かるような画質の物を平気で使っていて。演奏者の写真だけではなく、広告などもWebの流用だとすぐに分かったようなジャギーの入り方をしている物があったりして、大変驚きました。

一般的にクオリティに対する注意力がどんどん下がってきているのは危惧するべきだと考えます。質の高い仕事を納期までになんとかするのは、大変に精神的なエネルギーも、肉体的な物も使いますけれども、便利な時代だからこそ手を抜くべきじゃないところはきちんとやるように心がけないと、ちゃんとしたものは作れない気がして……。


いろいろざっと指摘しましたけれど、まあ、つまり。

あくまでMacPCは、手描きでは出来ないような効率性や美しさをフォローする道具であって、基本のものは手描きの世界にあるし。それから、色々な物が簡単にカタチになる分、質の悪いモノも簡単に出来てしまうので、きれいな物をちゃんと作るように心がけたい物だ、ということです。

こういう話が通じる世代、皮膚感覚で分かっている世代に生まれて良かったなあと本当に思います。

アナログでしか出せない色や音がある一方で、デジタル生産性現代文明で必須であるということも分かっているので……。アナログしか出来ないと生き残れないし、デジタルしか知らなければ作品の骨子がぐらついても仕方が無いはずです。

これからの人たちが、自分の表現メディアとして、幼少時代にクレヨンより先にデジカメを知っている可能性もあります。*2

この体験差、手の可能性を知らずすっ飛ばしていきなりコンピューターになっていったとしたら、これから先どうなってしまうのかが心配でなりません。

アナログ曖昧さをしらず、全てがデジタル量子化世界にあるという感触で生きていくのだとしたら。

なんだろう。見えている世界が既に違ってしまうだろうし。ここにまたデジタルデバイドがあり得る気がします……。


近々、テレビですらデジタルになりますし……。そういえば、これから生まれてくる世代は、ビデオテープカセットテープといったアナログレコーディングメディアも知らないのかもしれない……。


物作りや原稿執筆に悩んだら、鉛筆の世界に帰ると良い物が出て来る。

これって、表現する人間に取ってスゴく大切なことのように思うのです。

でも、これからの世代の人たちは、その良さを知る前にデジタルの波を被らされてしまう危険性がある。

デジタルアートの面白さは自分なりに知ってはいますが、それとはまた別の問題で。

機械がなければ表現できない人間が生まれてしまうのだとすれば、それは恐ろしいことに思えてなりません。

[][]はてなロディア欲しい!

はてなロディア欲しい!」ってことで……。うーむ、条件はフランスネタ楽天の商品を紹介せよ、ですか。ではこれを。

フランスと言うと、尊敬するトロンボニストのミシェル・ベッケ先生故郷です。

このCDは実はまだ聴いたことが無いんですが! しかし、まあ、あのベッケ先生とそのお弟子さんたちが構成するアンサンブルなわけですから、きっと期待して良いんだろうなあと。ホント、先生CDって少ないし……。収録曲も非常に面白そうです。

ベッケ先生の音はともかくオシャレ、華麗、柔和、です。なんでこんなことが出来るの? とも思いますし。

かなり以前にフランス金管三重奏団で来日された際、そのサウンドを拝聴し、またサイン入りポスターを購入する機会に恵まれたことがありました。生で見ると良く分かりますが、本当にスゴいんですよ。なんとも。


そういえば、その昔、来日コンサート日本吹奏楽を変えたと言われる『パリギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団』もフランスの楽団でした。

日本人フランス人って、音楽の相性が良いのかもしれないですねえ。非常に受け入れやすい感じがするんです。

*1:さすがに日本語環境が現地には無かったため。

*2:身内の話で恐縮ですが、甥っ子……現在2歳……は、クレヨンお絵描きも好きですが、すでにデジカメの使い方も知っているのですよ。考えてみたら結構怖いことではあります。フィルムカメラを知らないって言うのが何となく怖い。

水のほし*2007のとし・03の07のひ

[]ITを使いこなす障害は実は自分にあり?

いろいろ頼まれてお引き受けしていることが沢山あるのだが。出来るはずのことが出来てないこの一ヶ月……。

ITユーザという自分の前に生活そのものの見直しの方も重要だったり。

客観的に見て引き受けすぎている量ではないし、時間もたっぷりある。ただ自分の中でのワークフローがうまく廻ってない……。


自分のデジタルシゴトをマネジメントする能力、も、デバイドを産むのかも。

自分ひとりでやっている感が強いのも問題で。ウマくほうれんそうしたい体制を作りたくても、他のメンツとの技術的格差が最初からあるために自分がやる裁量が必然的にでかくなってしまう……。

いまのうちに解決しておかないと、一生付いて廻りそう。デジタルに詳しくないヒトとのシゴトはたぶん、何だかんだでずっとかかずりあいそうな感じなので。

具体的に言えば、メールは打てるけど程度レベルのヒトと一緒にサイトを作っていくようなこと。

XOOPSとかもあるから、デザインは流用でシステムメンテさえ担当できればいいわけで……。結構これが大変。専門的な勉強は全部本で、だし。頼れるのは自分だけ……かも。


独立系ITユーザの友人はどうやってるのかな。ほんとに。今しばらくは忙しそうだが*1今度会えたら聞いてみたいものだ。立場は全く違うけれど。自分の裁量がでかいシゴトの廻し方。

自分の場合、燃え尽き症候群、というのもちょっとあるみたいだけれど。なんか、ウマく取り組めない。


ただ、この局面をリソース的にも技術的にも精神的にも乗り越えられたら、ずっと違う自分になれる、ハズなんだよね。

できるハズのシゴトなんだよね。うーん……。急がば回れのGTD+MindMapの出番?

*1:年度末だし。

火のほし*2007のとし・03の06のひ

[]幸せのコツを分けてくださいな。

【Lifehack】あなたが心がけている、生活を楽しくするちょっとしたコツ、を、簡素手短に教えて下さい。

久しぶりにはてな質問をしてきました。あっちの日記ではコメントを書いてきたんですけど、知り合いはこっちの日記の方が多いので一応ご報告です。

なにかコツがあれば教えて下さい(ご回答には、はてなユーザーIDが必要です)。

回答可能回数などを多めに設定してありますので、思いつくまま書いて頂いてOKです。

手短によろしくお願い致します。

月のほし*2007のとし・03の05のひ

[]月の輝かない夜に

「めぐりあひて 見しやそれともわかぬまに 雲がくれにし 夜半の月かな」(紫式部

百人一首の有名なうたですが……。最近、個人的に氷室冴子の「なんて素敵にジャパネスク」を読み直したりもしているので。気分は平安時代。

お会いしたかと思うと、その人と見分けるかどうか分からぬほどあっという間に、慌ただしく別れてしまった友よ。まるでほのかに見えた夜半の月が隠れるのと同じように。

ってなところですか……。

でも。同じ空を見つめていると思えば、別れてしまったあとでもつながりを感じているうた、というのは拡大解釈のし過ぎでしょうかねえ。こちらから見て隠れてしまっていても、雲の向こうには月があるのです。だからまた会えばいい。そういううただとも勝手に思っていますが……こんな解釈したら紫式部さんが草葉の陰でお泣きになられたりして?

急な春の嵐で、月を見ることも出来ない今宵、さみしさもありますが。ただ、低気圧が通過すればまたお天気にもなりますし。

今は見えないからといって、そこに居ないわけではないのです。

[]ゴールデンウィークまでに****しなくちゃ大作戦ファイル配布

いろいろあって、「ゴールデンウイークまでに◎◎したい!」という目標を持っている人はそれなりにいると思います。多分。

Illustrator期間限定カレンダーを作ってみたので、よかったらお使いください。

ファイル形式はPDF、サイズはA4、WindowsIllustrator CS2で制作して、Illustrator編集機能は保持してます。ですので、Illustratorで加工して何かするのもご自由にどうぞ。


***ダウンロードはこちらから(ダウンロードページへ)***

GIF版はこちらを右クリックして保存してお使いください。ただし、少々荒っぽいと思います。

f:id:Yuny:20070305105109g:image:w200


制作方法

作成には以下のサイトさんのJavaScriptのお世話になりました。自動的に1年分のカレンダーIllustratorで作る超便利なスクリプトです。面白いですよ。今回はこれで作ったカレンダーからの改造です。

■クリエイター手抜きプロジェクト[105]Illustrator CS/CS2編 一年分のカレンダーを自動生成する(1)/古籏一浩 : 日刊デジタルクリエイターズ

↑ただし、このままコピペしたときに、

for(i=1;i< =wrtMonth[theMonth__]+count;i++){
hFlag = false; // 休日だったらtrue

の部分(49行目〜50行目)が分かれていると動作しないので、

for(i=1;i<=wrtMonth[theMonth__]+count;i++){hFlag = false; // 休日だったらtrue

というように、=wrtMonthの前の空白スペースを削除して、あと改行も削除する必要があります。

ExtendScript Toolkitでデバッグしたときに出る「RGBColorにコンストラクタがありません」エラーは無視して大丈夫です。

ちなみに、デバッグからレイアウトアップロード終了まで2時間ちょい、というところでした。長いんだか短いんだかよく分かりません。

日のほし*2007のとし・03の04のひ

[]計算すること、公開すること

人生にはいろいろと計算がある。

計算通りに行かないことの方が多いかもしれない。

でも、そうしたときに、一人であたまを抱えて何年も過ごしてしまうか。

とりあえず、即座に誰かに相談できるか。

それで、全然生産性が違うなと思う。

あと相談する相手も……一番ダメージが来るヒトは誰なのか、を、すぐに考えてそのヒトに最初に言えるか、とか。


web 2.0勉強で一番学んだことは、情報をある程度信頼できる場所と形で公開することの効用

こっちの持ってき方次第で、有意義なツッコミが入ったりするし。

あと、情報を公開するってことは、客観的に見やすいレポートを作ることなので、その制作過程でアナや可能性に気が付いたりするし。

そして、思わぬツッコミで新しい角度から問題を見つめることが出来るようにもなる。

自分ひとりで出来ることなんて、たかが知れてる、って知っておくことが重要なんだと思う。もちろん、自分がするべきことはする。ただ、自分の責任や能力を過大評価したところで、良いことは何もない。下手なプライド過大評価してしまえば、土台が固まっていないところに江戸城を造るようなことになってしまう。


情報を持っているヒトが、公開する気になってくれるまでが大変。

情報を持っているヒトが、公開の効用を知っているならいいけれど、公開の効用を信用していないとなると、こっちから働きかけて公開してもらわないといけないので……。

情報公開条例とかができて久しいけれど、自治体レベルの話だけではなく、そういうのって普通に生活していても必要だ。


絶対的に人間には寿命があるし、色々なことの期限ってあるので。

許される費用と、時間と、精神衛生上の健康と、いろいろ考えなくては行けないけれど。


気持ちよく健康に過ごすためにどうするのが良いのか、ということが一番大事なんだと思う。

必要な部分でさぼってしまうと、絶対にどこかにしわ寄せが大きく来る。

ツケ、といってもいいかもしれない。


必要なところのけじめをきちんとすることで、健康的な生活が送れる。

これは情報に関しても、家事や社会性に関しても、そうなんだろうね。

金のほし*2007のとし・03の02のひ

[]楽器MacPCがあればあとは……。

最近、身辺でいろいろと動きがありまして。

個人的なことですが。

それもあって身の回りの荷物を見直していたところ、です。なんにせよ、荷物の整理って日常的に必要なことですよね。


マインドマップGTDをするまでもなく、自分にとって重要なアイテムってシンプルで。

楽器MacPC環境があれば、あとは何とでもなりそう。

食べるためにIT機器は要るし、生きるために楽器は必要だけど、それだけあればあとはまーなー、と。

もちろん、実力不足については自覚有り……で。PC楽器もこれから出来ることをもっともっと増やさないとダメなんですけど。


あと、もちろん、友達がいればね。仲良きことは美しきかな。

いつも、ほんとうにありがとうございます(ぺこり)。

セケン的に見て、相当変なヒトなのに、おシゴトをいただけたりつきあいがあったり、なんとか生きてられるのは、皆さんのおかげであります。

人間は社会的生命体で、ヒトの間にいなければ人間に成れないんですが、どうも私もその意味で多分に漏れないようです。宇宙人じゃないらしいので。

昔の友人が演劇の手伝いをするなどの連絡が数年ぶりに入ったりして(見に行けなかったけど)。そういうのもうれしいですし。


ゆったりと流れていく時間を見ながら、やれもうひと踏ん張り、といったところでありました。