ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Yunyの鉄は、熱いうちに鍛て。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

はてな義援金バナー

月のほし*2010のとし・03の15のひ

[]Macでe-Tax。その盲点とは。

3月15日は確定申告の締め切り日。

ということで、ようやくいろいろとひと段落したので、つらつらとMacでの確定申告について問題点などを振り返ってみようと思う。


国税電子申告・納税システムこと「e-Tax」。イータックス。

住基カード用のカードリーダーは当初はMacで使えるものが無かったし「公的認証サービスクライアントソフト」もWindowsオンリーだったが。

昨今はMacに対応するようになってきたようだ。ようやく当然の環境になってきた気がする。アートクリエーターの利用が多いMacでは、e-Taxの恩恵を大きく感じる個人事業主も多かろう。

国税庁のサイトには動画によるe-Taxの説明などもアップされているので非常に分かりやすかった。というより、この説明が無かったらたぶん出来なかったと思う。


さて、カードリーダーは今回はNTTコミュニケーションズの「SCR3310」を使用した。動作には特に問題がなかった。

接触型なのでSuicaPasmoには対応しない。

そもそも、Macに完全対応(SuicaPasmoのチャージ機能までの対応)している非接触型カードリーダーがまだ商品化されていないようなのだ。

MacOSのデキは最高だが、対応するソフトウェアハードウェアが少ない。シェアの狭さ故の宿命ではあるが、周辺機器メーカーには頑張って欲しいと思う。


ところで、Macに限ったことではないが、e-Taxで盲点になることがある。

それは、住基カードは10年間有効だが、ICチップインストールされている電子証明は3年間しか有効期間がないことだ。この点について住基カードの裏面の諸注意事項に表記されていれば良いのだが、まったく書かれていなかった。確かに手続きをした時には言われているのではあるが……。

総務省の住民基本台帳カード総合情報サイトにも、トップページにそういったことの表記は無い。この時期だけでも表示しておくべきだと思う。住基のカードを取得するニーズが特に高まる時期なのだから。

国税庁の【e−Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)トップページには「おしらせ」として一応表示されている。

今年、e-Taxを目当てに住基カードを取得したヒトは、3年間は大丈夫だが4年後に慌てないようにしたいものだ。それにしても、なぜ3年間なのだろう。住基カード自体の有効期限と同じ10年にしてしまうと、問題があるのだろうか?


それからもうひとつMacだけに分かりにくいこと。

e-Taxの作業中に「キーチェーンのパスワード入力してください」と表示されることがある。

「キーチェーンのロック解除:Safariはキーチェーン“JPKI-card#2”を使用する必要があります」

ここで入力するべきは、住基カード電子証明パスワードである。最大16桁の大文字アルファベット+数字で設定したものだ。あくまでも大文字なので、CapsLockを使おう。

それからMac管理パスワードや、キーチェーンのパスワードなどを入れてはならない。キーチェーンだからとついついそのようなものを入力してしまいがちではあるが。

住基カードICチップは、誤ったパスワードを何度も入れてしまうとロックがかかってしまうのだ。そうすると市区町村の役所窓口で書類を書いて、ロック解除をしなくてはならないのである。ちなみに、その際には住基カードを作成したときに設定した4桁の暗証番号も必要になる。これも忘れてしまった場合、ICチップ初期化することになるので、また書類を書かなくてはならない。


最後にもうひとつカードリーダー「SCR3310」は動作中にLEDが点灯するタイプだ。しかし、だからこそ作業終了後にUSBを抜いて良いのかどうか判断がつかなかったのだ。取扱説明書にも説明がない。念のためにMacシステム終了(電源オフ)してからカードリーダーを外したが、実のところはどうなのだろうか。


とはいえ、作業自体は確定申告書を手作業で書くよりもはるかに楽ではあった。住基ネットやe-Taxなど、電子政府にはまだまだ問題もあるとは思うが、セキュリティデジタルデバイドなどを解決できればかなり便利だと思う。

ただし、まったく全面的に確定申告=e-Taxとなってしまうのも問題ではあろう。

利用条件が合い、出来るヒトであればやればいいし、手書きの方がよければそちらで良いだろうと思う。

某N某N 2010/03/18 07:23 こんにちは。
私もアレ、後学のためにやってみました。めんどくさかった。
東京は関東でも普及率は低目らしいですね。
個人的には断然紙に手書きの方が早いのですが、税務署はイータックスとってもオススメらしい。アレは紙をスキャンする手間が省けるし、保管場所がなくてすむのでなんとしても普及率をあげたいみたい。研修会の来賓挨拶のしめは毎回「イータックスの普及率向上に協力を〜」でしたし。
電子申告の税額控除の特典を改善すれば多少違うのかなと思わなくもないですがどうなんでしょうね。給与所得者との不公平感が微妙に感じられるのですが。
住基カードと申告の資料を持って税務署に行けば付きっきりで教えてくれるから高齢者やパソコン苦手の人もそんなに抵抗なく出来るかも?
でも3分で書けて郵送すればOKなものを30分もかけて入力するのはバカらしいとは思う。次はもうやらない。

YunyYuny 2010/03/18 10:43 私の場合、医療費控除だけのために税務署に行くのが面倒だったからカードリーダーを買ったのに、結局電子証明の再取得に区役所に行ったから、あんまり意味が感じられなかったなあ。ま、勉強にはなりました。

まあ、紙が節約できる面からは賛成かな。あと窓口に行くために仕事を休まなくていいとか。

いろいろ改善すべきはある。たとえば。
-Windows、Mac、Linuxに対応したカードリーダーの無償貸与(どっかで借りられないかなあ。3000円は高いなあ)。
-ドライバと各種証明ファイルのインストール手順の簡略化(Macでは相当難しいと思った。とくに総務省のフィンガープリント確認手順が難しい。あれは慣れている人じゃないと無理だった)
-電子証明の有効期間の延長(3年は短い。住基カード同様に10年でいいんじゃ?)
-領収書類(医療控除とか)の家庭での保存期間を短縮(半年とか1年くらいに)
-イータックスサイトの使い勝手の大幅改善を。ボタン類多過ぎ、言葉難し過ぎ。確認手順ばかり多過ぎて入力するところまで行くのが大変だった。だから長くなるんだって。バリアフリーの観点からもっと簡単に作れないものかと。優秀なデザイナーがいないのかな?
-住基ネットのセキュリティについて説明と証明を。事故はあり得ない的な説明しかしてないみたいで。あり得ちゃったらどうするかとか。補償とかありそうで。
>電子申告の税額控除
これを毎年出せば普及するとは思うけど。
それこそ税務署に行く人の交通費は控除しなくていいのかなあ?

某N某N 2010/03/19 07:29 システム関係はさっぱりなのであれだけど、リーダーは税務署に行けばあるんですよね。でも税務署に行っては大多数の人には意味がないというか。税務署行ったら普通に紙で申告するだろうし。以前最初にイータックスが出来たころ、電子証明とリーダーの購入のための費用が控除額とほぼ同じくらいかかると聞いて激しく意味ないーと思ったものです。市区町村の役場に専用のパソコンをおくとかしてもいいのかも。今は役場に申告書を持ってきた人の分だけは印刷したりしているみたいだけれど、自由に使えるパソコンがあれば電子証明の取得と申告が一度にできるだろうし。
ただ証明は免許の更新とほぼ同間隔ですよね。これは仕方がないことだと思います。逆に考えてみてあまりにも期間が長い方が個人的には不安になる。
書類の保存期間は個人事業主とかだともっと長いのでこれもある程度仕方がないかなぁと。医療費の控除でしたら関係がないかもですが、税務調査とかが入った場合、帳票類はどうしても必要だろうし。
税額控除は年末調整のみですむ人とか税理士に依頼して申告する人には適用されないのですが、その辺のところが改善されるといいんじゃないだろうかとは思います。後は毎年の控除額を少なくして最長10年とかにする。住基カードとリーダーの用途がもっと広がればさらにいいかも。今はイータックスにしか使う場面が思い浮かばないし。

私も医療費だけだったのだけれど、それでもアレだけ面倒だったのだからこれが青色申告してたり損益通算があったり損失の繰越があったりなんて人はさらに大変そう。税理士の一括提出ではイータックスは普及するかもだけれど、自分で申告する人にはこのままじゃあんまり普及しないんじゃないかなぁと思います。

YunyYuny 2010/03/20 09:18 なるほどね。
逆に言うと納税のプロ……税理士さんにはありがたいシステムなわけですね。
依頼元が企業や個人事業主さんだと、PCで帳簿類を書いたりしそうだし。
そこからデータをインポートするだけでいいのはかなり助かりそう。


個人で環境をそろえる必要は……サラリーマンなどで医療費や寄付金等を控除してほしいくらいのレベルだと、税務署行くために仕事を休んでもいいなら必要ないかもしれません。
わざわざあれを買う(3,000円前後)&住基カードを取る(カード題500円&電子証明500円)&インストール+データ入力(1時間程度)のは、あんまり意味がないかも。
よほどPCやMacが好きな人は別としてね。


>市区町村の役場に専用のパソコンをおくとかしてもいい
そうそう、税務署だけではなく、役場や自治体の出張所などに端末を設置できるメリットは大きいかも。個人で持てるくらいなんだから。地方だと広いから余計に。北海道とかは助かりそうなイメージがあります。

某N某N 2010/03/21 07:26 私みたいに電子証明だけとって税務署でイータックスだと金銭的には千円ですむし、税務署の人がすでにシステムの入っているパソコンで付きっ切りで教えてくれますから時間がある人はいいのかも。

けど
>依頼元が企業や個人事業主さんだと、PCで帳簿類を書いたりしそうだし。
>そこからデータをインポートするだけでいいのはかなり助かりそう。
はありえませんから! 少なくとも私はそんなお客さんは見たことない。データの変換も税理士さんとか会計事務所は専用のソフト(TKCとかエプソンとか)なので互換性はあまりない。以前他システムからのデータの変換をやった話を聞きましたが、なんでもシステムの会社の本部にデータを送って変換してもらったそうです。もちろん、お客さんが同じシステムでデータを渡してくれればありがたいですが、システム一式は月の維持料が3万円とかするのでありえないと思います。
イータックスで得をするのは一部の納税者と税務署くらい? 税理士さんとかはネットで送るか郵送で送るかの違いくらいしかない気がする。税理士会とか税務署の心証がよくなるくらいじゃないかなぁと。
春先の時期、大多数の税理士さんや会計事務所はどばっともってこられた領収書や固定資産の明細とか請求書の類を片付けてると思う。きちんとデータの入力とか出来てる人はそもそも他人にお金を払ってまで頼まないと思う。

YunyYuny 2010/03/22 07:31 ふむふむふむ。なるほど。。。。
自分で収支の計算とか出納の記録の管理まで出来てるヒトは、やり方さえ分かってしまえば税理士さんはあんまり必要ないっと。そういうものなのか……。
で、やり方は本とかネットでもある程度分かるし、総務省でイータックスの動画マニュアルを流してるくらいだし……。
この自分にも基本的なやり方が分かったくらいだもん。税理士さん→イータックス、に移行して経費やコストの削減に行けるヒトはそれほど多くはなさそうだ、っと(いないわけじゃないだろうけど)。出納記録の管理や計算だけではなく、節税のために経費の算出をあれこれ工夫する(ねつ造って意味じゃなくて、いわゆる「経費で落ちる」範囲をちゃんと把握して自腹分を減らす)のはやっぱり税金のプロならではのテクニックみたいなものがあるって話も聞いたことがあるし。
と、なると、実質的にイータックスで「楽」が出来るのはやっぱりお役所の方とホントに一部の納税者だけなのかもしれません。
自分としては、使い慣れたMacで自分で打ち込むことで、改めてお金の大切さや医療費を考える良い機会にはなったけれどね。でも、これだけかかるものなんだなあ、お金とか健康って大事だなあ、って実感&反省するくらい? 領収書の保管義務が生じるのは、自分のことだから別にかまわないし、どこの医療機関でいついくらくらい、とかはあんまりヒトに知らせるもんでもないと思う。まあ、ヒトによっては面倒に思う場合もあるかもしれないですけれどね。

某N某N 2010/03/23 17:14 最近は不況の影響からか自分でやるから今年からは税理士さんには頼みませんという人もいるらしいし。逆に年金受給者で還付になる&医療費だけで頼んでくる人もいる。この辺もなんだか格差社会っぽいwとか思ったり思わなかったり。
イータックスは結局役所が楽をしたいためみたいなところが大きいかなぁなんて思う。保管場所の節約とスキャンの手間が減るところが。
納税者は電子申告控除が受けられる人はちょっと得をするし、機材一式がそろっていてという人はまぁいいかも。でもこれだって郵送でも大丈夫なのだからどうしてもというわけではないし。
税理士さんにたのんで、税理士さんが電子申告しても電子申告控除は受けられないので、給与所得者の大部分と煩雑な処理が必要な個人事業主にはなんの恩恵もないのですよ!

経費で落とす云々は大して規模の大きくない個人事業主ならある程度は強引な自己主張でなんとかなるのかも。領収書類は保管義務があるだけで提出はしないし。決して勧めるわけではありませんが。税理士さんなりに依頼する方の分は処理をする人がこれはセーフこっちはアウトという感じで分けてると思う。個人的には事業の買い物と個人の買い物を一緒にするのはやめてほしい。

何度も長々とコメントしてしまいましたが、私には今のままではイータックスの普及が加速するとは思えません。紙の方がずっとずっと楽だし。この点に関しては私は少数派ではないと思う。
あとウインドウズでも申告は割と面倒だと思います。

YunyYuny 2010/03/24 09:06 >イータックスは結局役所が楽をしたいためみたいなところが大きいかなぁ

どうもそれっぽいですね。「税理士さんが電子申告しても電子申告控除は受けられない」というあたりもなんだかなあ。公平なんだか不公平なんだか。

>事業の買い物と個人の買い物を一緒にするのはやめて

たしかに。これは計算するの面倒ですね。将来用に頭の片隅に入れておきます(いつの話だ)。

>今のままではイータックスの普及が加速するとは思えません。

ゲーム業界でいうところのキラーアプリみたいな、納税者が絶対的にトクになるナニかキラーサービスみたいなものがないと、電子化は進まないでしょうね。ファイナルファンタジーシリーズが出るからPlayStationを買ったみたいな。
電子申告で5000円控除ってあれ、もう少し検討したほうがいいと思う。イータックス化が税務署の人件費と釣り合いが取れたり、結果的には税金を増やさないのに「増収」になるなら、ちゃんと説明したほうがいいし。増税を避ける手段としての納税電子化って説得力があるし。そのあたりを数字で分かりやすく示しているのかなああ? お役所って説明が下手なイメージがどうしてもある。
私の場合は今年は医療費がとてもかかったのと、情報技術に関する好奇心でやってみたけれど、たぶん少数派なんでしょう。

>ウインドウズでも申告は割と面倒だ

Macで面倒なのは最初の証明とかのインストールや準備的な部分。
そこさえ通過すればWindowsと同じでした。つまり、Macだと倍も面倒? 自動インストールツール無かったし。あれ、Mac OS X付属のAppleScript Studioで1日もあれば作れると思うけど。
とくにパソコンが好きなわけじゃない普通の人には面倒かもしれないです。紙の方が楽っていうのも分からないじゃないですね。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証