Hatena::ブログ(Diary)

Yet Another Hackadelic

2008-10-23 疲れた、続きは明日以降。

XRDS Document のメモ (1) - 4.2.1 Management Elements

XRI Resolution 2.0 で定義されている XRDS の定義をちゃんとまとめようかなと言う趣旨のメモです。

Spec でいう所の 4.2 付近の話です。相変わらず訳は保障しません。

あと属性の解説は省略しました。*1

前書き

The first set of elements are used to manage XRDs, particularly from the perspective of caching, error handling, and delegation. Note that to prevent processing conflicts, the XRD schema permits a choice of either xrd:XRD/xrd:Redirect elements or xrd:XRD/xrd:Ref elements but not both. 4.2.1 Management Elements

最初の要素セットは XRD を特にキャッシュやエラーハンドリング、委譲 (delegation) を観点とした管理を行うために用いられます。実行時の重複を防ぐために、XRD スキーマは xrd:XRD/xrd:Redirect 要素または xrd:XRD/xrd:Ref

要素のいずれかを選択する事が許されているが、両方を選択する事は許されていない。

xrd:XRD

Container element for all other XRD elements. Attributes: xrd:XRD

他全ての XRD 要素に対するコンテナです。

xrd:XRD/xrd:Type

0 or more per xrd:XRD element. A unique identifier of type xs:anyURI that identifies the type of this XRD. This element is provided to support XRD extensibility as described in section 17.1.1. If no instances of this element are present, the type is as defined by this specification. If one or more instances of this element are present, the requirements of the specified XRD type SHOULD be defined by an extension specification, which SHOULD be dereferenceable from the URI, IRI, or XRI used as the value of this element. In all cases XRD processors MAY ignore instances of this element and process the XRD as specified in this document. xrd:XRD/xrd:Type

xrd:XRD 要素に対して0個以上あります。この XRD の型を識別するユニークな xs:anyURI 型の識別子である。この要素は XRD に 17.1.1 節で記述された拡張性の対応の為に提供されます。もしこの要素のインスタンスが存在しない場合は、その型はこの仕様で定義されたものとなります。1個以上この要素のインスタンスがある場合は、特定の XRD 型の要求は拡張仕様によって定義されるべきであり (SHOULD)、その仕様はこの要素の値として用いられる URI、IRI あるいは XRI からデリファレンス可能であるべきです (SHOULD)。全ての場合において XRD プロセッサはこの要素のインスタンスを無視し、さらにこの文書で定められた XRD として実行する場合があります (MAY)。

xrd:XRD/xrd:Query

0 or 1 per xrd:XRD element. Expresses the XRI, IRI, or URI reference in URI-normal form whose resolution results in this xrd:XRD element. See section 5.1. xrd:XRD/xrd:Query

xrd:XRD 要素に対して 0 または 1つ存在します。レゾリューションがこの xrd:XRD をもたらすURI 標準形式の中で XRI, IRI または URI リファレンスを表明します。5.1 節を見て下さい。

xrd:XRD/xrd:Status

0 or 1 per xrd:XRD element. RECOMMENDED for all XRDs. REQUIRED if the resolver must report certain error conditions. The contents of the element are a human-readable message string describing the status of the response as determined by the resolver. For XRI resolution, values of the Status element are defined in section 15. xrd:XRD/xrd:Status

xrd:XRD 要素に対して 0 または 1つ存在します。全ての XRD に対して推奨されます (RECOMMENDED)。リゾルバは確かなエラー条件を報告しなければならない場合に必須となります (REQUIRED)。要素の内容は人間に解読可能なメッセージ文字としてリゾルバによって決定されたレスポンスのステータスを記述します。XRI resolution の為に、Status 要素の値は 15 節で定義されています。

xrd:XRD:xrd:ServerStatus

0 or 1 per xrd:XRD element. Used by an XRI authority server to report the status of a resolution request to an XRI resolver. See section 15.1. xrd:XRD/xrd:ServerStatus

xrd:XRD 要素に対して 0 または 1つ存在します。XRI リゾルバに対するレゾリューションリクエストのステータスの報告のために XRI authority サーバーによって用いられます。15.1 節を見て下さい。

xrd:XRD/xrd:Expires

0 or 1 per xrd:XRD element. The date/time, in the form of xs:dateTime, after which this XRD cannot be relied upon. To promote interoperability, this date/time value SHOULD use the UTC "Z" time zone and SHOULD NOT use fractional seconds. A resolver MUST NOT use an XRD after the time stated here. A resolver MAY discard this XRD before the time indicated in this result. If the HTTP transport caching semantics specify an expiry time earlier than the time expressed in this attribute, then a resolver MUST NOT use this XRD after the expiry time declared in the HTTP headers per section 13.2 of [RFC2616]. See section 16.2.1. xrd:XRD/xrd:Expires

xrd:XRD 要素に対して 0 または 1つ存在します。その日付/時刻は xs:dateTime 形式で、その日時の後はこの XRD は 信頼する事が出来ません。相互運用性を進めるために、この日付/時刻の値は UTC "Z" タイムゾーンを用いるべき (SHOULD) であり、秒より細かな値を用いるべきではありません (SHOULD)。リゾルバはここで示された時刻を過ぎた XRD を用いてはなりません (MUST)。HTTP トランスポートキャッシュがこの属性で表現された時刻よりも早い有効時刻を指定した場合、リゾルバは [RFC2616] の 13.2 節に対する HTTP ヘッダ中で宣言された有効時刻の後にこの XRD を用いてはなりません (MUST)。

xrd:XRD/xrd:Redirect

0 or more per xrd:XRD element. Type xs:anyURI. MUST contain an absolute HTTP(S) URI. Choice between this or the xrd:XRD/xrd:Ref element below. MUST be processed by a resolver to locate another XRDS document authorized to describe the target resource as defined in section 12. xrd:XRD/xrd:Expires

xrd:XRD 要素に対して 0 以上あります。xs:anyURI 型で、絶対 HTTP(S) URI を含めなければなりません (MUST)。この要素か、あるいは下記の xrd:XRD/xrd:Ref 要素のいずれかを選択して下さい。12節で定義された対象リソースを記述する為に、別の認可された XRDS 文書を指し示すようにリゾルバによって処理されなければなりません (MUST)。

xrd:XRD/xrd:Ref

0 or more more per xrd:XRD element. Type xs:anyURI. MUST contain an absolute XRI. Choice between this or the xrd:XRD/xrd:Redirect element above. MUST be processed by a resolver (depending on the value of the refs subparameter) to locate another XRDS document authorized to describe the target resource as defined in section 12 xrd:XRD/xrd:Expires

xrd:XRD 要素に対して 0 以上あります。xs:anyURI 型です。絶対 XRI を含めなければなりません (MUST)。この要素か上記の xrd:XRD/xrd:Redirect のいずれかを選んで下さい。12節で定義された対象リソースを記述する為に、別の認可された XRDS 文書を指し示すように (refsサブパラメータの値に依存する) リゾルバによって処理されなければなりません )(MUST)。

*1:後で追記するかも

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。