Hatena::ブログ(Diary)

Yet Another Hackadelic

2008-10-23 疲れた、続きは明日以降。

XRDS Document のメモ (4) - 4.2.4 Service Endpoint Descriptor Elements

むぅ、、、いきなり長いな。

The next set of elements is used to describe service endpoints―the set of network endpoints advertised in an XRD for performing delegated resolution, obtaining further metadata, or interacting directly with the target resource. Again, because there can be more than one instance of a service endpoint that satisfies a service endpoint selection query, or more than one instance of these elements inside a service descriptor, these elements all accept the global priority attribute (section 4.3.3). IMPORTANT: Establishing unambiguous priority is especially important for service endpoints because they are used to control the direction of authority resolution, the order of Redirect and Ref processing, and the prioritization of the final service endpoint URIs selected (if any). See section 4.3.3 for rules and recommendations about usage of the priority attribute. Note that to prevent processing conflicts, the XRD schema permits only one of these element types in a service endpoint: xrd:URI, xrd:Redirect, or xrd:Ref. 4.2.4 Service Endpoint Descriptor Elements

次の要素セットは service endpoint 、delegated resolution、さらなるメタデータの取得、あるいは対象リソースと直接相互作用する為の XRD 中で公表されたネットワークエンドポイントのセット、の記述に用いられます。再び、service endpoint の選択クエリが満たされる service endpoint のインスタンスが一つ以上ある、あるいは service descriptor の中にそれらの要素のインスタンスが一つ以上あるので、これらの要素全てはグローバル priority 属性を受け付けます。(4.3.3 節)

重要: 明白な priority を確立する事はそれらが authority resolution の指示を操作し、Redirect と Ref の実行順序、さらに最終的な service endpoint URI の選択に対する優先付けの為に用いられるので service endpoint にとって重要です。priority 属性の使用に関する規則と推奨事項に関して 4.3.3 節を見て下さい。

重複実行を防ぐため、XRD スキーマはservice endpoint の中で次のいずれかの要素型、xrd:URI, xrd:Redirect, あるいは xrd:Ref の一つのみに許可しています。

xrd:XRD/xrd:Service

0 or more per xrd:XRD element. The container element for service endpoint metadata. Referred to by the abbreviation SEP. xrd:XRD/xrd:Service

xrd:XRD 要素に対して 0 以上あります。service endpoint メタデータの為のコンテナです。省略系として SEP と呼ばれます。

xrd:XRD/xrd:Service/xrd:LocalID

0 or more per xrd:XRD/xrd:Service element. Identical to the xrd:XRD/xrd:LocalID element defined above except this synonym is asserted by the provider of the service and not the parent authority for the XRD. MAY be used to provide one or more identifiers by which the target resource SHOULD be identified in the context of the service endpoint. See section 5.2.1 for detailed requirements. xrd:XRD/xrd:Service/xrd:LocalID

xrd:XRD/xrd:Service 要素に対して 0 以上あります。このシノニムがサービスのプロバイダによってアサートされるのと、その XRD に対する 親 authority では無いということを除いて上記で定義された xrd:XRD/xrd:LocalID とまったく同じです。service endpoint のコンテキスト中で識別されるべき対象リソースによって、一つ以上の identifier が 提供されるために用いられる場合があります (MAY)。詳細な要求は 5.2.1 節を見て下さい。

xrd:XRD/xrd:Service/xrd:URI

0 more per xrd:XRD/xrd:Service element. Type xs:anyURI. Choice between this or the xrd:XRD/xrd:Service/xrd:Redirect or xrd:XRD/xrd:Service/xrd:Ref elements. If present, it indicates a transport-level URI for accessing the capability described by the parent Service element. For the service types defined for XRI resolution in section 3.1.2, this URI MUST be an HTTP or HTTPS URI. Other services may use other transport protocols. xrd:XRD/xrd:Service/xrd:URI

xrd:XRD/xrd:Service 要素に対して 0 以上あります。xs:anyURI 型です。この要素または xrd:XRD/xrd:Service/xrd:Redirect または xrd:XRD/xrd:Service/xrd:Ref から選択します。もし存在するならば、親の Service 要素によって記述された可能性にアクセスするためのトランスポートレベルの URI を指し示します。3.1.2 節にある XRI resolution の為に定義されたサービス型は、この URI が HTTP あるいは HTTPS URI でなければならない (MUST)。他のサービスは他のトランスポートプロトコルが用いられる可能性があります。

xrd:XRD/xrd:Service/xrd:Redirect

0 more per xrd:XRD/xrd:Service element. Choice between this or the xrd:XRD/xrd:Service/xrd:URI or xrd:XRD/xrd:Service/xrd:Ref elements. Identical to the xrd:XRD/xrd:Redirect element defined above except processed only in the context of service endpoint selection. See section 12. xrd:XRD/xrd:Service/xrd:Redirect

xrd:XRD/xrd:Service 要素に対して 0 以上あります。この要素または xrd:XRD/xrd:Service/xrd:URI または xrd:XRD/xrd:Service/xrd:Ref から選択します。xrd:XRD/xrd:Redirect とまったく同じです。12 節を見て下さい。

xrd:XRD/xrd:Service/xrd:Ref

0 more per xrd:XRD/xrd:Service element. Choice between this or the xrd:XRD/xrd:Service/xrd:URI or xrd:XRD/xrd:Service/xrd:Redirect elements. Identical to the xrd:XRD/xrd:Ref element defined above except processed only in the context of service endpoint selection. See section 12. xrd:XRD/xrd:Service/xrd:Ref

xrd:XRD/xrd:Service 要素に対して 0 以上あります。この要素または xrd:XRD/xrd:Service/xrd:URI または xrd:XRD/xrd:Service/xrd:Redirect から選択します。service endpoint selection のコンテキストの中だけで処理される事を除いて、xrd:XRD/xrd:Ref とまったく同じです。12 節を見て下さい。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ZIGOROu/20081023/1224775007