Hatena::ブログ(Diary)

Yet Another Hackadelic

2008-03-17 ITMediaのインタビューでHxHの予想を見事に外しましたが何か?

はじめてのhaxe, haxe-mode.el

Chumbyも買う事だし、とりあえず環境作っておなじみ「Hello world」が出るまでやってみました。

haxeとは

503 Service Temporarily Unavailableを良く読んで下さい(ぉぃ

インストール

NekoVMが必要です。

NekoVMのインストール

no titleを参考に。

$ cd /usr/lib
$ sudo tar xfz /path/to/neko-1.7.0-osx.tar.gz
$ sudo ln -s neko-1.7.0-osx neko

みたいな感じ。あるいはnekoディレクトリを作っても良い。

haxeのインストール

こちらもNekoVM同様です。僕は解凍先を/usr/lib/haxeにしました。

haxe-mode.el

sness: haxe.elから拝借しました。

;;haxe-mode
(require 'haxe-mode)
(defconst my-haxe-style
  '("java" (c-offsets-alist . ((case-label . +)
                               (arglist-intro . +)
                               (arglist-close . 0)
                               (cpp-macro . 0))))
  "My haXe Programming Style")
(add-hook 'haxe-mode-hook
  (function (lambda () (c-add-style "haxe" my-haxe-style t))))
(add-hook 'haxe-mode-hook
          (function
           (lambda ()
             (setq tab-width 4)
             (setq indent-tabs-mode t)
             (setq fill-column 80)
             (local-set-key [(return)] 'newline-and-indent))))

こんな感じで設定しておきます。

さぁHello worldしよう

hxファイルってのがソースファイルになります。

こんな感じのソースを書いてみましょう。

class Test {
	static function main() {
		trace("Hello world !");
	}
}

んでもってこいつをswfにコンパイルします。

$ /usr/lib/haxe/haxe -swf test.swf -main Test Test.hx

とするとtest.swfが出来てるのでブラウザで見てみましょう。traceの実行結果としてHello Worldが出てると思います。

もっと学ぶには

公式のチュートリアルをとりあえずやった方が良さそう。