Hatena::ブログ(Diary)

ふぃぎゅのーつ.〜蒼月彩記・特装版〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

【はじめに】
当ブログは原則リンクフリー・アンリンクフリーです。動作環境などの詳細はプロフィールをご覧ください。
”蒼月彩記・新装版”へはこちらからどうぞ。

【注意!】
当ブログおよび関連ページにおける禁止事項につきましては、プロフィールをご覧ください。
【 NOTICE! 】
About the illegal act in this blog and the ralated web pages, please refer the "PROFILE" page.
※禁止行為を発見した場合、アクセス拒否措置を行うことがあります。
(If found, your access will be disabled.)

2013-04-28 Rev.#085「君に逢いたくなったなら ViVid2013S」

f:id:ZeroFour:20130423124953j:image:w320:right

前回撮って載せたのが昨年9月はじめ、実に7ヶ月半が経ちました。

こりゃ春は遅いか?と思いきや足早にやって来た桜前線、かと思えば4月も折り返したところで山は雪化粧で里にまで積雪。

何とも慌ただしいというかめまぐるしいというかな季節でございます。

そんな中で時間と天候とが合い、残る自身のやる気もどうにか揃ったところで、リハビリのような形で撮ってきました。

――本人としては「撮りに行こう」ではなく「ドライブがてらに撮れればラッキー」くらいの心持ちでしたので、枚数は少なめです(;^ω^)


FigurePhoto 'n' Drive:君に逢いたくなったなら ViVid2013S - アルター 『魔法少女リリカルなのはViVid』 高町ヴィヴィオ -

プロローグ

f:id:ZeroFour:20130422113502j:image:h240:right

翌日から下り坂という天気予報を聞きつけ、また買い物――の前の下見――をしたいものがあったというのもあり、車を出すに足る口実が揃ったところで、バッグに今回の被写体を収めて出発です。

3月頭まで足踏みしていたはずが半ばを過ぎて急に加速を始めた今年の桜前線、先日は雪が舞いこそしましたがもはや遅きに失しただろうと踏んで、今回のターゲットからは桜を外していました。

が、「あくまで撮れればラッキー、あくまで運転による気晴らしがメイン」くらいのスタンスで走らせていたら、まだまだ残っていました。

結局、合わせて撮るというところまでには至りませんでしたが、いい目の保養にはなりましたね。


さて、早々に下見も済んでしまい、お昼も済ませてさらに車を走らせていたらふと芝桜が目に留まったので、ここいらでそろそろ展開しようと停車です。


続きを読む

2012-09-05 Rev.#084「あの日描いた夏をいま」

f:id:ZeroFour:20120831191707j:image:w320:right

届いたもの(主にねんどろいど)をちまちまと自宅で撮ることはありましたが、暑さに加えて、4ヶ月前の予感どおりになってしまっているのもあって、わざわざ出向く気力も湧かず――

そうか、前回のきりりん氏撮影からもう3ヶ月ほどでしたか。長かったような短かったような。

が、あまりにいろいろと蓄積してきてとうとう限界を超えそうだったので、「これはまずい。このまま月をまたいで、さらに忙殺に押されたら折れそう」と感じ、MP回復を求めて飛び出してきました。


f:id:ZeroFour:20120823212302j:image:w320:right

ただ「出ていい、出かけていい」と思うまでに時間がかかりすぎたせいで、現地にいられる時間がだいぶ圧縮されてしまいました。

それもあって、後半に狙っていた場所は散策するに留まってしまったのでした。

平日とはいっても訪れる方々も少なくなかったので、どのみち今回の被写体の出番を捻出するのは難しかったです。

けれど、そもそも後半のポイントはフィギュア関係なしに「ここはいずれ訪れてみたい」と思っていた場所だったので、散策だけで充分だったとも言えます。

―――ひたすらに暑かったので、フィギュアまで構える気力など早々に溶けてしまったというのも'`、、 (;´∀`) '`、、


f:id:ZeroFour:20120506111524j:image:w160:left

さて、それでは2012年の夏唯一となったフィギュア屋外撮影。

被写体は前回のきりりん氏からのバトンタッチの意味も込めて、コトブキヤ製『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』より夏コミ一般参加スタイルの黒猫嬢です。

購入から実に8ヶ月弱、「春はきりりん氏に任せて、この子は半年先の夏にこそ相応しい」とひたすらに温めてきた甲斐が、まずは報われた夏の終わりでした。


FigurePhoto 'n' Drive:あの日描いた夏をいま - コトブキヤ 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 黒猫 - memories(夏コミ) -

夏の終わりのまばゆさに

f:id:ZeroFour:20120823212244j:image:w320:right

事前のイメージ練り込みは実に不足していましたが、とにかく照りつける暑さからはまず逃走したいのと、撮るなら夏の要素・入道雲と早秋の要素・そばの花かコスモスは入れたいというのがありました。

出発がやや遅れたので目的地を素早く脳内検索、午後には雨が降るかもという天気予報を耳にしたのを思い出し、お昼前に着ければほどよく入道雲ができあがるあたり…?と根拠のない予想を信じていざ出発。


着いた頃にはさっそくにできあがり始めた夏の雲、背後には入り混じるように秋の雲まで。

抜けるような青さの空に、パンクが近いかもと思えていたモヤモヤやら疲労感やらも解消されるのでした。


続きを読む

2012-05-12 Rev.#083「うららかきりりん」

f:id:ZeroFour:20120316183718j:image:w240:right

早春の頃に「どんな感じに写るだろう」と下見に連れ出していた彼女、ようやく本番を迎えました。

屋外撮影自体も本当に久しぶりとなった今回は、コトブキヤ製 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』より、才色兼備にしてツンデレにして努力家にしてガチヲタ……アビリティ積載オーバーなパーフェクト妹・高坂桐乃嬢です。

"memories(秋葉原)"と銘打たれていますが、アキバへの初デート初探訪となった折の衣装ですね。

場に似つかわしくないとさえ思われた着こなしぶりは、さすが読者モデルといったところでしょうか。


結果からすれば、この春では唯一の屋外撮影の被写体となった次第です。

他にもどこかの文学系魔法少女さんをはじめとする候補がいたのですが、それはまた次の春に託したいと思います。

もっと多い回数のピックアップも想定していましたが、終わってみればこれくらいでちょうどよかったかもしれません。

あまり多く連れ出しても、今でさえ似たり寄ったりの構図がさらにダブりますからね'`、、 (;´∀`) '`、、


と前置きはここまでにして、今回はこの春の写真と併せてお届けします。


FigurePhoto 'n' Drive:うららかきりりん - コトブキヤ 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 高坂桐乃 - memories(秋葉原) -

SunnyDay.1:うららかきりりん、旅びより

f:id:ZeroFour:20120430215057j:image:w240:left

実家への帰郷がてらの日中に撮れるチャンスがあるかも、とバッグに入れていざ出発――したはいいものの、「ぜひここで!」というスポットを敢えて下調べしなかったのが今回です。

帰りしなになるので、あまりに隠れた名所を狙えないというのもありました。

よって今回は道すがらに、「ここは」とピンと来そうな場所を見つけ出すところから始めました。



f:id:ZeroFour:20120503015351j:image:w240:left

北アルプスはまだまだ雪化粧でございます。


続きを読む

2011-11-18 Rev.#082「passeggiata II」

f:id:ZeroFour:20111118145011j:image:w320:right

晴れ間が明日17日までと聞いては動きたくもな―――ったのですが、仕事も長引き、おまけに頭痛と咳き込みの兆候が出たために風呂もじっくりと済ませ…

それから眠ったら、起きてみればお昼近くでした/(^o^)\


とはいえ息抜きだけなら今からでもできる、と出かけてきました。

いざお目当てに着いてから難儀するのはいつものことでしたが、眼と心を癒すには十分な半日になってくれました。

本当はもう一つのプランもあったんですけども…それは来年に回すとします'`、、 (;´∀`) '`、、


FigurePhoto 'n' Drive:passeggiata II - グッドスマイルカンパニー 『GUNSLINGER GIRL.』 トリエラ -

プロローグ

f:id:ZeroFour:20111118003003j:image:w320:right

お昼を済ませつつ到着してみれば、さっそくにギンナンの独特な匂い。

近くの方々でしょうか、ギンナンを採って袋詰めにされているようでした。

というわけでやって来たのはイチョウ並木の植えられた憩いの広場、カメラ片手だったり袋片手だったりで訪れた人も少なくなかったです。


f:id:ZeroFour:20111118145012j:image:w320f:id:ZeroFour:20111118145013j:image:w320

f:id:ZeroFour:20111118145014j:image:w320f:id:ZeroFour:20111118145015j:image:w320

さっそくに連れ立って来たトリエラ嬢をリリース。

先だって撮ったヘンリエッタ嬢を一緒に連れてきてもよかったんですが、それはそれでアレコレと迷いそうな気もしたので、今回は専念することに。

――さっそく構図で迷い始めているんですけどもね/(^o^)\

続きを読む

2011-11-11 Rev.#081「緋天残照」

f:id:ZeroFour:20111111131450j:image:w320:right

晴れ間が今日までと聞いては、たとえ夜勤明けといえど出ずにはおれませんでした。

往復で東京やら名古屋まで日帰りといった強行軍に比べれば、県内で留めればまだ行けるはず――ということで、帰宅したその足で出かけてきた次第です。

どちらかといえば場所の開拓に主眼を置いていたので、「連れ出したフィギュアまで撮れるなら儲けもの」くらいの気持ちでしたが、平日ということである程度自由に挑めたのはありがたかったです。


さて今回はスタチュー系では初の男性キャラ撮影となります*1、『るろうに剣心』より伝説の人斬り、緋村剣心

表情と髪形は”人斬り抜刀斎”モードや最終話の髪を切った頃のものと差し替えまでできるというプレイアブルな仕上がり。

ですが今回はベースとなる”剣心”状態のもののみに留めています。

他の二つの出番は、またいずれ…?


FigurePhoto 'n' Drive:緋天残照 - メガハウス G.E.M. 『るろうに剣心』 緋村剣心 -

序章

今回、場所の確認をしたかったのは2ヶ所。

そのどちらの場所も事前にちょくちょく地図で確認していたものの、1ヶ所目からさっそく入り方が分からないという有り様でした(ノ∀`)

きちんと印刷してくればよかったですね……Googleマップでもルートまでを正確には打ち出してくれず、結局おおよその当たりをつけてルートを引き当てたといった感じでした。

途中では県外から来られたご年配の夫婦に道を教えたりしつつ、こちらも無事に到着しました。


f:id:ZeroFour:20111111124017j:image:w320f:id:ZeroFour:20111111124018j:image:w320

f:id:ZeroFour:20111111124019j:image:w320f:id:ZeroFour:20111111124020j:image:w320

いきなり大銀杏の木がお出迎えです。

平日だったのは本当に幸いでした、ひと気も少なく気兼ねなく散策できそうです。


f:id:ZeroFour:20111111124021j:image:w220f:id:ZeroFour:20111111124022j:image:w220f:id:ZeroFour:20111111124023j:image:w220

f:id:ZeroFour:20111111124024j:image:w220f:id:ZeroFour:20111111124025j:image:w220f:id:ZeroFour:20111111124026j:image:w220

県内もだいぶ紅葉が進み、平地でも見頃〜落葉がちらほらと見え始める頃といった感じがしますが、こちらはもう少し見頃のようでした。

続きを読む

*1:男性キャラでは以前にfigmaルルーシュを撮りましたが、あれは屋内でしたので

『ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana』応援中です!