Hatena::ブログ(Diary)

A-Meng under Wu RSSフィード

2016-01-25

Libanius: A Critical Introduction

Libanius: A Critical Introduction

Libanius: A Critical Introduction

目次:

Introduction. Libanius at the margins Lieve van Hoof

Part I Reading Libanius

1. Libanius' Life and life Lieve Van Hoof

  • 1. 1 Introduction: Libanius' life and Lives of Libanius
  • 1. 2 Libanius' Life: towards a fuctional approach
  • 1. 3 Writing the self: autobiography as poiesis
  • 1. 4 Rewriting the self: constructing the past in view of the present
  • 1. 5 Erasing parts of the self? Counting with cognizant readers
  • 1. 6 Building up credibility: (why) do we believe Libanius?
  • 1. 7 Conclusion

2. The historical context: the rhetorical use of suffering in Libanius' Monodies, Letters and  Autobiography Edward Watts

  • 2. 1 Introduction
  • 2. 2 Nicomedia
  • 2. 3 Julian
  • 2. 4 Conclusion

3. The rhetorical context: traditions and opportunities Raffaella Cribiore 

  • 3. 1 Introduction
  • 3. 2 Schools of rhetoric
  • 3. 3 A personal style
  • 3. 4 The school of Libanius
  • 3. 5 Libanius' chorus: the student body
  • 3. 6 At the school: admission
  • 3. 7 A strict curriculum
  • 3. 8 Conclusion

Part II Libanius' texts: rhetoric, self-presentation and reception

4. Libanius' Orations Pierre-Louis Malosse

  • 4. 1 Introduction
  • 4. 2 Survey of the sixty- four orations
    • 4. 2. 1 The political orations
      • 4. 2. 1. 1 The Julianic Orations
      • 4. 2. 1. 2 On the riot of the statues (peri tas eikonas, 387)
      • 4. 2. 1. 3 Deliberative speeches addressed to Theodosius
      • 4. 2. 1. 4 Orations for other emperors
      • 4. 2. 1. 5 Orations concerning governors residing in Antioch
      • 4. 2. 1. 6 Orations addressed to the city council of Antioch
    • 4. 2. 2 Orations concerning Libanius himself
      • 4. 2. 2. 1 The Autobiography
      • 4. 2. 2. 2 Orations concerning his school
      • 4. 2. 2. 3 Orations concerning Libanius' public role
      • 4. 2. 2. 4 Private orations
    • 4. 2. 3 Panegyrics (or apologies) and monodies
      • 4. 2. 3. 1 The Antiochicus
      • 4. 2. 3. 2 Festive orations
      • 4. 2. 3. 3 Monodies
    • 4. 2. 4 Moral discourses
  • 4. 3 What to keep in mind when reading an orations of Libanius
  • 4. 4 Structure and characterics of Libanius' orations
  • 4. 5 Bibliographical survey and suggestions for further research

5. Libanius' Declamations Robert J. Penella

  • 5. 1 Introduction
  • 5. 2 The importance of declamation
  • 5. 3 The Libanian Corpus of Declamations
  • 5. 4 Declamatory skills
  • 5. 5 Future study and interpretation of the Libanian declamations

6. Libanius' Progymnasmata Craig A. Gibson

  • 6. 1 Introduction
  • 6. 2 Libanius' Progymnasmata in the light of ancient rhetorical theory
  • 6. 3 Past, present and future directions of research

7. Libanius' Letters Bernadette Cabouret

  • 7. 1 Introduction
  • 7. 2 The letter collection and the manuscript tradition
  • 7. 3 The problem of the lacuna
  • 7. 4 The delivery of letters and the role of the letter carrier
  • 7. 5 The letter as a 'vehicle of friendship'
  • 7. 6 Letters for all circumstances
  • 7. 7 The style of the letters
  • 7. 8 Putting pressure on others and presenting the self
  • 7. 9 Conclusion

8. The reception of Libanius: from Pagan friend of Julian to (almost) Christian saint and back Heinz-Gunther Nesselrath and Lieve Van Hoof

  • 8. 1 Preparing for posterity
  • 8. 2 From popularity to paradox
  • 8. 3 From paradox to miracle
  • 8. 4 Rediscovering and (yet again) reinventing Libanius
  • 8. 5 Libanius reborn as a child of the nineteenth century
  • 8. 6 Back to the future

Part III Contexts: identity, society, tradition

9. Emperors and Empire in Libanius Hans-Ulrich Wiemer

  • 9. 1 Introduction
  • 9. 2 Libanius and his emperors
    • 9. 2. 1 Constantius and Gallus
    • 9. 2. 2 Julian
    • 9. 2. 3 Jovian and Valens
    • 9. 2. 4 Theodosius I
  • 9. 3 The Roman Empire of Libanius
    • 9. 3. 1 Constantius and Julian as model emperors
    • 9. 3. 2 Theodosius as a good, albeit Christian, emperor
    • 9. 3. 4 Conslusion

10. Libanius' networks Scott Bradbury

  • 10. 1 Introduction
  • 10. 2 School recruitment
  • 10. 3 Friendship
  • 10. 4 Patronage
  • 10. 5 Approaches to power
  • 10. 6 Conclusion

11. Libanius and the literary tradition Heinz-Günther Nesselrath

  • 11. 1 Introduction
  • 11. 2 A lifelong engagement with the literary past
  • 11. 3 The range and limits of Libanius' literary studies
  • 11. 4 Libanius' use of more recent and contemporary authors: some suggestions
  • 11. 5 Libanius' use of earlier authors I: the Hymn to Artemis
  • 11. 6 Libanius' use of earlier authors II: the Monody of Julian
  • 11. 7 Conclusions: literary heritage and Hellenic identity

12. Libanius and the 'game' of Hellenism Jan R. Stenger

  • 12. 1 Introduction
  • 12. 2 What is Greek?
  • 12. 3 Rhetorical adaptation
  • 12. 4 The discourse of Hellenism
  • 12. 5 Hellenism as social practice
  • 12. 6 The negotiation of Hellenism

13. Not the last Pagan: Libanius between elite rhetoric and religion Peter Van Nuffelen

  • 13. 1 Introduction
  • 13. 2 Not the last pagan
  • 13. 3 To the Emperor Theodosius for the Temples: rhetoric for the elites
  • 13. 4 To the Emperor Theodosius for the Temples: the public and the private between rhetoric and religion
  • 13. 5 The need for a public religion
  • 13. 6 Conclusion

Epilogue. Libanius at the centre

Appendices. Survey of (translations of) Libanius' works: A. Hypotheseis

B. Progymnasmata

C. Declamations

D. Orations

E. Letters

〜〜〜〜〜

紀元後4世紀の修辞学者リバニオスについての最新の入門書。この人はとても有名なわりに、これまでそれほど研究が進んでいたわけではなく、近代語未翻訳の著作も多い。なかなか全貌を見渡すのが難しい著作家だったのだけれど、このとても便利な書物が概説として機能してくれる。たいへんありがたい書物です。

付録として、各著作の近代語訳リストが掲載されているのだけれど、ここに日本語訳が加わっていけば(日本での研究の進展が欧米で知られるようになれば)よいなあ、と思っています。

2016-01-14

逸楽と飽食の古代ローマ

目次

学術文庫版のまえがき

第一章 ペトロニウスと皇帝ネロ

 1 作者ペトロニウス・アルビテル

 2 ネロの時代

 3 一次資料としての小説

第二章 トリマルキオの饗宴

 プロローグ

不思議なボール遊び/トリマルキオ/入浴法/マッサージ師/男色家/トリマルキオの玄関/猛犬注意/大広間の壁画/神棚/食堂の入口/迷信と盗難事件/着席

 第一幕 前菜

味見/トリマルキオの入場/ゲーム/卵の前菜/オピミウス酒/銀製の骸骨

 第二幕 メインコース

主餐その一、黄道十二宮尽くし/開けてびっくり玉手箱/トリマルキオの奥方/自家生産/二人の解放奴隷/主餐その二、帽子をかぶるイノシシ/解放されたイノシシと奴隷

 幕間 世間話

世間話その一、故人の評価/世間話その二、今は昔/世間話その三、剣闘士の見世物/世間話その四、息子の教育/奴隷/修辞論争/主餐その三、臓物をのこした豚/青銅の皿とガラスの杯/水は外、酒は内/会計報告/文学論争/技芸論争とみやげもの/ホメロス吟唱者/主餐その四、茹でた子ウシ/動く天井とみやげもの/口直し/ハピンナスの入場/九日目の宴のメニュー/奥方たち

 第三幕 デザート

二番目の食卓/無礼講/遺言状と墓/退散のこころみ/うち風呂

 大団円

夫婦喧嘩/成功物語/葬式ごっこ

第三章 ドラマとしての饗宴

 1 食事と饗宴

 2 登場人物

 3 三単一の法則

索引・用語解説・註記

参考文献・略号

〜〜〜〜〜

自分用メモ。原著は中公新書から1997年に出版。

ペトロニウス『サテュリコン』は要併読。

サテュリコン―古代ローマの諷刺小説 (岩波文庫)

サテュリコン―古代ローマの諷刺小説 (岩波文庫)

2016-01-05

吉村忠典『支配の天才ローマ人』

【目次】

まえがき

序章:「地中海支配」確立の時代

 共和時代、帝政時代を通じての「支配」/ローマ共和政の古典時代

I:「自由」なる貴族政治

 モムゼンの「ローマ国法」をめぐって/元老院こそ支配者なり/ローマ人の公生活の基礎は「祖先の遺風」/王者のつどい‐元老院の威光/元老院議員になる条件/「ノーブル」な貴族/イタリアのエリート/イタリア出身のローマ名門/一体化を進めるイタリア、ローマの上層部/ローマ旧貴族の名門/派閥の対立/護民官の起源/体制内化した護民官/パトロネージの歴史/「自由」なパトロネージ/被征服民のパトロネージ/賓客関係/パトロネージの広がりと民会の空洞化/イタリアとローマの蜜月時代/「ローマ人」と「イタリア人」/貴族のイデオロギーとしての「自由」/自由と権威/民衆には飴と「自由」を

II:活躍する「第一人者」たち

 「遷延家」ファビウス/ローマのヘレニズム化とファビウス氏の役割/大スキピオの海外パトロネージ政策/ヌミディア王マシニッサの賭け/コルネリウス氏とイタリア

III:ギリシアの「自由」

 イリリア戦争/西方の暗雲/第一次マケドニア戦争前後/第二次マケドニア戦争始まる/将軍フラミニーヌスの活躍/ギリシアの自由の宣言/スパルタ王ナビス/ナビス戦争/「自由」をめぐるギリシア人とローマ人とのずれ/フラミニーヌスの凱旋/合法性と暴力性のあいだ/ローマ的自由への反抗

IV:「自由」からの解放を求めて

 アンティオコス大王の動き/「変革」派と保守派‐経済的背景/民衆と指導者たち/親ローマ派と反ローマ派の対立/大王のバルカン上陸/将軍グラブリオの圧勝/エーゲ海での葛藤/スキピオ兄弟の登場/アイトリア同盟の降伏/大スキピオの失脚/大カトーの政治的・文化史的役割

V:「自由」の凱歌

 アカイア同盟とスパルタ/スパルタの変革勢力の動き/カリクラテスの演説/きらわれた親ローマ派/ローマの外交と元老院元老院主席レピドゥスレピドゥスの業績‐建築ブーム/晩年のフィリッポス五世/ローマに敵視されるペルセウス/第三次マケドニア戦争起こる/ローマの勝利/勝利者の権威/ロドスの衰運/デーロス島の繁栄/イタリア商人の進出/神々の諸派閥

IV:「自由」の名による支配

 ローマの傘のもとに/ヘレニズム世界の無力化/ローマ帝国の原型/第四次マケドニア戦争/プロヴィンキア/アカイア同盟の離反/アカイア戦争‐ローマの圧勝/アカイア戦争後のギリシア/貧民と富裕者の対立強まる/カルタゴの破壊/カルタゴを滅ぼしたスキピオ

VII:「自由」の遺産

 グラックス兄弟/支配から統治へ/「不法取得返還」訴訟/「名誉ある」被支配国民/皇帝の先駆者

あとがき

〜〜〜〜〜

自分用メモ。講談社学術文庫か、ちくま学芸文庫あたりに再録されないかなぁ…

2016-01-04

プロコピオス 秘史


和田廣(訳)『プロコピオス 秘史』(西洋古典叢書)京都大学学術出版会, 2015.

内容目次

第一章

 執筆の動機(1−10)

 ベリサリオスの妻アントニナ(11−14)

 アントニナと養子テオドシオス(15−23)

 コンスタンティノスの殺害(24−30)

 養子テオドシオスと実子ポティオス(31−42)

第二章

 ポティオスとベリサリオス(1−14)

 ベリサリオスのペルシア領への反撃(15−25)

 ホスローのコルキス地方への侵入と撤退(26−37)

第三章

 妻アントニナに対するベリサリオスの仕打ち(1−5)

 元老院議員テオドシオスの監禁と死亡(6−11)

 テオドラとアントニナ(12−20)

 ポティオスの監禁と逃亡(21−29)

 ペルシア戦線のベリサリオス(30−31)

第四章

 ペストの流行(1−5)

 ブゼスの幽閉(6−12)

 ベリサリオスの一時的解任(13−17)

 ベリサリオス夫妻の和解(17−31)

 ベリサリオスの財産没収(32−38)

 ベリサリオスの二度目のイタリア遠征(39−45)

第五章

 ベリサリオスの不名誉なイタリア撤退(1−7)

 テオドラとゲルマノスの確執(8−17)

 ベリサリオスの娘ヨアンニナとテオドラの甥アナスタシオスの結婚(18−27)

 セルギオスの悪政(28−33)

 ペガシオス殺害事件(34−38)

 

第六章

 ユスティノス一世帝の出自と夢のお告げ(1−9)

 皇帝としてのユスティノス一世(10−17)

 ユスティニアノス一世帝の性格(18−28)

第七章

 青組と緑組(1−7)

 フン・スタイル(8−21)

 青組のライヴァル緑組(22−29)

 首都の混乱(30−42)

第八章

 愚かな驢馬ユスティノスと辣腕の甥ユスティニアノス(1−11)

 第二のドミティアヌスたるユスティニアノス(12−21)

 ユスティニアノスの奴隷根性(22−33)

第九章

 三人姉妹(1−10)

 無言劇の踊り子(11−26)

 遍歴の売春婦テオドラ(27−34)

 首都総督テオドトスの不運(35−46)

 ユスティニアノスの叔母エウペミア(47−53)

第十章

 女帝テオドラ(1−14)

 テオドラとユスティニアノスの共謀(15−23)

第十一章

 改革の権化ユスティニアノス(1−2)

 蛮族の跳梁(2−13)

 異端諸派への迫害と強制改宗(14−33)

 同性愛者への新たな罰(34−36)

 占星術師への迫害(37−41)

第十二章

 元老院議員ゼノン(1−4)

 元老院議員ヨアンネスおよびその他の事件(5−11)

 人間の皮をかぶった悪魔ユスティニアノス(12−23)

 悪魔の大王ユスティニアノス(24−32)

第十三章

 偽善者ユスティニアノス(1−3)

 彼の誤った信仰心(4−11)

 変節漢ユスティニアノス(12−33)

第十四章

 宮廷法務長官(1−6)

 元老院の衰退(7−10)

 請願取り次ぎ官(11−15)

 悪徳官吏レオン(16−23)

第十五章

 妃テオドラの性格(1−18)

 悪逆非道の女帝テオドラ(19−39)

第十六章

 東ゴート女王アマラスンタの運命(1−5)

 文書官プリスコス(6−10)

 粛清の犠牲者たち(11−17)

 緑組団員バシアノスの運命(18−22)

 緑組団員ディオゲネスの運命(23−28)

第十七章

 属州長官カリニコスの処刑(1−4)

 メタノイア修道院(5−6)

 仲人テオドラ(7−15)

 テオドラの息子ヨアンネス(16−23)

 テオドラの横暴(24−37)

 カッパドキアのヨアンネス(38−45)

第十八章

 ウァンダル戦役(1−12)

 東ゴート戦役(13−21)

 ペルシア戦役(22−24)

 ユスティニアノスの失政(25−35)

 悪魔の化身ユスティニアノス(36−45)

第十九章

 浪費家ユスティニアノス(1−10)

 臣民の搾取家ユスティニアノス(11−12)

 蛮族への贈り物(13−17)

第二十章

 営業税(1−4)

 独占販売権(5−6)

 市民取り締まり官と監察官の新設(7−12)

 宮廷法務長官(13−23)

第二十一章

 空気税(1−8)

 官職売買(9−19)

 賃貸される官職(20−25)

 フン族の跳梁(26−29)

第二十二章

 両替商人ペトロス・バルシュメス(1−13)

 シュノーネー制度の導入(14−32)

 国家財政局長の交替(33−40)

第二十三章

 免税措置(1−10)

 シュノーネー制度(11−14)

 エピボレー制度(15−16)

 ディアグラペー制度(17−24)

第二十四章

 兵士に対するユスティニアノスの搾取(1−6)

 会計検査官の横暴(7−11)

 国境警備兵の凋落(12−14)

 宮廷護衛兵(15−23)

 宮廷儀仗兵と皇帝護衛兵(24−29)

 年功序列制度の破壊(30−33)

第二十五章

 税関の設置(1−10)

 少額硬貨の切り下げ(11−12)

 絹産業の国営化(13−26)

第二十六章

 弁護士(1−4)

 医師と教師(5−11)

 執政官(12−15)

 臣民への虐待(16−22)

 首都の水道施設の崩壊(23−25)

 パンの無料配布(26−30)

 テルモピュライの監視塔(31−34)

 アレクサンドリア市長ヘパイストスの悪行(35−39)

 小麦の無料配布の停止(40−44)

第二十七章

 アレクサンドリア市における異端派信徒の処刑(1−25)

 サマリア派信徒パウスティノス(26−33)

第二十八章

 エメサ市の文書偽造犯プリスコス(1−15)

 ユダヤ教徒に対する迫害(16−19)

第二十九章

 ユスティニアノスの二枚舌(1−11)

 エウダイモンおよびその他の人々の遺産相続(12−25)

 請願取り次ぎ官マルタネスの悪行(26−38)

第三十章

 駅逓制度の衰退(1−11)

 情報網の崩壊(12−20)

 跪拝礼の励行(21−34)

〜〜〜〜〜

自分用メモ。補註と解説も充実しており(特にユスティニアノス、テオドラ、ベリサリオスなどの人物伝的記述は辞書項目を思わせる簡明さ)、門外漢にもありがたい。

2015-12-17

『古代ローマの庶民たち』

ロバート・クナップ(著), 西村昌洋(監訳)増永理考, 山下孝輔(訳)『古代ローマの庶民たち:歴史からこぼれ落ちた人々の生活』 (白水社, 2015)


【目次】※各章の冒頭は無題で始まるため、小見出しが「結び」のみの章がある

はじめに 見えざるを見る

第1章 真ん中の人々‐庶民の男性

社会に対する姿勢/不安定な世界にコントロールを求める/心配事/日常生活における法、犯罪、暴力/共同体の中で生きる/結び

第2章 女には女の人生‐庶民の女性

結婚とセックス/家庭の中の女たち/経済における女たち/自分の人生をコントロールする女たち/結び

第3章 服従しつつ生き抜く‐貧民  

人口統計/うまく切りぬける/宗教/生き残る

第4章 囚われの身で励む‐奴隷

奴隷の声は残っているのか/奴隷の数とその供給源/奴隷の身の生活‐隷属/奴隷の身で物を考える/奴隷の共同体/奴隷と主人/抵抗/結婚・性・家族/社会的・宗教的交流/自由/結び

第5章 奴隷の身より解き放たれて‐解放奴隷

自由/解放奴隷の声/結び

第6章 戦いに生きる‐兵士

新兵募集/入隊と訓練/陣営での生活/兵士の生活のさらなる諸側面/兵士、女性、そして結婚/宗教生活/兵士と社会的流動性/兵役の難点/兵役終了後/結び

第7章 売り物の性‐娼婦

結び

第8章 名声と死‐剣闘士

結び

第9章 無法者の世界‐盗賊と海賊

無法者を見つける/無法者の世界に迫る/誰が無法者となるのか/国家は無法者たちにどのように対応したのか/盗賊たちの社会生活/結び

読者へのお別れ

資料論

文献資料著者名・資料名一覧

謝辞

訳者あとがき

口絵一覧

本文図版一覧

引用資料に関し注記

引用略号一覧

読書案内

索引

〜〜〜〜〜

自分用メモ。