学校で教えたい授業シリーズ

2009-12-31 「オルタナティブ・レインボー・クラス(ARC)」の紹介

【団体名】 「オルタナティヴ・レインボウ・クラス(ARC)」

【活動目的】貧困、セクシュアル・マイノリティ不登校ひきこもり精神障害など、身近な問題であるにも関わらず学校では取り上げられることのないテーマに関する模擬授業を学校教員や小中高校生を対象に行う。社会的排除の中で生み出される差別貧困を絶ち、新たな社会を創造する主体を形成するための授業とはどのようなものかを参加者とともに考え、学校での実践に繋げることを活動の目的とする。

【研修会名】 「学校で教えない授業シリーズ」

【内容】「野宿と貧困」・「不登校ひきこもり」・「セクシュアル・マイノリティ」・「精神障害」・「全体シンポジウム

【開催趣旨】貧困、セクシュアル・マイノリティ不登校ひきこもり精神障害、薬物依存などの模擬授業を行い、教育現場での実践授業を働きかける全体シンポジウムを開催する。

【参加者】教員や小中高校生を対象とするが、学校教育に関心のある人も参加可能とする。定員80名。

【参加費】教員・一般は1500円。高校生以下は無料。

【告知方法】全国紙朝日新聞毎日新聞等)教員対象の雑誌、関連団体のML、教育機関配布チラシ

【研修日時】平成21年11月23日(月)8:30〜17:00

【代表者名】生田武志(090−8795−9499)

mailto:a.r.class999アットマークgmail.com(アットマークを@に変えて送信をお願いします)

【ARCメンバーのプロフィール及び活動内容】

生田武志】1964年6月生まれ。同志社大学在学中から釜ヶ崎日雇労働者・野宿者支援活動に関わる。2000年、「つぎ合わせの器は、ナイフで切られた果物となりえるか?」で群像新人文学賞評論部門優秀賞。2001年から各地の小、中、高校などで「野宿問題の授業」を行なう。野宿者ネットワーク代表。「ホームレス問題の授業づくり全国ネット」共同代表。有限責任事業組合LLP)「フリーターズフリー」組合員。「<野宿者襲撃>論」人文書院刊、「ルポ 最底辺 不安定就労と野宿」ちくま新書刊。全国各地の小中高校においてホームレス問題や貧困に関する授業を100回以上行う。(授業実績詳細は「野宿問題の授業」のホームページに記載http://www1.odn.ne.jp/~cex38710/class.htm )

【砂川秀樹】1966年生まれ。2005年東京大学大学院総合文化研究科単位取得退学。博士(学術)。現在、(財)エイズ予防財団流動研究員、実践女子大学東京大学筑波大学非常勤講師HIV/AIDSに関するNPO活動に関わって20年になる。また、2000年に「東京レズビアンゲイパレード(東京プライドパレード)」を新しくスタートさせ、現在も同パレードの母体団体である「東京プライド」の代表をつとめる。大学や高校、セミナーなどで「セクシュアル・マイノリティ」に関する授業や講演を多数行い、NHK教育テレビハートをつなごう」にも出演。共編著に『カミングアウト*レターズ』(太郎次郎エディタス)、共著に『ジェンダー人類学を読む』(世界思想社)、『性の文脈』(雄山閣)などがある。

【天野敬子】社会福祉学修士/精神保健福祉士/ダンスセラピスト

神戸大学教育学部卒。小学校教諭経験あり。現在、不登校ひきこもり研究所代表として「居場所づくり」をテーマに活動している。2008年4月より、中野区スクールソーシャルワーカー

《共著》『芸術療法実践講座5 ダンスセラピー』岩崎学術出版 2004年/『臨床ソーシャルワーク事例集―精神保健福祉援助演習』弘文堂 2005年/『臨床に必要な精神保健福祉―精神保健福祉論』弘文堂 2007年

【山下耕平】1973年埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール東京シューレ」スタッフを経て、1998年、『不登校新聞』創刊時から、2006年6月までの8年間、編集長を務める。2001年10月、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年10月より、NPO法人フォロで、若者の居場所的「コムニタス・フォロ」を立ち上げる。2009年2月、『迷子の時代を生き抜くために』を上梓。講演活動も多数行なう。

追記:参加費が「千円」となっておりましたが、「1500円」の間違いでした。謹んで訂正いたします。申し訳ございませんでした。(2009/11/5)

2009-11-25 学校で教えたい授業セミナー(東京)は無事終了いたしました

11月23日(祝)に行われた学校で教えたい授業セミナー(東京)はお陰さまで参加者は、大学生以上71名、高校生以下4名計75名と、大盛況でした。

このセミナーの模様の一部が下記のラジオで放送されます。お聞き頂ければ幸いです。よろしくお願いします。なお12月6日(日)に行われる大阪でのセミナーは引き続き募集しております。とりわけ関西在住の方、お申し込み頂ければ幸いです。


ラジオ局名:TBSラジオ

番組名:「堀尾正明プラス」

コーナー:「人権トゥディ」

12月12日(土) 午前8時18分頃〜24分頃(生放送なので前後しますとのこと)

2009-11-20

学校で教えたい授業セミナーin東京 のお知らせ(2)

04:40

学校で教えたい授業セミナーin東京の開講まであと一日です・・・がとうとう定員いっぱい!

恐れ入りますが、申し込み受付を打ち切らせていただきます。ありがとうございます。

12月6日(日)の大阪セミナーはまだまだ受付中です。ふるってお申し込みください。

2009-11-15 学校で教えたい授業セミナーin東京 のお知らせ

学校で教えたい授業セミナーin東京の開講まで一週間が迫りました。

午後のAクラス:「精神障害」は定員になりましたので、締め切らせていただきます。他クラス(午前A[野宿・貧困」午前B「不登校引きこもり」、午後B「セクシュアルマイノリティ」)はまだ人数に若干の空きがあります。お早めにお申し込みいただきますようお願い申し上げます。

大阪もふるってお申し込みお願いいたします!!

2009-10-15 学校で教えたい授業シリーズ(大阪)

学校で教えたい授業シリーズ・大阪

貧困・野宿 不登校ひきこもり 精神障害 セクシュアル・マイノリティ

当事者・支援者などによるセミナー

【日 時】2009年12月6日(日)午前10時〜午後5時

主催・Alternative Rainbow Class(ARC) http://d.hatena.ne.jp/a-r-class/

場所・フリースクール・フォロ(大阪市中央区徳井町1-1-3)

【参加費】1500円(資料代込み/会場にて集金) ※18歳以下無料

【定 員】先着70名

【問合せ】FAX:06−6634−2934/メール:cex38711@syd.odn.ne.jp(生田

わたしたちは、貧困や野宿、セクシュアル・マイノリティ不登校ひきこもり精神障害などの問題の当事者、支援者として長年、取り組みを続けてきました。

 活動の中で痛感したのは、これらが身近な問題であっても、こどもたちがその問題について学び、当事者と語りあうような場がほとんどないということでした。そこで、わたしたちは、それぞれの現場で活動する者がネットワークを作り、これらのテーマについて学校教員や小中高校生を対象に模擬授業を行ない、意見交換をする場をもとうと考えました。差別貧困を絶ち、新たな社会を創造するための授業がどのようなものか、ともに考え、学校や社会での実践につなげていくため、多くの方々に参加を呼びかけます。

タイムスケジュール

10時〜12時 A:貧 困 ・野 宿 問 題(生田武志赤羽佳世子) B:不 登 校・ひきこもり(山下耕平&)

12時〜13時 昼休み(関連書籍などを販売します)

13時〜15時 A:精 神 障 害(芦田邦子&)B:セクシュアル・マイノリティ(大北全俊&)

15時〜15時10分 休 憩

〜16時30分 パネルディスカッション【テーマ「4つのフィールドが照らすもの」(仮)】

パネリスト生田赤羽・山下・芦田・大北・他)

セミナーは講義とワークショップを織り交ぜて行ないます。

お 名 前

電話番号・メール

希望講座 午前の部 A:貧困・野宿     B:不登校ひきこもり

午後の部 A:精神障害     B:セクシュアル・マイノリティ

備考(メッセージ)

※上記にご記入のうえ、ファックスにてお申し込みください。申 込 み 用 紙 FAX:06−6634−2934 (生田

※午前の部と午後の部、それぞれAもしくはBのどちらかに○印をつけてください。

※先着順、定員70名に達し次第締め切らせていただきますので、ご希望に添えない場合もございます。

※メールは上フォームと同内容で講座を選択の上、送信してください。cex38711@syd.odn.ne.jp(生田

【講師のプロフィール】

生田 武志 野宿者ネットワーク代表。「ホームレス問題の授業づくり全国ネット」共同代表。全国各地の小中高校でホームレス問題や貧困に関する授業を100回以上行う。

赤羽佳世子 2004年1月「働く女性の人権センターいこ☆る」設立に参加。パートで働きながら運営委員として、男女が、共に働き共に家族責任を担える社会を創るために活動。

山下耕平  大学を中退後、フリースクール東京シューレ」スタッフを経て、1998年、『不登校新聞』創刊時から、2006年6月までの8年間、編集長を務める。2001年10月、フリースクール「フォロ」設立時より事務局長を務める。

芦田邦子  精神保健福祉士介護支援専門員1994年より精神障害者小規模作業所職員。2001年、NPO法人格を取得、法人職員となる。現在 NPO法人精神障害者支援の会ヒット事務局長。

大北全俊  独立行政法人国立病院機構大阪医療センター HIV/AIDS先端医療開発センター 財団法人エイズ予防財団 リサーチ・レジデント。生命倫理医療倫理について研究や教育に従事している。主にHIV感染症の問題について倫理学哲学の視点からアプローチを試みている。

【交通アクセス】

会場 

フリースクール・フォロ

大阪市中央区徳井町1丁目1-3

TEL:06-6946-1507

地下鉄谷町線

中央線谷町四丁目駅」

 4番出口下車徒歩2分

京阪天満橋駅」下車徒歩7分

地図は下記URLをご参照ください。

http://www.foro.jp/top/map.html

学校で教えたい授業シリーズ(大阪)のチラシは下記よりダウンロードできます。

http://www1.odn.ne.jp/~cex38710/ARC-OSAKA.pdf

Connection: close