Hatena::ブログ(Diary)

アドバイザリースタッフ研究会


機能性表示届出件数・販売品目数が、特定保健用食品(トクホ)の許可件数・販売品目数を超え、保健機能食品の主役の座がトクホから機能性表示食品に替わったと言っても過言ではありません。それらの情報を一般消費者が読み解くことは難しく、アドバイザリースタッフ資格者の活躍の場はさらに大きくなっていると実感しています。 研究会では、本ブログにて、資格者向けの必要な情報を、いち早く提供していきますので、ご活用ください。
代表世話人 千葉一敏

2018-04-19

2018年春期研修会 大阪_饐譟〇臆段鷙


4月15日、アドバイザリースタッフ研究会主催2018年春期研修会の第4弾、大阪_饐譴慮修会が、大阪 大手前学園で開催された。

朝まで、午前中は雨の残る天気で心配されたが、研修会の受付時間には雨も上がり、90名を超える方に参加いただく研修会となった。


f:id:a-staff:20180419102921j:image:w360


 青柳先生


f:id:a-staff:20180415155547j:image:w360


 吉澤先生


第一部は、「我国におけるスポーツサプリメントのアンチドーピング認証プログラムの実態」と題し、株式会社ドーム 執行役員 青柳 清治 先生から、日本におけるアスリートのアンチドーピングの現状とサプリメントのアンチドーピング認証の詳しく説明いただいた。

アンチドーピングについては、耳にはするものの、詳しいことが分からないことが多く、特にサプリメントのアンチドーピング対策については、不明な点が多かったが、現状について、しっかりと把握できる講義となった。

受講者アンケートでも、「初めて聞く内容ばかりであった」と言う意見を多数いただいた。


第2部では、「今さら誰にも聞けない基礎栄養学〜糖質・食物繊維〜」と題して、大手前大学 健康栄養学部 准教授 吉澤 みな子 先生から、先週の名古屋会場に日気づき、登壇いただいた。

吉澤先生には、大阪会場で、毎年シリーズで基礎栄養学を講義いただいているが、今回は、糖質と食物繊維を中心に、最新の知見を含め、お話しいただいた。

最近、よく目にする話題について、栄養学から視点で解説いただいた。


両先生の講演概要は、

アドバイザリースタッフ研究会2018春期研修会 概要ページ

http://advisory-staff.org/seminarstart/

◆アドバイザリースタッフ研究会 2018年春期研修会(大阪 縫ーソルを合わせてクリックすると、見ることができます。