Hatena::ブログ(Diary)

アドバイザリースタッフ研究会


機能性表示届出件数・販売品目数が、特定保健用食品(トクホ)の許可件数・販売品目数を超え、保健機能食品の主役の座がトクホから機能性表示食品に替わったと言っても過言ではありません。それらの情報を一般消費者が読み解くことは難しく、アドバイザリースタッフ資格者の活躍の場はさらに大きくなっていると実感しています。 研究会では、本ブログにて、資格者向けの必要な情報を、いち早く提供していきますので、ご活用ください。
代表世話人 千葉一敏

2018-08-09

2017年度のPIO-NETにみる危害・危険情報の概要の公表


8月8日、国民生活センターから、2017年度のPIO-NETにみる危害・危険情報の概要が、公表されました。

PIO-NET(パイオネット:全国消費生活情報ネットワークシステム)により収集した2017年度の「危害・危険情報」をまとめたものです。

http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20180808_2.pdf


2017年度の傾向と特徴から

「危害・危険情報」は14,516件で、対前年度比でみると4.9%減となっています。

「危害情報」は11,265件で、上位3商品・役務等は「健康食品」、「化粧品」、「医療サービス」でした。「危険情報」は3,251件で、上位3商品・役務等は「四輪自動車」、「調理食品」、「自転車」でした。

「危害情報」については、前年度と比べ「化粧品」が402件増加したものの、「医療サービス」が133件、「エステティックサービス」が121件、「飲料」が112件、「外食」が78件、それぞれ減少したことなどが影響し、410件減少しました。


「危害情報」 〃鮃食品(1,847 件)

「健康食品」は 1,847 件で、危害情報全体に占める割合は 16.4%となっており、前年度(1 位、 1,877 件)から 30 件減少しました。

性別では、女性が 1,573 件(85.2%)と 8 割以上を占めており、年代別では、40 歳代が 403 件 (21.8%)で最も多く、次いで、50 歳代 399 件(21.6%)、 70 歳以上 270 件(14.6%)の順となっています。

「健康食品」の内訳をみると、「他の健康食品」が 1,339 件(72.5%)で最も多く、次いで「酵素食品」284 件(15.4%)となっています。

危害内容は、「消化器障害」が 998 件( 54.0%)と 5 割を超え、次いで、「皮膚障害」497 件( 26.9%)、 「その他の傷病及び諸症状」283 件(15.3%)の順となっています。

<事例> ・豊胸サプリメントを飲んだら生理が止まり、飲むのを止めたら体調が戻った。インターネット でプエラリア・ミリフィカという成分が健康被害を起こすことがあると知り、自分の飲んでい た豊胸サプリメントにも含まれていた(40 歳代・女性)。

・ネット通販で酵素食品を購入し、3 日間程飲んだところで下痢をした。医師から「健康食品によ り下痢をしたと思われる。使用を中止するように。」と言われ、飲まずに放置していたところ体 調は回復。その後、定期購入と知り、解約を告げたが業者は応じない(40 歳代・女性)。