Hatena::ブログ(Diary)

授業研究AL&AL RSSフィード

現場の人たちでつながりましょう!

 メールアドレスを変えました。→akikb2@hotmail.com へ連絡下さい。 「アクティブラーニング(能動的学習)型授業」を日本に広めることをミッションとして活動しています。2013年3月に埼玉県公立高校教諭を定年退職しました。最後に6年間勤務した埼玉県立越ヶ谷高校で物理の授業を「アクティブラーニング型」に切り替え成果を上げることができました。この成果を基に多くの先生たちが実践できるように活動しています。情報収集や理論研究と共に啓発活動も重視しています。学校、教育委員会、各種団体主催の研修会講師を積極的に務めています。お気軽にお声をかけてください。 尚、AL&ALはActivelearning(能動的な学習)とActionlearnig(質問会議)の意味です。私の授業研究の2つの大きな柱です。ご質問、ご意見などお寄せください。大歓迎です。

産業能率大学経営学部教授(2014年4月〜)

河合塾教育研究開発機構研究員(2013年4月〜)

日本教育大学院大学講師(2013年4月〜)/河合塾コスモ名古屋講師(2013年4月〜)

日本アクションラーニング協会認定シニアコーチ

元埼玉県立越ヶ谷高校教諭(2013年3月定年退職)

小林昭文akikb2@hotmail.com

[キーワード]

アクティブラーニング(能動的学習) アクションラーニング(質問会議) キャリア教育 カウンセリング 選択理論 メンタリング 弁証法 物理  

2016-06-25

「物理大嫌いだけど、この授業は楽しい‥

」【授業研究】鳥取県立八頭高校で生徒向け授業を行いました。最近の私はこれが大好きです。初対面の生徒に関しては、ほとんど何も情報がない所から始めます。いつもの私のスタイルの授業を行うのですが、生徒の様子を見ながら、質問の仕方や介入の方法を変えていきます。中には元気がなさそうな生徒や落ち着きのない生徒もいます。それらの生徒にどう関わるか、関わらないか、などを考えながら対応を変えていきます。
 でも、きちんと時間通りに進めて、みんなが100点を取って終了にするために、苦労します。その「スリル」が楽しみです。今回も同様でした。
 今回の生徒のリフレクションカードの1つが冒頭です。「物理大嫌いだけど、この授業は楽しい‥、内容がちょっとだけ理解できた」。こういう感想をもらえるので、生徒向け授業をやるのがやめられません。(笑)

2016-06-24

鳥取に来ました。

【授業研究】久しぶりに鳥取県に来ました。本日は県立八頭高校の研修会に伺います。昨夜は校長先生を始め、数人の先生方と懇親会。地元の生徒が中心地の高校に流れてしまうことを、中学の先生も残念がっているとのことでした。
 地元の高校の授業が楽しくて、成績も上がって大学進学の力もつくし、「思考力・判断力・表現力」や学習意欲の向上ができるなら、中学生は地元の高校に行くはず。そうすれば、地域活性化にもつながるはず。‥‥そんな話をしてこようと思います。

2016-06-23

新著完成お祝い会!

【授業研究】新しい本が完成しました。ほんの森出版から発行される「アクティブラーニングを支えるカウンセリング24の基本スキル」(小林昭文著/ほんの森出版)がそれです。発売予定は7/10ですが、「月刊学校教育相談・増刊号(ほんの森出版)」としては、すでに年間購読者の方には届いています。
f:id:a2011:20160623071550j:image:w360:right
 それを記念して、編集・社長の小林敏史さんと私、それに私の仕事を手伝ってくれている女性陣お2人を交えて、自由が丘で飲みました。私にとっては長年お世話になったカウンセリングの世界とそこで指導していただいた多くの先生たちと仲間たちへの恩返し的な本です。同時に教師初心者の方や、カウンセリングを学び始めた方にも役立ちそうだと思っています。お時間がありましたら、お読みいただけるとありがたいです。アマゾンで予約注文できます。
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%92%E6%94%AF%E3%81%88%E3%82%8B%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B024%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB-%E5%B0%8F%E6%9E%97%E6%98%AD%E6%96%87/dp/4866141018/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1466632802&sr=8-1&keywords=24%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB

2016-06-22

「早速、始めました!」

【授業研究】先週末の土曜日に福岡で開いたセミナー参加の皆さんから、メールが届きました。
「早速今日、授業に取り入れたところうまくいきました!とても生徒たち楽しそうでした!」
「早速今日、試してみました!なかなかの好感触でこれから洗練していけば、もっといいものに出来るのではないかと感じています」
などのメールがありました。うれしいことです。
 私は「実践家」ですから、「理論をわかってもらう」より、「参加者の実践が変わること」がうれしいのです。たぶん、これが「深い学びが起きた」ということです。(笑)

2016-06-21

60歳で人生は終わり?

【授業研究】W先生の気づき、その2です。あるソフトの講習会に参加するかどうか迷ったのだそうです。迷った理由は、今の職場ではそのソフトを使うOSがないからだということでした。
「で、その時、はっとしたんですよ。あ、これって、私は60歳までしか自分の人生を考えていないってことなんだと」
「定年退職した後、そのソフトや別のOSを使う可能性は充分にあるわけですよ。そう考えたら、今は使わなくても無駄にはならないなと思ったんです」
 さすがのW先生です。感動しました。
 私は現在、63歳。もうすぐ64歳になりますが、60歳以降の人生設計は「なし」です。すでに、60歳を超えてしまってからも、私は設計することなしに生きてきていました。W先生は50代半ば。ここで、この気づきは素晴らしいと思います。
 というより、たぶん多くの学校の先生たちは私と同じように60歳までしか考えていないのではないでしょうか?しかし、先日、保険会社の人と話していたら、60歳で死亡する人は数パーセントなんだそうです。平均年齢は男性も女性も80歳を超えました。ベテランのみなさん、60歳以降の人生設計をしましょう。50代からの「キャリア学習(教育)」をお勧めします。
 私?最近、60歳以降の人生設計を初めてつくりました。「85歳まで仕事をしてリタイヤし、90歳か95歳で死ぬまで、のんびりする」がゴールです。その前に「75歳でいったん見直す。体調などによっては、ここでリタイヤする」。75歳の見直し地点まで12年間あります。それに向けて、今年の最大課題は身体の作り直し。現在、着々治療&トレーニング中です。9月に1泊2日の人間ドックを予約しました。ここで、治療&トレーニングを見直し。来年4月にはもっと具体的で、積極的な設計を宣言したいと思っています。お楽しみに。