Hatena::ブログ(Diary)

授業研究AL&AL RSSフィード

現場の人たちでつながりましょう!

 メールアドレスを変えました。→akikb2@hotmail.com へ連絡下さい。 「アクティブラーニング(能動的学習)型授業」を日本に広めることをミッションとして活動しています。2013年3月に埼玉県公立高校教諭を定年退職しました。最後に6年間勤務した埼玉県立越ヶ谷高校で物理の授業を「アクティブラーニング型」に切り替え成果を上げることができました。この成果を基に多くの先生たちが実践できるように活動しています。情報収集や理論研究と共に啓発活動も重視しています。学校、教育委員会、各種団体主催の研修会講師を積極的に務めています。お気軽にお声をかけてください。 尚、AL&ALはActivelearning(能動的な学習)とActionlearnig(質問会議)の意味です。私の授業研究の2つの大きな柱です。ご質問、ご意見などお寄せください。大歓迎です。

産業能率大学経営学部教授(2014年4月〜)

河合塾教育研究開発機構研究員(2013年4月〜)

日本教育大学院大学講師(2013年4月〜)/河合塾コスモ名古屋講師(2013年4月〜)

日本アクションラーニング協会認定シニアコーチ

元埼玉県立越ヶ谷高校教諭(2013年3月定年退職)

小林昭文akikb2@hotmail.com

[キーワード]

アクティブラーニング(能動的学習) アクションラーニング(質問会議) キャリア教育 カウンセリング 選択理論 メンタリング 弁証法 物理  

2016-08-28

アクションラーニング合宿2

【授業研究】2日目は午前午後夜と続けて7回のセッションを行いました。色々な工夫の効果で、初めての人もコーチがスムーズにできるようになりました。セッションの内容もその合間のディスカッションも、実に実り多いものになりました。この方式に自信が持てました。
 さて、これからあと3〜4時間。何が起きるか、何を学べるか、楽しみです。

2016-08-27

アクションラーニング合宿

【授業研究】昨日から2泊3日でアクションラーニングの合宿中です。これは指導するというより、私もメンバーの1人として研究をしています。哲学専門の先生がきてくれたので、昨日のスタートは哲学の視点から「対話とは何か」の議論から始めました。教えてもらえたこと、考えたこと、がたくさんあります。考えることが大好きな私にとっては、実に楽しい時間です。今日の中日は、とにかくたくさん「アクションラーニング・セッション」を繰り返す予定です。
 海が見えるし、富士山も見えるし、会場もとてもよいところです。いつもとは違うアタマのトレーニングをしています。たくさんの新しい知識と気づきを得ています。秋以降の大きなエネルギーになりそうです。

2016-08-26

山口県に伺いました。

【授業研究】珍しい形の研修会になりました。午前中は120名の出席者で2時間、午後はそのうちの50名が続けて受講する形で3時間、でした。午前中は一般的な説明・質疑応答・授業動画視聴のブログラムとしました。100人を超えると質問は出しにくいのですが、たくさんの質問が出たのに驚きました。
 午後は重複して説明する必要がないので、コンセンサスゲーム体験、AL型物理授業体験、質疑応答のプログラムとしました。最後も約1時間質問が途絶えませんでした。みなさんの熱意に支えられて、あっという間に終わってしまいました。
 あとで聞くと、実はかなりたくさんの方の応募があり、お断りせざるを得なかった人もかなりいるとのこと。ありがたいことです。これで、夏休みの研修会講師は終了です。多くの皆さんにお世話になりました。ありがとうございました。

2016-08-25

滋賀県の算数数学研究会に伺いました。

【授業研究】珍しいことに小中高校の先生たちがお集まりでした。当日、飛び入りの方も多く、関心の高さがわかります。物理と数学の内容は似ているので、私の授業モデルはそのままでも使える部分が多くあります。そのためか、とても具体的な質問が続きました。
 こんな小中高校が連携する会を通して、同じ県内でビジョンとスキルの共有ができたら、とても素晴らしいことになりそうな気がします。
 この日は名古屋から滋賀に移動し、終了後は山口に移動しました。本日の山口での研修会講師で、8月の研修会講師は終了。来週はミニ夏休みです。

2016-08-24

長野県に伺いました

【授業研究】東京から「あずさ」で移動して長野県・塩尻に移動しました。教育センターで行われた、各校のキャリア教育担当者を対象とした研修会講師を務めました。前日の埼玉でもキャリアカウンセラー養成の中にアクティブラーニングを取り入れたのと同じように、キャリア教育の研修会としてもアクティブラーニングが重視され始めました。
 学習指導要領改訂の方向性も、キャリア教育を教科科目に埋め込もうとしているわけですから、この動きはますます加速するものと思われます。一見良いことのようにも思えますが、気になることも増えてきました。
 心理的なカウンセリング、キャリアカウンセリング、グループダイナミクス、ファシリテーション、社会学、ビジネス理論、そして担当する専門教科の内容などに精通していないとこれからの授業、これからの教員の仕事を改善していくことはとても難しいのではないかということです。気になります。
 台風を心配していましたが、無事に名古屋から埼玉にも長野にも移動できました。ほっと安心して、夕方、次の移動の為に塩尻から名古屋へ移動しました。ここで、「大雨の為に運航を停止します」のアナウンスと共に山の中の小さな駅で停車。2時間の足止めを喰ってしまいました。研修会講師は無事に務めましたが、この移動でくたくたになってしまいました。