Qたろうの、役にたたない読書案内

2007-07-24 首輪爆弾銀行強盗事件 その1

TBSラジオ番組ストリーム」のポッドキャストで、非常に面白かったので、わざわざ自分でテキストに落としてみました。

ちょっと長い内容なので、ご注意を。


2003年8月

アメリカエリー湖に近いペンシルバニア州のPNC銀行で強盗が起こった。

銀行強盗お金を奪うことには成功したが、銀行の外で待ち構えていた警察にあっさり捕まってしまった。


しかしこの銀行強盗はただの銀行強盗ではなかった。

強盗は叫ぶ。「俺の首輪がついているだろ。この首輪に爆弾がついている!もうすぐ爆発する!」

男の身柄はすぐに判明した。自分で自分の身元を叫んだからだ。

彼はピザ配達人のブライアンウェルズ。46歳。この街で30年おとなしくピザの配達をしている男だ。

ピザを届けに行ったところ、客に拳銃をつきつけられ、この首輪をはめられた、と言う。

「この首輪には時限爆弾がついている。銀行に行って強盗をしてこい。その金を持ってきて帰って来たら爆弾を解除してやる、と言われたんだ。俺は被害者なんだ」と叫ぶ。

「この爆弾にはトリップコードが仕掛けられていて、誤って処理すると爆発する、と言われている」と男。

しかし警察は半信半疑。まさかこんな首輪に爆弾がついているとも思えない。しかしその可能性も否定できない。この男が狂言で首輪をはめて銀行強盗しているだけという可能性だって有る。しかしブライアンの切迫した言葉も嘘には見えない。

いずれにせよ警察だけでは対応できないと、警察は爆弾処理班を呼んだ。

爆弾処理班を待っている間、銀行強盗ニュースになり、テレビ局が各局犯行現場へ集まり、その不可思議な首輪男を撮影し始めた。

ブライアンも手錠がかけられながらも、焦り叫びながらも力なく地べたにへたり込む。


しかし


処理班が到着する3分前に、首輪が爆発したのだ。

その瞬間もテレビで中継されたらしい。(YouTubeで検索かけたら、引っかかった。怖くて見られないって)

頭部と胸部が砕けて、そのまま倒れたと視聴した人間の弁。

まさに映画バトル・ロワイヤル」そのままの首輪時限爆弾想像がリアリティを越えた瞬間だった。

警察もメディアもそして世間も誰もがこの事件について議論し始めた。

結局、この事件は何だったのか。

誰が何のためにピザ配達人を呼んで首輪をはめたのか。

果たしてそんな精巧な首輪をつくる人物とは何者なのか。

実はやっぱりブライアン狂言だったのか。

爆発するリスクを犯してまで銀行強盗ができるのか。

ブライアンの証言と爆発の時間から考えると、爆発までブライアンが与えられた猶予時間は50分となる。

そもそも50分という時間は、銀行強盗をやって戻ってくるだけの余裕ある時間とは言えない。

首輪をつくってはめた人間がいたとして、本当に銀行強盗をさせるための目的だったのか。

精巧な爆弾をつくれるのに50分しか猶予を与えなかった理由は何なのか。

しかし、もっと不可解なことが、ブライアンのシャツにあった。

ブライアンのシャツに「GUESS」と書かれてあるのだ。「GUESS」は推測する、などの意。

これが、ブランドの「GUESS」のシャツではないのだ。手書きでわざわざ書いてあったものなのである。

つまり犯人がわざわざブライアンに着させていたのだ。あたかも犯人が「この事件は何だと思う?」と世界を挑発しているかのように。


謎が謎のまま事件は闇に葬られた。

ブライアン爆弾で死んでしまった以上、事件は謎のまま終わるものだと思われた。

しかし

この不可解な事件から4年近くたった今年7月になって、容疑者と目される人物が起訴された。

容疑者とは一体!?



以下つづく。

く 2007/12/22 22:49 あまりにも

く 2007/12/22 22:49 あまりにも

kuro3nenkuro3nen 2011/01/14 09:07 GUESSは多分「当ててみな」って感じのニュアンスで書いたんだろうな…