Hatena::ブログ(Diary)

はなぱんだ

2016-05-18

パンダの手ぬぐい帽子(かぶり方)12

f:id:a31017:20160509155433j:image:w360:left

パンダ手ぬぐいの、使い方・かぶり方をお知らせする20回目。


今回も、

頭に巻くとき

結びません。


折り返して、

頭にぐるりとまわして

はさんだだけで

固定されます。


ちょっと異国感があって

スタイリッシュ

シルエットでしょ。


黄色いお砂場カップとボールにかぶらせたのは、

ボールの直径が20センチ前後で、

いちばん太いところを計ると62センチだから。


真ん中よりすこし上の

手ぬぐいをかぶっているところを計ると

58〜60センチあるので、

女の人の帽子のMからLサイズになるからです。


まる顔のボールだってこんなにイイ感じになるのだから、

あなたも、ぜひ、手ぬぐい帽子をためしてみてね。


[手ぬぐいのかぶり方]

1.手ぬぐいの長い辺を3、4センチ谷に折る

2.1で折った真ん中をひたいにあてて、左右をぐるりと後ろにまわす。

3.頭のうしろで2を交差させて、上になった布を、下になった布の折り返し部分に差し込む

  これだけで頭を一周まわした部分はほどけない

◆◆◆◆ここまでは、前回とまったくいっしょ◆◆◆

4.頭のてっぺんに残った布を、上に立てて左右を結ぶ(写真を見てね)

f:id:a31017:20160509155608j:image:w360:left




















【前のページ】はhttp://d.hatena.ne.jp/a31017/20160517/p1

[パンダのてぬぐいは]

ミンネhttps://minne.com/items/4114893

イイチhttps://www.iichi.com/listing/item/831597?ref=itm_othr-itm-img

リーhttp://www.creema.jp/exhibits/show/id/2000958

2016-05-17

パンダの手ぬぐい帽子(かぶり方)11

f:id:a31017:20160508174422j:image:w360:left

パンダ手ぬぐいの、使い方・かぶり方をお知らせする19回目。


今回も、

前回、前々回に引き続き、

”結ばない”かぶり方です。


前回、

手ぬぐいの長い辺を

3,4センチ折って、

頭に固定する方法

お知らせしました。


この方法マスターしただけで、

たくさんの帽子を手に入れたくらい

多彩なアレンジがたのしめます。


今回は、

てっぺんをただ折っただけ。


給食当番

助さん角さん?


どんなシチュエーションで使いこなすのか、

それは、あなたセンス次第。


[手ぬぐいのかぶり方]

1.手ぬぐいの長い辺を3、4センチ谷に折る

2.1で折った真ん中をひたいにあてて、左右をぐるりと後ろにまわす。

3.頭のうしろで2を交差させて、上になった布を、下になった布の折り返し部分に差し込む

  これだけで頭を一周まわした部分はほどけない

◆◆◆◆ここまでは、前回とまったくいっしょ◆◆◆

4.頭のてっぺんに残った布を、うしろに折る(写真を見てね)

折った先を、1の折り返しにはさんでもよい(頭の大きさ次第ではあるけれど)



【前のページ】はhttp://d.hatena.ne.jp/a31017/20160516/p1

【次のページ】はhttp://d.hatena.ne.jp/a31017/20160518/p1

[パンダのてぬぐいは]

ミンネhttps://minne.com/items/4114893

イイチhttps://www.iichi.com/listing/item/831597?ref=itm_othr-itm-img

リーhttp://www.creema.jp/exhibits/show/id/2000958

2016-05-16

パンダの手ぬぐい帽子(かぶり方)10

f:id:a31017:20160509161256j:image:w360:left

パンダ手ぬぐいの、使い方・かぶり方をお知らせする18回目。


今回も 前回に引き続き、

”結ばない”かぶり方です。


綿の布は、

結ばなくても、

きっちり重ねると

摩擦でほどけない

という特徴があります。


それを利用した

かぶり方です。


結び目のごろんとした塊がない

スタイリッシュなシルエットが

作れます。

f:id:a31017:20160509161339j:image:w360:left

朝顔つぼみのように

きれいに折りたたむと

後姿もこんなにかわいい。


[手ぬぐいのかぶり方]

1.手ぬぐいの長い辺を3、4センチ谷に折る

2.1で折った真ん中をひたいにあてて、左右をぐるりと後ろにまわす。

3.頭のうしろで2を交差させて、上になった布を、下になった布の折り返し部分に差し込む

  これだけで頭を一周まわした部分はほどけない

4.頭のてっぺんに残った布を、端から丁寧に折りこんでいき、最後の布を内側に折り込めば、これも  ほどけない(写真を見てね)


【前のページ】はhttp://d.hatena.ne.jp/a31017/20160515/p1

【次のページ】はhttp://d.hatena.ne.jp/a31017/20160517/p1


[パンダのてぬぐいは]

ミンネhttps://minne.com/items/4114893

イイチhttps://www.iichi.com/listing/item/831597?ref=itm_othr-itm-img

リーhttp://www.creema.jp/exhibits/show/id/2000958

2016-05-15

パンダの手ぬぐい帽子(かぶり方)9

f:id:a31017:20160512175611j:image:w360:left

パンダ手ぬぐいの、巻き方、使い方をお知らせする17回目。


手ぬぐい

”結ばない”かぶり方シリーズ

の続きです。


前回(16回目)のかぶり方では、

頭の後ろで左右の布を

ねじねじとよりをかけて一本にまとめて

横一本に倒しました。


それを今回はくるりと、

お団子にまるめただけのもの


これも、どこも結んでいませんよ。

f:id:a31017:20160512175642j:image:w360:left

お団子 かわいいでしょ。


[手ぬぐい帽子の作り方]

1.頭の上に、手ぬぐいの真ん中を載せる。

2.頭の左右に垂れた手ぬぐいを、前から後ろに持っていき、左右それぞれの布(2本)を縄のようによって(ねじって)一本にする。

3.2でくるりと輪を描くようにまるめて、先端を手ぬぐいの後頭部にはさみこむ

コツ:2できつくよりをかけると自然に輪を描く方向ができるので、逆らわずにその方向にまるめていくと無理なくお団子ができる




【前のページ】はhttp://d.hatena.ne.jp/a31017/20160514/p1

【次のページ】はhttp://d.hatena.ne.jp/a31017/20160516/p1


[パンダのてぬぐいは]

イイチhttps://www.iichi.com/listing/item/831597?ref=itm_othr-itm-img

リーhttp://www.creema.jp/exhibits/show/id/2000958

ミンネhttps://minne.com/items/4114893

2016-05-14

パンダの手ぬぐい帽子(かぶり方)8

f:id:a31017:20160512173621j:image:w360:left

パンダ手ぬぐいの、巻き方、使い方をお知らせする16回目。


 今回は”結び”ません。


 結ばなくても、綿布は”重ねて巻き込む”だけでほどけなくなるのです。


 重ねて巻き込む・・・という使い方をマスターすれば、手ぬぐいのかぶり方のバリエーションはますます増えてたのしめます。


[手ぬぐい帽子の作り方]

1.頭の上に、手ぬぐいの真ん中を載せる。

2.頭の左右に垂れた手ぬぐいを、前から後ろに持っていき、左右それぞれの布(2本)を縄のようにねじって一本にする。

3.2を横にして、手ぬぐいの後頭部の部分でくるりと巻き込む



f:id:a31017:20160512174118j:image:w360:left


後ろから見ると

こんな形に

なってます。


















【前のページ】はhttp://d.hatena.ne.jp/a31017/20160513/p1

【次のページ】はhttp://d.hatena.ne.jp/a31017/20160515/p1

[パンダのてぬぐいは]

イイチhttps://www.iichi.com/listing/item/831597?ref=itm_othr-itm-img

リーhttp://www.creema.jp/exhibits/show/id/2000958

ミンネhttps://minne.com/items/4114893

2016-05-13

パンダの手ぬぐい帽子(かぶり方)7

f:id:a31017:20160512181624j:image:w360:left

 パンダ手ぬぐいの、巻き方、使い方をお知らせする15回目。


 これは、トップに、

コサージュのように

ボリュームのあるリボンを開いた

かぶり方です。


 キュートで、

 ポップで、

 かわいい!!

 スタイルです。


 でも、これも、

かぶり方はとても簡単です。


 手ぬぐい帽子(かぶり方)の3・・・全体の10回目のかぶり方の進化系です。

 3はこれでしたよね↓

f:id:a31017:20160506120829j:image:small:left

 このとき左右それぞれに結んだところを、頭のてっぺんに持ってきて結んだだけのアレンジです。


 手ぬぐいは、使い慣れると、こんな風にどんどんバリエーションが増やせる

のです・・・・もとはただの一枚の布っていうところがすごいよね!


[手ぬぐい帽子の作り方]

1.頭の上に、手ぬぐいの真ん中を載せる。

2.頭の左右に垂れた手ぬぐいを、前から後ろに向かって、くるくるとねじる。

3.左右のねじった部分を、頭のてっぺんに持っていき結ぶ。

コツ:2でねじるとき、固くキュッキュッとゆるまないようにねじるといいですよ。


【前のページ】はhttp://d.hatena.ne.jp/a31017/20160512/p1

【次のページ】はhttp://d.hatena.ne.jp/a31017/20160514/p1


[パンダのてぬぐいは]

イイチhttps://www.iichi.com/listing/item/831597?ref=itm_othr-itm-img

リーhttp://www.creema.jp/exhibits/show/id/2000958

ミンネhttps://minne.com/items/4114893

2016-05-12

パンダの手ぬぐい帽子(かぶり方)6

f:id:a31017:20160509150908j:image:w360:left

 パンダ手ぬぐいの、巻き方、使い方をお知らせする14回目。


 首にふりそそぐ日差しを防ぐかぶり方。


 手ぬぐいは薄いから、日差しを完全に防げるわけじゃないけれど、帽子を忘れてきちゃたとき手ぬぐいでささっと作ってかぶるだけで、何もないよりずっといい。


 外であそぶとき、後頭部から首筋の温度変化(直射日光で暑くしすぎたり、海風で冷やしすぎたり)の振り幅を少なくすると、体が疲れにくい気がします。


[手ぬぐい帽子の作り方]

1.手ぬぐいの長い辺をくるくる巻く(巻かなくてもよい)

2.巻いた真ん中をひたいに当てて、巻いた左右の端を、ぐるりと頭をまわして後ろで結ぶ。


【次のページ】http://d.hatena.ne.jp/a31017/20160513/p1

【前のページ】http://d.hatena.ne.jp/a31017/20160511/p1

[パンダのてぬぐいは]

イイチhttps://www.iichi.com/listing/item/831597?ref=itm_othr-itm-img

リーhttp://www.creema.jp/exhibits/show/id/2000958

ミンネhttps://minne.com/items/4114893