VESTIGIAL TAILS/TALES : akihito aoi’s blog

2014/07/30

中野のI-AUDプログラムで Urban and Architectural History という授業をやっている。

昨年(2013年)4月、明治大学理工学部建築学教室では、大学院(理工学研究科建築学専攻)の新しいプログラムとして、中野キャンパスで通称I-AUDInternational Program in Architecture and Urban Design)を開校した。アーバン・デザインあるいは広義のアーバニズムに軸足を置きつつ、広く建築的思考+試行を展開している同プログラムの授業群のひとつとして、ぼくは Urban and Architectural History(都市建築史)という授業を担当している。シラバスの講義概要部分を以下に紹介する。

Course Summary & Learning Objectives

 This is an intensive course implemented through lectures, museum visits and field works.

Learning Objectives:

Acquire comprehensive knowledge concerning the morphology and history of Japanese cities and urban architecture mainly focusing on Edo-Tokyo, which serves as a basis for urban design and architectural design in the urban context.

Specific Objectives:

(1) Acquire knowledge about the evolution of typology of city forms in Japanese history including ancient capital, diverse categories of medieval urban space, joka-machi(Japanese castle town) in Edo period and modern city.

(2) Understand the characteristics of urban tissue of downtown Edo consisting of commoner's machiya-type of town houses and its background such as development pattern and land/building ownerships.

(3) Acquire knowledge concerning the relationships between land use pattern and geography, urban policy and social strata.

(4) Acquire knowledge about modern transformation of Edo into Tokyo which can be traced in former downtown, amusement districts, water edges and residential areas for samurais.

 6年前から生田キャンパスでやってる「都市史特論」の英語版ではあるのだが、何より僕の英語能力の問題があり、なおかつ留学生は日本都市について見方を知らないし(日本の学生も知らないのだが)、日本人学生は英語がいまひとつなので、話はできるだけ単純化し、構造化していくことになる。構造の基本は二項対立だから、対位法的にテーマを展開していくと分かりやすいようだ。授業方法も、座学だけではしんどいので、博物館実習とフィールドワークによって、理解を上書きしていく。座学も、日本都市史の概念を英語的ターミノロジーに接続するだけでもう、もんのすごく頭を使う。

 留学経験のないぼくには準備がシンドイのだが、2年目の今年は少しこなれてきた気がする。たぶん英語が上達したというより、英語にあった授業方法に微妙に変化してきたという感じかな。学生たちの雰囲気もよかった。

 さてこの授業、参考文献が少なくてこれも苦労する点なのだが、とりあえず以下をあげる。1)や4)がお薦め。他によいのがあったら是非教えてください。

1) Hidenobu Jinnai, Tokyo, Spatial Anthropology, University of California Press, Berkeley, 1997

2) Augustin Berque, translated by Chris Turner, Japan: Cities and Social Bonds, Pilkington Press, 1997

3) Akira Naito and Kazuo Hozumi, Edo, The City That Became Tokyo, Kodansha International, Tokyo, 2003

4) Andr Sorensen, The Making of Urban Japan: Cities and Planning from Edo to the Twenty First Century, Routledge, London, 2004

5) Carola Hein and Philippe Pelletier, Cities, Autonomy, and Decentralization in Japan, Routledge, London, 2009

6) Andr Sorensen and Carolin Funck, Living Cities in Japan: Citizens' Movements, Machizukuri and Local Environments, Routledge, 2009

7) Barrie Shelton, Learning from the Japanese City: Looking East in Urban Design, Routledge, London, 2012

8) Christoph Brumann and Evelyn Schulz, Urban Spaces in Japan: Cultural and Social Perspectives, Routledge, London, 2012