Hatena::ブログ(Diary)

走れ小心者 ARMADA

当ブログへの感想・要望は『走れ小心者』掲示板まで。

2017-03-26 うつ状態との戦い

うつ状態との戦い

 今まで、うつ状態と上手く戦えていなかった。「元気が出たはいいが、それは死ぬ元気だった」と言う事態を避けていたんだが、そんな事気にしていられる状態じゃなくなって来た。うつ状態を克服する事を考えねば。そうしなければ、何も出来ない。

 パオロ・マッツァリーノさんは「元気じゃなくてもいいじゃない」みたいに言っているので、無理して元気になる必要はないのかも知れないが、持病の寛解くらいはさせたい。正直、毎日が辛いんだよ。

未来

 いきなりだが、中学時代は確かに酷かったが、今より未来を信じられていたような。これは景気がよくて、社会に「余裕」みたいなものがあったせいかも知れない。今はもう、「あとは死ぬしかない」みたいな気持ちしかねえからなあ……。なんでこんな事になっちまったんかねえ? 中学時代のオレが、今のオレを見たら自殺しているかも知れないな。上手く行かない事が多すぎた! かえすがえすも悔しい!

このブログも休みがち

 このブログも、最近休みがちである。書く気力がなくてねー。書きたい話はあっても、まとめきれてないのもあるが、それがうつ状態による書く気力の低下と無縁ではなくて。

 とりあえず、今日は休もう。具合が悪くて、これ以上言葉が出ん!

這い上がろうとしても這い上がれない

 桜玉吉さんみたく、うつのどん底から這い上がろうとしても、なんか這い上がれないでいる。玉吉さん言うところの「キラッと光る自分の本質のようなモノ」を見つけていないのか、あるいは症状がまだ重いのか、はたまたどん底から這い上がれないよう運命付けられているのか。這い上がれないなら這い上がれないで、世の中のイカサマモノと心中……したらいけないわよね。こんな事考えるようでは、まだどん底にいるのか。

 しかしねえ、何年も何年も治療を続けて、いっこうに効果があらわれてないと、いい加減しんどくなるのよ。治療をする事も、生きる事も! この苦しさ、なんと説明したらいいか。この数年、似たような事を繰り返し言ってるけど、いつになったら症状が良くなるのか分からない状態が続いていては……。

2017-03-24

頭が痛い

 今朝から鈍い頭痛がして、辛い。風邪でも引いたか。しかし寝ているしかねえのだ。

 それにしても、こうも具合が悪いと、辛い! 助けて。

2017-03-22 助けて〜

助けて〜

 ゆうべからうつが酷い、そのため何もする気になれない。「助けて〜」と言いたくなるが、誰も助けちゃくれねえのだ。今出来る事は、死なないようにする事くらいだ……。

 それにしても、オレはこれからどうすりゃいいんかなあ。……考えていたら、またうつが酷くなる。今は判断を保留しよう。

なんでもかんでもいやな思い出に紐付け

 最近、なんでもかんでもいやな思い出に紐付けして、苦しんでいる。それがうつ状態とか陰性症状ってもんかも知れないが、辛い! 流石にこの状態が続いて、げんなりしているのだ。さりとてどうしようもない、寝る。

急に具合が

 なんか急に具合が悪くなって来た、頭は痛いし、考え事は出来ないし。これはいかん、休もう。

2017-03-21 書くタイミングを逸した

書くタイミングを逸した

 充電のため、昨日までこのブログを休んでいたが、反対にいろいろ書くタイミングを逸した。そこは失敗だ。ヘンに休むとかこだわらず、書きたい時に書けばよかった。

 ところで、具合の方だが、あまり良くなってもいない。二重に失敗だ……。

やる気が起きない

 ブログはおろか、ツイッターもやる気にならない。なんか何言っても通用しない感じと、うつ状態のダブルパンチで。こんな時には、休むしかない。しかしあんだけブログを休んでも、全然休養にならなかったのが。どうせえっちうだ。マー、ツイッターは無理してやる必要はないが。

オレのマンガ道補遺編その4

 この記事の続きと言うか、何と言うか。この記事で少し書いた、ゲーム誌で自分の目当ての絵が少なくなったから自分で描きたくなったと言う気持ち。兄から絵の下手さを嘲笑されながらもそう思ったのは、「自分の事は自分でしなくては」と言う気持ちとセットになっていたのだろう。それは家族がオレに、雑用やら自分がいやな事やらを押し付けていた反動だったのかも知れない。しかしながら、オレはマンガ家にはなれなかった……トホホ。いや、自分が見たい物を自作するだけなら、いいんじゃないとも思うが、「見たい物」になっていないのが。これ以上書いても愚痴にしかならんから、この辺にしとくけどな。

石川啄木ではないが

 オレを苦しめた奴ら、全員死ね。あるいは、二度と立ち上がれなくなるほどの酷い目に遭え。そう思うくらいには、気持ちがささくれている。いやな事を思い出して、つい。これくらいならツイッターに書けばいいのかも知れないが、今ツイッターやる気になれないのよ。ロクな事書いてないし、たまに共感出来るツイートなどを見ても、「どうせ世間には通用しないだろうな」と、げんなりしてしまうのだ。こりゃ相当重症である、だから前述のような呪詛が出てしまうのだが……。

しかしどうすれば

 書かなければ書く力がおとろえる、さりとて書いても反響はほとんどない。どうすればいいんだ。

 しかし何を言っても話を聞いてもらえないのが続くと、人間確実に歪むぞ。オレがいい例だ。最近、恨みつらみしか出て来ないしなあ。さりとて心底楽しい事もなし、ジレンマだ……。

2017-03-14 ないものねだりすんな

ないものねだりすんな

 日米中韓の調査で、日本の高校生が一番、学習態度かなんかが受け身だったとか。そりゃ小学校の頃から「習ってない字や公式は使うな」と言われたり、最近ネットで話題になった掛け算の順序への拘泥など、受け身にならん方がおかしい教育をしていてはねえ。大体、能動的になるには、それなりの経済的基盤が必要だ。長年の不況でそれすらも失われている、ないものねだりすんな。

 いや、若い連中に能動的になってもらっては困るから、前述のような教育をしていたのかも。いずれにせよ、やな渡世だなあ〜。

2017-03-12 地獄の底まで悪魔と相乗り

地獄の底まで悪魔と相乗り

 題名は『仮面ライダーW』の台詞から。いえね、『ハレンチ学園』でハレンチ大戦争を起こし主な登場人物をあらかた殺したり、『ススムちゃん大ショック』や『デビルマン』などで人類の滅亡を描いたりしていた頃の永井豪には、何者か……例えば本物の悪魔……が取り憑いていたように思えて。オレにも取り憑いてくれんかな。今のオレが、この腐った世の中を糾弾するマンガを描くには、デビルマンのごとく悪魔の力でも借りんと無理な気がして。だって糾弾とまではいかないまでも、世の中のイカサマモノに鉄槌を下すような作品を描こうとしても、イカサマモノとその取り巻きに邪魔されそうだと思って筆が進まなくなるもんな。悪魔だろうとなんだろうと、力を貸してくれる存在がいるなら借りたいですよ!

 松本零士も「理屈は百万回こねても理屈に過ぎない」と、実際に描く事の大切さを訴えていた。なのになんで、こんなに筆が進まないんだろう? 長年いろいろ上手く行かなかったせいで、すっかり萎縮しちまったのだろうが。あるいは今描いているマンガに、気が乗らないだけなのか。このままだと、イカサマモノに負けちまう。なんとかしないと……。

昨日は東日本大震災の日だったが

 どちらかと言うと、あの震災については今日の方が印象深い。いえね、当時通っていた作業所で、利用者と会話していた職員が「一年もあれば綺麗に復興するよね」と能天気な事を言っていたのが6年前の今日だったのと、時を同じくして福島第一原発の事故についてテレビで見だしたのとで。

 一年どころか今なお復興したとは言いがたい地域はあるし、原発に至ってはどうにもこうにも。この原発事故に関して能天気な事を抜かしていた藤沢数希田母神俊雄幸福実現党、そして「放射脳」を嘲笑うが先に挙げた連中には何も言わない自称「リアリスト」たちに、一生福島第一原発の片付けをやらせたいくらいだ。

 てな事を書いたが、オレはあまり人の事は言えないかも知れない。6年前の元日ツイッターで、「今年こそ日本が、物理的に滅びますように」と書いちまったからなあ。当時うつ状態がひどかったのか、作業所がいやでいやで、ものすごい憎悪と諦めが精神を支配していたからなあ。だからあんな呪詛を。この呪詛と東日本大震災に関係はなかろうが、ねえ。

『超人バロム・1』見てる

 ようつべで『超人バロム・1』が始まったので、見てる。始まったばかりなので、スタッフもいろいろ手探りなところはあるけど、仮面ライダーとは違うヒーローを作ろうとしているのは伝わって来る。

 ところで、企画段階で「子どもふたりが合体変身するヒーロー」のアイデアが出たら、「そりゃ、さいとう・たかをの『バロム・1』だ」と言う事に気付き、さいとう氏に事後承諾を取ったと言うのは本当なんだろうか? あと、かつて『宇宙船』誌上で竹内義和がバロム・1をけなしていたが、あいつは本編を見直した上であんな事言っていたのかと言う疑問が、今回あらためて見て思った。いえね、竹内は「ガキがマトモに戦うわけねえだろ」みたく言ってたけど、2話まで見たら違和感はなかったし、「自分の目的のために変身するわけにはいかない」と主人公のひとり白鳥健太郎に言わせていたし。過去の作品の視聴手段がネットにより増えて、過去のライターが、わりといい加減な事書いていた事もあきらかになりつつあるな。オレも過去のライターのひとりだけども!

さっぱりネームが進まない

 2月はじめから描き始めたマンガのネーム、さっぱり進みやしない。たった8ページ(の予定)なのに、5ページとひとコマしか。これから作画そのものもあるのに、どうしろと言うのか。いや、人に聞いても仕方ないんだが。ツイッターに張り付いてないで、描くしかないか……。

2017-03-11 「一億総スポーツ社会」に物申す

一億総スポーツ社会」に物申す

 政府東京五輪を目処に、「一億総スポーツ社会」を目指そうとしているそうだが、余計なお世話である。今の科学的な安全性を軽視したスポ根路線では、怪我人や死人が増えるだけだし、「スポーツ嫌いの中学生を半減させる」と言う目標には呆れるしかない。それはどうやっても残るスポーツ嫌いの中学生に対する、見えない圧力が生まれるだけだ。脳筋体育会系の考えそうな事だ、くそっ。

 体育会系と言えば、数年前に当時いた作業所のバザーの打ち上げの時に、元作業所のメンバーのボクサー崩れがオレを見るなり、「一緒にロードワークしよう」と言ってきた事が。こっちの都合や体力を考えずに、そんな事言われてもな。オタクで言えば初対面の相手に、「同人誌作りましょう」と言うようなもんだぞ。この件とお上が軽々しく「一億総スポーツ社会」とか言い出すのは、通底していると個人的には思う。そんな事より、経済格差をなんとかしろよ! それがある限り均等にスポーツなんか出来るか! バーカ!

2017-03-09 陰性症状が酷い

陰性症状が酷い

 統合失調症の陰性症状から、うつ状態が酷くて、何を見てもいやになる。こんな状態ではマトモに判断する事は出来んので、しばらく休む。休んでいる間に世の中が悪くなりそうだが、それも症状から来る被害妄想かも知れんし。

 しかしなー、休むったって、どう休めばいいんだ? 今、娯楽もあまり楽しめないんだよ! 起きていても、寝ていても辛い。もうやだ、こんな人生。

2017-03-08 死ぬのはやめた

死ぬのはやめた

 この記事で「死にたい」と書いたが、死ねばイカサマモノの思う壺なので、死ぬのはやめた。

 ところで昨日も触れた森友学園、支払い能力に疑問があるのに、国有地払い下げが認可されただけでもおかしいだろ。みんな、もっと怒れよ! しかしこんなおかしな便宜供与を受けたのが森友学園だけではないと思うと、げんなりする。自民党など支配層の一部に、国が私物化されているって事だからな……。これに絡んでイヤミのひとつでも言おうかと思ったが、あまり面白くないのでやめた。しかしどいつもこいつも、「強きを助け、弱きを憎む」ようになっちまって。ますますげんなりだ。

クッソ具合が悪い

 どうにも具合が悪いので、今日はもうブログ書けない。いろいろ書きたい事はあったんだが、頭が働かんので書きようがないし。それに腰も悪い。

2017-03-07

死にたい

 何度この言葉を使ったか知らないが、死にたい。世の中がどんどん、おかしな方におかしな方に動いているようで……。森友学園共謀罪も、自民党の思うようになりそうだし、それを阻止する力が、オレにはないし。他にも、「これはあかんわ!」と言いたくなる話はあるが、いくら言っても同じ事だ……。

 こんな世の中で無理して生きるよりは、人生を早じまいした方が……。