Hatena::ブログ(Diary)

走れ小心者 ARMADA

当ブログへの感想・要望は『走れ小心者』掲示板まで。

2016-12-05 コモドール64版『アテナ』クリア動画

コモドール64版『アテナ』クリア動画

D

 欧米のパソコン、コモドール64版『アテナ』のクリア動画。始まって数秒ほどで出て来るタイトル画面と言い、15分25秒くらいで出て来る帝王ダンテの顔と言い、コワイ! なんで欧米人は、こうしちまうんだろうね〜。この記事で『アテナフルスロットル』のおそらく台湾版を紹介したが、日本的な「可愛い」は、欧米より東アジア親和性が高いのかも知れない。それはさておき、クリアしたら「『サイコ・ソルジャー』に続く」みたいなメッセージが。コモドール64には『サイコ・ソルジャー』も移植されていて、そのクリア動画もあるみたいなんで、今度検索してみる。

伝統と因習と迷信

 今時の日本の保守が「伝統」としているものは、因習とか甚だしきは迷信なのではないかと言う事を考えていたけど、カマヤンさんの『右翼と左翼、どっちがつおい?』で日本の保守主義を掲げる右派の事情をざっと紹介していたのを見ていたら、そっちの方が分かりやすいのではないかと思った。けど、ちょっと自分なりに書いておく。

 今の日本の右派の最大の組織が「日本会議」である事は、前述のカマヤンさんのブログの記事にも書かれている。こいつらが掲げる「伝統」と言うものが大日本帝国時代までにしか遡れないシロモノなので、因習や迷信の域でしかないのではと。なんで迷信だと言うのかって? 日本の問題(それも奴らの自分ギメ)をことごとく個人主義と言うか現行憲法のせいにしているのは、迷信でなくてなんだって事ですよ。櫻井よしこなんか「児童虐待も、若ものが老人を殺す事件が起きるのも憲法のせい」なんて言ってますし。それらの事件は今の方が昔……それこそ戦前よりましになっているんですが。これはどう櫻井の中では整合性を付けるのでしょうか?

 昔の日本人より今の日本人の方が道徳的だと言う指摘は、パオロ・マッツァリーノさんがよくしていますが、彼が『みんなの道徳解体新書』などで言ってたのと近い事を、カマヤンさんが前述の記事で言っていたので、下記に引用する。

そもそも、学校教育に道徳教育は必要かな? 学校は知識を効率的に伝授する、学問することに徹底するべきで、道徳規範は別なところが受け持つべきじゃないかな?

 しかしそれは、学校がなんでもかんでも教えられる場だと言う幻想から自由になるのが先な気もするけど、話が広がるので別の機会に。

 話を戻して、現行憲法に対する迷信めいた事を言う奴と言えば、舞の海秀平もそうだ。こいつ昔、『ウルトラマンコスモス』の映画に出ていたんだよな。その頃は相撲を引退した人のよさそうなあんちゃんくらいにしか思ってなかったが、今や見てらんない。こいつをモデルにしたキャラが『ウルトラマン80』の相撲怪獣ジヒビキランみたいのになって暴れているところを、巨大ヒーローが止めに入り相撲勝負になって、ヒーローが相撲で言うところの「変化」で勝ちを収めて怪獣が抗議したら、「そんなもん、変わられた方が悪い!」とヒーローに言われた挙句止めを刺される話なんかどうだろう? 多分「ネトウヨ」から袋叩きに遭うだろうが。いや、オレが作品にしてしまおうか? どうせ何やっても同じ事なんだから。

クソゲーム誌

 ゲームにクソゲーがあるように、ゲーム誌にもクソゲーム誌がある。ファミ通がその右代表だ。つーか、ゲーム誌から野球害毒論争の時の安部磯雄押川春浪みたいな論客が出なかった時点で、クソゲーム誌でないゲーム誌は、ない。どのゲーム誌も、悪ふざけしたり読者による今で言う煽りを止められなかったり。煽りについては、ライターや編集者が煽りをして来る場合だってあった。ああ、嘆かわしい。一番腹が立つのは、その流れを食い止める事が出来なかった自分自身になんだが。

 一方で、ゲーム誌にイラスト投稿していた者から、今のゲームやマンガを支える者が出ていたのも事実だ。いとうのいぢさんとか、村田雄介さんとか。むかしオレの孤独を、ゲーム誌の投稿イラストを見る事で埋め合わせていた事だし。そんなオレを、兄は嘲笑ってくれたが。それがオレを苦しめて、宗教に走る一因になったけど。

2016-12-04 今、参っている

今、参っている

 今、精神的に参っている。勤め先で上手く行かず、マンガ家にもなれず、精神病まで患い……。こんな人生が楽しいわきゃないだろう!? なんでオレが、ここまで酷い目に遭わなきゃならんのよっ?

 返す返すもマンガ家になるための行動が、ことごとく上手く行かなかったのがなあ。後年人から、「そのための努力を何もしてなかった」かのように言われたのは余計凹んだ。家族や宗教要求が苛烈だったため、そこまで手が回らんかったのかも知れんけど、「そのための努力を何もしてなかった」とまで言われたら、自分が何していたのか疑問に思うわ。

 あと、精神病を患ったのもなあ。10代か20代かにはそんな感じだったかも知れんが、その頃治療出来る状況じゃなかったし、家族はあれしろこれしろと押し付けて来てたし。してみると手遅れだったようで、辛い。……書いててまたげんなりして来た、どうしてオレの人生はこう、裏目裏目ばかり出るんだっ!? もう、どうしようもないのかなあ……。だとしたら、人生早じまいした方がいいような気がして来た。いや待て、そう言う考え方もまた、相模原の事件のリーチ目かも知れんぞ。いやいやいや、オレ自身が苦しいから人生早じまいさせたいと思うのは、他人は関係ないだろう? と言うか、もっといい目にあいたい……。今のまま生きていても、それは難しいだろうけど。

ツイッターにイラつくわけ

 このブログで、ツイッターに対し「アーダコーダ」言っていたが、あそこもまた、2ちゃんねる同様に愚痴を垂れるばかりで、誰もそこから先に進もうとしていないからイラつくのだろうと思った。今のオレだって何が出来るわけじゃない。しかしだ、ツイッターが不毛な愚痴しか存在しない場で、それではいかんと言う事は言える。あれだけ雁首揃えていて、何も進まないのは何かおかしいのではなかろうか? 物事を進めようとしている者は、ツイッター以外の場で動いているとも思うけど。

 んで、話はオレ自身の問題になる。この記事でオレの境遇についてぼやいたが、オレが今何も出来ていない、口だけの人間になりつつあるのが耐えられんのだ。何かしたとしても、それがどう言う効果をもたらしたかなんて、意外と見えないものだがヤハリ。いや、口だけならまだしも、ツイッターで何言っても変わらないなら口だけですらないような。だからツイッター見るのが辛いんだが。

くそっ

 しんどいし、雨で頭がマトモに働かん。薬飲んで寝る。

オレのマンガ道その1

 オレは昔あるゲーセンコミュニケーションノートに、ゲームパロディネタのマンガを描いて貼っていた事があった。しかし匿名のバカが「マンガ描いて貼るな」とイヤミを言って来て、それで続ける気がしなくなって止めた。そこで引かずに描き続けていれば、少しはマンガが上手くなっていたかも知れないのに。マー、ほとんど反響がなかったのもあって、イヤミ言われて凹んだのは事実なんだが。

 このようなマンガ描き絡みで思い出した話を、時折書こうかと思う。時系列順ではないけどな。

2016-12-03 復帰した

復帰した

 この記事で今日までブログ休むと書いたが、書かないと腹が膨れるので今日から復帰する。

 日本と言う国は、なんて弱い者いじめする側に好都合な国なんだ。例は枚挙にいとまがないが、ファミ通池袋ラクセルが「いじめはかっこ悪いが、いじめられる奴はもっとかっこ悪い」とかぬかして原稿料をせしめたケースをまず挙げよう。いじめる側の問題に蓋をする、悪質な発言と違うか? これって。つぎに「しばき隊」問題。「しばき隊」がごろつきである事は認めるが、彼らを生んだ在特会と言うもう一方のごろつきに対してはどいつもこいつもなにも言いやがらない。いじめる側が自らを正当化する詭弁そのままだ、これは。在特会に関しては、西原理恵子高須克弥が、奴らと仲良く写真撮影していたとか言う話まで出て来たぞ! サイバラは無定見だと思っていたが、これほどとは。いえね、90年代の彼女は、戦争に否定的だったのよ。高須と付き合うようになってから、随分考えが変わるもんだね。このヨゴレマンガ家が! ……ヨゴレマンガ家にもなれんかったオレが言う事でもないが、ヤハリ。

 あと、ツイッターでの罵倒合戦も、ガキがいじめやらイヤガラセ(この違いはないに等しいが)やらを指摘された時の開き直りや詭弁に近いものがあるし。絶望的だな、色々と。オレのこの主張に対して文句を言いたい奴もいるだろうが、あなた方のうちの誰かが、絶望しないで済む材料をお持ちですか? つまらないイヤミはおいといて、在特会について話を少しする。世間がもっと連中に厳しければ、「しばき隊」の出る幕はなかったはずだ。それを忘れて、自分たちが在特会をつけ上がらせた事に口をつぐんで、「しばき隊」だけ責めても仕方ないのではないか? としか思えない。かく言うオレも在特会みたいな事を言う奴らに対し、鉄拳制裁以外に方法が浮かばんかったし、それを実行出来るほどマッチョでもなかったし。ああ、悔やまれる。街頭でわめき散らかすほどでないにしても、在特会みたいな事を言う奴はどこにでもいるのだ。そしてそう言う奴らは、マトモに会話につこうとしない。なので「このガキャ、粉になるまでどついたろか?」と思うように。それじゃあかんし、ツイッターでおだっているだけではもっとあかんし。ジレンマです。オレが苦心しなくても、世間が在特会や在特会みたいな事を言う奴に厳しければなあ……。書いたはいいが、何も進展しない愚痴だなこりゃ。いかんなあ……。

ウソをつくな!

 「笑う門には福来る」と言うが、ありゃウソである。おそらく不平不満や、異議申し立てを封じ込めるための詭弁であろう。「これからも不平言ふなと表彰状」と言う鶴彬の川柳があるが、こちらの方がしっくり来る。なんて言うのか、笑顔とか明るさとかで自分をごまかして生きろと言う、世にあふれる欺瞞を言い表していて。これは希望を持つと言うのとは、また違う問題だ。笑顔でいなくても、希望を持っている事は出来るし。この辺が誰に言っても理解されない、そんなに笑顔で死ねと言いたいかお前ら。

 繰り返すが笑顔とか明るさとか、「ノリのよさ」とかを至上のものとする風潮はなんなんだ。「ノリのよさ」は、自分が「ワルノリ」している事に気付かなくなる危険だってあるのに。この辺をもう少しツッコむべきなんだろうが、書いててその気がなくなった……。いえね、いくら言っても同じ事だと思ったらね……。

一発ギャグ

 この記事で出した山ン本五郎左衛門のイラスト、オレとしては一発ギャグのつもりだったんだが、カマヤンid:kamayan)さんに高く評価された。実はそれで、魔夜峰央妖怪始末人トラウマ!!』シリーズにあった、「才能の片鱗を見て、潤沢に才能があると思われたが、実は才能はその片鱗の部分しかなかった」と言うギャグも思い出したり。やってみなければ分からない部分はあるが、現在カマヤンさんがこの記事のコメント欄で振って来たネタをマンガにしているのだが、これが結構難しくて弱気になってる。資料にしても、昔持っていた水木しげるマンガの大部分が、散逸してしまってなあ。ここはひとつ、ネットで資料探そう。

 しかし水木しげるも、プロダクション制を取ってからは苦手な女性キャラをつげ義春に丸投げしたり、ゲゲゲの鬼太郎アニメ第三期の頃には森野達弥らが活躍していたりするからなあ。それはどうでもいい話か……。ぐずぐす言わずに、「やってダメだった」とした方がいいか。

技術のいる絵は向かない

 この記事の続き。オレにはべらぼうに技術のいる、「萌え絵」は向かないのだろう。だからと言って、水木しげるの絵が技術がいらないわけではなかった。「技術より情動に訴えかける絵」が向いているのではないかと、ある人に言われた事もあったので、多分それに近いところをカマヤンid:kamayan)さんは見出したのかも知れない。繰り返すがぐずぐず言わずに、「やってダメだった」となるよう描いた方がいいか。しかしあのコマさえなんとかなれば、あのマンガはあとは楽なんだがなあ……。

資料は大事だ

 ヤハリ資料を見つつ描くと、話が早い。悩んでいた自分がバカみたいだ。サルまんの「ポーズなんてものはなあ……、見て描きゃいいんだ! 見て描きゃ!」と言う言葉は含蓄があった。調べなくてはならないものは他にもあるが、なんとかなるだろ。

パタちゃんの目

 最近、自分の描く男性キャラの目が、パタリロが糸目とか6の字の変形とかでない時の目が参考になっていると気付いた。以下のラクガキを参照してみて下さい。

f:id:a_katu:20161203152818j:image

 分かる人には分かると思うけど、我が源流がパタリロとは。マー、ガキの頃模写した記憶があるしねー。

2016-12-01 ほとんど資料なしに

ほとんど資料なしに

f:id:a_katu:20161201163450j:image

 練習をかねて、ほとんど資料なしに描いた水木しげる作品でおなじみ眼鏡出っ歯氏。しかしシャーペンで描いたのもあって、水木しげるの絵から漂うペーソスとか哀愁が出てないな。

辛い

 なんか精神的に、辛い。色々あるんだよ……。詳述では出来ないが、なんでこうイヤな事は立て続けに起きるんだとしか。それで書き物する気力もないので、明日明後日はブログ休む。正直それどころじゃないし。

 休む前に書いときたい事を書く。なんでオレは何かにつけて、イヤな事を思い出すんだ。マー、それだけイヤな事が多かったんだが。どうにか人生の逆転をしたいが、それが出来るなら誰も苦労はしない……。書いているうちにまたイライラして来た、この記事はここまで。

絶望を運ぶツイッター

 オレにとってはツイッターは、絶望を運んで来るものでしかなくなった……。オレの主張が、あそこで一回でも通ったためしはなし。なんであんなところに、何かを見出そうとしていたんだ。自分が情けないわ。

 「オレの主張が、あそこで一回でも通ったためしはなし」と言う話だけど、確かにオレと近い主張などをしている人はいる。だけど、それがあそこで通るのかと言うと、絶望的な気持ちにしかならないのだ。実際、ツイッターでも世の中でも通りにくくなっているし。この先の事を考えると、背筋が寒くなるばかりだ。だけど誰も、それを理解してくれそうになし。オレは孤立しているなあ。孤立のフエガム……。コリスだって。

2016-11-30 ゲゲゲ忌と言う事で

ゲゲゲ忌と言う事で

f:id:a_katu:20161130035841j:image

f:id:a_katu:20161130035838j:image

f:id:a_katu:20161130035837j:image

 水木しげるの命日を、水木プロがゲゲゲ忌に定めたと言う事で、昔描いた水木しげるリスペクトなラクガキを三枚ほど。

 一枚目は、『河童の三平妖怪大作戦』のオープニングフリップに出て来た鉄兜を被った妖怪と、墓場鬼太郎の『アホな男』に出て来た「千年に一歩歩く鳥」のイメージから。二枚目はまあ説明不要だけど、テレビアニメ版『墓場鬼太郎』のオープニングの一コマ風と、目玉おやじ。三枚目は、『悪魔くん千年王国』の悪魔ベルゼブブの後ろ姿。下の方に龍が見えるが、これは水木しげるとは関係ない。

 こうしてみると、オレはけっこう妖怪とか描いているのね。これらはpixivにも挙げたが、pixivにはもっと上手い水木しげるリスペクトされた方々がいて恐縮してしまう。

そう言えば

 カマヤンid:kamayan)さんがこの記事のコメント欄で「日常日記を水木しげる絵でしてみるとよろしいかと あと時々、古ーい特撮ネタと、カルト宗教ネタを」と書かれた。ここ数年日常にかわり映えと言うものがあまりないのに出来るんかと思ったが、円谷英二は「まず出来ると言ってから、頭が痛くなるまで考えれば大抵の事は出来る」みたく言っていた。やらない言いわけを重ねるより、それくらい考えてみる方がいいのかも。しかし最大の問題は、水木しげるの資料が我が家では散逸していると言う事だ。ドリヤス工場で代用出来るかしら。あと、pixivでのファンアート

2016-11-29 凡庸じゃのー

凡庸じゃのー

 突然だが、日本版『アテナ』のポスターと、アメリカファミコンNES版のパッケージを見比べてもらいたい。

f:id:a_katu:20161129122410j:image

f:id:a_katu:20161129122409j:image

 言うまでもないかも知れないが、上が日本版、下がNES版である。かつてファミ通は、NES版のパッケージを「美しい」と評していたが、オレにはその頃からそこまでとは思わず、ハッキリ言って凡庸な絵にしか見えない。人魚アテナがトップレスである事くらいしか、アドバンテージはないと言いたい。閲覧者諸氏がどう思うかまでは分からんが、オレにはファミ通の言った事は、例によっての洋ゲーやその文化を持ち上げるために日本側をおとしめるシーソー話法にしか。つーかねえ、お国によって文化の違いはあるかも知れないけど、わざわざ自国の気に入らないものを攻撃するため、よその国の文化に頼る事はあるまいに。ファミ通などのチンピラライターは、そんな事ばっかりして来たのよ。なんであんなのが、今やゲーム誌の一番の老舗になっちまったんだ。繰り言になるが、ファミ通のようなゲーム誌のせいで、ゲーム業界は目も当てられない惨状ですよ。少なくとも、オレの目にはそう映る。もうどうにもならねえので、せめてオレが生きている間は、ファミ通をdisる。それで世の中が良くなるかどうかは、分からんけど。

 話をNES版パッケージに戻すと、そこには「『IKARI WARRIORS』(日本名『怒』)のスタッフが制作」とか、「日本でトップのアーケードゲーム」とか言った惹句が目に付く。当時のアメリカのゲーム事情は詳しく知らないが、これが宣伝になる程度にはSNK知名度はあったのね。

前にも言ったけど

 ドナルド・トランプやドゥテルテやプーチンみたいなのをよしとする世界の風潮に危惧を感じている。このままだと世界は、我々が思っているよりだらしない形で、終わりを告げるのではなかろうか? これを言っても、なかなか人に理解してもらえない。だってこの話に対し、レスが来たためしがないし。マー、世界がだらしなく終わるのではないかと言うのは、たぶん今回はじめて言うのだけども。他にも日本には鬼界カルデラ噴火や南海トラフ地震の危険もあるし、考えれば考えるほど暗澹とした気持ちになる。「世界をありのままに見る者がうつ病になる」と言うが、オレのうつ状態の原因もそこにあるのかも。

釘を刺しておきます、エイッ!

 この記事で書いた事と、逆の事をこれから書く。日本のマンガ・アニメ・ゲームを褒めそやすあまり、アメコミなどをけなす連中がいるが、それも間違いだ。例えば田村信発明のオノマトペちゅどーん!」も、アメコミの「cud!」と言うオノマトペが元になっているんだし。大体、戦後の日本のマンガの発達にもアメコミは影響しているのだ。どこがどうとは今実例を出しにくいが、さいとう・たかをあたりを挙げておこう。進駐軍の放出したアメコミに影響されたと言う話を聞いた事が。そう言う人は他にも、杉浦茂とか水木しげるとか。

 だからオレには日本のマンガとアメコミを、どちらかを持ち上げるだけにする事は出来ない。昔は日本アニメに対する欧米による改ざんなどに腹を立てていた*1ものだが。

*1:今でも納得はしていないけど、別の話になるので今回は割愛。

2016-11-28 アテナフルスロットル動画

アテナフルスロットル動画

D

 今からちょうど10年前、ガラケーのゲームとして出ていた『アテナフルスロットル』の動画。探してみるものだね。動画から確認出来るのは、ラスボスとのバトルである事と、何故か中国語繁体字と言うやつ)である事だ。これはどう言う事だ? しかし中国語でも、ビキニは「比基尼」と書いてビキニと読むのね。あと、クリア後のグラフィックが、百合の花咲いててよろしいですなあ。

 それにしても、何故このゲームはソフトバンクでは出なかったのか? オレ、当時ソフトバンクなのよ。それが無理なら家庭用に移植なとすればよかったものの、それもなかった。チェッ残念! そしてアテナの出るゲームは、スマホでも出そうな気配はあったが、それも立ち消えになってる。なんだかなあ。スマホゲーは、オレがアテナファンだと知って開発を中止したのと違うか? と言う被害妄想まで出て来た……。いかんなあ。

迷信

 えー、小林よしのりは幼少の頃小児ぜんそくを患っていて、親から「ぜんそくが出るのは甘えているからだ!」と言われて離れだかに住まわされていたとか。そういや竹内久美子も小児ぜんそくを、「子が親に世話をさせようとする遺伝子の仕業」と言って、「まず死には至らない」とまで言っていた。実際は小児ぜんそくで、毎年人死にが出ているのに。これって、小児ぜんそくに対する迷信として共通していませんか?

 その他にも、自閉症に対して後天的なものだとする迷信を、森昭雄だのドナルド・トランプだのが広めてますし。なんかこう言うところがイヤでねえ、私。これら病気に関する迷信は、マッチョと言うか「人間はそもそも盤石なものだ」と言う別の迷信と深く関わっているような。人間は弱いもので、先天的に病気や障害を持つ事は珍しくないと考えられんものか。それだと困る連中が、優生思想に走るんだろうな……やれやれだぜ。

ここ数年

 日常生活がつまらんし、将来について考えれば考えるほどげんなりするし、世の中はどんどん荒んでいる。確かに日本の犯罪や自殺は減っている。しかし、ネットでの人の姿は荒みきっているではないか。文字通り死ぬほど働くか、弱い者いじめをするかしかない世の中になっちまったのに、なんで明るく振る舞えよう? 「認知の歪み」を疑っていたが、ツイッターで出て来る話題がどれもこれもロクでもないものばかり。これはオレじゃなくて、世の中に問題があるような。とは言え何も出来ねえがな。このままでは、としをとってしまう。いや、死んでしまう。

精神衛生上よくない環境

 どうもツイッターとやらは、今のオレの精神衛生上はよくない環境みたいだ。見ていたら言いたくなる事は増えるけど、言っても状況に変化がないし。それでイライラが募るし。

 イライラついでに言ってしまおう。自民党がなりふり構わず表現の自由に制約もやむなしと言い出した件に対し、「表現規制反対派は何をやってんだ!」みたく言っている連中がいる。なんでそこで、「ここは共闘させてくれ」と言わんの? どうして相討ちになる道を選ぶんだお前らは!? つーてもツイッターでは聞いてもらえそうにないから、ここで言う。マー、ツイッターで目立つ「表現規制反対派」(カギカッコは付ける)が、左派叩きに終始していたのは否めないけどヤハリ。ホントチョロい国民だな日本国民は! これだと権力者や特権階級が、枕を高くして寝られるわけだよ! ……書くだけ書いたら、少しスッキリした。それでもツイッターが精神衛生上よくない環境である事は変わりないので、しばらく距離を置く。距離を置いて状況が好転するわけではないが、精神的に耐えられないなら、離れるしかない。

「抱腹絶倒一回は三段論法千回に勝る」

 「抱腹絶倒一回は三段論法千回に勝る」と言う。それとはちょっと違うとは思うが、この記事で挙げた山ン本五郎左衛門の絵は、一発でカマヤンid:kamayan)さんの気持ちを掴んだ。面白い絵はこうも人を惹き付けるのか。してみると、今まで随分遠回りしていたのね。しかし水木しげるリスペクトとなると、そこそこ民俗学的な知識も必要になるのよね。水木の妖怪絵の元ネタを集めた同人誌が出るくらいだし。水木しげるリスペクトと言えばドリヤス工場さんだって、絵柄はああだが今時のアニメやマンガに詳しくないと出来ないネタを同人誌などでやっていたし。自分に何かそう言う知識があるのかって事ですよ。いやいや、この記事サルバドール・ダリの「何も真似したくないと思う者は、何も生み出さない」と言う言葉を引用したでないの。今からでも学ぶのは遅くないか。

2016-11-27 具合が悪い

具合が悪い

 随分前から具合が悪いのだが、気候のせいかも知れないとも。寒気が日本上空に入り込んだり、昨日今日と広島県で雨が降ったりしていたからな。昨日は昨日で、テレビで相撲見ていたら、一時間くらいで頭痛などが襲って来て寝込む破目になったし。こんなに具合が悪くても、色々と待ってはくれないので、やらなきゃならない事をしなければいかん。めんどくせー。

ダメだこりゃ

 いかん、頭痛自己嫌悪と苛立ちが強くて、パソコンをいじってられん。離脱して晩飯にして、寝る。

自分が描けるもの

 結局寝られなかったので、少し思った事を書く。この記事で挙げた山ン本五郎左衛門のイラストを、カマヤンid:kamayan)さんが面白がってくれた。そして「そりゃ、水木しげるの絵が元ネタなんだから、面白いでしょうよ」と思う気持ちと、「ひょっとして、オレが描けるものって、『萌え』ではないのでは?」と言う気持ちが同時に。後者に関して言えば、水木しげるだけじゃなく、魔夜峰央などの妖怪や怪獣(いっしょくたにしたら怒る方もいそうだが)を描く方のファンだったのを忘れていた。自分の絵には、それが強く影響しているのかも知れない。だとしたら色々思うところがさらに出て来るのだが、それはオレ自身の問題なんで、ここでクダクダしくは書かない。

 しかしなー、絵を描き始めた動機と言うのが、宮崎勤事件におけるマス・ヒステリーへの反感もあるのでなあ。マー、もう少し悩むとするか。

具合はいっこう良くならん

 件名のように、具合がいっこうに良くならないので、もう今週はネット控える。「また控える控える詐欺かよ」と言われそうだが、一週間ツイッターを最小限にしておくだけでも違うだろ。マー、最近はツイッター見る時間減っているんだけど。余程の事(デヴィッド・ハミルトン自殺するとか、カストロ前議長が死ぬとか)がない限り、ツイッターに意義はないし。ツイッターと言えば、あれを効率よく見るためにスマホにしたんだが、その選択は正しかったのかいまだに悩んでいる。イヤ、いつかは機種変しなきゃならなかったんだから、あれでいいんだ。そう思わないと、自己嫌悪で潰れてしまう。そうだよ、オレの具合が良くならないのは、自己嫌悪に支配されているからだよ。だけどそれをどうしたらいいか分からん。

2016-11-26 『やさしい人物画』の一言

『やさしい人物画』の一言

 アンドリュー・ルーミス『やさしい人物画』を、カマヤンid:kamayan)さんからご恵投いただきました。どうもありがとうございます。ところで同書の15ページには、人体のヌードは人物画の基礎であると言う事が書いてあり、さらにこんな一言も。ちなみに、読点がカンマになっているのも書き写した。

もし君が,神がわれわれに与えた身体を見るのは罪悪だ,と考えるなら,こんな本は放り出し,美術の世界で身を立てるなどという考えは,きれいさっぱりあきらめることである。

 むかしこのくだりを読んで、ショックを受けたのを思い出した。……そうだよ、何度かこのブログに書いた宗教のせいだよ! あそこがやたらに末端信者の生活に口出しするから、それでまさしくルーミスが言った通りの気持ちになっていたんだっ! そのためどっちつかずに絵を描いていたら、すっかり下手になっちまった……。一度『やさしい人物画』も手放したしねえ。マー、カマヤンさんのご厚意もあったし、これは再びのマナビ・インシデントニンジャスレイヤー風に言うと)だと考えるか。なにか描こうと思って描く題材が思い浮かばない時などに『やさしい人物画』からの模写をして行けば、画力もつくだろ。

 ところで、『やさしい人物画』の原書は1943年のものらしい。してみるとすっげえロングセラーだな。しかしながら、だからモデルが白人ばかりと言う点が今となっては気になる。マー、そう言うポリティカル・コレクトネスについては、とりあえず棚上げしとくか。同書の価値とは別の話になるし。

死にたい

 カマヤンさんから本をご恵投いただいたにもかかわらず、死にたい。いえね、ツイッター見ていると、死にたくなって死にたくなって。掲示板に書いた事と重複するけど、あそこで何が起きても、オレが状況を好転させられないのが。大体ツイッターに書きこむ者も、2ちゃんねるでおだってる者も大して変わらないではないか。オレはなんでそんなところに飛び込んで、ハマったのかなあ。情けないよ。

 わけのわからない事ばかり言うツイッタラーを、片っ端からぶち殺してやりたい。だけどそれは出来ないから、死にたくなるのだ。これを誰に話しても、理解を得られない。マー、殺したいと言う感情を吐露されても、常識人は困るだけだろうが。正直、クソツイッタラーどもを無視するのに疲れたのよ……。どうしてくれよう。

クソツイッタラーとは誰か

 この記事で触れたクソツイッタラーてのは、「反・表現規制反対派」とでも言うようなのとか、「まなざし村」の住民とされる者とか、ツイッターレディースとか、逆に表現規制に反対していながらもなんか言っている事がおかしいのとかだよ! 他にもいるが、まず腹が立つのはこいつらだ。こいつらのうんこぶつけ合いに辟易して、絶望的な気持ちになっているんだっ! 名指しはしない。精神衛生のために出来るだけ無視していたら、定点観測出来なくなっちまったからだ。それに名前を出しても、そいつらが改心するでもないしねえ。

 死にたいくらい思い詰めていたが、これだけ書いたら少し気が晴れた。ただねえ……。それがいつまで続く事やら。またツイッター見ると、同じ事でイライラさせられるのは目に見えているもんな。出来るだけミュートしたりブロックしたり読み飛ばしたりしてはいるが、ヤハリ……。

2016-11-25 山ン本五郎左衛門と人魚アテナ

山ン本五郎左衛門と人魚アテナ

f:id:a_katu:20161125125636j:image

f:id:a_katu:20161125125635j:image

 自分の絵の方向性とか考えるため、二枚絵を挙げてみた。上は11年前、今は亡き友人のために描き下ろした山ン本五郎左衛門。絵では二ヶ所誤字がありますが。下はさっきラクガキしてみた人魚アテナ。どちらも自分の中にあるものだとは思うけど、難しい。これらは後日pixivにも挙げる予定。人魚アテナはデジタルでペン入れと彩色するが。

 山ン本五郎左衛門がなんでこんな風なのかと言うと、その頃封切られた映画『妖怪大戦争』に、山ン本五郎左衛門役で荒俣宏が出ると言うので、水木しげるがいっとき荒俣をモデルに描いていたキャラをベースに描いてみたのよ。しかし右手の木槌以外、山ン本の意匠はないな。

 人魚アテナの方は……、いつもアテナを描いているので付け加える事はなし。