Hatena::ブログ(Diary)

走れ小心者 ARMADA

当ブログへの感想・要望は『走れ小心者』掲示板まで。

2017-01-19 手柄が欲しいわけじゃないけど

手柄が欲しいわけじゃないけど

 表現規制問題に関して言えば、実際に表現規制に反対している人より、レイ・ブラッドベリだの光原伸だの有川浩だの唐沢なをきだの筒井哲也だのと言った、「表現規制が行きつくところまで行ったディストピア」を描いた話の作者が戦ったかのように扱われてるのは何故だ。そんな話、現実にはほとんど力はない。せいぜい作者や版元のフトコロを潤すだけだ。

 タイトルにも書いたように、手柄が欲しいわけじゃない。表現規制反対派の多数は、テレビアニメ版『サスケ』のオープニングナレーションで語られる忍者のように、人知れず影で活躍するものだからな。赤松健氏や山田太郎参院議員のような人は、稀有なのだ。話を戻して、「表現規制が行きつくところまで行ったディストピア」を描く者が、あまり注目を浴びすぎてもいかんような。だって世間のそう言う話の読者の大多数は「キャーこわーい」だけで、そこから先に進まないものな。表現規制問題に限らず、現実に動く者は物語だけでは動かんのだ。当人の中に、別になんらかの動機付けがあったはず。少なくともオレはそうだった。それを、なんじゃい! どいつもこいつも! マー、人知れず影で活躍している多数の表現規制反対派より、あんな話を描く者の方が目立つのもそれなりの理由はあるがヤハリ。

 オレのこの意見は、まだ自分でも隙があるような気がするので、どんどんツッコミ入れてくれ。そうしてもらわないと、客観的な判断が出来ない。

2017-01-18 あの日に帰りたい

あの日に帰りたい

 ヤハリ1988年の6月から人生やり直さなきゃ、もうどうしようもない。マンガ家になれず、精神を病み、こんな暮らしをしている今が、つくづくイヤになったんだ! ……ここでこんな事言っても、どうにもならないが。

 今の暮らしが上手く行ってるとは言わせない、上手く行ってるように見える事は全部窮余の策だったんだからな。

 話を戻して。オレがもっと早くに絵やマンガを描いていれば、まだ違う人生の出目があったろうに。……イヤ、兄貴が邪魔してたかも知れないが。兄貴はオレの楽しみを、ことごとく邪魔してくれたからなあ。なにが気に入らないのっ!? ……失礼しました、取り乱しました。

 しかしこうまで追い詰められては、もうどうしようもない……。

アホな連中

 小田原ケースワーカーが、生活保護受給者のもとを訪ねる時、威圧的な文言を書いたジャンパーを着ていたそうな。これに対し「警察だって、悪い事をしてないなら怖くないはず」と、ケースワーカーをかばう意見があったが、これは警官が誰彼かまわず拳銃を突きつけるに等しい行為なんだけどなあ……。世の中アホが多いぜ。

辛い

 ネット見るのも、起きているのも、生きるのも辛い。寝ている気力もないし、どうしようもないんだ。

 気晴らしに外出してクロッキー帳にラクガキしていても、アイデアが出ずに長続きしない。気晴らしが気晴らしにならないのでは、かなりまずい。ストレスが溜まるばかりだ……。

政宗スイングを踊る怪獣カブトン

f:id:a_katu:20170118131838j:image

 『魔人ハンターミツルギ』の怪獣カブトンを、顔を水木しげるの狂人風にして「政宗スイング」を踊らせた絵。線画は数年前に描いたものなんだが、なんでこんなもの描いたのか自分にも分からない。とりあえず色塗って80年代のおまけシール風に仕上げたので、pixivに挙げる前にこちらに挙げてみる。

「正義の暴走」

 この記事で書いた小田原ケースワーカーに対し、「正義の暴走」でいさめる者が見当たらない。結局「正義の暴走」ってのも、下の絵で言ったことなのかも。

f:id:a_katu:20170118140627j:image

 そう、どいつもこいつも「正義の暴走」と言うクリシェで、自分が問題に対し何もしないことを正当化してやがるのだ。酷い世の中だぜまったく。

追記:ツイッターで、小田原のジャンパー批判している人は、「正義の暴走」と言うクリシェに逃げず、これこれこう言う理由でまずいと、ちゃんと説明出来ている。少なくともオレが見た限りでは。この違いは大きい。

2017-01-17

死にたい

 またこの件名だが、生きる気力がなくなっているから仕方がない。今の状態だと、いつ死んでもおかしくないのだ。

 死んだら何も出来ねえが、生きていたって同じ事だ……。と思うくらいには、気持ちが凹んでいる。木曜に医者に行って相談しなきゃ……、って、何を言っても薬を増やすか変えるかだけじゃねーか!

自分は本当に

 自分は本当に持病を治したいのか? と言う疑問が浮かんだが、治したくないならとっくに死んでるなと思い直した。統合失調症は、一生薬を飲む必要がある病気だから、紙が剥がれるみたいにペロリと治る類いのものでもないし。マー、陰性症状から来ると思われるうつ状態だけでもなんとかしたいね。

2017-01-16

なんかこう

 なんかこう、考え事が出来ない。いろんな事が頭に浮かぶが、まとまらない。それらを今ここで書いても、ロクな事になりそうにないし。あと、最近は何を書いてもどうせなんにもならないと言う諦めが強くて。いえね、ツイッターでは見てもらえないし、ネットで何か言うだけでは世の中よくなりはしないと痛感しているし。とか書いていたら、オレと違ってツイッターで虚名を売っている連中に怒りが湧いて来た。だが何も出来ねえ、だから余計に腹が立つ。

商人には利道あり

 題名は横山光輝の『三国志』や『時の行者』に出てきた台詞だ。商人は儲けるだけじゃなく、世の中に貢献する必要もあると言う意味で使われた。いえね、AmazonGoogleアップルなど、インフラを寡占している企業の日本的(と、便宜上言わせてもらう)な二次エロへの冷たさや最近の殿様商売っぷりを見ていると、前述の言葉が頭によぎって。件の企業は、利道に恥じない運営をしているのかと……。また、光瀬龍短編小説に、企業利益の追求が過ぎていろんな事が犠牲になる話がある(これは公害問題が背景にあったが)けど、現代はそれに近づいているのでは? と心配にも。いくらここで言ってもどうにもならないだろうが、ふと思った事を書かせてもらう。

ツイッターはこわい

 ツイッターで何か言うだけで、世の中に対し何かしたかのように思ってそこから進まなくなる者を見ていると、「ツイッターはこわい」と思う。自分の意見を言うのはかまわないが、そこからどうしたいのか見えて来ない者が多すぎる。あそこでヘンにもてはやされ、天狗になってその先に進まないと、人はおかしくなる。マー、オレみたいにツイッターで相手にされなさすぎても、人はおかしくなるけど。オレ、確実におかしくなってるもんな。

 これも繰り返すけど、ツイッターで文句を言う奴の中には、「じゃあ、何がどうなれば納得するんだあんたは」と言いたくなる奴が少なくない。しかし、それを問うても、返事があるとは限らないのだ。ミュートとかブロックとか、無視とか簡単に出来るからなあそこは。そんな場だから、前にも言ったかもだけど感情が煮こごりやすい。そして対立だけが深まる……、ツイッターはこわい。

ツイッターで狂う人、狂わぬ人

 この記事を書いたのは、ツイッターでこの言葉を見たからだ。以下引用。

ツイッターで他人の言動批判しまくってると、自分の発言にも縛りをかける事になってどんどん言える事が少なくなり、他の話題が減った結果、発言に占める批判の割合がどんどん増えていくので、数年で狂う。そういうアカウントは複数見た

 他人の批判に限らず、ツイッターで発言しているうちにそこが世界の全てみたいに勘違いして、狂う人もいそうだな。ツイッターの外に世界があると考えられる人はツイッターにハマらないし、狂わない。オレはツイッターからも締め出されているように感じているがな。

2017-01-15 死にたい

死にたい

 今日はブログを書かない予定だったが、希死念慮が強くなり、何か言わないと辛くて。死んでこの世から消えたい願望が何年も何年も続いて、辛い。と言うか、むかし死んでいればよかったのではないかとまで。最近、生きていたのが間違いに思えてなあ。これらが全部精神病による考えだとしても、もうどうしたらいいか。生きる事に、積極的な意味が見出だせなくてなあ。いや待て、なんでオレが死ななきゃならんのよ。これ以上書くのは辛いが、こんな風に気持ちが揺らいでいる毎日である。

2017-01-14

今、出先

 今、出先からこの記事書いている。クロッキー帳にラクガキをしていたが、ネタ切れになってなあ。

 それにしても、昨日から具合が悪くて、閉口している。絶望感も強いし、ロクでもない近況だ。どこにいても不安はあるし、どうにもならない。余計な事だが、ローマ字入力は、めんどくさい。

ネットで活動することの限界

 ネットでいくら物を言っても、絵を発表しても、ほとんど反響がない。なので、ネットで活動することの限界みたいなものを感じている。こうまで反響がないと、自分の言っている事や描いているものに自信がなくなるわ。こんな事を考えてるようでは、今は休むしかないのかも知れない。でも、どうやって休めばいいのか。それがいまひとつ分からん。

 話を戻して、ネットでオレがやってる事に何か返してくれる人の大部分は、ずいぶん前から付き合いのある相手だ。つまり新しく人間関係が広がってない証左でもある。何がいかんのかなあ、さっぱりわかんねえよ!

ブログ休もうかなー

 こうまで消耗していると、ブログも休んで寝ていようかと考える。病人なんだから無理は出来んし。休んで活力を取り戻したいが、少しでも気力が出たら文章書いて、また消耗しそうだなオレは。効果がどこまであるか分からんが、明日一日ブログ書かないようにしてみるか。

2017-01-13 今日はダメだ

今日はダメだ

 今日は落ち込んでいるため、ブログ書く気力もなし。ただひたすら、脱力するもの也。頭が重い、死にたい……。

気力が出たので

 ちょっと書いておく事にする。ツイッターで、「身内同士で褒め合う事を『駄サイクル』と言う人もいるが、スナック感覚で外部からdisる事が出来る現在、顔を合わせて褒め合う身内のいかにありがたい事か」みたいなツイートを見かけた。引用しようとしたら消えていたので、うろ覚えだけど。

 このツイートを見て、「常に批判非難にさらされるネットで創作を続けるのは、よほど強靭か鈍感かどちらかでは」と思っていたのを、考え直した。褒めてくれる仲間がいればこそ耐えられるのではと。オレには今まで、ほとんどおらんかったけど。だからオレは、創作に行き詰まっていたのかも。「自分を褒める者は敵で、叱る者は先生」と言う言葉に縛られていたところもあったが。いや、褒める叱る以前に、創作について話せる相手自体少ないし。何をやってたんだオレは。若いうちにもっと、絵やマンガを描いていればなあ……。

 この年になって、つくづく孤独なのを噛み締めていたが、まさかここまでとは。話が出来そうな相手は、みんな忙しいし、絵やマンガを描いていた友人・知人は、どんどん描かなくなっているし。オレはどうすりゃいいんだ……。

下れば下るほどくだらなくなる保守論壇とか

 この記事で、「石堂淑朗の発言は、今だと目立たない内容」みたく書いた。だって今や櫻井よしこ服部幸應舞の海秀平あたりが、石堂と似たような事言ってるんですぜ。そして「親学」もまた、石堂と似たような主張をしている……。トホホ。

 こいつらのくだらなさもさることながら、それを食い止める事も出来ない「リベラル」とか「左派」とかの体たらくも情けない。オレも数年以上病気などのため、思うように動けずにいたから、あまり人の事は言えないけどな。この辺の苛立ち、人に話しても伝わらないのが。これ以上書いてもどうしようもないので、この辺にしておくけど。

2017-01-12 偶然の一致か

偶然の一致か

 カマヤンさんとこの記事の以下の文章で、思い出した事。

魔法少女」って萌え化して再生した、立川文庫由来の「忍者」だ。60年代に「近代化・大衆小説化・少年マンガ化」して再生したのがあの頃の忍者ブームで、今回は「萌え化・戦闘少女化」して再生した。

 忍者ものの戦闘少女化については、80年代に相原コージ竹熊健太郎が『サルまん』で似たような事を言っていた。マー、その前に(少女化ではないが)『バビル2世』と言う忍者ものの換骨奪胎の例があるんだけど。ただ、『サルまん』のどのページなのかは引用出来ない。手元に本がないので。それはさておき、異能バトルものが忍者ものの換骨奪胎と言うのはあるかも知れない。それを言い出したら、『サイボーグ009』や『仮面ライダー』は「抜け忍」の影響があるとか(『仮面ライダー』は特に東映の忍者映画の影響だろうが)いろいろ想像を出来るが、今日はこの辺にしとく。

具合が悪い

 このところ、ずっと具合が悪い具合が悪いと言っているが、精神面がグダグダで、どうしたらいいか分からないくらいには具合が悪いのだ。今日も早めに寝るしかない。しかしなー、早く寝ると早く目が覚めて、しんどくなるのが。とか書いていたら、頭痛がして来た。離脱する。

もうやだ

 今度こそもうやだ、死にたい。

2017-01-11 いきなり替え歌

いきなり替え歌

包丁一本 頭に刺して

旅に出るのも 板場の修業

待っててクマさん

「ノオッ!」

 これは『マカロニほうれん荘』の雑誌掲載分にあったが、単行本では差し替えられたギャグだ。小学校に上がる前の事なのに、鮮明に覚えているオレもオレだが。もっと大事な事覚えろ……って、それが出来なかったから今のオレがあるんだがな。

 しかしなー、希死念慮が出るからぼんやりしていようと思ったのに、いらん事考えてるよ……。

ツイッターやらない方がいいのかも

 こうまで疲弊している時には、ツイッターやらない方がいいのかも知れない。見ていてげんなりするばかりだし、あそこにうごめくアホどもに、一発ガツンとやる事も出来んし。ここはひとつ、治療の方を優先させるべきか。でもね、何やっても具合が良くなりやしないのも事実だ。だからと言って、ツイッター見ていて具合が良くなるわけでもないがな。

 なんかいい事ないかなあ、オレを怒らせたクソツイッタラーが全員酷い目に遭うとか、オレがもっと多くの支持者を得られるとか。どっちも、今の状況では無理じゃ。特に後者。最近、オレは愚痴しか言ってないので……。なれるとおいしい幽霊の干物! ……言うな、勢い余って出たアドリブにすぎん。反省しておる。話を戻して、この数年、治療の効果もなく、ただただ苦しんでいる。意図的に楽しい事をしようとしても、楽しめないし。どうすりゃいいのか……。

どう解釈したらいいのか

 pixivでは海外のユーザーがオレの作品を見ている事があるが、今日なんかスロバキアのユーザーからブクマされたぞ。オレはスロバキアの言葉分からんのに。どう解釈したらいいのか、ここは素直に喜んどくべきかなあ。

 しかし今、CGを描けない。パソコンをいじる気になれなくてねー。ネット見るだけだったら、スマホで充分になりつつあるのがネックだ。むかしはネット見るっつったら、パソコンを使わなくては面倒だったのに。

具合が悪い

 うつが酷くなり、具合が悪い。今日はもう寝ようとしたが、まだ寝られない。薬は飲んだのに、寝つけない……。

 寝られないので、何かブログに書こうとしたが、ネタが出て来ない。頭が痛くなり、働かない……。

2017-01-10 オレのマンガ道補遺編その2

オレのマンガ道補遺編その2

 この記事に続き、マンガ描き絡みで思い出した事をまた少し。マンガの描き方については、この記事で書いたように、マンガを描きはじめる前から漠然と知識としては知っていた。実際に描くようになって参考にしたのは、ファンロードのイラストテクニックとか、地元の同人イベントでの描き方を知っている者からのアドバイスだった。その頃は今より身近に、マンガやイラストを描く人はいたんだが、宗教との板挟みに苦しみ、その人たちにあまり近づいてはいなかったような……。もったいない、実にもったいない。

 ここからは長い余談に入る。同人イベントだが、ヤハリ若かった頃には「同人」と言うくらいだから、いろいろと志を同じくする者との出会いは多かったが、最近はどんどん居場所がなくなっているような……。それで最近は地元広島の同人イベントには参加していない。これらは年を重ねて歳月にまみれ、昔のように楽しめなくなったのが大きい。何度も何度も挫折して、作品を描く気力も衰えているし。ましてや、東京コミケに参加なんてとてもとても……。つまらん人生じゃのう。それでもいつかはと、いまだに絵の練習はしている。イヤ、今の知識と記憶を持って人生やり直せたなら! と、言う夢想はさておき、今度は挫折と言うものについて少し。タイミングとか外圧とかで、はたから見て大した事ないような挫折でも、当人には立ち直れないくらいのものな事がある。たぶんオレの挫折がそれだ。宗教や家族の圧力が、ここまで大きかったのかと……。宗教のあとの家族のそれは、この記事でも書いた、親父から言われた事とか。もう少し、絵やマンガを描く事について話が出来る、親しい相手を作っていたなら。自分の作品は自分で描くしかないんだが、見てもらえる相手、話が出来る相手がいれば今はもっと違っていたかも知れない。……精神病にさえならなければ。この病気のせいで、今や人生楽しくない。辛くて辛くて、いつ死んでもおかしくないくらい思い詰めている。ダメじゃん!

 とは言えクロッキー帳に描いたラクガキを、友人に見せたりもしているので、まだ何かをつかもうとしているのかも。また久しぶりに、地元の同人イベントにサークル参加してみようかな……。

成人式の派手な衣装を提供する者

・北九州の成人式がヤバイ 「ど派手衣装」レンタル店が語った「本音」

 この記事で、「DQNに派手な衣装を提供する業者」の話をしたら、こんな記事があった。この記事の他ツイッターには、「中学から続く狭いコミュニティの中で、成人式が最後の目立つ場と言う認識の背後にあるものは何か」とか言う考察まであったが、そちらは引用とかリンクとかする気になれない。なんかしんどいので。

 この貸衣装屋さんには悪いが、「荒れる成人式」を問題にしている者が、ここや全国の似たような業者に抗議に行ったと言う話は聞かない。なんかあるんか? 「荒れる成人式」を云々している奴は、若いもんをいじめたいだけだから、そうならないのかもな。

どうも噛み合っていないような

 気のせいかも知れないけど、なんか人に物言っても、噛み合っているのかいないのか分からない感覚が。あるいはオレが、他人と話すのが辛いだけか……。もうひとつの問題として、ツイッター議論するのを避けていたら、ストレスが溜まって他人との意思の疎通が上手く行ってないように感じているのかも知れない。この感覚が続いているようでは、マトモに人と話なんか出来んのかも。どないせえと?

しんどいのと、外傷の残らない暴力と

 今、しんどい。とにかくしんどい。金玉はかゆいし、踏んだり蹴ったりだ。

 それはさておき、日本人は外傷の残らないたぐいの暴力に甘い気がする。例えば言葉による暴力やら、精神的な暴力やら。オレは肉体的な暴力に加え、それらも散々あちこちで受けて来たけど、あまり同情されてない*1。外傷やら重い障害やらを受けないと、暴力を振るわれたとみなされない今の日本は、何かおかしい。いや、オレが精神的な暴力に対し、あまりに鈍感なのかもな。周りの多くの連中が、そこら辺に対し鈍感だったし。だから平気で酷い事をオレに……、くそっ。

被害妄想

 どうも最近、「人に話を聞いてもらえない」「話しても理解されない」みたいな気持ちが強く。被害妄想が強くなって来たか。

 それ以前から、「なんで他人は、そんな事堂々と言えるんだ? オレは何を言っても自信ないのに」みたいな疑問があったが、萎縮が酷くなったみたいだな。これが精神病によるものだとしたら、ものを言える状態じゃないとしか。考えをまとめる力も弱くなっているし。「誰かなんとかしてくれーっ!」と書こうかと思ったが、誰もなんとかしてくれやしないし、こう弱っている時に、宗教やらニセ科学やらと言った胡散臭い連中が近寄って来るのではなかろうかと……。

*1:人に話してないのもあるが。